寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

❤こんなことされるのは久しぶりでしたわ

2018/01/16 14:56


 48才人妻です。浮気や不倫は雑誌やドラマの世界で、本当はほんの一握りの人達の事だとつい数ヶ月前まで思っていました。初めての男性と結婚し、他の男性との経験がない私は多少の浮気願望があったにせよ自分から遠ざけていたのでしょうね。

 主人との夜の生活は月に1回程度ですが、大きな不満もありませんでした。今思えば無知だったのかも。子供も手を離れ平日の仕事がお休みの日は、フィットネスクラブに通うようになりました。もうすぐ50才ですがまだまだ、との気持ちがあったのでしょう。クラブに通うにつれ同年代の1人の奥様と親しくなりました。

 時折ランチやお茶しプライベートもお互い話すようになっていきました。彼女は結婚しているのに彼がいると言っていました。少し羨ましさは正直ありました。

 ある日、彼女は「合コンするけど来ない?」と。「私は仕事あるし夜もあんまり出られないし」と言うと「その点は大丈夫、あなたの休みの日だしお昼だから」と。その時はなぜ休みを知ってるのか?と考えましたが「あなたの休みの日はいつも決まってるじゃない」と言われるとそうです。

 その日はちょっとだけおしゃれをし待ち合わせのカラオケルームに出かけました。そこに居たのは彼女とその彼、そして男性は1人だけでした。「あれっ、これだけ」「そうよ、まっいじゃない」「まっいいか、でもこれじゃお見合いだね」

 自己紹介で男性は彼女の彼氏の友達で私と同年代とわかりました。私が歌って居る時、彼女とその彼は2人の目の前でいちゃいちゃしだしました。「もう~そんなことしないの」と言うと彼女は男性をいったん見た後「実は彼があなたの事紹介して欲しいって言うから、そうだよね」

「偶然フィットネスでお見かけしたときこの年ながらドキドキしちゃって」まもなく彼女は彼と退室してしまい2人だけ取り残されました。「今日はあなたを騙すようなことをしてしまい申し訳ございませんでした。

 この次、またお会いできますか?」といきなり言われてしまいました。「はっ、ハイ」数日後、逢う事になりドライブし次の約束してわかれました。次に逢うまでの何日か私の中では彼のことが頭を離れなくなっていました。

 そんなに逢っていいのかとの迷いや不安、そして逢える期待など交錯していました。当日は、主人をいつものように送り出しシャワーを浴び普段はほとんど着ない服をちょっとセクシーに着こなして待ち合わせ場所に行くと既に待ってくれていました。

「もしかして来てくれないかと思っていました」と彼。「どうして」「だってお互い既婚者だし、世の中的にはあまりよい事でないと思うし」「そうね」と言いながらも今まで封印していた浮気願望がちょっとだけ頭を出していました。

 車は走り出し他愛のない会話の中、早春の海に着きました。誰もいない岩場の海岸、足場の悪い岩場の海岸です、当然のように彼は私の手をとってくれます。初めてつないだ手はなぜか汗ばんでいます。彼も緊張してるのだろうと感じました。

 少し歩くと岩に囲まれ場所に出ました。お互い並んで腰掛海を見ていると突然彼の手は私の手を引き抱きしめられました。「今日は着てくれてありがとう、本当に着てくれないと少しだけおもっていたんだ」彼は私の顔を見つめそして近づいてきました。

 1度2度顔を背けましたが唇同士が触れ合いました。「ありがとう」と彼に言われなんだかわからなかったけれど今度は私は目を閉じ彼の唇を受け入れました。それからは当然の成り行きのようにホテルの門をくぐってしまいました。

 恥ずかしがる私を彼は優しく優しくしてくれます。とうとう下着だけにされた私はあわててお風呂に飛び込んで行きました。「今回だけ、あんなに優しいからきっと大切にしてくれる。だから今回だけ」と言い聞かせバスタオルを巻きベットに潜りました。

 ベットでの彼は少し違いました、優しいけど荒々しい。今まで主人にもあまりしたことがないフェラチオもしました。「見ないで、見ないで」と言っていた私の秘部も優しい言葉とテクニックで自分から足を広げ彼の舌を受け入れていました。

 勿論、こんなことされるのは久しぶり、恥ずかしいほど濡れているのがわかるくらいでした。私は彼の指と舌でいかされもうほしい、という状態でした。「そろそれいいかな」と彼。黙っているといきなりいきなり口元に彼のモノかきました。

「もう一回いい、今までで一番気持ちよかった」もう一度私はほお張りました、根元までそしてしごくようにと。「ありがとう、これ以上してもらうといっちゃうよ」そんな女にとってはうれしい言葉、もう私は自分から言葉を発していました。

「きて、お願い」枕元をゴソゴソしだす彼、「お互いのためにね」とコンドームをてに取っていました。それを見て私は思わず「そんなのして気持ち良いの?病気はないよね。なければ‥、初めはね」彼は上になり私の足の間に入ってきました。

 少し彼が腰を沈めるとお互いの性器が触れ合います。「本当に挿れるよ、いいんだね。本当に着けてないよ」主人はいつも黙って侵入して来ます、なんかこんなこと聞かれて嬉しかった。

「いいよ、本当にいいよ」その瞬間、彼のモノは私の奥深く侵入して奥に当たりました。体が解ける、腰が立たない、とはこんなことなのかと彼に突かれて思いました。「もうだめだよ、これ以上動いたらいっちゃう」
「嫌、もう少しだけ動いて。あ~とっても気持ちいい」

「だめだよ、少し動くから、出す時はシーツにするからね」「そんなの嫌」「じゃ、どこ。お腹の上?」「いいから動いて、私いきそうよ」「もうだめ、本当にいきそう」「いいわ、いって。私の奥深くいっぱい打ち込んで」

 彼は私の中に射精しました。「安全日、心配しないで。私、本当は今日こうなるのじゃないかと少しだけ思っていた。今日最初のあなたの言葉で決めちゃったのかもね」今では月1回程度逢っています。

 主人とは違うテクニックとちがうモノ。つい数ヶ月前までは考えられなかった私がいます。彼とは安全日以外は必ず避妊しています。お互いのために・・


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
地味なサナちゃんが注目を浴びた鉄棒のテスト
2017/02/22 14:19
2017/02/22 14:19
オレが通ってた小学校では、「体操服を着る時はシャツは必ずブルマ(男子は短パン)の中にしまうように」って言われてた。 まぁ、守らなくても特に何も言われなかったけど・・・。 で、大体の子はちゃんとしまっていたんだけど、クラスでもちょっと派手な女子たちは格好つけてるのか、出してた。 他にも、地味で目立たない子で、1人だけ出してる子がいた。 その子(サナちゃん)は、卒業を前にして急に身体が成長したためブルマがキツく、とても体操服を中に入れられないそうだ。 でも、もうすぐ卒業なのでブルマを買うのも勿体無い・・・ということで、キツイブルマを穿き続けていたらしい。 (お母さんネットワークより情報…
部活の個人練習でHなトレーニングで絶頂する中学生【JC・セックス】
2016/04/27 18:05
2016/04/27 18:05
中学生の時、部活の同級生と、 ちょっとHなことしちゃいました 思い出したらちょっと寝れなくなっちゃったんで 書いてから寝ることにします。 私は中学時代ずっとバスケ部でした。 背が低いのでポイントガードをやってて、 三年生の時にやっとレギュラーになれました。 男子バスケ部とはよく合同練習をしました (顧問同士の仲が良かったからだと思います) いつも向き合う男子のポイントガードの子は 色白でパッとしないと言ったら失礼だけど、 無口で少し冷めた感じの男の子でした。 彼とはほとんど話したことは無かったけど、 練習ではいつも抜かれるし、 私がシュートすればブロックされるし(私より15cmく…
『 価 値 検 査 機 』
2018/03/05 16:28
2018/03/05 16:28
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~           『 価 値 検 査 機 』                      星 新一 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  小さな研究所をやっていたギコ老博士が、死の寸前、  助手のモナ氏を呼び寄せて言った。 ~~~~~~~~~~~~~~~~…
温泉旅館でバイト中、宿泊客の女性に扱かれました
2016/03/19 18:00
2016/03/19 18:00
僕の住んでいた所の近くには温泉街があった。
そこのある旅館で、僕は高校時代アルバイトで働いていた。
そんなある日、そろそろ仕事を終えて帰ろうとしていた夜の九時頃、人気のなくなったロビーで、この旅館に宿泊していた若い女性に声を掛けられた。
そして目的も判らぬまま、僕はそのお姉さんに誘われ旅館の裏庭へと連れ込まれてしまった。


そして自分達以外周囲に誰も居ない事を確認するや、お姉さんはいきなり僕の背中を壁へと押し付け、真正面からしっかりと体を密着させてきたのである。
突然のことに僕は何が何だか分からぬまま、すっかりパニック状態となってしまった。

「君だって、こういう…
豊満な叔母とお風呂で一線を越えた
2017/05/12 19:19
2017/05/12 19:19
私は27歳の会社員で、叔母は49歳です。 ちなみに私は恥ずかしながらこの歳で童貞です。 叔母は世間で言う豊満おばちゃん。 恐らくB-W-Hともに100cm、身長は170cmはあろうかという巨漢です。 ルックスはピンクの電話の宮ちゃん似かな? 叔母は母の妹で、夫である叔父は早くに亡くなっています。 6月ぐらいだったかな? 用事で叔母宅に行った時の事です。 叔母は畑の方で仕事をしてました。 叔母「もうちょっとで終わるからちょっと待ってて~」 そう言われて仕事しながら他愛もない会話しながら待ってました。 ピチピチのジャージ姿で屈んで仕事してる叔母の姿。 ムチムチのお尻と、動く…
【レイプ体験談】母が犯されているのに、僕は・・・【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/12/14 18:35
2016/12/14 18:35
僕は両親が小さい頃に離婚して、母に引き取られてからずっと二人で、母子家庭として暮らしていました。母はパートをしながら必死に働いて、僕を育ててくれていましたが、今度高校受験を迎える僕を塾に行かせる為に、住み込みで働けて家賃のかからない、現場作業員の寮の寮母として働く事になりました。寮には十人の作業員がすんでいて、母はその作業員達の食事の世話等をしていて、仕事の割には高いお給料を貰えて、母はすごく喜んでいましたが、実はその高いお給料には、別の仕事の報酬が含まれていたのでした・・・。寮で働き始めて一ヶ月程たったある日、僕が塾から帰ってきて玄関に入ると、この寮に住む五十代から三十代の作業員四人が、僕…
18歳の高3で童貞受験生だった俺のエッチな体験【エロ体験談告白】
2016/12/27 09:58
2016/12/27 09:58
おれはその当時、SEXどころかファーストキスも

未体験の完全なる童貞だった

男友達から顔は結構良いとは

言われるものの俗に言うアジア・中東系の

濃い顔だったのがコンプレックスで、

自分に彼女なんかできるはずないと自暴自棄になり、

当時流行り初めていた出会い系に手を出してしまった。