寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

上司に寝取られた

2018/03/21 09:01


上司に寝取られた

「おう、塩原君、ちょっといいかな」
久しぶりにかけられる声。塩原健太は振り返った。
「越久村部長、お久しぶりです」
やってきたのは長身の中年男だ。
社内でもやり手と評判の越久村竜治、前営業1部の部長であり現在は特別事業部という社長つながりの部門の長を務めている。
今でこそ健太は企画開発部に席を置いているものの、一時期は越久村の下で営業にいたこともあり、二人は顔なじみである。
たまたま用事があって営業部に顔を出した健太を越久村が見つけたのだろう。
健太はにこやかに越久村に会釈した。
「ちょっと話があるんだ。いいかな?」
「あ、はい。何でしょう」
健太は越久村に連れられて休憩室へ向かった。
「えっ?望美を復帰させてくれですって?」
健太は驚いた。望美とは健太の妻であり、結婚一年になる最愛の人だ。
もともとは会社の秘書課に勤務していた彼女を、健太がアタックして射止めたのだ。
清楚で美しい望美は、何人かの男に声をかけられたらしいが、健太の人柄に惚れてくれ、二人はめでたくゴールインしたと言うわけだ。
その後専業主婦になると言うことで会社を退職したが、ずいぶんと惜しまれたものだった。「ああ、生嶋君なら適任なんだよ」
越久村がタバコをふかす。
ヘビースモーカーの越久村は、部長室でも常にタバコをふかしているらしい。
生嶋と言うのは望美の旧姓だ。
「ああ、すまんすまん。今は塩原君だったな。何とか会社に復帰してもらえないかな」
「どうして望美なんですか?」
健太は缶コーヒーを口にする。
せっかく専業主婦として家庭にいてくれることになったのに、職場に戻っては欲しくない。

「実は今度特別事業部で新規プロジェクトが決まってな。いろいろと雑用が増えたんだ。そこで事務処理など雑務を手がける人を用意していいってことになってね。いろいろ考えたんだが塩原君の奥さん、望美君なら適任だと思うんだよ。彼女は以前秘書課にいて会社のこともわかっている。新人を教育している暇などないからな」
「でも、それなら秘書課から誰かを・・・」
「それは無理だ」
健太の言葉をぴしゃりとさえぎる越久村。
「今時期は秘書課も手一杯だ。今年は新人を一人しか入れてないしな」
越久村のタバコの煙が健太の喉を刺激する。
「ゲホッ、ゴホッ」
「お、タバコは苦手だったな。すまんすまん」
そういいながらも越久村はタバコを消しはしない。
「とにかく打診してみてくれないか? 君にも悪い話じゃないだろう。マンションのローンだってバカにはならないはずだ」
「ハア・・・」
痛いところを突かれあいまいに返事する健太。
それを見た越久村は仕事の内容や条件を一通り伝えると、にやりと笑って休憩室をあとにした。
「越久村部長の手伝い?」
「ああ、どうしてもって泣きつかれちゃってさ・・・もちろん望美がいやなら断るよ」
健太はとりあえず越久村の申し出を望美に伝えた。
きっと断るだろうと思っていたのだ。
望美が断ったのなら健太としても越久村に言いやすい。
「うーん・・・セクハラ部長かぁ・・・」
そうだ。それも健太の不安の一つである。
越久村は女子社員の一部からセクハラ部長と言うあだ名を付けられていると言うのだ。
どこまでホントかわからないし、越久村をやっかむ連中によるものと言う話もあるのだが、やっぱり気になることは気になるのだ。

「でも、越久村部長ってまだ部長だったんだ。仕事できる人って聞いていたからとっくに常務あたりになっていると思ってたわ」
「ああ、何でも常務昇進を蹴って特別事業部に移ったらしいよ。あそこは社長直属の部門だし、業績も上げているから、他の役員たちも越久村部長にあんまり頭が上がらないらしい」
特別事業部のことは健太もよく知らない。
ただ、今度の新規プロジェクトの噂は企画開発部にも入ってきていて、相当大きな動きになるような話らしかった。
「そうなんだ。それでお手伝いの期間はどれぐらいなの?」
「とりあえず半年って言うことだった。半年後に望めば更新と言うことになるらしい」
「やってもいいかな」
「ええっ?」
望美の言葉に健太は驚いた。てっきり断るとばかり思っていたのだ。
「い、いいのかい?」
「事務処理的なことならできると思うし、今のうちにお金を貯めておいても悪くないって思うわ。半年したらやめればいいんだし、少しでも健太さんの負担を軽くしてあげたいの」
にこやかな笑顔で健太に微笑む望美。
二十五歳という若さが美しさに花を添えている。
「望美・・・でもなぁ・・・」
「くすっ、心配しなくても大丈夫よ。セクハラ部長なんていわれてても、そう変なことはしないと思うわ」
くすくすと笑っている望美。健太は望美の笑顔が大好きだった。
望美の復帰の話は越久村の手でとんとん拍子に進められ、数日後には出社の運びとなる。
当面はパート扱いだが、状況によっては正社員への復帰もありうるという話しで、給料もそれなりのものになるということだった。
住んでいるマンションのローンも結構大変なこともあり、望美は少しでも健太の負担を軽くできると喜んでいた。
セクハラ部長などと言う噂のある越久村の手伝いなどと言う仕事を引き受けたのも、専業主婦として健太に負担ばかりかけるのは申し訳ないという思いからだったのだ。
当の健太はそれを負担だなどとはこれっぽっちも思ってはいなかったが。

「それじゃ行ってくるよ。望美も今日から出社だね」
「ええ、気をつけてね、健太さん」
玄関先でお別れのキスをする望美。
結婚して一年になるというのに、望美はお別れのキスを忘れない。
健太を愛しているのだ。いつも送り出すときはしばしの別れに切なくなる。
だからこうしてキスをして送り出すのだ。名残惜しそうな表情で健太が玄関を出て行く。
送り出した望美はエプロンをはずし、出社の支度を始めるのだった。
いつもの白い下着の上にブラウスを着、ナチュラルブラウンのパンストに紺のタイトスカ
ートと上着を組み合わせる。
まるでリクルートスーツのような感じだが、どうせ会社では制服を着るのだろうから気にしない。
鏡の中に映った望美は、まるで新人社員のころに戻ったような感じがした。
メイクを終えた望美は玄関の鍵をかけて家をでる。
久しぶりの朝の外出は、望美の気分を浮き立たせた。
会社までは電車で20分ほどだ。
実は復帰が決まって知ったのだが、望美の勤める先は健太のいる都心の本社社屋ではなく、ちょっと離れた新社屋だったのだ。
そこに越久村をはじめ、新規プロジェクトに携わる人員が詰めることになるのだという。
健太と一緒に仕事ができると喜んでいたのだがそうは行かないらしい。
新しいところでの復帰は多少不安だったものの、決まったからには仕方がないし、家に近い分遅く出ることができて家事には好都合だ。
早く帰れるし健太にも迷惑をかけずにすむだろう。
望美は意気揚々と新社屋に入っていった。

「おはようございます。うっ、ゲホッ」
越久村のいる部屋に入った途端、もうもうたるタバコの煙にめまいがする望美。
部屋の中がかすむほどの白煙が充満しているのだ。
ヘビースモーカーの越久村が朝からタバコをふかしているのだろう。
「ゲホッ、ゴホッ、お、越久村部長・・・」
咳き込みながら越久村のところへいく望美。
とてもじゃないがタバコの嫌いな望美には耐えられるものではない。
「ああ、おはよう、塩原君」
タバコをふかしながら机から顔を上げる越久村。
早くから書類と格闘しているのだろう。
「お、おはようございます。あ、あの・・・」
「君の席はそこだ。今日からよろしく頼むよ」
「えっ?」
望美は驚いた。てっきり別の部屋での仕事になると思っていたのだ。
まさか一緒の部屋でなんて・・・
望美はそう思ったが、今さら別の部屋でなんて言えるはずもない。
「あ、あの」
せめてこのタバコの煙を何とかして欲しいと思い、望美は越久村に声をかける。
「何をしている? もうすぐ始業時間だぞ。席についてくれないか」
「あ・・・は、はい」
言葉をさえぎられてしまい、望美はやむを得ず席に着く。
事務用品などは新しいものがそろえられており、内線電話も設置されていた。
「あ、あの・・・部長。制服に着替えたいのですけど・・・」
「ん?ああ、言ってなかったかな? 君には秘書的な役割をしてもらいたいので制服はなしだ。スーツで仕事をしてもらいたい」
「ええっ?」
望美はまた驚いた。てっきり制服で事務処理をするものだとばかり思い込んでいたのだ。
秘書課にいたとはいえ、秘書的役割につくなど思っても見なかったのである。
「これを頼む」
席を立って望美のところにやってくる越久村。
今まで自分が目を通していた書類を望美の机に置く。
「新規プロジェクトの見積もりだ。検算して問題なければ戻してくれ」
「あ、はい」
越久村の咥えタバコに辟易しながらも、望美は仕事を始めるのだった。
「ただいまー」
「お帰りなさい・・・」
仕事を終えて帰宅した健太をエプロン姿の望美が出迎える。
だが、その表情はすごくさえなく、憂鬱そうだったことに健太は驚いた。
「どうだった、初日だから何かトラぶったのか?」
カバンを手渡し靴を脱ぎながらも、健太は最愛の妻の心配をする。
「えっ?う、うん・・・その・・・ね・・・」
言葉を濁す望美に健太は何かいやなものを感じる。
「どうしたんだい?」
玄関先だが、望美の両肩をつかんで自分の方に向けさせた。
その望美の髪から強烈なタバコのにおいが流れてくる。
「えっ?これは?」
思わず望美の髪のにおいを確かめる健太。
間違いなくそれはタバコの煙のにおいだった。
「あ・・・やっぱりわかる? タバ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
妻の青春
2016/03/31 00:05
2016/03/31 00:05
妻と結婚する前、彼女と交際を始めてしばらくして、私たちはセックスをした。 妻は、私と出会う以前、大学時代に交際していた男性がいたことは妻から聞いて知っていた。そして、彼の部屋に何度か遊びに行ったことがあることまでは聞いていた。 妻の性器に初めて私のペニスを挿入したとき、意外なほど簡単に中まで入った。 ペニスを動かしたときの膣の感触も滑らかだった。 私は、ひょっとして・・という一抹の不安が頭をよぎった。 妻は昔、他の男と交際していたとはいえ、体までは許していないだろうというかすかな期待を抱いていた。しかし、終わった後、妻が発した言葉に私は一瞬思考が停止した。「なんかあそこが変な感じ。久しぶりにし…
やっと出来た彼女の処女を、他の男に奪ってもらいたい僕3
2017/09/01 23:31
2017/09/01 23:31
僕は、慌ててズボンを見た。すると、薄暗くてあまりわからないけど、少しだけシミが出来ている感じだった。まさか、少しとはいえ手も触れていないのに漏れ出てしまうなんて、僕は自分がどれだけ興奮しているのだろう? と、驚いてしまった。 隙間から覗くと、すずは真っ赤な顔のままベッドに座っていた。ブラはカップが下に引き下げられ、胸が丸見えになっている。ただでさえ大きな胸が、より大きく見える。ブラに下から支えられて寄せられている感じなので、胸の谷間が凄く強調されていて、グラビアアイドルなんかみたいだ。 『次は、マサ君の番だね。ほら、全部脱いじゃいなよ! それとも、脱がせようか?』 すずは、楽しそうにそんな…
【体験談】同級生とのファーストキス、中二の思い出
2016/03/18 18:00
2016/03/18 18:00

中2の夏休みに、ファーストキスを経験した。



でも思い描いていたファーストキスとは
大分違ったw

仲のいいクラスメイトの女子と
遊ぶことになったんだが(その女子はまぁまぁ可愛い)

家につくなり遊びの取っ組み合いになって
女子が飛び掛ってきて、女子に押し倒されるが、
男の意地って物があるんで今度は俺が上になる

今思うと中学生になって何やってるんだって思うが、
ド田舎育ちで、都会の子と比べて、
大分性に対する意識など遅れてたんだなぁって思う。




無邪気に女子と取っ組み合いして、
その後はじゃれ合い…
【人妻体験談】勿体無いほど美形の人妻 変貌
2017/03/31 14:56
2017/03/31 14:56
その頃からS子は変わって行きました。 相互観賞クラブの事をS子が知ったのは“裏モノジャパン”と言う雑誌です。 マンションの一室などにカップルで集まり、お互いのSEXを見せ合いながら楽しむ・・・確かに刺激的です。 その頃はネットもなく調べる手段がありませんでした。 昼食を外食で済ませていたとき、スポーツ新聞のアダルトコーナーのコラムに目が留まりました。 相互観賞クラブの宣伝が乗っていたのです。 私たちの住む町から50キロほど離れた隣県の県庁所在地。 さっそく電話してみると着信音はなりますが、誰も出ません。 夜八時を過ぎ、もう一度かけてみると若そうな男性が出ました。 とりあえずシステムなど…
【妹との告白体験談】 勃起する従弟に特別サービス  
2016/04/16 22:51
2016/04/16 22:51
携帯アクセス解析アクセスランキング 勃起する従弟に特別サービス 彼女から聞いたんだが、大学時代に一人暮らししてる時に、 近所に高校生の従兄弟がいたんだと。 仲いいし、飯食べにきたり漫画読みにきたりとしてたらしい。 夏とかは暑いからとトランクスいっちょで涼んだりもしてたと。 俺が「なんか変な事とかなかったの?」と問い詰めたら「ちょっとだけあるけど怒らないでよ~」と聞いた話しなんだが。 ある日従兄弟が髪切って欲しいと家にきたと。 彼女は「いいよ」とOKして、 準備すると従兄弟は服に髪が付くととれないからと トランクスいっちょに 彼女は見慣れてたしそのまま髪を切り始めた。従兄弟は新聞紙ひいた床に…
性の世界がこんなにすごいんだって不倫で知った
2017/02/10 21:00
2017/02/10 21:00
 

 私は、37歳主婦です。先日、不倫初体験してしまいました。子供も手がかからなくなって、私も時間ができたせいか、近所のジムで運動するようになりました。そこで知り合った男性とベットインしてしまいました。主人とは正反対で、筋肉もりもり!ベットでもすごーい力持ちというか、パワーがすごい!彼は、40台半ばで主人と変わらないんだけど、やっぱ、「慣れてる」っていうか体力あるっていうか、すごい「上手」です。  私は何度も逝かされ‥しかし彼は平気?まだ、3回しか体を合わせてないけど‥0勝3敗!全く勝ち目なしって状態です。(ちょっと口惜しい!)完全…
女の告白、自動車教習所でセクハラ教師に…
2015/11/28 23:00
2015/11/28 23:00



 


私は21歳の冬に車の免許を取りに行きました。
その時の話です。私はお金を自動車学校に払いに行き、その日に運転の練習を1回と学科を受けていくことにしました。
私は夕方まで仕事があり、申込みをしたのが5時くらいでした。
それから学科を2つ受けて、7時から8時までの最後の時間ででした。名前が呼ばれるのを待っていると受付の女の人が私の隣に来て、
「今日からだと思うんだけど、あなたを担当する先生結構セクハラが多い人だから気を付けて…」
と言われました。するとすぐ先生が来て
「大山さんいますか??」
と言われ、慌てて返事をし、一緒に教習所に向かいました。
するといきなりでした。
女子大生の従姉
2015/11/04 21:01
2015/11/04 21:01
この夏休み、4つ年上の女子大生の従姉が僕(高校3年の受験生)の家に泊まりに来ました。 一応就職活動と言っていましたが、夏休みの間中、僕の家にずっと居てくれました。 そのときのことです。従姉は僕の部屋で寝泊りしたんですが、なんとノーブラTシャツ、パンティで寝たのです。 初日はその大胆な格好にクラクラして、従姉が寝てから、ペンライトでおっぱいやパンティの股間を見たり、触ったりして、全然眠れませんでした。 次の日、共働きの両親は朝の6時には出かけていきました。当然次の日からは二人っきりでしたが、寝たときの格好のまま起きてきて、一緒に食事をしました。 あくびをする僕に「昨日、眠れなかったの?」と微笑み…
【Hな体験】幼馴染のお姉ちゃんと34年ぶりに再会して・・・。
2018/02/16 18:00
2018/02/16 18:00
「失礼しまーす・・・」 男子トイレで用を足していると、清掃員の女性が入ってきた。ちょうど俺の後ろの用具入れを開けて何やら作業しているようだった。滴を切って、手を洗おうと振り返ったら、ドン! 「あ、すみません」 「ごめんなさい・・・あ・・・こ・・・康ちゃん?」 何年ぶりだろう。彼女が引越したのは俺が小学校5年生の時だから、34年ぶりだった。彼女は俺の2歳年上だから、47歳だった。 「あ、陽子姉ちゃん?」 物心ついたときには一緒にいた。公営住宅のお隣さんで幼馴染のお姉ちゃん。いつも一緒に遊んでくれた優しいお姉ちゃん。中学になったお姉ちゃんは、うなじで束ねた髪が大人っぽい綺麗…
不倫相手の彼からプレゼントされた下着を身につけデートする子持ち主婦【エロ体験】
2015/10/19 09:05
2015/10/19 09:05
眠れぬ夜、午前3時、こっそり起きて
ソファでボーっとしたりして。

単身赴任中の主人のいない部屋。

すぐに朝。土曜日の朝。

一人息子を支度させ、私立の幼稚園に自転車で送り、

「夕方におばあちゃんが迎えに来るからね」

と言い残し、自宅へ。

父を亡くし、近くに移り住んだ母には、

「コンサートに行って来るからね」

と言ってある。

シャワーを入念に浴び、髪を整え、お化粧をして。

彼からのマニュキア、香水、そしてピアス。

下着も彼からのプレゼントのもの。

左薬指の指輪も、彼とのペアリングに替える。

洋服を着て、鏡を見て納得。

彼の大好きだと言う私の丸い膝の見える膝上の
フレア…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・中学生に寝取られた_2

・【SM・調教】行きつけのスナックで変態プレイ

・【人妻体験談】出張ホストに妻をナンパ痴漢させ、寝取らせて興奮する変態夫

・【熟女体験談】オナニーを邪魔してきたAカップの貧乳叔母に激怒してレイプした男子中学生

・中学生に寝取られた_1

・続1・借家の寝室に開けられていた覗き穴

・【初体験】北海道行きのフェリーで知り合ったおじさんたちと

・自慢の母(1)

・ビデオテープを偶然に発見してしまった・・・

・【Hな体験】ボール遊びしてたら隣の家のお姉さんにフェラされた

・嫁を寝取っていたのは俺だった?2

・俺の奥さんと尊敬する先輩の満さんが

・【盗撮・覗き】母のセックスの声を聞きながら半泣きでオナった

・「キノコの子」と呼ばれた俺の性の自叙伝~見つけた忘れ物~

・【熟女体験談】見知らぬ男に自宅で侵入レイプされ逝ってしまったバツイチ熟女

・ウロダイナミック

・中学校一年のときでした。

・【人妻体験談】枕営業をしてくる美魔女保険レディに緊縛電マ寸止め責めの調教プレイを行ったら、変態美魔女となって度々遊びにくるようになった

・ゆきずりH

・嫁を寝取っていたのは俺だった?

・でも、私は妻を愛しています・・・

・合コンで出会ったJDたちと乱交

・【人妻体験談】隣の旦那さんが鬼畜なレイプ魔で犯され続けてSEX奴隷となった専業主婦

・【熟女体験談】主婦二人が掲示板で浮気相手を募集し、年下大学生二人と4p乱交で二本同時挿入

・M紀-その2

・受付嬢とのこと

・金髪巨乳母娘との愛の3P性活

・【乱交】合気道部の美人な先輩を合宿でイカせまくった[中編]

・【人妻体験談】うちの妻が幼馴染にする事以上のエロい事をしてくる負けず嫌いな幼馴染の奥さん

・【熟女体験談】介助中にお爺さんにテクニシャンな舌使いで乳首を舐められ感じるヘルパー主婦