寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

体育教師の女子校生調教日誌

2018/01/22 22:29


この女子校が俺の王国だとするなら、グラウンドに隣接している一階建てのプレハブ小屋は俺の城だ。10畳ほどの面積しかないが、俺ひとりが使うには充分すぎるくらいの広さと言える。

本当は、俺ともうひとりの体育教師のためにある体育準備室なのだが、ここは俺しか使っていない。赴任してきてから20年間、ずっとそうだった。
 学園の理事長の甥である俺には、その程度の我が侭は許されているのだ。
 もうひとりの体育教師は、哀れにも、遠い職員室とグラウンドを授業のたびに忙しく往復していた。プレハブ小屋に付いている簡易シャワーも奴は使うことができないでいる。
 この小屋には、普通に生活できるだけの物が揃っていた。でかいソファや仮眠用のベッドだけでなく、ミニ冷蔵庫やミニテレビまである。ほとんどは学園から支給されたものだ。まあ、俺が総務に掛け合って無理やり経費で落としたのだが。
 学園に知られていない設備も存在する。地下室だ。5年もの歳月を掛けて自力で作ったのである。
 体育教師になる前の俺は、色々な職を転々としていた。主には現場作業員だった。建築や電気関係。その時の経験を生かして、プレハブ小屋の地下に夜な夜な穴を掘り、コンクリで地下室の基礎を固めた。掘り返した土は少しずつグラウンドに混ぜ込んだ。
 1日で進む作業はわずかなもので、気の遠くなるような地道な作業だったが、俺は映画「大脱走」を思い出しながらむしろ楽しんでいた。
 完成した地下室には電気を通し、そのほか様々な配線を通した。
 地下室を作った理由はひとつだった。誰の目にも触れない空間が必要だったのだ。
 俺は地下室に大量のモニターを持ち込んだ。全部で30。そのすべてに配線を繋げた。
 配線は、地下を通って、プレハブ小屋の間近に建っている部室棟に伸びている。末端には30台の盗撮カメラがある。
部室棟で繰り広げられる女子高生たちの着替えや、そこに隣接している屋外トイレでの排泄は、何から何まで俺に丸見えなのだった。 盗撮映像をパソコンに片っ端から記録しているため、地下室の棚にはデータの詰まった外付けハードディスクがぎっしりと並んでいた。 これらは俺のすべてと言っても過言じゃない。このデータがあるからこそ、俺はこの女子校の王でいられるのだ。理事長の甥である俺に他の教師は逆らえないし、その気になれば、いつでも女生徒を跪かせることができる。 俺は王だ。

 登校時間前の早朝。俺は自分の城でソファに身を沈め、煙草を吸っていた。 目の前では、陸上部の速水雪歩が膝を着き、俺の股間に顔を埋めている。 彼女の舌は、辿々しく俺のペニスを這っていた。「ん……んっ……」「バッカ、ちげえよ、カリ首のとこを重点的に舐めろって何回言わせんだよ。ちゃんとやれ、愚図」 吐き捨てるように言って俺は雪歩の頭を叩いた。 雪歩は俺を見上げ、怯えた瞳を潤ませた。「すみません……」「謝っている暇があったら舌を使え。やる気がねえから上達しねえんだ。てめえの脱糞動画をネット配信されたくねぇんなら、死ぬ気で奉仕しろ」「は、はい」 雪歩は腕で目元を拭い、再び俺のペニスに顔を近付けた。「玉をしゃぶれ、玉を」「…………」 無言で従う雪歩。 彼女は本来なら快活な女子高生だが、50過ぎの粗暴な中年男に好きにされる毎日を送っているせいで、すっかり物静かになってしまった。 この辺の変化は人それぞれだ。いくら俺に犯されようと強気な態度を崩さない女もいるし、ひたすら泣く女もいるし、大人しいと思っていた女が意外に芯の強いところを見せることもある。「あむ」 雪歩は睾丸を口に含み、舌で転がした。ぎこちない動きだが、最初に比べれば格段の進歩だろう。最初なんて、舌を触れさせた途端に泣きじゃくり始めたくらいだからな。まるでなっていなかった。「よし、チンポしゃぶっていいぞ」「あ、はい」 頷いた雪歩は、玉袋を吐き出して、ペニスの先端を咥え込んだ。「もっと入るだろうが! 死ぬ気になってやれば、できないことなんて何もねえんだよ」「うぐぐ」 呻き声を上げながら雪歩は顔を沈めていった。 亀頭が喉奥に触れると、ペニスを咥えたまま軽く咳きむ。「まだ慣れねえのかよ。それでも陸上部のエースかぁ? 要領が悪すぎんだよ」 彼女の短めの髪を掴んで揺さぶってやる。「うっ、うう……」 雪歩の頬に涙が流れた。しかし泣いてもどうにもならないことは本人も分かっているようで、ペニスを唇で締め付けながらゆっくりと顔を引き上げていった。ある程度まで戻ると、またペニスを呑み込んでいく。 拙い上下運動だった。顔を動かすのに精一杯なため、舌での刺激を忘れている。まあしかし、それを指摘したら、今度は顔の動きが鈍くなるに決まっている。数を重ねて上手くなるのを待つしかない。 最初から上手かった女なんてこれまでひとりもいなかったのだから仕方がない。今まで100人以上の処女を調教してきたオレから見ても、雪歩は不器用な方だが、どうにもならないという程でもない。そのうちなんとかなるだろう。 手でペニスをしごくのは禁止しているため、雪歩がフェラチオだけで俺を射精させるには、まだ長い時間が必要だった。 プレハブ小屋の外から、まばらに登校し始めている女子生徒たちの話し声が聞こえてきた。たまに「おはようございまーす」と黄色い声がする。それに対して「おはよう」と教師が挨拶を返す。平和なものだ。 雪歩は「んっんっ」とくぐもった声を発していた。早く終えたい一心で、下手ながらも一生懸命に奉仕している。 外の声は雪歩にも聞こえているはずだが、特に反応を示さなかった。だいたいの女はそうだった。何かしら思うところはあるはずなのに、態度には表さない。 まあ、別に構わないが。 俺は言った。「もう時間がないな」 雪歩はペニスを咥えたまま俺を見上げた。動揺が表情に出ていた。俺が次に何を言うのか、予想できているのだろう。「フェラだけじゃいつまで掛かるか分からん。ケツ出せ」 俺が短く言うと、雪歩は観念したのかペニスから口を離し、のろのろと立ち上がった。「早くしろ!」 尻に蹴りを入れてやる。「は、はい」 雪歩は慌てて俺に背を向け、前屈みになり、机に手を着いた。 俺は彼女のスカートを捲り上げ、パンツを手早く膝辺りまで下ろした。「ったくよぉ。朝はフェラで手軽に抜きたいってのに、てめぇが下手くそなせいで、余計なことをしなくちゃなんねえじゃねえか」「すみません……」 悔しさが滲み出ているかのような声で雪歩は謝罪した。こっちだってやりたくてやっているんじゃない、とでも言いたそうだ。 俺は、丸出しになった雪歩の尻に手をやり、左手の人差し指と親指で尻の谷間を押し広げてやった。 小さな窄まりだった肛門が、横に伸びてわずかに口を開いた。 雪歩は尻に力を入れたが、反射的なことだったらしく、すぐに尻から力を抜いた。 これからアナルを弄られることは知っているだろうし、覚悟もできているだろう。何度か経験していることだからな。 俺はローションを手に取り、雪歩の肛門に垂らした。「うっ」 冷たい粘液の感触に、思わずといった感じで雪歩が声を上げる。 俺は、左手で雪歩の肛門を押し広げたまま、右手でローションを塗り込んでいった。 肛門表面をヌルヌルにした後は、右手の中指を窄まりの中心部に添えた。 雪歩相手に遠慮する必要は全くないので、一気に指を根元まで突き入れる。「あ、あう」「動くんじゃねえ」 俺は左手を離した。右手の中指はもちろん肛門を貫いたままだ。 指を軽く曲げたりして直腸を刺激してやりながら、自由になった左手で尻肌を何度も叩いてやる。 乾いた打擲音がプレハブ小屋に響いた。 尻をビンタされるたびに雪歩は肛門をわずかに締め付けた。 締め付けを強めるのは主に肛門の入り口付近だった。肉の輪を抜けた先は抵抗感が少ない。指から伝わってくる感触では、直腸がどこまでも広がっているような気さえした。 俺は中指を出し入れして、ローションを腸内の奥まで塗り付けた。 尻穴自体も多少はほぐれてきただろう。 指を勢い良く抜き取ると、肛門は開きっぱなしになった。 雪歩はそれに気付いて尻に力を入れたのか、尻穴は唐突に口を閉じた。「おい、綺麗にしろ」 机に手を着いて尻を突き出している雪歩に、後ろから覆い被さり、ローションに塗れた指を彼女の口に押し込む。「んぐ」 雪歩は、嫌そうな声を上げながらも、渋々と受け入れた。 まあ、嫌がるのも無理はない。自分のケツ穴に入っていた指だからな。 指を雪歩の口に突っ込んだまま、俺は左手でペニスを支えた。 ペニスの先端が、ローションで塗れた尻の谷間を滑り、アヌスにまで辿り着く。 俺は腰を押し出した。 ペニスに押されて肛門はあっさりと広がった。 たいして力を入れなくても、ローションのおかげで簡単に侵入を果たすことができた。 おちょぼ口でしかなかった尻穴は、今や大きく口を開けて、亀頭を受け入れていた。 肛門入り口を突破される間、雪歩は全く動かなかった。呻くこともせず、息を荒げることもなく、無言で尻を差し出していた。 もう何度も尻穴を犯されているのだから、痛みも苦しみも感じてはいないのだろう。 見た限りでは、快感を得ているわけでもないらしい。ひたすら気持ち悪いだけ、といったところか。 まあ、雪歩がどう思っていようが俺の知ったことではないが。 俺はペニスを腸内の奥へと進めた。 入り口はまだいくらかの締め付けがあったが、その先となると完全な無抵抗地帯が広がっていた。 ペニスの先端は、ぬめつく粘膜に優しく包まれるだけで、ほとんど圧力を感じない。 柔らかな腸奥を突き進み、ペニスをすべて埋没させた俺は、そのまま律動を始めた。 ローションでぬめっ……


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ちんちん洗脳術10【エッチ体験談】
2016/05/24 14:53
2016/05/24 14:53
乳首・マンコ・クリトリスの三点攻撃で絶頂に達した妹は息を『はぁはぁ』荒らしながら、崩れ落ちた。妹は『まだ震えてる…あっおちんちん舐めないと。』震えながら俺のチンポを舐め始めた。亀頭をべろんべろん舐めて唾液が光ってる。凄い上手い!!チンポはすでに射精しそうだ!!『お兄ちゃん。気持ちいい?んあぁぁ、んあぁぁ』と舌を長く出して、舐めながら話してる。凄い!!俺は『気持ちいい…ちょっと待って。刺激で射精と尿意が同時に上がってきた。少し出ちゃう…』 妹は『ん?出ちゃうの?』俺は『精子じゃない!!おしっこが少し出そう。』 妹は『おしっこにゃにょ?そうにゃにょ。』まだ舐…
夫にばれないよう密かに・・・
2018/04/27 20:01
2018/04/27 20:01
たまたま見つけたこのサイト、自分のことを書いてみようと思います。
結婚してもう15年にもなる専業主婦の私。
40才を越えて夫と子供もいる身なのに、不貞行為をやめられなくなってしまいました。
きっかけは、結婚前の勤め先にいた上司との不倫。
夫以外の人からのあやしげな誘いに、つい心のスキができてしまい、体を許してしまいました。
夫とは経験できないいつまでも続くアソコへの執拗な愛撫、クリトリスを舐めたり電動のオモチャで刺激されたり、そして挿入行為、クリだけでなく中でもイクことを覚えた私は、ねちっこく情熱的なセックスに気持ちはどんどんはまりこんでいきました。
そして今では彼の虜になり、彼の性癖…
コンパニオン
2016/05/03 03:05
2016/05/03 03:05
私27歳 、夫28歳私はコンパニオンをしています。 以前は普通に会社員だったんですが、この不景気でリストラされました。 色々、職を探したんですが、中々見つからず繋ぎとして始めました。結婚して直ぐに家を購入し 月々の支払いも大変だったので、コンパニオンは良い稼ぎだった。コンパニオンは、密室での接客の為、お客さんによってはかなりヤバいこともされます。 最近では、個室での接客を禁止しているホテルも多いが、古びた旅館は今もOKなんです。 普通は、一緒に飲んで、話をしたり聞いたりワイワイ楽しく終わるのですが、おじさんはエロいから 話をしている時も、胸に手を入れてきたり、スカートの中を覗かれたり、中にはパ…
コンパで会った婚約者持ちの女の子に本気で惚れた
2015/10/24 19:33
2015/10/24 19:33

数年前の夏の週末、会社の同僚(A子)に呑もうと誘われた。



当時俺は独身で、彼女は居たがあまりうまくいってない感じ。



A子は身長が高く性格は明るい方で、胸はマナ板(スマン

あまり気の進まない呑み会だったが、暇だった為行く事にした。






メンバーは俺と男の友人2人。

A子と女の友人で「男3+女2」。



待ち合わせの居酒屋に行くとA子とその友達が待っていた。



A子の友人(B子)は身長が低く、体型はやや細い感じで胸は普通(BorC)。



顔は凄くかわいい。

(キレイじゃなくカワイイ!!プチ童顔)

俺はB子のお陰でテンションう…
【レイプ体験談】下着女装フェチの弟と・・・2・クリスマス
2015/10/05 02:55
2015/10/05 02:55
下着女性フェチの弟と…の続き 456:名前:194の弟投稿日:2010/11/24(水)23:40 姉貴かなり機嫌が悪いっす。女の子のあの日だそうです。 俺も困ってます、いろいろと。 溜まっちゃってしょうがないので、メールで 「フェ○でお願いします」と頼んでみました。 「あんたは何してくれるの?」 「おっぱい揉んであげます」 「あたしが余計にストレス溜め込みそう。しばらくパンティでオ○ニーしてなさい」 取り付く島もない状態です。 446 まじめに高校生ですよ。別にませた文章書いているつもりもないです。 458:名前:194の弟投稿日:2010…
【人妻・浮気・不倫】主婦亜矢子25歳(9)
2016/01/30 08:38
2016/01/30 08:38
始めからわかっていること、それならお互いに刺激しあえる仲で付かず離れずいられれば、なんて以前、金子さんと話したことがあった。 七時少し前に自宅を出た私は、裕美さんのお宅の門を入り、玄関のドアを開け中へ入りました。 しっかりドアに鍵を掛け、主人に存在を確認させる為、明かりのついていないキッチンと居間の電気をつけて、二人を探しに奥の部屋へと向かったんです。 玄関に裕美さんの脱ぎ捨てられたパンティーが置いてあった。 居間へ入ると二人の洋服が脱ぎ散らかされていて、だけど一階には人の気配がしないんです。 二階へと階段を数段上がったとき、喘ぎ声というより、拷問でも受けているような裕美さんの苦しそうな声…
酔った美人の妻を友人に抱かせたら、ものすごい興奮した
2016/07/13 09:00
2016/07/13 09:00
あんまり何度も聞いているとウザイ時もあるが、綺麗だと言ってくれるのは悪い気はしない。ちなみに妻は25歳で、俺より7つ年下で優香に似ているとよく昔から言われている。まあ優香ほど巨乳ではないが、スタイルは良いし色白で色っぽく、一応自慢ではある妻だ。以前、北野にいたずらで妻のセミヌードの写真を見せた事があり、その時の北野の興奮の仕方は半端ではなかった。


話は戻るが2人で飲みながら北野は「平田の嫁さんを想像しながら何度かオナニーをしちゃった事がある」
とか、「もっとエッチな写真を見せて欲しい」
とか、「金払ってもいいからやらせてもらいたい」など、酔ってエロエロ状態が爆走…
美人の叔母さんと一緒にお風呂に入って[後編]
2017/05/21 12:19
2017/05/21 12:19
薄暗い風呂場。 でもMさんの乳房ははっきりと見える。 M「あんまり見ないでよ!私だって恥ずかしいんだから!」 俺「う、うん」 M「先に体洗うね!」 俺「ど、どうぞ」 湯船から上がるMさん。 (何だろう?この状況って凄すぎる・・・) 俺の息子はマジで限界だった。 エロ本とかでしか女の裸を見たことのない俺は、Mさんが体を洗う仕草や体のラインに完全に釘付けになった。 M「A君も洗いなよ」 そう言ってMさんは湯船に入ってきた。 俺「うん」 俺は出来るだけギンギンな息子を見せない様に背中を向けて湯船から上がり頭を洗った。 頭を洗っていると、Mさんが湯船から上がる音がした。 …
近所でも有名なオタク高校に転校してきた美少女との話
2017/03/04 16:02
2017/03/04 16:02
俺の通っている高校は、

周りの人から「オタク高校」といわれていた。

それは単なる「口コミ」なのだが、

子供がこの高校入りたい!というと、

親はきまって

「あそこはちょっとおかしいからやめなさい。」



「あんなオタク高校には入っちゃだめだよ。」

の様に必ず否定する。

だから年々入学者数は減っていって、

俺が高校1年生の時は1クラスしかなくて、

しかも生徒が18人しかいなかった。

ちなみに2年は14人、3年生は15人なので、

俺らの代は比較的多いほうだった。

18人と言っても、

9人9人で男女分かれている訳ではない。…
清楚だと思っていた彼女が酔って本性を現した痴態体験談
2017/07/07 17:40
2017/07/07 17:40
同じ大学の真面目な女の子と付き合い始め、

ようやくセックスまでこぎつけた。

先日、仲間同士で飲みに行った。

彼女も一緒に飲みに行き、

程よく酔っ払い僕のアパートへ。

二人とも結構酔っ払っていて

アパートに着くなり当然の如く

二人でベッドに倒れ込んで、

いつものようにセックスし始めた。
そこで彼女が、

「ああん・・いい・・きもちいい・・」と、

普段言わないようなセリフを言い始めた。

そこでまずビックリ。

その後、なぜか彼女が上になった。

いつも上に乗るのを嫌がる彼女。

不思議に思いつつも、

彼女がチンチンをあてがい自分で入れた。

「え!」と思…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・8人目の人妻

・【露出】自画撮りのヌード写真を見せてくる妹

・シルバーのBMWと我輩の男根を乗りこなす近所の奥様

・【痴漢・痴女】私は痴女です

・【人妻体験談】手が早くヤリチンとして有名な上司に汚された花嫁が妊娠してしまった

・【熟女体験談】仕事の訪問先で知り合ったエロい高齢熟女に赤ちゃん言葉で話しかけ、おっぱいに吸い付くとなんだか母親と近親相姦をしている気分になる

・■SEXをしたくてたまらない時期

・日本酒のチカラ【人妻体験談】

・姉と私 1989 から

・セフレ探してる四十路の金持ち熟女とのエロ体験

・パチ屋のコーヒー嬢とデートやセックスをしていました

・優しく無防備なオナニタには困らない天然エロなパート主婦

・【オナニー】寿退社した先輩OLの生パンを拝みながら

・姉に彼氏が出来たと思ったらエッチした相手は俺でした。

・不倫の相手は息子の家庭教師です

・寝取られまではいかないが・・・

・私の好きな人【人妻不倫体験談】

・耳も弱いワタシはメロメロ…言葉だけでいきそう【出会い系体験談】

・妻のバイト先の人間と共謀して妻を犯してもらう計画。

・【Hな体験】セックス嫌いな彼女を酔わせてイタズラ三昧

・取引先の後輩の妻と

・女子刑務所での誘惑

・【痴漢・痴女】痴女モードに入った処女

・蘇る嫉妬心

・【痴漢・痴女】痴漢した処女にそのまま挿入して何度も射精したエッチ体験談

・近所のおばさんと、近所のおじさんの不倫現場を目撃した

・人妻めぐみ

・【初体験】沖縄でナンパした女子大生と童貞喪失

・【痴漢・痴女】痴漢でかんじてしまいした・・・

・スカートに頭突っ込んで、人妻が逝くまでペロペロしました