寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【不倫】尻軽OLのお掃除フェラ

2018/01/16 10:00


同僚OLの弥生とセックスした話。俺は26歳、弥生は23歳。同じ職場の同僚で、それは現在も変わりない。
俺は高校からのバイトから正社員になったから、職場歴9年目。弥生は中途入社で1年にもならなかった。弥生は、俺たちの世代では有名な合コン命の尻軽女が通う女子大を卒業して、就活に乗り遅れて中途半端な時期に入社してきた。
「とりあえず・・・だから。ずっといるつもりないし」が口癖だった。
身のこなし、口の聞き方なんかも少し男好きのするオーラを漂わせていた。歓迎会や忘年会なんかで何度か飲んだり飲ませたりしたが、決して乱れるほど飲み過ぎることはなかった。エロオーラって感じではないが、(誘ってる?)みたいな空気は漂っていた。上目遣いで濡れた瞳でじっと見つめてくるし・・・。ただ、それが俺にだけではなく、隣のテーブルの見知らぬ男にも男の店員にも、って感じ。
職場は体力も知恵も使うイベントサポート系で、弥生は電話番と事務系、見積りや請求書などを担当していた。パソコンを使えばいいのに、ハートマークが付きそうな丸文字で書類を手で書いていた。それとなく指導しても、「私、手でカクの、得意なんです」と、軽く握った拳を目の前で振ってみせるような女だった。(へっ・・・)と固まってると、「私、口も達者なんです」と舌を出した口を開いて見せるし。
同僚たちに言うと、「そんなことないぜ。お前に気があるんだろ?それとも単なる勘違いか思い違い」と言う。
「お前が気があるんだろ?」と、からかわれたりもした。
「じゃ、花見を口実に飲み会開いて口説いてみろよ」みたいな話から、弥生を正体なくなるまで酔わせずに皆の前で抱いてやると言ってしまった。
同僚らは、「邪魔しないし、見てないフリするからやってみな。意外とウブだったりして」と笑ってた。
そういうエロい話になると若い男の集団は光を越えたスピードで盛り上がり、プランは滞りなく決まった。場所は桜並木に面した同僚の家で、庭先に席を設けてバーベキューっぽく飲み会をやり、俺が酔ったフリをしながら徐々に弥生に迫っていく。弥生が皆がいる中で応じるか否かを皆が気づかないフリをしながら確認するというもの。軽いキス程度では判断つかないから、行けるとこまで行きましょうって軽い設定。ま、俺を含めて全員が、『不完、未完』だと予測してたから。
事務系の女子は弥生の他に1人いたけど、社長の娘だし既婚だしってことでお誘いもせず、現場系のマジ同僚の女子2人と弥生の3人に俺らオスが4人で週末の土曜日、午前中からバーベキューを始めた。こういう作業には慣れていて設営はすぐに終わり、火も点いて網の上では肉やら野菜やらジュージュー、バチバチ音を立て、皆が持ち寄ったアルコールがどんどん空になっていく。庭にブルーシートを敷いて低いテーブル2本をくっつけて並べて、座布団、クッションで席を作って、自由に席を選ばせたら弥生は俺の左に陣取った。
春先なのに、陽射しが強く汗ばむような日だった。一気飲みが始まり、酒をこぼしたり皿をひっくり返したり箸を落としたりすると、「粗相した」と攻め立て、さらに一気を強要し、笑顔の中でタイミングを計り、俺は弥生に話しかけた。
「なんか酔ってるから言えるけど、お前、可愛いなぁ」
「素面でもそう言う人、結構いるし」
(なんだ、この女・・・)
「好きかも?」
「あ、クエスチョンなんだ。はっきり『好きだ』って言う人、多いよ」
「じゃ、モテるんだ」
「どうかしら、私の気持ち次第かな?」
「好きだって言ったら、どう?」
「私、欲が深いよ。何でも欲しがるし、いつでもどこでも求めるかもよ」
(はぁ~何様・・・)
ま、個人的な感情は抜きにして行動開始・・・。俺は反転して弥生の身体に覆い被さり、弥生を仰向けに寝かせてキスをしてみた。当然、罵声と抵抗を予想してたのだが、弥生は応じてる。応じてるっていうより舌を出したり入れたりして、逆に俺を攻めてくるし。俺は弥生にキスを続けながら、弥生の右腕と背中の間に俺の左腕を通して、弥生の左腕を掴んだ。これで弥生の両腕、上半身を封じた。酔ったフリをしながらベタベタなキスを続けて弥生の反応を見ると、呼吸が止まったり急に過呼吸になったりしながら、俺の唇や舌を吸っている。じっと動かない弥生の両足の間に俺の右足を入れ、俺の内腿で弥生の腿や股間の盛り上がりを擦っても嫌がらない。俺が空いている右手で弥生の左の乳房を握り潰すように強く揉みしだいても、若干「んあっ」と声を漏らしただけで、俺のキスに応じている。
では・・・とばかりに、右手を弥生の股間に移しミニスカートの裾を捲り、ショーツに触れると、飲んだアルコールのせいなのか温かい、いや熱いくらい。見下ろすように見ると、弥生のショーツは光沢のあるレースのパンツ。恥骨の盛り上がりがやや高いかな。右手の中指だけ伸ばした状態で弥生の股間を溝に沿って行き来すると、弥生の腰がモジモジと動く。指先に力を加えて溝を往復すると、コリッとした突起に触れた瞬間、弥生から「はん」という吐息が漏れ、俺はさらに勇気づけられたように弥生のショーツの下腹から手を入れてみた。
ショーツの中は凄く湿気ていた。直接、弥生の溝に触れると明らかに濡れていて、溝に沿わせた中指はそのまま沈んでいった。第一関節くらいまで沈めて、指先を曲げてクリトリスの裏あたりを触ると弥生の腰に力が入り、肛門を締めたなと思った。キスをやめて弥生の顔を見ると、半開きのままの唇と軽く瞑った瞼のまま、顔を横に伏せた。イキかけてると確信した俺は弥生のマンコを集中的に攻撃するつもりで、ショーツに指をかけ脱がそうとすると、弥生は腰を浮かせた。
ふと気になって仲間たちを見ると、6人の顔と視線がぶつかった(笑)みんな見ていたのだった。弥生以外の女子2人は職場恋愛の彼氏と同行してたので、話には聞いていたのだろう。俺は同僚らに目配せして弥生の身体からショーツを抜き取り、テーブルの向こう側に投げた。その時、同僚らがケータイを構え始めたのが見えた。
俺は弥生の身体に覆い被さりながら俺の下半身を弥生から離して、弥生の股間を同僚らに晒した。そして、弥生の中に入っていた指を指先を曲げたまま引き抜き、人差し指と薬指で弥生のマンコを開いて見せた。開いたままの弥生のマンコに再び中指を挿入した。中指で弥生の中を掻き混ぜながら親指の腹でクリトリスを圧し擦り続けると、弥生の身体全体が大きく仰け反った。
「イク時は言えよ、礼儀だぜ」
「んあっ、イク。・・・んがっ、ぁがっ、イクぅ、イクっ、くぅ」
一度、弥生の身体が硬直して肩と踵で身体を支えるように腰を高く突き上げたら、しばらくして脱力して静かに下りてきた。俺の右手の平は弥生の吹き出したものでビッチョビチョだった。まだ明るい屋外で、下半身を丸出しにして小刻みに震えている弥生を同僚らが取り囲んでいた。
「誰か、続ける?」
弥生にも聞こえているはずだが、弥生は空を見つめているだけだった。目を開けて静かな息遣いの弥生は、肩幅くらいに開いたままの股間を晒したままだった。細く短めの陰毛は濡れて貼り付いていた。開き気味のマンコが何となく無様に見えた。ゆっくりと同僚たちの了解を得るように、1人が同僚らの顔色を見ながら弥生の脚の間に入り、両膝で弥生の太ももを押して開き、左手で弥生の陰毛を上に引き上げながら、右手を弥生の股間に差し入れた。クチュクチュ音を立てながら弥生のマンコを2本の指が攻め始めた。
「すげえ、熱い・・・」
陰毛を押さえていた左手が下がり、左手の親指が弥生のクリトリスを捉えた。弥生から喘ぎが漏れ始めたのを聞いてから、弥生のクリトリスを人差し指と親指が摘まんで、こねくりまわした。マンコの指は3本になっていた。
「んぐ、んがっ~、はぁん、はぁん、が」
弥生の声が大きくなり、通行人や隣人に聞こえそうになり、女子の1人が台拭き用のハンドタオルを弥生の口に押し込んだ。
「私が恥ずかしくなる・・・」と、彼女は笑った。
「イキまくり・・・かな?」と、もう1人の女子が言った。
「上、脱がすとマズイかな?」
弥生を攻めている男子が誰にとはなく聞く。
「外から見えるだろ?」
「今のままなら起こせば誤魔化せるっしょ?全裸はマズイっしょ、やっぱ」
「別に弥生が憎いわけじゃないし」
同僚らは口々に言う。
「本番、やっぱ駄目?」と、攻めている男子。
「本人が良ければ良いんじゃない?」と、女子。
「えっ、ここで?出来るの?」と、攻めている男子の彼女。
「俺は自信ないな。今、勃ってるけど、皆の前じゃ萎えそう(笑)」と、別の男子。
「もう少し日が陰ったら人通りも少なくなるから、待ったら?」
「じゃ、もう少し弥生には気持ちいい状態を保ってもらって、選手交代(笑)」
弥生の目尻からは涙が静かに伝っていた。さっきまで弥生を攻めていた男子に彼女が寄り添い、彼女が「ん・・・欲しくなっちゃった・・・」と囁いた。本人は周りには聞こえない程度に囁いたつもりだったが、周りは弥生の身体から発する音や声を捉えようと過敏になっていたので、そこにいる誰もが彼女の“女としての切実な思い”を聞いてしまった。でも、聞いてないフリをしていた。知らないフリをしながら、その2人の動きを監視していた。
「ねぇ、さっき、マジで弥生さんとしたかったの?」
「うん、マジ、催した・・・」
「私がいるのに?」
「ごめ~ん。好きなのはお前だけ」
「じゃ、許す・・・けど、溜まってるからよそ見するんじゃない?出してあげるから脱ぎなさい」
「みんな見てるよ。後で」
「見てないよ、早く」
彼女の方が発情したらしく、彼女が彼氏のチンポを引きずり出すと、まだ小さ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦体験告白】同僚の人妻援交の相手は妻
2015/12/26 18:39
2015/12/26 18:39
「おい、小宮。また新しいのが撮れたんだ。今度は上物だぞ!」隣のデスクから同僚の佐々木が小声で話しかけてきた。こいつの趣味にはちょっとウンザリしている部分もあるのだが、しつこいのでいつも適当に付き合ってやっている。その趣味とは…、人妻との援交をビデオに収める事。 佐々木はデブでブサイクだから36歳の今も結婚できていない。独身貴族で特に趣味も無いから有り余る金を使って援交に精を出している。最近はまっているのが人妻援交で、出会い系で知り合った援交人妻を片っ端から喰っているらしい。今までも何度か見せてもらったんだが、大体が汚いおばさんばかりで気持ち悪いだけ。ブサイク同士がセックスしているのを見るこ…
義姉に中出ししたら3人子供ができた
2017/04/12 09:46
2017/04/12 09:46
109 :えっちな18禁さん :2014/08/02(土) 09:36:58.98 兄貴の嫁さんとやったけど聞きたい?子供も出来た。 110 :えっちな18禁さん :2014/08/02(土) 09:43:24.98 遠慮なく書いてくれ 111 :えっちな18禁さん :2014/08/02(土) 10:10:07.23 それじゃあ。 俺22、大学生。兄貴は28で義姉さんは27歳。兄貴が23の時就職と同時に結婚した。 兄貴は実家に親父夫婦、それに俺と同居したんだけれど親父もお袋も兄貴も 仕事で毎日帰るのは夜遅く。土日もいない。 そんな状況で毎日学校から帰ると義姉さんと俺だけだっ…
【痴漢・レイプ】<寝取らせ>痴漢誘発プレイ1【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/02 11:39
2017/08/02 11:39
当時、俺と彼女のお気に入りはこんなかんじ。彼女にミニスカ履かせて、古本屋系の店で一人立ち読みさせる。適度に人がいたほうがいいんだけど、まったくいないのも困る。ポツンと座り読みしてる若者がいたりすれば絶好のターゲットだ。彼女一人でそのターゲットの近くで立ち読みさせる。俺は男の視界に入らないように少し離れたところから様子を窺う。ほとんどの男は直接顔を向けて彼女のほうを見ることはしないが、明らかに意識した様子になる。さりげなく周囲を見渡し、チラチラと彼女を窺い見始める。彼女はそんなことには気付かないフリして立ち読みを続ける。309:えっちな18禁さん:2011/05/01(日)21:19:22.0…
会社の既婚男性をゲット
2015/09/17 18:00
2015/09/17 18:00
会社の先輩で素敵な人がいます。
イケメンじゃないけど、仕事もまじめで、みんなに優しくて実は狙ってました。
でも奥さんも子供もいて真面目で全然そういう風にならなかったのですが。
忘年会の一次会は会社でやりました。
斜め前の席をキープしてアピール…するも特にこっちを見てる感じもなし。
みんながよっぱらい始めたときにとなりの席に移ってがんがん飲ませました。
 
「俺、そんなに飲めないよー」
そう言いつつ、缶ビールを6本空けてました。
みんなが二次会にカラオケ行くと会社を出た時・・・。

「加藤さん、私もう飲めないし(←うそ)、歌うのも好きじゃないし(←うそ)嫌じゃなけ…
中出しし放題になったTバック体験談
2016/10/17 22:48
2016/10/17 22:48
会社にアルバイトの子が採用されました。

配属された日から、座席が隣だったので

少し話をするようになりました。

その後、二人で飲みに行くようになり、

その日は、酔っ払った挙句、終電を逃し、

雨まで降ってくる始末。

傘が一本しかなかったので

彼女が腕をぎゅっと掴んできた時、

胸も当たってちょっと興奮してしまいました。
タクシーで帰るには方向も違うし、

「泊まって行こうよ」と言うと

少し迷って「いいですよ」と同意してくれました。

雨も強くなって来たので、

さっさとタクシーに乗ってホテルへ。

お互い酔っ払っていたので、

その日はそのまま寝てしまいました…
【痴漢・レイプ】取引先の人に職権乱用で犯されて…
2016/06/18 15:23
2016/06/18 15:23
私は現在結婚している人妻です。 まだ子供はいなくて家に居るのも嫌なので、会社に勤務して事務の仕事をしています。 私は元々大人しい性格で、男の人と話のが苦手でした。 でも、自慢ではないのですが、男の人から声を掛けられるのが凄く多くて、色々な体験もしてきました。 私自身、胸が小さいので、自分の体に自身がないのですが、体中が異常に敏感で、乳首だけでイケてしまいます。 それのせいでしょうか?男の人にスキを作ってしまい、流れでエッチしてしまう事も多かったです。 昨日の話なんですけど、営業部の男の人に頼まれて、取引先の人と一緒に飲む事になりました。 取引先の担当の人が、「うちには男の社員しかいないから、…
清楚な妻が痴漢に遇いの作者様へ
2018/04/24 00:04
2018/04/24 00:04
続きを楽しみにしています。 宜しかったら続編をお願い致します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【中出し体験】26歳新妻に旦那と電話させながら強制種付け
2015/12/28 13:24
2015/12/28 13:24
【中出し体験】26歳新妻に旦那と電話させながら強制種付け 俺は今、都内某所のデザイン事務所の仮眠室で中継を観てる。 狭いベットだが、隣には潤んだ目で画面を見ながら俺に全裸で抱きつく新妻あやが居る。 あやは去年の11月に結婚したばかりの女だ。 だが、昨夜俺の策略にかかりあっという間に旦那を裏切る羽目になってしまったのだ。 つい今まで俺の下に居たあやが、肉体を震わせ快楽の余韻に浸っている。 目を閉じ、襲ってくる絶頂の余韻に何度も何度も身体を痙攣させている。 では、何故新妻あやが会社の仮眠室で俺に抱かれているかを話そう。俺はフリーのグラフィックデザイナーだ。 自慢じゃないが、まぁ売れっ子で…
元彼に犯される妻・・・
2015/11/15 20:01
2015/11/15 20:01
妻30歳(バツイチ)・私36歳のちょっと前に起きた出来事です。
2年程前、派遣社員として妻は私が働く工場に来たんです。
童顔で可愛い感じの妻が独身と知った私は、ライバルを押しのけて
遂に付き合う事が出来たんです。
そんな妻は、20代とは思えない位色気があり、男には堪らない魅力もあったんです。
顔からは想像もつかない位エッチも激しく、私は正直ラッキーと思っていました。
そんな妻とも1年の交際を経て、結婚する事になったんですが、その結婚式の2次会で妻の友人から
思いがけない事を聞かされたんです。

妻と付き合って1年経っても、妻は過去を語る事はありませんでした。
前夫との離婚原因すら語…
女だらけのレクレーション(5)
2017/03/21 15:01
2017/03/21 15:01
「じゃあ読みますよー、馬の耳に~」  「はいっ」 優子ちゃんが4連勝し、健太君はとうとうズボンを脱ぐところまで来てしまった。 「キャーーー」 と、女の子達から大歓声が起こる。 健太君は、既にズボンとパンツだけなのだ。 「健太、念仏でも唱えたら、アハハハ」 と、千夏からも言われる中、健太君はズボンを脱いでいく。 「キャーー、パンツ一丁だわ」 と、女の子の一人が言うと、それは直ぐに、女の子達による‘あと一枚コール’へと変わっていった。 「ちょっとあんた達」 と、お母さん達が言うのだが、それは決して注意ではなく、むしろ娘達と一緒に楽しんでいる様にも見える。 そんな皆の様子を見て、満足気な顔をする真理…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・ SEXが弱い彼氏に代わって、同僚の女子社員に中出し

・25歳の伸縮マンコ事務女との生H体験談

・【痴漢・レイプ】同級会で目を付けられた挙句に

・【超絶悲報】ワイ、何も悪くないのに風ぞくを出禁にされるwwwwwwww

・可愛い

・JKの露出?番外編?

・年下男性を落とすテクニック

・★社内恋愛の話でも聞いてくれ・・2/2

・【不倫】夫と別居中の女上司の家で激しいセックス[第2話]

・15歳離れた出戻りの姉と事実上の夫婦になりました

・【人妻体験談】不倫相手にHな身体に開発されたヤリマン主婦が誰でもいいからSEXしたがっている

・【熟女体験談】熟女風俗嬢のエロいストレス発散方法は若い男の子を逆痴漢すること

・酔った勢いでエッチした相手の虜になりそうでした

・25歳の美白のハーフ美人お姉さんの処女喪失SEX

・下宿先の娘

・抜きアリのメンズエステで働いてるけど質問ある?

・ 俺も元カノも、最初からやる気満々できていた同窓会

・私の複数プレイデビュー

・看護学校の深夜の教室で、ナースの卵とハメまくった

・★パチンコ屋の店長は羨ましい

・出会い系で会ったエロい女をハメたった

・【不倫】夫と別居中の女上司の家で激しいセックス[第1話]

・【痴漢・レイプ】卓球少女を・・・

・【痴漢・レイプ】嫁(28)が俺のせいで近所の悪ガキ達に肉便器にされてた・・・・・・・・・

・【痴漢・レイプ】男に妻を寝取られ、たっぷり子宮に射精されたあと、その男達の精液をすすりながらオナニーする俺

・出会い系で知り合った男性と不倫しています

・アパートの隣人の年上女性と縁あって

・【痴漢・レイプ】義母をレイプして肉奴隷にする

・医療関係で働くドSな私が先生たちのエッチな所業を告白します

・【痴漢・レイプ】忘年会で輪姦された