寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻を調教して淫乱な変態女に仕上げるまでの話 その1

2018/01/28 02:02


私には結婚して8年ほどになる妻が居ます。

付合い始めた頃の妻は、

短大時代にペッティング迄の経験はあった模様ですが、

殆ど処女に近い状態で私と出会いました。

私も、素人童貞に近い状態でしたから、

知合った当時の二人の夜は、

お互いの身体を好奇心でまさぐり会うような、

今思えば微笑ましい光景でした。

妻と付合い始めた当時から私はSM雑誌等が大好きでしたが、

恋愛とは別の世界だと思っていましたし、

妻に対する愛情の深さが、

必要以上に淫らな行為を思いとどまらせていたのでした。

初めの頃は、裸を重ねあわせることにより生じる性的興奮で、

十分満足していましたが、

徐々に、私も妻の身体をもてあそぶことにより、

徐々にあえぎ声を漏らし始める妻の姿態に興奮を覚えるようになりました。

ある日のことです。

女性が

「あえぐ」

ということが、即ち女性が

「イク」

ことであると、短絡的に思っていた私(今思えば、本当に清純だった)

は、妻から

「まだ、私はイッいてないのよ」

と告げられたのです。

ショックでした。

私は、真面目に、

「どうしたら、イケるのか」

と尋ねました。

妻は、

「私が、いいって言うまでクリを舐めつづけて」

と、顔を真っ赤にしながら答えました。

私は、妻をベットの上に寝かせると、クンニを始めました。

クンニは始めてではありませんでしたが、何時も2分ほどで終わっていたのです。

妻の両足を片足づつを腕で抱える様にして固定すると、私はクリに吸い付きました。

その瞬間、妻は身体をビクンとさせました。

2分、3分、4分と続けた頃、妻の身体に変化が生じ始めました。

妻の下腹部に力が入り始めたのです。

そして、身体全体が突っ張るようになり始めました。

妻は

「もっと、、、もっと、、」

とつぶやいています。

私は、尚も、舐めつづけました。

舌先が、痺れ始めてきましたが、私も意地です。

舐めつづけたのでした。

徐々に、妻の身体が火照り始め、うっすらと脂汗を浮かべ始めました。

15分ほどたったころ、妻は

「うっ、、、、あああぅ、、、」

と漏らすように呟くと、身体を捩り、ハアハアと肩で息をしながら、気を失ったかのようにグッタリとしました。

妻が始めて

「イッた」

瞬間でした。

一度イカせることができれば、後は簡単です。

私は、クリ責めにより合計3回、妻をイカせたのでした。

そんなことを繰り返すデートが半年ほど続いた後、妻の身体は、淫乱なメスへと進化していったのでした。

デートの度に、クンニや指責めで一晩に4回以上天国に行かねばガマンできない女へ育っていたのです。

もし、私が疲れてしまい、2回ぐらいでクリ責めを止めたら、後は自分で私の太股に女陰をこすり付けて、よがり声を上げる、、、そんな女になっていました。

そのころから、私は、妻の身体に人並み以上の

「淫乱」

な血が流れているのではないかと感じるようになりました。

ますます敏感で貪欲になっていく妻を眺めながら、本当に淫らな女なら、エロ雑誌やSM小説に出てくるようなプレーを出来ないだろうかと考えるようになりました。

私は、クリ責めも十分にしてやりましたが、乳首責めも好きでした。

もともと、妻の乳首は大きい方で、長さが常時1センチ程ありました。

私は、クリ責めに飽きると、乳首責めを始めました。

20分ほど、舐めつづけるのです。

20分も舐めたり吸ったりしてやると、乳首は赤く腫れ上がります。

妻の乳首を責めた翌日、妻から

「乳首が腫れて、とても痛い。

でも、貴方との思い出だからガマンする」

と言われました。

見ると、本当に腫れていて、少しカサブタが出来たりしています。

ところが、1週間ほどして乳首の腫れが引くと、皮が剥けたようになり、なんとなく敏感になったようでした。

というのも、乳首がブラと擦れたり、寝るときにパジャマと擦れたりするだけで、ジュースがにじみ出るほど感じてしまうと、妻がこぼしはじめたのです。

私は

「!!!」

っと思いました。

そして、週末にベットを共にするときには、必ず乳首が腫れるほど吸い上げ、責め上げたのです。

週末の度に妻は乳首の腫れがもたらす、ムズムズするような痛みを暫くガマンし、その後にやってくる一層敏感な感覚に耐えねばならなくなっていったのです。

妻と、付合い始めてから1年ほどが経ち、妻の身体は、相当淫らになりました。

乳首は、付合い始めた頃と比較して、やや黒ずみ、すこし擦っただけで、身体を捩らねばならないほど敏感になり、クリも若干大きくなったみたいでした。

私は、妻の淫らさに磨きをかけるべく、あることを思い立って、妻を連れ、北陸のT県へ婚前旅行に出かけたのでした。

一時でも長く私と共に過ごしたかった独身時代の妻にとって、私の提案した旅行のプランは反対する理由も無く、喜んで着いていくと言いました。

しかしながら、妻の淫らさを見極めることに興味を持ち始めていた私は、喜ぶ妻に対していくつかの条件を提示しました。

それは、以下のものでした。

1.旅行の間中、ブラジャーを着用しないこと。

一切携行しないこと。

2.ノーブラであることが分からない様にするため、少し厚手(例えば、ジーンズ地の様なもの)

のジャケットを着用すること。

但し、素肌の上に直に着用する。

3.Gパンは禁止。

スカート(なるべく短めのもの)

にハイソックス。

4.ストッキングも禁止。

本当はパンティーもビキニタイプだけにする様命じたかったのですが(当時、Tバックというものはありませんでした)

、あまり強烈な条件ばかりを提示しては旅行が成立しなくなると思い、遠慮したのでした。

妻が一番反対したのは、ノーブラでした。

Cカップ程度の、ごく普通の大きさの乳房でしたが、前回に述べた通り、乳首の感度が以上に高まり、しかも、大きく成長していたので、厚手の衣類の下でプルンプルンと上下すると、乳首が勝手に衣服で擦られてしまい、感じ過ぎてしまうというものでした。

もとより、旅行の間中、朝から晩まで妻の乳首を感じさせ、妻を淫らな気分にさせつづけることが、私の目的でしたので、

「必要になったら何時でもブラを買ってあげるから」

と優しく説得し、最後は、私に対する愛情で押し切ったのでした。

山間部では雪解けの遅いことで有名な北陸のT県へ行ったのは、6月初旬のことでした。

梅雨の季節の割には、意外と天候に恵まれ、明るい日差しの下での長時間ドライブでした。

ホテルにチェックインし、翌朝、トロッコ列車で有名な峡谷へと出かけました(勿論、到着した夜は、激しいクンニ責めで3時間に渡って5回イカせたのでした)



その朝の妻の服装は、ジーンズのミニスカートに薄手のジーンズのジャケット、そしてハイソックスというものでした。

ホテルの部屋を出た瞬間から、妻は乳首のムズムズする感覚を訴えました。

部屋に戻って、もう少しマシな服に替えようかなと迷っている妻の手を無理矢理引っ張る様にして車に押し込むと、山間のトロッコ始発駅へと向かったのでした。

夏のホリデーシーズンには早かったので、心配していたトロッコ列車はガラガラでした。

1両に2~3人くらいしか乗っていなかったので、私達は1両の客車を独占することが出来ました。

ガタンガタンとゆっくり流れていく車窓の光景を眺めながら、妻は私の肩にもたれ掛る様にしてウットリとしていました。

初めての泊り掛け旅行なので、妻は嬉しくて仕方ないみたいでした。

まるで一足早く夫婦になったみたいな幸せが、妻を包んでいました。

ウットリと私にもたれかかる妻のジャケットをまさぐると、私は妻の胸を揉みしだきました。

外見からは分からないものの、妻の大きな乳首はジーンズ地の上からも、それと分かるほどシコり始めていました。

私は、思い切って前のボタンを外すと、ジャケットの中へ手を滑り込ませました。

列車に乗り込むまでの間に、散々、ノーブラの乳首を自分の衣服に擦られ、責め上げられていた妻は、直ぐに反応を始めました。

同じ客車の中に誰も居ないことも、妻を大胆にさせていました。

到着するまでの間、大分長い時間があった筈でした。

私は、ゆっくりと妻の乳房を揉み上げ、乳首をコリコリと摘み上げ続けました。

妻は、目を半眼に閉じ、うつむく様にして、私の腕にしがみつきながら、ジワジワとやってくる快感に耐えていました。

10分程経った頃、妻は

「はぁーっ」

と大きく息を吐きながら身体をブルブルと震わせはじめました。

6月とはいえ、高原の風は肌寒いのに、妻は身体を火照らせ、うっすらと汗をかいていました。

時折、私の腕をつかむ力が強まるのが、周期的に妻を襲う快感の波を示していました。

しかし、乳首責めだけでは、絶頂を迎えることはできません。

散々、胸を嬲られ、身体の芯までボルテージを高められたものの、中途半端なままで、終点に到着しました。

到着した終点の高原で、二人は峡谷の急流沿いの歩道を歩きました。

中途半端な快感を振り切る様にして歩き始めた妻でしたが、そのうち、小さなトンネルの様な個所に差し掛かった時のことです。

妻は、瞬間、真っ暗になったトンネルの中で、急に、私に抱き着いてきたのでした。

それも、女性とは思えないほどの強い力で、、、あまりにも唐突な出来事でした。

私:どうしたんだい?…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
欲求不満だったようで自分から催促してきた
2017/04/05 19:01
2017/04/05 19:01
昨日早々と転勤者の送別会が同じ課の男女8人、男5人女3人で赤坂の焼肉屋で開かれた。


一次会はま〜普通にお開きになったんだが、二次会のカラオケに女2人と俺ともう1人の4人で行ってから一緒に行った女2人にちゃんぽんでガンガン酒を飲ませた頃から雰囲気が怪しくなってきた。


女2人はそれなりの子で俺好みの女の方に「俺今日は○○ちゃんを口説いてみたいんだ」って言ったら「え〜ダメですよ〜」とかなんとか言いながらまんざらでもない様子。


一緒の同僚に目くばせすると、奴も心得たもんでもう一人の彼女を口説きにかかった。

「○○ちゃんは彼氏いるの?」知ってはいたがあえて聞いてみた。


「え〜…
【レイプ】高2の時に家でレイプされた…
2016/02/18 12:26
2016/02/18 12:26
 375 ::2013/03/29(金) 00:22:47.06 ID:ONvJTIQw0  その日、私はクラスの子と一緒に夏休みの計画を相談をすることになっていて、一度家に帰ってから同じ団地に住むTちゃんの家にいくことになってた。学校からの帰り道、急に大粒の雨が降り出して、慌てて走って帰ったんだけど家に着くころにはびしょ濡れに。午後3時頃家に着いたんだけど、階段を上がるときに30代くらいの男の人とすれ違った。Yシャツが張り付いて下着が透けてるので恥ずかしかったから、足早に階段を上がると男の人は下から私を見上げてた。家に着いて私服に着替えようとする間もなくチャイムが…
超絶美少女に痴漢するため尾行し処女もいただいた
2017/10/30 23:49
2017/10/30 23:49
超絶美少女に痴漢するため尾行し処女もいただいたエッチ体験談。 痴漢をすることが最高の楽しみの僕は いつものように学校帰りの中学生をまっていた角に隠れて待って、獲物を物色していると 女子中学生とは思えない大人びてて凄い美人が校門から出てきた。 見た瞬間即決だった。 太すぎず、細すぎずのみるからに美味しそうな足、 校則違反であろうミニスカート、成熟しすぎた乳房(たぶんFはあるだろう)、 ぷりっとした唇、パッチリとした二重、透き通るような白い肌。 ぞくぞくするような久しぶりの獲物である 素人個人撮影、投稿。 163 アイコ 18歳 アルバイトあとからついていき1人になったところをねらうためついて行…
人妻ですが、イケメンのダンナさんに告白されて拒めませんでした
2016/12/28 10:00
2016/12/28 10:00
私35歳の普通の主婦です。
主婦業11年で子供も2人います。主人は8歳年上ですが、優しく普通の夫婦だと思います。夜も主人ペースですが、頻繁な方だと思います。
そんな主婦ですが、この9月に浮気してしまいました。最初はむりやりな感じでしたが。
相手の方は、家がとても近くで、下の娘が同じの幼稚園の子のパパ(ユウちゃん)です。


ユウちゃんは、もう年少組のときからの知り合いで、もう2年、一緒に送り迎えをしてる仲なので、ほんとに気軽に話せる仲なのです。家族ぐるみの付き合いです。
だから、ユウちゃんにされるとは、思いもよらなかった。

ただ、私も容姿にはまだまだ自身ありで、…
寝ている彼女の友だちのおっぱいを揉みしだいたらデカくて最高だった
2015/11/12 17:00
2015/11/12 17:00


先日起きたエロい体験を話したいと思う。




とりあえずスペック。




俺:21歳、社会人。




彼女がプリクラを友達に見せると、9割の人には「優しそうだね」って返される顔。




彼女:21歳、社会人。

超低身長。

ちょいぽっちゃり。




現在アパートで二人暮らし中。




彼女のスペックも簡単に書いたが、今回のメインは彼女じゃないのであまり気にしないでほしい。




本題に入ります。





先日の金曜日の仕事中に、彼女から突然


『今日あたしの友達がうちに泊まりに来るから!…
【不倫体験告白】強面男性と混浴風呂
2016/04/16 09:42
2016/04/16 09:42
2泊3日の温泉旅行。 夫が旅行券を当てた事から始まります。 夫が旅行券を当て、折角だからと温泉旅行に出かける事になりました。 子供5歳と一緒に温泉宿に着いたのは夕方4時を回っていたと思います。 この旅館に決めたのは、何でも混浴があると言う事で、夫の希望でここに決めたんです。 混浴何て・・・恥ずかしいわ・・・そう言っては見たものの、私も満更ではありませんでした。 部屋に着き、風呂に入ろうと着替えを始めた時、夫の電話が鳴り、やがて夫はファックスを送るとかで、車で近くのコンビニに向かったんです。 私は息子と2人で温泉に向かいました。 一階一番奥に進むと、”混浴”と言う看板が見え、私は足を運ん…
初体験は一つ上のイケメンの従兄でした【エッチ体験談】
2015/12/01 13:10
2015/12/01 13:10

私は大学生の英里花といいます。

私がエッチしたのは高校1年の夏です。

相手は従兄のゆうまくん。

ゆうまくんは高校2年生でした。イケメンで頭もよくて、スポーツ万能でした。

その日は、親戚同士がひいおじいちゃんの家に集まったんですけど、私とゆうまくん以外は10歳以下で、話す相手もゆうまくんしかいなくて喋っていました。

その頃子供たちは寝ていて、大人たちはお酒を飲んでいました。

なので、誰もいない離れでお喋りをしていました。

学校の話とか家族のこと、最近の話題など話していましたが、段々エッチな話題になっていきました。

ゆ「えりかの胸は、何カップ?」

え「えっと、たしかC…
【妹との告白体験談】 なんで戻ってきた
2016/07/08 18:35
2016/07/08 18:35
306:1◆D60106Bc4s:2005/12/07(水)00:47:55ID:LQab6Mcc0引越しの終わったその日、僕は初めての一人暮らしに浮かれていた。地方から大学通いのため都会に出てきて、そりゃあ不安はある。でも、それ以上の高揚感が僕を包んでいた。 6畳1間の古ぼけたアパート、とても城だと思えるような間取りではないけど、それでもここから何かが始まるような予感がしていたんだ。その日なかなか寝付けなかった僕は、2時ごろ歯を磨いていた。そのとき、ふとガラスを横切る影。後ろを振り向いても、何もそこにはない。洗面所から出て、狭い部屋を見回しても、何もない。きっと、今日は疲れているんだなと…
妻と元カレが運命的な再会をして……
2017/06/30 01:31
2017/06/30 01:31
妻とは、結婚してもう14年経ちます。二人とも今年40歳で、子供も二人います。中学2年生の息子と、小学6年生の娘がいて、二人とも私ではなく妻に似てくれて、美男美女です。 妻はぱっちりした二重まぶたで、日本人離れしたエキゾチックな顔の美人です。ハーフとかに間違えられることも多いですが、100%日本人です。 そんな妻と私なんかが付き合うようになったきっかけは、当時私がバイトしていた先の、同僚の女性の紹介でした。 当時、妻は付き合っていた男性に浮気をされて、その上捨てられてしまって酷く落ち込んでいたそうで、そんな妻を元気づけてあげてと、バイトの同僚の女性に紹介されました。 初めて妻に会ったとき、あ…
小3の頃でした
2017/11/01 08:19
2017/11/01 08:19
私の家は歩いて10分の所にかなり大きめのラブホテル街があるんです。歩いてもまたラブホというぐらいたくさんあります。 そのせいか、露出をする男の人も多く学校から「みせみせおじさんには気をつけましょう」と言われてました。 確か夏も終わりに差し掛かる頃でした。 いつものように学校から帰宅しようと毎日通学路として使っていた路地に差し掛かった時、バイクに乗った男の人が友人と別れ一人だった私に近付いて来たんです。 「ねぇねぇ。良い物見たくない見たいでしょ」 その言葉に小学年生だった私はつい「見たい」と答えてしまいました。 するとそのおじさんは、ズボンのチャックを開けピン ッと上を向いた怒張を私に見せました…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・私の娘の元カレとのお付き合いの話

・中学生に寝取られた_2

・本社のお局様と 7

・【人妻体験談】出張ホストに妻をナンパ痴漢させ、寝取らせて興奮する変態夫

・【熟女体験談】オナニーを邪魔してきたAカップの貧乳叔母に激怒してレイプした男子中学生

・中学生に寝取られた_1

・続1・借家の寝室に開けられていた覗き穴

・【初体験】北海道行きのフェリーで知り合ったおじさんたちと

・自慢の母(1)

・ビデオテープを偶然に発見してしまった・・・

・俺の奥さんと尊敬する先輩の満さんが

・【盗撮・覗き】母のセックスの声を聞きながら半泣きでオナった

・むっつりな一人暮らしの女との体験

・「キノコの子」と呼ばれた俺の性の自叙伝~見つけた忘れ物~

・【熟女体験談】見知らぬ男に自宅で侵入レイプされ逝ってしまったバツイチ熟女

・風俗嬢スマタテクニック

・【初体験】終わった後もしばらくはジンジンして痛かったです

・仕事中にセクハラされて我慢しています

・倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた(ブロマガ転載禁止)

・嫁を寝取っていたのは俺だった?

・「キノコの子」と呼ばれた俺の性の自叙伝~大学時代後半~

・でも、私は妻を愛しています・・・

・合コンで出会ったJDたちと乱交

・【人妻体験談】隣の旦那さんが鬼畜なレイプ魔で犯され続けてSEX奴隷となった専業主婦

・【熟女体験談】主婦二人が掲示板で浮気相手を募集し、年下大学生二人と4p乱交で二本同時挿入

・【乱交】合気道部の美人な先輩を合宿でイカせまくった[後編]

・受付嬢とのこと

・金髪巨乳母娘との愛の3P性活

・女を取り戻してくれた男性

・【熟女体験談】介助中にお爺さんにテクニシャンな舌使いで乳首を舐められ感じるヘルパー主婦