寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

炊き出しボランティア(1)

2018/01/16 11:37


私の名前は中ノ島若菜と申します、自慢の長い髪の毛は金髪ですが、
これでもれっきとした日本人ですよ、実は母方の祖母がフランス人でして、
どうやら髪の色は祖母から受け継いだみたいなのです、ちなみに18歳で、
この春に短大に入学したばかりなんですよ。

この歳で恥ずかしい事みたいですが、今まで私はずっと親に見守られてきまして、
学校の登下校も車で送迎され、友達と外で遊ぶという事はありません、
あっても監視の目がある環境ばかりで、本当に箱入り娘として育ってきました…でも。
そのせいか少し世間知らずなところがあり、これでは逆に私の為にならないと、
そこで結婚前の社会勉強だという理由で、高校を卒業してからは、
親元から離れての一人暮らしを始めたのです。
確か住んでるマンションは月に50万の家賃でしたっけ、あ…家賃は親が支払ってくれてます、
一通りは掃除・洗濯・料理など習ってきましたが、それでも一人で暮らすのって大変ですよね。
初めは本当に色々と大変でした…寂しくなって夜は泣いた事もあります。
でもね…そんな私が恵まれている環境だと、つい前までは知りませんでした。
彼…婚約者の東君のボランティア活動に参加させてもらうまでは。
ちなみに婚約者の東君は、お父様の知人の息子さんで、
企業家の父親の跡を受け継ぐ為に、小さい頃から英才教育をされ、
私と違い外の世界の事も、様々なボランティア活動を重ね体験されて学び、
一般の友達も多く持ってるらしく、運動面でも色々と記録を残されてます。
今は大学院生で、趣味でこうしてボランティア活動を続け、
人々を救っているのでした…当初は写真でしか見た事の無い、
未来の結婚相手という印象でしたが、高校時代に初めて実際に出会い、
話を重ねていく内に、本当の意味で互いに好意を抱くようになってたの。
そう…今は婚約者であると同時に、恋人という関係でした。

「これが炊き出し…」
その彼に誘われ、初めて私はこのホームレス支援ボランティアというのに参加したの。
場所は大きな公園で、綺麗に整備された緑豊かな敷地内では、散歩するご老人や、
遊びまわる子供達、本を読んで休むサラリーマンの方々…
そんな人達の憩いの場と思ってたのですが、いえ…確かにそんな場所も、
ある事にはあったのですが、敷地内の一角だけは明らかに違ってたのです。
その場所は青いテントが並んでいまして、何でしょうか…
明らかにここだけが独特の空気が漂っているような感覚なのです、
そのせいでしょうか?そっちの方には、普通の公園利用者は歩いていきません、
ただあのテントから出てくる少し歳を重ねられた男の人達が、
集まって談笑されてるだけのようです。

「若菜さん、あんまりジロジロと見たら失礼だよ」
「あっ、すみません…彼らがホームレスという方々なんですか?」
「そうはっきり呼ぶのも失礼だよ、ま…この色々な理由で社会から居場所を無くした人らなんだ」
東君はそう言って炊き出しの準備をされてました、
日々の食も困っている彼らに対しての食料配給支援という事です、
他にも衣類とか薬とか、日常生活にかかせないのを無償で与えていくようですね。
私はというと…そんな彼を見てるだけだったのです。
本当なら炊き出しの料理とか作るのを、腕を奮って手伝える筈なのですが、
私は外へのお出かけだとばかりに、人目を気にする余所行きの感覚で、
華やかにオシャレに少し力を入れて、今日の衣装選びをしてしまったの、その結果…
気付けば場に浮いた格好で着てしまったのです。
東君は当然に質素なジャージを着てまして、
私の格好を見て他の皆さんと一緒に苦笑してました。

恥ずかしかったです、あぁ…やっぱり私って少し世間知らずなんですねとも痛感します。
そんな格好ですから、皆さんは服を汚す様な雑用を、自分らに任せてと、させてもらえず、
私はすっかり居場所を失っていました、だから婚約者の側で作業を見てたのです。
「落ち込まなくていいよ初めてなんだしさ」
「はぁ…でも東君は偉いですね、前からこんな風にボランティア活動をしてるのですよね?」
「まぁ…僕としてはコレはもう趣味だからね、困ってる人を助けて喜んでもらいたい…それだけなんだ」
「喜んで…私も喜ばせたいです」
人が喜んでくれると、私も嬉しくなりますからね…でも、
こんな私に何ができるのでしょうか?周りは色々と忙しくされてます…
ここに居ても邪魔なだけかもしれません、すると同じ活動されてる方が、
ホームレスの男性方と楽しく話されてるのを見ました。

「あれは…」
「あぁ、あんな風に話しかけてコミニケーションをかわしてるのさ、やっぱ仲良くしないとね」
「仲良くですか?」
「彼らの中には心を閉ざしてる人もいるからね、人の助けなんていらないとか…寂しい人もいるんだよ」
なるほど…そうだ!それなら私でもできそうです、まだ私は色々と彼らの事をしりません、
どうすれば助ける事ができて、喜んでもらえるのか…
彼ら自身に聞けばいいのですよ、そう思いつくと東君に場を離れる事を告げ、
彼らの中で話しかけやすい方を見つけにいきます。
それで私はこの辺りをぐるっと周りつつ歩きましたが…だけど何故でしょうか、

妙に注目されてる気がします、チラチラとこっちを見られてるような…
それにヒソヒソと話をしてるようにも見えますし…ふとその時、
テントの前で一人、黙々とタバコを吸っているおじさんの姿を見かけます。
何だかこの人になら話しかけても平気そう、そこで勇気を出し話しかける事にしたの。
「こ、こんにちは…」
「ぶぉっ!!?な…びっくりした、誰だ?お譲ちゃんは?」
「あの、私…今回のボランティアに初めて参加した中ノ島です、よろしくお願いします!」
「は、はぁ…」
勇気を出して話しかけると、何だかおじさんは一瞬は驚き、
今は呆気に取られたような表情してました、
もしかして私…またやっちゃったのかしら?

「ははは、そうかあの炊き出しの…いやいやびっくりしたよ」
「すみません、色々と慣れてなくて…」
「いやいや、こんな可愛い子が俺に何の用かと驚いただけだから」
一時はどうなるかと思いましたが、それからは当初の予定通り、
このおじさんとは話す事に成功しました、
やっぱりこの格好がいけなかったのですかね?
おじさんは今日した私の勘違いぷりを笑っていました。

「あの…私、初めてだしよく色々と知らなくて…おじさん達の事をよく知りたいなって」
「ふむっ…まぁ何だか良い所のお嬢様ぽいし、知らなくて当然か」
おじさんが住んでいるらしい青色のテントの横で、
ゴミかなと思っていた木の箱を椅子代わりにし座り、
おじさんの話を聞いてる私、だけど…こんな小さな所で住めるものなんですかね?
ちょっと青色のビニールシーツで作られた、おじさんの家が気になりました。
「私、何も知らないけれど…役に立ちたいんです!東君が言ってました、皆に喜んでほしいって!」
「東…あぁ、あの若造か?何だ、学校の先輩とか友人なのかい君の?」
「えっと…婚約者なんです」
「ごほっ!ごほ…」
すると急におじさんは咳き込みます、えっと…大丈夫でしょうか?
何かまた変な事を言いましたっけ…これでも正直に答えたつもりなのですが??
「そうかそうか、あの若造も良い所の坊ちゃんだとは思ってたが、婚約者が居たか」
「あの…それで、私どうしたら皆さんに喜んでもらえる事ができるのでしょうか?」
「喜んでもらえるか…ふ?む」

私の質問におじさんは考え込みます、すると誰かが近づいてきたのです。
そんな時です誰か、別のおじさんが近づいてきたのは…
「お?い、シゲさん、そんな可愛いお嬢さんを何処からナンパしてきたんだ」
「なんだシゲさんモテモテだな?」
「馬鹿いうなって、あの炊き出しのボランティアの子だよ」
どうやらこの話をしていたおじさんってシゲさんという方のようですね、
今更に話してる相手の名前を知りました。
「あの…中ノ島若菜と言います」
「おう、俺は源治…ゲンさんと呼んでくれや、こっちはヒデさんと呼んでくれ」
「ボランティア?だがその…デートに行くような格好じゃないのかい?」
「あははは…その、色々と勘違いがありまして…」
「くくく…」
またも指摘され、シゲさんは横で笑ってました、はぁ…やっぱり場に浮いてますね私。
だけどお陰で話すきっかけになり、仲良くなれたのかもしれません、
そこで私はゲンさんとヒデさんという方々にも話を聞く事にしたの。

「へっ?喜んでもらえる事?う?んそうだな…」
するとゲンさんは私の身体を上から下へとジロジロと見つめてきたの、
何だか真剣な表情に見えるけれども…どうしたのだろうか?と思うと…
「やっぱ下の処理か…最近は溜まってるし」
「下の処理?」
「こらこら!お前は何て事を頼むんだ!」
「いやいや冗談冗談、もしかして引いちゃったかな?」
「え…いえ、でも…よくわかりませんが、私でもできるならしますけど?」
「!ちょ…若菜ちゃん、いいからいいから、おじさん本気にしちゃうよ」
「え…でも」
下の処理って何だろう?私には理解できませんでした、
だけどもそれで彼らが喜んでくれるのなら、私は喜んでしますけど、
でもヒデさんも、それを発言したゲンさんも、
顔を赤くさせて説明するのも困ったようで、やだ苦笑されてるご様子です。

本当に下の処理って…何の事だったのかしら?あっ…
ふと風が吹いてきます、もう季節は春とはい…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
姉貴が騎乗位で、弟に突き上げられてた…
2016/10/16 06:00
2016/10/16 06:00
俺が高校3年の時、三つ上の姉貴と一つ下の弟が床の間でやってたのを見た時、頭が真っ白になって体が固まってしまった。
姉貴はミニスカを捲り上げて、自分のパンツを咥えて、騎乗位で弟に突かれ捲くられてた。
中出しかどうか分からなかったが、本当に怖かった。
俺が居たことに気が付かなかったんだろうな。


当時、姉貴と弟は家族内ではあまり会話がなかったから、余計に驚いたな。
今は姉貴と俺は結婚して、姉貴や弟とは離れて暮らしてるけど、たまに二人と会った場合でも当時の記憶が鮮明に蘇る・・・。

姉貴は着衣のまま、弟はパンツの穴からチンコだけ出してさ。
姉貴が必死にパンツ咥えて声を噛…
もうやだっ
2017/10/17 20:19
2017/10/17 20:19
ゆいは夜の仕事してます。 お客さんで、嫌らしいお客さんが居るんです。 お尻を触ってきたり。 胸を触ったり、わしづかみにしたり。 ミニが多いんだけど、わざとらしく覗いたり、スカートをめくったり。 で、仕事中にへんなメール送ってきたりなんです。 お客さんだから、ある程度は仕方ないからニコニコ対応してるけど… かなり精神的にまいってます。 同伴とかアフターとかも有るでしょ(:_;) ちょっと恐いんです。 付き合わないといけないんでしょうね(T_T) 誰か助けてぇ
投稿ビデオ、素人の処女喪失でデビュー
2018/03/02 06:42
2018/03/02 06:42
私は小学生の頃から可愛いといわれ、中学生の時には何人もの男子生徒から告白されました。 そうなると勘違いしてきます。 私は将来女優になる女なんだと思うようになっていきました。 高校では、他校の生徒からも告白されて、高校3年の時には、ついに当時30歳の先生から、卒業したら付き合って欲しいと真剣にに告白されてしまいました。 私は、入学以来ずっと憧れていた先生だったのでとても迷いました。 高校を卒業してすぐ、私は先生のアパートを訪ね、「私は東京へ出て、アルバイトしながら女優を目指します。でも、先生の事はずっと好きでした。だから、先生に抱かれてから、先生の思い出を胸に東京へ旅立ちたいんです。」この日…
ヤリチンの彼氏の携帯をみたら浮気相手との動画が…【体験談】
2017/01/20 21:10
2017/01/20 21:10
以前付き合っていた元カレとの体験談なんだけど、彼氏が浮気していて、それをハメ撮りしてた。

何でわかったというと、彼氏の携帯を見ると、知らない女がカレシのペニスをしゃぶるフェラ顔の動画があった。

それ見た時はかなり衝撃的で怒りと悲しみで失神しそうになってしまった。

カメラにいやらしい口元が映るように、その女の子の長い髪の毛をかきあげる手には私がプレゼントしたミサンガが巻かれていて彼氏の手だと確信した。

「すげーイイよ」

と優しく話しかける声と、ぴちゃぴちゃ言う音も入ってて凍りついてしまった。

それ以来彼氏の携帯動画を漁る癖がついてしまったね。

いろいろあったなあ

その彼がかなりの…
サークルで好みの人と
2016/01/29 16:51
2016/01/29 16:51
彼と出会ったのは仕事関係のサークルで。久しぶりにそこに顔出した私に、サークル部長が彼を教えてくれた。私の方から近づいて自己紹介して…彼のほうは少しクールな感じだった。でも何回かサークルで顔を合わせるようになってから、彼のほうも打ち解けてきて。メールとかはするけど、二人でどこかで会うことは全然しなくて。そんな中、私はKのことをどんどん好きになっていっていた。
* まず彼の見た目好みのタイプで、話し方や雰囲気も嫌いじゃないなって…、何気なくしていたメールから…なんとなくエッチな話になったりしているうちにお互いに…したいという気持ちがあることを話して「セフレでよければしようか?」SEX経験も…
【熟女体験談】孕ませフェチの俺がこの前孕ませてきた人妻熟女の話をする
2017/08/04 12:02
2017/08/04 12:02
2017/08/04 (Fri) 人妻を孕ませ、妊娠させ、出産させる

これが男の最高の征服行為ではなかろうか

人妻を寝取って孕ませ、
相手の夫の子供として育てさせる。

一夫一妻制である現在において、
自分の子孫を多岐に渡って残す最高の方法だ。

経験したことがある者なら、
この男の夢を分かってくれると思う。

そう、俺は孕ませフェチなのだ

そして、この前も人妻熟女を孕ませてきた

あれは野球教室のコーチとママさんの
懇親会の帰りのことであった。

夏休みになれば土日の野球教室も休みになるので、
日ごろの慰労を込めて、
コーチと子供たちのママさんが
慰労会を行うことになった。

前か…
母が、、、
2016/06/10 01:05
2016/06/10 01:05
私は、25歳女です。23歳の弟がいます。私達は一人暮らしをしてまして、兄弟仲良しなのでたまに、遊びに行ったり食事に行ったりします。そこで、お母さんの話題になり、母の浮気を知りました。私には弟や家族が隠してたみたいです。 母は何を思ったのか、弟に相手の男を彼氏だと紹介したらしいのです。取っ組み合いの喧嘩になったらしいですが。私は、女でもマザコンと思われるくらいお母さんが大好きで、だからこそ許せません。不潔です、大嫌い。 あんなに、お母さん一筋の不器用なお父さんを裏切るなんて!50をとっくに過ぎた、オバサンでもやることはやってるのですね…。ショックと悔しさと怒りで、とても書き込みをせずにはいられま…
彼女が他人棒の魅力にハマり中出しを・・【エロ体験】
2015/08/11 10:51
2015/08/11 10:51
現在、付き合っている彼女とは
既に2年目。

21歳なんだけど見た目は
かなりロリ体型のロリ顔で、
高校生みたいな感じです。

なかなか可愛い清純派な子で、
最初は彼女が俺以外の男に
抱かれる想像もできなかった。

なんかそういう世界とは
かけ離れたキャラだったんですよね。

でもだんだん、
俺の中で変な妄想が膨らんできて、
そんなロリ体型の彼女が他の男にヤラれるところを想像して
興奮するようになってしまった。


で、とうとう彼女に

「浮気してみたくない?
K(彼女)が他の男としちゃった話聞きたいなぁ」

などと打診してみたところ…

根がまじめで、
3年間一度も浮気なしの子だ…
【驚愕】産婦人科に精子の検査に来た結果wwwwwwwwwwwwww
2018/01/03 18:14
2018/01/03 18:14
友人の母親レイプ(6)
2018/02/11 10:39
2018/02/11 10:39
おい、ヒロキよぉ、とんでもねえ淫乱女だなぁ、おめえの母ちゃんは。え?・・・・・・ 俺がちゅっと、乳首の先にキスしてやると、 「はんっ」 と、全身びくびくさせるんだ。 そのさまをニヤニヤしてみてると、 「じらしちゃ、いや・・・・・・」 なんて甘ったるい声で、俺の頭、乳房に押し付けるんだ。 で、お望みどおりちゅうちゅう吸ってやると、 「あうんっ!・・・・・・いいの、いいの、すごぉく、いい・・・・・・」 なんて、女優">AV女優のように喘ぎ悶えるんだぜ? 眉間にしわ寄せてよ。 で、「もっと・・・・・・もっとぉ」 なんてよ。 ヒロキ、欲求不満の売女を母親に持つと、苦労するなぁ、おい? …
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・ SEXが弱い彼氏に代わって、同僚の女子社員に中出し

・25歳の伸縮マンコ事務女との生H体験談

・【痴漢・レイプ】同級会で目を付けられた挙句に

・・個人経営の塾で、妻が身体をご褒美にして生徒の成績を上げていました2(ブロマガ転載禁止)

・タイプじゃないけど友カノにハメられてハメた

・可愛い

・JKの露出?番外編?

・年下男性を落とすテクニック

・★社内恋愛の話でも聞いてくれ・・2/2

・【不倫】夫と別居中の女上司の家で激しいセックス[第2話]

・妻がSEX中に夫以外の名前を間違って言ってしまったw

・【人妻体験談】不倫相手にHな身体に開発されたヤリマン主婦が誰でもいいからSEXしたがっている

・【熟女体験談】熟女風俗嬢のエロいストレス発散方法は若い男の子を逆痴漢すること

・酔った勢いでエッチした相手の虜になりそうでした

・25歳の美白のハーフ美人お姉さんの処女喪失SEX

・【痴漢・レイプ】娘の彼氏に、一番恥ずかしい姿まで、,,

・下宿先の娘

・抜きアリのメンズエステで働いてるけど質問ある?

・私の複数プレイデビュー

・看護学校の深夜の教室で、ナースの卵とハメまくった

・出会い系で会ったエロい女をハメたった

・【痴漢・レイプ】卓球少女を・・・

・泥酔しているOLを拾ったらエロい女だった

・【痴漢・レイプ】嫁(28)が俺のせいで近所の悪ガキ達に肉便器にされてた・・・・・・・・・

・【痴漢・レイプ】男に妻を寝取られ、たっぷり子宮に射精されたあと、その男達の精液をすすりながらオナニーする俺

・出会い系で知り合った男性と不倫しています

・【痴漢・レイプ】義母をレイプして肉奴隷にする

・医療関係で働くドSな私が先生たちのエッチな所業を告白します

・【痴漢・レイプ】忘年会で輪姦された

・【痴漢・レイプ】過去に女房がヤクザの奴隷