寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

上司に寝取られた

2018/03/21 09:01


上司に寝取られた

「おう、塩原君、ちょっといいかな」
久しぶりにかけられる声。塩原健太は振り返った。
「越久村部長、お久しぶりです」
やってきたのは長身の中年男だ。
社内でもやり手と評判の越久村竜治、前営業1部の部長であり現在は特別事業部という社長つながりの部門の長を務めている。
今でこそ健太は企画開発部に席を置いているものの、一時期は越久村の下で営業にいたこともあり、二人は顔なじみである。
たまたま用事があって営業部に顔を出した健太を越久村が見つけたのだろう。
健太はにこやかに越久村に会釈した。
「ちょっと話があるんだ。いいかな?」
「あ、はい。何でしょう」
健太は越久村に連れられて休憩室へ向かった。
「えっ?望美を復帰させてくれですって?」
健太は驚いた。望美とは健太の妻であり、結婚一年になる最愛の人だ。
もともとは会社の秘書課に勤務していた彼女を、健太がアタックして射止めたのだ。
清楚で美しい望美は、何人かの男に声をかけられたらしいが、健太の人柄に惚れてくれ、二人はめでたくゴールインしたと言うわけだ。
その後専業主婦になると言うことで会社を退職したが、ずいぶんと惜しまれたものだった。「ああ、生嶋君なら適任なんだよ」
越久村がタバコをふかす。
ヘビースモーカーの越久村は、部長室でも常にタバコをふかしているらしい。
生嶋と言うのは望美の旧姓だ。
「ああ、すまんすまん。今は塩原君だったな。何とか会社に復帰してもらえないかな」
「どうして望美なんですか?」
健太は缶コーヒーを口にする。
せっかく専業主婦として家庭にいてくれることになったのに、職場に戻っては欲しくない。

「実は今度特別事業部で新規プロジェクトが決まってな。いろいろと雑用が増えたんだ。そこで事務処理など雑務を手がける人を用意していいってことになってね。いろいろ考えたんだが塩原君の奥さん、望美君なら適任だと思うんだよ。彼女は以前秘書課にいて会社のこともわかっている。新人を教育している暇などないからな」
「でも、それなら秘書課から誰かを・・・」
「それは無理だ」
健太の言葉をぴしゃりとさえぎる越久村。
「今時期は秘書課も手一杯だ。今年は新人を一人しか入れてないしな」
越久村のタバコの煙が健太の喉を刺激する。
「ゲホッ、ゴホッ」
「お、タバコは苦手だったな。すまんすまん」
そういいながらも越久村はタバコを消しはしない。
「とにかく打診してみてくれないか? 君にも悪い話じゃないだろう。マンションのローンだってバカにはならないはずだ」
「ハア・・・」
痛いところを突かれあいまいに返事する健太。
それを見た越久村は仕事の内容や条件を一通り伝えると、にやりと笑って休憩室をあとにした。
「越久村部長の手伝い?」
「ああ、どうしてもって泣きつかれちゃってさ・・・もちろん望美がいやなら断るよ」
健太はとりあえず越久村の申し出を望美に伝えた。
きっと断るだろうと思っていたのだ。
望美が断ったのなら健太としても越久村に言いやすい。
「うーん・・・セクハラ部長かぁ・・・」
そうだ。それも健太の不安の一つである。
越久村は女子社員の一部からセクハラ部長と言うあだ名を付けられていると言うのだ。
どこまでホントかわからないし、越久村をやっかむ連中によるものと言う話もあるのだが、やっぱり気になることは気になるのだ。

「でも、越久村部長ってまだ部長だったんだ。仕事できる人って聞いていたからとっくに常務あたりになっていると思ってたわ」
「ああ、何でも常務昇進を蹴って特別事業部に移ったらしいよ。あそこは社長直属の部門だし、業績も上げているから、他の役員たちも越久村部長にあんまり頭が上がらないらしい」
特別事業部のことは健太もよく知らない。
ただ、今度の新規プロジェクトの噂は企画開発部にも入ってきていて、相当大きな動きになるような話らしかった。
「そうなんだ。それでお手伝いの期間はどれぐらいなの?」
「とりあえず半年って言うことだった。半年後に望めば更新と言うことになるらしい」
「やってもいいかな」
「ええっ?」
望美の言葉に健太は驚いた。てっきり断るとばかり思っていたのだ。
「い、いいのかい?」
「事務処理的なことならできると思うし、今のうちにお金を貯めておいても悪くないって思うわ。半年したらやめればいいんだし、少しでも健太さんの負担を軽くしてあげたいの」
にこやかな笑顔で健太に微笑む望美。
二十五歳という若さが美しさに花を添えている。
「望美・・・でもなぁ・・・」
「くすっ、心配しなくても大丈夫よ。セクハラ部長なんていわれてても、そう変なことはしないと思うわ」
くすくすと笑っている望美。健太は望美の笑顔が大好きだった。
望美の復帰の話は越久村の手でとんとん拍子に進められ、数日後には出社の運びとなる。
当面はパート扱いだが、状況によっては正社員への復帰もありうるという話しで、給料もそれなりのものになるということだった。
住んでいるマンションのローンも結構大変なこともあり、望美は少しでも健太の負担を軽くできると喜んでいた。
セクハラ部長などと言う噂のある越久村の手伝いなどと言う仕事を引き受けたのも、専業主婦として健太に負担ばかりかけるのは申し訳ないという思いからだったのだ。
当の健太はそれを負担だなどとはこれっぽっちも思ってはいなかったが。

「それじゃ行ってくるよ。望美も今日から出社だね」
「ええ、気をつけてね、健太さん」
玄関先でお別れのキスをする望美。
結婚して一年になるというのに、望美はお別れのキスを忘れない。
健太を愛しているのだ。いつも送り出すときはしばしの別れに切なくなる。
だからこうしてキスをして送り出すのだ。名残惜しそうな表情で健太が玄関を出て行く。
送り出した望美はエプロンをはずし、出社の支度を始めるのだった。
いつもの白い下着の上にブラウスを着、ナチュラルブラウンのパンストに紺のタイトスカ
ートと上着を組み合わせる。
まるでリクルートスーツのような感じだが、どうせ会社では制服を着るのだろうから気にしない。
鏡の中に映った望美は、まるで新人社員のころに戻ったような感じがした。
メイクを終えた望美は玄関の鍵をかけて家をでる。
久しぶりの朝の外出は、望美の気分を浮き立たせた。
会社までは電車で20分ほどだ。
実は復帰が決まって知ったのだが、望美の勤める先は健太のいる都心の本社社屋ではなく、ちょっと離れた新社屋だったのだ。
そこに越久村をはじめ、新規プロジェクトに携わる人員が詰めることになるのだという。
健太と一緒に仕事ができると喜んでいたのだがそうは行かないらしい。
新しいところでの復帰は多少不安だったものの、決まったからには仕方がないし、家に近い分遅く出ることができて家事には好都合だ。
早く帰れるし健太にも迷惑をかけずにすむだろう。
望美は意気揚々と新社屋に入っていった。

「おはようございます。うっ、ゲホッ」
越久村のいる部屋に入った途端、もうもうたるタバコの煙にめまいがする望美。
部屋の中がかすむほどの白煙が充満しているのだ。
ヘビースモーカーの越久村が朝からタバコをふかしているのだろう。
「ゲホッ、ゴホッ、お、越久村部長・・・」
咳き込みながら越久村のところへいく望美。
とてもじゃないがタバコの嫌いな望美には耐えられるものではない。
「ああ、おはよう、塩原君」
タバコをふかしながら机から顔を上げる越久村。
早くから書類と格闘しているのだろう。
「お、おはようございます。あ、あの・・・」
「君の席はそこだ。今日からよろしく頼むよ」
「えっ?」
望美は驚いた。てっきり別の部屋での仕事になると思っていたのだ。
まさか一緒の部屋でなんて・・・
望美はそう思ったが、今さら別の部屋でなんて言えるはずもない。
「あ、あの」
せめてこのタバコの煙を何とかして欲しいと思い、望美は越久村に声をかける。
「何をしている? もうすぐ始業時間だぞ。席についてくれないか」
「あ・・・は、はい」
言葉をさえぎられてしまい、望美はやむを得ず席に着く。
事務用品などは新しいものがそろえられており、内線電話も設置されていた。
「あ、あの・・・部長。制服に着替えたいのですけど・・・」
「ん?ああ、言ってなかったかな? 君には秘書的な役割をしてもらいたいので制服はなしだ。スーツで仕事をしてもらいたい」
「ええっ?」
望美はまた驚いた。てっきり制服で事務処理をするものだとばかり思い込んでいたのだ。
秘書課にいたとはいえ、秘書的役割につくなど思っても見なかったのである。
「これを頼む」
席を立って望美のところにやってくる越久村。
今まで自分が目を通していた書類を望美の机に置く。
「新規プロジェクトの見積もりだ。検算して問題なければ戻してくれ」
「あ、はい」
越久村の咥えタバコに辟易しながらも、望美は仕事を始めるのだった。
「ただいまー」
「お帰りなさい・・・」
仕事を終えて帰宅した健太をエプロン姿の望美が出迎える。
だが、その表情はすごくさえなく、憂鬱そうだったことに健太は驚いた。
「どうだった、初日だから何かトラぶったのか?」
カバンを手渡し靴を脱ぎながらも、健太は最愛の妻の心配をする。
「えっ?う、うん・・・その・・・ね・・・」
言葉を濁す望美に健太は何かいやなものを感じる。
「どうしたんだい?」
玄関先だが、望美の両肩をつかんで自分の方に向けさせた。
その望美の髪から強烈なタバコのにおいが流れてくる。
「えっ?これは?」
思わず望美の髪のにおいを確かめる健太。
間違いなくそれはタバコの煙のにおいだった。
「あ・・・やっぱりわかる? タバ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
社長の別れた奥さんの代わりに妻が…1【寝取られ体験談】
2017/07/29 21:10
2017/07/29 21:10
私はあるサークルで妻と知り合った。
妻は凄い美人と言う訳でも無く、特に目立つ存在では無かったが、笑顔が可愛くて清潔感があり、いつも皆よりも一歩下がって微笑んでいる様な大人しい性格に惹かれて交際を申し込んだ。

妻は既に29歳だったが、いざ付き合ってみると半年経ってもキスすら許さず、どこか性的に問題があるのかとさえ思った事もある。

その問題が、過去に酷い性的虐待を受けたか、以前付き合っていた男に暴力的なセックスを強いられて、精神的に受け付けない様になっているとすれば上手くやって行く自信など無かったが、妻に惚れてしまっていた私は更に半年付き合ってから結婚した。


すると意外にも初夜では拒む事無…
理想のプロポーズ
2017/01/05 23:05
2017/01/05 23:05
二人で部屋でマッタリしていると、ヒマすぎてしりとりが始まる。 数十回続き、オレの番のお題が「け」で回ってくる。オレ「け・・・け・・・」 女 「はやくー、『け』なんて簡単じゃんー」 オレ「け・・・け・・・結婚しよう・・・」    しばらくの沈黙 女 「・・・・・・・・・・・・・・・うん・・・」    しばらくの沈黙 オレ「『ん』がついたからお前の負けだぞー」 女 「負けちゃったけど、すっごくうれしい事あったからいいもん!」
サークルの彼氏ありの可愛い後輩を電マで完堕ちさせた
2015/10/12 10:06
2015/10/12 10:06
大学の時なんだが、サークルの後輩の女の子1人と、俺ら3年3人で友人Aの家で飲み、ってシチュエーションがあった。

つか、本当は後輩の女の子2人の予定だったんだが、ブサイクな女の子の方が帰ったため途中からそういうシチュヘ。
ノリは良いけど「彼氏がいるから」って理由でデートとか誘っても絶対OKしてくれない子だったから、みんな諦めてたけど結構可愛いめ。




酔って寝ちゃったところで友人Aが「誰か送ってけよ」と。

でも全員かなり酔ってたから、車乗るの嫌って事で拒否。

そのうち友人Bが「ちょっとだけ。ちょっとだけおっぱい。な。おっぱい」とか、訳のわからない事を言い出して、後輩の女…
水泳コーチに水着を脱がされる妻の痴態を夫が目撃
2016/08/26 20:04
2016/08/26 20:04
結婚7年目を迎えた。ひとり息子は小○生になり専業主婦の妻も少し自由時間がとれるようになった。

ある日妻がスイミングスクールに通いたいと申し出てきた。友人の勧めで体系維持と健康の為に通うのだそうだ。インストラクターはどんなヤツだ?と思ったが、頑張って来い!と即答し男らしさを演出してみせた。妻が通い始めて2ヶ月ほど経ちスクールにも慣れ、妻も生き生きしているように見える


いつも妻はスクールの報告をしてくれるが、あまり興味の無い話なので話半分で聞く。「今日は○○さん、平泳ぎの動きがおかしくて・・」「へえ、そうなんだ〜」

・・・・「あ、それと先週行けなかった分補習してくれるって」「そうな…
妹をお持ち帰りしてしまった
2015/12/07 21:00
2015/12/07 21:00
この間、友人にコンパに誘われた。
男3×女3、相手は女子短大。妹の通ってる学校だったんで、もし妹の知り合いだったらマズイかなーと思ってちょっと躊躇したけど、やっぱり行くことにした。
当日、先に着いて女の子を待ってたら、5分ぐらい送れてやって来た。しかし、女の子の顔を見たとき、俺は固まってしまった。妹の友達どころか、妹本人がいた。


向こうも俺の顔を見て、固まっていた。
俺はもうどうにでもなれと思って、妹に他人の振りしろという感じで合図を送った。
妹もそれがわかったみたいで、「初めまして~」と言いながら席に着いた。
とりあえず自己紹介ってことになり、「同じ名前って、…
友達にFカップ爆乳を揉まれるツンデレ妻【寝取られ・巨乳】
2016/04/18 15:05
2016/04/18 15:05
俺はアラサーで名前は達也 平凡なサラリーマンは顔も平均だと思う 昔は高身長で痩せ型だったけど 最近ちょっと腹が出てきた。 嫁も同い年のアラサー 名前は美咲 兼業主婦でパートに出てる 自分で言うのもなんだけどかなりの自慢の嫁 結構ツンも多いんだけど 男を立ててくれる大和撫子タイプ。 影ではツンデレで可愛い嫁 手足細長いし括れもちゃんとあるのにFカップの爆乳妻 ちょっと垂れ乳だけど超やわこい マシュマロおっぱいとはこのことか!って感じのおっぱい でも本人はその爆乳が結構コンプレックスだったらしい 服装とかはそれを隠すように気にしてて 俺も付き合うまで気づかなかった。 …
赴任先の熟女達と不倫SEXしまくりました
2017/02/08 16:00
2017/02/08 16:00
ぼくは去年の春に、地方都市に新任係長として赴任したのですが、その職場は女性ばかりでした。しかも欲求不満の20代から50代までの人妻ばかりで、ぼくは数年で必ず他に転勤してしまう後腐れのない、都合がいい若い男ということで、次々と女性たちと関係をもてたのです。その中で良美さんというのは30代半ばで、元バレー日本代表の高橋みゆき似の体育会系の人妻さんですが、体の相性も、お姉さん的な性格も合ったため、週1はエッチしていました。


一方、職場で一番若い正社員の唯ちゃんは良美さんの高校のバレー部の後輩で、普段から良美さんを姉のように慕っていて、当時は処女だったのですが、初体験の…
半年してなかった人妻が燃えに燃えた
2016/06/08 09:00
2016/06/08 09:00
私は46才管理職ではあるけれど、部下を持たない「特命次長」で、ある意味フリーな立場で、若い連中の悩みや不満を聞いてガス抜きするようなこともやっている。
 カミサンとははっきり言ってもう2年もしてないセックスレス。性欲旺盛なので、以前は彼女とかセフレみたいな女性もいたけど、最近はいないので、月イチでラブホで人妻デリヘルを呼んで発散してる。


1年前に私の部署に転勤してきた30才の由美は、165くらいの長身のグラマラス系。ボン、キュッ、ボンではないけど、私服の上からでもFカップ以上ありそうなのは判る。
 でも「人妻の色気ムンムン」ではなく、「健康的」なキャラで未婚と…
夫に、犯されつづけて
2018/03/28 10:48
2018/03/28 10:48
 最近、夫がSMに目覚めてしまったみたいなんです。  いつの間に買ったのかファーの付いた手錠を持ち出してきて私にはめようとしてきました。  私は変態的なセックスに興味がないので絶対にいやと断り続けていました。  でも先日、子供たちが出かけていない昼間に突然手錠をはめてきました。  私はめちゃくちゃに抵抗したんですが夫の力にかなうわけもなく、背中でカチリと手錠を両手首にはめられてしまいました。  そして服の上からおっぱいを揉まれたり、お尻を撫で回されたりしました。  夫は私がいやがって暴れると余計に興奮するみたいです。  しばらくして夫がスカートの中に手を入れてきて下着を荒々しく脱がして、…
演劇鑑賞しながら穴をホジホジ
2016/05/01 12:00
2016/05/01 12:00
厨房の頃に、俺と俺の母、女友達(以下香織)とその母で
劇を見に行きました。会場はほぼ満員でしたが、俺の左隣は空いていました。
席は左から俺、香織、香織の母、俺の母という順番で座っていました。
始まると、一瞬で暗くなり、隣の人の顔が見えるのがやっとでした。
はっきりいって、母に無理矢理つれてこさされたようなものだったので、すごく暇だった。


少したつと、隣に暗いからよくわからなかったが20歳くらいの女の人が一人できました。

その人は、暗くてよくは見えないが美人でスタイルもよい人でした。
そこで、俺は少しぐらい触ってもいいよなと思い、まずスカートから触り始めまし…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】元バレーボール選手の高身長な人妻を立ちバックで犯すのは最高すぎて10年以上W不倫している

・真面目な童貞くんを誘惑して密着するHなオフィスレディwww

・【不倫】嫁の友達と流れでしたセックスが気持ちよすぎて困ってる

・隣の奧さんにおっぱい講義をされて

・妻はマゾで、ご主人様がいた…【寝取られ体験談】

・異常性癖

・スケベな熟女をゲットできる意外な場所【熟女体験談】

・昔の団地妻たち

・仕事から帰ってきた早漏包茎のパパ

・【SM・調教】身長差35センチ、凸凹夫婦のセックス事情

・義理の妹と下ネタから

・【人妻体験談】思春期で反抗期の息子が母親に耳かきをしてもらって興奮し、そのまま近親相姦筆下ろし

・ヤリマンな血筋!同級生のおばさんもチンコを欲しがる件www

・【熟女体験談】会社が不渡り出して倒産するまで美熟女な社長の奥さんを従業員の肉便器としてお仕置きレイプしまくった

・元ヤリマンの上司の奥さんを回した

・やさぐれヤンママデリヘル嬢に性感マッサージを試してみた

・銭湯2

・女子高生レイプ

・美白のハーフ美人お姉さんの処女喪失SEXwwwwwwwww

・月1回だけ激しくセックスする人妻セフレ【出会い系体験談】

・旅行先にて

・【Hな体験】掲示板で仲良くなった巨乳処女と映画デート

・ 僕を誘ってきた四十路の人妻は、何度も痙攣しながら僕を締めつけた

・同僚の男子社員にうまいこと騙されてハメられたのに逝きまくったM体質の私

・銭湯

・飲み屋で助けてもらったお姉様方に廻されて虜になった私

・ご近所さんと続き

・女性の派手な下着に目覚めて…【人妻体験談】

・憧れの上司と一緒の残業なら楽しくエッチもできるし最高なんです

・【Hな体験】同級生2人とやっちゃった[第6話(終):番外編]