寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

幼なじみの女の子に睡眠薬レイプされた

2018/02/23 00:21


「ただいまー」

「あ、おかえりお姉ちゃん!お風呂わいてるよ?それとも先にご飯食べる?」

バイトを終えて帰宅した午後9時、法事で母方の実家へ帰った両親の代わりに、近所に住む幼馴染の子が迎えてくれた。

両親も昔から私をお姉ちゃんと慕って仲の良かったこの子、和紗(かずさ)を信用していて、出かける際には合鍵を渡していたぐらいだ。

「じゃあ先にお風呂でー」

「冷めちゃうといけないからってまだ沸かしてないから15分ぐらい待ってね」

「はーい」

お風呂場に向かう和紗。
本当に良い子だなぁ……



……
………


お風呂から上がってリビングに行くと、エプロン姿の和紗が食器を並べていた。

「あ、ご飯できてるよ」

「この匂いはカレーだね?和紗のカレー楽しみだなー」

「普通のカレーだよ?そんなに期待するようなものじゃないんだけど……」

食卓に二人分のカレーやサラダが並ぶ。

「「いただきます」」

「どお?美味しい?」

「うん!これならいつでもお嫁に行けるよ」

「お、お嫁だなんて……お姉ちゃん、もらってくれる?」

あはは、可愛い。

「もちろん!おいでー!」

両腕を広げて待ってみる。

「あ、えぁ……」

和紗が真っ赤になってあたふたしてる。

「ちょっ、本気で照れないでよ……」

私のが恥ずかしくなるじゃん。

「ごちそうさま!洗い物してくるね!」

洗い物を口実にこの変な空気からから逃げ出そう。

「あ!冷蔵庫にお姉ちゃんの大好きなプリンあるから、それ食べてからにしようよ。今持ってくるね!」

「うん……そうだね。ありがと」

作戦失敗。

数分して、和紗がコーヒーとプリンを持ってきた。

「コーヒーもちゃんと飲んでね」

「ありがと」

コーヒーに口をつける。

一口、二口。

「ちょっと豆変えてみたの!どう?もっと味わってみて?」

「そうなの?言われてみれば確かにいつもと違うような……」

急かされてまた一口。

あれ?このコーヒーなんか変な味がする……それに、なんだか……

「ねぇ、これ何が入って……」

その言葉を最後まで口に出す事なく、私は意識を失った。


―――――――――――――――


目が覚めたら、私は四肢をベッドの支柱に縛られて動けなくなっていた。
それも服どころか下着さえ身につけない一糸纏わぬ姿で。

「おはよ、お姉ちゃん。よく眠れたでしょ」

「え……なにこれ?なんで私裸なの?」

「驚いた?えへへ、コーヒーによく眠れるお薬入れたんだよ」

まるで悪戯が成功した子供みたいに微笑む和紗。
どういうこと……?

「私ね、お姉ちゃんの事が女として大好きなの。」

ゆっくりにじり寄ってくる和紗はいつもと違う和紗のような気がした。

「でもね……私もお姉ちゃんも女の子だから、結婚は出来ないの。だからね、思ったんだ―――」

言葉を失ってる私に微笑みながら和紗は続ける。

「―――お姉ちゃんが、女同士でも良いって思ってくれるように……私じゃなきゃ駄目だって思ってくれるようにすればいいんだって」

悪寒が走ると同時に身の危険を感じた。絶対にこんなのおかしい。どうかしてる。

「やめてよ和紗……どうして……?」

「大丈夫だよ。お姉ちゃん……」

何が大丈夫だっていうんだろう。
今の和紗は正気じゃない。

「和紗!やめっ……ん……っ!」

唇が塞がれる。
それだけでなく和紗の舌が私の唇をこじ開けて入ってくる。

「んむ……んぅ、ふぁ……」

くちゅくちゅした水音が直接頭に響き渡る。
最初は不快なだけだった他人の舌の感覚も次第に甘い痺れに変わっていた。
口の中が和紗に蹂躙されている間、手は首からゆっくりと胸へと降りていく。

その手は、焦らすようにゆっくり私の胸を弄ぶ。

「……っ!」

驚きと刺激に吐息混じりの悲鳴が飛び出す。

「お姉ちゃん……表情、エッチで可愛い」

違う!

「うぁぁっ!」

そう言おうとしたのに。
和紗の唾液にまみれた私の唇からこぼれ落ちたのは短い悲鳴だけだった。

その間に和紗の手はさらに下へ降りる。
腰のラインを撫でられた単純なくすぐったさに身をよじる。

四肢はベッドのそれぞれの支柱に繋がれていて大の字になったままの私には、それ以上の抵抗は出来なかった。

ただ不愉快なだけのはずの内股に滑り込んだ手に何かを期待している自分いる。

その事実が私を混乱させる。

「もう、やだよ……やめてよ和紗ぁ……」

そんな自分と、尚も全身の愛撫を続ける和紗への恐怖。

「泣かないでよお姉ちゃん」

涙が伝った後の頬と、涙が溜まった目元を舐められる。

ぬるっとした感触と、舐められたという事実そのものに鳥肌が起つ。

「ねぇお姉ちゃん、いい……?」

顔を赤くして呼吸の荒い和紗が、どこからか長い棒状の何かを持ってくる。

そういうモノがある、というのは知っていた。
でも、実物を見たのは初めてだった。

和紗が持ってきたのはいわゆる双頭バイブだった。

「見える?これで私とお姉ちゃんは一緒になるんだよ」

「い、嫌……」

逃げ場なんて無い。

「あ……はぁっ……ねぇ、見て、お姉ちゃん……んんっ」

和紗は私の顔の上にまたがって、よく見えるように自分の秘部にバイブを挿し込んでいく。

血と愛液が交じり合った液体が太腿を伝って頬に落ちた。

和紗は破瓜の痛みなど無いかのように恍惚とした表情だけを浮かべている。

「いい?……いくね?」

いつのまにか腰にまたがって私の顔を覗き込む。

秘部に当たる無機的な硬い何か。

「嫌……やだぁ……っくぅぅぅぅうっ!」

身体全体をそのまま貫かれるような痛みと、異物感。
同時に、私の中で現実感が消え失せ始める。

「お姉ちゃっ……お姉ちゃん……入ってるの、わかる……?」

痛い。怖い。気持ち悪い。
何がなんだがわからなくなって戸惑う私と、今目の前で起こってる事実だけを冷
静に見つめてる私がいる。

「んっ……いまっ、お姉ちゃんとっ、つながってるよぉっ……」

その間も和紗は夢中になって腰を前後左右に動かしていた。
妙に冷静になっている私は何も出来ない状況を諦めるしかなかった。

「お姉ちゃん、私、もうイッちゃいそうっ!」

痛みと状況に翻弄される私を無視して一人で昇りつめる。

「んっ!んぁっ、いくぅ……んぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあっ」

ガクガクと大きく震えた後、小さく痙攣しながら私に覆いかぶさる和紗。


「えへ、お姉ちゃん……私だけ気持ちよくなっちゃってごめんね」

息も荒いまま双頭バイブを抜き取り、再び私の愛撫を始める。

「いっぱいイカせてあげるね……」

異物感の残る秘部を舐め上げられる。
ザラザラした舌の触感が気持ち悪い。

……本当に気持ち悪い?

「んむ……ちゅ……ちゅぅぅっ」

一番敏感な部分を吸い上げられて腰が浮いてくる。

……本当は気持ちいいんじゃないの?

私もこの空気におかしくなってしまったのだろう。
冷静な私との自問自答が、私の快感を自覚させた。

「……イキそう?」

「っ……」

思わず息を詰まらせつつ頷いてしまう。
嬉しそうな和紗の指と舌が加速した。

「うぁぁっ!」

無意識に声が漏れる。

クリトリスを舌が、膣内を指が這い回る。

絶頂に、導かれる。

「ぁ、ふぁあああああああっ!」

パチパチと何かが真っ白に弾けるような感覚と、ひたすら強い快感だけが頭に響いた。

「えへへ……お姉ちゃんが私の手でイッてるんだ……」

何も考えられない。
ふわふわした余韻に浸るだけ。

「……はぁ、はぁ」

「次は、これ」

和紗の手に収まるぐらい小さなスイッチと、そこからコードで繋がってる丸い何か。

もやのかかった私の頭ではそれが何かわからなかった。

『丸い何か』が絶頂を迎えたばかりのそこに押し当てられ、カチッと聞こえた瞬間に振動が始まった。

ヴヴヴヴ……

「ああああああああああっ!」

無理やり快感の渦に引き戻される。
クリトリスを円を描くように押し当てられるローターに、すぐに絶頂を迎える。


……
………

それから何時間経っただろう。
時間の感覚とか意識とか倫理観とか色んな物が曖昧になって、ひたすら和紗にイカされ続けた。

「んっ、くぅっ……ひっ……ぁ!」

「これで何回目かな?」

声をあげる体力もとっくに無くなった。
和紗の唾液と私の汗と愛液でべとべとになった身体も痙攣するだけで精一杯だ。

「お姉ちゃん……いいよね?」

訳もわからず頷く。

両足の拘束が解かれた。
そのまま和紗は私の左脚を立ててから抱え込むようにして、身体を密着させる。

いわゆる「貝合わせ」の状態だ。
秘部同士がくっついた瞬間、くちゅ、と愛液が音を立てた。

拘束が解けても動く体力も無い私はただ快感に身を任せ、浸った。

「お、ねえ、ちゃ……気持ちい……?」

「んっ……んぁっ!」

妖しく、跳ねるような動きに合わせて私も無意識に腰を動かしていた。
どこにそんな体力があったのか、快感を貪るように震える。

「んぅ、そろそろイッちゃうかも……お姉ちゃん、一緒に……」

頷く。
動きがラストスパートをかけるかのように早くなる。

「あ、あ……イッ……くうううううううううううっ!!」

「~~~~~~~~~っっ!!」

何かが漏れ出るような感覚と、生暖かい液体の感触が下腹部に広がった。

「はぁ……はぁ……」

まだ時折全身を震わせる和紗が私の上に折り重なる。

「お姉ちゃん……私と、一緒にいてくれる……?」

私は、また黙って頷くだけだった。 「昏睡……


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ホントに良い肉便器だなぁと思うw【エロ体験談告白】
2017/10/04 08:24
2017/10/04 08:24
3年くらい前にネット知り合って、色々と話してるうちに仲良くなった、千葉のバツイチ看護師。当時彼女は、離婚したばかりで、寂しいからって暇つぶしに話し相手になってた
【羞恥】小学生の従妹にまで「もう出たの?」と言われたオレ
2016/05/28 03:00
2016/05/28 03:00
オレは22歳、ルックスはイケメンだが、短小で早漏という欠点があるんだ。(皮は剥けている!)だから女の子とエッチまでは割りと簡単にいけるんだけど、その後が続かない。 オレの勃起したスモールチンコを見て、あからさまに「ちっちゃい!」って言う女の子もいたし、「エッ、もう出たの?」って言われたのは1回だけではない。 オレの従妹に、理香ちゃんという小学校5年生の女の子がいる。この夏休みに理香ちゃんがオレの家に泊まりで遊びに来た時の話なんだけど。 理香ちゃんは一人っ子なので、オレのことを「お兄ちゃん」と呼んでよく懐いているんだ。だから、よく一緒にお風呂に入ったりしてたんだけど、理香ち…
【近親相姦体験告白】 愛する息子が
2016/07/18 17:25
2016/07/18 17:25
「おかん・・」お酒臭い息をして、裕之の手が私の乳房を掴んで来たとき、心臓がバクバクして何も言えなかった。お互いが震えてた・・私も裸、裕之も裸。そうされても不思議じゃない格好で二人はベッドの上に座ってた。酔っぱらってるいるのは裕之だけで、私はほとんど素面だった。一昨日、親戚の葬儀の帰り高速で事故があり、あまりの渋滞に二人とも疲れて、何処かで泊まって翌日の朝に帰ろうって・・高速の途中で降りたけど、周りは山ばかりでビジネスホテルなんか無くて、仕方なく、ラブホテル街に行って。「何処にする?おかん。」息子が恥ずかしそうに聞いてきた。「何処にするって。・・お母さん、ラブホテルって使った事ないし・・」私…
彼女の友だちと勢いで3Pした
2017/05/12 22:16
2017/05/12 22:16
563 :えっちな18禁さん:2009/11/03(火) 05:42:42 彼女が女友達と飲み会をしてて、終わったので迎えに行った時の事 家が近い子が一人いたのでその子もついでにって事で車に乗せた 当時既に彼女と同棲中だったのだが、ノリと言うか話の流れで その友達がちょっと寄ってく事になった 軽く飲み直しつつガールズトークに花を咲かせて、それに俺が付き合うって形 そんなこんなで軽く飲み直すつもりが気付いたらかなりの泥酔状態で、 3人ともテンション上がりまくりだった 酔うとお風呂に入りたくなる癖のある俺は、途中で一人お風呂に入ったんだが、 しばらくすると『いつまで入っ…
身体検査で見ちゃった中1男子の可愛いオチンチン
2017/06/27 18:19
2017/06/27 18:19
今から10年位前、私が中学1年生の時のお話です。 学校で恒例の身体検査がありました。 でも体調を崩し、私はその日、学校を欠席しました。 そしたら、後日、検査当日欠席した私を含む女子3人と、男子1人の計4人が放課後保健室に呼ばれました。 30歳くらいの女の保健の先生がいました。 先生「これから身体検査を行いますが、中1ならもう男女一緒とはいきませんので、男子から行います」 (その男の子をS君とします) 先生「時間がないからさそっく始めます。S君、服を全部脱いで」 S君は「え?」と言いながらも、私達女子と先生が見てる前で恥ずかしそうに服を脱ぎ始めました。 パンツ一枚になった時、先…
オルガスターで痙攣してイキまくった後輩 1【エロ体験談】
2017/07/21 21:10
2017/07/21 21:10
以前から焼肉に連れて行く約束をしていたので、後輩のKを連れて行った。
Kは、芸能人でいうと『益若つばさ』ちゃんを大人っぽくした感じで、胸もCカップくらいある。

俺は前々から計画していたとおり、お店に入ってマッコリを頼んだのだが、Kが席をはずした間に相手の容器に向精神剤と導眠剤を粉末にしたものを混ぜておいた。
マッコリはもともとざらっとしているうえに白濁しているので、多少溶け残っても判らない。

しばらく飲食を続けると、「なんか酔ってきちゃいましたよ~」を連発。
向精神剤のせいか、妙にテンションも高い。
呑むピッチも上がる。

そこで錠剤を取り出し、おもむろに飲む。
「なんですか~~?」と聞い…
公園で
2016/07/14 09:01
2016/07/14 09:01
遅番の帰りに缶コーヒーを買おうと公園に寄ったら、小雨の真夜中の公園に女の子が1人で しゃがんでいました。 コーヒー買って車に戻ろうとしたら、どうやら落し物を探している様子。 こんな暗がりでコンタクトなら厳しいなぁと思いながら、どうしたの?何か落としたのかな? と聞いたら車のキーを落としたらしく帰れないと。 思い当たるとか聞きながら一緒に探してたら、突然スコールのようにドシャ降りが来ました。 一緒にいた友達と歩いたって辺りを探して二人の車からは少し離れた所で降られて そばにあった展望台みたいなところにダッシュ。 濡れちゃったねって言ったら、私のためにお兄さんまでびしょ濡れでゴメンナサイ。 でもこ…
マンションのドアの前に落ちていた里田まい似の女
2017/08/17 22:19
2017/08/17 22:19
先週、残業して終電で帰ってきたら、マンションのドアの前に何か落ちてた。 恐る恐る近づいてみると、泥酔した女。 里田まいっぽい感じ。 ドアを開けるためにどけたら、感触が柔らかくてドキドキ。 そのまま静かにひきずって部屋の中に入れた。 むにゃむにゃ言うだけで、全然目を覚ましそうになかった。 とりあえずバッグを物色。 下の階の住人らしい。 迷ったけど、ベッドに寝かせて俺はソファで寝ることにした。 シャワーを浴びて、部屋に戻ると里田はスヤスヤ寝ていた。 相当かわいい。 酔った里田が誘ってきたことにしよう。 と言い訳を考えてから、スカートをゆっくりめくりあげた。 黒いTバック!紐部分を舐めてみると、…
人妻ではなく
2018/05/23 01:52
2018/05/23 01:52
厳密には×1さん。 お子さんが3人いる35歳の女性と出会い系サイトで知り合いました。 話前後しましたが、出張先での話になります。 私は仕事がら毎週地方都市に数日出張滞在をしていました。 彼女とは最初1か月くらいは、たわいない話や、ちょっとえっちな会話でメールをやり取り。。 母子家庭だから、飲みは難しいかなと思いながら飲みに誘ったら、「夜なら一番上の子(中学生)が留守番できるから」と、 以外な返事で、飲みに行くことに。 会ってみると、ぽっちゃりさんではあるが顔は可愛らしい感じ。 お酒と食事を済ませ、その場の雰囲気のままラブホに。。 「私でいいの?」なんて可愛いことを言ってくる。 その日…
★抱かれたい甥はアイドル系顔
2016/12/27 16:39
2016/12/27 16:39
 甥の祐二が家から予備校に通っています。佑二は見た目華奢でアイドル系の顔をしているので、35歳の私も何か一緒に住むのがうれしくなり世話をしています。夕食が終わって祐二がお風呂からあがって来た時、私がお酒を飲んでいて、祐二に彼女がいるのか聞いてみると、

 いないし付き合ったこともないと言うので、もしかして童貞?かもなんて勝手に思って、抱きしめてキスしてあげたら、抱き付いてきたので、パジャマを脱がせてチンチンを触ってあげました。
 そしたら、あれ!キスが上手なんです。しかもチンチンはもう勃起して、出張してる主人のより大きい。カリが大きく竿も反ってるににびっくり。祐二は私におっぱいを優しく揉ん…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【レイプ】昼寝をしていたら知らない男にクンニされていました

・初めてピンサロ行ったったっwwww

・部下の人妻社員とエレベーターの中でハメました

・年上好きな男の初体験

・膣内射精を叶えてくれた熟女

・恋人達

・【人妻体験談】寝取られ願望に取り憑かれて貞淑な妻に性感マッサージを頼んだら、この世のものとは思えない程の快感を感じながら射精した

・人妻になった元ヤンキーと初体験

・出産時のレスを助けてくれた義姉との想い出

・視察団物語

・俺を兄貴と間違えて誘ってきた兄嫁とそのまま

・お尻むっちりの53歳の熟女と中出しセックスを楽しんでいます

・幼馴染でセフレとの思い出を語る

・新入生の度胸試し

・こんな私は変態なのでしょうか・・・

・【熟女体験談】夫の実家に帰省した時に、複数の男達に押し入り集団レイプをされてしまった人妻

・【浮気】ネトゲで知り合った三十路の黒髪処女と

・たまらない豊満な体の生保の熟女支店長

・H体験談。。同期入社の高身長美人妻と不倫セックス、夫婦の寝室で寝取り

・【熟女体験談】給食のおばさんとお餅のように太った少年と買い物に出かけた帰り道に偶然出会って自宅でSEX

・お泊まりに来た嫁のママ友に息を殺して中出し姦

・育児ノイローゼになった主婦がEDのカウンセラーで悩み解決

・【痴漢】満員電車でクラスメイトに擬似手コキ

・【人妻体験談】旦那公認で目の前で寝取りアナルSEXをしたら、旦那がノーハンド射精していた

・元風俗嬢の嫁と寝取られ生活39

・エロいお姉さん^ ^

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 2

・メンヘラな彼女がビッチすぎるんだけど誰か・・・

・私が墓場まで持って行く秘密の告白

・【初体験】こっそり筆下ろししてくれた友達の彼女