寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

病院で入院生活中 オバサンと。

2018/01/16 15:31


数年前の話になりますが ボクは胃潰瘍でとある病院に手術&入院してました。手術は成功して集中治療室にて屁が出るまで過ごして 一般病棟に移りまして毎日 点滴&投薬治療を続けてました。毎朝 病室に掃除に来る太ったオバサンが居まして ボクは「おぼっちゃまくん」とあだ名を付けられました(笑)毎日掃除に来る度に 尿道カテーテルのタンクバックを見られるのがイヤでしたがオバサンはイヤな顔をせずにタンクバックのおしっこを捨ててくれるオバサンにナンか変な 自分の秘密を一部知られてしまったような背徳感を感じながら入院生活を過ごしました。一週間もするとカテーテルは抜かれて 普通にトイレに行けるようになりましたそして数日経ったある日、朝の点滴が終わり、膀胱がパンパンになってしまってフル勃起してる状態で男女共用のトイレに駆け込んで おしっこをする便器の前を見たら 前の人が垂らして飛び散ってるおしっこがあり ボクは一歩下がって勃起状態のチンポをパジャマから出して 目を瞑ってシャ~っとオシッコを出していたら奥の個室が開く音がしたが気にせずオシッコを出していたら「あら!おぼっちゃまくんじゃないの!」「あぁ オバサン」ボクのモロ出しのフル勃起してるチンポがオバサンの眼に入ったみたいで「おぼっちゃまくん 元気なんねー」と横から言われボクのPを覗き見られてしまったが もうボクはカテーテルのタンクバックをキレイにしてくれたりしてるオバサンの姿を見てるから 見られてもあまり恥ずかしく無かった。オバサンはズボンの裾を治すフリをしながらボクのPを見ていたようだったが気にせずにオシッコを出し続けて 出し終わってしずくを振っていたら「いやー おぼっちゃまくんのを見ちゃったー、元気なんねアハハ」と言いながら オバサンは仕事に戻って行った。そしてその日の昼過ぎにオバサンがゴミ箱のゴミを回収しにボクの居る病室に来て「おぼっちゃまくんのゴミは無いのかい?」と言いながら ボクのベッドの脇のテレビの台に何かメモ用紙を畳んで置いたのを見たが その時は何だかわからずにいて オバサンが部屋から出たらメモを開くと「おぼっちゃまくん、退院したらアタシとどこか食事に行きませんか?」と?番号が書いてありまして 「もしもイヤならばいつも通りにしていて」「周りにはこんな事を言わないで!」と書いてあった。 ボクはナンか心が踊った(笑)。ココでオバサンのスペックを、年齢 推定60チョイ、デブ体型で顔は渡辺えり子似次の日 いつものようにオバサンがモップを持って 朝の掃除に来た時に周りを見渡しスキを見てオバサンの手を握ったオバサンがドキッとしながらニコニコしていて部屋を出て行った。それから一週間か十日位経ち ついに退院許可がおりて 退院となってボクは看護婦さんやら 介護士さん達みんなに挨拶をして回って 最後に掃除中のオバサンにも挨拶しに行き 「電話しますね!」と小さな声で言ったらニコニコしていた(笑)みんなの手前 オバサンも普通に「元気でね、もう病院に来ないでね」と言っていたが顔がニコニコしていた。そしてその日 メモに書いてあるオバサンの番号に時間を見計らって電話したらオバサンが出て「色々お世話になりました」から世間話を始めたら ナンとオバサンは旦那に先立たれ 一人暮らしとの事! 二人の娘も嫁に行き 家には一人で寂しく暮らしてると聞いたが 娘さんの年齢とかオバサンの年齢を聞くとたぶんつまらなくなると思い あえて聞かなかった。アタシ あさって休みだからおぼっちゃまくん明日ウチに泊まりに来たらと誘われたうん、行きます! おぼっちゃまくん何を食べたいのかな?アタシ作っておくから?と言われ「じゃあ シチューを食べたいな」とオバサンに言ったら 「じゃあ作っておくよー」楽しみにしててねー はーい楽しみにしてまーす。と言って電話を切った。そして翌日 夜の八時頃に時間を見計らってオバサンの家に電話をしてからカギを開けて貰い 家の中に入ったらちょうど鍋がグツグツしててシチューが出来上がる頃みたいでした。おぼっちゃまくんご飯が先?お風呂が先?と聞かれ どうせ二人で一緒にお風呂に入る事になるだろうからと思い「お腹すいた」と言ったら「じゃあシチューを食べましょう」となり シチューを食べた。予想してたより美味しかったのでおかわりをしたらオバサンが喜んでいた(笑)食べ終わり 食器を流しに片付けていたら お風呂はおぼっちゃまくんどうする?うん!そうっすねー、「じゃあボクと一緒に入りますか」と言ったらニコニコしながら皿を洗っていた。そしてボクはスッポンポンになり「〇〇〇さん早くぅ」と言い オバサンの服を脱がせ二人で風呂場へ向かい かけ湯をしてから二人でバスタブに入った。オバサンの太ってるボテボテの体をチラチラ見ながら両手でオッパイをわしづかみにしたら オバサンが仕返しにボクの勃起してるPを握り 反対の手でタマをモミモミされた(笑)おぼっちゃまくんのって大きいのねー とオバサンは言ったが「ナニを言ってるん、散々見たじゃないの~トイレでさぁ」と言うと アハハ そうだけど 触ってはいなかったからさぁ(笑)じゃあ 体を洗ってあげるからと言われ バスタブを出て椅子に座った、石鹸を泡立てオバサンは全身をくまなく洗ってくれて お腹の手術跡の傷までアワアワしてくれて最後にはボクのPからお尻の穴までキレイにしてくれて 思わずガマン出来ずに暴発しそうになりまして 「交代しようよ〇〇〇さん」と言い 椅子に座ってもらい背中から順番に洗い 最後にはお返しにワンワンスタイルにさせてお尻の穴と蜜壺を指でこねくり回してイタズラしたら 愛液がドバドバと出てきてしまいスゴいいやらしい音が風呂場に響き渡り オバサンは「ウーウー」と必死に堪えているようでした。ボクはたまらず オバサンの体の泡をシャワーで流してバスタブの中に入らせてボクは湯船のフチに座り オバサンの顔の前にチンポを持っていき フェラしてもらい もう爆発寸前で 湯船から出てもらい湯船の淵に手をつかせて後ろからバックでズドンと挿入したら オバサンが初めて「アンアン」と言った(笑)タプタプのデカいお尻を掴み バコバコしてたら 風呂場に再びイヤラシイ音が響き オバサンのオマンコの感触を確かめ 感じていたら 意外に締りが良くて ついに我慢の限界になり そのままオッパイを後ろから掴みながらオバサンの奥深くにドクンドクンと溜まってる精子を放出しちゃいました。二人でしばらく結合したままオッパイをモミモミしたり 親指でお尻の穴をグリグリしたりしていたら ボクのPが萎んできて そのまま壺洗いもせずに再びバスタブの中に入り 二人顔を合わせてブチュー&ベロベロとキスをしました。二人でしばらく抱き合って まどろんでいて オバサンの顔を良く見たら歳の割には結構美人じゃないのかなと思った。歳と言っても推定60歳超えですがね(笑)オッパイの張りは歳相応だが、オマンコの締り具合なんかまあまあだったと思った。「どうだった、〇〇〇さん?」「中出しされて屈辱じゃない?」 うん、最高に良かった。ゴメンね、こんなオバサンで、しかもおぼっちゃまくんのお母さんとそんな変わり無い歳でしょ?イイのイイの、年齢の事を言うとお互いつまらなくなるだろうからヤメようよ!それより お尻の穴をボクがイジったの 気持ち良かったの?えっ?気持ち良かったの〇〇〇さん?知らないよ~そんなん!えっ?コッチだよコッチ!と言い お湯の中でお尻の穴を指でグリグリとしたら両手で顔を隠して必死に堪えて「知らない、もうイジワル」と言われ キスをされた(笑)後でタップリとお尻の穴をペロペロしますからキレイにねー「イヤよーおぼっちゃまくんったらぁ~」「ホントにイジワルなんね~」と言われてしまった(笑) お互いの身体をバスタオルで拭いて 敷いてある布団を見たら既に枕が二つあった。ナンだ〇〇〇さん もう準備してあったんだー(笑)「さぁ 布団に入りましょ」 電気は点いたままの方がおぼっちゃまくんの顔が見れて安心するからイイかな?あぁ、いいですよとボクは言い お互いタオルを取ってキスしながら抱き合い再び二回戦に突入しました。フェラチオしてもらおうと立ち上がったら「アタシのもしてくれない?」と言われ無言で69のポーズになった。枕で高さ調節したらボクの頭が高すぎてオバサンのアナルがボクの鼻にモロ付く状態になってしまったが 風呂でキレイにしたから気にせず二つの穴をベロベロと交互に始めた。どうやらオバサンはオマンコを舐めてあげるよりお尻の穴の方を舐められる方が感じていた様子だった。電気が点いたまんまだったのでオバサンのマンコもアナルもバッチリとモロ見えだった(笑)少々気持ち悪かったのが オバサンの冷たい下腹がボクの胸の上にてプルプルしてるのが変な感じだったが 意識をオマンコとアナルに集中してひたすら交互に舐め続けた。「うわ~!丸見えでスゴくイヤラシイね」と言うと恥ずかしげにオバサンがおもむろに起き上がり アナルでボクの鼻が潰されれながら「いいでしょ?」 うん! じゃあ とオバサンがPをオマンコにあてがいながら上からゆっくりと挿入してきた。あぁ!いいね~ オバサンは目を瞑りひたすら上下運動をしてピチャピチャといやらしい音が聞こえた。オバサンのオッパイを揉もうと起き上がり 何気に結合部を見ようとしたらオバサンのデップリとした下腹が目に入ってしまい 驚いた!ボクは下腹をあまり見たくなくなり 起き上がり、オバサンを寝かしてキスをしながら正常位に持ち込んだ。なるべくお腹に目をいかせないようにしながら 思いっきりバコバコしてあげたらもう身体がタップンタップン…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
可愛い女後輩をセフレにしました
2018/05/11 18:13
2018/05/11 18:13
俺は今高2で、部活では剣道部に入っている。


剣道部は人気が無く、高2は男子2人、女子0、1年は男子3人、女子1人だった。


1年の女子は愛という名前だった。


顧問もやる気がなく、武道場の鍵を俺に渡して

「後は適当にやっといてくれ」

と全部俺に丸投げだった。


勿論練習には全然来ていなかった。


1年の男子から聞いたのだが、愛はオカマだという。


しかし凄い美人だし、声も高いし胸もあったので信じられなかった。


そして夏休み、俺と愛以外の部員には練習無しといった日に、愛と2人きりで練習した。
「みんな、来ないですね」

「あぁ何か遊びにいくとか…
【妹との告白体験談】成人式の後で・・
2016/03/15 03:21
2016/03/15 03:21
もう少しで22才になる妹と関係を持ったのは去年の成人の日だった。 正確にはその翌日なのだが、それは後ほど話します。 成人式当日、妹は朝早くから振袖を着る為、美容室へ行きそのまま式場に向かい式典が終わると、今度は親戚まわりをして夕方帰宅するや直ぐに私服に着替えると今度は友達と飲み会へ出掛けた。 そろそろ日が替わる頃、妹の携帯電話から俺の携帯に掛かってきた。 俺はいつもの様に応対すると聞き慣れた妹の声とは明らかに違う声が聞こえてきたので一瞬戸惑ったが、直ぐにその声の主が妹の友人である事がわかった。 「あのー…良子ちゃんのお兄さんですか?」そう聞いて来た娘に俺は素直に答えて「あー…うん…
人妻弁護士とセフレになって2年になります
2017/02/07 18:00
2017/02/07 18:00
人妻弁護士の純子(42歳)とセフレになって2年になります。
勉強会で知り合いました。
やり手の弁護士だというのに、飲み会でお酒が入ると可愛い感じ。
年の割にスリムで男好きのする体つきではありました。



二次会で二人になった時、太ももに手をやると、そのまま触らせてくれたので、嬉しくて、そのまま彼女の法律事務所へ行き、暗い執務室で初めてやってしまいました。
自分の仕事机にうつ伏せにさせて、スカートを捲し上げ、後ろから入れました。
びっくりするくらい大きな声で叫び、仰け反りました。
私も興奮して、そのまま1回。
椅子に座って跨がらせて、乳首を吸いながら、もう一回中出ししました。
それ…
ジュポジュポとフェラチオしてくれる美人な兄嫁と寝取りエロバナ
2016/08/18 22:06
2016/08/18 22:06
これは兄嫁とのエロバナです

自分が大学を卒業後、仕事に就き始めた頃、自分の兄が結婚しました。

自分のたった1人の兄弟だったので、まるで自分の事かのように喜んでいました。

兄の結婚相手は凄く綺麗な人で、北川景子さんにかなり似ている人でした。

あんないい結婚相手見つけて、羨ましいな~なんて思っていました。

4年後、そんな自分も結婚しました。

結婚相手は幼稚園の時の幼馴染みで、小中高は違っていたのに何故か大学が一緒になって(これは!?運命なのか!!)と思い、付き合い始めた末に結婚しました。

彼女は少し天然なところがあって、そこに惹かれました。

自分の母と兄嫁さん(仮名:景子)…
【レイプ】私を「母ちゃん」と呼ぶ顔馴染みの客に押し倒されて
2015/12/07 03:00
2015/12/07 03:00
小さな食堂を夫と営んでましたが、二年前に夫が亡くなり、去年息子が都会に就職して一人になりました。私は五十を過ぎ、乳房は垂れ下がり、体はブヨブヨのデブ!まさか、こんな私が男の人と関係を持つとは思いませんでした。 近くの鉄工所に勤める三十代の男性(祐介)です。昼は毎日の様に、夕方もたまに食べに来てすっかり顔馴染みでした。息子には良いお兄ちゃんの様で、夫が亡くなった時も気遣いしてくれました。 その日は日曜日で早く店終いしました。そこに日曜だと言うのに珍しく祐ちゃんが顔を見せて・・・。 「もう終わったの?」 パチンコで負け、夕飯を食べてアパートに帰るところだったそうです。私は何…
私の幼稚園先生 (1)
2016/02/11 09:01
2016/02/11 09:01
春休み初日、わたるは一人ぶらぶらと散歩をしていた。 まだ若干肌寒いが、冬の厳しい寒さは既に和らぎ、穏やかな陽が地面一体を照らしている。 こうして暖かい日の当たる道を歩いていると、昨日の卒業式に感じた物悲しい思いも癒されていくようだ。 わたるは、この春休みは一人静かに過ごそうと心に決めていた。 小学校卒業による大好きな友達たちとの別れ、そして4月からの新しい中学校生活。 寂しさや不安や期待など様々な思いが入り混じった奇妙な感情が、わたるに一人になることを好ませたのだ。 まぁ簡単に一言で言えば『感傷的になった』ということであるが… ともかくわたるは春の暖かい日差しの中、当てもなくただ一…
我慢できなくて大好きな妹を夜這いして首元を俺の精液でドロドロにした話
2017/02/11 10:02
2017/02/11 10:02
まず俺は妹がすきだ

俺が中2のころ気づいた

妹が好きなんだってことに。

そしてきっかけも中2だった

初めて同人誌というものを見たのがきっかけだった

内容は好きな子の飲み物にヨダレをいれたり、

牛乳に精液を入れたりして

主人公が毎度オナニーをするような内容だった

中2になるまでは可愛い妹だったが

思春期の頃に妹の風呂あがりの裸をみてから女として好きになってた

同人誌を読むまでは妹は俺のことを兄ちゃんと言っていたが

同人誌のにいにのこと大好きというセリフを見て

俺は妹ににーにかにぃと呼ぶように積極的に言い聞かせた

妹は不思議になんでと言ってきたが

兄ちゃんっていうのは…
酔った勢いで、夫の倍以上あるモノを受け入れた上に中に出されてしまった
2018/01/10 22:10
2018/01/10 22:10
私は39歳の主婦です。
パート仲間の4人で、居酒屋で女子会をした時のことです。

隣の席の30代の会社員風の3人の男性に声を掛けられました。
なんとなく話が合って、早めに帰らなければならないパート仲間2人と別れて5人でカラオケに行くことになりました。

1時間が過ぎた頃から、みんな結構酔ってきて、その場のノリで軽く抱き合ったり、頬にキスをしたり、久しぶりに楽しい時間を過ごすことができました。

帰りは同じ電車の男性と2人きりに。

「綺麗な方ですね」

そう言われて気分が良くなり、差し出された手に応じて駅まで手を繋いで歩いていると、急に引っ張られてホテルの方へ。

「困ります。そんなつもりあり…
一つ年下の彼氏いる女の子 (手コキ体験談)
2015/12/15 21:30
2015/12/15 21:30
俺が高校2年の時の話です。 一つ年下に、仲のいい女の子がいた。 スペック: 名前:仮名でさおりとします 身長:156くらい 顔:そんなに可愛くはない、お世辞ならギリギリで可愛いっていえるレベル 胸:Cカップくらい。身長の割に大きい 中学時代に経験済みらしい。 その子は同じ学年に彼氏いたんだけど、色々あって俺の家に来ることになった。 仲いいって言ってもその頃はメールしかしたことなくて、そのとき始めて声聞いたような気がする。 最初はお互い緊張してたけど、さおりが眠いとか言って俺のベッドで布団被って寝始めたの。 俺童貞。キスとかおっぱい触るく…
ビッチマミー【エッチ体験談】
2016/01/25 06:38
2016/01/25 06:38
486:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火)19:48:34 おい…出会い系で一度やった熟女がテレビ出てる まさかこんな大家族のかーちゃんだったなんて… 487:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火)19:53:09 486 マジ?どのくらい前の話? 488:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火)20:00:14 486 なかの一人はオマエの子じゃね 489:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火)20:00:31 468 これか?…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・8人目の人妻

・【露出】自画撮りのヌード写真を見せてくる妹

・【痴漢・痴女】痴漢の彼

・シルバーのBMWと我輩の男根を乗りこなす近所の奥様

・【人妻体験談】手が早くヤリチンとして有名な上司に汚された花嫁が妊娠してしまった

・20代後半の母親と子供は家族揃って超ハイレグのお尻丸出しでしたwww

・【熟女体験談】仕事の訪問先で知り合ったエロい高齢熟女に赤ちゃん言葉で話しかけ、おっぱいに吸い付くとなんだか母親と近親相姦をしている気分になる

・■SEXをしたくてたまらない時期

・日本酒のチカラ【人妻体験談】

・中学の同窓会で再会した元彼女と

・セフレ探してる四十路の金持ち熟女とのエロ体験

・姉妹丼で3P。最高だけど疲れます

・優しく無防備なオナニタには困らない天然エロなパート主婦

・【オナニー】寿退社した先輩OLの生パンを拝みながら

・【痴漢・痴女】痴女と出会って人生終わりかけた話する

・全裸後ろ手錠で高校生と

・遠距離の彼氏がいましたが、童貞君と仲良くなっちゃいました

・不倫の相手は息子の家庭教師です

・寝取られまではいかないが・・・

・私の好きな人【人妻不倫体験談】

・妻のバイト先の人間と共謀して妻を犯してもらう計画。

・【Hな体験】セックス嫌いな彼女を酔わせてイタズラ三昧

・取引先の後輩の妻と

・蘇る嫉妬心

・【痴漢・痴女】痴漢した処女にそのまま挿入して何度も射精したエッチ体験談

・近所のおばさんと、近所のおじさんの不倫現場を目撃した

・人妻めぐみ

・【初体験】沖縄でナンパした女子大生と童貞喪失

・【痴漢・痴女】痴漢でかんじてしまいした・・・

・スカートに頭突っ込んで、人妻が逝くまでペロペロしました