寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

体育教師の女子校生調教日誌

2018/01/22 22:29


この女子校が俺の王国だとするなら、グラウンドに隣接している一階建てのプレハブ小屋は俺の城だ。10畳ほどの面積しかないが、俺ひとりが使うには充分すぎるくらいの広さと言える。

本当は、俺ともうひとりの体育教師のためにある体育準備室なのだが、ここは俺しか使っていない。赴任してきてから20年間、ずっとそうだった。
 学園の理事長の甥である俺には、その程度の我が侭は許されているのだ。
 もうひとりの体育教師は、哀れにも、遠い職員室とグラウンドを授業のたびに忙しく往復していた。プレハブ小屋に付いている簡易シャワーも奴は使うことができないでいる。
 この小屋には、普通に生活できるだけの物が揃っていた。でかいソファや仮眠用のベッドだけでなく、ミニ冷蔵庫やミニテレビまである。ほとんどは学園から支給されたものだ。まあ、俺が総務に掛け合って無理やり経費で落としたのだが。
 学園に知られていない設備も存在する。地下室だ。5年もの歳月を掛けて自力で作ったのである。
 体育教師になる前の俺は、色々な職を転々としていた。主には現場作業員だった。建築や電気関係。その時の経験を生かして、プレハブ小屋の地下に夜な夜な穴を掘り、コンクリで地下室の基礎を固めた。掘り返した土は少しずつグラウンドに混ぜ込んだ。
 1日で進む作業はわずかなもので、気の遠くなるような地道な作業だったが、俺は映画「大脱走」を思い出しながらむしろ楽しんでいた。
 完成した地下室には電気を通し、そのほか様々な配線を通した。
 地下室を作った理由はひとつだった。誰の目にも触れない空間が必要だったのだ。
 俺は地下室に大量のモニターを持ち込んだ。全部で30。そのすべてに配線を繋げた。
 配線は、地下を通って、プレハブ小屋の間近に建っている部室棟に伸びている。末端には30台の盗撮カメラがある。
部室棟で繰り広げられる女子高生たちの着替えや、そこに隣接している屋外トイレでの排泄は、何から何まで俺に丸見えなのだった。 盗撮映像をパソコンに片っ端から記録しているため、地下室の棚にはデータの詰まった外付けハードディスクがぎっしりと並んでいた。 これらは俺のすべてと言っても過言じゃない。このデータがあるからこそ、俺はこの女子校の王でいられるのだ。理事長の甥である俺に他の教師は逆らえないし、その気になれば、いつでも女生徒を跪かせることができる。 俺は王だ。

 登校時間前の早朝。俺は自分の城でソファに身を沈め、煙草を吸っていた。 目の前では、陸上部の速水雪歩が膝を着き、俺の股間に顔を埋めている。 彼女の舌は、辿々しく俺のペニスを這っていた。「ん……んっ……」「バッカ、ちげえよ、カリ首のとこを重点的に舐めろって何回言わせんだよ。ちゃんとやれ、愚図」 吐き捨てるように言って俺は雪歩の頭を叩いた。 雪歩は俺を見上げ、怯えた瞳を潤ませた。「すみません……」「謝っている暇があったら舌を使え。やる気がねえから上達しねえんだ。てめえの脱糞動画をネット配信されたくねぇんなら、死ぬ気で奉仕しろ」「は、はい」 雪歩は腕で目元を拭い、再び俺のペニスに顔を近付けた。「玉をしゃぶれ、玉を」「…………」 無言で従う雪歩。 彼女は本来なら快活な女子高生だが、50過ぎの粗暴な中年男に好きにされる毎日を送っているせいで、すっかり物静かになってしまった。 この辺の変化は人それぞれだ。いくら俺に犯されようと強気な態度を崩さない女もいるし、ひたすら泣く女もいるし、大人しいと思っていた女が意外に芯の強いところを見せることもある。「あむ」 雪歩は睾丸を口に含み、舌で転がした。ぎこちない動きだが、最初に比べれば格段の進歩だろう。最初なんて、舌を触れさせた途端に泣きじゃくり始めたくらいだからな。まるでなっていなかった。「よし、チンポしゃぶっていいぞ」「あ、はい」 頷いた雪歩は、玉袋を吐き出して、ペニスの先端を咥え込んだ。「もっと入るだろうが! 死ぬ気になってやれば、できないことなんて何もねえんだよ」「うぐぐ」 呻き声を上げながら雪歩は顔を沈めていった。 亀頭が喉奥に触れると、ペニスを咥えたまま軽く咳きむ。「まだ慣れねえのかよ。それでも陸上部のエースかぁ? 要領が悪すぎんだよ」 彼女の短めの髪を掴んで揺さぶってやる。「うっ、うう……」 雪歩の頬に涙が流れた。しかし泣いてもどうにもならないことは本人も分かっているようで、ペニスを唇で締め付けながらゆっくりと顔を引き上げていった。ある程度まで戻ると、またペニスを呑み込んでいく。 拙い上下運動だった。顔を動かすのに精一杯なため、舌での刺激を忘れている。まあしかし、それを指摘したら、今度は顔の動きが鈍くなるに決まっている。数を重ねて上手くなるのを待つしかない。 最初から上手かった女なんてこれまでひとりもいなかったのだから仕方がない。今まで100人以上の処女を調教してきたオレから見ても、雪歩は不器用な方だが、どうにもならないという程でもない。そのうちなんとかなるだろう。 手でペニスをしごくのは禁止しているため、雪歩がフェラチオだけで俺を射精させるには、まだ長い時間が必要だった。 プレハブ小屋の外から、まばらに登校し始めている女子生徒たちの話し声が聞こえてきた。たまに「おはようございまーす」と黄色い声がする。それに対して「おはよう」と教師が挨拶を返す。平和なものだ。 雪歩は「んっんっ」とくぐもった声を発していた。早く終えたい一心で、下手ながらも一生懸命に奉仕している。 外の声は雪歩にも聞こえているはずだが、特に反応を示さなかった。だいたいの女はそうだった。何かしら思うところはあるはずなのに、態度には表さない。 まあ、別に構わないが。 俺は言った。「もう時間がないな」 雪歩はペニスを咥えたまま俺を見上げた。動揺が表情に出ていた。俺が次に何を言うのか、予想できているのだろう。「フェラだけじゃいつまで掛かるか分からん。ケツ出せ」 俺が短く言うと、雪歩は観念したのかペニスから口を離し、のろのろと立ち上がった。「早くしろ!」 尻に蹴りを入れてやる。「は、はい」 雪歩は慌てて俺に背を向け、前屈みになり、机に手を着いた。 俺は彼女のスカートを捲り上げ、パンツを手早く膝辺りまで下ろした。「ったくよぉ。朝はフェラで手軽に抜きたいってのに、てめぇが下手くそなせいで、余計なことをしなくちゃなんねえじゃねえか」「すみません……」 悔しさが滲み出ているかのような声で雪歩は謝罪した。こっちだってやりたくてやっているんじゃない、とでも言いたそうだ。 俺は、丸出しになった雪歩の尻に手をやり、左手の人差し指と親指で尻の谷間を押し広げてやった。 小さな窄まりだった肛門が、横に伸びてわずかに口を開いた。 雪歩は尻に力を入れたが、反射的なことだったらしく、すぐに尻から力を抜いた。 これからアナルを弄られることは知っているだろうし、覚悟もできているだろう。何度か経験していることだからな。 俺はローションを手に取り、雪歩の肛門に垂らした。「うっ」 冷たい粘液の感触に、思わずといった感じで雪歩が声を上げる。 俺は、左手で雪歩の肛門を押し広げたまま、右手でローションを塗り込んでいった。 肛門表面をヌルヌルにした後は、右手の中指を窄まりの中心部に添えた。 雪歩相手に遠慮する必要は全くないので、一気に指を根元まで突き入れる。「あ、あう」「動くんじゃねえ」 俺は左手を離した。右手の中指はもちろん肛門を貫いたままだ。 指を軽く曲げたりして直腸を刺激してやりながら、自由になった左手で尻肌を何度も叩いてやる。 乾いた打擲音がプレハブ小屋に響いた。 尻をビンタされるたびに雪歩は肛門をわずかに締め付けた。 締め付けを強めるのは主に肛門の入り口付近だった。肉の輪を抜けた先は抵抗感が少ない。指から伝わってくる感触では、直腸がどこまでも広がっているような気さえした。 俺は中指を出し入れして、ローションを腸内の奥まで塗り付けた。 尻穴自体も多少はほぐれてきただろう。 指を勢い良く抜き取ると、肛門は開きっぱなしになった。 雪歩はそれに気付いて尻に力を入れたのか、尻穴は唐突に口を閉じた。「おい、綺麗にしろ」 机に手を着いて尻を突き出している雪歩に、後ろから覆い被さり、ローションに塗れた指を彼女の口に押し込む。「んぐ」 雪歩は、嫌そうな声を上げながらも、渋々と受け入れた。 まあ、嫌がるのも無理はない。自分のケツ穴に入っていた指だからな。 指を雪歩の口に突っ込んだまま、俺は左手でペニスを支えた。 ペニスの先端が、ローションで塗れた尻の谷間を滑り、アヌスにまで辿り着く。 俺は腰を押し出した。 ペニスに押されて肛門はあっさりと広がった。 たいして力を入れなくても、ローションのおかげで簡単に侵入を果たすことができた。 おちょぼ口でしかなかった尻穴は、今や大きく口を開けて、亀頭を受け入れていた。 肛門入り口を突破される間、雪歩は全く動かなかった。呻くこともせず、息を荒げることもなく、無言で尻を差し出していた。 もう何度も尻穴を犯されているのだから、痛みも苦しみも感じてはいないのだろう。 見た限りでは、快感を得ているわけでもないらしい。ひたすら気持ち悪いだけ、といったところか。 まあ、雪歩がどう思っていようが俺の知ったことではないが。 俺はペニスを腸内の奥へと進めた。 入り口はまだいくらかの締め付けがあったが、その先となると完全な無抵抗地帯が広がっていた。 ペニスの先端は、ぬめつく粘膜に優しく包まれるだけで、ほとんど圧力を感じない。 柔らかな腸奥を突き進み、ペニスをすべて埋没させた俺は、そのまま律動を始めた。 ローションでぬめっ……


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
青春の思い出2
2016/10/16 05:01
2016/10/16 05:01
8年前の出来事です、僕は22歳で社会人1年生の時に就職先で知り合った、パート社員の美人な人妻さん34歳に一目惚れしてしまいました。その奥さんは優しい人で仕事を教えてくれたり色々お世話をしてくれたり悩み事を聞いてくれたりしました。会社でも人気者の女性で、皆が奥さんを狙っているような感じがします。 奥さんは気さくな感じで良いキャラです、会社の中で新人で一番若い僕と話している時は何時も自分の事を「オバチャンは…と言います」顔は黒木瞳に似ていますが身長は165cm有り、巨乳で少し豊満な感じですが決してデブではなく脚も長くて綺麗です。体全体から色っぽいオーラを出していました。  入社して半年位経ちました…
三食ご飯が出てきて部屋も掃除され、パソコンもネットもあってセックスもできてしまう免許の合宿最高!
2016/04/25 00:00
2016/04/25 00:00
■スペック

俺 20歳 高卒フリーター 顔面ランクE

しおり 18歳 浪人生 Fカップ 柴崎こう似

めぐみ 18歳 フリーター 貧乳 風俗勤め

さつき 20歳 大学生 貧乳 処女

適当にバイトをして、ネトゲ三昧の毎日。

いい年して定職についてない上に、

身分証が保険証しかないのはまずいと思い、

ちょっくら運転免許をとることにした。

一人暮らしをしていて親の脛はかじれないので、

金はわずかな貯金とア○ムで借りた金を使った。

バイクも乗りたかったので、

自動二輪と普通免許の同時教習。

費用は35万ぐらい。

日程は三週間ちょいだった。

適当に…
【姉】堕とした姉妹と一泊二日の温泉旅行【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/04/04 09:11
2017/04/04 09:11
れいじさん(40代)からの投稿 —- GWの前半、現在調教中の莉子と花音の姉妹と1泊2日の温泉旅行に行ってきました。 今回は伊達さんは同行していません。 専門学校生の莉子と高校3年生の花音は、暦通り学校が休みの為、すぐに了承しました。 今回、私が2人を連れて行ったのは、県境の人里離れた温泉旅館です。 なぜここかというと、AV撮影などでも使用されており、そのような行為に関して融通が聞くからです。 私の住んでいるところから大体2時間ほどかかります。 朝の7時に迎えに行き彼女達を迎えに行きました。 2人とも今時のギャル系と呼ばれる服装ではなく、化粧もほとんどしていないので、逆に…
結婚式当日、だらしなく嘔吐する夫を介抱する私を後ろから責める彼
2016/01/01 15:27
2016/01/01 15:27


僕は、あの動画の女性が遙香だと確定したことで、死にそうな気持ちになった。でも、自分でもまったく理解出来ないのだけど、その動画を見て異常なほどに興奮してしまっていた。

僕と会う約束をしておきながら、直前まで自宅のすぐ前に停めた車の中で他の男とセックスをしていた遙香……。僕は、自分の知っている遙香と、動画の中の遙香が全くの別人に思えた。
すぐに遙香に電話をかけようかと迷ったが、夜は遙香は携帯の電源を切っている。いっそ、家まで訪ねていこうかと思ったが、もう時間も遅い……。

僕はどうしていいのかわからないまま、動画の続きを再生した。

『んふぅ、大っきい♡ やっぱりご主人…
姉さん女房を寝取らせて…2【体験談】
2016/03/17 22:10
2016/03/17 22:10

瞳は乳首を舐めながら、アキラのおちんちんを手で握る。

「凄いね、君の、、、ちょっと引くね(笑)」
言いながら手でおちんちんをこね回す。


「瞳さん、凄いです。最高っす。お願いします。キスもしてください。」
アキラのこの言葉は、心臓に刺さった。

「それはいいや、、、君変なことするからね(笑)」
さっき唾液を飲ませようとしたことにまだ怒ってるようだ。

「エーー!ごめんなさい!もうしないから!」
瞳は、アキラの唇にほんの一瞬唇を押しつけて短いキスをする。

「はい、これで良いかな?(笑)」

「短っ!瞳さんって、Sですね。」


瞳は黙って、アキラの股間に顔を近づけてく。
このときのドキ…
もう一人の従妹とも 2
2017/10/08 07:49
2017/10/08 07:49
当時、沙也香の身体は、まだ、貧弱で、だだの女の子だったが、それでも乳首は ちゃんと立ち、クリも膨らんで、愛液もでているようだった。 そこで、俺は服を脱いで、沙也香の横に仰向けで寝転がると、 「沙也香ちゃん、叔母ちゃんの代わりをするなら、俺を喜ばせてごらん」 そう言ってやると、沙也香は俺のモノを凝視していた。 「隆司くん、どうすれば、いいの」 「そんなこともわからないようじゃ、叔母ちゃんの代わりはできないよね」 そう言って、脱いだシャツに手を伸ばすと、沙也香は俺の上半身に薄い胸を重ね 俺に唇を重ねてきた。 唇と唇を合わせるだけの幼いキスだった。それでも必死にキスをしてくる姿が ちょっと意地…
友人の妻を寝取った
2018/01/30 17:25
2018/01/30 17:25
2012/01/10 16:11┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者712 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 21:07:28 ID:mhMLFIXS0 [1/8]友人(妻子あり)に呼ばれてそいつの家に行ったけど、家の前まで来たのに本人と連絡が取れなかった。 インターホンを鳴らすのもあれなんで、「仕方ねーな」と思い、友人から連絡が来るまで近くの公園で時間を潰していた。 30分くらい経って、そろそろイライラしてきたので帰ろうかと思ったら、公園の前を友人の奥さん(21歳)がベビーカーを押し…
【不倫】行きつけの居酒屋で出会った最高の熟女
2016/05/13 06:00
2016/05/13 06:00
先週の火曜日、会社に帰らず直帰したので、珍しく早く最寄りの駅に着いた。行きつけの居酒屋に行ったら、T子さんと久しぶりに会った。細かい事はよくは知らないが、T子さんは人妻で、「子供が自立した」って言ってたから年齢は50半ば位だ。しかし、とても魅力的な女性だ。 カウンターで一緒に呑みながら、色んな話をしてた。そうしたらT子さんがマスターに見えないように俺の手を握ってきた。そして、「2人で、もう1軒呑みに行こうか」と誘って来た。 その日はたまたま店も暇で、カウンターには数人程度しか客がおらず、端に座っていたT子さんの行動に気付いた人はいなかった。とりあえず、俺が最初に店を出て…
【熟女体験談】仲の良かった女友達が新婚なのに・・・
2016/12/25 00:02
2016/12/25 00:02
2016/12/25 (Sun) 仲の良かった友人英子が結婚した。

しかし旦那は出張ばかりで、家に居てもゴロゴロ寝てばかりらしい。

ドライブに誘うと出て来たんで夜景スポットに連れて行きました。

ここはほとんど知られて無い場所なんで他には誰も居ません。

夜景を見た後に

「ゆっくり話せるから」

とリヤシートに乗せました。

しばらく話をし、Hな話にもなったんで軽く抱き寄せたら素直にもたれてきます。

キスをしようとしたら

「ダメって」

と言いますが強引にキス。

服の上から胸を揉むと拒否しなかったんでシャツのボタンを外し、ブラを外そうとしたら

「ダメ~」

と力弱…
【人妻】学生のときに同じマンションの人妻と中出しセックスしたエッチな体験談
2015/12/06 21:29
2015/12/06 21:29
2013/04/21 17:11┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者通路の足音や他の部屋のドアの開く音がする度に、 そっと自分の部屋のドアの覗き穴に向かうって事あるでしょ? 特に引越した直後。で、学生時代に引越しをした時の話。 自分の部屋は2DK、隣の通路奥の角部屋はファミリータイプの3LDK(後に判明)。 隣やお向かいに引越しの挨拶に行ってないので、やたらとドア穴を覗いてた。 と言っても、見えるのは向かいの部屋と隣奥の角部屋の人が通る時だけ。 向かいは30代位の男性で、たまに彼女らしき女の人。 角部屋は20代半ば以上の男女が一人ずつ。 ある日オーディオの音をそこそこ上げて…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・驚愕!人間の女と交尾する海亀 2

・【痴漢】通学途中に満員電車で痴女にしごかれた僕のトラウマ

・驚愕!人間の女と交尾する海亀

・【熟女体験談】厚化粧の口うるさい義母にキレて中出しレイプ

・2年付き合った彼女が浮気をしてた完

・つづきのつづき

・【人妻体験談】世話焼き女房のように尽くしてくれる母とドライブに出かけて屋外露出

・俺氏・・・遂に卒業に成功

・乱交クラブと言う未知の体験をしてみた

・デリヘルにハマって貯金がやばいことになった

・後輩とえっち

・嫁から衝撃カミングアウトがあった・・・

・人助けしておいしい思いをした体験です

・主人があまりSEXしてくれないので

・【熟女体験談】単身赴任中にセックスレスな近所のおばさんを寝取りSEX

・【オナニー】パパとオナニーの見せっこ

・一回500円 1

・会社でエロエロな動作で男を誘うOL

・妹とずっと一緒 (妹の成人式)

・【Hな体験】修学旅行で乗った飛行機の機内で彼氏に初フェラ

・【人妻体験談】超淫乱で痴女な人妻歯科衛生士と診察台の上で寝取り中出しSEX

・【熟女体験談】近親相姦をするようになって30年の母と息子のSEX

・俺の彼女はカウガール?

・彼氏の浮気に彼氏の後輩に報復浮気

・今日メル友と会ってきた報告するよ

・浴室での排泄行為

・【乱交】変態カップルさんのプレイに混ぜてもらって初体験

・お堅い女上司の意外な趣味

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた

・俺とビッチとの思い出