寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

同級生を奴隷にした話 8

2018/01/22 21:28


【下の話の続きです】
同級生を奴隷にした話


同級生を奴隷にした話2


同級生を奴隷にした話3


同級生を奴隷にした話4


同級生を奴隷にした話5


同級生を奴隷にした話 6


同級生を奴隷にした話 7


休日の詩織の華やかさにすっかり魅入られた俺は
また、詩織にメールを送った。

「今週日曜は暇か?
暇なら10時に渋谷のハチ公前で」

もちろん「渋谷」も「ハチ公前」も
便宜上用いる地名、場所名だ。

俺は、俺たちの住む街の近くの大きな街に、詩織を誘い出した。
そういう意味だと思ってほしい。

「はい」

「ミニスカートで来いよ。コートは長めの方がいいかもな」

詩織を露出調教させる意図が見え見えのメールを
俺は、恥ずかしげもなく詩織に送った。

「はい」

詩織は、短い返信メールで俺の命令に従順に服従する意思を示した。

約束の日曜日、俺は詩織との待ち合わせ時間より随分早く
待ち合わせした街の駅に着いた。

この日の前日である土曜日の午後も、
俺は、学校帰りこの街に来て、
延々と数時間歩き回り、詩織を陵辱できそうなポイントを探した。

待ち合わせ時刻より早めに来たのは、
土曜に見つけたポイントが、今日も露出ポイントとして使えることを確認をするためだ。

俺が待ち合わせに選んだのは結構大きな街であり、
日曜日ということもあって、かなりの人ゴミだった。
しかしそんな人の多い街でも、
誰の目からも死角になり、人知れず詩織を犯せそうな場所は、
いくつか見つけられた。

ポイント確認のための散策を終えた俺は、詩織との待ち合わせ場所に向かった。
俺は、約束の時間より少し前に着いたが
いつも通り、詩織は俺より先に来て待っていた。

「待ったか?」

「…今…来たところ…」

詩織は、いつも通りの穏やかで、ゆっくりした口調で、
いつも通り待っていないことを強調した。

その日の詩織は、
黒の厚手のタートルネックの毛足の長いセーターの上に
襟にフェイクファーの付いた白のロングコートを羽織り
白と黒の大柄のチェック模様で膝より少し上の丈のミニスカートを履き、
グレーのベルトアクセントのロングブーツという姿だった。
手にはピンク色の皮製のバッグを持っていた。

首元には、三日月が不規則に繋がれたような銀色の首飾りをしており
これがアクセントとしてよく映えていた。

色調を抑えた服装だったが、
バランスはとても良かった。

白いのロングコートは、ウール地のようであるが
ウールとは思えないような光沢があるので、おそらくカシミア混紡なのだろう。
見るからに高価そうだった。

白いコートは、細身の詩織によく似合っていて
詩織の清潔感を一層引き立てていた。

加えて、白いコートとピンクの皮製バッグの組み合わせは
いかにもお嬢様といった風で、詩織らしかった。

俺はデジカメを取り出し、また詩織の私服姿の写真を撮った。
レンズを向けられると、詩織は恥ずかしそうに笑ながらも
目線をカメラの方に向けてくれた。

会って早々、俺は詩織を連れて近くのデパートの中に入った。

デパート内のエスカレーター前の長椅子に座ると
俺は、休日に持つとは思えないような大きなバックの中から
お茶のペットボトルを取り出し、詩織に手渡した。

「とりあえず、これ飲めよ」

「…ありがとう……」

穏やかな笑顔で、詩織は俺に礼を言った。

「一気に全部飲めよ」

「…………………あの……何か…入ってるの?…」

ペットボトルを両手で持ち、詩織は不安げな目で俺に尋ねた。

「何も入ってないよ。普通のお茶だ。
いいから飲め」

「………はい…」

不安そうな顔をしながら、詩織はペットボトルのお茶を飲み始めた。
ペットボトルのお茶は、この街に着いてからすぐに買ったものだ。

熱すぎると飲みにくいと思って、俺はこの街に着いてすぐ、お茶を買っておいた。

お茶を買ってから、街の露出ポイントを捜索したので
お茶は一気飲みできる温度にまで冷めていた。

詩織は苦戦しながらも、なんとかペットボトルを1本飲み干した。
詩織が飲み終わるのを待って、俺はバッグの中からもう一本
違う銘柄のお茶を取り出し、詩織に手渡した。

「これも飲めよ」

「……あの…………また…飲むの?…」

何か言いたげな顔で詩織が尋ねた。

「そうだ。飲め」

「…あの……全部飲める…自信…ない…」

「じゃあ半分まで飲め。それならいいだろ?」

「…分かった…」

詩織はかなり苦しみながら、お茶を少しずつ飲んだ。

途中、止めてほしかったようで、
詩織は、許しの言葉を望むような目でちらちらと俺を見た。

詩織の苦悶の表情が次第に色濃くなって来たので
俺は、詩織が半分飲むより少し前に、詩織に飲むのを止めさせた。

「じゃ、行くぞ」

詩織から受け取った飲みかけのペットボトルを大
きなボストンバッグに再び入れると
俺は詩織に言った。

「…うん…」

詩織もベンチから立ち上がった。

露出スポットに向かう道すがら、俺はまた詩織の服装を褒めた。
詩織はまた、ストレートに褒められて、困ったような顔で笑っていた。

詩織は足が綺麗だから、
もう少し短いミニスカートも似合うと俺が言ったら

「…あの……持ってるスカートでは…これが一番短いの……」

と少し沈んだ顔で答えた。
俺が、何故そんな複雑な顔で答えるのかと聞いたら

「…周りの子は…みんな短くて可愛いスカート…着てるのに…
…そういうの持ってないって……なんか…恥ずかしくて…」

と詩織は答えた。

確か、当時はロングブーツを履く女性も多く
ロングブーツに合わせるスカートとして
マイクロミニを選ぶ人が多かったと思う。
おそらく、詩織も本心では、そういうお洒落を楽しみたいのだろう。

俺は、マイクロミニの詩織も見てみたいが
そのぐらいの長さのスカートも、詩織らしい上品さがあるから
気にすることはないと詩織に言った。

白い膝の覗く詩織のスカートは、白と黒の大柄のチェック模様であり
スカートのウエスト左横の部分には皮製のベルトが2本付いていた。
ウエスト左横のベルトの下には、スカートの生地が折り重なっているのが見えた。
おそらく巻きスカートなのだろう。

巻きスカートであるのに、両サイドと後ろには何本かプリーツが入っており
詩織のスカートは、結構凝ったつくりのスカートだった。

そもそも俺は、詩織の服装を褒めるために、詩織の全身を眺めていた。

しかし、スカートから覗く詩織の白い膝や、
詩織が前に足を踏み出すときに見せる
スカートの生地越しの詩織の太ももの曲線、
詩織にはちょうどいいサイズのニットの下の
詩織の胸の膨らみなどを見ていたら
俺は、何やら興奮して来てしまった。
明らかに、精液の貯め過ぎであった。

そのとき、俺たちが歩くいていた大通りの中央には、
車道があり、車道の両側には街路樹が立ち並び
街路樹の外側には、幅の広い歩道があった。

休日の繁華街の大通りの歩道は、爽やかな天気も手伝って
俺たちを始め多くの人々が歩いていた。

人々が行き交う大通りの歩道の上で、
抑えきれないほどの性欲に突き動かされた俺は、
不意に詩織を抱き寄せ、
詩織を腕に抱え込んだまま、自分の右肩を歩道脇の建物の壁に付けた。

いきなり抱き寄せられ、強引に歩道の端に引っ張り込まれた詩織は
腕の中で、驚いた顔で俺を見上げた。

俺は、左横のベルトの下の、
巻きスカートの生地が重なり合う部分から手を差し入れ
巻きスカートの外側の布地はそのままに、内側の布だけを指先だけでたくし上げ、
詩織の局部へと指を伸ばした。

「…あの……やだ……待って………」

詩織は中止を懇願した。

詩織の懇願を無視し、
俺は下着越しに詩織の局部を撫で始めた。
下着の上からゆっくりと弱い力で、詩織の局部をなぞる様に触り
下着越しの詩織の局部の形を俺は楽しんだ。

「…あの……人が…………いっぱいいる…から…」

詩織は、泣きそうな顔になり
上ずった声で俺に言った。

詩織は、言葉では俺に抵抗するものの
従順なメス奴隷として繰り返し調教を受けている詩織は
俺の手首を掴んだりなどせず
俺の手の動きを邪魔しないよう、少し足を開いて立ち
泣きそうな顔で局部への陵辱を耐えていた。

詩織が唯一出来たことと言えば
自分の白いコートの、建物とは反対側の胸元辺りをしっかりと持って
コートで俺と詩織との体の隙間を覆い隠すことぐらいだた。

自分の局部が男の指で陵辱されるシーンを
通行人の目から覆い隠すことだけが
詩織に許された自由だった。

詩織の局部への陵辱を続けていると
引きつった顔で周囲を気にする詩織の顔が、
見る見る赤くなっていった。

詩織は、真っ赤な顔で目をきょろきょろと泳がせ、
ときおり、泣きそうに歪んだ顔で俺を見上げた。

詩織の左側は建物の壁だ。
左側から見られる心配は、全くない。

詩織の背後と側面は、詩織のロングコートが目隠しになっている。

詩織の体の正面には俺の体があるし、
巻きスカートの一番外側の布はたくし上げられていないから、
正面からも詩織が陵辱受ける現場は見えない。

今ここで詩織を辱めても大丈夫だと思ったからこそ
俺は、溜め込んだ性欲に忠実に従い、詩織の体をもてあそび始めたのだ。

しばらく下着の上から詩織の局部の緩やかな曲線の感触を楽しんだ後
俺は詩織のショーツの前の部分を少しだけ引っ張り下ろし
直接局部の上に指を這わせた。

局部を直接、俺の指で犯され始めた詩織は、
至近距離からチラッと悲しそうな目で俺を見上げ
その後、泣きそ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
デリヘル頼んだら上の階の奥さんが来た
2017/05/25 08:19
2017/05/25 08:19
熟女フェチなもんで、ヌキたくなったら、よく人妻デリヘルを使うんです。 んで、最近出来た人妻デリで出張サービス頼んだら、一人目デブ、もう人外な感じ。 俺「帰ってもらえますか?」 店へTEL。 俺「普通の人間いないの?」 二人目、どうみてもヤク中。 店へTEL。 俺「普通のを・・・お願いしたいんですけど・・」 で、三人目・・・。 暗がりだったから最初わかんなかったんだよね。 でも雰囲気は良かったので迎え入れた。 そこは即尺系のデリなんで、入ってきたらすぐそういう雰囲気なんだよ。 嬢「こんにち・・・」 俺「?」 顔を見ようとしたら、いきなりしゃがんで即ハメならぬ即フェラ。…
友人の彼女を奪って処女をいただいた
2017/05/14 20:16
2017/05/14 20:16
713 :えっちな18禁さん:2009/09/10(木) 01:58:33 10年前にあった、友達の彼女を寝取った話はここに投下していい? かなりの長文な上に書いてて前置きが長くなってしまって。 誰かアドバイス頼む。 714 :えっちな18禁さん:2009/09/10(木) 08:07:17 >>713 お願いします 720 :713:2009/09/11(金) 00:18:38 では、10年前の正月にあったエッチねたを投下します。 かなり前置きが長い上にエロがうまく表現できてませんが、 楽しんでいただけたら嬉しいです。 ※ この話には、98%…
JC「私の万年濡れ気味のお股が、当たったです」
2017/02/11 14:01
2017/02/11 14:01
1 名無しさん@ピンキー 2012/04/19(木) 17:38:13.92 誰にも言ったことないんだが、時間がたてばたつほど 中々エロい体験だったと思う。 スレ立てるの初めてだから、いろいろ読みにくいとこあるかもしれないけど 良かったらつき合ってくれ。 2 名無しさん@ピンキー 2012/04/19(木) 17:42:26.51 私は生まれたときからずっと都内に住んでいるが、中学時代の一時だけ、 家庭の事情でクソ田舎のばぁちゃん家に預けられてたことがある。 中1の終わりごろから中3の夏ごろまでいた。 そのエロい体験は中2の夏ごろから中3の春?ころまでの出来事だ。 3 名無しさん@ピンキー…
淫乱だった女教師
2015/08/06 10:00
2015/08/06 10:00
俺は高3の時に担任の先生と付き合ってた。
テストを風邪で欠席して、別の日の放課後に受けさせられたんだけど、
ぜんぜんわかんなくてさ。なぜか無性にムラムラしてきて、
テスト終わった後に教員用の女トイレの個室でシコってた。
そしたらいきなりドアをドンドン!って叩かれてさ
担任の声で「なにしてんの!出てきなさい!」って言われて、
あー終わったなーと思ってズボン上げて出て行った。
 
10分くらい説教されてたんだけど、先生のパッツンパッツンのスカート姿の
下半身みてたらチンコたってきちゃってズボンの上からビクンビクンて、
立つのがバレて、凄い気まずい空気になった。
俺が…
私が出張の日に妻を抱きにくる悪友
2016/06/11 21:00
2016/06/11 21:00
私の家は高校時代から悪友の溜まり場で、24歳になった今でもしょっちゅう友達が来ており、私がいなくても勝手に上がってテレビなど見ています。
出張の日、妻(22歳)へ
「おい、今日は出張で帰れないから誰も家に入れるんじゃないぞ」「どうして?」
「どうしてって、俺がいないのに男が何人もいたら変じゃん」「だって寂しいじゃん」


「だめだ、ずっと前の出張の時そうやって健二を家に入れて
結局健二とエッチしただろ。知ってるんだからな」

「・・・・・・」

「お前、人妻なんだからな。わかってんのか?」

「だって・・・・」

「だってなんだよ」

「私、昔健二と付き合ってたか…
社会人サークルの旦那の友達たちに回されたエッチ体験談
2018/01/01 23:10
2018/01/01 23:10
結婚してから(社会人の)サークル仲間と冬に鍋をやりました。

独身の男の子のマンションで集まりましたが、独身の女の子2人は夜に途中で帰って行きました。

みんな結構お酒が入っていて「華ちゃんってお尻大きいよねー」とかHな話になってきて、わたしも酔っていて・・・

旦那の友達の男の子(サークル仲間)3人に回されました・・・。

その時のはすごかったですねー・・・

3人に回されたときは一人、後輩の子がいて周りの男の子が

「こいつ(後輩)、華ちゃんのこと好きなんだってさ」

わたしは友達2人に腕を押さえられて後輩にGパンとパンツを脱がされました・・。

お酒のせいで力が入らず、されるがままに・・…
姉からの誕生日プレゼント
2017/10/12 22:28
2017/10/12 22:28
【お姉ちゃんからの注意書き】 ☆長編だから、時間のある時に読んでね。 ☆童貞包茎クンの妄想だから、許してやってね。 「○○??、いるー?」 いきなり、ドアの外から姉の声が聞こえたかと思うと、 ドアのノブがガチャリと回った。 俺は慌てて、ノートパソコンを閉じて、ずり下げていたズボンを上げる。 「ちょ、ちょっと待って。今取り込み中で・・・」 俺に構わず、姉は部屋の中に入って来た。 「な、何だよ、姉ちゃん。いきなり入って来るなよ。」 「ウフフッ。どうしたの?そんなに慌てちゃって。 何してたの?」 「べ、別に…。 ちょっとネットで調べ物してたんだよ。 それより、何だよ、急に。 何か用?」 「そんな冷…
妻で遊びたい
2018/01/22 17:36
2018/01/22 17:36
妻のヌードをネットに投稿して晒すだけでは物足りなくなって取引先の営業部長Aさんと飲んだ際に勢い余って携帯に保存してある妻のヌード画像を見せてしまいました。 Aさんは、「合成?でしょ」と最初は信用しませんでした。 妻とも数回、同席して飲みに来ておりましたので、普通での妻を知っているからです。 もっとも最初にその画像を見せた時は、ソフト画の下着姿、野外パンチラ程度の物しか保存して有りませんでした。 ハード画は、携帯で持ち歩くには、危険ですから。 しかし、その時の心臓バクバクの状況は、今までに無い新しい興奮を覚えてその後の飲み会では、必ず「はぃ新しい合成写真」と言っては、携帯の画像を見せて肴に…
フェラ中に。 (お口の体験談)
2015/11/03 23:00
2015/11/03 23:00
ある週末の晩、ベッドでまったりしながら、彼女に口で舐めてもらってる時にベッドサイドにあった携帯がなりました。 僕は出ないつもりでしたが、しばらく鳴ってると「出ていいよ」と彼女に言われ、彼女に咥えられたまま出ると、実家の母親からでした…。 一瞬マズいなと思いましたが、まーバレる訳でもないしと思い直し、「おー、どした?」と言うと、「元気?今何してたの?」と言われました。 まさか「今彼女に口で咥えてもらってる」などと言える訳もなく、「あー、今はゆっくりしてたとこだよ」と返し、普通の会話を続けました。 しかし、少しSっ気のある彼女は、電話中にも…
人妻や、OLさんの秘密な時間。(笑)
2016/07/17 18:37
2016/07/17 18:37
人は皆、多かれ少なかれ自分だけの時間が必ずあると思う。友人は『そんなことないわ〜週末は必ず妻や子供達と、一緒に時間を共有してるし、妻に隠し事なんて一切ないわ(>_<)』と言う彼も、仕事には勿論一人で行き、一人で帰宅する普通のサラリーマンだ。 そんなこと聞くと、いいパパ振り全開で言うが、週末の金曜日は必ず一人で、日本橋にある、メイドカフェで一時間、ひっそりと、楽しんでいる。(笑) それを言うと彼は必ず俺に『それはそれやし…(>_<)そのくらいは勘弁してや(>_<)』と言い訳する(笑) 人妻がこんなこと言ってた(笑) 『私は、今の…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・2年前に姉貴とヤった話するわ  ■近親相姦■

・幼なじみの女の子に睡眠薬レイプされた

・【熟女体験談】格安ピンサロと中国エステの楽しみ方・攻略法

・妻が再就職してレース物の下着が増え、中にはTバックもあるが…

・妹の友達に援助  ○近親相姦○

・相川ななせ似の紗弥加に誘われて

・人妻 香苗 5

・結婚8年目の普通の夫婦だが、夜の生活がちょっと異常www

・単身赴任中に若い部下を緊縛調教

・おとなAKB似の妻が裸婦モデルになって

・名古屋出張で店外デートしたソープ嬢は中出し好きだった

・【人妻体験談】新婚ホヤホヤな新妻が浮気して寝取られているなんて真面目な夫は想像もしていないだろう

・■女性の脚が好きな脚フェチの夫

・居酒屋の個室トイレで美人嫁が隣の席の男と絶叫浮気SEX

・【初体験】ずっと片思いしていた若い英語の先生と[第4話(終)]

・メル友のヤリマン人妻はレイプに中絶経験ありの性欲処理のセフレ関係

・生意気な妹にお仕置き

・エロい女医さんとリアルお医者さんごっこ

・★先輩の愛人の女体を頂きました

・俺のdk時の初体験

・H体験談/嫁の妹とセックス 6

・彼女が会社の上司にレイプされてから結婚するまでの忘れられない話…

・主婦の私が泥酔した結果、夫と間違えて弟とセックスしちゃいました・・・

・女だけどししゃもオoニーが癖になった結果wwwwwwwwwww

・アナニーグッズを一万円分買ってもうた

・嫌いな先輩の奥さんを寝取って調教

・俺氏、ホモかもしんない

・小6の時にクラスメートをローターを使ってレイプしたった

・中学の頃にヤンキー女に逆レイプされたんだが今思えば最高だったなww

・仙台の性奴隷。デリヘルMIST看板娘★美穂さん