寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

嫁がサッカー教室のコーチ達とサンドイッチファックしてたのを見た私は

2018/03/21 02:00


その日は土曜日で私は家に居た。

妻は午後から子供のサッカー教室の手伝いで子供達と学校に出掛けて行った。
私は一人で家に居るのも暇なので、散歩がてら子供のサッカーでも見に行こうかと
家を出た。



学校に着くと、子供達はグランド一杯に広がってボールを蹴っていた。
私はブラブラと奥さん達の集まっている方に行ったが、そこに妻の姿は無かった。

「あの、ウチの女房来てませんか?」
「あらっ、さっきまで一緒に居たのに。ねえっ?」
一人の奥さんが隣に居た奥さんに聞いた。

すると隣の奥さんは顔をしかめ、しいっ、と口に指を当てて、ダメという風に顔を横に振った。
すると最初の奥さんもしまった、という顔をして、急にオドオドした様子になった。

「あ、あの、そう、おトイレにでも行ったのかしら。ねえっ、」
回りの奥さん方の雰囲気が急に気まずいものに変わった。

「あ、あの、何かご用事でしたら、探してきましょうか?」
別の奥さんが校舎の方を振り返りながら言った。

「いえ、別に用事って訳じゃ。」
私はその場を離れることにして、奥さん方に適当に挨拶していったん学校を出た。

私は怪しい雰囲気を感じて、学校の裏口から校舎の中に入り、裸足で足音をひそめて階段を上った。
2階の教室を端から順番に覗いていったが、どの教室にも誰もいなかった。

私は3階に上がった。
3階の教室も2階と同じ様にひっそりと静まりかえり、校庭から遠く子供の声が聞こえるだけだった。

(私はいったい何をやってるんだ?)私は馬鹿らしくなって4階まで階段を上ったところで、もう帰ろうとしかけた。

その時、「ああっ、」という女の悲鳴のような声がどこからか聞こえてきた。私は耳を澄ませた。うっ、とか、あっ、という声が途切れ途切れに聞こえてくる。

(こっちだ)私は声の方にそっと歩き始めた。
近づくにつれて、女の声はだんだん大きくなって来た。
それに交じってくぐもった男の声もする。廊下の一番奥の教室まで歩き、ドアのガラス窓からそっと中を覗いた。

「!!」
私は目を疑った。
教室の床に寝そべった男の上に全裸になった女が跨っていた。
女はこちらに背を向けて男の上で腰を振っていた。
男のものが蜜でぬるぬるに濡れて、下から女の秘所に突き刺ささっている。

「ほら奥さん、ちゃんとしゃぶれよ。」
横にもう一人の男が立って、女の顔に太いものを押し付けた。
男は子供のサッカー教室のコーチだった。

大学生くらいの若い男だが、ずり下げたショートパンツの上から、巨大なものをそそり立たせていた。
女がその男のものを掴んで唇を寄せた時、女の横顔が見えた。それは妻だった。

妻は男のものを口に含んだ。
妻の横顔は快感に歪み、男のものが突き上げるたび、太いものを挟んだ唇から「うっ、あうっ、」とうめきが漏れた。

男が両手で妻の頭を掴み、腰を使いだした。
妻の唇に赤黒いもの出入りする。
妻は懸命に男のものをしゃぶろうとするが、下からの突き上げにあえぎ声をあげ、つい口がおろそかになった。

「おら、奥さん、そんなんじゃいかないぞ。子供達が待ってるんだから、早くしないと。」
「ああん、もうだめ、いっちゃう。」
妻は切れ切れの声で言った。

「ねえ、来て、あなたも、」
妻は横に立つ男のものを握り締めながら、顔を見上げて言った。

「ふふ、奥さんも好きだねえ。いつも最後は2本か?」

「ああん、だっていいんだもの。」

「奥さんはどっちが好きなんだよ。」

「え、ええ、やっぱりおまんこ。でも後ろも良くって。」

「最初はあんなに痛がってたくせになあ。」

「俺にアナルやらせてくれよ。」
今まで下になってた男が言った。
「OK。じゃ、交替だ。」
横に立っていた男が妻を引きずる様に持ち上げた。
妻の秘所からズポッと音を立てて下の男のものが抜けた。
開ききった妻の秘所から、蜜が糸を引いて垂れ落ちた。

「もう腰が抜けそう。」
妻はいやらしく身体をくねらせながら男にしなだれかかる。
「まったくスケベな奥さんだな。下に子供がいるのに、こんな事してていいのか?」
「いやん、そんな事言わないで。」
妻は男の口を塞ぐ様に男の顔を引き寄せ、唇を突き出した。
男がそれに答えて強烈なディープキスを始めた。

「まったく見せつけてくれるぜ。」
下になっていた男が立ち上がり、抱き合ってる妻の後ろから乳房を揉み出した。
その男もサッカーのコーチで、毛むくじゃらの下半身からたっぷり妻の蜜にぬれたものが上を向いて立っている。

妻は肉棒をそそり立たせた若い男2人に挟まれ、幸せそうな顔をしてキスに夢中になっていた。

「はあっ、」
ようやく唇を離すと、妻はぼうっと上気した顔で後ろの男にもたれかかった。
男の手はまだ妻の乳房をいやらしく揉んでおり、私の見慣れた妻の黒ずんだ乳首を指の間に挟んで捻っていた。

妻にフェラチオさせていた男が今度は床に寝た。

「さあ、来いよ。」

男に言われて妻はおずおずとその上に跨り、自分で男のものを掴んで、おまんこに導いた。

「はあっ、」
男の上に腰を落とし妻はまた腰を激しく振り出した。
「ああ、いいっ、」悶える妻の身体を下になった男が抱き寄せる。

妻の股間が大開きになり、男のものが下から出入りする様が丸見えになった。
アナルも上を向いて丸見えだった。
「根元まで入ってるのが丸見えだぜ。」
もう一人の男が後ろから妻の秘所を覗き込んだ。

「ああん、あなたも早くう。」
妻はいやらしくお尻をうごめかし、男を誘った。
男は妻の腰を引き寄せると、先端をアナルにあてがった。
「あうっ、」
妻がうめいた。

「ふふっ、タップリ濡れてるからすぐ入るな。」

「使い過ぎでガバガバなんじゃねえか。」

「やだ、そんなこと、ない、わ、」

妻が男達の間で切れ切れに声を上げる。
後ろに入れてる男がズンと突いた。

「ああーっ、」妻が叫んだ。

「おなかが裂ける?、」

「何言ってるんだ、何でも入れるくせに」

男達は構わず妻の身体に太いものを打ち込んだ。

妻の秘所に2本の太いものが出入りする。
妻の2つの穴はどちらも張り裂けそうに開いて、男のものを根元まで飲み込んでいた。

「あ、あうっ、だめ、壊れちゃう、」

妻は2人の男の間で悶えまくっていた。

家では出したことの無い様な大きな声で叫び、ついにはヒーッ、ヒーッという悲鳴しか出なくなるまで叫び続けた。

「ほら、奥さん、もういくぞ、」

男達の動きがさらに激しさを増した。

「ああ、来て、来て、一杯出して、」

妻も頭を髪の毛がバサバサいう程振り立て、わめいた。

「うっ、」

上の男がうめいて妻のアナルの中に放出した。

「ヒィー、」

妻は背中をのけ反らせて、叫んだ。

「おう、締まる、」

下の男もズンズンと突き上げ、妻の中に放出した。

「うああ?っ、」

妻はまた大きく叫び、妻の身体はビクンビクンと何度も痙攣した。

「ふーっ、アナルは良く締まって最高だぜ。」

上の男のものが妻のアナルから抜け出た。
妻のアナルは穴が開いた様に開きっぱなしで、、そこから白い精液がダラダラと流れ出した。

「ほら奥さん、気を失ったのか?」

下の男が妻の身体を横に転がして立ちあがった。
妻は男達のされるがままで、床に大の字になって転がったまま、まだ荒い息で胸を上下させていた。

股間の二つの穴から男の精液と妻の蜜が混じったものが流れ出し、床に白い水溜まりを作っていた。














  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
★中には居るんですね逆○漢女
2017/12/04 14:43
2017/12/04 14:43
 先日、通勤中タイトルの路線に乗った時のこと。かなり混んでて私は押される形でハタチ位の女の子の後ろにいました。悪い虫が騒ぎ始め、はじめは手の甲でお尻をタッチ。

 特に嫌がる仕草もないので、指でパンティラインをなぞったりしてるうちに、ちんぽが固くビンビンになった。そのまま、お尻に固くなったちんぽを押し付けながらお尻を揉んでいると、女の子の手が後ろに回ってきた。

 ヤバい、手を捕まれて騒ぎ出すか?と思ってすぐに手を引っ込め、ちんぽも離したが、どうも女の子の手の動きがおかしい。腕を掴まず指先で何か探してるような感じ。私は女の子の指をさわったり手を握ったりしていたが、そのうち女の子の手が股間に…
寝取られ性癖に気づいて、妻の浮気相手をネット掲示板で募集した
2016/10/15 00:08
2016/10/15 00:08
寝取られ願望に気づいたのはつい最近

性癖は?と聞かれると
サドと返答していた


しかしこんな新たにマニアックな
寝取られ性癖を見つけてしまうと
Sですと言っていた気持ちが大きく変わるような気分になる
妻が私以外の誰かに抱かれ興奮する。
それは嫉妬からなのか、屈辱感からなのかわからない。

ただそれは間違いなく精神的なMではなかろうか?
精神的なMかもしれないと言っても今までの生活で変わることはない。
言葉使いや人間関係、亭主関白で通してきた家庭環境も変わることがないだろう。
 
 
妻は三十路。見た目で言えば特別美人だと自慢できるわけでもないかもしれない。
だからと言って不美人かと…
出張したついでに看護師さんとエッチ
2018/06/12 21:32
2018/06/12 21:32
サークルの後輩に夜の海辺でフェラと手コキしてもらった【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/11 05:27
2017/09/11 05:27
M1の秋の話。うちのサークルは大学の近くの海で合宿をしてました。 自分はM1でもうサークルの主要メンバーでもないので、この合宿も 差し入れ持って夜だけ参加していました。 一通り飲んだんで、そろそろ引き上げようと思ってホテルの玄関に向かったんですが、 玄関には2年の佳奈恵がいたんです。 佳奈恵は自分が知る限り2年の中では2番目くらいにかわいい子で、 かなり小柄で、身長は150cmくらいだったと思います。 「あれ?雅希先輩、帰るんですか?」 「ああ。もううちらの世代じゃないしな。年寄りは退散するよ。」 「えー。寂しいなぁ。」 「はいはい。どうもね。そういってくれるだけでうれしいよ。」 「ホント…
さえないオジンなのに、気持よすぎて何度もいかされちゃうの!
2018/06/27 14:16
2018/06/27 14:16
女のくせに性欲が強すぎるらしい私は、普段はオナニーで欲求不満を解消していた。
バイブも何本か持っていたし、オナニー用にコンドームやローションを買うのも通販だったので、特に恥ずかしい思いをすることもない。一人暮らしだったから、もやっとしたら、オナニーして、そのまま、眠りについていた。
さわやかな朝に、オナニーの残骸であるバイブやコンドームを片付けるのは微妙な気分になったけど、オナニーでイった後は、すぐに眠くなるので、片付ける気力がない。
バイブでオナニーしていると、あまり欲求不満にはならないけど、それでも、たまに本物のちんぽがほしくなることがあって、そんなときには…
【レイプ・痴漢】母の受難【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/05/31 18:33
2017/05/31 18:33
学校の帰りの電車内で、たまたま母を見つけました。 車両のつなぎ目に、帰宅の高校生の集団の中に、ポツンと。 よくよく見ると、様子が変です。 顔を赤らめ、うつむき加減です。 何が起こっているかはすぐ分かりました。 母は水泳のインストラクターをやっており、スタイルは悪くありません。 胸も大きく、くびれた腰、触りたくなるお尻。 職場でも間違いなくいやらしい目で見られているでしょう。 一度、母の競泳水着とサポーターが物干しからなくなり、2、3日後べったりと精子が付けられた状態でポストに入れられていたこともありました。知らないふりをしてましたが、最初に見つけたのは僕です。 明らかに誰かが来た跡。水着の胸…
大好きな父の舌がクリトリスに近づいてきた
2017/05/26 20:16
2017/05/26 20:16
313 :えっちな18禁さん:2010/08/09(月) 09:24:36 父との思い出です。 私は一人っ子で、父には溺愛されていました。 父は単身赴任で、たまにしか家に帰ってきませんでしたが、 とても優しくて、いつも遊んでくれて一度も怒ったことがありません。 見た目も若く、仕事が出来る男という感じでとてもかっこよかったと思います。 私もそんな父のことが大好きで、父が帰ってくると一日中父にまとわりついていました。 母は、普段一人で子育てしているストレスもあったのでしょう、いつも怒られていた 思い出があります。 父が帰ってくると、子供心に母に対してものすごいライバル…
冷蔵庫に保管されている搾りたての兄嫁の母乳
2017/08/16 17:48
2017/08/16 17:48
兄貴の妻と一時期やってた。
兄貴は30越えてるのにB系ファッションで、仕事もせずに毎日朝まで遊び歩いているような奴だった。
そんな兄貴がナンパして一晩共に過ごしたミサキという女が、ある日突然家にやってきた。
兄貴は、「ミサキとの間に子供ができたので責任とって結婚する」と、俺、母、父の前で宣言した。

1ヶ月後、ミサキさんは家に住み始めた。
兄貴が働いていないこともあって、しばらくは家で同居させてくれとの要望を父が難なく受け入れた。 これで兄貴も少しはまともに働くだろうと思った。
でも兄貴は今まで通り遊び歩いていた。
兄貴の代わりに働いていたのはミサキさんだった。
でも妊娠6…
吊り橋効果で美人素人OLとラブホに直行&即ハボ【ラブホ・セックス】
2016/07/20 21:05
2016/07/20 21:05
仕事帰りに、いつものように駅に行くと、 駅前に凄い人だかりが出来ていた。 事故か?何かあったのか?と思っていたら、 どうやら有名人が来てテレビの撮影しているらしく、 皆その中心に向かって歓声を響かせていた。 少し見ていこうと群衆の中に入っていくと、 とにかく皆ガッツポーズをしたり飛び跳ねたり凄いテンション。 そうしている間にだんだん自分も 周りに空気に飲まれて楽しくなってきた。 その時、ちょうど俺の真横にいた、 白系のスーツに身を包んだその方も仕事帰りらしいOLさんが いたのだが、その人も 「キャー!」 と黄色い歓声を上げながらピョンピョン飛び跳ねていた。 体勢を崩して一瞬俺の…
【近親相姦告白体験談】今年の夏も妹と…  ■近親相姦体験■
2015/12/06 14:22
2015/12/06 14:22
自分25歳会社員やってます。今日は代休です。3歳下の妹(専門学生)の二人兄妹です。 (今日妹は学校行ってます)俺達兄妹は10年間別れて生活していました。両親の離婚が原因です…俺が13歳、妹10歳の時でした。自分は父親と、妹は母親と暮らす事になり、その頃は兄妹喧嘩は日常的にしていた俺達は突然の別れで正直寂しかったのを覚えてます…喧嘩はするけど妹が嫌いな訳じゃ無く、妹も同じ気持ちだったと、再会してから色々話をしているうちに言われたので、大人になってからそんな事を言われて、ちょっと照れ臭かったのを覚えています。10年間全く会って居なかった訳では無く…それでも2回だけだから殆ど会っていないのと同じ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・完堕ちした美しい人

・【熟女体験談】お惣菜の宅配セールスレディに遠慮なく挿入し中出しを堪能

・あいつのSOS

・【痴漢】痴漢が触りやすいようにお尻を少し浮かせた

・君の精液の味が知りたくなった…という感じかな?

・【人妻体験談】友人の1周忌に未亡人になった友人の奥さんと愛し合い、中出しSEXした

・女が淫乱になる理由について

・義妹の服が軽装で体のラインや胸が丸見え

・【レイプ】イケメンにナンパされてついてったらキモオヤジ3人が

・パチンコで負けた巨乳ギャルとカーセックス

・某地域掲示板の熟女の作者さんへ

・女性は、僕が触りやすいように着替えてきたのです・・・

・男の理性を保つのは難しく崩壊すのは簡単

・夜に彼女と連絡が取れない時間がある

・【人妻体験談】職場同期入社として知り合った人妻と仲良くなり焼き肉に誘った後、立ちバックで犯し最高の一日を過ごした

・【熟女体験談】帰りにグラマーなパートのおばちゃんと出会い、車の中で正面座位の格好でカーセックス

・小学校の挨拶登板に行く途中襲われました

・【乱交】男たちに弄ばれているという恐怖も怒りも忘れて

・【人妻体験談】向かいのベランダで洗濯物を干している奥さんに自慢のチンポを見せたことで約束を取り付け、お股がとろけるまでオマンコして満足させてあげた

・派遣社員の人妻のエッチなお悩み

・人妻もアレの快感が忘れられないのかな

・家庭教師のバイトに行ったつもりが、まさかの展開になり、、、。

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・乗り合わせたタクシーの女性運転手