寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

2人の外国人が、同時に上と下から妻の身体を・・・

2018/02/22 20:01


私達の悪夢は、とんでもない幸運から始まりました。

当時私は食品メーカーに勤めるサラリーマン。
入社10年目で係長の私は、出世街道を進むわけでもなく、落ちぶれるわけでもない、そんな平凡な営業マンでした。
妻の由美は30歳。
元会社の後輩だった妻とは5年前に結婚し、2年目で恵まれた長男はもうすぐ3歳の誕生日を迎えようとしていました。

その日会社から帰った私を、妻が興奮した様子で迎えました。
「あなた、当たったのよハワイ旅行。」
興奮する妻をなだめて聞いてみると、近所のスーパーの福引で、特賞のハワイ旅行に当選したとのことでした。
「すごいじゃないか。休みをとって出かけるか。」
まだ若くうだつの上がらない私には、自力で家族をハワイに連れていく実力はありません。
私も妻の幸運を素直に喜びました。
3歳の長男でさえ、興奮する両親につられて「ハワイ、ハワイ」と大騒ぎしていました。

結局、私達家族がハワイに向かったのはシーズンオフの10月でした。
格安ツアークーポンでしたからホテルは当然2つ星でしたが、
新婚旅行以来の海外旅行に、私も嫁も浮かれていました。
ワイキキの中心街から離れた微妙な立地も、狭いエレベーターも、
やる気のなさそうなフロントマンも、全て無料ゆえのご愛敬だと思っていました。
そう、あんな悲劇が起こるまでは。

ハワイ到着初日は無事に過ごすことができました。
2日目は天気が良かったので、午前中は家族でビーチへ出かけました。
砂浜で無邪気に遊ぶ妻と長男。
私は、久々に見る妻の水着姿に少し興奮してしまいました。
「最近、太っちゃって。」
そういう妻のお腹周りは、出産以来、少し肉がついたように感じます。
しかし、肉付きの良い太ももには熟れた女性の魅力を感じましたし、
ビキニに包まれた豊かな乳房が作り出す谷間は、夫として自慢できるレベルでした。

いきなり肌を焼きすぎてはいけないという配慮もあり、
ビーチは午前中で切り上げ、昼食後はウィンドウショッピング。
特に何を買う訳でもなく歩き回るうちに時間を忘れ、夕食後に慌ててホテルに戻った時には
午後9時30分ごろになっていました。

疲れてぐする長男を励ましながらエレベーターを降り、
自分たちの部屋がある13階フロアに降り立った私たちは、
慌ててカードキーを取り出し部屋のドアロックを解除しました。

今思えば、これが不用意な行動でした。
少し周囲を警戒していれば、男たちの気配に気付けたかもしれません。
先頭に立った妻が室内に入り、後から長男を抱いた私が続こうとした時、
私の腰に固いものが押し付けられました。

「サワグナ。ヘヤニハイレ。」

振り返るとそこには屈強なポリネシアン風の男が2人。
1人は黒いタンクトップにアーミーの短パン姿。
もう1人はグレーのアロハにデニムのパンツ姿。
2人とも私の倍はあろうかという屈強な大男なうえ、
アロハ男の手には黒光りする拳銃が握られていました。

「オトナシクスル。カネヲダス。アナタ シナナイ。ワカッタ。」

呆然とする私達家族を部屋に押し込み、自らも押し入ってきたアロハ男は、
拳銃を我々に向けたまま片言の日本語でそう言いいました。

「分った。金は出すから乱暴はしないでくれ。」

そういう私の言葉に満足そうにうなずくと、
アロハ男はポケットから布袋を取り出して、私たちに投げました。

「ソコニカネヲイレロ。ゼンブダ。イレタラ フクロ ベッド ニ オク。」

その時は無我夢中でした。
とりあえず命が大切だから、私は嫁にそう言って、自分の財布と嫁の財布を袋に入れ、
男の言う通りベッドのうえに袋を置きました。
私がベッドに袋を置いたことを確認すると、
タンクトップ男が、私たちに近づいてきました。
ベッドから袋を拾い上げたタンクトップ男は、それをアロハ男に投げて、
自分は妻の方を舐めまわすように見つめていました。

「もう金はない、出て行ってくれないか。」

男の視線に不穏なものを感じた私が、そう言いながら男と嫁の間に割って入ろうとしたその瞬間、
タンクトップ男の拳が私の顔面をとらえました。
吹っ飛び壁に叩きつけられ倒れる私。妻の悲鳴と長男の泣き声が上がりました。

「コドモ ヲ シズカニサセロ。コロス イヤネ。」

慌てて近づいてきたアロハ男は、私と長男を粘着テープで縛り上げ、猿轡を噛ませました。
私は朦朧とする意識の中で、必死に長男を背中の後ろに隠しました。

私の目の前では、妻が2人の男に両手を壁に押しつけられて、逃げることもできず立たされていました。

「オレタチ タノシマセル。カゾク ミナ ブジ。ワカルネ。」

アロハ男は、妻の耳元でそうささやきながら、銃口で着衣のうえから妻の乳房や股間を撫でまわしました。

「わかったから、乱暴はやめて。誰も殴らないで。」

タンクトップ男は哀願する妻を抱き上げると、ベッドのうえに押し倒しました。
現地語で奇声をあげながら、男は刃渡り10センチほどのナイフを取り出すと、
妻のTシャツを引き裂き、ブラジャーを引っ張り上げると、そのカップを切り裂きました。
さらされた妻の白い豊かな乳房のうえを、タンクトップ男の舌が這いまわり、
長男を育て上げた乳首をタンクトップ男の唾液が汚しました。

「あなた、見ないで。許して。」

泣きながらつぶやく妻の声は聞こえていましたが、私は目を背けることができませんでした。
大切な妻の身体が汚されていく。そして私は無力でした。
強烈な屈辱感だけが私に残りました。

妻の乳房を堪能したタンクトップ男は、妻の太ももを撫でまわしながら、スカートをまくり上げました。
その日妻が履いていたのは妻のお気に入りのレースのついた白いショーツでした。
タンクトップ男は妻のお気に入りのショーツをナイフで引き裂き、
薄めの恥毛に包まれた妻の陰部をさらしました。

夫である私ですら、妻の陰部をこんなに明るい場所で見るのは初めてでした。
しかし、男は妻との前戯を楽しむつもりはないようでした。
妻のショーツをはぎ取った男は、自らの短パンとトランクスを脱ぎ捨て、黒光りする肉棒を取り出した。

「嫌よ、そんなもの入らない。」

妻が思わず悲鳴をあげるのも理解できた、興奮しすでに隆起したタンクトップ男の肉棒は
20センチ近くあるように見えました。
男は妻に覆いかぶさると、迷うことなくまだ濡れてもいない妻の陰部に巨大な肉棒を突き刺しました。

「ヒギィー、痛い、裂ける、助けてアナタ。」

泣き叫ぶ妻。男は構わず裸の妻のうえで、腰を動かしています。
男が激しく腰を打ち付ける度に、妻の身体は海老ぞりにされ苦し気に悶えました。

「ワシモ タノシマセテ クダサイ。」

今まで傍観していたアロハ男が、パンツとトランクスを脱ぎ捨てると、苦痛にゆがむ妻の
顔を無理やり自分の方に向け、巨大な肉棒を口にねじ込みました。

「うっ、うぐ、ううう。」

口にねじ込まれた肉棒の太さに耐えられず、苦し気にえづく妻。

それは信じられない光景でした。
私の目の前で2人の外国人が、同時に上と下から妻の身体を貫いているのです。

やがてタンクトップ男は、より激しく妻の股間に腰を打ち付け、雄たけびのような声を上げ始めました。

「やだ、今日はだめなの、中はやめて。お願い。」

射精しようという男の気配を感じた妻は、何とか男の肉棒から逃れようと身体をよじりました。
しかし、そんな妻の願いは叶うはずもなく、むしろさっきまで妻の口を汚していたアロハ男が、
妻の肩をがっちり抑え、妻の退路を断ちました。

「オオ、オオ、オオ、オオ」
「やだ、やだ、やだ、赤ちゃんできちゃうの。」

射精の瞬間、タンクトップ男はより深く腰を沈め、妻の奥へとドクドクと自らの子種を流し込みました。
呆然とする妻に、次はアロハ男がまたがりました。

「ツギハ ワタシ ハッピーベイビィ ネ」

アロハ男はそういうと、間髪入れず妻の股間を隆起し黒光りする肉棒で貫きました。

「もう、やめて、お願いだから。あなた、助けて。」

アロハ男は、妻の股間を貫きながら、乳房を撫でまわし、
更には妻の唇に何度も唇を重ね、舌を重ね合わせ唾液を流し込みました。

「アナタ ワタシ ノ コドモウム。ダカラ アナタ ワタシ ノ ワイフ ネ」

アロハ男は、相変わらずのふざけた日本語でそう言いながら、
私の妻を抱きしめ、身体を密着させ、その黒い大きな手で私の妻の身体を隅々まで愛撫しました。
ベッドのうえで私以外の男に組み敷かれ、大きく股を開き犯される妻の姿を見ていると、
私は本当に妻の愛情まで男に奪われたかのような錯覚に囚われました。

妻は、今や悲鳴さえ失い、両手を力なくたらして、男のなすがままになっています。
そんな妻の姿は、私に暗い感情をかきたてました。
男に腰を打ち付けられるたびに、大きく乳房を揺らし首を振らされている姿は、
女として感じているようにも見えるのです。

「イエス、イエス、イエス。」

掛け声とともににわかに動きを増す、アロハ男。
もう諦めたのでしょうか。
妻は目を閉じて、何かを受け入れようとするかのように、じっとしています。

「オオ、イエス」

アロハ男は、ひと際大きな声をあげると、痙攣する肉棒を、深く妻の中に差し込みました。
長い時間をかけて大量に流し込まれる男の子種を、妻は黙って受け入れました。

男たちは、記念撮影だと言って、裸の妻の写真をスマホで何枚も撮影し、やがて立ち去りました。
しばらく呆然としていた妻ですが、やがて、私と長男に粘着テープを解き、開放してくれました。
泣いていた長男を何…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【羞恥】皆の見ている前で年上の彼女にフェラ抜きされた童貞の僕
2017/05/09 02:00
2017/05/09 02:00
20歳の時にバイト先の社員さんに告白されて初めて女性と付き合いました。それまでも7、8人の同級生や後輩に告白されたりしていたのですが、恥ずかしくて女の子とはなかなか付き合えずにいました。 でも初めての年上(4つ上)で、自分を曝け出せそうで付き合うことにしたんです。 その日は彼女のマンションで、他の女性社員2人と女性アルバイト3人と僕の7人で、彼女の同僚の送別会をしていました。まだ付き合い始めた時だったので、キスはしていたのですが童貞のままでした。 時間は進み、みんな酔いが回り始めた頃、社員さんたちがエッチな話をし始めたんです。僕自身、そんな話を女の子とするのは初めてだっ…
【人妻体験談】同僚の嫁が好みだったのでスケベ心で手を出した俺
2016/07/12 12:02
2016/07/12 12:02
俺と同期のトオルは出世頭でトントン拍子に課長になった。 自慢したがるトオルは俺を自宅に招いて優越感に募るのが好きな奴でした。 俺は奴の話はどうでもいいのだがトオルの嫁が俺の好みで多少なり俺に好意をいだいているようでした。 あの日も居酒屋で飲んでトオルの家で飲み直しました。 相変わらず自慢話で勝手に盛り上がり酔いつぶれました。 酔いつぶれたトオルに毛布をかけ嫁さんは俺の横に座りました。 この嫁さん喋りながら俺の何処かを触れるボディタッチが俺を誘っているのかと思った。 俺も嫁さんに負けずにボディタッチを繰り返した。 調子に乗った俺は広く空いた胸元から手を差し入れた。 意外に抵抗を見せ無い嫁に乳房…
図書館2
2018/09/08 18:53
2018/09/08 18:53
図書館っていうカキコミをした真伊です。 コメントありがとうございます。 あまり否定的なコメントがなかったので、 続きを書いてみます…。下手だったらごめんなさい。 呼び出された時は、行くか迷いました。 エッチした時は、怖さで冷静さを失っていたからです。 でも別れ際に、名前はもちろん、最寄り駅から学校、 -----住所と家の電話番号まで聞かれたので、逃げられないという思いから、 呼び出しには従いました。「近くのコンビニでエロ本を買ってこい」 という謎の指示があり、まずはコンビニに行きました。 お客さんは私一人でした。幸い、店員さんは女性でしたが、 店員さんは私を見ると、かなり蔑んだ目で私を見まし…
去年のお盆に従姉妹の膣深くに大量の精液を吐き出した体験談
2016/01/07 18:02
2016/01/07 18:02
去年のお盆付近の話です。

私といとこはお盆も仕事があったため

他の親戚達とはズレた日程で祖父母の家に集合。

精霊流しも終え、

食事を済ませたあと二人でDVD鑑賞を楽しんでました。

いとこを膝の上に乗せ、

だっこするような格好で仲良く見る…

のは良いんですが問題はその内容。

「…」

「…」

「…これ、怖いね」

「だよね?怖すぎるよね?この花子さん(もう直視できず)」

だっこと言えば聞こえはいいが、

あまりの怖さのために

最早いとこを盾にしているような状態の私。

結局、それほど長くない話(オムニバス形式の1話?)だったので

そのまま終わり…
恐ろしい魔女との王様ゲーム
2016/01/16 12:12
2016/01/16 12:12
前回の話 932 :902:2006/12/13(水) 16:28:25簡単に思い出せる魔女との王様ゲーム 実は結婚式ので女紹介してから自慢男とよく会うようになってた 自慢男に会わせた女の紹介で「カラオケやるけどこない?」って誘いがきた ちなみに自慢男はこの女に告ったけど振られてた その関係もあって今回は自慢男呼べなかった あいつ一人で暴走するからいると楽しいんだけど残念 男はこっちで集めていいらしかったから女の人数5人って聞いて人数合わせた 当日になってカラオケ主催の女に電話 待ち合わせ場所に男5人で向か…
まだ離婚も成立していないのに求める男と、応える浮気妻
2016/03/21 17:12
2016/03/21 17:12
今から二年程まえの話。

その頃の私は、旦那とうまくいかず、だが、経済的理由もありなかなか、離婚に踏み切れないでいた。

もう、修正のきかない関係とわかっていたのに…




パートもわざわざ日曜に入れたりして旦那とも顔をあわせないようにしていた。

毎日、家に帰りたくなかった。毎日あてもなく、街をぶらついて時間をつぶした。

そんな時、出会った人が彼だった…。

当時、家に帰るのが嫌で毎晩のように寄り道していました。友達を誘ってご飯を食べたり。

でも毎日とはいかず、一人で時間つぶすコトが多くなりました。

私はお酒があまり飲めないので、パチンコ屋に寄ったり、カフェで時間をつぶ…
すごい背徳感におそわれましたが、また元彼に抱かれたいと思う
2018/05/05 07:51
2018/05/05 07:51
結婚して3年になる28才の専業主婦です。

1ヶ月ほど前に街で偶然昔の彼氏と再会しました。

彼とはOLになってから5年間の間つき合っていました

というより彼の方は都合の良い女程度にしか思っていなかったと思います。

私も時々彼氏いたし

その時彼は営業中で携帯電話を教えてしまいました。

そして一昨日、電話がありました。

私も平日の昼は時間があるのでつい…

夕方紀尾井町の高級ホテルのラウンジでかるくカクテルを飲んで

昔話をしてなんとなく気分が良くなった時、

ふいにキスをされました。

そして「部屋とってあるから」…

ほんとその時は部屋に行くだけのつもりだった…

でも部…
【近親相姦体験告白】兄達と初体験
2017/11/22 12:49
2017/11/22 12:49
はじめまして。私には兄が二人います。 4歳上で大学生の雅兄ちゃんと、2歳上で高三の博兄ちゃんです。 私達は昔からとても仲の良い兄妹でした。 兄達はなんでもオープンなところがあり、昔からお風呂あがりには 全裸で室内をウロウロしたりしているので目のやり場に困ってしまいます。 それは大人になった現在も続いています。 私としては恥ずかしがるそぶりをしたりしては、かえって気まずいので 平静を装っているんですが・・・。 私ももう高校生、人並みにセックスには感心があります。 男の人の身体にも当然興味はあります。 つい視線が兄達の股間にいってしまうんです・・・。 そして夜寝る前、べっとに入って頭に浮…
普段は女子大生の巨乳新人ソープ嬢と楽しい一時を過ごした風俗体験談
2017/01/05 22:02
2017/01/05 22:02
某有名地区にあるソープに遊びに行った。

料金はめちゃくちゃ高いけど、

半額のデリでハズレを引くよりはいい。

店に入ると空いてる女の子を選ぶんだけど、

あんまりタイプはいなかったが

「この子は19歳で巨乳ですよ」

と優里ちゃんを勧めてきたのでその子にした。

部屋に入り、タバコを吸ってたら現れた子は、

小柄な少し肉付きいい娘で、

少し新垣結衣に似てるかな?

だけど作り笑い感満載で、

プレーを開始。

確かに張りがある巨乳で、

シャワーで洗ってもらいヌルヌルにして、

体を擦り付けてくれた。


巨乳で挟んでパイズリして貰い、

バイブで彼女に反撃…
雨の中で
2015/10/05 00:01
2015/10/05 00:01
今年25才になる小雪と言います。 就職と同時に田舎から引っ越して、今は某県で働いています。 以前から露出に興味があったのですが、自宅付近では派手なことはできない ので念願の一人暮らしで、彼氏も作らずに露出を楽しんでいます。 今は雨の中の露出が好きです。冬は無理ですけど、今みたいな季節って雨に 濡れてもさほど寒くないですし、私の家の方は結構まとまった大雨になるこ とが多くて、台風の季節なんかはすごく楽しいです。 この前も夕方から豪雨になると天気予報で言っていて、朝から無駄毛を剃っ たり、アナルのお掃除をしたりして天気が崩れるのを待ちました。 午前中はそこそこ晴れていたので、「本当に降るのかな?」…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【露出】銭湯で働いている男性と飲み屋で会うと興奮する[前編]

・【人妻体験談】おばさんになる前にメールで逆ナンパをし、SEXしまくる主婦

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・姉とセックス

・【レイプ】女3人旅の混浴で労働者たちに代わる代わる犯された

・ダイエット中に調教された妻 その2

・【Hな体験】気持ちいいけど怖かった初めてのピンサロ体験

・生まれ変わったら『道』になりたい

・【熟女体験談】推定六十路の老婆に逆レイプをされたのがきっかけで熟女に興味を持った

・友人に聞いたバイキャバでのアルバイト話

・無職夫のため同級生達に体を開く妻

・【人妻体験談】ママ友の上半身真っ裸を見てしまい、頭から離れず、酔ったママ友を家まで送ってパイズリSEX

・無抵抗の相手に腰を振るという興奮

・【Hな体験】夢に出てきた爆乳同級生とリアルガチの肉弾戦

・女友達とwww俺氏www3Pしてきたwww

・SMパートナー探し専門の掲示板での事

・企画物AVに出まくることになった妻 4(ビーチでおっぱい盗撮編2)

・妹夫婦が泊まりに来てエッチを始めた

・日本の行為は「侵略」だったのか?

・【人妻体験談】バツイチのシングルマザーが勃起したチンポを觀て擦ってきたので、そのまま汗だくセックス

・友里さんの着替え

・見た事がある人を思い出し赤面

・人間万事塞翁が馬

・【乱交】会社の男達に輪姦されてる現実が余計に私を高ぶらせる

・美人女医の恥ずかしい姿 完成版

・刺激を求めてる専業主婦で出会い系デビュー

・「母がやくざ風の男から息子2」の続きが読みたいです

・どこか孤高な雰囲気だった彼女

・【男×男】小さいヤツに気配りのできる女顔のデカチン