寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

2人の外国人が、同時に上と下から妻の身体を・・・

2018/02/22 20:01


私達の悪夢は、とんでもない幸運から始まりました。

当時私は食品メーカーに勤めるサラリーマン。
入社10年目で係長の私は、出世街道を進むわけでもなく、落ちぶれるわけでもない、そんな平凡な営業マンでした。
妻の由美は30歳。
元会社の後輩だった妻とは5年前に結婚し、2年目で恵まれた長男はもうすぐ3歳の誕生日を迎えようとしていました。

その日会社から帰った私を、妻が興奮した様子で迎えました。
「あなた、当たったのよハワイ旅行。」
興奮する妻をなだめて聞いてみると、近所のスーパーの福引で、特賞のハワイ旅行に当選したとのことでした。
「すごいじゃないか。休みをとって出かけるか。」
まだ若くうだつの上がらない私には、自力で家族をハワイに連れていく実力はありません。
私も妻の幸運を素直に喜びました。
3歳の長男でさえ、興奮する両親につられて「ハワイ、ハワイ」と大騒ぎしていました。

結局、私達家族がハワイに向かったのはシーズンオフの10月でした。
格安ツアークーポンでしたからホテルは当然2つ星でしたが、
新婚旅行以来の海外旅行に、私も嫁も浮かれていました。
ワイキキの中心街から離れた微妙な立地も、狭いエレベーターも、
やる気のなさそうなフロントマンも、全て無料ゆえのご愛敬だと思っていました。
そう、あんな悲劇が起こるまでは。

ハワイ到着初日は無事に過ごすことができました。
2日目は天気が良かったので、午前中は家族でビーチへ出かけました。
砂浜で無邪気に遊ぶ妻と長男。
私は、久々に見る妻の水着姿に少し興奮してしまいました。
「最近、太っちゃって。」
そういう妻のお腹周りは、出産以来、少し肉がついたように感じます。
しかし、肉付きの良い太ももには熟れた女性の魅力を感じましたし、
ビキニに包まれた豊かな乳房が作り出す谷間は、夫として自慢できるレベルでした。

いきなり肌を焼きすぎてはいけないという配慮もあり、
ビーチは午前中で切り上げ、昼食後はウィンドウショッピング。
特に何を買う訳でもなく歩き回るうちに時間を忘れ、夕食後に慌ててホテルに戻った時には
午後9時30分ごろになっていました。

疲れてぐする長男を励ましながらエレベーターを降り、
自分たちの部屋がある13階フロアに降り立った私たちは、
慌ててカードキーを取り出し部屋のドアロックを解除しました。

今思えば、これが不用意な行動でした。
少し周囲を警戒していれば、男たちの気配に気付けたかもしれません。
先頭に立った妻が室内に入り、後から長男を抱いた私が続こうとした時、
私の腰に固いものが押し付けられました。

「サワグナ。ヘヤニハイレ。」

振り返るとそこには屈強なポリネシアン風の男が2人。
1人は黒いタンクトップにアーミーの短パン姿。
もう1人はグレーのアロハにデニムのパンツ姿。
2人とも私の倍はあろうかという屈強な大男なうえ、
アロハ男の手には黒光りする拳銃が握られていました。

「オトナシクスル。カネヲダス。アナタ シナナイ。ワカッタ。」

呆然とする私達家族を部屋に押し込み、自らも押し入ってきたアロハ男は、
拳銃を我々に向けたまま片言の日本語でそう言いいました。

「分った。金は出すから乱暴はしないでくれ。」

そういう私の言葉に満足そうにうなずくと、
アロハ男はポケットから布袋を取り出して、私たちに投げました。

「ソコニカネヲイレロ。ゼンブダ。イレタラ フクロ ベッド ニ オク。」

その時は無我夢中でした。
とりあえず命が大切だから、私は嫁にそう言って、自分の財布と嫁の財布を袋に入れ、
男の言う通りベッドのうえに袋を置きました。
私がベッドに袋を置いたことを確認すると、
タンクトップ男が、私たちに近づいてきました。
ベッドから袋を拾い上げたタンクトップ男は、それをアロハ男に投げて、
自分は妻の方を舐めまわすように見つめていました。

「もう金はない、出て行ってくれないか。」

男の視線に不穏なものを感じた私が、そう言いながら男と嫁の間に割って入ろうとしたその瞬間、
タンクトップ男の拳が私の顔面をとらえました。
吹っ飛び壁に叩きつけられ倒れる私。妻の悲鳴と長男の泣き声が上がりました。

「コドモ ヲ シズカニサセロ。コロス イヤネ。」

慌てて近づいてきたアロハ男は、私と長男を粘着テープで縛り上げ、猿轡を噛ませました。
私は朦朧とする意識の中で、必死に長男を背中の後ろに隠しました。

私の目の前では、妻が2人の男に両手を壁に押しつけられて、逃げることもできず立たされていました。

「オレタチ タノシマセル。カゾク ミナ ブジ。ワカルネ。」

アロハ男は、妻の耳元でそうささやきながら、銃口で着衣のうえから妻の乳房や股間を撫でまわしました。

「わかったから、乱暴はやめて。誰も殴らないで。」

タンクトップ男は哀願する妻を抱き上げると、ベッドのうえに押し倒しました。
現地語で奇声をあげながら、男は刃渡り10センチほどのナイフを取り出すと、
妻のTシャツを引き裂き、ブラジャーを引っ張り上げると、そのカップを切り裂きました。
さらされた妻の白い豊かな乳房のうえを、タンクトップ男の舌が這いまわり、
長男を育て上げた乳首をタンクトップ男の唾液が汚しました。

「あなた、見ないで。許して。」

泣きながらつぶやく妻の声は聞こえていましたが、私は目を背けることができませんでした。
大切な妻の身体が汚されていく。そして私は無力でした。
強烈な屈辱感だけが私に残りました。

妻の乳房を堪能したタンクトップ男は、妻の太ももを撫でまわしながら、スカートをまくり上げました。
その日妻が履いていたのは妻のお気に入りのレースのついた白いショーツでした。
タンクトップ男は妻のお気に入りのショーツをナイフで引き裂き、
薄めの恥毛に包まれた妻の陰部をさらしました。

夫である私ですら、妻の陰部をこんなに明るい場所で見るのは初めてでした。
しかし、男は妻との前戯を楽しむつもりはないようでした。
妻のショーツをはぎ取った男は、自らの短パンとトランクスを脱ぎ捨て、黒光りする肉棒を取り出した。

「嫌よ、そんなもの入らない。」

妻が思わず悲鳴をあげるのも理解できた、興奮しすでに隆起したタンクトップ男の肉棒は
20センチ近くあるように見えました。
男は妻に覆いかぶさると、迷うことなくまだ濡れてもいない妻の陰部に巨大な肉棒を突き刺しました。

「ヒギィー、痛い、裂ける、助けてアナタ。」

泣き叫ぶ妻。男は構わず裸の妻のうえで、腰を動かしています。
男が激しく腰を打ち付ける度に、妻の身体は海老ぞりにされ苦し気に悶えました。

「ワシモ タノシマセテ クダサイ。」

今まで傍観していたアロハ男が、パンツとトランクスを脱ぎ捨てると、苦痛にゆがむ妻の
顔を無理やり自分の方に向け、巨大な肉棒を口にねじ込みました。

「うっ、うぐ、ううう。」

口にねじ込まれた肉棒の太さに耐えられず、苦し気にえづく妻。

それは信じられない光景でした。
私の目の前で2人の外国人が、同時に上と下から妻の身体を貫いているのです。

やがてタンクトップ男は、より激しく妻の股間に腰を打ち付け、雄たけびのような声を上げ始めました。

「やだ、今日はだめなの、中はやめて。お願い。」

射精しようという男の気配を感じた妻は、何とか男の肉棒から逃れようと身体をよじりました。
しかし、そんな妻の願いは叶うはずもなく、むしろさっきまで妻の口を汚していたアロハ男が、
妻の肩をがっちり抑え、妻の退路を断ちました。

「オオ、オオ、オオ、オオ」
「やだ、やだ、やだ、赤ちゃんできちゃうの。」

射精の瞬間、タンクトップ男はより深く腰を沈め、妻の奥へとドクドクと自らの子種を流し込みました。
呆然とする妻に、次はアロハ男がまたがりました。

「ツギハ ワタシ ハッピーベイビィ ネ」

アロハ男はそういうと、間髪入れず妻の股間を隆起し黒光りする肉棒で貫きました。

「もう、やめて、お願いだから。あなた、助けて。」

アロハ男は、妻の股間を貫きながら、乳房を撫でまわし、
更には妻の唇に何度も唇を重ね、舌を重ね合わせ唾液を流し込みました。

「アナタ ワタシ ノ コドモウム。ダカラ アナタ ワタシ ノ ワイフ ネ」

アロハ男は、相変わらずのふざけた日本語でそう言いながら、
私の妻を抱きしめ、身体を密着させ、その黒い大きな手で私の妻の身体を隅々まで愛撫しました。
ベッドのうえで私以外の男に組み敷かれ、大きく股を開き犯される妻の姿を見ていると、
私は本当に妻の愛情まで男に奪われたかのような錯覚に囚われました。

妻は、今や悲鳴さえ失い、両手を力なくたらして、男のなすがままになっています。
そんな妻の姿は、私に暗い感情をかきたてました。
男に腰を打ち付けられるたびに、大きく乳房を揺らし首を振らされている姿は、
女として感じているようにも見えるのです。

「イエス、イエス、イエス。」

掛け声とともににわかに動きを増す、アロハ男。
もう諦めたのでしょうか。
妻は目を閉じて、何かを受け入れようとするかのように、じっとしています。

「オオ、イエス」

アロハ男は、ひと際大きな声をあげると、痙攣する肉棒を、深く妻の中に差し込みました。
長い時間をかけて大量に流し込まれる男の子種を、妻は黙って受け入れました。

男たちは、記念撮影だと言って、裸の妻の写真をスマホで何枚も撮影し、やがて立ち去りました。
しばらく呆然としていた妻ですが、やがて、私と長男に粘着テープを解き、開放してくれました。
泣いていた長男を何…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
風邪を引いた女のコのお見舞いで、色っぽい姿に萌えました
2017/01/23 19:49
2017/01/23 19:49
オートロックのインターホンを押すと
暫くたってから「ハイ」と言う声が聞こえた。



ちょっと鼻の詰まった声だ、風邪だなあ
俺 「あ、サークルのAだけど。


エミ「A君?ちょっと待ってね・・ハイ、空いたよ。



暫くして鍵の外れる音が聞こえた、ドアを開けてるとエミが立っていた。



エミ「おはよう~」
エミは赤いパジャマ姿だ、風邪のせいか、鼻声で顔色も良くない。


俺 「よう、風邪なんだって?」
エミ「うん・・まだフラフラする。


俺 「お見舞いに来たぜ~」
エミ「ひとりー?」
俺 「うん」
エミ「そっかー、ありがとね。


俺 「御粥買ってきたから、作るぜー」
エ…
風俗の面接で落ちた人妻たちをツマミ食い
2017/06/02 00:44
2017/06/02 00:44
世の中不景気で最近は至る所で旦那さんの残業カット分や下がったボーナス分を補填しようと健気な奥さんたちがパートやらアルバイトをしているご時勢みたいですね。


言わずもがな、風俗にも奥さんたちの面接希望が後を絶たないようです。


と言うのは、地元で人妻専門のデリヘルをしている篠田という旧友とたまに飲みに行くのですが、そのようなことを言っておりました。


昔は求人を出してもなかなか電話すらならなかったらしいですが、今では求人を載せると一週間ぐらいは面接希望の電話が来るらしいんです。


ただ実際に面接に来てもらっても明らかに容姿が劣る人妻さんも逆に多くなってきたと言っていました。

【近親相姦】旦那の元へ駆け寄り、「ヤバイ!凄いオナラした!めっちゃ臭い!何人か倒れるよ!」と耳元
2017/03/18 18:03
2017/03/18 18:03
657:名無しさん@お腹いっぱい。2012/11/09 17:16:03 旦那と、いつも行く近所のスーパーに行った。珍しいかもしれないが、店内でよく別行動する お互いに自分にしか興味ない食材(私はスイーツw、旦那はさきいか等)を見たいから。その日の私はお腹の調子が悪かった 周囲に誰も居ないのを確認して、ホットスパイシーな屁を放った もう内臓一つ失ったかと思うほど大量で、門がケロイドになるくらい熱い熱い屁だった 爽快感の後、この世のものとは思えない臨界が…臭過ぎる 40人は倒せる自信があった目が霞む中、慌てて避難しお弁当を見ていた旦那の元へ駆け寄り、 「ヤバイ!凄いオナラした!めっちゃ臭い!何人…
高慢な女上司をレイプして奴隷にしてやった話(2)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/24 18:56
2017/09/24 18:56
「もうちょっと色っぽく腰をふってみせてくれないと、酒の肴にならないんだよ」 「どれ、それじゃあ僕が手伝ってあげよう」 僕が今度とりだしたのはピンクのローターとは対照的な爽やかな?ブルーの色をしたバイブレーターでした。 リーダーは放心状態で、この新手のグッズに気づいていません。道具をリーダーのつきつけて言いました。 「快感がたりなくて腰がうまく振れないようだから、僕がこれで手伝ってやるよ」 放心状態のように見えたリーダーに一瞬にして力がもどったようでした。 「いや~~っ、そんなのいや~、お願いだからやめて、そんなのはいらない」 「絶対いや~、お願い、お願い、もっとお尻ちゃんとふ…
ギャルと女子高生
2017/10/24 17:19
2017/10/24 17:19
今日、サイトで知り合った女子校生とドライブした。 なんか、学校帰りみたいで、ブレザー紺ハイソの制服だった。 しかも、友達も呼んだみたいで、人もの子を乗せて運転していた。 夜景を見に行って、車の中で喋っていると、俺の車を囲むようにして、恐い車が台来た。 でも中から出てきたのは、金髪ダウンミニスカニーソブーツの典型的な20歳くらいのだった。 安心したのも束の間、なぜか、いきなり俺の車を蹴りだした。 何、ウチらの遊び場でイチャついてんのって言われ、車を下ろされた。 そして、 金払え払わなかったら知り合いのアッチ系の人呼ぶよ って言われ脅されたけど、正直1000円しかなかった。 それを白状すると、 じ…
中2の彼女に挿入しながらプロポーズ
2017/05/24 17:46
2017/05/24 17:46
701 :えっちな18禁さん:2010/02/07(日) 12:21:06 現妻がまだ鋳煮だった頃、付き合ってふた月位のある土曜日。 夕方いきなり俺の家に来て「泊めてくれない?」 いつもと違った様子に少し驚いて「ど、どうした??とりあえず中においで」 親に叱られてプチ家出したとのことで 「俺は別にいいんだけど泊まりはやばいんじゃないの?」 「うぅん。いーの。友だちんちにいるようにしとくから」ややプンプンしてる。 夕食を中華の出前で食べさせ、デザートの杏仁豆腐に機嫌が良くなってきた妻。 一服後、微妙に緊張しながらも一応付き合ってるって関係なので 「一緒にお…
妻の秘密で妄想実行
2018/05/29 11:39
2018/05/29 11:39
ぶっちゃけ言えば、今の嫁さんは、元ホステスで俺が離婚後に行きつけにな ったスナックで働いてた子。 嫁さんもバツイチで気が合って、最初はエッチ込みデートみたいな関係やっ たけど、まあ自然と夫婦関係みたいな(入籍は、まだやけど)。 まあ、一緒になって数年になるし。 前の嫁さんと一緒やった時も、そうやったけど、時々、嫁さんが他人のチン ポをフェラしてる姿とか妄想してセンズリする傾向ありの俺(^^; 何度か人妻とエッチ経験あったさかいに、そんな妄想するんかな? たまたま嫁さんが二日酔い激しく具合悪くて寝込んで会社休んで嫁さんの看 病しとった時やけどな。 病院から帰ってきて テレビの前の嫁さんのバッ…
【痴漢・レイプ】バスで泥酔してた女子大生をお持ち帰り【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/07/30 05:25
2017/07/30 05:25
思い出したので昔話を1つ。冬から春に変わる季節の変わり目の週末に職場の飲み会があったんだが、一次会は所属先の面子で行われ、二次会からは親しいもの同士に分かれて行った。俺は二次会まで参加してそこでお暇させてもらったんだが、二次会の会場の近場の駅から乗って電車で帰るよりもその駅のバスターミナルから出てるバスで帰ったほうが安上がりなので、バスで帰ることにした。地下街通って目当てのバス停にまで行くとちょうどバスが来てるところ。急いで乗り込むと車内が結構酒臭い。週末だからか真っ赤な顔した連中が乗ってて結構混んでたんだが2人掛けの椅子が1つ空いてたからそこに座らせてもらう。既にその座席に座ってた女が完全…
【レイプ体験談】友人に言えるはずもなく秘密にしているレイプ体験
2016/03/23 20:15
2016/03/23 20:15
かなり昔のはなしになるが、俺が大学3年の頃に地元の友達とたまたま会った。 友達はどうやら結婚するらしくって昔の話をしつつ俺は隣に居た奥さんを紹介してもらった。 友達は21歳で俺は20歳、でも奥さんはまだ18歳だという(たぶん高卒して結婚ってなったんだろ と思う、高校で見たことあるような顔だが覚えてなかった)。 数ヶ月たったある日、駅で揉めてる人を発見して良く見るとヤクザだった。 絡まれてるほうは完全にびびってしまっていて、そのとなりに居るのは友達の奥さん。 (不倫か?よくもまぁこんな駅で堂々と知らない男と一緒に居られるよな・・・) と思ったが揉めめてる内容には興味が無く、ただ知り合いの奥さん…
【姉】イトコのアキ姉ちゃん 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/09/04 18:11
2017/09/04 18:11
2008/02/02 08:24┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者俺の初体験は中2でした。 相手はイトコでひとつ年上のアキ姉ちゃんです。 家も近く、弟が欲しかったと言ってたアキ姉ちゃんは一緒に遊んだり、 勉強を教えてくれたりして俺を実の弟のように可愛がってくれました。 初めてアキ姉ちゃんとエッチした場所は、祖母の家の風呂場でした。 ばあちゃん子だった俺は時々、一人暮らしの祖母の家に遊びに行ってました。 中2の夏休みのことです。 家だと親が勉強しろとうるさいので俺は祖母の家に逃げてました。 そのまま2?3日泊まってのんびりするつもりでした。 祖母にもらったこづかいで買っ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【レイプ】昼寝をしていたら知らない男にクンニされていました

・部下の人妻社員とエレベーターの中でハメました

・弟にマッサージしてもらったら、ムラムラして・・・

・膣内射精を叶えてくれた熟女

・恋人達

・人妻になった元ヤンキーと初体験

・出産時のレスを助けてくれた義姉との想い出

・視察団物語

・俺を兄貴と間違えて誘ってきた兄嫁とそのまま

・幼馴染でセフレとの思い出を語る

・レ〇プの妄想でオナってしまう私

・新入生の度胸試し

・こんな私は変態なのでしょうか・・・

・【人妻体験談】病的なレベルでSEX大好きな人妻がご主人様と出会い、中出しSEXされまくり

・【熟女体験談】夫の実家に帰省した時に、複数の男達に押し入り集団レイプをされてしまった人妻

・【浮気】ネトゲで知り合った三十路の黒髪処女と

・一回り年下の子供の水泳教室の先生と浮気しようとした私への天罰

・お泊まりに来た嫁のママ友に息を殺して中出し姦

・育児ノイローゼになった主婦がEDのカウンセラーで悩み解決

・取引先の女性にペニスバンドで

・【痴漢】満員電車でクラスメイトに擬似手コキ

・痴漢さんからセフレさんに

・【熟女体験談】息子に妻を奪われて、やり場のない怒りを何の罪もない女子大生に向け中出しレイプ

・元風俗嬢の嫁と寝取られ生活39

・エロいお姉さん^ ^

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 2

・【混浴】混浴で男性全員にアソコを視姦された彼女

・メンヘラな彼女がビッチすぎるんだけど誰か・・・

・私が墓場まで持って行く秘密の告白

・【初体験】こっそり筆下ろししてくれた友達の彼女