寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

寝取られ現場に遭遇すると、とっさに相手を殴るなんて出来ないものですね

2018/01/17 12:00


リアルな話をさせていただきますと、

よく寝取られる現場に直面しながら寝取った相手を殴れないのはヘタレだとか復習しろと言う話を耳にしますが、

そういう現場を目の当たりにしたら普通はできませんよ。固まります。

私の経験で申し上げれば、まず例えば彼女があやまちをおかしそうになっていたとして、

相手に体を触らせるにとどまるのか、それとも最後までやってしまうのかそれを確認しないと行動には移せないです。



私の場合は妻が自宅で同僚とあやまちをおかす現場を目の当たりにしたわけですが、

事のなりゆきを確認していて、あの時いったいどの次点でストップをかけるべきだったのか

思い返しても、いまだにその答えを見いだせずにいます。

仮に挿入に至る以前で「お前らふざけるな!」と現場に立ち入ったとして、

その後私は妻に対してずっとあの時ストップをかけなかったらお妻は挿入を許していたはずと

悶々としつづけたでしょうし、結局のところ最後までするのかしないのかというのは、

その後の私と妻の関係の間で大きな意味をもってくるわけですから、止めずに見届けた事に

関しては僕はよかったんだと今でも思っています。

ただ寝取られに異様に興奮するという方々がここにも大勢いらっしゃるようですが、体験してみて

はじめて分かりましたが、私自身もあれほど性的に興奮を覚えた事はありませんでした。

体が震えてガクガクするほどにショックを受けているのに私のペニスはいままでにないぐらいに

脈打っていて今にも射精してしまいそうなほどでした。

その時は何でこんな時に勃起するのか自分の体に起こっている事にかかわらず意味が分からず

よく人間は極度の苦痛を味わうと脳内モルヒネが分泌されて緩和されるとかそういう話を

聞いたことがあったので、もしかしたらそういう事なのかなと思っていました。

でもそうではない事はすぐわかりましたけど。

事故がおきた後、出社して仕事をしている最中もずっと勃起したままなのです。

私は精力的に強い方ではなく風俗はもちろん学生時代からマスターベーションすら殆どした事がありません。

なのに何と私は会社のトイレで三度も自慰行為を余儀なくされる始末で、あれには本当に参りました。

まるで麻薬の禁断症状みたいに下腹から太腿のあたりがガクガク震えてくるんですよ。

元々変態の素養があったのか、ああいう事を目の当たりにして脳の一部が壊れてしまったのか、

それとも皆さんもそうなのか、どうなんですかね。

覚えているのは気づいたら私は寝かされていて、でも何で自分が寝ているのか

出勤してからの記憶がおぼつかない状態で、ただ天井がぐるぐる回っていたので

自分が泥酔状態にあるという事だけはよく分かりました。

隣をみると小3になる息子が寝ているので、ああ、自宅なんだなとそこではじめて分かるぐらい。

とにかく記憶を手繰ろうとすると酷い頭痛するので諦めて眠ろうとしましたら

隣の居間から妻の話声が聞こえてきたので、おや、誰かいるのかな?と思って

吐きそうになりながらも身を起こして息子を起こさぬよう気をつかいながら

若干開いている襖の隙間から覗いてみたのです。

するとテーブルの向こう側に妻が座っていまして僕に背を向けるかたちで男が座っています。

私の同僚であるSでした。

そこではじめて断片的に記憶が戻ってきまして、新宿でSと飲んだという事だけは何となく思い出されてきました。

しかしそれでどうしてSが私の家で妻と話ているのかは皆目見当もつきません。

ただテーブルの上にウィスキーや日本酒の瓶があるところをみるとどうやら妻を交えて

飲み直そうという事になったのかなと。それで私が潰れてしまったのかなという想像はつきました。

妻も酔っているのか敬語も使わず親しげにSと話していて、少しばかり嫉妬しそうになりながらも

とにかくしたたかに酔っていましたのでとりあえずそのまま横になって目を瞑りました。

人間、意識が朦朧とするほど酔っていても聴覚だけは逆に研ぎ澄まされていくようで

隣室から聞こえてくる話し声だけはむしろハッキリ聞き取れたのを今でも覚えています。

最初に聞き取れた言葉は「見合い」という妻の言葉でした。

「やっぱりなT山(私)が奥さんみたいな美人くどける訳ないと思った」というSの言葉で

ああどうやら僕と妻の馴れ初めの話をしているのだなと思いました。

「いっちゃお」という妻の声にうそうそうそというSの慌てた声。

私とSは同期の入社ですが、部下でもあります。

妻が言っちゃおと言ったのは私がSの人事権を掌握しているという事を知っていたから

だと思われますが、Sが慌てたのは私が彼の土日のアルバイト、つまりはスポーツジムの

インストラクターをして小銭を稼いでいる事に目を瞑っているからに他なりません。

「でも何で急に見合いしようと思ったの?奥さんモテそうなのに」というSの声に思わず私は身を起こしてしまいました。

見合いをした時から彼女が何故見合いをする気になったのか本当のところは教えてもらっておらず

また私もそういう事を聞くのは野暮だと聞くのをはばかられていたのです。

女は賞味期限があるからというような事を妻が言ったと思うのですがその辺のやりとりは

正直あまりハッキリと覚えていません。

Sが「男だってそれは同じだ」というような事を言っていたと思うのですが、酔いもあったと

思うのですが記憶を順序立ててあまりよく思い出せないのです。

ただはっきり覚えているのは「前の彼氏遊び人だったんでしょ」というSの言葉です。

はっとした妻の表情が襖の隙間から確認できました。

「あ、図星だ」というSの勝ち誇ったような声。図星なんだ、私も妻の表情を見てそう思いました。

「ち、違うわよ」という妻の声を遮るように「あもしかしてT山知らないの?」というSの声。

妻がふう、と深いため息をついて黙ってしまうと、ま、これでさっきの話でチャラねというその話はお流れになると思われました。

妻はウィスキーのグラスを蛍光灯に透かすように眺めながら

「遊び人はねぇ一緒にいると楽しいのよねぇただ楽しいだけじゃご飯食べられないのよ」

誰に促されたわけでもなく自ら話しだす妻の眼差しはトロンとしていて

相当酔っている事が確認できました。

「何やってる人だったの」というSの声。

そいういう事をぶしつけに聞いても許されてしまうところが同期で私以外で唯一生き残った所以なのでしょう。

私は部下ながら彼のそういった所に少なからず嫉妬の念を持っていました。

「ぷーたろー、まぁ遊び人というか夢追い人って感じかなぁ」

妻が自分の過去についてあれほどべらべらしゃべったのはやはり酔いがあったのでしょう。

そうでなければ夫にすら話した事のない自らの過去をカミングアウトするわけがありません。

その時はじめて妻の酔いにつけ込み過去を聞き出そうとするSに対して苛立ちを覚えました。

告白すれば、それとは逆の作用として異様に自分の心音が強く高鳴りだしたのを思い出します。

「夢追って許される歳ってあるよね」というS言葉に

「そう!そう!そう!それなのよ!」我が意を得たりというような妻の声。

「男は25過ぎて夢追ってたら一気にニート扱いだからな、女は家事手伝いって便利な言葉があるけど」

というSの言葉は私には意外でした。彼がそのような感慨自体を持つことが意外でしたので。

「で、夢って何追ってたの」

「いろいろよ、DJ、ダンサー、ミュージシャン、アーティストになるとか言って絵描いてた事も

あったな、ヘッタクソなの」

懐かしげにそう言う彼女はとても幸せそうで、それがやけに難らしく思えたのを覚えています。

私と一緒になったのは飯喰う為なのか、そう思えてしまった私は心が狭い男なのでしょうか。

「奥さんも何か目指してたの?」

「ううん、彼の夢に乗っかるだけで楽しかったから、ああでもダンスとかはやったなぁ」

「うそ、ダンスやってたの何やってたの?うちのジムでインストラクターやんない?」

「そんな本格的にじゃないわよぉ」

「なにダンス?」

矢継ぎ早に聞き出すSに対する私の表現をどう言葉にすればいいのでしょうか、

ぶん殴ってやりたいほど憎らしいと思う気持ちと、猛烈に聞き出してほしいような

妻を汚してほしいようなそんな気持ちが共存していました。

ネットじゃなかったらこんな気持ち親友にだって絶対に言えませんが(苦笑)。

私は気分が高揚しすぎて頭痛が最高潮に達すると同時に猛烈な吐き気に襲われました。

トイレに駆け込もうとも思ったのですが、覗いていたという負い目もあって気後れてしまい

口をおさえて部屋の隅のゴミ箱へ這っていきました。

私はそこで必死に音をおし殺すように吐きました。

咳き込みそうになるのを必死に抑えながら吐きました。しかし胃液しか出ませんでした。

もしかしたら寝かしつけられる前に吐いていたのかもしれません。

胃液を出し尽くしても内容物を吐き出そうと何度も胃袋が収縮します。

おちつくまでしばらく時間がかかりました。

あそこまで悪酔いしたのは学生時代以来かもしれません。

呼吸を整えていると突然Sの大きな声が聞こえてきました。

と同時に妻のシー!という声が。

私は懲りずに再び襖の隙間に這いずっていきました。

何たるバカなことをと自分でも思うのですがそうせずにはいられません。

Sの表情は背中しか確認できませんでしたが妻は何故だかふて腐れてい…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】狙われた妹【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/16 03:35
2017/03/16 03:35
米の収穫時期になると、家族では稲の刈入れ作業を賄いきれなくなる為、近隣の村から人手を借りる事が恒例となっていた。無論、稲の収穫時期は何処も同じで、面接などをせず人夫を雇うわけであり、近隣から来る人夫の中には正直に言ってあまり素行のよくない人も含まれます。両親も快くは思っていないみたいですが、忙しい時はそんな事も言ってられなかったようです。母親は特に注意するように言っていました。僕は来年高校受験を向かえる為、稲刈り作業を免除されたものの、代りに穂乃香(妹)の面倒を見ることになったのです。みんなで昼食を済ませて、私が妹の宿題を見ていると突然あの要注意人物の一人が僕達の部屋の前で立ち止まり、「坊ち…
【人妻体験談】昨日、嫁と初めての痴漢プレイをしてきました
2016/10/21 12:02
2016/10/21 12:02
昨日、嫁と初めての痴漢プレイをしてきました。 夜10時過ぎに自宅から離れたアダルトグッズや本・DVDなどを販売してる店に行ってきました。 先ず私一人で店に入って一通り店内を回ると、10人くらいの男性客がいました。 事前に告知して集まってくれた単独男性が四人いるはずですが、ドキドキ感を増すために、私も嫁も誰が痴漢プレイの為に来てくれた人かわからないです。 一旦車に戻り集まってくれた四人にメールを送り、これから店に入る事と嫁の服装を書いて送信しました。 因みに嫁の服装は、下はヒラミニのスカート。上は半袖のTシャツに薄手のジャケットを羽織った感じです。 パンツは紐パンにしました(笑) いよいよ二人…
電車で隣に座った髪の長い清楚な感じの弓道部員のブラをパッチンしましたw
2016/10/24 12:03
2016/10/24 12:03
残業後の会社帰りだったので、夜7時半くらいだったろうか。
隣に、どうやら弓道部らしき髪の長い女子高生が座ってくる。
肌は白く、目はクリクリしていて可愛らしい。
髪も染めてなく、純真なイメージの少女である。
これは・・・!と欲求が高まる。




そこで、ある手を使ってみた。

『パッチン』

そう、後ろからいきなりブラジャーのホックを外す技。
少女はびっくりしてこちらを睨む。
でも動くとブラジャーのホックが外れているのが見えてしまうためか、動けないでいる。
可愛いことに、頬を真っ赤に染めている。

俺はその少女の腰に手を回すように、ススっと背中側から手を忍ばせる。
少女は涙を浮か…
フルチンでレイプ動画鑑賞中、後ろ見たら姉がいた 7  ■近親相姦告白■
2018/01/31 08:21
2018/01/31 08:21
フルチンでレイプ動画鑑賞中、後ろ見たら姉がいた6689名前:孤独◆7o6UAjQluM:2007/04/15(日)09:32:33ID:MdZ8b2FF0姉「ゆうくん、あたしに触られるの嫌でしょ?  …………自分でできる?」俺「…え?」いきなり言われても心の準備ができてない。いや、たとえ事前に言われることが分かってたとしても姉ちゃんの前でオナヌーなんて、そう簡単にできるもんじゃない。姉ちゃんの期待には応えたい。でも、俺にはそんなことする勇気なんてなかった。うつむいて、言葉を失ってしまった姉「あ、無理しなくていいよ?  ゆうくんができる範囲でいいの(´▽`*)」姉ちゃんは、助け舟を出してくれた…
【痴漢・レイプ】婦警をレイプ 2/5
2016/05/10 02:49
2016/05/10 02:49
「いや・・・いや・・・いや・・・、お願い・・・許して・・・」百合子の願いは無視されて、竜司が後から百合子の白いパンツのベルトのバックルを外す。 次にホックも外され、ゆっくりとチャックが引き降ろされる。 チャックが全部降りきった時に、ブラとお揃いのレース付きのショーツが見えた。 そこまでして竜司は、今度はまたバストに手をやって、ブラの下生地を指で摘むとゆっくりと上に上げていった。 「いやぁ・・・いやぁ・・・、お願いやからやめて・・・。せめて由香里を外に出して・・・」「あかんあかん、デッキに出して海にでも落ちたらどないするん?由香里ちゃんかって 百合子ちゃんの後に可愛がったるからお相子や。」そう…
【近親相姦】継母に初めてを奪われ、実母とも、そして・・・。
2016/06/16 18:00
2016/06/16 18:00
私は、継母と実母の両方と関係したことがあります。更に継母が産んだ弟の父親は私です。 私の実母は私が小学校6年の時に離婚して出て行ってしまいました。 当時、母36歳、父48歳でした。翌年やってきた新しい母は24歳でした。49歳の父はこの若い継母と不倫して、実母は略奪されたのです。当時は、母は私を捨てて出て行ったと思っていましたが違いました。中学生の私にはよく理解できていませんでした。継母が25歳も年上の父と再婚したのは、父の財産(土地持ちでした)目当てだけでなく、継母は私も目当てでした。父は糖尿病で、再婚した頃からSEXに支障を来たしていたようで、継母には息子を自由にしても…
セックス依存症の先輩に巻き込まれて3Pで初体験[後編]
2017/06/14 09:49
2017/06/14 09:49
DVDを見始めると、雰囲気作りだと言って電気を消された。 豆電球のような弱い灯りだけが灯されている。 ソファでくつろいで見ていると、暗くてよく見えない。 ホラーなので暗いシーンが多くさらに見えない。 目を細めて見てたら男がそれに気づいて、「ベッドの横に座りな?」と言ってきた。 無論、さっきの事で警戒心は強く、「大丈夫」と言って断った。 それから少し話が進むと先輩がまたムクリと起き出した。 そして私の名前を呼んで甘えてきた。 「こっちに来て隣で手を繋げ」と言うのだ。 可愛い可愛い女の子が甘えてるのだ。 日本の政治より大切な事なので速攻で先輩の寝てる隣へ移動した。 だが、その…
【人妻との体験】人妻・麻理
2017/03/16 14:49
2017/03/16 14:49
入社して1年が経った頃、同期入社の友人Tが結婚しました。 それを祝うため、みんなで盛大にパーティーをしました。 その席上、私は、花嫁である麻里さんにその時初めて会いました。 同期入社といっても、高卒の私と大卒で2年浪人している友人Tとでは年が6つも違います。 麻里さんはTより3つ年下、私より3つお姉さんでした。 美人でした。 芸能人で言うと、和久井映見さんの背がもう少し高くなった感じ。 その上、気さくで優しい麻里さんに、私は一目で魅了されてしまいました。 それから半年ぐらい経ったある休日の午後、私は、田舎から送ってきた果物をお裾分けに持って行きました。 それまでにも、麻里さんの顔を見たいが…
隣子の目が輝きました
2018/03/08 21:01
2018/03/08 21:01
修羅場にしてはぬるく、他板に投下しようか悩みましたが、ここに投下します。 初投下の上、文章へたくそです。 フェイク有りのため辻褄が合わない点があるかもしれませんが、ご了承下さい。 ○登場人物 私……大学近くのアパートで一人暮らしを始める 彼氏…実家住まい、学部の関係上忙しい 隣子…アパートの隣部屋に住む子持ちの女。30才前半でギャルちっくな服装をしていて香水匂いがきつい。シングルマザー。 ※彼氏とは付き合って4年目。 ○修羅場への流れ ・私はもともと実家からバスで大学に通っていたが、そのバスが廃線になる。 ・4年生の夏休み前にアパートで一人暮らしを始める。 ・そのアパートは大学の生協物件で…
近親相姦、いけないと思いながらスレンダーな義妹を・・
2016/04/04 12:00
2016/04/04 12:00


 俺は30歳の時に当時18歳の嫁(まなみ)と知り合い、19歳の時にデキ婚しました。出会いの経緯は俺が教えてる総合格闘技の道場に護身術を習いに来て、まなみから告白してきて付き合う事になりました。俺の外見は、かなり怖く(笑)坊主で筋肉質なゴリマッチョで、まなみは外見に似合わない紳士的な態度に惚れて、一大決心で生まれて初めての告白をしたそうです。 まなみは清楚な感じで、本上まなみ似の美人でスタイルも良く処女でした。時間を掛けて仕込み、SEXの良さを覚えた頃に妊娠発覚・・すぐに籍を入れて、まなみの実家の近くにマンションを借りて暮らす事になった。デキ婚なのに向こうの家には喜ばれ、怒られるどころか…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】おばさんになる前にメールで逆ナンパをし、SEXしまくる主婦

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・いまも体が忘れていないあんなSEX

・姉とセックス

・【Hな体験】セックスの名人キャラが幸いして同僚OLとやれた

・フルチンでレイプ動画鑑賞中、後ろ見たら姉がいた2 (姉との体験談)

・ダイエット中に調教された妻 その2

・【Hな体験】気持ちいいけど怖かった初めてのピンサロ体験

・生まれ変わったら『道』になりたい

・【熟女体験談】推定六十路の老婆に逆レイプをされたのがきっかけで熟女に興味を持った

・無職夫のため同級生達に体を開く妻

・【人妻体験談】ママ友の上半身真っ裸を見てしまい、頭から離れず、酔ったママ友を家まで送ってパイズリSEX

・無抵抗の相手に腰を振るという興奮

・【Hな体験】夢に出てきた爆乳同級生とリアルガチの肉弾戦

・SMパートナー探し専門の掲示板での事

・義姉の乳首を唇に含み、おっぱいを・・・

・妹夫婦が泊まりに来てエッチを始めた

・【人妻体験談】バツイチのシングルマザーが勃起したチンポを觀て擦ってきたので、そのまま汗だくセックス

・【Hな体験】19歳の美容師の卵と人生初の中出しセックス

・友里さんの着替え

・見た事がある人を思い出し赤面

・人間万事塞翁が馬

・【乱交】会社の男達に輪姦されてる現実が余計に私を高ぶらせる

・美人女医の恥ずかしい姿 完成版

・刺激を求めてる専業主婦で出会い系デビュー

・「母がやくざ風の男から息子2」の続きが読みたいです

・どこか孤高な雰囲気だった彼女

・【男×男】小さいヤツに気配りのできる女顔のデカチン

・幼馴染に睡眠薬飲まされてレイプされた