寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

学校1の美女をレイプ

2018/01/14 19:51


学校一の美女を犯った。
名前は真希(仮名)、名前のとおり後藤真希に似ている最高の女だった。
他の学校にも噂が行く程でよく他校の生徒も見に来ていた。
当然真希に告白する男も多かったが、真希をいとめた男は誰もいなかった。
俺は見た目も悪くもちろん真希に相手をしてもらえるはずもなかった。
そんな俺はいつも真希をおかずにしてた。
でもとあるネットで睡眠薬購入の存在を知った。
俺の頭の中はすでに真希を犯していた。
しかし、俺は臆病だったのでバレた後の事ばかりを考えていた。
そして俺は入念に策を練った。
そして、真希の習慣に気付いた。
真希は週末は必ず一人で教室に残り何かをしていた。-----チャンスはこの時だ。
そしてついに実行の日。
いつものように一人で教室にいる真希。
俺は忘れ物をしたふりをして教室に戻った。
真希は振り向いたが俺に声を掛ける事もなくそのまま何かをしている。
俺はその隙に睡眠薬の用意をした。
気付かれぬよう音を立てずに真希に近づく。
そして一気に真希の口を塞ぎ睡眠薬をかがせた。
「んーっ!」激しく真希は抵抗した。
俺はもてる力を振り絞り真希を押さえつけた。
しばらくすると真希は眠った。
このままでは見つかってしまう。
俺は真希をかかえトイレに入った。
個室に入りわざと扉も空けたままにした。
最後に先生が見回りに来るその時に扉が閉まっていてはバレてしまうからだ。
それからどれぐらいの時が過ぎただろう。
俺はじっと待ちつづけた。
目の前にはあの真希がいる。
焦る気持ちを抑えた。
「誰かいるか?」戸締りの見回りの先生が来た。
俺は息を潜めた。
そして先生が過ぎ去るのを待った。
もう誰もいない。
職員室の電気が消えたのも確かめた。
この学校には俺と真希しかいない。
俺の頭の中にはもうどうやって犯るか考えがあった。
俺は真希を保健室へと連れ込んだ。
用意してあった紐で両手両足を広がるように四本の柱に縛りつけた。
焦る気持ちを抑えてまずその姿を写真に撮った。
そしていきり立つ股間を抑えつつ真希が目覚めるのを待った。
この時間がとても長かった。
「んっ、ん~っ・・・。」真希が目覚めた。
「おはよう」ニヤついた顔で俺は真希に言った。
「んっ、えっ、何!?」真希は両手両足が縛られている事に気付き錯乱していた。
「真希ぃ、お前ってホントに可愛いなぁ。」真希の頬を撫でた。
「やめてよっ、触らないでよ!何考えてんのよ、早くほどきなさいよ!」怒る真希の顔がまたたまらない。
「状況がよくわかってないみたいだなぁ真希ぃ。」俺はそのまま真希の体を撫で下ろした。
「ふざけないでよ!あんた先生に言うわよ!くっ。」必死にもがく真希。
「言ってもいいよぉ、ただ言えればの話だけどねぇ。」「ウソだと思ってるの、絶対に先生に言ってやる!」「じゃぁ、その前に俺はお前を犯っちゃうよ。」俺はベッドに上がり真希に馬乗りになった。
「やめてよ!誰かーっ!」必死にもがく姿が俺の心をどんどんくすぐる。
「もう誰もいねぇよ。先生もみんな帰っちまったよ。さぁて、真希の体を見ちゃおうかな。」俺は真希のネクタイを取った。
「ふざけないでよ!」そう言っても両手両足を縛った真希には何も出来ない。
俺はその姿を楽しんだ。
俺はゆっくりとブレザーをかきわけシャツのボタンを一つ一つはずしていった。
「やめてよバカ!」そんな罵声が気持ちよく聞こえた。
スカートからシャツを出しすべてのボタンをはずした。
「バカだとぉ、俺の事散々こけにしてくれたよなぁ、おしおきしてやるよ。」そのままシャツをかきわけた。
「いやっ、誰かーっ!」真っ白なシルクのようなブラだった。
俺はジロジロと眺めた。
「見るなバカ!」俺は真希の顔をひっぱたいた。
「何すんよ!」「いつまでも調子に乗るなよ、俺の言う事きかないとどうなるか教えてやるよ。」「やめてよ!」俺はゆっくりと真希のブラの上に手をあてた。
そしてゆっくりといたぶるように真希の胸を撫で回した。
Cカップ、いやDカップぐらいありそうだった。
やわらかい真希の胸。
誰にも触られた事もないであろうこの胸を俺は撫でまわした。
「俺の言う事きかないとこうしてやるよ」俺はそのまま真希の胸に顔をうずめた。
「いやだっ!」いい匂いだ。
たまらない・・・。
俺は真希の胸に顔をうずめそのまま真希の胸を揉んだ。
「やだっ、やめてよ!ふざけんな!」でも俺は容赦なく真希の胸を揉みまくった。
そして真希の顔を片手で押えつけた。
「んーっ!」俺は真希にキスした。
真希は固く唇を噛んだが、俺はそのままキスし続けた。
舌を使い口を開けさせようとしたが、真希の口は堅く閉じたままだった。
でも予想はついていた。
「はぁ、真希ぃこのまま犯すも犯さないも俺次第なんだぞ。」「ふざけないでよ!あんたなんか殺してやる!」怒りに満ちた顔で俺を睨む。
「でも、こうされても真希にはどうする事もできないだろ。」俺は冷静な顔で言った。
「・・・。」声を出そうとするが出る言葉がない様子だった。
「俺も真希に無理矢理なんてしたくないんだよ。でもこうなった以上これでやめれないし満足いくまでさしてくれたらセックスまではしないよ。」俺は優しく真希に語りかけた。
黙る真希。
「キスさせてくれよ。」俺はそのままキスした。
しかし真希は固く唇を噛み締めた。
「真希、このまま犯されたいのか?」真希の口が緩んだ。
俺はまたキスした。
今度は真希の唇の感触がわかった。
やわらかい・・・たまらない、あの真希とキスをしていた。
そしてそのまま舌を真希の口の中に押し込んだ。
「んっ!」でも俺はそのまま真希の口の中で舌を転がし、強引に真希の舌を絡めた。
真希は目を硬く閉じうっすらと涙が浮かんでいた。
俺はたっぷりと真希の唇を楽しむとそのまま真希の胸を揉んだ。
頭の中がおかしくなりそうだった。
そしてブラの中に手をすべりこませた。
「んーっ!」声は出せない。
俺が口で塞いでいる。
ブラの上から揉んでわかっているが生の胸はさらにやわらかい。
俺の指が真希の乳首に触れた。
やさしく乳首を転がした。
真希の顔は苦痛にゆがんでいた。
「はぁっ」俺はキスをやめ片手でブラのホックをはずした。
そしてゆっくりとずり上げた。
「やっ・・・。」硬く目を閉じ顔を背ける。
綺麗な乳首が顔を出した。
まさにピンク色だった。
「綺麗な乳首だなぁ。」俺はわざと声を上げた。
更に硬く目を閉じ必死に耐えようとする真希の顔がたまらない。
そんな顔を十分に楽しみ俺は真希の胸にしゃぶりついた。
「いやっ、やだっ!」必死に体をよじらせる。
俺はそのまま真希の胸をしゃぶりまくった。
手で触った感触とは違い、唇で感じる感触がまたたまらない。
真希に聞こえるようにわざと音をたてしゃぶった。
乳首を舌で転がし、軽く噛んだ。
ビクンと動く真希の体がよけいに心を躍らせた。
「やっ!」片手でスカートをめくり上げた。
そしてそのまま真希の太ももをまさぐった。
何もかもがやわらかい。
しゃぶるのを止め、真希のパンティーを見た。
ブラとお揃いの白いパンティーだった。
「も、もうやめて。」震える声で真希が言った。
「でもなぁ」そう言って俺は服を脱ぎ始めた。
「えっやだっ」脅える真希。
俺はすべて脱いで裸になった。
「やっ」いきり立った。
俺の息子から目を背けた。
「見ただろう、犯らないにしてもこのままじゃ帰れないよ。わかるだろ?フェラしてくれよ。」「いやっ!」必死に顔を背ける真希。
「じゃぁこのまま犯っちゃってもいいのかぁ?」俺は真希の手の紐だけをほどいた。
「これでできるだろ。やった事はなくても知らないって事はないだろ?」「いやっ!」逃げようとする真希。
俺は真希の両手を掴み押えつけた。
「セックスかフェラかどっちがいい?」「どっちもいやっ!」必死にもがく真希。
「じゃぁセックスするか。」俺は片手で真希のパンティーに手をかけた。
「いやっ!待ってっ!」「じゃぁフェラしろよ。」しばらく黙った。
「ほらっ、セックスしちゃうぞ。」パンティーをゆっくりと下ろしていった。
「いやっ!するから!」ついにこの時が来た。
真希が自ら俺の息子をしゃぶる。
「ほらっ、まず握って」俺は真希の手を強引に俺の息子にあてた。
「いやっ!」必死に振りほどこうとするが俺は強引に握らせた。
「ほらっ、こうやってしごいて」真希の手で自分の息子をしごかせた。
これが真希の手・・・何度も妄想したあの手。
「ほらっ、しゃぶれよ!」真希の顔を強引に息子の前に持ってこさせた。
「やっ!」顔を背ける真希。
でも俺は強引に真希をこっちに向かせ息子を口の前まで持っていった。
「ほらっ、こっからは自分でしろよ。やらなかったらわかってるだろうな」真希は黙って抵抗もしなかった。
「本当にしたら許してくれるの?」真希は涙目で訴えかけてきた。
「あぁ、約束するよ。」しばらく考え込んだが、真希は自ら俺の息子をくわえた。
「あぁ・・・」真希の唇が俺の息子に触れた。
見下ろすとあの真希が俺の息子をくわえている。
「ほらっ、そのまましごけよ」真希は俺が言うがままにした。
初めてのフェラだっただろう。
上手いとかそういう問題ではなかった。
あの真希が、学校一の美女で俺をこけにした真希が俺の息子をしゃぶっている。
「うっ」ほんの十数回しごいただけだろうが俺は真希の口の中にぶちまけた。
「んーっ!」初めて入る男の精液に驚き吐き出そうとする。
俺は真希の頭を抑えて離さなかった。
「んーっ、んーっ!」必死にもがく真希。
俺はしょうがなく離してやった。
「ぺっ、ぺっ!」俺の精液を必死に吐き出していた。
そんな姿を俺…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【文科系女子高生のパンチラ】エッチも撮影されて
2015/09/23 22:00
2015/09/23 22:00
私はF県にある高校の2年生で吹奏楽部で全国大会を目指していました ところが昨年の秋に行われた学園祭のとき、誰かが撮った写真の中に 私が演奏中に夢中で気づかないまま足を広げ下着を見せてしまった 写真何枚かを私の本名でHサイトの掲示板に載せられ 「逞しい男の人たちのレイプでボロボロにされたい!」って 書いてあると友達に聞かされたんです。 聞かされたその日は大慌てで家に帰りパソコンを覗いてみると いつのまにか撮られたのか朝、自宅から通学に使う駅で電車を待っている 私の顔写真と演奏中に撮られた足を広げた写真… 本名と(自宅住所は書いてありませんが…。) 地元の人には分かるようなコンビニとか駅名 …
下宿先での思い出
2017/10/22 15:19
2017/10/22 15:19
職権乱用とは少し違う話かもしれませんが、ずいぶん昔学生の時のこと です。 当時下宿をしていた所での思い出です。 通常学生は離れの建物が下宿先ですが、当時満室だったので下宿を経営して た家族と同じ屋根の下の空き部屋にいました自分の隣の部屋にもう一人男 子学生がいて、他人はその人と自分人でした。 そして自分の部屋の向かいの部屋に代前半位の女の人が下宿していまし た。途中でわかったのですがその女の子はその家の親戚の子で社会人でし た。 その人はお世辞にも可愛いとはいえず、ぶさいくな部類に入る女の子でし た。 でもいつも部屋の中に下着をドア付近に干していてすりガラス越しに 見えて、いつも悩ましく思って…
【盗撮・覗き】図書室で官能小説を読みながらオナニーしてた後輩
2018/08/16 22:00
2018/08/16 22:00
私が中学3年生だったときの夏休みの話。 当時の私は、長い夏休みに退屈して、学校に本を借りに行くにした。田舎の学校だったけど近所の図書館より近いし、図書室の本は多かった気がする。夏休み期間は図書委員が交代で登校して本の貸し出しをしていた。 私はお昼の時間を狙って行った。この時間は借りる人が少なくて、気分が良いと思ったからだ。 そしたら図書室のドアに鍵が掛かっていた。図書委員がいないのは想定しておらず、失敗したと思った。奥のドアなら開いてるかと思ったが、やはり閉まっていた。すると、さっきのドアから音がしたかと思うと、ドアが開いて女子生徒が顔を出した。その女子生徒は大人しそうな…
白人美女のパイパンマンコをクンニしたら美味しかった件www
2018/09/01 12:02
2018/09/01 12:02
お気に入りの隠れ家的な

ショットバーがあって

たまにその店にいって

カウンターでバーテンと話をしながら

酒を飲むの好きだった

ある日、バーにると

少しするとめっちゃ背の高い

白人の外人美女が入ってきたw

入ってきたのは金より

白髪に近い髪しためっちゃ綺麗な美女な外国人

ファッションモデルみたいな感じ

俺バーテンと目合わせてなんかすげーのきたww

って目で会話してたんよw

したらその人同じカウンターの

3つくらい離れた椅子に座ってなんか頼んでたけど、

バーテンも英語わからんし

えっ?えっ?ってなかなか頼めてなかった…
【痴漢・レイプ】妻の魅力
2015/11/17 02:18
2015/11/17 02:18
事は先日妻と2人で北海道旅行へ行った時に起きました。予約でいっぱいのフェリーに乗ったため、2等しか取れなかったのがそもそもの始まりでした。夜に東京を出発した船ははとんど満員の状態です。嫌がる妻を連れて船内に入りましたが、そこは寝る場所も無いほどの状態です。取り合えず荷物の場所と2人で寝れるスペースを確保しましたが、夜半とはいえ船内はむんむんと暑苦しく、とても寝れる状態では有りません。 妻の提案で船内を散歩することにしました。「あんなとこでザコ寝するの嫌よ、若い子とか一人で旅行してるような人ばかりじゃない」「そんなこと言ったって予約しないで乗れたんだからラッキーだと思わなきゃ」私はそうして妻を…
【熟女体験談】某アプリで知り合った熟女が俺の現地妻になった話
2016/02/07 12:02
2016/02/07 12:02
2016/02/07 (Sun) 携帯アプリでゲームをし、その中のゲームをしていて知り合った岩手の女。


メール機能で送って見たら、かなり食い付きが良かった。


岩手にも復興の仕事でいったりしてたので、地元の食材とかの話をしたら、


「凄いね」


と送ってきたりした。


そして、しばらくやり取りしてるうちに彼女は39歳の理恵という人妻だという事が判った。


自分も33歳だと紹介して、毎日やり取りするように…そして、1ヶ月位して仕事で仙台にいく事になった。

その話をすると、


「近いねー」


とメールされて、金曜日に終われば週末は自由だ。


「仙台からただ帰る…
【母】俺の母と弟の関係【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2016/12/18 22:51
2016/12/18 22:51
俺が大学3年の頃だったか、俺は地元の駅弁に通っていたのだが、 弟も同じ大学を目指して失敗してしまい、結局一浪して隣県の駅弁に行く事になった。 俺は母似、弟は父親似という事もあるのだろうか、俺は親父とよく馬が合い、弟は母親とよく馬が合う。 母は親父と俺がよく行動を共にするのを見て、長男ばっかり贔屓する古くさい考えの持ち主だとか言って 自分の弟贔屓を正当化してたけど何の事はない俺と母は同類であるだけに DNAが近しいだけにお互いに遠ざけ合っているに過ぎない事を俺はよく理解していたし、 だから幼少の頃から母が弟を猫っかわいがりしていてもその件について 強いジェラシーを感じたことはない。 で、…
高校生の姉の友達の娘に筆おろしされた中学の時の初体験談
2016/10/13 00:34
2016/10/13 00:34
私は中学くらいの頃、

反抗期に親とケンカしてよく家出をしていました。

全て親に頼るのがイヤで生活とか、通学するために

金がかかるので、色んな事して金を作りました。

普通にバイトしたり、チンチロリンや麻雀で増やしたり、

当時のゲーム機やソフトなんかを通販で安く買って

マージン取ったりしてました。

・・・で、一番お金になったのが

エロビデオのダビングでした。 友人のオヤジが遠洋漁業で、その親父さんが

大量のエロビを所有していて、

帰ってくる度に友人に保管させていました。

それを借りてダビングして金にして生活してました。

私の学校はヤンキー校で、放火とかで…
セフレの後輩が一途とか言ってきたから友人に寝取ってもらった結果
2016/03/19 02:59
2016/03/19 02:59
セフレの後輩が一途とか言ってきたから友人に寝取ってもらった結果 こんにちは、俺は26才のサラリーマンです。 俺には2年前からセフレがいます。 大学の後輩「アキナ」で、すげー可愛いわけでも無いけど、ギャルっぽくて可愛く見えます。 見た目が派手だからすぐにナンパされるって話です。 きっかけは卒業してすぐの飲み会にアキナが来ていて、アキナが終電を逃したからって事で、俺の家に泊まる事になって、それでヤっちまったのがそもそものはじまりだった。 いくらアキナがタイプじゃ無くても、酔っぱらって隣にギャルがいたら我慢が出来なくなり、犯したんだけど、脱がせてビックリで、とんでもないエロい体が飛び出してきた…
ヒロシマから・・・
2017/08/11 16:19
2017/08/11 16:19
寒いですね あの時もこんな感じの季節でした。 試験会場から広島駅は路面電車で移動しました。 新幹線に乗る前に、駅の中の売店でお土産を買いました。 主任さんも別行動ですが、何か買っている様子です。 主任さんが買った切符をそれぞれ持ちました。席は二人掛けで、隣じゃなく 前と後ろに離れてました。広島発だったので通路側の隣は両方とも空いてま した。 発車してしばらくすると主任さんが私の隣に来ました。試験会場からそのま ま来たので、下着は付けていない状態で、スカートの中は黒のパンストだけ です。ポケットから出てきたのは、さっきの売店の紙袋。手渡されて開けて みると、広島定番の開運しゃもじなんでって思って…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・□子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました

・【人妻体験談】人妻専門サイトに参加し、近所の綺麗な人妻を見つけSEXを楽しんだのだが・・・

・ストレス発散したくて出会い系に登録

・双子の甥達と 2

・【女×女】お隣の奥様に覗かれてレズに目覚めた私[前編]

・#妻を友人に撮影させているうちに、スワッピングへの扉が開いた

・【不倫】巨根に溺れた生保レディ

・妻の秘密を発見!

・【熟女体験談】大きくてきれいなおっぱいを持つ親戚のおばさんに手コキをされ初めての射精、からの中出し体験

・義弟の股間から見えた太いものに

・【レイプ】管理人のおじさんの性奴隷にさせられました

・私の全裸をサイトに投稿するバカ主人

・妻も何度も何度もイされ疲れ果てて・・・

・手っ取り早く男のつまみ食いは出会い系で

・【人妻体験談】旦那が単身赴任中に隣の変態夫婦に中出しレイプされてしまった

・【羞恥】俺のイキ顔を見ながら抜いてくれた陸上部の貧乳先輩

・偶然見かけた人を思い出してドキドキ

・妻の母と淫靡な毎日

・【乱交】授業を抜け出して、彼や彼の友達と気持ちいいこと

・【人妻体験談】淫乱人妻を白昼堂々調教中

・口説かれて体を許すまでの道のりが好き

・エロいお姉さん②

・部長の奥さんと関係を持つことになった。

・【Hな体験】30年ぶりに再会した元カノはバイブが恋人だった

・騙して中出し!そのままホテルに放置w

・【乱交】北海道行きの寝台特急の中で2人の男と

・先週初のハプニングバー体験 興奮と後悔と驚愕!

・【熟女体験談】オナニーを止められたが、我慢できないでいたら手伝ってくれた母

・【人妻体験談】アナルにローターを入れられながら夫の父のチンポを咥えイチャイチャする妻

・中古妻エレジー