寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

炊き出しボランティア(1)

2018/01/16 11:37


私の名前は中ノ島若菜と申します、自慢の長い髪の毛は金髪ですが、
これでもれっきとした日本人ですよ、実は母方の祖母がフランス人でして、
どうやら髪の色は祖母から受け継いだみたいなのです、ちなみに18歳で、
この春に短大に入学したばかりなんですよ。

この歳で恥ずかしい事みたいですが、今まで私はずっと親に見守られてきまして、
学校の登下校も車で送迎され、友達と外で遊ぶという事はありません、
あっても監視の目がある環境ばかりで、本当に箱入り娘として育ってきました…でも。
そのせいか少し世間知らずなところがあり、これでは逆に私の為にならないと、
そこで結婚前の社会勉強だという理由で、高校を卒業してからは、
親元から離れての一人暮らしを始めたのです。
確か住んでるマンションは月に50万の家賃でしたっけ、あ…家賃は親が支払ってくれてます、
一通りは掃除・洗濯・料理など習ってきましたが、それでも一人で暮らすのって大変ですよね。
初めは本当に色々と大変でした…寂しくなって夜は泣いた事もあります。
でもね…そんな私が恵まれている環境だと、つい前までは知りませんでした。
彼…婚約者の東君のボランティア活動に参加させてもらうまでは。
ちなみに婚約者の東君は、お父様の知人の息子さんで、
企業家の父親の跡を受け継ぐ為に、小さい頃から英才教育をされ、
私と違い外の世界の事も、様々なボランティア活動を重ね体験されて学び、
一般の友達も多く持ってるらしく、運動面でも色々と記録を残されてます。
今は大学院生で、趣味でこうしてボランティア活動を続け、
人々を救っているのでした…当初は写真でしか見た事の無い、
未来の結婚相手という印象でしたが、高校時代に初めて実際に出会い、
話を重ねていく内に、本当の意味で互いに好意を抱くようになってたの。
そう…今は婚約者であると同時に、恋人という関係でした。

「これが炊き出し…」
その彼に誘われ、初めて私はこのホームレス支援ボランティアというのに参加したの。
場所は大きな公園で、綺麗に整備された緑豊かな敷地内では、散歩するご老人や、
遊びまわる子供達、本を読んで休むサラリーマンの方々…
そんな人達の憩いの場と思ってたのですが、いえ…確かにそんな場所も、
ある事にはあったのですが、敷地内の一角だけは明らかに違ってたのです。
その場所は青いテントが並んでいまして、何でしょうか…
明らかにここだけが独特の空気が漂っているような感覚なのです、
そのせいでしょうか?そっちの方には、普通の公園利用者は歩いていきません、
ただあのテントから出てくる少し歳を重ねられた男の人達が、
集まって談笑されてるだけのようです。

「若菜さん、あんまりジロジロと見たら失礼だよ」
「あっ、すみません…彼らがホームレスという方々なんですか?」
「そうはっきり呼ぶのも失礼だよ、ま…この色々な理由で社会から居場所を無くした人らなんだ」
東君はそう言って炊き出しの準備をされてました、
日々の食も困っている彼らに対しての食料配給支援という事です、
他にも衣類とか薬とか、日常生活にかかせないのを無償で与えていくようですね。
私はというと…そんな彼を見てるだけだったのです。
本当なら炊き出しの料理とか作るのを、腕を奮って手伝える筈なのですが、
私は外へのお出かけだとばかりに、人目を気にする余所行きの感覚で、
華やかにオシャレに少し力を入れて、今日の衣装選びをしてしまったの、その結果…
気付けば場に浮いた格好で着てしまったのです。
東君は当然に質素なジャージを着てまして、
私の格好を見て他の皆さんと一緒に苦笑してました。

恥ずかしかったです、あぁ…やっぱり私って少し世間知らずなんですねとも痛感します。
そんな格好ですから、皆さんは服を汚す様な雑用を、自分らに任せてと、させてもらえず、
私はすっかり居場所を失っていました、だから婚約者の側で作業を見てたのです。
「落ち込まなくていいよ初めてなんだしさ」
「はぁ…でも東君は偉いですね、前からこんな風にボランティア活動をしてるのですよね?」
「まぁ…僕としてはコレはもう趣味だからね、困ってる人を助けて喜んでもらいたい…それだけなんだ」
「喜んで…私も喜ばせたいです」
人が喜んでくれると、私も嬉しくなりますからね…でも、
こんな私に何ができるのでしょうか?周りは色々と忙しくされてます…
ここに居ても邪魔なだけかもしれません、すると同じ活動されてる方が、
ホームレスの男性方と楽しく話されてるのを見ました。

「あれは…」
「あぁ、あんな風に話しかけてコミニケーションをかわしてるのさ、やっぱ仲良くしないとね」
「仲良くですか?」
「彼らの中には心を閉ざしてる人もいるからね、人の助けなんていらないとか…寂しい人もいるんだよ」
なるほど…そうだ!それなら私でもできそうです、まだ私は色々と彼らの事をしりません、
どうすれば助ける事ができて、喜んでもらえるのか…
彼ら自身に聞けばいいのですよ、そう思いつくと東君に場を離れる事を告げ、
彼らの中で話しかけやすい方を見つけにいきます。
それで私はこの辺りをぐるっと周りつつ歩きましたが…だけど何故でしょうか、

妙に注目されてる気がします、チラチラとこっちを見られてるような…
それにヒソヒソと話をしてるようにも見えますし…ふとその時、
テントの前で一人、黙々とタバコを吸っているおじさんの姿を見かけます。
何だかこの人になら話しかけても平気そう、そこで勇気を出し話しかける事にしたの。
「こ、こんにちは…」
「ぶぉっ!!?な…びっくりした、誰だ?お譲ちゃんは?」
「あの、私…今回のボランティアに初めて参加した中ノ島です、よろしくお願いします!」
「は、はぁ…」
勇気を出して話しかけると、何だかおじさんは一瞬は驚き、
今は呆気に取られたような表情してました、
もしかして私…またやっちゃったのかしら?

「ははは、そうかあの炊き出しの…いやいやびっくりしたよ」
「すみません、色々と慣れてなくて…」
「いやいや、こんな可愛い子が俺に何の用かと驚いただけだから」
一時はどうなるかと思いましたが、それからは当初の予定通り、
このおじさんとは話す事に成功しました、
やっぱりこの格好がいけなかったのですかね?
おじさんは今日した私の勘違いぷりを笑っていました。

「あの…私、初めてだしよく色々と知らなくて…おじさん達の事をよく知りたいなって」
「ふむっ…まぁ何だか良い所のお嬢様ぽいし、知らなくて当然か」
おじさんが住んでいるらしい青色のテントの横で、
ゴミかなと思っていた木の箱を椅子代わりにし座り、
おじさんの話を聞いてる私、だけど…こんな小さな所で住めるものなんですかね?
ちょっと青色のビニールシーツで作られた、おじさんの家が気になりました。
「私、何も知らないけれど…役に立ちたいんです!東君が言ってました、皆に喜んでほしいって!」
「東…あぁ、あの若造か?何だ、学校の先輩とか友人なのかい君の?」
「えっと…婚約者なんです」
「ごほっ!ごほ…」
すると急におじさんは咳き込みます、えっと…大丈夫でしょうか?
何かまた変な事を言いましたっけ…これでも正直に答えたつもりなのですが??
「そうかそうか、あの若造も良い所の坊ちゃんだとは思ってたが、婚約者が居たか」
「あの…それで、私どうしたら皆さんに喜んでもらえる事ができるのでしょうか?」
「喜んでもらえるか…ふ?む」

私の質問におじさんは考え込みます、すると誰かが近づいてきたのです。
そんな時です誰か、別のおじさんが近づいてきたのは…
「お?い、シゲさん、そんな可愛いお嬢さんを何処からナンパしてきたんだ」
「なんだシゲさんモテモテだな?」
「馬鹿いうなって、あの炊き出しのボランティアの子だよ」
どうやらこの話をしていたおじさんってシゲさんという方のようですね、
今更に話してる相手の名前を知りました。
「あの…中ノ島若菜と言います」
「おう、俺は源治…ゲンさんと呼んでくれや、こっちはヒデさんと呼んでくれ」
「ボランティア?だがその…デートに行くような格好じゃないのかい?」
「あははは…その、色々と勘違いがありまして…」
「くくく…」
またも指摘され、シゲさんは横で笑ってました、はぁ…やっぱり場に浮いてますね私。
だけどお陰で話すきっかけになり、仲良くなれたのかもしれません、
そこで私はゲンさんとヒデさんという方々にも話を聞く事にしたの。

「へっ?喜んでもらえる事?う?んそうだな…」
するとゲンさんは私の身体を上から下へとジロジロと見つめてきたの、
何だか真剣な表情に見えるけれども…どうしたのだろうか?と思うと…
「やっぱ下の処理か…最近は溜まってるし」
「下の処理?」
「こらこら!お前は何て事を頼むんだ!」
「いやいや冗談冗談、もしかして引いちゃったかな?」
「え…いえ、でも…よくわかりませんが、私でもできるならしますけど?」
「!ちょ…若菜ちゃん、いいからいいから、おじさん本気にしちゃうよ」
「え…でも」
下の処理って何だろう?私には理解できませんでした、
だけどもそれで彼らが喜んでくれるのなら、私は喜んでしますけど、
でもヒデさんも、それを発言したゲンさんも、
顔を赤くさせて説明するのも困ったようで、やだ苦笑されてるご様子です。

本当に下の処理って…何の事だったのかしら?あっ…
ふと風が吹いてきます、もう季節は春とはい…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
彼女がいるのは知っていたけど、どうしても好きで思い出にHさせてもらった
2015/10/19 23:30
2015/10/19 23:30


これは高校2年生の時のお話。




バイト先で好きな人がいたんですよ。




彼は大学4回生で、同じバイト先に彼女がいました。




私は、ただ想っているだけでいいやと思ってたんですけど、


勉強を見てもらったり2人で遊びに行ったりしているうちに、


もっと好きになってしまいました。




彼が就職でバイトを辞める事になったので、


私は思い切って初めて自分からご飯に誘いました。




その時まで、勉強の事以外で自分から誘い出すのは


彼女に申し訳ないから控えていたのですが、


彼は快くOK…
バイト先で高校時代の悪い癖が・・・
2017/02/08 23:05
2017/02/08 23:05
福岡在住の大学生です。21歳、雅也と言います。地元は田舎ですが、両親と離れ 都会の1人暮しに憧れていたので地元から近い福岡を選びました。1年の時にバイトもせず、真面目に頑張り1年で単位60取りました。 卒業までに124なので残りの3年で64とかなり楽になりました。 2年の時に30取り、残りの単位が34となり余裕もできたので、バイトでもと思ってる時に サークルの友達が、俺のバイト先のカラオケBOXどう?と誘われました。友達がやってるバイト先は24時間営業で9時~17時、17時~深夜1時、深夜1時~9時のシフトが 昼、夜、深夜の3つに分かれています。友達は夜入ってました。 昼1人募集してるとのこと…
【Hな体験】学年一の美少女と、2日限りのラブエッチ
2015/10/17 06:00
2015/10/17 06:00
普段全然話もしないけど学年で1番美人なYと、自称フツメンの俺(K)。 Yは綺麗な顔だちで、髪が天然で茶色くて目立つ。いつもスカートを穿いていてお嬢様ぽい感じなんだけど、兄がいるためか口調は男っぽい。 高校1年の夏休み。Yとは違う高校に進んだんだけど、俺の悪友がYと同じ高校に行ってた。そいつに、ある日どうしても飲み会に来てくれと頼まれた。訳を尋ねると、高校仲間でコンパするけど、Y目当てが数名居る。Yは乗り気じゃないんだけど、中学から知ってるKが来るなら参加してもいいよって事らしい。 俺はこの時点でエロい展開を期待したが、飲み会の次の日が赤点補習というスケジュールに正直悩んだ…
女の子がほかの男とエッチしちゃう理由【浮気・出会い系】
2017/08/30 23:05
2017/08/30 23:05
私愛知県、20♀、160/45、磯山さやか似 相手愛知県、26♂、美容関係、背低めと自己申告あり。 住んでいる場所が近いから、気軽に飲める関係になれたらいいなってかんじ。 お友達募集の掲示板で知り合って2週間ほぼ毎日メール。 メールが楽しかったので面接にも期待。こちらから会おうよと言ってみる。 着いたら電話して~と言われ、駅前で待ち合わせ。 夕方だから人が多いよ!人ごみでちょっとイライラし始める。 ほんとに会えるんかと思いつつ、電話。 服の特徴を教えると「あっ、おった!」と言われる。 車が近づいてきて、かわいい顔したおにーさんが窓あけておいでおいでしてた~やばい好み。 …
忘年会で酔った後輩の柔らかい膨らみを揉んだ
2017/03/02 23:31
2017/03/02 23:31
334 えっちな18禁さん[sage] 2013/01/12(土) 01:58:37.49 ID:SOtGvojz0 バイトで忘年会したんだが2次会終わって解散し後輩のY子と同じ方角だったので2人で帰った Y子は明るく誰とでも仲良くなれるタイプで普段からかなりテンション高いのに酔っているからか 寒いからと腕を組んできて彼女のアパートの前までずっと話ながら歩いた。 Y子は社会人の姉と2人で住んでるんだが今日姉は会社の人と旅行だと言うから冗談半分で 「寒いしここから家まで一人で帰りたくないから泊めてくれ」って言うとあっさりOKくれた。 近くのコンビニで酒とお菓子と朝ご飯用のパンを買いY子の部屋でも…
昼間の公園
2016/12/18 20:05
2016/12/18 20:05
昼間の公園、いつ誰がくるかわからない広場の真ん中で、大きな木の下で、バックでしまくりました。それも、一度や二度ではありません。もう、当たり前の事です。したくて、したくて、死にそうになります。同じ職場で働いていたんだけど、昼休みに会社の隣のビルの踊り場とか、畑の隅、人の行きかう道のくらがり、どこででも、している気がする。私たちは、ダブル不倫・・・・。会社の誰がいつ来るかわからない、外から丸見えの場所で、会社の机に寝そべって、してる最中に人が来たことがあった。取引先の人、ただならぬ雰囲気に、戸惑って、すぐかえってしまった。私、、物凄く、腰が動くんです。しかも、下の毛は抜いてます。つるつるです。中で…
同期会でアタック食らっちゃった!
2016/03/13 12:05
2016/03/13 12:05
今年の正月、高校の同期会が東京でありました。 私は30で初めての参加でした。 大学も歯大で一緒の友達同士で盛り上がっていると、一人の女性がその輪に入ってきました。 驚いた事に、マドンナJでした。 友達がJに粉をかけてたのを知っていたので、私は遠慮してちょっとキスする位で抑えていたのですが。 昔、彼女から強烈なラブレターを貰ってから、腰が引けていたのが正直な所です。 友達が半ば強姦する形で体の関係をもった彼女は、大学卒業と同時にその友達と結婚しました。 そして今はその友達と離婚、と波瀾万丈です。 子供は彼女と暮らしているらしいです。 彼女は私が出席するのを知って、札幌から駆けつけたのだ…
【姉】バスで横に座った綺麗なお姉さん、実は泥酔してた【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/24 16:22
2017/07/24 16:22
丁度テスト期間が終わった、金曜日の事だった。 テストがあったから、予備校の授業にデレてなかった。 だからテスト最終日の金曜日に、一気に一週間分出る事にした。 予備校を出ると、もう時間は10時半を越していた。 補導時間までには絶対に帰れないなって思った。 予備校からは大体家まで1時間は掛かる。 だからもう諦めてゆっくり歩いて駅へ向かった。 時間が時間だからか、かなり混んでた。 それは関係ないと思うけど、何か凄い時間かかった。 家の最寄駅についた頃には、もう0時になりそうだった。 だからバスが無くなる前に急いだら、ちょうどバスが出たとこだった。 もうバスないかなって思った…
【近親相姦体験告白】 姉と沖縄旅行・最終日
2016/07/14 02:24
2016/07/14 02:24
おまけです。沖縄4日目最終日レポ。チェックアウト後、高速をひた走って琉球村を見学。水牛と記念のツーショットを激写。あの牛クサイと文句を言う姉貴。続いて首理城まで移動して歴史の見学。突然の夕立で慌てる。残ったフィルムでソッコー写真取りまくり。沖縄のメインストリート(?)である、国際通りに行きお土産を買い足し。出店のドラゴンフルーツを食べて舌が真っ赤に。公設市場で、お約束とも言えるゴーヤチャンプルー定食とラフテー(豚角煮)定食を半分ずっこして食べる。空港に向かう途中、絶対に二人の仲のことはバレないようにしようと姉貴と誓う。そして機内、二人揃って大爆睡ナリ。本当に、俺達姉弟にとっては一生忘れられ…
温泉旅行で寝取られた妻 3【寝取られ体験談】
2016/03/08 22:10
2016/03/08 22:10

「いけない奥さんだ・・・。」
私は中指を妻の膣穴に入れました。

「・・・、ふぁ・・。」
妻はすこし背を仰け反らせました。
妻の瞳が潤み、艶っぽく見えます。

「もう・・・、旦那さんだって・・・。」
妻は握っている手を上下し、私のモノをゆっくりと扱きました。

「・・・、ねぇ・・・、愛してる?」
妻は顔を近づけて私に確かめるように言いました。

「愛してるよ。」

私達夫婦は、片岡さんに了承するメールを送りました。
返信したメールに、片岡さんは更に返信してきました。
<旦那さんも同席してみてはどうでしょうか?>

その内容に誘われて、私達夫婦は、片岡さんの部屋へ行きまし…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【レイプ】昼寝をしていたら知らない男にクンニされていました

・初めてピンサロ行ったったっwwww

・年上好きな男の初体験

・弟にマッサージしてもらったら、ムラムラして・・・

・膣内射精を叶えてくれた熟女

・恋人達

・【人妻体験談】寝取られ願望に取り憑かれて貞淑な妻に性感マッサージを頼んだら、この世のものとは思えない程の快感を感じながら射精した

・出産時のレスを助けてくれた義姉との想い出

・視察団物語

・俺を兄貴と間違えて誘ってきた兄嫁とそのまま

・幼馴染でセフレとの思い出を語る

・レ〇プの妄想でオナってしまう私

・新入生の度胸試し

・【人妻体験談】病的なレベルでSEX大好きな人妻がご主人様と出会い、中出しSEXされまくり

・【熟女体験談】夫の実家に帰省した時に、複数の男達に押し入り集団レイプをされてしまった人妻

・【浮気】ネトゲで知り合った三十路の黒髪処女と

・たまらない豊満な体の生保の熟女支店長

・【熟女体験談】給食のおばさんとお餅のように太った少年と買い物に出かけた帰り道に偶然出会って自宅でSEX

・育児ノイローゼになった主婦がEDのカウンセラーで悩み解決

・【痴漢】満員電車でクラスメイトに擬似手コキ

・痴漢さんからセフレさんに

・【人妻体験談】旦那公認で目の前で寝取りアナルSEXをしたら、旦那がノーハンド射精していた

・【熟女体験談】息子に妻を奪われて、やり場のない怒りを何の罪もない女子大生に向け中出しレイプ

・エロいお姉さん^ ^

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 2

・【混浴】混浴で男性全員にアソコを視姦された彼女

・メンヘラな彼女がビッチすぎるんだけど誰か・・・

・私が墓場まで持って行く秘密の告白

・【初体験】こっそり筆下ろししてくれた友達の彼女

・友達にレズられたこと