寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

幼なじみの女の子に睡眠薬レイプされた

2018/02/23 00:21


「ただいまー」

「あ、おかえりお姉ちゃん!お風呂わいてるよ?それとも先にご飯食べる?」

バイトを終えて帰宅した午後9時、法事で母方の実家へ帰った両親の代わりに、近所に住む幼馴染の子が迎えてくれた。

両親も昔から私をお姉ちゃんと慕って仲の良かったこの子、和紗(かずさ)を信用していて、出かける際には合鍵を渡していたぐらいだ。

「じゃあ先にお風呂でー」

「冷めちゃうといけないからってまだ沸かしてないから15分ぐらい待ってね」

「はーい」

お風呂場に向かう和紗。
本当に良い子だなぁ……



……
………


お風呂から上がってリビングに行くと、エプロン姿の和紗が食器を並べていた。

「あ、ご飯できてるよ」

「この匂いはカレーだね?和紗のカレー楽しみだなー」

「普通のカレーだよ?そんなに期待するようなものじゃないんだけど……」

食卓に二人分のカレーやサラダが並ぶ。

「「いただきます」」

「どお?美味しい?」

「うん!これならいつでもお嫁に行けるよ」

「お、お嫁だなんて……お姉ちゃん、もらってくれる?」

あはは、可愛い。

「もちろん!おいでー!」

両腕を広げて待ってみる。

「あ、えぁ……」

和紗が真っ赤になってあたふたしてる。

「ちょっ、本気で照れないでよ……」

私のが恥ずかしくなるじゃん。

「ごちそうさま!洗い物してくるね!」

洗い物を口実にこの変な空気からから逃げ出そう。

「あ!冷蔵庫にお姉ちゃんの大好きなプリンあるから、それ食べてからにしようよ。今持ってくるね!」

「うん……そうだね。ありがと」

作戦失敗。

数分して、和紗がコーヒーとプリンを持ってきた。

「コーヒーもちゃんと飲んでね」

「ありがと」

コーヒーに口をつける。

一口、二口。

「ちょっと豆変えてみたの!どう?もっと味わってみて?」

「そうなの?言われてみれば確かにいつもと違うような……」

急かされてまた一口。

あれ?このコーヒーなんか変な味がする……それに、なんだか……

「ねぇ、これ何が入って……」

その言葉を最後まで口に出す事なく、私は意識を失った。


―――――――――――――――


目が覚めたら、私は四肢をベッドの支柱に縛られて動けなくなっていた。
それも服どころか下着さえ身につけない一糸纏わぬ姿で。

「おはよ、お姉ちゃん。よく眠れたでしょ」

「え……なにこれ?なんで私裸なの?」

「驚いた?えへへ、コーヒーによく眠れるお薬入れたんだよ」

まるで悪戯が成功した子供みたいに微笑む和紗。
どういうこと……?

「私ね、お姉ちゃんの事が女として大好きなの。」

ゆっくりにじり寄ってくる和紗はいつもと違う和紗のような気がした。

「でもね……私もお姉ちゃんも女の子だから、結婚は出来ないの。だからね、思ったんだ―――」

言葉を失ってる私に微笑みながら和紗は続ける。

「―――お姉ちゃんが、女同士でも良いって思ってくれるように……私じゃなきゃ駄目だって思ってくれるようにすればいいんだって」

悪寒が走ると同時に身の危険を感じた。絶対にこんなのおかしい。どうかしてる。

「やめてよ和紗……どうして……?」

「大丈夫だよ。お姉ちゃん……」

何が大丈夫だっていうんだろう。
今の和紗は正気じゃない。

「和紗!やめっ……ん……っ!」

唇が塞がれる。
それだけでなく和紗の舌が私の唇をこじ開けて入ってくる。

「んむ……んぅ、ふぁ……」

くちゅくちゅした水音が直接頭に響き渡る。
最初は不快なだけだった他人の舌の感覚も次第に甘い痺れに変わっていた。
口の中が和紗に蹂躙されている間、手は首からゆっくりと胸へと降りていく。

その手は、焦らすようにゆっくり私の胸を弄ぶ。

「……っ!」

驚きと刺激に吐息混じりの悲鳴が飛び出す。

「お姉ちゃん……表情、エッチで可愛い」

違う!

「うぁぁっ!」

そう言おうとしたのに。
和紗の唾液にまみれた私の唇からこぼれ落ちたのは短い悲鳴だけだった。

その間に和紗の手はさらに下へ降りる。
腰のラインを撫でられた単純なくすぐったさに身をよじる。

四肢はベッドのそれぞれの支柱に繋がれていて大の字になったままの私には、それ以上の抵抗は出来なかった。

ただ不愉快なだけのはずの内股に滑り込んだ手に何かを期待している自分いる。

その事実が私を混乱させる。

「もう、やだよ……やめてよ和紗ぁ……」

そんな自分と、尚も全身の愛撫を続ける和紗への恐怖。

「泣かないでよお姉ちゃん」

涙が伝った後の頬と、涙が溜まった目元を舐められる。

ぬるっとした感触と、舐められたという事実そのものに鳥肌が起つ。

「ねぇお姉ちゃん、いい……?」

顔を赤くして呼吸の荒い和紗が、どこからか長い棒状の何かを持ってくる。

そういうモノがある、というのは知っていた。
でも、実物を見たのは初めてだった。

和紗が持ってきたのはいわゆる双頭バイブだった。

「見える?これで私とお姉ちゃんは一緒になるんだよ」

「い、嫌……」

逃げ場なんて無い。

「あ……はぁっ……ねぇ、見て、お姉ちゃん……んんっ」

和紗は私の顔の上にまたがって、よく見えるように自分の秘部にバイブを挿し込んでいく。

血と愛液が交じり合った液体が太腿を伝って頬に落ちた。

和紗は破瓜の痛みなど無いかのように恍惚とした表情だけを浮かべている。

「いい?……いくね?」

いつのまにか腰にまたがって私の顔を覗き込む。

秘部に当たる無機的な硬い何か。

「嫌……やだぁ……っくぅぅぅぅうっ!」

身体全体をそのまま貫かれるような痛みと、異物感。
同時に、私の中で現実感が消え失せ始める。

「お姉ちゃっ……お姉ちゃん……入ってるの、わかる……?」

痛い。怖い。気持ち悪い。
何がなんだがわからなくなって戸惑う私と、今目の前で起こってる事実だけを冷
静に見つめてる私がいる。

「んっ……いまっ、お姉ちゃんとっ、つながってるよぉっ……」

その間も和紗は夢中になって腰を前後左右に動かしていた。
妙に冷静になっている私は何も出来ない状況を諦めるしかなかった。

「お姉ちゃん、私、もうイッちゃいそうっ!」

痛みと状況に翻弄される私を無視して一人で昇りつめる。

「んっ!んぁっ、いくぅ……んぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあっ」

ガクガクと大きく震えた後、小さく痙攣しながら私に覆いかぶさる和紗。


「えへ、お姉ちゃん……私だけ気持ちよくなっちゃってごめんね」

息も荒いまま双頭バイブを抜き取り、再び私の愛撫を始める。

「いっぱいイカせてあげるね……」

異物感の残る秘部を舐め上げられる。
ザラザラした舌の触感が気持ち悪い。

……本当に気持ち悪い?

「んむ……ちゅ……ちゅぅぅっ」

一番敏感な部分を吸い上げられて腰が浮いてくる。

……本当は気持ちいいんじゃないの?

私もこの空気におかしくなってしまったのだろう。
冷静な私との自問自答が、私の快感を自覚させた。

「……イキそう?」

「っ……」

思わず息を詰まらせつつ頷いてしまう。
嬉しそうな和紗の指と舌が加速した。

「うぁぁっ!」

無意識に声が漏れる。

クリトリスを舌が、膣内を指が這い回る。

絶頂に、導かれる。

「ぁ、ふぁあああああああっ!」

パチパチと何かが真っ白に弾けるような感覚と、ひたすら強い快感だけが頭に響いた。

「えへへ……お姉ちゃんが私の手でイッてるんだ……」

何も考えられない。
ふわふわした余韻に浸るだけ。

「……はぁ、はぁ」

「次は、これ」

和紗の手に収まるぐらい小さなスイッチと、そこからコードで繋がってる丸い何か。

もやのかかった私の頭ではそれが何かわからなかった。

『丸い何か』が絶頂を迎えたばかりのそこに押し当てられ、カチッと聞こえた瞬間に振動が始まった。

ヴヴヴヴ……

「ああああああああああっ!」

無理やり快感の渦に引き戻される。
クリトリスを円を描くように押し当てられるローターに、すぐに絶頂を迎える。


……
………

それから何時間経っただろう。
時間の感覚とか意識とか倫理観とか色んな物が曖昧になって、ひたすら和紗にイカされ続けた。

「んっ、くぅっ……ひっ……ぁ!」

「これで何回目かな?」

声をあげる体力もとっくに無くなった。
和紗の唾液と私の汗と愛液でべとべとになった身体も痙攣するだけで精一杯だ。

「お姉ちゃん……いいよね?」

訳もわからず頷く。

両足の拘束が解かれた。
そのまま和紗は私の左脚を立ててから抱え込むようにして、身体を密着させる。

いわゆる「貝合わせ」の状態だ。
秘部同士がくっついた瞬間、くちゅ、と愛液が音を立てた。

拘束が解けても動く体力も無い私はただ快感に身を任せ、浸った。

「お、ねえ、ちゃ……気持ちい……?」

「んっ……んぁっ!」

妖しく、跳ねるような動きに合わせて私も無意識に腰を動かしていた。
どこにそんな体力があったのか、快感を貪るように震える。

「んぅ、そろそろイッちゃうかも……お姉ちゃん、一緒に……」

頷く。
動きがラストスパートをかけるかのように早くなる。

「あ、あ……イッ……くうううううううううううっ!!」

「~~~~~~~~~っっ!!」

何かが漏れ出るような感覚と、生暖かい液体の感触が下腹部に広がった。

「はぁ……はぁ……」

まだ時折全身を震わせる和紗が私の上に折り重なる。

「お姉ちゃん……私と、一緒にいてくれる……?」

私は、また黙って頷くだけだった。 「昏睡……


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
★風俗仲間が主催している乱パーティー
2017/06/20 14:51
2017/06/20 14:51
 GWの初日を使い私は痴女牧場に行ってきました。痴女牧場とは、私の風俗仲間の宮間さんが開催しているパーティーの名称です。寝取り大好き宮間さんは、表の仕事とは別に性に関するイベントを行うのが趣味です。

 宮間さんは大変な資産家であり、郊外に立派な豪邸を持っています。周囲を高い塀で囲まれた庭園では時々仲間を呼んでパーティーをしたりします。現在、宮間さんには6人の中心的な使用人がおり、彼女達の事を『コレクション』と呼んでカテゴライズしています。

 ルックス、性癖共に宮間さんの超お気に入りの女性で構成しています。以前掲示板で書き込んだ由奈という女性は、先月よりコレクションに加わりました。

 …
姉と、妹の家庭教師【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/09 15:37
2017/09/09 15:37
過去の話ですが投下させていただきます。 自分の修羅場では無い上、大したDQNも出ませんが…。 A:自分の姉。高校生 B:Aの元彼氏。Aと同じ部活。 C:自分の元家庭教師。大学生 高校生になったAが部活の先輩の紹介で初めてのお付き合いをすることに。 妹の自分も楽しそうな様子に二人が上手く行けばいいなと思っていたけど、 付き合い始めて2ヶ月くらい経った頃、Bに他に好きな女が出来たとの事で二人の仲が険悪に。 話し合いをしようとAがBを家に呼ぶことになり、Bは一人だと耐えられる自信がないから…と Aの友人と家族である自分を話し合いの場に呼び出すことに。 この時点でAを除く全員が微妙な表情になって…
【人妻体験談】祭りに下着を着けずに浴衣を着た妻に、地元の男の子達が・・・
2016/10/21 22:02
2016/10/21 22:02
8月2日、彼の携帯から連絡が入った。 …また、会えませんか?今度地元のお祭りがあるんです。 小さな祭りですが、花火も上がり結構盛り上がりますよ。 是非、彩さんと一緒に… 妻に聞いてみると、2つ返事でOKだった。 「祭りに行くんだから浴衣よね」 「まぁそうだけど、荷物多くなるよ」 「こんな浴衣来た私見たくない?」 涼しげな黄色い浴衣。 生地も薄く透けそうな感じだが、夜に着れば分からないか? 8月4日、祭り当日に温泉宿に予約を入れ、現地に向け車を走らせた。 宿に到着したのは、午後3時を回っていただろうか? 妻と私は部屋に入ると直ぐに温泉に入り、そして、祭りに行く準備をした。 妻は、真新しい浴衣に…
犬と繋がることに快楽を覚えた妻
2017/07/29 07:49
2017/07/29 07:49
私達夫婦の秘密の体験談です。 私の妻(幸江:36歳)は、獣と繋がる事に快楽を感じています。 結婚10年目を迎えますが、子供はいません。 SEXの相性は良いのですが・・・。 街外れの安い長屋を借りて住んでいたんですが、ある日を境に見知らぬ犬が訪れて来るようになりました。 茶色い大型犬で雑種の様でした。 首輪は付けているので飼い犬だと思います。 凄く人懐っこい性格なのか、尻尾を振りながら近寄って来るので、パンや牛乳を飲ませると凄い勢いで食べ尽します。 毎日来るようになり、妻共々可愛がっていました。 休日、妻が洗濯物を干していると、どこからともなくペコ(勝手に付けた名前)が来て、妻…
サイトのオフ会で知り合った人と初体験
2018/04/17 07:10
2018/04/17 07:10
私の初体験は24歳の時でした。
相手は31歳の既婚者(その時は知らなかった)で、あるサイト(出会い系ではないです)で知り合いました。


サイトに参加して半年くらいしてからオフ会で実際に出会い、容姿にコンプレックスのある私にも優しく接してくれて家も意外と近かった事もあってアドレス交換しました。

直メするようになってから、さらに半年くらいしてから私の部屋でしました。
すでにメールの中で処女であること、妊娠しないため生理の周期も伝えて計算してくれてその日をむかえました。

初めて男性を部屋に迎えるにあたって、部屋の隅々まで掃除して私自身もシャワーをして真新しい白の清楚な下着を身につけました。

惚れた男にとことん尽くす、アフリカの人妻
2016/08/11 09:00
2016/08/11 09:00
自己主張も強いが仕事も出来る彼女は、俺のことを出来の悪い弟みたいに可愛がってくれていた。マティさんは、おそらく30歳くらい。
つやのある薄めの黒い肌に、びっくりするくらい大きな目、いわゆるタラコ唇に高い鼻、巨乳で脚が長くて腰が細く、銀縁の眼鏡を掛けていた。
ヒールを履いて俺と同じくらいの背の高さだ。


もう1人の現地人(デブの白人、奥さん日本人、子沢山、アニメ好き)に言わせると、「マティは気が強いから怖いよー。旦那さんも大変だよー」ということだ。

そんなある日、マティさんとデブ白人と3人で昼飯を買いに行くと、やたらとデカい黒人2人が怒鳴りながら店のショーウィン…
■私は社長にセクハラを受けています
2018/02/14 22:51
2018/02/14 22:51
 私は社員旅行で記憶を無くす程飲み酔い潰れ、事もあろうに社長の部屋に入っていったらしいのです。秘書の私は社長の隣の部屋を使っていたので、間違えてしまったのかもしれせん。

 社長が言うには、《私は部屋に入ってくるなり服を脱ぎ捨て、シャワーを浴び体を拭き、全裸でベッドに横になったそうです。社長は部屋で一人落ち着きソファに座り、飲んでいたらしいのです。

【熟女体験談】シミ付きパンティを通して相互オナニーするマジキチ母とマザコン息子
2017/06/18 00:02
2017/06/18 00:02
2017/06/18 (Sun) 私は45歳、もう中年のおばさんです。

でもこんなおばさんの私に、
息子は欲情しているようです・・

何故そう思うのかと言うと、
高校生になる息子が
母である私の下着を使って
オナニーをしているのを見つけてしまったんです

朝から洗濯機の中を見る度に、
精液で汚された私のショーツが
息子のトランクスに紛れて出てくるんです。

息子は気づかれているとは知らない様で、
今朝もザーメンで
汚されたショーツが出てきました。

いつもなのですがショーツの布が
二重になっているクロッチの部分が
汚れているんです。

女性ならわかると思うのですが、
クロッチは膣、割れ目…
【近親相姦体験告白】 寝たふりバカ兄貴(笑)
2016/07/05 23:21
2016/07/05 23:21
おばんで~す(^^)相変わらずちんたら進んでるバカ兄貴っす! 本当は昨日の朝にPCを立ち上げて書き込みしようとしたんだけど、今日は仕事があったんで時間が無く断念・・・さっきやっとメシを食い終わって余裕ができたんで、昨日(土曜)の朝方あったことを書きますわ(-v-)しかし最近のこの仕事の忙しさなんとかならんかなww(愚痴いってスンマセン)金曜の夜なんだけど、妹の部屋で酒でも飲も~ってことで、22時頃に妹の部屋へビールとカッパえびせんを持ってドアをノックした。「入るぞ~」って妹の部屋へ入ると、妹が机に向かって勉強の真っ最中・・・「あ、勉強中ならいいや、邪魔したな」ってオレが妹の部屋から出て行こ…
輪姦されちゃったコスプレモデル
2017/02/01 18:49
2017/02/01 18:49
いまだに思い出して、オナする話です。 コスプレモデルのバイトをした時の話です。 ただのマンションに連れて行かれた時から、なんか変だなと思って、逃げようかと思ったけど部屋に入って、照明の機材にプロ用(?)のカメラがあったので、チョット安心した。 奥に通されると、『I”s(アイズ)』のコスを渡され・・・ 「じゃ着替えて」 当然のように言い、目の前に椅子に座る。 ここで変に恥かしがると、変な空気になりそうだったので、平然と着替えを始めました。 「ここで着替えるの?」 ワザとらしい・・・。 「違うんですか?」 「いや、何処でも良いけど」 結局、目の前で着替えが終わるのをずっと観ら…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】俺のデカチンで失神した爆乳OL

・【痴漢・レイプ】私って変…?2

・罠にかかった?彼女の痴態2

・【驚愕】ヤリサーに所属してた女だけど、質問ある?wwwwww

・★ゴルフも美人人妻のエロも順調

・友達の彼女の信じられない性癖…

・【痴漢・レイプ】私って変・・・?

・もう戻れないあの頃

・花見

・女装円光してるのが親バレしたおかまだけど質問ある?

・進学校のまじめな女子高生と

・【痴漢・レイプ】叔父さんとの秘め事

・包茎手術のついでにナースとの妄想プレイに挑戦

・分からずの発展場

・男前な先輩に迫られて会社なのにビチョビチョ

・★派遣社員との不倫SEX場所は書庫室

・出会い系の人妻が、「今日はダンナが夜勤で、送り出してからは時間がある」と言ってきた

・田舎の海にあるHスポットでギャルママの生着替えと授乳を覗き見

・友人の可愛い妹がバスタオル一枚で出てきたwww

・処女の従妹に誘われて風呂場で童貞喪失

・この前、泥酔しているところを拾ったお堅い公務員さんともう一度

・【痴漢・レイプ】セックスレスの嫁がエロビデオを隠してた

・ソープ嬢「ねぇ?違ったらゴメンだけど爆サイで私の悪口書いてない?」ワイ「えっ…?」  →結果wwwwwwwwww

・【痴漢・レイプ】嫁は高校時代の英語教師・・・僕が犯し処女を奪った教師。

・エビちゃん似巨乳の後輩の彼女はとってもエロかった

・DKがJCのパンツを盗撮! ~実際はJSからはたちくらいまで撮ったけど~

・授乳期の妹のおっぱいに興奮して・・・

・★一戸建ての綺麗な奥様に魅かれて

・【寝取られ】居酒屋の個室トイレで浮気セックスしていた美人妻

・【痴漢・レイプ】千春