寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

幼なじみの女の子に睡眠薬レイプされた

2018/02/23 00:21


「ただいまー」

「あ、おかえりお姉ちゃん!お風呂わいてるよ?それとも先にご飯食べる?」

バイトを終えて帰宅した午後9時、法事で母方の実家へ帰った両親の代わりに、近所に住む幼馴染の子が迎えてくれた。

両親も昔から私をお姉ちゃんと慕って仲の良かったこの子、和紗(かずさ)を信用していて、出かける際には合鍵を渡していたぐらいだ。

「じゃあ先にお風呂でー」

「冷めちゃうといけないからってまだ沸かしてないから15分ぐらい待ってね」

「はーい」

お風呂場に向かう和紗。
本当に良い子だなぁ……



……
………


お風呂から上がってリビングに行くと、エプロン姿の和紗が食器を並べていた。

「あ、ご飯できてるよ」

「この匂いはカレーだね?和紗のカレー楽しみだなー」

「普通のカレーだよ?そんなに期待するようなものじゃないんだけど……」

食卓に二人分のカレーやサラダが並ぶ。

「「いただきます」」

「どお?美味しい?」

「うん!これならいつでもお嫁に行けるよ」

「お、お嫁だなんて……お姉ちゃん、もらってくれる?」

あはは、可愛い。

「もちろん!おいでー!」

両腕を広げて待ってみる。

「あ、えぁ……」

和紗が真っ赤になってあたふたしてる。

「ちょっ、本気で照れないでよ……」

私のが恥ずかしくなるじゃん。

「ごちそうさま!洗い物してくるね!」

洗い物を口実にこの変な空気からから逃げ出そう。

「あ!冷蔵庫にお姉ちゃんの大好きなプリンあるから、それ食べてからにしようよ。今持ってくるね!」

「うん……そうだね。ありがと」

作戦失敗。

数分して、和紗がコーヒーとプリンを持ってきた。

「コーヒーもちゃんと飲んでね」

「ありがと」

コーヒーに口をつける。

一口、二口。

「ちょっと豆変えてみたの!どう?もっと味わってみて?」

「そうなの?言われてみれば確かにいつもと違うような……」

急かされてまた一口。

あれ?このコーヒーなんか変な味がする……それに、なんだか……

「ねぇ、これ何が入って……」

その言葉を最後まで口に出す事なく、私は意識を失った。


―――――――――――――――


目が覚めたら、私は四肢をベッドの支柱に縛られて動けなくなっていた。
それも服どころか下着さえ身につけない一糸纏わぬ姿で。

「おはよ、お姉ちゃん。よく眠れたでしょ」

「え……なにこれ?なんで私裸なの?」

「驚いた?えへへ、コーヒーによく眠れるお薬入れたんだよ」

まるで悪戯が成功した子供みたいに微笑む和紗。
どういうこと……?

「私ね、お姉ちゃんの事が女として大好きなの。」

ゆっくりにじり寄ってくる和紗はいつもと違う和紗のような気がした。

「でもね……私もお姉ちゃんも女の子だから、結婚は出来ないの。だからね、思ったんだ―――」

言葉を失ってる私に微笑みながら和紗は続ける。

「―――お姉ちゃんが、女同士でも良いって思ってくれるように……私じゃなきゃ駄目だって思ってくれるようにすればいいんだって」

悪寒が走ると同時に身の危険を感じた。絶対にこんなのおかしい。どうかしてる。

「やめてよ和紗……どうして……?」

「大丈夫だよ。お姉ちゃん……」

何が大丈夫だっていうんだろう。
今の和紗は正気じゃない。

「和紗!やめっ……ん……っ!」

唇が塞がれる。
それだけでなく和紗の舌が私の唇をこじ開けて入ってくる。

「んむ……んぅ、ふぁ……」

くちゅくちゅした水音が直接頭に響き渡る。
最初は不快なだけだった他人の舌の感覚も次第に甘い痺れに変わっていた。
口の中が和紗に蹂躙されている間、手は首からゆっくりと胸へと降りていく。

その手は、焦らすようにゆっくり私の胸を弄ぶ。

「……っ!」

驚きと刺激に吐息混じりの悲鳴が飛び出す。

「お姉ちゃん……表情、エッチで可愛い」

違う!

「うぁぁっ!」

そう言おうとしたのに。
和紗の唾液にまみれた私の唇からこぼれ落ちたのは短い悲鳴だけだった。

その間に和紗の手はさらに下へ降りる。
腰のラインを撫でられた単純なくすぐったさに身をよじる。

四肢はベッドのそれぞれの支柱に繋がれていて大の字になったままの私には、それ以上の抵抗は出来なかった。

ただ不愉快なだけのはずの内股に滑り込んだ手に何かを期待している自分いる。

その事実が私を混乱させる。

「もう、やだよ……やめてよ和紗ぁ……」

そんな自分と、尚も全身の愛撫を続ける和紗への恐怖。

「泣かないでよお姉ちゃん」

涙が伝った後の頬と、涙が溜まった目元を舐められる。

ぬるっとした感触と、舐められたという事実そのものに鳥肌が起つ。

「ねぇお姉ちゃん、いい……?」

顔を赤くして呼吸の荒い和紗が、どこからか長い棒状の何かを持ってくる。

そういうモノがある、というのは知っていた。
でも、実物を見たのは初めてだった。

和紗が持ってきたのはいわゆる双頭バイブだった。

「見える?これで私とお姉ちゃんは一緒になるんだよ」

「い、嫌……」

逃げ場なんて無い。

「あ……はぁっ……ねぇ、見て、お姉ちゃん……んんっ」

和紗は私の顔の上にまたがって、よく見えるように自分の秘部にバイブを挿し込んでいく。

血と愛液が交じり合った液体が太腿を伝って頬に落ちた。

和紗は破瓜の痛みなど無いかのように恍惚とした表情だけを浮かべている。

「いい?……いくね?」

いつのまにか腰にまたがって私の顔を覗き込む。

秘部に当たる無機的な硬い何か。

「嫌……やだぁ……っくぅぅぅぅうっ!」

身体全体をそのまま貫かれるような痛みと、異物感。
同時に、私の中で現実感が消え失せ始める。

「お姉ちゃっ……お姉ちゃん……入ってるの、わかる……?」

痛い。怖い。気持ち悪い。
何がなんだがわからなくなって戸惑う私と、今目の前で起こってる事実だけを冷
静に見つめてる私がいる。

「んっ……いまっ、お姉ちゃんとっ、つながってるよぉっ……」

その間も和紗は夢中になって腰を前後左右に動かしていた。
妙に冷静になっている私は何も出来ない状況を諦めるしかなかった。

「お姉ちゃん、私、もうイッちゃいそうっ!」

痛みと状況に翻弄される私を無視して一人で昇りつめる。

「んっ!んぁっ、いくぅ……んぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあっ」

ガクガクと大きく震えた後、小さく痙攣しながら私に覆いかぶさる和紗。


「えへ、お姉ちゃん……私だけ気持ちよくなっちゃってごめんね」

息も荒いまま双頭バイブを抜き取り、再び私の愛撫を始める。

「いっぱいイカせてあげるね……」

異物感の残る秘部を舐め上げられる。
ザラザラした舌の触感が気持ち悪い。

……本当に気持ち悪い?

「んむ……ちゅ……ちゅぅぅっ」

一番敏感な部分を吸い上げられて腰が浮いてくる。

……本当は気持ちいいんじゃないの?

私もこの空気におかしくなってしまったのだろう。
冷静な私との自問自答が、私の快感を自覚させた。

「……イキそう?」

「っ……」

思わず息を詰まらせつつ頷いてしまう。
嬉しそうな和紗の指と舌が加速した。

「うぁぁっ!」

無意識に声が漏れる。

クリトリスを舌が、膣内を指が這い回る。

絶頂に、導かれる。

「ぁ、ふぁあああああああっ!」

パチパチと何かが真っ白に弾けるような感覚と、ひたすら強い快感だけが頭に響いた。

「えへへ……お姉ちゃんが私の手でイッてるんだ……」

何も考えられない。
ふわふわした余韻に浸るだけ。

「……はぁ、はぁ」

「次は、これ」

和紗の手に収まるぐらい小さなスイッチと、そこからコードで繋がってる丸い何か。

もやのかかった私の頭ではそれが何かわからなかった。

『丸い何か』が絶頂を迎えたばかりのそこに押し当てられ、カチッと聞こえた瞬間に振動が始まった。

ヴヴヴヴ……

「ああああああああああっ!」

無理やり快感の渦に引き戻される。
クリトリスを円を描くように押し当てられるローターに、すぐに絶頂を迎える。


……
………

それから何時間経っただろう。
時間の感覚とか意識とか倫理観とか色んな物が曖昧になって、ひたすら和紗にイカされ続けた。

「んっ、くぅっ……ひっ……ぁ!」

「これで何回目かな?」

声をあげる体力もとっくに無くなった。
和紗の唾液と私の汗と愛液でべとべとになった身体も痙攣するだけで精一杯だ。

「お姉ちゃん……いいよね?」

訳もわからず頷く。

両足の拘束が解かれた。
そのまま和紗は私の左脚を立ててから抱え込むようにして、身体を密着させる。

いわゆる「貝合わせ」の状態だ。
秘部同士がくっついた瞬間、くちゅ、と愛液が音を立てた。

拘束が解けても動く体力も無い私はただ快感に身を任せ、浸った。

「お、ねえ、ちゃ……気持ちい……?」

「んっ……んぁっ!」

妖しく、跳ねるような動きに合わせて私も無意識に腰を動かしていた。
どこにそんな体力があったのか、快感を貪るように震える。

「んぅ、そろそろイッちゃうかも……お姉ちゃん、一緒に……」

頷く。
動きがラストスパートをかけるかのように早くなる。

「あ、あ……イッ……くうううううううううううっ!!」

「~~~~~~~~~っっ!!」

何かが漏れ出るような感覚と、生暖かい液体の感触が下腹部に広がった。

「はぁ……はぁ……」

まだ時折全身を震わせる和紗が私の上に折り重なる。

「お姉ちゃん……私と、一緒にいてくれる……?」

私は、また黙って頷くだけだった。 「昏睡……


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【痴漢・レイプ】DQNチームの脱退儀式が過激すぎる
2016/06/20 22:38
2016/06/20 22:38
俺が高坊だったころ、チームの先輩達に誘われて溜まり場の廃ビルの 地下1Fにある元事務所らしき部屋に行った。  そこには、付き合いのある別のチーム(女)のメンバーがいた。 なにが始まるのか先輩に聞いたが、面白いことが始まるとだけしか 教えてくれなかった。 そのチームのリーダーのA子の前に二人の女が呼び出された。 T美とK子だった。 T美はそのチームの中でかなりかわいくて、 狙ってるヤツはいっぱいいたが、特定のヤツと付き合っているという 話はなぜかなかった。 T美は特攻にありがちな化粧もしてなくて、 チームの中で、ゴマキ的な雰囲気がある娘だった。 A子の前に二人が立たされたあと、A子が…
テニス教室で次々にインストラクターを狙う奥様に襲われた体験
2016/02/03 19:54
2016/02/03 19:54
私はテニスのインストラクターをやっています。

昼間は暇を持て余している奥様方に、

夕方からは高校生に、夜は社会人にも教えています。

特に大変なのは昼間の奥様達。

この間の練習が終わってからの話です。

「ねぇ~○○さん、ちょっといいかしら?」と

A子さんが声を掛けてきました。
このA子さんですが、このテニスクラブで、

すでに2人のインストラクターが「喰われ」てしまって、

男のインストラクターの間では密かに有名になっていました。

A子さんは38歳で旦那は公務員、

ムッチリした体型で胸もかなりあります。

綺麗系で38歳よりはやや若目に見られる感じですが、
彼女と行った旅行でマッサージのおばさんに手コキされた【体験談】
2017/04/05 10:10
2017/04/05 10:10
僕は大学3年生。
付き合って半年になる彼女のAちゃんと旅行に行ったときの話です。

まぁ、リゾートホテルも立派なもんでしたよ。汗水垂らしてバイトした甲斐があったというものです。
夕食後、Aちゃんはせっかくリゾートホテルに来たのだからと、エステに行くと言ってはりきっていました。

ならば僕は一人でいてもつまらないので部屋でマッサージを呼ぶことにしました。
マッサージに来たのは30台中~後半の主婦っていう感じでした。

そのおばさんとは意気投合してマッサージをしながら、ずっとしゃべっていました。

僕の地元に友達がいるとかで更に意気投合!
おばさんなのに格闘技が好きだということでまたまた意気投合!…
【近親相姦体験告白】 双子のきょうだい 第2編
2016/05/07 13:54
2016/05/07 13:54
「双子のきょうだい」の登場人物について・高校2年生の男女の双子である「直樹くん」と「真樹ちゃん」が主人公です。・2人はとても仲良しで、生まれたときから一心同体です。・直樹くんは、どちらかというとガーリッシュで「かわいい系」の男の子です。・真樹ちゃんは、どちらかというとボーイッシュで「かっこいい系」の女の子です。・2人はおそろいの服を着るのが好きで、いつも中性的な魅力が漂っています。 ========================先週の日曜日午後のことでした。直樹くんと真樹ちゃんは、近所のデパートに買い物に来ていました。アルバイトをやって一生懸命ためたお金で、テレビとDVDプレーヤーを買い…
【姉】双子姉妹との性交体験【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/11/07 19:48
2017/11/07 19:48
僕は今25歳です。 ある大手の石油販売の会社員で、営業の仕事をしています。 今年の11月には結婚をする予定です。先日の日曜日にゴルフの月例から帰ると、留守電が1件入っていました。 僕は世田谷区の松原に住み、近くの都立の高校を卒業したのですが、その仲間から「次の金曜日の合コンに是非参加して貰いたい」というものでした。 さっそく電話を入れて確認すると、5対5で金曜日の6時から麻布の「ちゃんこダイニング」で、ある新橋のある大学付属病院のナースと合コンするというのです。 本当はある商社に勤務する友人が参加する予定が、急に上海に出張になり、欠席者が出たので、代わりに参加してほしいということでした。…
【H体験談】巨乳な幼馴染みとカラオケボックスで・・・・
2016/12/30 21:35
2016/12/30 21:35
俺には幼稚園時代からずっと腐れ縁続いてる幼馴染がいるんだけど、 もう俺も彼女ももう就職して彼女とかできたりしてても何故かよく 酒飲みに行ったりしてるんだよね。


今でも。


彼女の顔は上の下って感じ。




でも中学時代とか足がメチャ速くてスポーツ万能だったんで 顔がちょい良いぐらいでもすっごい男にモテてた。


ほんっと足速いの。
当時俺が50mを6.8秒がベストだったんだけどその俺より早かったからね。


リレーなんか女子ごぼう抜きで超格好よかったよ。




でもやっぱりガキの頃から知ってるとプール行く時の着替えとかお互いぜんぜん意識とかしないで着替えてた…
アダルトビデオの撮影で女優さんと
2017/12/08 21:28
2017/12/08 21:28
こんにちは、僕はアダルトビデオ制作会社のADをしています25才の男です。 昨日の話では、ちょっと前にAV女優さんに撮影後にエッチさせてもらった話をしました。 それから僕はその人の事が好きになってしまい、同じ現場に入りたくてワクワクしていましたが、中々チャンスがありませんでした。 そしてモヤモヤしたまま何週間か過ぎていきました。 僕はこの気持ちを誰かに話したくて、先輩に話してしまいました。 先輩は強面で、性格も気が強いんですが、面倒見が良くて仲良くしていました。 先輩は「何だよ、イイ思いしてんじゃんお前も!頑張れよ!付合っちゃえよ!」と応援してくれていました。 その日は凄くいい気分で帰りまし…
旅館の主人のデカマラ
2016/04/26 22:05
2016/04/26 22:05
子供達も大きくなり、下の子が大学に入ったのをきっかけに私たち夫婦は温泉旅行に行くことにしました。子育てから解放されたことと久しぶりの旅行と言うことで二人とも新婚の頃を思い出していました。旅行は順調に進み、鄙びた旅館に泊まった時のことです。 その旅館はシーズンがすぎていることもあり、閑散としていてゆっくりしたかった私達には丁度いい感じでした。 温泉に入り、食事が終わると普段は感じられないゆっくりとした時間になります。浴衣を着た妻が新鮮で、久しぶりに荒々しいセックスをして妻を喜ばせました。もう一度、温泉に入ろうということになりせっかくだから混浴に入ることにしました。妻は少し躊躇していましたが、時間…
【レイプ/犯された私】兄に売られた私
2016/05/25 00:53
2016/05/25 00:53
私には一つ違いの兄がいますが、小さい頃から大嫌いだった。陰気のくせに私には暴力をふるい、顔も中学のころからニキビ跡がひどくて、虐められていて恥ずかしい兄だった。 母や父もなんとなく兄をよく思っていなかったと思う。お酒に酔った母が一度だけ、【なんで正志はあんなんなんなんだろう】と溢していたくらい、いいところはなかった。 私が中の時、兄は高校でもいじめにあい、不登校になってしまった。それからは、部屋にこもりっきりで、めったに顔をあわせなくなった。まさか、兄が私をめちゃくちゃにしたいほど憎んでいるなんてわからなかった。 兄はパソコンを1日中していて、私を犯させる計画をたてていたらしい。 母と父は結…
雑誌企画の撮影会と言う罠
2016/05/14 13:33
2016/05/14 13:33
■雑誌企画の撮影会と言う罠(OLの告白) 以前、一度だけ雑誌企画の撮影会というものに参加したことがあります。 当時交際していた男性の強い要望で、断りきれませんでした。 私自身、まったく興味がなかったとはいいませんが、やはり不安の方が大きかった。 できればやめておきたいと思っていました。 ただ企画の内容が行為なしの単純なH撮影会とのことだったので、わずかながら安心感があったのは事実です。  でも結果的には、それは全くの嘘でした。 私は一生忘れられない、恥ずかしい思いをすることになりました。  企画を取り仕切っていたのは、元AV関係者という派手目の中年男性でした。 当日、まずは参加者の自己紹介と…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】おばさんになる前にメールで逆ナンパをし、SEXしまくる主婦

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・いまも体が忘れていないあんなSEX

・姉とセックス

・【Hな体験】セックスの名人キャラが幸いして同僚OLとやれた

・【レイプ】女3人旅の混浴で労働者たちに代わる代わる犯された

・ダイエット中に調教された妻 その2

・【Hな体験】気持ちいいけど怖かった初めてのピンサロ体験

・生まれ変わったら『道』になりたい

・【熟女体験談】推定六十路の老婆に逆レイプをされたのがきっかけで熟女に興味を持った

・友人に聞いたバイキャバでのアルバイト話

・無職夫のため同級生達に体を開く妻

・【人妻体験談】ママ友の上半身真っ裸を見てしまい、頭から離れず、酔ったママ友を家まで送ってパイズリSEX

・SMパートナー探し専門の掲示板での事

・義姉の乳首を唇に含み、おっぱいを・・・

・日本の行為は「侵略」だったのか?

・【人妻体験談】バツイチのシングルマザーが勃起したチンポを觀て擦ってきたので、そのまま汗だくセックス

・友里さんの着替え

・見た事がある人を思い出し赤面

・人間万事塞翁が馬

・元妻の姉とエロ仲になり重宝している

・【乱交】会社の男達に輪姦されてる現実が余計に私を高ぶらせる

・【人妻体験談】金に困ってる女を紹介してもらい、スレンダーな援交マダムと種付けSEXモードで子宮責め

・【熟女体験談】名器な独身OLの機関銃の様な早打ち振りのエロさに超興奮

・美人女医の恥ずかしい姿 完成版

・刺激を求めてる専業主婦で出会い系デビュー

・「母がやくざ風の男から息子2」の続きが読みたいです

・どこか孤高な雰囲気だった彼女

・【男×男】小さいヤツに気配りのできる女顔のデカチン