寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

顔にかけたら玉握り潰すからね

2018/01/16 06:28


ある日、女友達A子の家に遊びに行った。
A子とは何でも話せる関係で、もちろん下ネタも大丈夫な仲だ。
肉体関係こそないもののエロ話には進んで食い付いてくるような変わり者で、
その日もソファーに並んで腰かけいつものように猥談に花を咲かせていた。
そして話の流れから俺がインポであることをカミングアウトしたところ、
思わぬ方向に話が進んだ。

一応勃起はするがオナニーの最中に萎えてしまうためイケない、
半年以上射精していないと説明したら、
「他人にやってもらえば勃起するんじゃない?」
とA子。
「彼女がいないから困ってるんだろ。相手が見つかれば苦労しないよ」
俺がそう答えると、
「じゃあ私が勃起させるの手伝ってあげる。イキたかったら自分でやってね。
ティッシュ使っていいから」
と予想外の答えが。
正直迷ったが他人に触られるのもかれこれ1年以上ご無沙汰なので、
その場でリハビリを手伝ってもらうことに。
「じゃあよろしくお願いします」
とおどけて頼むと、A子はソファーから降りると笑いながら
俺の正面に周って脚の間に跪き、股間に手を伸ばしてきた。

最初はズボンの上から触られ、しばらく優しく揉んでくれたが案の定反応しない。
正確には一応反応はするのだがいわゆる半勃ち止まりで一向に固くはならないのだ。
「ちょっと大きくなってきたけどまだ柔らかいね。刺激が足りないのかな?」
俺の顔を見上げながらA子が言う。
俺はなんだか恥ずかしく、また勃起しないのが申し訳なくなり目を反らして言った。
「気持いいんだけどなんか足りないんだよなぁ。あと一歩って感じ」
「ん?なんか悔しいな。こうなったら意地でも勃起させてやる。
 ちょっと[俺]、パンツ脱いで!」

俺は我が耳を疑った。流れで股間をまさぐられてはいるものの、
直に触られるとは思いもしなかったからだ。
「それはさすがにマズイんじゃ…手コキするってことでしょ?」
「コケるほど固くなってないんだけど」
「それを言うなよ…それにこの体勢で我慢できなくなったら顔射になっちゃうじゃん。
 思いっきり射程距離だよ」
「あ、もし顔にかけたら玉握り潰すからね」
恐ろしいことを言われたような気もするが、
俺は更なる快感への誘惑に勝てず提案通りズボンとパンツを下ろした。

「ふーん、[俺]って包茎だったんだ。半分くらい皮被ってるね」
第一声がそれかよ、と思いつつも最早羞恥心は
とうの昔にどこかへ去ってしまっている。
「能ある亀は頭を隠すのさ」
と冗談で返してみた。
「これって仮性?」
「ソウダ、ワレワレハ、カセイジンダ」
「我々って一人じゃん」
「いや、二人。俺と息子で二人」
「何言ってんのさ」
A子は笑いながらそう言うと、いきなりクルッと皮を剥いてきた。

「あっ…」
突然の刺激に思わず声が出る。その瞬間A子はいやらしい笑みを浮かべ、
「ん??そんなに気持よかったのかな?」
と言いながら剥いたり戻したりを繰り返してきた。
俺はもう冗談を言う余裕もなくなり悶えていた。
「あ?ヤバイ、めっちゃ気持いい」
「これまだMAXじゃないよね。微妙に柔らかいし。アルデンテだよ」
そう言いながらも顔は妖艶な笑みを浮かべたままのA子。
俺はなんとか耐えていたが、A子は容赦なく責めてくる。そして
「えいっ」
とA子がカリを越えて根本まで一気に皮を引き下げた。

「あぁっ!」
思わず情けない声を出す俺。すると、
「あ、先走り!まだ柔らかいのにいっぱい出てるよ?」
A子は嬉しそうな声を上げた。
見ると確かに我慢汁が溢れてきている。
オナニーの時はほとんど出ないので俺自身も驚いていると、
A子は我慢汁を指で亀頭に塗り始めた。
特に尿道口と裏筋を中心に指先で責めてくる。
その間も我慢汁は溢れ出てくる。
「すご?い!こんなに濡れる人初めて見た」
クチュクチュといやらしい音を立てながら人指し指で尿道口を擦りあげるA子。
反対の人指し指は裏筋を擦り続けている。
「あ、裏筋はヤバイ!ヤバイって!」
「分かってるから責めてるんでしょ」

全く責めを緩めない様子のA子。
カリの外側にも汁を塗って擦り始めた。すると息子に変化が現れた。
「お、固くなってきたね。それにまた大きくなって…
 え、ちょっとやだ、めっちゃ大きいじゃん!」
ムクムクと膨らみ始め、完全に勃起した我が息子。
膨張率が自慢で普段は6センチほどだが最大値は21センチになるのだ。
「あぁ?気持よすぎ!ちょっとしごいてみてくれる?」
聞いてみるが返事がない。
「おーい、A子さーん?」
「あ、ゴメン。予想外に大きかったからびっくりしちゃった。皮も全部剥けてるね」
そう言って我に返った様子で手コキを始めるA子。
しかしそれまで責められ続けたため限界は近く、
それ以上我慢できそうになくなってきた。
「あ、ヤバイ。イキそうかも」
「ダメ」
「あ、出る!」
「ダ?メ!」

そう言うとA子はおもむろに玉を親指と人指し指の2本でグリッとつねってきた。
「うあっ!!痛え!おい何すんだよ!」
激痛に思わず声を上げる。A子が手を止めたせいもあり、射精感は一瞬で消えた。
「さっき言ったでしょ。顔にかけたら潰すって」
「まだかけてないじゃん!」
「だから手加減したでしょ。それとも本気で私の顔にかけるつもりだったのかな??」
A子は俺の目を見ながら再びグリグリと玉を指圧し始めた。
「かけない!かけないから離して!」
「どうしよっかな?w」
「マジで痛いから!!お願いだから玉はやめて…」
「でもこっちはまだこんなに固いよ?」
「うあっ…ダメ…潰れる…っ!!」
本気で涙目になってきた俺を見てようやく離してくれたA子。

「ゴメンゴメン。あんまり痛がるから面白くてw」
「洒落になんねーよ…腹痛いし涙出てきた」
「顔射しようとした罰だよ。懲りた?」
罰も何も俺は悪くないのに、
と思ったがこれ以上玉を責められるのが恐くて素直に従うことにした。
「…はい、スミマセンデシタ…」
「分かればよろしいwじゃあ後は自分でやってね」
「え?ここまで来たら抜いてくれるんじゃないの?」
「…そっか、そんなに潰されたいんだね」
「ウソです!自分でやります!ちょっとトイレ借りていい?」
「イヤ。私が見ててあげるからここでして」
さすがに人前でオナニーするのは抵抗があったので断ったが、
「皮剥いて勃起させて玉まで握ったんだよ?これ以上恥ずかしがることないでしょw」
と食い下がるA子。かと言ってこのままイカないでいるのも辛いので、
仕方なくその場で始めることにした。

「うんうん、素直でよろしい。イクときは言ってね」
自分でしごき始めて2分ほど経った頃だろうか、
意外にも見られることが激しい快感となり再び射精感が込み上げてきた。
「あの?そろそろイキそう…」
「早っ!」
限界だったのでティッシュを数枚取って用意すると、A子は
「じゃあちょっとだけサービスするね」
と言って俺の手からティッシュを取った。
「私が受けるからこの中に出して」
とティッシュを広げる。
「あ、イクよ!見てて!」
A子の広げたティッシュに狙いを定め、我慢していた半年分のモノを全て放出した。
ドクン、ドクンと脈動に合わせて何度も精液が飛び出た。
自分の精液は何度も見てきたが、今までのどの時よりも濃く、
また量も異常なほど多かった。
そして何より尋常じゃない快感。セックスより何倍も気持いいような気がした。

束の間快感の余韻に浸っているとA子の声がした。
「すごい一杯出たね?。こんなの初めて見たわw」
俺もなんとか笑って答える。
「うん、俺も初めてw」
そして最後の一滴まで絞り終えると、
精液の溜ったティッシュを丸めてA子は新しいティッシュを数枚手に取った。
「頑張った[俺]にご褒美をあげよう。チンチン拭いてあげる」
微妙な褒美だな?と少し不満に思いながら、
射精直後に刺激されるくすぐったさに耐えているとA子が話し始めた。

「でも信じられないね?」
「何が?」
「だって最初は皮被った小さいチンチンだったのがあんなに大っきくなるんだよ。
 女から見たら不思議だよ」
「そんなもんかね」
「それに[俺]はとびきり大きかったからね!立派な大人のチンチンだったよ」
「最初から子供じゃねーしw」
反論してみるが、A子はあっさりとかわす。
「え?小さくなったらほら、また皮被ってきたw」
「う…確かにそうだけど…」
「でも私包茎嫌いじゃないよ。皮剥く感触が気持いいし」
また皮を剥いたり被せたりしながらA子が言う。
「じゃーいつでも俺の皮をどうぞ」
「調子に乗らないのw」
軽く玉をグリッとされた。

その後は二人でしょうもない話をしたが大分時間も立っていたので帰ることにした。
「じゃーそろそろ帰るわ。なんかいろいろとありがとね」
「自分だけ気持よくなって帰るとは…現金なやつめ」
ん?これは誘われてるのか?
でももう満足したし俺から責めるのも面倒臭いしな…などと考えていると、
「私は気持よくなってないんだけどなー」
などとのたまうA子。
しかし射精後特有の冷静さに支配されていた俺は
早く帰ってDVDでも見ようと考えていたため、
「今日はもう疲れたからパス。それに車路駐してあるから心配だし」
と言って断った。
「うわ?マグロ男だ。最低」
そう冗談を言いながら笑うA子だったが、少し不満そうだったのは気のせいだろうか。

「もう帰っちゃえこのマグロ!」
「ふん、極上の本マグロだぜw」
「包茎で早漏で巨根でマグロだってみんなに言っちゃおうかな?」
「おい包茎と早漏とマグロは余計だ。
 それに早いのは興奮してたからだ。普段はもっと遅いんだぞ」…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
なんでも経験してみるべきだと思ったね
2016/12/24 14:05
2016/12/24 14:05
登場人物自分 A :男。27歳。スターウォーズ大好き 後輩 B :男。23歳。エロに貪欲。 話は、去年の年末にさかのぼる。暇で暇で仕方がなかったおれは、 某板の忘年会に参加することにしたんだ。忘年会に参加した理由は とりあえず酒を飲む口実がほしかったから、 あと本当にやることなかったから。たまにはリアルを忘れて ねらー達と酒を酌み交わすのも一興とおもったわけで。 忘年会は、7時くらいからはじまって、9時には終了したのかな。自分的には 「2次会とか、カラオケとかなんかあるのかな?」 って思ってたんだけど、とりあえず解散って流れになって。夜の9時に地方都市でひとりぼっちになってしまったわけ。 な…
上司に襲われました。 【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/02 04:14
2017/09/02 04:14
その上司の甥っ子と私は結婚が決まっていて、上司は結婚式では仲人をすることになっていたのに・・・ ある日、その上司も含め、数人で飲み会があり、上司と帰る方向が一緒なので途中までタクシーに相乗りさせてもらってたら 上司が「今日最終回のドラマがあるのに録画を忘れた。これから帰ったら見られない」 と言っていたので、帰り道にある私のアパートへ招き入れました。 (まあ、仲人だし、彼の親戚だもんね変なことしないよね) と、上司と2人でコタツでコーヒーを飲みながら、ドラマを見ました。 上司は手が早いことで、女子社員の間では話題でしたので、努めて他愛も無い話をしていた様に思います。 ドラ…
ちび巨乳の販売員とのナンパセックス語っていきます
2015/12/21 19:00
2015/12/21 19:00


デパ地下に、背が低くて巨乳の販売員がいる。




ずっといいなぁと思って、


色々話しまくって仲良くなってようやく、


飲みに誘うことに成功社員出口で待ってたら、


私服で巨乳の○代が出てきたブラウスから乳が飛び出してる。





でかい、制服も結構でかいと思ったが、


私服だともっとでかく感じる。




ブラウスから透けてブラのレースが見える。




二人で居酒屋へ向かうと、すれ違う男共の目線が○代の胸を見てる。




居酒屋の個室に入り、


二人で飲み始め○代が頭を下げるたび


胸…
集団逆レイプ その2
2018/02/27 03:59
2018/02/27 03:59
ol" target="_blank">OLor: #009900;">21 名前 こぴぺ 投稿日 02/06/02 07:25 ID:waQ6rQRv私がいたバレー部では、今の時期になると一回生の調教を始めます。先輩の命令には絶対服従する「奴隷」に改造しちゃうんです。どんな事をすると思いますか年に度の行楽シーズンだから、サークルのメンバーの中には必ずと言っていいほど、家には誰も居ないくなるっていうのがあるでしょ。そういう家を使って「裏ビデオ鑑賞会」を開きます。 一回生には練習だと騙して、絶対に全員参加するようにって通達しておくんです。それで、ビデオ見て興奮してきたら、オナニー…
【妹との告白体験談】酒のお陰で妹と…
2016/01/31 13:46
2016/01/31 13:46
俺が大学へ通う為に一人暮らしを始め、そのまま卒業と共に就職が決まり一人暮らしを続行する事が決まった頃、丁度、妹も短大に入学が決まり、俺と一緒に暮らす事となった。 ただ今住んでいる所は2Kトイレバス別と二人で住むにはちょいと手狭な所だった。 それが幸か不幸か妹と相姦関係になってしまうとは…それは一緒に住み始めて2年位経った頃だった…その日は従兄妹の結婚式で俺達家族全員が招待され披露宴が終わり俺達は各々帰宅した。 披露宴ではタダ酒をたんまりと頂戴したが、なんか飲み足りないと感じた俺は帰ってからも20歳を過ぎたばかりの妹に半ば強引に付き合わせて飲んでいた。 部屋着に着替えた俺達は飲み始め…
母親は好みのタイプの女性 2
2016/04/22 00:08
2016/04/22 00:08
その後、弁当を持って、二人はアパートの玄関で靴をはいてから、ドアを開けて、外に出た。とても良い天気に恵まれ、春らしい雰囲気。竜一は母、保子の方へ目を向ける。春の日光は眩しい程明るい。明るい日光で保子がはいているナイロンの濃い肌色のガーターストッキングが艷光りしていた。竜一はそれに気付き、再び性的興奮を抱く。かなり強い性的興奮が。「母ちゃんがはいているストッキングがつやつや光っている。たまらないなあ。ストッキングと白いソックスが母ちゃんの脚をより美しく見えている。」二人は花見を眺める事が出来る場所まで歩き続ける。母、保子がはいている水色のプリッツスカートを興味本位に眺める。彼女が歩いている時に、…
愛しい妹のオナニーを見てしまってレイプしたが和姦だったエッチ体験談【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/19 03:43
2017/09/19 03:43
2週間前のことだが、自分の妹を襲って中だしレイプした。 妹とは実家を出て賃貸マンションに同居してるんだけど、妹のオナニー姿見た瞬間抑えが効かなくなってしまってやってしまった。 2週間前の土曜日の夜中だった。蒸し暑くてなかなか寝付けなくてベッドでゴロゴロしてた。 妹の部屋からかすかに声が聞こえてきた。 最初、何か苦しんでるのか?悪い夢にうなされているんか?と思った。 まずいこととは思ったが、病気とかで苦しんでたら大変と思い心配だったから、こっそりドアを開けて覗き込んだ。 びっくりした。だって妹がこっちに股を向けてベッドの上でオナニーしてた。指がおまんこに2本入ってい…
まだ毛の生えてないワレメを見せてくれた
2017/05/12 14:16
2017/05/12 14:16
208 :えっちな18禁さん:2011/02/21(月) 17:38:48.21 中1の夏休み水泳林間合宿で、宿の一階に降りて散歩に出掛けたら、 庭から一階の女子が水着から体操服に着替えている様子がカーテン越しに見えた。 覗くつもりはなかったのでそのまま行こうとしたらカーテンの隙間から Aちゃんと目が合ってしまった。 Aちゃんは150ぐらいの小さいほうで、胸は女子かもしれない程度の発育だった。 でも顔は可愛いし、性格もいいので男女問わず人気があった。 209 :えっちな18禁さん:2011/02/21(月) 17:48:59.89 覗きを疑われたくなかったので、うつ向いて…
【寝取られ】嫁を後輩に寝取らせました 続47編【体験談】
2016/08/23 11:59
2016/08/23 11:59
前編は以下のとおり嫁がお掃除フェラ終えてからのベッドトーク。あぐらかく後輩の前で正座する嫁。チンコが勃起したままなんで、嫁の手は自然とそこを握ったままだった。「腰ガクガクだよ(笑)」「加奈子だって凄かったよ」「何が?」「すんごい力持ち!」「分かんないよ」と、嫁恥ずかしそう。「でも」「でも?なに?」「いつも一緒にイけてるなって」嫁、恥ずかしそうだけど嬉しそうに同時イキを喜んでるみたいだった。「先輩とは?いけてないの?」「そんな事ないけど・・・」まじかよ、いけてないのかよ、て結構ショックだった。画面食い入るように見ながら嫁の次の一言を待った。「あんまこういうのって、いつもいつもは、無いかなって」後…
彼氏持ちの元社長秘書をホテルに誘ったら…
2015/12/17 06:00
2015/12/17 06:00
歌舞伎町の居酒屋で話が弾んで、かなり酔いが廻った麻美でした。
フラフラ千鳥足歩きになってしまった麻美なんです。僕の腕に纏わりついて身を寄せてる麻美を腰を抱えてラブホテルに強引に入ったんです。
部屋のドアを開けてベットに倒れ込む麻美。僕は朦朧状態の麻美のコートを脱がせ、洋装姿でスカートの裾が乱れて、黒のストッキングからの美脚に見とれていたんです。


麻美は枕にしがみついて寝込んでしまったんです。
僕は麻美の洋装のジッパーを脱がしブラジャーとパンスト姿の半裸にしたんです。

佐合麻美。
実は僕の勤めてる会社の3年前まで社長秘書を勤めてた麻美なんです。
先日偶然…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・8人目の人妻

・【痴漢・痴女】痴漢の彼

・【痴漢・痴女】私は痴女です

・20代後半の母親と子供は家族揃って超ハイレグのお尻丸出しでしたwww

・【熟女体験談】仕事の訪問先で知り合ったエロい高齢熟女に赤ちゃん言葉で話しかけ、おっぱいに吸い付くとなんだか母親と近親相姦をしている気分になる

・■SEXをしたくてたまらない時期

・日本酒のチカラ【人妻体験談】

・【痴漢・痴女】ドンキのトイレに痴女が出没したんだけど質問ある?

・姉と私 1989 から

・恋人ではない年上の男性と同棲してる♀だけど質問ある?

・中学の同窓会で再会した元彼女と

・セフレ探してる四十路の金持ち熟女とのエロ体験

・姉妹丼で3P。最高だけど疲れます

・パチ屋のコーヒー嬢とデートやセックスをしていました

・優しく無防備なオナニタには困らない天然エロなパート主婦

・【オナニー】寿退社した先輩OLの生パンを拝みながら

・【痴漢・痴女】痴女と出会って人生終わりかけた話する

・全裸後ろ手錠で高校生と

・遠距離の彼氏がいましたが、童貞君と仲良くなっちゃいました

・私の好きな人【人妻不倫体験談】

・耳も弱いワタシはメロメロ…言葉だけでいきそう【出会い系体験談】

・妻のバイト先の人間と共謀して妻を犯してもらう計画。

・【Hな体験】セックス嫌いな彼女を酔わせてイタズラ三昧

・取引先の後輩の妻と

・蘇る嫉妬心

・近所のおばさんと、近所のおじさんの不倫現場を目撃した

・人妻めぐみ

・【痴漢・痴女】痴漢でかんじてしまいした・・・

・スカートに頭突っ込んで、人妻が逝くまでペロペロしました

・ネットでは「くれあ」さんだった