寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

寝取られ現場に遭遇すると、とっさに相手を殴るなんて出来ないものですね

2018/01/17 12:00


リアルな話をさせていただきますと、

よく寝取られる現場に直面しながら寝取った相手を殴れないのはヘタレだとか復習しろと言う話を耳にしますが、

そういう現場を目の当たりにしたら普通はできませんよ。固まります。

私の経験で申し上げれば、まず例えば彼女があやまちをおかしそうになっていたとして、

相手に体を触らせるにとどまるのか、それとも最後までやってしまうのかそれを確認しないと行動には移せないです。



私の場合は妻が自宅で同僚とあやまちをおかす現場を目の当たりにしたわけですが、

事のなりゆきを確認していて、あの時いったいどの次点でストップをかけるべきだったのか

思い返しても、いまだにその答えを見いだせずにいます。

仮に挿入に至る以前で「お前らふざけるな!」と現場に立ち入ったとして、

その後私は妻に対してずっとあの時ストップをかけなかったらお妻は挿入を許していたはずと

悶々としつづけたでしょうし、結局のところ最後までするのかしないのかというのは、

その後の私と妻の関係の間で大きな意味をもってくるわけですから、止めずに見届けた事に

関しては僕はよかったんだと今でも思っています。

ただ寝取られに異様に興奮するという方々がここにも大勢いらっしゃるようですが、体験してみて

はじめて分かりましたが、私自身もあれほど性的に興奮を覚えた事はありませんでした。

体が震えてガクガクするほどにショックを受けているのに私のペニスはいままでにないぐらいに

脈打っていて今にも射精してしまいそうなほどでした。

その時は何でこんな時に勃起するのか自分の体に起こっている事にかかわらず意味が分からず

よく人間は極度の苦痛を味わうと脳内モルヒネが分泌されて緩和されるとかそういう話を

聞いたことがあったので、もしかしたらそういう事なのかなと思っていました。

でもそうではない事はすぐわかりましたけど。

事故がおきた後、出社して仕事をしている最中もずっと勃起したままなのです。

私は精力的に強い方ではなく風俗はもちろん学生時代からマスターベーションすら殆どした事がありません。

なのに何と私は会社のトイレで三度も自慰行為を余儀なくされる始末で、あれには本当に参りました。

まるで麻薬の禁断症状みたいに下腹から太腿のあたりがガクガク震えてくるんですよ。

元々変態の素養があったのか、ああいう事を目の当たりにして脳の一部が壊れてしまったのか、

それとも皆さんもそうなのか、どうなんですかね。

覚えているのは気づいたら私は寝かされていて、でも何で自分が寝ているのか

出勤してからの記憶がおぼつかない状態で、ただ天井がぐるぐる回っていたので

自分が泥酔状態にあるという事だけはよく分かりました。

隣をみると小3になる息子が寝ているので、ああ、自宅なんだなとそこではじめて分かるぐらい。

とにかく記憶を手繰ろうとすると酷い頭痛するので諦めて眠ろうとしましたら

隣の居間から妻の話声が聞こえてきたので、おや、誰かいるのかな?と思って

吐きそうになりながらも身を起こして息子を起こさぬよう気をつかいながら

若干開いている襖の隙間から覗いてみたのです。

するとテーブルの向こう側に妻が座っていまして僕に背を向けるかたちで男が座っています。

私の同僚であるSでした。

そこではじめて断片的に記憶が戻ってきまして、新宿でSと飲んだという事だけは何となく思い出されてきました。

しかしそれでどうしてSが私の家で妻と話ているのかは皆目見当もつきません。

ただテーブルの上にウィスキーや日本酒の瓶があるところをみるとどうやら妻を交えて

飲み直そうという事になったのかなと。それで私が潰れてしまったのかなという想像はつきました。

妻も酔っているのか敬語も使わず親しげにSと話していて、少しばかり嫉妬しそうになりながらも

とにかくしたたかに酔っていましたのでとりあえずそのまま横になって目を瞑りました。

人間、意識が朦朧とするほど酔っていても聴覚だけは逆に研ぎ澄まされていくようで

隣室から聞こえてくる話し声だけはむしろハッキリ聞き取れたのを今でも覚えています。

最初に聞き取れた言葉は「見合い」という妻の言葉でした。

「やっぱりなT山(私)が奥さんみたいな美人くどける訳ないと思った」というSの言葉で

ああどうやら僕と妻の馴れ初めの話をしているのだなと思いました。

「いっちゃお」という妻の声にうそうそうそというSの慌てた声。

私とSは同期の入社ですが、部下でもあります。

妻が言っちゃおと言ったのは私がSの人事権を掌握しているという事を知っていたから

だと思われますが、Sが慌てたのは私が彼の土日のアルバイト、つまりはスポーツジムの

インストラクターをして小銭を稼いでいる事に目を瞑っているからに他なりません。

「でも何で急に見合いしようと思ったの?奥さんモテそうなのに」というSの声に思わず私は身を起こしてしまいました。

見合いをした時から彼女が何故見合いをする気になったのか本当のところは教えてもらっておらず

また私もそういう事を聞くのは野暮だと聞くのをはばかられていたのです。

女は賞味期限があるからというような事を妻が言ったと思うのですがその辺のやりとりは

正直あまりハッキリと覚えていません。

Sが「男だってそれは同じだ」というような事を言っていたと思うのですが、酔いもあったと

思うのですが記憶を順序立ててあまりよく思い出せないのです。

ただはっきり覚えているのは「前の彼氏遊び人だったんでしょ」というSの言葉です。

はっとした妻の表情が襖の隙間から確認できました。

「あ、図星だ」というSの勝ち誇ったような声。図星なんだ、私も妻の表情を見てそう思いました。

「ち、違うわよ」という妻の声を遮るように「あもしかしてT山知らないの?」というSの声。

妻がふう、と深いため息をついて黙ってしまうと、ま、これでさっきの話でチャラねというその話はお流れになると思われました。

妻はウィスキーのグラスを蛍光灯に透かすように眺めながら

「遊び人はねぇ一緒にいると楽しいのよねぇただ楽しいだけじゃご飯食べられないのよ」

誰に促されたわけでもなく自ら話しだす妻の眼差しはトロンとしていて

相当酔っている事が確認できました。

「何やってる人だったの」というSの声。

そいういう事をぶしつけに聞いても許されてしまうところが同期で私以外で唯一生き残った所以なのでしょう。

私は部下ながら彼のそういった所に少なからず嫉妬の念を持っていました。

「ぷーたろー、まぁ遊び人というか夢追い人って感じかなぁ」

妻が自分の過去についてあれほどべらべらしゃべったのはやはり酔いがあったのでしょう。

そうでなければ夫にすら話した事のない自らの過去をカミングアウトするわけがありません。

その時はじめて妻の酔いにつけ込み過去を聞き出そうとするSに対して苛立ちを覚えました。

告白すれば、それとは逆の作用として異様に自分の心音が強く高鳴りだしたのを思い出します。

「夢追って許される歳ってあるよね」というS言葉に

「そう!そう!そう!それなのよ!」我が意を得たりというような妻の声。

「男は25過ぎて夢追ってたら一気にニート扱いだからな、女は家事手伝いって便利な言葉があるけど」

というSの言葉は私には意外でした。彼がそのような感慨自体を持つことが意外でしたので。

「で、夢って何追ってたの」

「いろいろよ、DJ、ダンサー、ミュージシャン、アーティストになるとか言って絵描いてた事も

あったな、ヘッタクソなの」

懐かしげにそう言う彼女はとても幸せそうで、それがやけに難らしく思えたのを覚えています。

私と一緒になったのは飯喰う為なのか、そう思えてしまった私は心が狭い男なのでしょうか。

「奥さんも何か目指してたの?」

「ううん、彼の夢に乗っかるだけで楽しかったから、ああでもダンスとかはやったなぁ」

「うそ、ダンスやってたの何やってたの?うちのジムでインストラクターやんない?」

「そんな本格的にじゃないわよぉ」

「なにダンス?」

矢継ぎ早に聞き出すSに対する私の表現をどう言葉にすればいいのでしょうか、

ぶん殴ってやりたいほど憎らしいと思う気持ちと、猛烈に聞き出してほしいような

妻を汚してほしいようなそんな気持ちが共存していました。

ネットじゃなかったらこんな気持ち親友にだって絶対に言えませんが(苦笑)。

私は気分が高揚しすぎて頭痛が最高潮に達すると同時に猛烈な吐き気に襲われました。

トイレに駆け込もうとも思ったのですが、覗いていたという負い目もあって気後れてしまい

口をおさえて部屋の隅のゴミ箱へ這っていきました。

私はそこで必死に音をおし殺すように吐きました。

咳き込みそうになるのを必死に抑えながら吐きました。しかし胃液しか出ませんでした。

もしかしたら寝かしつけられる前に吐いていたのかもしれません。

胃液を出し尽くしても内容物を吐き出そうと何度も胃袋が収縮します。

おちつくまでしばらく時間がかかりました。

あそこまで悪酔いしたのは学生時代以来かもしれません。

呼吸を整えていると突然Sの大きな声が聞こえてきました。

と同時に妻のシー!という声が。

私は懲りずに再び襖の隙間に這いずっていきました。

何たるバカなことをと自分でも思うのですがそうせずにはいられません。

Sの表情は背中しか確認できませんでしたが妻は何故だかふて腐れてい…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【逆レイプ】昔の思い出
2016/05/28 12:45
2016/05/28 12:45
僕もかなり昔に大人の女性に犯されたわけではありませんが、小学校 年生くらいの時に大人の女性とエッチな体験があります。 僕は小学校年生くらいの、まだオナニーも覚えていないころからおちんち んをいじると気持ちいいことがわかっていました。 その当時はおちんちんに紐をぐるぐる巻きにして遊んだり、拾ったオロナミ ンの瓶におちんちんを入れておしっこをしたりして遊んでいました。 しかもそれは家ではなく、駐車場の隅だったり、倉庫の裏だったりと外で していました。今にして思えば今の露出趣味はこの頃からその傾向があった みたいに思います。その後オナニーも覚えて射精の快感も知りましたが、 そんな少しいけない遊びも…
【職権乱用体験告白】ぽっちゃりの女【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/30 05:58
2017/01/30 05:58
出会い系で知り合った、ぽっちゃり歳の女「ルミ」。バスト「Fカップ」ちょっと垂れパイ… 風俗で働きたいとの事で、面接した。色々な質問をするが、何でも「大丈夫です」と話すルミ本当にッと思いつつも、実際に実演してみようかと話すと、「はい」とやる気満々です。 ルミから服を脱いでいく 恥ずかしそうに胸と股間は隠す。 じゃあ、シャワー浴びますかと一緒に風呂場に行くとルミから洗ってくれる。緊張しながら丁寧にペニスアナル全身を洗ってくれた。ワザと、ルミの顔の前にペニスを出すと 一瞬私の顔を見てから、ペニスをくわえ込む 会ってから分で(笑) 結構奥までくわえ込むフェラでかなり上手い。お楽しみは、ベットでする事…
※お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました完(転載不可)
2018/04/26 20:00
2018/04/26 20:00


有美さんは、僕のことを見ないで旦那さんの事を見つめています。小さなペニスをしごいている旦那さんを見つめながら、僕の上で腰を振り続けています。
僕は、いつも以上にキツく締まっている有美さんの膣に、強い快感を感じていました。

『パパ、見える? ヒロ君のぶっといの、根元まで入ってるよ。さっきから、ずっと子宮にキスしてくれてるよ』
有美さんは、そんな事を口走りながら腰を振り続けます。でも、上下に激しくピストン的に動くのではなく、擦り付けるように、回すようにねっとりとした腰の動きをしています。
「み、見える。子宮に当ると、気持ちいいの?」
旦那さんは、オナニーをしながらそんな質問をします。でも、…
片思いしていた会社の先輩が泥酔したので犯しちゃいましたwww
2018/01/06 10:02
2018/01/06 10:02
2年間片思いだった真里さんとついにやることができたので報告します。

僕は大学卒業後、とある会社に就職しました。

そこで一目惚れしたのが真里さんでした。

強気な正確でありながら女性らしさをかもし出していて、

僕はすぐに惚れました。

その会社は飲み会が多く、

月に1度はみんなで飲みに行く程人間関係が良かったです。

酒の力を借りて告白しようと思ったこともありましたが、

真里さんには隙が無く、

というよりも僕を恋愛対象で見ていないので

告白するムードにすらならなかったです。

そのうち僕は朝から晩まで真里さんのことを考えるようになっていました。

そしていつしか真里さんをこっそ…
❤主人が帰って来るまでに整理整頓
2017/03/16 11:59
2017/03/16 11:59
 今月の末、主人が3年間の単身赴任を終えて帰ってきます。先月からセフレと元彼とは何とか別れ話が付きました。問題は主人の弟と主人の父親です。主人の父とは一緒に住んでいて、子供を寝かせた後義父の部屋に行って楽しんでいました。

 子供が学校へ行っている時もエッチをしていたので主人が帰って来てからも主人が仕事でいないときにできそうです。問題は主人の弟なんです。若いしイケメンだしとても元気なので私の方が離したくない感じなんです。

「主人が帰って来たら頻繁に会えないけれどいい。」と聞いたら「会えないのは辛いけど我慢するよ。でも月1くらいは会ってよ。どうせなら安全日がいいな。義姉さんの中に出したいし…
【人妻体験談】久しぶりに連絡がきた人妻とのエッチな体験談
2015/12/30 23:23
2015/12/30 23:23
4年前の実際に体験した話です。 10月の上旬にある人妻Mからメールが来た。 M「ひさしぶり!元気?」 私、早速電話で折り返す私「おおおぉ!めちゃめちゃ久しぶりだね!」 私「最後に会ったのは、秋葉原のカップル喫茶につれてってもらて以来だから、約2年ぶりかな?その後は?」 M「そうだね!実は最近足りないの!」 私「足りない?ってエッチが?」 M「・・・・・うん・・・・」 っという会話が交わされ、どうやら最近、ご主人がかまってくれないらしく、欲求不満らしいとの事。 Mとの出会いは約12年くらい前にテレ蔵で知り合いやっとの事で一回だけエッチをした娘で、連絡だけは取っていたが、全く会っていなかった娘…
飲み会でお持ち帰りした女のコは小柄だけどプリケツ爆乳
2017/01/25 02:45
2017/01/25 02:45
先週金曜日に飲み会
男三人女三人計六人
ちょっと背は低いけど巨乳のマリ
中背で華奢な貧乳サオリ
中肉中背顔のホリが深く化粧が濃いケバ顔マサコ
居酒屋の個室、一番奥に座る俺
俺の右にマリ前にマサコ
前のマサコを見ながら「この顔は、連れ好みだな俺はマリがいいな」
と思いながら2時間盛り上がった。


マリは、日本酒好きで最初のビールを飲んだ後ずっと日本酒を飲んでた。





サオリは、梅酒好き
マサコは何でもOK色々飲んでた。


マサコが店員に「カルピス頂戴カルピス」の声がエロく聞こえ
連れの顔がにやけているのが笑えた。


連れは、今日マサコ狙いなんだろうなぁ。


よ…
欲求不満そうな子持ちOLに下ネタをふってみた結果
2018/02/11 16:10
2018/02/11 16:10
私40歳、事務員OLのS子36歳の話です。

事務員S子は同じ会社の事務員で、職歴は私より長く独身時代から(子育て期間休暇)で、独身時代は垢抜けない感じの女の子で、セックスの対象外でした。


お互い結婚して同じ年に子供が出来たので、共通の話題で結婚後よく話をするようなった。



子供が小〇生になるころには、下ネタにも 食いつくようになり、欲求不満なのかなと思っていたが・・

俺に下心は無かった。

それが幸いしたのかなんでも話くれるようになった。

(夫婦の夜の生活も) 思った通りレスで、口には出さないが かなり溜まってるようだった。

彼女は押せは断れない性格のようで、夏の暑い日薄着で汗…
地元に帰って久しぶりにやった元彼のデカチンの虜です【エロ体験談告白】
2016/03/17 10:54
2016/03/17 10:54
久しぶりに地元に帰りぶらついてると偶然元カレに会い2人で飲むことに。

彼の部屋で焼酎を飲んで世間話や愚痴で2時間くらい経過しお互い酔った。

床にコンドームの箱が落ちていたので冗談で最近いつ使ったか聞くと一週間前に私の知ってる人(仲が良いわけじゃない)としたそうだ。

ゴムの箱にはXLと書いてあったので彼にXLって書いてるよ?そんなに成長したの?と笑いながら聞いた。

彼はオマエが知ってるのは10年前のサイズだろ?と笑いながら返した。


自分から聞いたのにふーんっと流した。すると彼は一番巨根ってどのくらいあったか聞いてきた。

テーブルの上にあったタバコを2本繋げてたぶんこのくらい…と答…
【いつもと違う彼氏のエッチ】気持ち良すぎてフェラにも気持ち入ります
2016/08/10 12:00
2016/08/10 12:00
彼氏から電話があって飲みにいく事になりました。 私の家の近所でって。彼はお母さんと一緒に住んでるので帰らなきゃいけないし、土日以外で私の家に来る事はないんです。 なので、ちょっとびっくり。 でも私の家の近所で飲んでたら、盛り上がっちゃって23時過ぎになっちゃったんです。 店を出て、彼がすっごい熱いキスをしてくれました。 私の家の前に来たので、「明日、何時にする?」「何で?家に入れてくれへんの?」「だって…帰らなきゃでしょ?」って聞いたら、「今日は帰らんって言うてきたから泊まる」って。 びっくり!だってそんな事今までなかったもん。 部屋に入ってベッドに座って、彼とキスしながら彼が…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・新入生の度胸試し

・こんな私は変態なのでしょうか・・・

・【熟女体験談】夫の実家に帰省した時に、複数の男達に押し入り集団レイプをされてしまった人妻

・【浮気】ネトゲで知り合った三十路の黒髪処女と

・たまらない豊満な体の生保の熟女支店長

・H体験談。。同期入社の高身長美人妻と不倫セックス、夫婦の寝室で寝取り

・【熟女体験談】給食のおばさんとお餅のように太った少年と買い物に出かけた帰り道に偶然出会って自宅でSEX

・育児ノイローゼになった主婦がEDのカウンセラーで悩み解決

・取引先の女性にペニスバンドで

・【痴漢】満員電車でクラスメイトに擬似手コキ

・痴漢さんからセフレさんに

・【人妻体験談】旦那公認で目の前で寝取りアナルSEXをしたら、旦那がノーハンド射精していた

・【熟女体験談】息子に妻を奪われて、やり場のない怒りを何の罪もない女子大生に向け中出しレイプ

・エロいお姉さん^ ^

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 2

・【混浴】混浴で男性全員にアソコを視姦された彼女

・私が墓場まで持って行く秘密の告白

・【初体験】こっそり筆下ろししてくれた友達の彼女

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 1

・【初体験】セックスというよりも原始的な交尾だった

・人生の最後は

・同級生のエミと不良グループ

・【熟女体験談】25回目の結婚記念日の旅行でアナルバージン喪失した人妻熟女

・寝取られ好きな旦那と飲精好きな奥様

・男の人、チンコをマンコに入れたときの感覚おせーて

・【人妻体験談】人妻フェチで寝取りマニアなナンパ師がミニマム体型の可愛い奥さんを寝取る

・女友達とAV鑑賞したら乱交になった・・・

・妊娠中にSEXしたがる人妻に、やっぱり中出し

・健康ランドでちんシャブ大好きな40代美魔女マッサージ師をナンパ

・【寝取られ】隣に住んでるおじさんに妻を抱かせてみた結果