寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

生意気な美少女を調教し、顔をザーメンでドロドロに恥辱したったwww

2018/03/21 02:02


子供の時から病弱で、

近眼で眼鏡をかけており、

ひょろひょろな体つきでよく女子達から

「トンボちゃん」とからかわれていた。

小○生の頃は、学年が同じだと

女子の方が体格がよかったりするから尚更標的にされがちで、

俺はしょっちゅう女子達からからかわれては笑われていた。

中○校に入る時は、

「これでヤツらから解放される」

と思っていたのに、何の事はない。

同じ小○校だった女子らが新たな仲間を加えたグループとなり、

ますます俺をいじくり始めたのだ。

もうそれは「イジメ」だった。

何もしていないのに

すれ違いざま体当たりして突き飛ばされる。 肩に担ぐフリして鞄を凄い勢いでぶつけてくる。

教室で机の間の通路を歩いていると

足を引っ掛けられる。

その度に体重の軽い俺は吹っ飛ばされ、

こかされ、壁や床に激突する。

ヤツらは確信犯なくせに

「あーごめん大丈夫?」

と殊勝な事を言ってくる。

そうしてケラケラケラケラ笑うのだ。

結局俺は不登校気味となった。

何とか中学校は卒業したものの、

もちろん希望の高校にも入れず、

滑り止めで誰もが入れるような高校にしか行く事が出来なかった。

そこで出会ったのが同じクラスの美都だ。

「もしかしてあなたが

『トンボちゃん?』あはは噂通り~」

そう言いながら、美都はわざと

俺の頭に鞄をぶつけて教室を出て行ったのだ。

それから美都による俺へのイジメが始まった。

上履きを捨てる、鞄を隠す、

机に弁当カスを突っ込む。

俺が一体あの女に何をしたというのだ。

ただ単なる憂さ晴らしとしか思えない、

いやストレス解消のターゲットか?

「付き合ってる彼氏と上手くいってない」

って誰かが言ってたから八つ当たりか?

冗談じゃない、いい迷惑だ、てかやり過ぎだろ。

しかし、実は美都は肌の色が抜けるような白い、

神級な美少女だった。

黒目がちな大きな瞳に

長い髪を巻き毛にしてヒト目を惹く美少女

しかも親父は会社を経営していて、

地元では有名な資産家のお嬢様

学校にも多額の寄付をしているとかだもんで、

彼女の行動は周りの皆からも先公達からも

一目置かれ、全て大目に見られていた。

イヤイヤやりたい放題か?チクショー。

性格が悪く、傲慢で、

自己中で鼻持ちのならない美少女だった。

そして素晴らしく胸のデカい爆乳女でもあった。

噂だとFカップあるとか。

夏になると制服のブラウスのボタンが

はちきれんばかりに盛り上がってるのが分かる。

そんなのを目の前に、美都から頭を小突かれながら、

俺は一度でいいからこんなおっぱいを

鷲掴みにしてみたいと渇望したもんだった。

そんなこんなである日、

俺は忘れ物をして放課後学校に戻ってきたのだ。

教室に入ると、

美都が俺の机の上に座って誰かと電話していた。

「どうして?まだ足りないの?

この間の100万円は?パパの金庫から

こっそり持ち出したものだからバレたらヤバいんだけど」

俺はほくそ笑んだよもちろん。

「わ、分かった分かったから!

こうちゃんもうちょっと待って、何とかする」

そう言いながら電話を切った美都が、

俺に気付いてギョッとした。

「な、何してんのよさっさと帰りなさいよっ!」

そう言いながら美都は俺の眼鏡を取り上げ、放り投げやがった。

俺はそんな美都の腕を掴んで

「何すんだよっ」

とこっちを向かせたのだ。

すると、美都は俺の手を振り払おうともがき始めた。

ヤツの爆乳は大きく揺れ、

ブラウスのボタンが1つ弾け飛んだ。

と同時に、窮屈そうなブラの中に

押し込められてるオッパイの谷間が目の前に現れたのだ。

「きゃ何するの?」

慌てて胸を隠す

美都の顔が見る見る赤くなっていく。

俺は真っ白なうなじに美都の朱を

差した耳たぶを見て、もう頭がクラクラしてしまった。

さっきチラリと見えたピンク色の

ブラジャーも俺の股間を熱くさせた。

俺は美都の腕を掴んで無理矢理開かせると、

間髪を入れずボタンの取れた部分から

ブラウスを引き剥がしてやったのだ。

「いやぁ!!」

パラパラと残りのボタンも弾け飛び、

美都はその場にしゃがみ込んだ。

俺は美都の腕を掴み立たせると、

ブラを上にずり上げてやった。

すると、噂通りの…いや噂以上か?

すげーデカいおっぱいがぽろんと零れたのだ。

俺の理性は吹き飛び、

俺は両手でそのおっぱいを鷲掴みに握り締めた。

何という柔らかさ、何という弾力。

股間が一気に立ち上がった。

「やめてぇぇ!!」

美都が叫びながら俺の腕を

力いっぱい振り払いやがった。

ヤツも必死だ。

そこで俺は、逃げようとする

美都を押さえ込みながら言ってやった。

「さっきの会話、俺聞いてたんだぜ。

もちろん俺のスマホに録音したし」

ピタッと美都の動きが止まった。

録音は嘘だけど、

「お前の親父さんに

知らせてやってもいいんだぜ?100万円の事」

美都の怯えたような顔が俺を見つめる。

あぁやっぱり綺麗だなコイツ。

目を潤ませて耳赤くさせてゾクゾクする。

俺は動かなくなった美都の胸を

もう一度鷲掴みにし、もみくちゃにしてやった。

美都は眉根に皺を寄せながら俺を睨み、

下唇を噛んでいた口を開いた。

「何がしたいの?」

わなわなと声が震えてやがる。

「お前には散々可愛がってもらったからな。

お礼がしたいだけだよ俺は」

そう言いながらズボンのベルトを外し、

トランクスから俺の息子ちゃんを取り出してやった。

それを見ながら美都は引きつった顔を背け、

その場に泣き崩れた。

「お願い勘弁して!言う事聞くからお願い」

高慢ちきな美女が泣くってのはいいもんだ。

俺はますます興奮してくる。

「親父にバラされたくなかった咥えろよ。

こうちゃんだっけ?彼氏にはやってんだろ?」

俺は美都の頭を掴み、

泣き声を上げる口に無理矢理俺の

たぎった息子ちゃんを捻じ込んでやった。

最初、美都はえずきながらもがいて

首を振り立てていたが、

俺のガッチリ掴んだ腕力に抗えないと悟ったのか、

徐々に力が抜けていき、俺にされるがままに

頭を前後左右に振り回されていた。

抵抗しないのをいい事に、

俺はそんな美都の顔を、俺の息子を咥え込んで

涙を流している美都の顔を至近距離で写メてやった。

また美都がもがき始めたが、

俺はスマホを胸のポケットにしまい込むと、

もう遠慮なく思いっきり喉奥に突き込んで無理やりイラマチオ

美都は獣のような呻きを上げながら真っ赤になって、

涙と涎と鼻水でぐちゃぐちゃな顔で

俺に救いを求めるように見上げた。

この時俺の中で何かが弾けたんだ。

クソ生意気な女がドロドロの顔で

俺のものを咥えさせられてゲェゲェ泣いてる。

これ以上ない征服感というのか、

支配感というのか、体の中から込み上げる優越感。

俺の息子はあっと言う間に

白いザーメンを美都の喉奥にぶっ放し

強制口内射精

その瞬間の美都の顔ったら、

大きな瞳を般若の如く見開いて

喉をヒクヒク震わせてやがった。

俺はその顔を見ながら、

放出感と満足感で思わす身震いした。

頭を掴んだ手はそのままに、

両親指だけ美都の目の下にあてがい、

目を潰さんばかりに力を込めて言ってやった。

「全部飲み干せ!一滴でもこぼしやがったら」

言い終わらないうちに、

美都は恐怖に顔をヒクつかせながらゴクリと音を立てて飲み干した。

なんて爽快なんだ。

俺は次に美都にやらせる事をその時に思いついた。

俺は美都の頭を片手で掴んだまま椅子を1つ机から引き出して座った。

そうして美都をその前に正座させ、命じたのだ。

「パイズリしてもう一度起たせろよ」

俺の息子は、自分のザーメンと美都のねばっこい唾液でヌメヌメしていた。

触るのもおぞましいような顔つきで美都が固まってる。

立たせた後の事も考えているのか、また再びシクシクと泣き始めた。

「泣いたって許さねーよ。俺は毎日毎日お前にやられっ放しだったからね」

「ごめんなさい…もうしませんから…」

当たり前だっつーの馬鹿か。

俺は答えず、

大きく足を開いて萎んでしまった息子の根元を持って美都の胸元で振ってやった。

美都は諦めたのか、仕方なさそうにタプンタプン揺れる両乳で俺の息子を挟んだ。

おおおぉぉぉぉなんて気持ちいいんだ。

ヒンヤリとしたお餅で包まれ、こねられてるようだ。

どうやら美都は彼氏にいつもパイズリしてるのだろう。

あまりの手つきの良さに嫉妬を覚えるくらいだ。

ムカツクのでパイズリしながら先端を舐めさせてやった。

チロチロと舌を伸ばし、

パイズリしながら俺の息子を舐め舐めしてるところを今度は動画で撮ってやった。

バッチリ美都の顔が入るように。

また美都の顔が引きつっていたが、そんな事は構わない。

完全に再勃起するまで、

イヤというほど美都の白く柔らかい胸と舐め舐めの触感を楽しんで、

今度は美都を立たせると後ろ向きにお尻を突き出させ、

スカートを捲り上げてやった。

一瞬上体を起こして抵抗しようとした美都だが、

すぐに体勢を戻し動かなくなった。

観念したのか、それはそれで面白くない。

「上体はそのままで、自分でケツを広げろ。顔はこっちを見ながらな」

と命令した。

美都の背中が震え…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
主人より気持ちのいいセックスで・・・
2018/04/16 20:01
2018/04/16 20:01
私28歳、主人は30歳、義父は58歳、義母は55歳、結婚三年ですが子供はまだ出
来ません。
主人はすごいマザコンで何でも母親の言いなりです。義母は一人息
子を私に奪われたとの思いから、何かと意地悪を言います。
けれど主人はただおろおろするだけで、私を守ってくれないのです。
そんな時に義父は主人に対して、「お前の嫁さんを庇わないで、
どうするんだ、しっかりしろ」と言ってくれ、義母に対しても「もう、
いい加減にしなさい、みっともないぞ」と小言を言ってくれる、優しい舅です。
普段は寡黙なのですが、とても威厳があります。

私はどんなに救われて来たことか判りません。いつも感謝の気持ちを
持って…
泊まりに来た従姉妹と・・・
2015/10/15 23:03
2015/10/15 23:03
あれは約10年前の話です。当時俺大阪在住19歳、従姉妹の姉ちゃんは奈良在住23歳でした。 ある日姉ちゃんが俺が一人で暮らすアパートに電話してきました。 姉「今大阪に遊びに来てるんよ。今夜泊めてくれへん?」 話を聞くと 夜は短大時代の同窓会があり 帰りの電車が無くなるために 俺んちに泊めてほしいとのことでした。 その時はあんなことになるとは考えてもおらず ただ寝場所を提供するとぐらいにしか考えていませんでした。 そしてその夜23時過ぎだったと思いますが 姉ちゃん参上。少し酒がはいっていたようですが 特に普段と変わらない感じでした。 我が家に着いた姉ちゃん。服装は白っぽいブラウスと黒のスカ…
セックスレスの人妻とW不倫で中出し
2015/09/23 10:00
2015/09/23 10:00
自分の中だし体験の事を書かせて頂きます。中だしの相手とは、W不倫の関係です。
名前(仮名・由美)は35歳の家庭内離婚状態の主婦兼アルバイトの一応人妻です。
彼女とは、ある飲み会の席で初めて会い、居酒屋で飲んで話してるうちに仲良くなり、その後、みんなで由美のアルバイトをしているスナックへ行き、二次会となりました。
店が混んでいて、カウンターで席が空くまで飲むことに。
 
由美は私の隣に座って話しをしていましが、彼女はもうすでにかなり酔っていて、ろれつが回らない程でした。

ふと、会話の中で、彼女は舌が長いと言う話になり、それを聞いた由美が舌を「ベー」と出して私に…
中出し不倫専門ですww[エロな話]
2015/09/11 09:39
2015/09/11 09:39
自分の中だし体験の事を書かせて頂きます。
中だしの相手とは、W不倫の関係です。
名前(仮名ひで)は35歳の家庭内離婚状態の主婦兼アルバイトの一応人妻です。
彼女とは、ある飲み会の席で初めて会い、居酒屋で飲んで話してるうちに仲良くなり、その後、みんなでひでのアルバイトをしているスナックへ行き、二次会となりました。
店が混んでいて、カウンターで席が空くまで飲むことに。
ひでは私の隣に座って話しをしていましが、彼女はもうすでにかなり酔っていて、ろれつが回らない程でした。
ふと、会話の中で、彼女は舌が長いと言う話になり、それを聞いたひでが舌を「ベー」と出して私に見せてきました。
そして、顔を近づけ来…
年下男子の亀頭にキスをするスケベな三十路熟女主婦
2016/06/30 10:25
2016/06/30 10:25
私は33才の専業主婦ですが、主人の度重なる浮気が原因ですでに1年以上セックスレスの状態が続いています。

そんな主人の浮気は相変わらず続いていました。


私自身3食昼寝付きの楽な生活に慣れてしまい、すでに生活力がなくなってしまていましたので離婚する勇気もなく家庭内別居が続いていました。

そんな時に寂しさも手伝って始めた出会い系サイトで24才のマモルくんと知り合いました。



かなり年が離れてたので話が合わないかも…と思いつつもメールを始めたんですが、写メを見ると結構カワイイし、久しぶりに「お姉さん」と呼ばれ何となくウキウキしながらメールしていました。


そのうちエッチな内容のメ…
【姉との告白体験談】 今日初めてお酒飲んじゃったのら
2016/05/17 22:58
2016/05/17 22:58
2011/09/21 12:23┃登録者:昼休みに投稿◆9qoWuqvA┃作者:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:17:40.69 ID:VKQX89YXO 弟「おかえり……ってなにこのニオイお酒?」 姉「お姉ちゃんね?今日初めてお酒飲んじゃったのら?」ヒック 弟「そ、そーかよ」 姉「おとーさんとおかーさんはー?」 弟「外泊だろ。散々言ってたじゃん。相当酔ってんのな」 姉「ふーんそお」ヒック 弟(……うわーよく見るといー感じに服とか乱れてて色気やべーな……)ドキドキ姉「そっ…
高齢童貞だったけど、できました
2016/02/16 23:05
2016/02/16 23:05
"高齢童貞だったけど初体験できました! 気持ち良かったー‥‥。 30歳もとうに過ぎて半ば諦めかけていましたが、 ひょんなことで知り合った歳下の女性に教えてもらいました。 感無量です。 彼女はいろいろな男性と付き合ったそうですが、 これからは彼女一筋、守り続けてあげたいです!僕としては若い時にやってみたかったです。 ギンギンとはいっても年齢的にであって、 自分の若い時の勃ち方に比べればやはり劣っていますよ。 一生の内で一番勢いのあるときに数をこなして上達したかった。 戻ることが出来ない以上、 若さに任せたセックスはもう一生出来ないんですね‥‥。 僕もこれで初めて生物としての人間になれたような気が…
【レイプ・痴漢体験談】義弟に無理やり
2017/02/25 00:14
2017/02/25 00:14
相手は義弟のヒロくんでした。ヒロくんは24歳で、私とは年齢が一回り違います。実家に帰った時に顔を合わせた時に挨拶程度の会話をするくらいで、特に仲が良かったという訳でもありませんでした。あまりの突然のことに混乱し、“何で?どうしよう?旦那は?”と色んなことが頭の中をグルグルと回って、口をとっさにギュッとつぐみました。ヒロくんは、私が起きたことに気付いたようですが、キスを止めようとはせずに、つぐんでいる私の唇を舌でなぞるように舐め続けています。片手で私の頭を添えるように押さえ、もう片手で私の片手を押さえています。私が空いた方の手でヒロくんの胸をトントンンと叩くと、ヒロくんはふっとキスを止め、私の…
★気になっていた近所の美人妻
2016/07/03 16:50
2016/07/03 16:50
 食事でもしようとたまにバスで出かける。そんなある日、近所の美人妻がバスに乗って来た。こういうチャンスは期待していたけれど初めてだったんで、目的を変えて、後を付けることにした。バスを降り電車を乗り換えるごとに妄想と期待が膨らんだ。

 え、ここで降りると、この先は俺がたまに行くちょんの間のある歓楽街だぞと感じるや、奥さんも周りの様子を気にし始めている。後を付けて来た俺に気づかれてはまずいと、少し距離を置いて、さらにつけるとちょんの間に入っって行った。内心やったと思って足早にその家の前を過ぎるとやりて婆がいつものように座っている。
 ってことは、接客するのに違いなさそう。別の熟女が入り口に座…
少年達の餌食になった妻
2016/01/13 01:05
2016/01/13 01:05
近所でも可愛らしく真面目で通っている裕実。 私にとってはごく普通の妻である。 45歳になる妻は月に一度ボランティア活動に励んでいる。ボランティア活動といっても、不登校の少年宅を訪ね 保護者に近況を聞くといった、お茶のみの延長のような活動であるのだが・・・。 6月にはいっての日曜日、台風も過ぎ去り、もう外は 暑いぐらいの日中 家事を済ませ、不登校児宅訪問の支度をしている妻。 平凡な毎日に ちょっと気合が入る。 月一回の家庭訪問の準備である。 この活動を始めてから、どんな少年でも深く話せば理解しあえると確信を持ち始めた妻。 実際、何人もの少年達が妻の励ましで学校へ通うようになってきた。 やりがいも…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢】美人妻のお尻に押しつけて射精した

・エロい団地妻とリアルロマンポルノの関係に

・少年とお姉さん

・付き合って7年の彼女を

・中1の私がキモデブ叔父の性奴隷にされ、人格崩壊しかかった話・・・

・元彼の仲間3人に犯された彼女

・老女に遊ばれてた頃

・【熟女体験談】アダルト系出会い系サイトに挑戦したら、出会った男性にまるでレイプのように犯された

・すっぴん美人な女子大生バイトを僕と店長で

・大学生の姉ちゃんがセフレになった

・婦警を襲ってもた始め

・仕返し

・贅沢で至福の時間はマッサージ

・小中学校の頃の、幼馴染二人とのエッチな話

・【人妻体験談】目隠しプレイでガチイキ絶頂するエロカワな淫乱未亡人

・【Hな体験】好きだった子に告白されて、そのまま学校でセックス

・昔、族やってた 2/2

・幼馴染と再会してトイレでSEXした

・思い出してもう一度会いたい女性

・事故を起こして脅され変態おやじに好き放題犯され中出しされたお姉さんwwwww信じられないけど本当にあったHな話5

・彼女が口をあーんして待ってるけど何これ

・享楽の底に落ちて俺の肉便器を宣言・・・

・3年ぶりのセックスが乱交になった

・酔っ払ったお姉ちゃんに筆おろしされた

・△出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた5(転載不可)

・10歳上の従姉妹とセクロスしたエッチ体験

・【人妻体験談】スケベな叔母と甥の官能的な初体験の近親相姦

・持参した電動バイブを人妻デリ嬢のおまんこに挿入wwwwwwww

・【熟女体験談】近所の痴女おばさんの絶妙なフィンガーテクニックからの初めて味わうフェラチオ

・ひと回り以上も年下のOLに突然告白されて・・・