寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

上司に寝取られた

2018/03/21 09:01


上司に寝取られた

「おう、塩原君、ちょっといいかな」
久しぶりにかけられる声。塩原健太は振り返った。
「越久村部長、お久しぶりです」
やってきたのは長身の中年男だ。
社内でもやり手と評判の越久村竜治、前営業1部の部長であり現在は特別事業部という社長つながりの部門の長を務めている。
今でこそ健太は企画開発部に席を置いているものの、一時期は越久村の下で営業にいたこともあり、二人は顔なじみである。
たまたま用事があって営業部に顔を出した健太を越久村が見つけたのだろう。
健太はにこやかに越久村に会釈した。
「ちょっと話があるんだ。いいかな?」
「あ、はい。何でしょう」
健太は越久村に連れられて休憩室へ向かった。
「えっ?望美を復帰させてくれですって?」
健太は驚いた。望美とは健太の妻であり、結婚一年になる最愛の人だ。
もともとは会社の秘書課に勤務していた彼女を、健太がアタックして射止めたのだ。
清楚で美しい望美は、何人かの男に声をかけられたらしいが、健太の人柄に惚れてくれ、二人はめでたくゴールインしたと言うわけだ。
その後専業主婦になると言うことで会社を退職したが、ずいぶんと惜しまれたものだった。「ああ、生嶋君なら適任なんだよ」
越久村がタバコをふかす。
ヘビースモーカーの越久村は、部長室でも常にタバコをふかしているらしい。
生嶋と言うのは望美の旧姓だ。
「ああ、すまんすまん。今は塩原君だったな。何とか会社に復帰してもらえないかな」
「どうして望美なんですか?」
健太は缶コーヒーを口にする。
せっかく専業主婦として家庭にいてくれることになったのに、職場に戻っては欲しくない。

「実は今度特別事業部で新規プロジェクトが決まってな。いろいろと雑用が増えたんだ。そこで事務処理など雑務を手がける人を用意していいってことになってね。いろいろ考えたんだが塩原君の奥さん、望美君なら適任だと思うんだよ。彼女は以前秘書課にいて会社のこともわかっている。新人を教育している暇などないからな」
「でも、それなら秘書課から誰かを・・・」
「それは無理だ」
健太の言葉をぴしゃりとさえぎる越久村。
「今時期は秘書課も手一杯だ。今年は新人を一人しか入れてないしな」
越久村のタバコの煙が健太の喉を刺激する。
「ゲホッ、ゴホッ」
「お、タバコは苦手だったな。すまんすまん」
そういいながらも越久村はタバコを消しはしない。
「とにかく打診してみてくれないか? 君にも悪い話じゃないだろう。マンションのローンだってバカにはならないはずだ」
「ハア・・・」
痛いところを突かれあいまいに返事する健太。
それを見た越久村は仕事の内容や条件を一通り伝えると、にやりと笑って休憩室をあとにした。
「越久村部長の手伝い?」
「ああ、どうしてもって泣きつかれちゃってさ・・・もちろん望美がいやなら断るよ」
健太はとりあえず越久村の申し出を望美に伝えた。
きっと断るだろうと思っていたのだ。
望美が断ったのなら健太としても越久村に言いやすい。
「うーん・・・セクハラ部長かぁ・・・」
そうだ。それも健太の不安の一つである。
越久村は女子社員の一部からセクハラ部長と言うあだ名を付けられていると言うのだ。
どこまでホントかわからないし、越久村をやっかむ連中によるものと言う話もあるのだが、やっぱり気になることは気になるのだ。

「でも、越久村部長ってまだ部長だったんだ。仕事できる人って聞いていたからとっくに常務あたりになっていると思ってたわ」
「ああ、何でも常務昇進を蹴って特別事業部に移ったらしいよ。あそこは社長直属の部門だし、業績も上げているから、他の役員たちも越久村部長にあんまり頭が上がらないらしい」
特別事業部のことは健太もよく知らない。
ただ、今度の新規プロジェクトの噂は企画開発部にも入ってきていて、相当大きな動きになるような話らしかった。
「そうなんだ。それでお手伝いの期間はどれぐらいなの?」
「とりあえず半年って言うことだった。半年後に望めば更新と言うことになるらしい」
「やってもいいかな」
「ええっ?」
望美の言葉に健太は驚いた。てっきり断るとばかり思っていたのだ。
「い、いいのかい?」
「事務処理的なことならできると思うし、今のうちにお金を貯めておいても悪くないって思うわ。半年したらやめればいいんだし、少しでも健太さんの負担を軽くしてあげたいの」
にこやかな笑顔で健太に微笑む望美。
二十五歳という若さが美しさに花を添えている。
「望美・・・でもなぁ・・・」
「くすっ、心配しなくても大丈夫よ。セクハラ部長なんていわれてても、そう変なことはしないと思うわ」
くすくすと笑っている望美。健太は望美の笑顔が大好きだった。
望美の復帰の話は越久村の手でとんとん拍子に進められ、数日後には出社の運びとなる。
当面はパート扱いだが、状況によっては正社員への復帰もありうるという話しで、給料もそれなりのものになるということだった。
住んでいるマンションのローンも結構大変なこともあり、望美は少しでも健太の負担を軽くできると喜んでいた。
セクハラ部長などと言う噂のある越久村の手伝いなどと言う仕事を引き受けたのも、専業主婦として健太に負担ばかりかけるのは申し訳ないという思いからだったのだ。
当の健太はそれを負担だなどとはこれっぽっちも思ってはいなかったが。

「それじゃ行ってくるよ。望美も今日から出社だね」
「ええ、気をつけてね、健太さん」
玄関先でお別れのキスをする望美。
結婚して一年になるというのに、望美はお別れのキスを忘れない。
健太を愛しているのだ。いつも送り出すときはしばしの別れに切なくなる。
だからこうしてキスをして送り出すのだ。名残惜しそうな表情で健太が玄関を出て行く。
送り出した望美はエプロンをはずし、出社の支度を始めるのだった。
いつもの白い下着の上にブラウスを着、ナチュラルブラウンのパンストに紺のタイトスカ
ートと上着を組み合わせる。
まるでリクルートスーツのような感じだが、どうせ会社では制服を着るのだろうから気にしない。
鏡の中に映った望美は、まるで新人社員のころに戻ったような感じがした。
メイクを終えた望美は玄関の鍵をかけて家をでる。
久しぶりの朝の外出は、望美の気分を浮き立たせた。
会社までは電車で20分ほどだ。
実は復帰が決まって知ったのだが、望美の勤める先は健太のいる都心の本社社屋ではなく、ちょっと離れた新社屋だったのだ。
そこに越久村をはじめ、新規プロジェクトに携わる人員が詰めることになるのだという。
健太と一緒に仕事ができると喜んでいたのだがそうは行かないらしい。
新しいところでの復帰は多少不安だったものの、決まったからには仕方がないし、家に近い分遅く出ることができて家事には好都合だ。
早く帰れるし健太にも迷惑をかけずにすむだろう。
望美は意気揚々と新社屋に入っていった。

「おはようございます。うっ、ゲホッ」
越久村のいる部屋に入った途端、もうもうたるタバコの煙にめまいがする望美。
部屋の中がかすむほどの白煙が充満しているのだ。
ヘビースモーカーの越久村が朝からタバコをふかしているのだろう。
「ゲホッ、ゴホッ、お、越久村部長・・・」
咳き込みながら越久村のところへいく望美。
とてもじゃないがタバコの嫌いな望美には耐えられるものではない。
「ああ、おはよう、塩原君」
タバコをふかしながら机から顔を上げる越久村。
早くから書類と格闘しているのだろう。
「お、おはようございます。あ、あの・・・」
「君の席はそこだ。今日からよろしく頼むよ」
「えっ?」
望美は驚いた。てっきり別の部屋での仕事になると思っていたのだ。
まさか一緒の部屋でなんて・・・
望美はそう思ったが、今さら別の部屋でなんて言えるはずもない。
「あ、あの」
せめてこのタバコの煙を何とかして欲しいと思い、望美は越久村に声をかける。
「何をしている? もうすぐ始業時間だぞ。席についてくれないか」
「あ・・・は、はい」
言葉をさえぎられてしまい、望美はやむを得ず席に着く。
事務用品などは新しいものがそろえられており、内線電話も設置されていた。
「あ、あの・・・部長。制服に着替えたいのですけど・・・」
「ん?ああ、言ってなかったかな? 君には秘書的な役割をしてもらいたいので制服はなしだ。スーツで仕事をしてもらいたい」
「ええっ?」
望美はまた驚いた。てっきり制服で事務処理をするものだとばかり思い込んでいたのだ。
秘書課にいたとはいえ、秘書的役割につくなど思っても見なかったのである。
「これを頼む」
席を立って望美のところにやってくる越久村。
今まで自分が目を通していた書類を望美の机に置く。
「新規プロジェクトの見積もりだ。検算して問題なければ戻してくれ」
「あ、はい」
越久村の咥えタバコに辟易しながらも、望美は仕事を始めるのだった。
「ただいまー」
「お帰りなさい・・・」
仕事を終えて帰宅した健太をエプロン姿の望美が出迎える。
だが、その表情はすごくさえなく、憂鬱そうだったことに健太は驚いた。
「どうだった、初日だから何かトラぶったのか?」
カバンを手渡し靴を脱ぎながらも、健太は最愛の妻の心配をする。
「えっ?う、うん・・・その・・・ね・・・」
言葉を濁す望美に健太は何かいやなものを感じる。
「どうしたんだい?」
玄関先だが、望美の両肩をつかんで自分の方に向けさせた。
その望美の髪から強烈なタバコのにおいが流れてくる。
「えっ?これは?」
思わず望美の髪のにおいを確かめる健太。
間違いなくそれはタバコの煙のにおいだった。
「あ・・・やっぱりわかる? タバ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
セクシーな女優みたいな三十路の若女将の身体を味わっています
2016/01/20 17:00
2016/01/20 17:00


31才サラリーマンです。




ここ1年は彼女と別れて一人身なので、


最近は家から車で1時間の所にある小さな町の鉱泉旅館に


毎週金土と2泊するようになりました。




温泉では無くて鉱泉です、暖めれば温泉と同じです。




それなのに鉱泉って聞いただけでランクが下がると思って


普通のお客は来ないみたいです。




ここの湯はとても濃くて蔵王温泉以上だと思っています。




顔に湯が着くとヒリヒリするくらい濃いです。




この旅館は駅前にあって食事無しの素泊まり2500円で安いです。

【平日昼間の風俗体験】挿入までのサービス満点で中出し
2016/08/23 08:00
2016/08/23 08:00
26歳、会社員(営業)、今まで女性と付き合った経験は二人。 女性に接するのは全く緊張しないし、笑わせたりするのも得意だと思う。 若者らしくほどほどに異性交遊している友人(男女)に囲まれているから、SEXに対して幻想や下手な意識を抱いているわけでもないけれど、女性と二人きりでいい雰囲気になっても(特に向こうが)どうしても頭が ビビッてキス以上にいけなかったから、色々と悩んで行ってみようと思った。 6万ほどの店に予約を入れた。 好みの顔とかスタイルとかも特にないし、有給を使った平日の午前だったので 「店についてから選びます」と電話口で伝えた(送迎はないとの事)。 電話を切って、風呂でいつもより…
【人妻体験談】AVでオナニーしている息子を見て、楽しい気分になり、手コキからの騎乗位で筆下ろし
2018/04/05 18:02
2018/04/05 18:02
三十路のシングルマザーで小学6年生の息子と親子二人で慎ましく生活しています いつまでも幼い息子と思っていたのに息子のオナティッシュを見つけてしまい私は息子も大人になったんだなぁ~と感慨深い気持ちになりました そしてある日 私は仕事から帰ると息子はリビングで下半身丸出しのスッポンポンでアダルトビデオを見ながらオナニーしていたんです オナニーしていた事は別段いいんです だって年頃の男の子ならオナニーぐらいするだろうし 逆に全くオナニーしないとなると母親として心配になってしまいます 私が気になったのはアダルトビデオの方なんです 小学生の息子が一体どこでAVを手に入れたのか 私は息子に聞いてみると友…
【レイプ体験談】嫁との出会い
2015/10/04 20:14
2015/10/04 20:14
494:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水)07:00:38 友人の姉。 495:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水)22:03:52 kwsk 497:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木)21:54:18 494だけど書いていいかな? 需要ある? 498:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/08(木)22:05:56 497 ある。さあ、吐いてラクになっちまいな!! 499:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/09(金)23:44:17 494です。 すこ?し…
おまつりに参加したとき、打ち上げで知り合いの奥さんとセックスしたH体験談
2015/12/31 23:30
2015/12/31 23:30


1月になると毎年俺の田舎では


どんと祭というお祭りがある。




地元で、水回り工事の店を開く


我が家は商工会に入っており 


毎年恒例のどんと祭は、


必ず出席しなければならなかった。

 


どんと祭は、商工会と青年会が


メインで開催する1年の初めの行事であった。




我が家は、出店(でみせ)で


焼き鳥を売る担当


それと、今年は夫婦で


裸祭りにも参加してくれと言われていたのだ。




祭りの終盤にお守りなどを焼いている
周りを裸(男はまわしだけ、…
ダメって言ったのに
2017/09/03 20:49
2017/09/03 20:49
高校一年の時、三年の先輩と付き合っていました。 私が中学三年からだから二年の付き合いです。 けっこうプラトニックで映画見たり食事したり動物園に行ったりとデートをしてました。 キスの経験はありましたが彼はいつもそれ以上は求めてきませんでした。 それである日、彼の家に誰もいない日に遊びに行った時です。 彼は男の性のことを考えたことあるって聞いてきたから、わかんないって答えました。 すると彼は服を全て脱ぎ裸になったんです。 えっどうしたの すると私は初めて男のチンを見たのです。 硬く上を向き時々動いていました。 男は女性を抱きたくなるとこうなるんだよ。 そしていつものキスをしてきました。 すると私の…
生でのエッチが気持ち良すぎて危険日なのに中出しのおねだりしちゃう私の体験談
2016/06/25 12:02
2016/06/25 12:02
この間、危険日にショウジ君に中出しされちゃいました。

って言うかお願いして中出ししてもらいました。

別に妊娠を望んでいたわけではありませんが

生で入れてしまったらあまりの気持ち良さに

中出しの誘惑には勝てませんでした。

さらに危険日ということもあり、

「絶対中出ししちゃいけない!」

という気持ちが逆に

「イケナイ事をしたい」

という気持ちを強くしました。

中出しした後も不思議と

「出来たらどうしよう」

という不安な気持ちなもなりませんでした。

それどころか「危険日に3回も中出しされちゃった」

と思うと興奮してまた中にいっぱい出して欲しくなりました。

妻由美子の調教
2018/05/26 10:26
2018/05/26 10:26
妻と結婚して6年、妻由美子は29歳になりました。結婚して 6年ですが、19歳から付き合っていますから丸々10年間、 調教してきた事になります。 結婚して2年目ぐらいから寝取られ性癖が、出始めました。 妻を縛って写真撮ったりしていたのですが、その写真を、 他人に見せるから始まり、生で見せたい、触らせたい、 そして挿入したいと進んで行きました。 病気のように進行して行きます、目の前で見ていての興奮 から始まり、やがて貸し出し、そして複数と。 複数の男たちが、愛する妻を性のはけ口として、オマンコ を楽しんでる姿に興奮ですが、1対1で貸し出し男に隠し カメラで撮影してもらうと、激しく嫉妬する会話や…
年下の同僚【エッチ体験談】
2015/09/18 08:52
2015/09/18 08:52
266年下の同僚を…削除依頼 投稿者:アイコ 2005/05/15 16:46:43(AUxPIGXZ) 投稿削除 ほぼ同時期に入社した5歳年下の男の子・K君は、初めての就職で、 未経験なことばかりのため、私が指導役で、仕事を教えることに。 その彼はマジメなため「早く仕事を覚えたい」と、二人で残業になることもたびたび ありました。 そんなある週末の日の事、残業中、たまたまTVをつけたままにしていたら、 バラエティ番組の中からから聞こえてきたのは、 お笑いタレントの「包茎」の話で、手術をしたとか、その結果どうなって、Hの時も 自信がでてきたとか…。 その…
奥さまのアクメ^ ^
2017/10/15 10:05
2017/10/15 10:05
気持ち良さそう(^^) 続きを読む
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・おまけ

・女が体を許すとき

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・中国マッサージ

・当時のいいオカズ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・【熟女体験談】離婚したバツ一パートおばさんにアダルトビデオを見せられ、筆下ろしをしてもらった

・FXで失敗したエリート女の屈辱

・【人妻体験談】夫婦ゲンカをして飛び出してきた同じマンションに住む奥さんとハメまくってヤリまくり、この不倫を止められそうにない

・【レイプ】荒れた中学で起きた性的いじめの実態

・40代兄妹の性交

・俺は聖人君子じゃないからなあ・・・

・【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

・【人妻体験談】上司が妻に会いたいと言ったので上がってもらうことにしたら、妻を寝取られ、妻は知らないうちに上司の恋人になっていた

・【熟女体験談】行きつけのスナックでママと女の子の乳揉みは日常化し、SEXを楽しんだ

・45才の人妻のとても心に残る私の秘密の旅行でした

・凌辱された小学生