寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

課長の奥さんと、、、 

2018/01/19 17:28




とうとう念願がかなった。
前から狙っていた課長の奥さんを犯す事ができた。
社内ナンバーワンと言われていた同期入社の雅美が結婚したのは1年前、ショックをうけたのは私一人ではなかったと思う。
しかも上司である課長とは、、、しかしチャンスはやってきた。
ある日、課の飲み会で課長が「最近仕事がきつくてアレの時に勃たなくなっちゃったよ。」とボソッと言ったのを私は聞き逃さなかった。
酔った勢いで、ある計画を同期のYとSに相談すると彼らものってきた。
早速、課長の自宅で飲み直しましょう、と半ば強引に3人で課長の家へ押しかけた。
案の定、奥さんになった雅美がピンクのブラウスとミニスカートという服装で接待してくれた。計画通り用意していた睡眠薬で課長を寝かせると同期で飲もうということになり、昔話に花が咲いた。
久し振りに見る雅美はやはり美しかった。
笑顔が中山美穂にそっくりで社内で誰も落とせなかった彼女を営業力で落とした課長は、やはりすごい。
しかし今、その課長も寝てしまっている。
課長代理で今日はさせてもらおう頃合いをみて、「ねぇ雅美さん、実は課長から頼まれている事があるんだけれども、、、」と切り出した。
「課長から最近Hしてないって聞いてるよ、もしかしたら雅美が浮気してるんじゃないか?って。そして真相を調べてほしいって頼まれているんだ。」「そうそう、どんな方法でもいいって任されているんだ。」Sがフォローをいれると「私浮気なんてしてないわよ。」雅美は強気に答えた。
「口ではなんとでもいえるさ、ちょっとしたテストをさせてもらうよ。」そういうとまず私たちは雅美の両手首を後ろ手に縛った。
そしてすばやく目隠しをして寝室へ運んだ。
ベットの上へ寝かせると「やめてよ、声をだすわよ」雅美がいうと、「いいよ、どうぞどうぞ課長公認だしね。」そうはったりをかますと、「ただし、このテストで感じるようなら雅美さん、課長にやはり浮気をしていると報告するよ。」打ち合わせ通りYは雅美のうなじ付近、Sは上半身、そして私は一番おいしい下半身と分担して雅美を責め立てた。
Yはうなじ、耳たぶを舐めまわしSはブラウスの上から胸を揉みまわしていたが、すぐに我慢できなくなり荒々しくボタンを外すとブラジャーも毟り取って90cmはあろうかという乳房に吸い付いていた。
私はというとバタバタと抵抗する両足を押さえつけ、憧れの生足の指を一本一本しゃぶっていた。
最初は必死に抵抗していた雅美もだんだんと喘ぎ声がもれだし、体中がビクッビクッと反応し始めた。
女の扱いに関しては自信のある3人なので、打ち合わせどうりじっくり責めることにしていたが、雅美の体が素晴らしすぎて思わず先走りしそうになる。
雅美も喘ぎ声が大きくなり、乳首も完全に勃起している。
ビデオとカメラをセットし、部屋も明るくして準備は万全だ。
頃合い良しと見て雅美の両足首を持ちおもいきり左右に拡げるとピンクのパンティが現れ、もうぐしょぐしょに濡れていた。
すかさず「おいおい、雅美さんおもらししてるよ。」「いやぁ、見ないで。」さっきまでの強気な態度とは打って変わり、声も艶っぽくなってきた。
「こんなに汚れてるから取り替えないと、、、」そういうと私はパンティを一気に引き下げ抜き取った。
そうして今度は両膝の裏を持って、また左右に思い切り拡げた。
雅美のおまんこは濡れてピンク色に光り輝いていた。
「やっぱり使い込んで黒ずんでるよ。こりぁ何十人とやったんだ?」私がわざとそういうと「うそです。わたし主人しか知りません。」泣きながら雅美は答えた。
それは本当だろう。
それでこそやりがいがある。
「じゃあ、中も調べさせてもらうよ。」そういって指を2本いれて掻き回してみる。
中はきつくてよく締まっている。
もしかしてこれは、、、私がおまんこを攻めている間にSとYの攻撃も激しくなっている。
着ている物はミニスカートだけで、SとYが入れ替わってSは雅美の口へ舌をねじ込んでディープキスをやってるし、Yは乳房を揉み下しながら勃起している乳首を噛んで噛んでしている。
計画としてはまず何回か雅美をいかしてから楽しもうという事なので、私も負けていられない。
用意していた媚薬をおまんこのなかへ塗り込むと仕上げにかかった。
親指でクリトリス、人差し指と中指でおまんこ、左手でアナルを揉む3点攻めをするうちに「おおぅいやぁ、しんじゃうぅゆるしてぇ」という雄叫びとともにビクンビクンと体をえびぞらして絶頂に達した。
そのまま気絶してしまった。
かまわず再び3人で攻めると「ああぅいいっまたいっちゃう。」何回いったか分からなくなった頃「雅美、やっぱり浮気してるんだろ。こんなに課長以外の男に感じてるじゃないか。」そういうと「本当に浮気はしてません。でも感じゃうんです。もう許して」「分かった。じゃあ今度は俺達を感じさせてくれたらこの事は黙っとこう。」「はい分かりました。どうすればいいんですか?」待ってましたとばかりに、「よし、まず全員のを舐めろ。そして俺達を満足させろ。」もう体が感じまくっているので自然と雅美は私のから咥えてきた。
私とYの一物を交互に咥えているとSはもう我慢できない、と言って四つん這いになってる雅美の後からおまんこを舐めて両手で乳房を鷲掴みにしている。
やっていいか?とサインを送ってきたのでいいよ、と返すと「おい雅美、いまから俺様のちんちんでおまえのおまんこを犯してやるから、どうぞ雅美を犯してくださいっていってみろ。」そういうと「はいどうぞ雅美のおまんこを犯してください。」もう理性がとんでしまっている。
「じゃあ後からおまんこ犯してください、って言ってみろ。」「はい、雅美のおまんこを後から犯してください。」というと同時に四つん這いにして尻を高くあげさせ、Sは一気に挿入した。
夢にまで見た雅美に挿入してからはゆっくりと抜き差しし始めた。
「なんだこれ、24歳で課長1人しか知らないとはいえなんともいえん快感だ。」「そうやろ、さっき指クンニしたけど多分ミミズ千匹のおまんこや。」私は雅美の髪を掴み、一物を口まんこさせながら言った。
「うっ、もう我慢できない。」Sが言うと、「さっきビールにピル飲ませてからもう1時間位経つから中出しでも大丈夫やろ。」そういうと同時にSの腰の動きが激しくなり、それに合わして私も喉の奥までストロークさせるとSは雅美のおまんこへ私は口のなかへぶちまけた。
あぁいつかこうして犯してやるという願望が叶って2人ともしばらく繋がったままだった。
「俺の分は?」とYに言われて「あぁ悪い悪い。」と離れた。
あまりに激しい快感に雅美は失神していたがYが濡れたタオルで雅美の体を拭いていくうち気がついた。
「もう許して下さい。お願いです。」雅美が懇願すると、「おいおい俺はまだ出してないんだ。早く咥えろ。」Yはそう言うと雅美を四つん這いにし、一物を咥えさせ乳房を激しく揉みだした。
Sはカメラのシャッターを押し続け、私は次の準備に取り掛かった。
雅美の後ろへまわり、用意していたクリームをアナルへ塗りたくり中まで指をいれて揉み解した。
もう3本指を入れてもOKになり、準備は整った。
「おい雅美、こっちの穴は処女なのかい?」と聞くと「どういう意味ですか?」Yが一物を抜いた時、答えた。
「今にわかるよ。」Yが体勢を変えて仰向けになった。
「雅美、俺にもどうぞ雅美を下から突き上げて犯してください、ってくれよ。俺、お前をおかずにして何百回抜いたことか。」Yが言うと「はい、どうぞ雅美を下から突き上げて犯してください。お願いします。」もういいなりだった。
「よし、じゃあ犯してやるから自分でおまんこに入れてみろ。」雅美はYの上に跨り、右手でYの一物を握るとゆっくりとおまんこを沈めていった。
しかし3人のなかで一番大きいYの物はなかなか入らなかったが、やがてすっぽりとおまんこへ収まった。
Yは長年の思いを噛み締めるようにゆっくりと上下に動かし乳房を揉み砕いた。
「ああっ、いいっだめだめしんじゃうぅ」雅美が喘ぎ始めると「やい雅美、課長のと俺のとどっちがいいんだ?言ってみろ?」Yが聞くと、「そんな事いえません。」と答えた。
「なにぃお前まだそんな事いってるのか、これでどうだ?」と言うとYは乳房を潰れんばかりに掴み、激しく上下前後にグラインドさせ始めた。
雅美はたまらず「いいっあおっおまんこが感じちゃうぅ、Yさんのおちんちんが主人のよりいいですぅ」と言った。
「そろそろ私もお邪魔していいかな?」そういうと、「ああどうぞ、どこでも好きな穴に入れろよ。」「ありがとう。では」そう、アナルの処女はどうしても欲しい、と言っていたのでYとSが譲ってくれたのだ。
どうしてもアナルだけは最初の男になりたかった。
今その願いが叶おうとしている。
準備は出来ているので、雅美をYの腹の上にうつ伏せにさせると、おまんこに突き刺さっているYの一物の上部にピクピクと口を開いているアナルが見える。
「いくぞっ」そう言いながら雅美のアナルに一物を当てると一気に突き刺した。
「ぎゃっ」おまんこで感じまくってる雅美はまさか後ろの穴に入れられるとは夢にも思わなかったらしく、びっくりしたらしい「い、いやっ、そんな汚いところに入れないでっお願い。」「いやいや全然汚くないよ。これからはこっちの穴もよくなるよ。」そう言ってゆっくりゆっくり抜き差ししているとYも負けじと動かし始めた。
「どうだ雅美、2本のちんちんが中で擦れてなんともいえんだろう?」と聞くと、「なんか変な感じあああっ、私それ以上されたらおかしくなっちゃう。もうやめてください。狂っちゃう。」「狂っ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
★二年ほど前に自分に起きた事件です・・1/2
2016/03/16 22:04
2016/03/16 22:04
 その時私は34才、妻は30才、子供はいません、東京に近い地方都市のアパートに住んでいます。仕事は電気部品や測定器等を企業に販売する中堅商社のこの街にある支店の営業です。

 この仕事に就いてまだ1年です、以前は東京の大手電機メーカーの技術職でした。社内恋愛の後結婚し会社が社宅として借り上げたマンション(アパート?)に住んでいました。結婚して1年半程した頃、他部署にいる同期の友人が(言いづらいが)と教えてくれた内容が私の人生を変えてしまいました。
 それは、妻が他部署の部長の愛人になっている、と社内の噂になっているというものでした。当然社宅にもその噂は流れており、それを知らないのは当事者の…
【不倫】美しい母と、その母にそっくりな中1の娘[第4話]
2016/04/12 15:00
2016/04/12 15:00
その次の週から次の土曜日まで、由香ちゃんの家庭教師の時間はほとんど、いつどこでどんなデートをするのかという話ばかりになってしまった。これでは、週4に増やした時間も無駄に終わってしまう・・・。 俺「ほら、土曜日までにノルマこなさないと、どこにも行かないでここで2人勉強デートになるぞ!」 由香「はいはいw」 少しは真面目に勉強してくれる様になって成績は上がっているが、元が酷いからもっと頑張って欲しいところだ。 由香「タッ君、今日もお母さん居ないから寂しいねw」 俺「余計な事は良いから集中してくれ」 順子さんは弁護士を交えた話し合いなどで、あれから毎日、家庭教師の時間も出掛け…
感じるとヨダレを垂らすのがエロい彼女の妹との中出しエッチ体験談
2016/02/09 21:57
2016/02/09 21:57
京都で大学生だった頃の話。

准看護師の彼女(23)と付き合った時は、

妹(21)がいる事は結構後で知った。

彼女と同棲してたんだけど、彼女が研修で

3日間俺一人って時に、何故か妹が来た。

妹は実家だったけど、俺達が住んでいる所からは

日帰りじゃあ無理な距離。

でも、部屋を訪ねて来たときは、既に18時位だった。

さすがに帰れとは言えないし、

よかったらどうぞってことで部屋に入れた。 さすがに帰れとは言えないし、

よかったらどうぞってことで部屋に入れた

しばらく雑談して、結構盛り上がったけど、

あくまで彼女の妹ってのは忘れない程度

夕食を一緒に食べて、…
日焼けしてちゃらそうな男に激しく抱かれました
2015/11/17 18:48
2015/11/17 18:48
ちっちゃいお店で美容師してます。
アダルトビデオというものを見てしまった時からずっと考えてました。
こんなムキムキでエッチ経験がとても豊富な人に抱かれてみたいと。。。

もう立てなくなるくらいの激しいエッチ体験をしてみたいと。
そして、エッチが上手な人と出会うことが出来ました。
もう見るからに女遊びをしてそうな人だったけど、
自分にはなかなか縁がないタイプだと思ったのでお試しで。。。
キレイに日焼けしてて、筋肉質で、背が高くて、、、
自分より2つ年下だったけど、好みのタイプ。
自分の部屋に呼んで、横に座って手をマッサージしてあげたら、
少し強引に服を脱がされた。
「シ…
母ちゃんがはいた濃い肌色のパンティーティーストッキング 3
2016/05/04 16:42
2016/05/04 16:42
母ちゃんが盲腸炎で入院した。入院中、下着を母ちゃんに届けるために、病院へ向かう準備をしていた。「母ちゃんのブラジャーに、白いパンツ。ついでに、パンティーストッキングと白いソックスも。」すると、母ちゃんがはく白いパンツを取りだし、眺める。「これが母ちゃんがはくパンツか。これがスカートの中から見えた時、興奮したなあ。そうだ、この白いパンツ、どこのメーカーかな。」すると、パンツを製造したメーカーを知りたくなり。よく見ると、赤い文字の表示が。こう下記示されていた。「綿100%、福助、日本製。」すると、一つの事を思いついた。「母ちゃんは盲腸手術をする前に、陰毛を剃ったかも。見たいなあ、母ちゃんの陰毛を剃…
バイト先の美人の女子大生に告られて快感をむさぼった
2018/07/16 19:32
2018/07/16 19:32
いきなり女子のブラとパンツを渡された
2015/11/14 20:12
2015/11/14 20:12
617 :えっちな18禁さん:2009/02/21(土) 21:38:29 小5の時に東京から女の子が転校してきた。名前はK子  K子は背が高くて胸も小5にしては大きかったと思う。すぐに男子のアイドル的存在になった。  しかし女子からは、あまり気に入られなかった。気付いたら、女子のボス軍団が 中心となりK子イジメが始まった。  シカトをしたり、物を隠したり、してたようです。そんなある日の水泳の時間、 女子のボスがビニール袋をくれた。中身はK子のブラとパンツだった。  618 :えっちな18禁さん:2009/02/21(土) 21:46:5…
妻の友人に夜這いしてマンコを拝見する
2017/11/05 00:03
2017/11/05 00:03
 ヤバいぐらい興奮したエロバナです

嫁の友達が、お泊りにきていた。大学時代の友人らしく、うちらの結婚式の時に友人代表の挨拶をしてくれた子だった。その時から可愛い子だなと思ってたので、妙にテンションが上がってまった。私は仕事の帰りが遅く、この日も23時を回っていた。

 そんな時間なので、友人さんは既に夢の中でした。遠くから来ているらしく、疲れていたので早く寝たそうです。嫁は起きていたけど、風呂に入ると言い出したので私は部屋に1人きりになりました。



* すぐにピンと来て、これって、チャンスだよね!まずは、友人さんの眠りの深さを速攻確かめるべく、脇腹をツンツンしてみる。ほっぺたを軽…
H体験談。。娘の担任女教師とSEX
2016/05/26 16:49
2016/05/26 16:49
俺45歳 女教師:31歳 奧さん:40歳 

娘の担任女教師(真理)が転勤することになり、送別会が開かれた。
30人ほど集まったが、ほとんどが奧さんだった。

宴会が終わり、二次会はホテルの地下にあるカラオケルーム。
たまたま、女教師(真理)と奧さん(有香)が隣に座った。
乾杯の後でカラオケ。

真理は少し飲み過ぎたのか、トイレから戻ってきたら顔色が悪かった。
「飲み過ぎたみたい」と言って横に座り、俺にもたれかかっていた。
お開きになり、俺が送って行く事になった。

外へ出て歩いていたら、ビルの間に入って、また吐いてしまった。
タクシー乗り場はまだ先だ。休みたいと言われたが、周りは飲み屋ばかり…
【痴漢】小学生の痴漢少年 2.
2016/03/10 02:56
2016/03/10 02:56
あの小学生の痴漢少年に興味を持った僕は、 あの少年が大人の女性にどうやって痴漢行為を行ない、、、かつ感じさせてしまっているのか 一度間近で見てみたいと思い。。。会社帰りの際は常にあの少年の姿を捜すようになりました。。。しかし、あの少年は結構不定期に現れるようで、、、見かけるときと見かけないときがあります。 また見かけても、あまりターゲットとなる女性がいないのか、、痴漢行為を働かない日々がしばらく続きました。ある会社帰り、、僕はまたその少年がいるかどうかを確認する為、ホームを一通り見て回りました。が。。見当たりません。 『む。。。今日も外れかな?』 僕はあきらめ。。まだ電車が来るまで…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【盗撮・覗き】夜の公園で大学生の彼氏にフェラしてた純情JK

・「私の計画実行2」の続編が見たいです。

・【熟女体験談】小学校の頃、友達のお母さんで筆下ろしを経験した

・制服姿の女の子のきつい女穴に挿入

・浮気とは違うと思っています・・・

・△出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた(転載禁止)

・【人妻体験談】PTA行事で知り合った息子の友だちの父に公園でSEXを強要された

・【熟女体験談】母が再婚した義父に妻が寝取られていることに興奮している変態夫

・【Hな体験】初めてのテレクラで潮吹きエロ娘をゲット!

・ご近所の付き合いは大切です勿論エロも

・興味本位で出会い系に登録した体験談

・【露出】露出マゾの母娘って変ですか?

・#子育てを終えた妻の衝撃的な願い(転載禁止)

・【熟女体験談】面白いおじさんだと思っていた隣のご主人にレイプされた

・パイパンが主人にバレてしまいました

・マセガキの俺が女子高生にやったイタズラ

・【SM・調教】変態女とホモマッチョに囲まれて・・・。

・身体の芯に火がつき始めていた妻は・・・

・学校のPC室のエロ

・【不倫】逞しい彼の体に夢中です

・タイでの事

・【熟女体験談】熟年夫婦の初めてのスワッピング体験

・【人妻体験談】新妻幼なじみにアナルプラグをつけさせたらドヘンタイに進化した

・妻が愛していた俺の親友

・妻が最近化粧と服が派手になった

・スケベな目で見られてた妻

・危険日に上司の精を受け入れた・・・

・【人妻体験談】映画館で子連れの父親に痴漢されてしまった

・【熟女体験談】旦那に話を持ちかけられ、知らない男と公認中出しSEX

・【レイプ】念入りに下調べして、若いママ友3人組を仲間と襲撃