寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

幼なじみの女の子に睡眠薬レイプされた

2018/02/23 00:21


「ただいまー」

「あ、おかえりお姉ちゃん!お風呂わいてるよ?それとも先にご飯食べる?」

バイトを終えて帰宅した午後9時、法事で母方の実家へ帰った両親の代わりに、近所に住む幼馴染の子が迎えてくれた。

両親も昔から私をお姉ちゃんと慕って仲の良かったこの子、和紗(かずさ)を信用していて、出かける際には合鍵を渡していたぐらいだ。

「じゃあ先にお風呂でー」

「冷めちゃうといけないからってまだ沸かしてないから15分ぐらい待ってね」

「はーい」

お風呂場に向かう和紗。
本当に良い子だなぁ……



……
………


お風呂から上がってリビングに行くと、エプロン姿の和紗が食器を並べていた。

「あ、ご飯できてるよ」

「この匂いはカレーだね?和紗のカレー楽しみだなー」

「普通のカレーだよ?そんなに期待するようなものじゃないんだけど……」

食卓に二人分のカレーやサラダが並ぶ。

「「いただきます」」

「どお?美味しい?」

「うん!これならいつでもお嫁に行けるよ」

「お、お嫁だなんて……お姉ちゃん、もらってくれる?」

あはは、可愛い。

「もちろん!おいでー!」

両腕を広げて待ってみる。

「あ、えぁ……」

和紗が真っ赤になってあたふたしてる。

「ちょっ、本気で照れないでよ……」

私のが恥ずかしくなるじゃん。

「ごちそうさま!洗い物してくるね!」

洗い物を口実にこの変な空気からから逃げ出そう。

「あ!冷蔵庫にお姉ちゃんの大好きなプリンあるから、それ食べてからにしようよ。今持ってくるね!」

「うん……そうだね。ありがと」

作戦失敗。

数分して、和紗がコーヒーとプリンを持ってきた。

「コーヒーもちゃんと飲んでね」

「ありがと」

コーヒーに口をつける。

一口、二口。

「ちょっと豆変えてみたの!どう?もっと味わってみて?」

「そうなの?言われてみれば確かにいつもと違うような……」

急かされてまた一口。

あれ?このコーヒーなんか変な味がする……それに、なんだか……

「ねぇ、これ何が入って……」

その言葉を最後まで口に出す事なく、私は意識を失った。


―――――――――――――――


目が覚めたら、私は四肢をベッドの支柱に縛られて動けなくなっていた。
それも服どころか下着さえ身につけない一糸纏わぬ姿で。

「おはよ、お姉ちゃん。よく眠れたでしょ」

「え……なにこれ?なんで私裸なの?」

「驚いた?えへへ、コーヒーによく眠れるお薬入れたんだよ」

まるで悪戯が成功した子供みたいに微笑む和紗。
どういうこと……?

「私ね、お姉ちゃんの事が女として大好きなの。」

ゆっくりにじり寄ってくる和紗はいつもと違う和紗のような気がした。

「でもね……私もお姉ちゃんも女の子だから、結婚は出来ないの。だからね、思ったんだ―――」

言葉を失ってる私に微笑みながら和紗は続ける。

「―――お姉ちゃんが、女同士でも良いって思ってくれるように……私じゃなきゃ駄目だって思ってくれるようにすればいいんだって」

悪寒が走ると同時に身の危険を感じた。絶対にこんなのおかしい。どうかしてる。

「やめてよ和紗……どうして……?」

「大丈夫だよ。お姉ちゃん……」

何が大丈夫だっていうんだろう。
今の和紗は正気じゃない。

「和紗!やめっ……ん……っ!」

唇が塞がれる。
それだけでなく和紗の舌が私の唇をこじ開けて入ってくる。

「んむ……んぅ、ふぁ……」

くちゅくちゅした水音が直接頭に響き渡る。
最初は不快なだけだった他人の舌の感覚も次第に甘い痺れに変わっていた。
口の中が和紗に蹂躙されている間、手は首からゆっくりと胸へと降りていく。

その手は、焦らすようにゆっくり私の胸を弄ぶ。

「……っ!」

驚きと刺激に吐息混じりの悲鳴が飛び出す。

「お姉ちゃん……表情、エッチで可愛い」

違う!

「うぁぁっ!」

そう言おうとしたのに。
和紗の唾液にまみれた私の唇からこぼれ落ちたのは短い悲鳴だけだった。

その間に和紗の手はさらに下へ降りる。
腰のラインを撫でられた単純なくすぐったさに身をよじる。

四肢はベッドのそれぞれの支柱に繋がれていて大の字になったままの私には、それ以上の抵抗は出来なかった。

ただ不愉快なだけのはずの内股に滑り込んだ手に何かを期待している自分いる。

その事実が私を混乱させる。

「もう、やだよ……やめてよ和紗ぁ……」

そんな自分と、尚も全身の愛撫を続ける和紗への恐怖。

「泣かないでよお姉ちゃん」

涙が伝った後の頬と、涙が溜まった目元を舐められる。

ぬるっとした感触と、舐められたという事実そのものに鳥肌が起つ。

「ねぇお姉ちゃん、いい……?」

顔を赤くして呼吸の荒い和紗が、どこからか長い棒状の何かを持ってくる。

そういうモノがある、というのは知っていた。
でも、実物を見たのは初めてだった。

和紗が持ってきたのはいわゆる双頭バイブだった。

「見える?これで私とお姉ちゃんは一緒になるんだよ」

「い、嫌……」

逃げ場なんて無い。

「あ……はぁっ……ねぇ、見て、お姉ちゃん……んんっ」

和紗は私の顔の上にまたがって、よく見えるように自分の秘部にバイブを挿し込んでいく。

血と愛液が交じり合った液体が太腿を伝って頬に落ちた。

和紗は破瓜の痛みなど無いかのように恍惚とした表情だけを浮かべている。

「いい?……いくね?」

いつのまにか腰にまたがって私の顔を覗き込む。

秘部に当たる無機的な硬い何か。

「嫌……やだぁ……っくぅぅぅぅうっ!」

身体全体をそのまま貫かれるような痛みと、異物感。
同時に、私の中で現実感が消え失せ始める。

「お姉ちゃっ……お姉ちゃん……入ってるの、わかる……?」

痛い。怖い。気持ち悪い。
何がなんだがわからなくなって戸惑う私と、今目の前で起こってる事実だけを冷
静に見つめてる私がいる。

「んっ……いまっ、お姉ちゃんとっ、つながってるよぉっ……」

その間も和紗は夢中になって腰を前後左右に動かしていた。
妙に冷静になっている私は何も出来ない状況を諦めるしかなかった。

「お姉ちゃん、私、もうイッちゃいそうっ!」

痛みと状況に翻弄される私を無視して一人で昇りつめる。

「んっ!んぁっ、いくぅ……んぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあっ」

ガクガクと大きく震えた後、小さく痙攣しながら私に覆いかぶさる和紗。


「えへ、お姉ちゃん……私だけ気持ちよくなっちゃってごめんね」

息も荒いまま双頭バイブを抜き取り、再び私の愛撫を始める。

「いっぱいイカせてあげるね……」

異物感の残る秘部を舐め上げられる。
ザラザラした舌の触感が気持ち悪い。

……本当に気持ち悪い?

「んむ……ちゅ……ちゅぅぅっ」

一番敏感な部分を吸い上げられて腰が浮いてくる。

……本当は気持ちいいんじゃないの?

私もこの空気におかしくなってしまったのだろう。
冷静な私との自問自答が、私の快感を自覚させた。

「……イキそう?」

「っ……」

思わず息を詰まらせつつ頷いてしまう。
嬉しそうな和紗の指と舌が加速した。

「うぁぁっ!」

無意識に声が漏れる。

クリトリスを舌が、膣内を指が這い回る。

絶頂に、導かれる。

「ぁ、ふぁあああああああっ!」

パチパチと何かが真っ白に弾けるような感覚と、ひたすら強い快感だけが頭に響いた。

「えへへ……お姉ちゃんが私の手でイッてるんだ……」

何も考えられない。
ふわふわした余韻に浸るだけ。

「……はぁ、はぁ」

「次は、これ」

和紗の手に収まるぐらい小さなスイッチと、そこからコードで繋がってる丸い何か。

もやのかかった私の頭ではそれが何かわからなかった。

『丸い何か』が絶頂を迎えたばかりのそこに押し当てられ、カチッと聞こえた瞬間に振動が始まった。

ヴヴヴヴ……

「ああああああああああっ!」

無理やり快感の渦に引き戻される。
クリトリスを円を描くように押し当てられるローターに、すぐに絶頂を迎える。


……
………

それから何時間経っただろう。
時間の感覚とか意識とか倫理観とか色んな物が曖昧になって、ひたすら和紗にイカされ続けた。

「んっ、くぅっ……ひっ……ぁ!」

「これで何回目かな?」

声をあげる体力もとっくに無くなった。
和紗の唾液と私の汗と愛液でべとべとになった身体も痙攣するだけで精一杯だ。

「お姉ちゃん……いいよね?」

訳もわからず頷く。

両足の拘束が解かれた。
そのまま和紗は私の左脚を立ててから抱え込むようにして、身体を密着させる。

いわゆる「貝合わせ」の状態だ。
秘部同士がくっついた瞬間、くちゅ、と愛液が音を立てた。

拘束が解けても動く体力も無い私はただ快感に身を任せ、浸った。

「お、ねえ、ちゃ……気持ちい……?」

「んっ……んぁっ!」

妖しく、跳ねるような動きに合わせて私も無意識に腰を動かしていた。
どこにそんな体力があったのか、快感を貪るように震える。

「んぅ、そろそろイッちゃうかも……お姉ちゃん、一緒に……」

頷く。
動きがラストスパートをかけるかのように早くなる。

「あ、あ……イッ……くうううううううううううっ!!」

「~~~~~~~~~っっ!!」

何かが漏れ出るような感覚と、生暖かい液体の感触が下腹部に広がった。

「はぁ……はぁ……」

まだ時折全身を震わせる和紗が私の上に折り重なる。

「お姉ちゃん……私と、一緒にいてくれる……?」

私は、また黙って頷くだけだった。 「昏睡……


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
電車で出会った、何も言えない可愛い子w
2017/06/18 09:35
2017/06/18 09:35
あれは、まだ数週間前のこと。

東○東○○線の某駅よりターゲットを探していました。

5メートルくらい先の列に並んでいる恐らくJDが目に入りました。

顔はスザンヌ似で、体系はまあまあの感じ。

スザンヌをほんの少しだけふっくらさせたくらいですね。

かなり可愛い。

彼女は、おあつらえ向きにミニスカート。

JKの制服のような質感のスカートを穿いていました。

急行電車がくると、僕は後ろから順に乗車。

うまい具合に、後ろからはたくさんの人が流れ込んでくるので、彼女と僕は密着状態に。

僕はいつも痴漢するときは、スカートの裾をすぐに指で手繰り寄せて、生パンティへのタッチは必ず頂き…
Fカップの爆乳童顔主婦は首筋が弱くてキスされると感じる
2017/11/26 11:35
2017/11/26 11:35
私 145cmで細身です。28歳なのに高○生と間違われて補導員に注意されることもよくあります。
喫茶店でアルバイト始めて、大学がすぐ近くにあり、たくさんの大学生が食事しにきます。
高○生か短大生に間違われて、ナンパされるんですが、主婦って言うと「え〜〜〜 」みな はじめびっくりしてました。
でも一人陸上してる180以上ある人で胸元も広く割とイケメンな人に誘われ、24歳 フリーターと偽り デートしました。
日曜ドライブに行って 車の中で海見てるとき、肩に手がきて、いきなりキスされたの。
彼21歳だったので お姉さんでもいいの? 聞いたら 一目惚れらしく 急にキスしちゃったけど、…
未亡人との出会い
2017/10/01 09:19
2017/10/01 09:19
俺がまだ調理師見習いを卒業し中習になりとある店に入った頃に中居をしていた女性晴美さん当時30位だと思った 俺 18 経験は既に人は越えていた その店には若い衆と呼ばれる調理師20人位いた地方では有名店だった 入って年が過ぎた頃 俺は上から番手まで登っていた 慰安旅行があり汽車の座席人掛けの俺の隣に座ったのが晴美さんだった 何かと世話を焼いてくれる晴美さんに惹かれていた 定休日前の夜食の時 晴美さんが食堂を出る時俺の耳元で明日喫茶店店から一番遠い所の名前を言い時に来てと小さな声で囁き 賄いのおばさんにご馳走様と言い食堂を出て行った 明くる日 時前に喫茶店 に行くと晴美さんはもう来ていた 晴美さん…
ハロウィン!
2018/02/07 11:31
2018/02/07 11:31
今日はハロウィン!渋谷の駅前は仮装した人でいっぱい! マジ道歩けない。俺達女のケツ触ったり、後ろから抱きついておっぱい 触りまくり!パンツの中に手入れて生マンも! スカートめくってフラッシュ点けてカメラでパンツ撮ったりも! 学校帰りの高校生、中学生も痴漢!パンツ撮ってる! 高校生たち、スマフォでパンツ撮って「(パンツ)白(笑)」とか言ってる。 俺達大学生も中学生、高校生に負けないぜ! まだまだゲロ混みなのでまた触りに行きます!
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】気の弱い先輩にやりたい放題してた話【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/01 11:19
2017/04/01 11:19
俺が中学の頃の話、俺の通う中学はなんか厳しくて塾や学校外での習い事など家庭の問題など特別な場合を除き絶対に部活に入らないといけないルールがあった。4月ごろは新入生への勧誘もしつこくて先輩が1年の教室の前で出待ちしてるくらい熱心そういうのが面倒臭い俺は事前にゆるくて楽そうな文化部に入ることにした最初に見学したのは吹奏楽部、しかしこれが飛んだ文化部の皮を被った体育会系体力作りにランニングもやるし練習はキツイし女だらけで性格もキツイ奴が多いドラマの大奥みたいな雰囲気というか、妙にドロドロしてて派閥があってとにかく上下関係がすごいくて挨拶も声が出てないとドヤされるようなノリそこで次に行ったのは美術部…
【妹】中3の時にやってきた隣のクラスの担任の妹だった教育実習の先生と【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/08/22 08:19
2017/08/22 08:19
98 ::2013/10/15(火) 15:31:02 ID:DJAl7Szp0 古い話で恐縮だが、20年近く前、私が中3のとき教育実習生が来たときの話。 その先生は国語の担当の隣のクラスの担任の妹だった。その実習生は社会担当。 その時社会の授業で三年生全体で新聞コンテストみたいなことをやっていて、 クラスの各班で記事をどうするか悩んでいた。   私たちの班は同じ班の剣道部のWが地区大会で2位だった事と、 『教育実習生の本音』と題したネタを記事にすることにした。 原稿は直接三年せいに関係する6人全員にお願いしたが、 一応妹先生(は私のクラスの担任に付いていた)に…
【犯す】台所で母を犯す妄想(1)
2016/01/06 20:54
2016/01/06 20:54
おれは自分の実家の台所に、かなりのこだわりを持っている。そこで料理を作る母の姿を、幼い頃からずっと見てきたからだ。  夫や子供達のために甲斐甲斐しく料理を作る母親の後ろ姿というのは、実にいいものだ。母親の愛情が、美味しそうな匂いとともに立ちのぼってくるようである。 「お母さーん、腹へったよう、ご飯まだあ」  小学生の頃、おれは腹がへって我慢できずいつも母に声をかけていた。あまりしつこいと、 「もうちょっとだから、我慢しなさい!」と、ぴしゃりと言われたものだが、その声にもやはり愛情が滲んでいた。  昔の母親達は栄養学の知識もなかったし、料理の本などもほとんど見なかったが、それでも子供達の栄養…
【体験談】スタンドでバイトしていた巨乳ギャルをドライブに誘ってみた
2016/04/04 23:30
2016/04/04 23:30

ガソリンスタンドに気になるギャルがいる。



そのギャルは、営業に使う社用車のガソリンを入れるスタンドいる。



年齢は20代前半で、
ルックスは山田優を少しヤンキー系にした感じ。



身長は150ちょっとと低身長で小柄だが、
Dカップ以上でヒップは90cmくらいありそうな巨乳ギャル。



スタンドの制服からはちきれそうな感じで、
エロい身体は間違いなかった。



会社指定のスタンドで移動距離も長いんで
2,3日おきにいつもそこを利用してた。



最初は挨拶くらいだったが、
半年後には軽い会話が出来る…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】イタズラ、あのときの快感1【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/14 16:27
2017/04/14 16:27
今から12年前、高1の時にレイプというか悪戯のような事をされました。高校へ入学して数週間ほどした頃から、ほとんど毎朝、通学時に電車内で痴漢に遭うようになったんです。ある朝、痴漢されている時に、私の通っている学校と同じ駅周辺にある専門学校の学生の人が助けてくれました。それ以降、その学生の人と何度か電車内で会うと話をするようになり、やがてその人と付き合うようになりました。私の両親は厳しくて、中学から私立の中学に行かされ高校へもそのまま進級した女子校だったので、男の人と付き合うのは初めてでした。「男の人と付き合う」なんて事は決して親には言えず、学校で「男女交際禁止止」とされていた訳ではないけれど、…
バイトの短大生は慣れた手つきでゴムをつけてくれた【エロ体験談】
2017/01/10 12:10
2017/01/10 12:10
うちの会社では年末の繁忙期に大量のバイトを雇い入れます。

大半はしなびたおばちゃんです。

たまに学生やフリーターの若い娘がいても、僕とは無関係で言葉を交わす事も無く通り過ぎていきます。

入社以来、彼女もいません。

今年もおばちゃんに取り囲まれて過ごしています。

そんな色気の無い職場ですが、去年だけは違いました。

去年の僕に起きた奇跡を書きます。

去年の11月中ごろです。


今年もおばちゃんばかりだなと思っていました。

そこに彼女は現れました。

事務所の入り口にバイトの面接に来たと思われる彼女が立っていました。

僕は見惚れました。

菅野美穂に似た感じでした。

いいえ、菅…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【熟女体験談】夫婦交換大好きでスワッピング中毒な変態夫婦

・【Hな体験】ブスだけど気遣いのできる超絶テクニシャンのデリ嬢

・おいしいかった社員旅行のハプニング

・【オナニー】ジャクジー風呂で男子高校生に露出しながら

・【人妻体験談】妻が浮気をしているようで、友人に監視してもらったら金持ちの男に寝取られていた

・【熟女体験談】ご近所さんの元芸能人おばさんの水着姿に興奮し、水着のままSEX

・人妻美人課長のスーツの中

・【スワッピング】30歳の童貞キモオヤジに彼女を貸し出した結果

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・内妻の友達を旦那の前で

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・社長のおちんちんを咥えています

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・交際初日に初SEX。そして・・・。

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[後編]

・あんなイイ思いは何だったのか不思議

・スロベニアから来たシビルとのセックス

・亭主が寝ている横で、バックからつきまくった・・・

・手マンから結局最後までいっちゃった

・【熟女体験談】還暦を迎えた母の黒の下着に興奮し、夜這いしてしまった

・お祭りに参加していやらし事されぱなしでした

・【人妻体験談】ちんぽが大好きで手コキマニアな変態女上司

・不倫相手との甘い甘いSEX行為の告白

・職場で集団レイプを見せられた。

・【浮気】修学旅行の夜、先生に隠れて潜った布団の中で

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【近親相姦】義父から性的暴行を受けていた実の娘と

・認知症の母と・・・