寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

人妻 香苗 5

2018/02/22 23:31


36
香苗 「……ん……」
カーテンの隙間から光が差し込んでくる。部屋の空気は朝のしっとりとした感じとは違う。それになんだか少し頭が痛い。こんなに目覚めが悪いのは久しぶりだ。
香苗 「……ん~今何時…?」
ベッドの上でゴソゴソと動きながら時計を手にする香苗。
香苗 「……えっ!?もうこんな時間!?」
時計の針の位置を見て思わず香苗はそう声を上げた。なんと香苗が起きたのは昼の12時だったのだ。
どうりで身体の感じがいつもと違う訳だ。こんなにも眠りこけてしまうのは、香苗にとって珍しい事。いつもは必ず祐二より早く起きて、朝ご飯や祐二が仕事に行くための準備をしていた。
香苗 「はぁぁ……ダメよ……こんな事じゃ……。」
昼まで寝てるなんて、なんだか自分がだらしのない人間になってしまったかのよう。若干の自己嫌悪に陥りながらべッドから起きてリビングへ行くと、そこにはいつも通りの光景があった。静まり返った一人だけの空間。部屋は汚れてないし、洗濯物も溜まってない。
香苗 「……。」
寝坊はしてしまったけれど、寝坊をしたからといって何か困る訳ではなかった。
祐二は今日も居ないし、まだ帰っても来ないのだから。1人でいるのはたったの1週間。でもまだその内の1日しか経っていないと思うと、なんだか凄く長く感じる。何もする事がないというのは、寂しい事だ。
いつもより長く寝ていたからなのか、身体がだるい。
気持ちを切り替えて目をしっかり覚まそうと、香苗はシャワーを浴びるために浴室へと向かった。
昨日は結局夜中まで自慰行為をしていた。祐二が居ないからダブルベッドの上でいつもより大胆に。でも自分で刺激を与え快感を感じても、何か物足りない。足りないと足りないと続けているうちにいつのまにか夜中になり、最後は疲れていつのまにか眠っていた。
シャワーを浴び終わり、浴室から出た香苗は身体にバスタオルを巻きキッチンで水を飲んでいた。普段ならキッチンやリビングまでバスタオル一枚なんかで出てくるような事はしない香苗。しかし今それができてしまうのは、1週間ずっと1人きりというある種の開放感を感じているからかもしれない。
香苗 「……。」
ふと香苗はその場でバスタオルを解き広げてみた。中はもちろん裸だ。キッチンで裸になっている自分。家電や調理器具のステンレス素材の部分に自分の裸が映る。もちろんこの部屋には他に誰も居ないのだから、大した事ではないかもしれない。浴室や寝室で裸になる事とそんなに変わらないはず。でもなんだかステンレスに映っている自分の姿が物凄く卑猥に見えて、香苗はすぐにバスタオルを身体に巻きなおした。
香苗 「……私……イヤらしい……」
昨日は中島もバスタオル一枚で玄関まで出てきた。あのバスタオルの中も、やはり同じように裸だったのだろうか。今でも頭から離れないあの中嶋の上半身裸姿。香苗は目を閉じて、今一度じっくりとその映像を思い出してみる。逞しい肉体、特に腹筋の割れ方は凄かった。そしてヘソの辺りから下へと向かうように体毛が生えていたのを覚えている。夫の祐二はどちらかといえば体毛は薄い方だ。だからあんな所にまで毛が生えているという事が香苗にとっては少し衝撃的でもあったのだ。きっとあの毛並みは下へ向かえば向かう程濃くなっていくのだろう。
でもそれ以上はタオルがあって見えなかった。あのタオルの中はいったいどんな風になっているのだろうか。そんな卑猥な好奇心が、昨日の夜から香苗の頭を支配していた。今のところ、その全てが祐二とは違う印象である中嶋の肉体は、やはり下半身も祐二とは全く違うのだろうか。
香苗 「……ハァ……」
そんな事を考えていたら、シャワーを浴びてサッパリしたにも関わらず、また身体が熱くなってきてしまった。自然とタオルの中へと移動していく香苗の右手。

香苗 「……ゥン……」

しかしその時、香苗の耳が微かな音を察知した。思わずその場で動きを止める香苗。目を閉じてその音に集中するように耳をすます。
香苗 「……」
聞こえる、微かな声。昨日はなかった男女の声が、また聞こえてきているような気がした。香苗はバスタオル一枚の姿のまま、カーテンが閉まっている窓際まで移動した。
香苗 「……」
やっぱり聞こえる。
中嶋は今日も女性を連れ込んでいるようだ。それが分かった瞬間から香苗の鼓動は急激に速くなり、身体もカァっと熱くなっていった。今まで常習的に続けてきてしまった盗み聞き。しかし今回の興奮は今までとは違っていた。なぜなら香苗は昨日、中嶋の肉体を見てしまったのだから。それによって隣からの声を聞きながらの想像はよりはっきりしたものになる。
……今隣で中嶋さんといっしょにいる人は、あの身体に……あの逞しい身体に激しく抱かれるんだ……
……今隣に居る女性は、中嶋さんのあのバスタオルの中まで見ているのかもしれない……
昨日の夜から香苗がずっと妄想してきた事を、その女性は今から体験してしまうのかと思うと、なんだか妙な気分だ。香苗は自分でも気付かない内に下唇をぐっと噛んでいた。
香苗 「……。」
夢中になっていた。中嶋に。もはや香苗の身体は、隣から聞こえる声をもっと近くで、もっとはっきりと聞きたいと勝手に動いてしまう。そして同時に求めたい快感。せめて、せめて擬似的な快感でも!香苗は一度寝室に戻って取って来たピンクローターを手にして、再び窓際にしゃがみ込む。カーテンを少しだけ開けて窓も少しだけ開ける。するとスーッと涼しい風が入ってくる。その風を感じて、あと一歩出ればそこは外の世界なのだという事を全身で理解する。外の空気がバスタオル一枚だけの身体に当たる事が、なんだかとても新鮮でもあり、開放感を感じつつも、香苗は羞恥心を刺激され、興奮を煽られているような気分だった。
香苗 「……?」
しかし、いつもなら窓を開ければある程度はっきりと聞こえる隣からの声が、今日はあまり聞こえない。今日に限って、隣は窓を開けていないのだろうか。耳をすませば微かに聞こえる気がするが、やはり聞えにくい。
……聞えない……ハァ……どうして今日は窓閉めてるの……
そんな何かもどかしさの様なものを感じる香苗。もっとちゃんと聞きたい……もっと近くで感じたい……そんな欲求が、欲望が、香苗を通常では考えられない大胆な行動に移させる。
ガラガラ……
人一人が通れる程にまで窓をゆっくりと開けた香苗。もう何も考える余裕などなかった。今の香苗は、ただただ本能のままに行動しているだけなのだ。
香苗 「……。」
息を潜め、香苗はしゃがんだままの体勢からベランダに足を一歩踏み出した。
そう、香苗はなんとバスタオル一枚だけの姿でベランダへと出て行ってしまったのだ。
37ドキドキドキドキドキドキ……
香苗 「ハァ……ゴク……」
呼吸は荒くなり、胸の鼓動はまるで全力疾走の後のように速くなっていた。落ち着かせようにも、自分で自分の身体をコントロールする事はできない。肩や背中、そしてバスタオルの中にまで入ってくる外の空気が、自分が今ほぼ裸の状態であるという事を再度教えてくる。身体に纏っているのは一枚のバスタオルだけ。もちろんそれがどうしようもなく心許なく、そして恥ずかしいのであるが、しかしだからといって香苗は部屋に戻ろうとはしなかった。まだ昼間の時間帯で外は明るい。だがこのしゃがみ込んでいる体勢ならば壁に隠れているので誰かにこの格好を目撃される事はないだろう。見られる事はない。しかしこれはもう限界ギリギリの行為だ。それは香苗が妄想で思い描いた淫らな行為を、現実世界で実行できる限界の境界線である。そう、これは1人の女性である香苗の、絶対に人には知られてはいけない秘め事なのだ。この秘め事は他人にはもちろん、家族である夫の祐二にも決して知られてはいけない。香苗が1人で一生胸の中にしまい込み、墓場まで持っていかなければいけない事。しかしこの一見清楚な人妻が抱えている淫らな秘め事には、1つ厄介な特徴があった。それは人に知られてしまうかもしれないという境界線、そこに近づけば近づく程、そこから得られる興奮が大きいという事だ。身体の奥から興奮を掻き立てられるようなものがその境界線にはあり、そしてそれは香苗を誘惑する。淫らな自分が他人にバレるかバレないか、ギリギリの綱渡りを今、香苗はしているのだ。なんて刺激的なんだろう。なんて気持ちイイんだろう。自分でも今まで知らなかった脳の部分を刺激される、それがこんなにも気持ち良いものだったなんて。もうすでに香苗はその綱渡りを始めてしまっている。一度スタートすればもう後戻りはし難い。これ以上進めばもう戻れなくなってしまうかもしれないのだ。しかしそれでも香苗は綱を渡る足を止める事はできなかった。まだ見えないもっと先、そこに今以上に興奮できるものが待っているかもしれない。そんな誘惑が、危険な所へ行く香苗の気持ちを駆り立てているのであった。

香苗 「……。」
ベランダに出ると、やはり部屋の中から聞いていた時とよりは隣の声が聞こえる。しかしまだ先日までの窓を開けている状態で聞こえてきていた音量には程遠い。香苗はしゃがみ込んだまま、さらにその声音をしっかり聞き取ろうと、中嶋達が居る部屋側の壁に近づこうと移動する。なるべく音を立てないようにゆっくりと慎重に。左手でバスタオルの結び目を掴み、そして右手には卑猥なオモチャを持って。
香苗 「……。」
中嶋達に一番近いであろうそのポジションに移動すると、少しだけ聞こえる声がハッキリとしてきた気がする。もう現状でこれ以上聞き取りやすい場所は考えられない。まだまだ聞き取りにくい事に変わりはないが、もうすぐそこ、壁越し数メートルの所…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
愛液と潮吹きでもうぐちょぐちょびしょびしょw【エロ体験告白】
2017/11/19 09:51
2017/11/19 09:51
深夜になんか振動がするなあと思って目が覚めたら嫁が右手で俺と手を繋いで、空いた左手でクリトリスいじってオナってたwwwwwwしばらくはこっそり様子見てたんだけど
チンポ押し付けて友人の母と初体験
2017/10/18 00:19
2017/10/18 00:19
僕の初体験は年上のおばさんで
相手は高校の先輩のお母さんでした。

僕がまだ高校3年生で

別の社会人となっている友達と飲みに行っていた時、

街でバッタリで会ったのです。

先輩のお母さんなので、

高校生で飲みに行っている事が先輩

(卒業し、現在は大学生)の耳に入ると恐ろしくて、

どうしようかと思いました。

でも、

「黙っていてあげるから、今日は一緒にどう?」

の誘いに、2次会のカラオケに同行しました。

先輩のお母さんと女友達5人にカラオケへ連行されました。

友達のお母さんは42歳ですが、

色っぽく、大変お洒落でした。






一緒に居た女性からはカラ…
中の良かった友達と一度だけ禁断のエッチをしちゃいました
2017/11/26 22:22
2017/11/26 22:22
その子は友達のなかでも特に可愛い子じゃなかったんで、割と気軽に遊びに
いってました。まあ、時間つぶしにちょっと寄ってみるかくらいで、時々何人かでは
泊まったりしてたんだけど。

 その日は仕事の帰りで一人でした、その子のアパートの側を通りかかったんで
電話してみるといました。いつもの調子で一通りの飲み物とかを買い込んでお邪魔
することにしました。
まあ、とりとめのない話をして、少し彼とうまくいってない、はっきりと好きなのか
わからないっていう話をきいてました。仕事で疲れてたせいもあり、泊まってこうかな
というと別段いやがる様子もありません。以前にも何人かで泊まってました…
童貞君を・・・ (浮気・不倫の体験談)
2015/11/17 21:30
2015/11/17 21:30
はじめまして。 みなさんのHな体験談を読んで楽しんでるだけじゃ悪いかなぁと思いましたので、思い切って投稿してみたいと思います。(初体験です) 私は結婚して6年目の28歳の主婦です。ダンナは10歳年上の38歳で、4歳の子供がいます。よく不倫の話は耳にしますがまったくの他人ごとで、まさか自分がそんな事するとは夢にも思ってませんでしたけど、ちょっとしたきっかけからハマッてしまいました。相手はパート先のバイトの高校3年生。私もさすがにビックリしたんですが、「好きです、付き合って下さい。」って告白されちゃったんです。自分で言うのも変だけど、わりと2つ…
気持ちがいいを超えて感激した浮気エッチ体験談
2016/09/05 12:05
2016/09/05 12:05
今31歳の結婚4年目になる主婦です。子供はいないし旦那は仕事でお忙しいみたいだし、愛はあるけどその肉体的見返りが乏しい最近です。 だからって訳ではないけど時々ウワキしてます。30歳をすぎるとやっぱり若い男性に目がいってしまって、そういう関係になるのも年下の子ばかりでした。 続きを読む
フェラが巧かったバイト仲間の人妻
2016/08/01 06:00
2016/08/01 06:00
大学生の時、居酒屋兼飲食店みたいな店でバイトしてた。
昼のパートさんで仲良くなった人妻の保奈美さん。顔は普通、性格は明るくサバサバで、元ヤン。バイトしてた時は普通に話す程度。ただ俺が長くバイトしてたから、結構仲は良かった方。保奈美さん家で旦那さんを交えて麻雀したり、何人かで飲み行ったり、家の愚痴聞いたりしてた。


大学卒業でバイト辞めて就職してからは、ほとんどメールとか無し。
年に1~2回バイトの面子で集まって飲み会した時に、近況を話すくらい。
でしばらく期間が空いて、保奈美さんからのメール。「久しぶりに飲まない?」こんな感じのメール。

色々相談したい事があるら…
トイレの個室で泥酔していた女子大生に中出ししたH体験談
2016/07/12 22:22
2016/07/12 22:22
2年前に、女を拾った時の話。

出張3日目、次の日が土曜日で、出張最後の日だったので、

学生時代を過ごした名古屋で友人と久々に会い、

飲んだ後一人帰るところだった。

地下鉄駅通路の途中にあったトイレに立ち寄ると、

0時を回っており、終電で人気は疎ら。

トイレで小用を済ませてホット一息、後ろを振り向き

手洗いに向かおうとした俺の目に

半開きの個室ドア越しに、ストッキングを履いた脚が見えたのだ。
一瞬「ぎょぉ!」っと

心臓が止まるかと思うほどの衝撃だった。

婦人用トイレ?酔って間違えた?戸惑う俺。

でも小用したんだから男性用に間違いない!

少し落ち着いて…
騎乗位でイキまくり(๑˃̵ᴗ˂̵)
2017/02/19 08:22
2017/02/19 08:22
毎回のことのように騎乗位でイキまくる女性はエロい(๑˃̵ᴗ˂̵) その気持ち良さそうなエロいアクメ顔を見つめながら一緒に興奮してしまう(>_<) たまらない光景だ(^^) 続きを読む
親友のセフレになってた彼女
2015/12/24 22:32
2015/12/24 22:32
ちょっとマジで信じがたい話を投下しちゃってイイでしょうか。
今でもあり得ないと思ってるし、夢見てたんじゃないかって思ってるんですが。
それじゃ遠慮無くいきます。

俺には高2の時から付き合ってた彼女がいました。
彼女はバスケ部のマネージャーで、俺なんかが付き合えるレベルじゃないぐらいモテてた。
美女と野獣とまではいかないにしても、まぁ~そんなレベルだと思う。
いつも髪を結わいてたけど、解くと井川遥に似てる。
当然先輩達からも告白されるほどだったし、実は処女だって知ってガクブルだった。
俺も童貞だったから、初めての時はかなりキツかった。
3年になる前の春休みに初エッチしました。
スナックの女の子とハーレム3Pで女体責め【エロ体験談】
2017/11/30 22:10
2017/11/30 22:10
仕事が早めに終わりヒマだったので、時々飲みに行くスナックへひとりでフラフラと行きました。

席につくと、見たことのない女の子が接客をしてくれました。
倖田來未に似たホステスで名前は理奈ちゃん。
服の上からでも分かるエロエロボディです。

しばらく理奈ちゃんと飲みながら楽しく話をしていましたが、我慢できず「理奈ちゃんとしたい。ホテルいこうよ」と言ってしまいました。
理奈ちゃんは「うん」と言ってくれました。

理奈ちゃんは23歳で、彼氏半年位いないとのこと。ますます興奮してきました。

タクシーでラブホテルに行くと、部屋に着くなり理奈ちゃんにディープキス。舌を絡ませあったあと、理奈ちゃんのTシャツ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】おばさんになる前にメールで逆ナンパをし、SEXしまくる主婦

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・いまも体が忘れていないあんなSEX

・姉とセックス

・【Hな体験】セックスの名人キャラが幸いして同僚OLとやれた

・ダイエット中に調教された妻 その2

・生まれ変わったら『道』になりたい

・【熟女体験談】推定六十路の老婆に逆レイプをされたのがきっかけで熟女に興味を持った

・【人妻体験談】ママ友の上半身真っ裸を見てしまい、頭から離れず、酔ったママ友を家まで送ってパイズリSEX

・無抵抗の相手に腰を振るという興奮

・【Hな体験】夢に出てきた爆乳同級生とリアルガチの肉弾戦

・女友達とwww俺氏www3Pしてきたwww

・SMパートナー探し専門の掲示板での事

・企画物AVに出まくることになった妻 4(ビーチでおっぱい盗撮編2)

・義姉の乳首を唇に含み、おっぱいを・・・

・日本の行為は「侵略」だったのか?

・【熟女体験談】ディルドで腰を振るバツイチ熟女の頭を掴んで思い切りイマラチオ

・【Hな体験】19歳の美容師の卵と人生初の中出しセックス

・友里さんの着替え

・見た事がある人を思い出し赤面

・人間万事塞翁が馬

・【乱交】会社の男達に輪姦されてる現実が余計に私を高ぶらせる

・【人妻体験談】金に困ってる女を紹介してもらい、スレンダーな援交マダムと種付けSEXモードで子宮責め

・【熟女体験談】名器な独身OLの機関銃の様な早打ち振りのエロさに超興奮

・美人女医の恥ずかしい姿 完成版

・刺激を求めてる専業主婦で出会い系デビュー

・「母がやくざ風の男から息子2」の続きが読みたいです

・どこか孤高な雰囲気だった彼女

・幼馴染に睡眠薬飲まされてレイプされた