寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

学校1の美女をレイプ

2018/01/14 19:51


学校一の美女を犯った。
名前は真希(仮名)、名前のとおり後藤真希に似ている最高の女だった。
他の学校にも噂が行く程でよく他校の生徒も見に来ていた。
当然真希に告白する男も多かったが、真希をいとめた男は誰もいなかった。
俺は見た目も悪くもちろん真希に相手をしてもらえるはずもなかった。
そんな俺はいつも真希をおかずにしてた。
でもとあるネットで睡眠薬購入の存在を知った。
俺の頭の中はすでに真希を犯していた。
しかし、俺は臆病だったのでバレた後の事ばかりを考えていた。
そして俺は入念に策を練った。
そして、真希の習慣に気付いた。
真希は週末は必ず一人で教室に残り何かをしていた。-----チャンスはこの時だ。
そしてついに実行の日。
いつものように一人で教室にいる真希。
俺は忘れ物をしたふりをして教室に戻った。
真希は振り向いたが俺に声を掛ける事もなくそのまま何かをしている。
俺はその隙に睡眠薬の用意をした。
気付かれぬよう音を立てずに真希に近づく。
そして一気に真希の口を塞ぎ睡眠薬をかがせた。
「んーっ!」激しく真希は抵抗した。
俺はもてる力を振り絞り真希を押さえつけた。
しばらくすると真希は眠った。
このままでは見つかってしまう。
俺は真希をかかえトイレに入った。
個室に入りわざと扉も空けたままにした。
最後に先生が見回りに来るその時に扉が閉まっていてはバレてしまうからだ。
それからどれぐらいの時が過ぎただろう。
俺はじっと待ちつづけた。
目の前にはあの真希がいる。
焦る気持ちを抑えた。
「誰かいるか?」戸締りの見回りの先生が来た。
俺は息を潜めた。
そして先生が過ぎ去るのを待った。
もう誰もいない。
職員室の電気が消えたのも確かめた。
この学校には俺と真希しかいない。
俺の頭の中にはもうどうやって犯るか考えがあった。
俺は真希を保健室へと連れ込んだ。
用意してあった紐で両手両足を広がるように四本の柱に縛りつけた。
焦る気持ちを抑えてまずその姿を写真に撮った。
そしていきり立つ股間を抑えつつ真希が目覚めるのを待った。
この時間がとても長かった。
「んっ、ん~っ・・・。」真希が目覚めた。
「おはよう」ニヤついた顔で俺は真希に言った。
「んっ、えっ、何!?」真希は両手両足が縛られている事に気付き錯乱していた。
「真希ぃ、お前ってホントに可愛いなぁ。」真希の頬を撫でた。
「やめてよっ、触らないでよ!何考えてんのよ、早くほどきなさいよ!」怒る真希の顔がまたたまらない。
「状況がよくわかってないみたいだなぁ真希ぃ。」俺はそのまま真希の体を撫で下ろした。
「ふざけないでよ!あんた先生に言うわよ!くっ。」必死にもがく真希。
「言ってもいいよぉ、ただ言えればの話だけどねぇ。」「ウソだと思ってるの、絶対に先生に言ってやる!」「じゃぁ、その前に俺はお前を犯っちゃうよ。」俺はベッドに上がり真希に馬乗りになった。
「やめてよ!誰かーっ!」必死にもがく姿が俺の心をどんどんくすぐる。
「もう誰もいねぇよ。先生もみんな帰っちまったよ。さぁて、真希の体を見ちゃおうかな。」俺は真希のネクタイを取った。
「ふざけないでよ!」そう言っても両手両足を縛った真希には何も出来ない。
俺はその姿を楽しんだ。
俺はゆっくりとブレザーをかきわけシャツのボタンを一つ一つはずしていった。
「やめてよバカ!」そんな罵声が気持ちよく聞こえた。
スカートからシャツを出しすべてのボタンをはずした。
「バカだとぉ、俺の事散々こけにしてくれたよなぁ、おしおきしてやるよ。」そのままシャツをかきわけた。
「いやっ、誰かーっ!」真っ白なシルクのようなブラだった。
俺はジロジロと眺めた。
「見るなバカ!」俺は真希の顔をひっぱたいた。
「何すんよ!」「いつまでも調子に乗るなよ、俺の言う事きかないとどうなるか教えてやるよ。」「やめてよ!」俺はゆっくりと真希のブラの上に手をあてた。
そしてゆっくりといたぶるように真希の胸を撫で回した。
Cカップ、いやDカップぐらいありそうだった。
やわらかい真希の胸。
誰にも触られた事もないであろうこの胸を俺は撫でまわした。
「俺の言う事きかないとこうしてやるよ」俺はそのまま真希の胸に顔をうずめた。
「いやだっ!」いい匂いだ。
たまらない・・・。
俺は真希の胸に顔をうずめそのまま真希の胸を揉んだ。
「やだっ、やめてよ!ふざけんな!」でも俺は容赦なく真希の胸を揉みまくった。
そして真希の顔を片手で押えつけた。
「んーっ!」俺は真希にキスした。
真希は固く唇を噛んだが、俺はそのままキスし続けた。
舌を使い口を開けさせようとしたが、真希の口は堅く閉じたままだった。
でも予想はついていた。
「はぁ、真希ぃこのまま犯すも犯さないも俺次第なんだぞ。」「ふざけないでよ!あんたなんか殺してやる!」怒りに満ちた顔で俺を睨む。
「でも、こうされても真希にはどうする事もできないだろ。」俺は冷静な顔で言った。
「・・・。」声を出そうとするが出る言葉がない様子だった。
「俺も真希に無理矢理なんてしたくないんだよ。でもこうなった以上これでやめれないし満足いくまでさしてくれたらセックスまではしないよ。」俺は優しく真希に語りかけた。
黙る真希。
「キスさせてくれよ。」俺はそのままキスした。
しかし真希は固く唇を噛み締めた。
「真希、このまま犯されたいのか?」真希の口が緩んだ。
俺はまたキスした。
今度は真希の唇の感触がわかった。
やわらかい・・・たまらない、あの真希とキスをしていた。
そしてそのまま舌を真希の口の中に押し込んだ。
「んっ!」でも俺はそのまま真希の口の中で舌を転がし、強引に真希の舌を絡めた。
真希は目を硬く閉じうっすらと涙が浮かんでいた。
俺はたっぷりと真希の唇を楽しむとそのまま真希の胸を揉んだ。
頭の中がおかしくなりそうだった。
そしてブラの中に手をすべりこませた。
「んーっ!」声は出せない。
俺が口で塞いでいる。
ブラの上から揉んでわかっているが生の胸はさらにやわらかい。
俺の指が真希の乳首に触れた。
やさしく乳首を転がした。
真希の顔は苦痛にゆがんでいた。
「はぁっ」俺はキスをやめ片手でブラのホックをはずした。
そしてゆっくりとずり上げた。
「やっ・・・。」硬く目を閉じ顔を背ける。
綺麗な乳首が顔を出した。
まさにピンク色だった。
「綺麗な乳首だなぁ。」俺はわざと声を上げた。
更に硬く目を閉じ必死に耐えようとする真希の顔がたまらない。
そんな顔を十分に楽しみ俺は真希の胸にしゃぶりついた。
「いやっ、やだっ!」必死に体をよじらせる。
俺はそのまま真希の胸をしゃぶりまくった。
手で触った感触とは違い、唇で感じる感触がまたたまらない。
真希に聞こえるようにわざと音をたてしゃぶった。
乳首を舌で転がし、軽く噛んだ。
ビクンと動く真希の体がよけいに心を躍らせた。
「やっ!」片手でスカートをめくり上げた。
そしてそのまま真希の太ももをまさぐった。
何もかもがやわらかい。
しゃぶるのを止め、真希のパンティーを見た。
ブラとお揃いの白いパンティーだった。
「も、もうやめて。」震える声で真希が言った。
「でもなぁ」そう言って俺は服を脱ぎ始めた。
「えっやだっ」脅える真希。
俺はすべて脱いで裸になった。
「やっ」いきり立った。
俺の息子から目を背けた。
「見ただろう、犯らないにしてもこのままじゃ帰れないよ。わかるだろ?フェラしてくれよ。」「いやっ!」必死に顔を背ける真希。
「じゃぁこのまま犯っちゃってもいいのかぁ?」俺は真希の手の紐だけをほどいた。
「これでできるだろ。やった事はなくても知らないって事はないだろ?」「いやっ!」逃げようとする真希。
俺は真希の両手を掴み押えつけた。
「セックスかフェラかどっちがいい?」「どっちもいやっ!」必死にもがく真希。
「じゃぁセックスするか。」俺は片手で真希のパンティーに手をかけた。
「いやっ!待ってっ!」「じゃぁフェラしろよ。」しばらく黙った。
「ほらっ、セックスしちゃうぞ。」パンティーをゆっくりと下ろしていった。
「いやっ!するから!」ついにこの時が来た。
真希が自ら俺の息子をしゃぶる。
「ほらっ、まず握って」俺は真希の手を強引に俺の息子にあてた。
「いやっ!」必死に振りほどこうとするが俺は強引に握らせた。
「ほらっ、こうやってしごいて」真希の手で自分の息子をしごかせた。
これが真希の手・・・何度も妄想したあの手。
「ほらっ、しゃぶれよ!」真希の顔を強引に息子の前に持ってこさせた。
「やっ!」顔を背ける真希。
でも俺は強引に真希をこっちに向かせ息子を口の前まで持っていった。
「ほらっ、こっからは自分でしろよ。やらなかったらわかってるだろうな」真希は黙って抵抗もしなかった。
「本当にしたら許してくれるの?」真希は涙目で訴えかけてきた。
「あぁ、約束するよ。」しばらく考え込んだが、真希は自ら俺の息子をくわえた。
「あぁ・・・」真希の唇が俺の息子に触れた。
見下ろすとあの真希が俺の息子をくわえている。
「ほらっ、そのまましごけよ」真希は俺が言うがままにした。
初めてのフェラだっただろう。
上手いとかそういう問題ではなかった。
あの真希が、学校一の美女で俺をこけにした真希が俺の息子をしゃぶっている。
「うっ」ほんの十数回しごいただけだろうが俺は真希の口の中にぶちまけた。
「んーっ!」初めて入る男の精液に驚き吐き出そうとする。
俺は真希の頭を抑えて離さなかった。
「んーっ、んーっ!」必死にもがく真希。
俺はしょうがなく離してやった。
「ぺっ、ぺっ!」俺の精液を必死に吐き出していた。
そんな姿を俺…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
妹がヌード写真を見せてくる
2017/04/30 23:16
2017/04/30 23:16
459 :えっちな18禁さん:2012/03/26(月) 15:48:54.43 ID:LD1J7fhK0 妹は小学校の頃からタレント活動(モデル?)をしていた。 俺の小学校の卒業式に父親しか出ていなことを見ても、 その頃(小3)にはもう活動がそれなりに本格化していたことが窺える。 460 :えっちな18禁さん:2012/03/26(月) 15:50:08.11 ID:LD1J7fhK0 時おり仕事のままの恰好で帰ってくることがあって、そんな時は決まって 俺に写メを撮る役が回ってきた。 仕事場で散々同僚(?)たちと並んで撮っているのになぜ家に帰ってまで? とも思った…
近所の仲良しおばさんに勃起チンポを見せてみた
2017/07/29 23:00
2017/07/29 23:00
760 名前: 名無しさん@ピンキー 投稿日: 03/03/30 08:37 ID:45X2sKzh

フェイスタオル1枚で玄関に出て近所のおばさんと雑談してたら、
偶然タオルから腰からヒラリッと落ちかけて、慌てて戻しました。
するとおばさんは、
「あっはは!別に慌てて隠さなくてもいいよ?おばさんだから」
なんて言ってましたが、本当に見せたらヒクかな…???
現にあれ以来おばさんは俺のバスタイム見計らった様にやって来るんですが…。

アドバイスを!

766 名前: 名無しさん@ピンキー 投稿日: 03/03/31 06:51 ID:JQExI8ge

>>764
野菜持って来て…
★昔の部下の女を抱ける事は得した気分
2016/07/08 17:36
2016/07/08 17:36
 今、私にまたがり騎上位の体位で腰を振っているR子は18年前私の部下であった女性です。高卒で入社して来た時は童顔が本当に可愛い女性で若い男性の部下たちの噂の的でした。5年後その中のひとりである私の部下と結婚して女の子をふたりも授かり幸せな生活を送っていたはずです。

 私が退社し独立してからは年賀状くらいの付き合いになっていました。3〜4年前旦那からの年賀状に離婚したと書いてあったが、内容が内容なので詳しくたずねる事を避けた。今日の昼間、偶然繁華街でR子と出合った。お茶に誘い離婚の理由をたずねた。
 R子はうつむいたまま何も話そうとはしなかったが、居酒屋に移ってからは酒がすすむに連れ話し出…
【体験談】童貞の僕が泡姫と初めて体験
2016/02/13 20:30
2016/02/13 20:30

18歳の時に初体験をした。



相手は泡姫。



そう、高校を卒業し、大学に入学した後に、
ソープランドで筆下ろししてもいました

大学で仲良くなった3学年先輩に、
風俗が好きな人がいて
その人からいろいろ教わり、
その先輩の薦めるソープランド店に行った。



お金を払い、待合室から呼ばれて
廊下でソープ嬢と対面し、挨拶する。



彼女に導かれて部屋に入る。



丸顔の若い子だった。



その時は美人に見えた。



その店の制服なのか、
彼女の好みなのかわからないが、
ビキニの水着とビーチウェアー…
【人妻体験談】人妻の事務員をぐでんぐでんに酔わせてラブホに連れ込み合体に成功
2016/02/14 18:02
2016/02/14 18:02
先週末に職場の忘年会があり以前から目をつけていた37歳の人妻の事務員をぐでんぐでんに酔わせてラブホに連れ込み合体に成功。 意識はそこそこあったものの足にきていて真っ直ぐ歩けなかったので、腰に手を回して抱きかかえながら、歩けるようになるまで「休むだけだから大丈夫。」などと騙し騙し強引にラブホへ。 「早く帰らないと旦那に叱られる…」とか、「子供が待ってるから…」とか言っていたが、部屋の入口でキスをしながら尻を撫でまわしていると、自分からチンチンに手をかざしてきて、擦りながら積極的に変貌した。 彼女が脱衣所に入ったので追いかけて一緒に入ると、時間がないから簡単にシャワー浴びさせてと言う。 服を脱ご…
逆ナンしてきた三十路のおばさんとタダマンしてきたから語るな
2017/02/11 00:00
2017/02/11 00:00
彼女とのデートで食事をし、ホテルで一発やって、

明日はバイト早いからってその日はそれで別れた。

何時頃だったろ?

終電間際に自分が住むJRの新大久保駅について

家に帰るために新大久保駅のそばを歩いていたら、

三十路半ばのおばさんが

妙に愛想を振りまきながら笑顔で近寄ってきて

僕の手を取るとある方向に引っ張って行こうとするんです。

僕は積極的なたちんぼだなぁ~と思いながら

「金が無いから今日は付き合えないよ!」

と言うとそのおばさん、

「別にお金は要らないわよ。あんた、ちょっといい感じだから付き合ってよ。」

逆ナンパ?

って思ったけどあまりにも手馴れて強引。

25歳の綺麗な英語の先生とヤンキー高校生【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/26 21:37
2017/11/26 21:37
もう10年以上も前の事です。体の小さい男子だった私は、荒れ果てた不良の多い工業校で1年の時からずっとイジメに苦しんでいました。 加害男子達は髪を染めたりタトゥーを入れたりして相当なヤンキー集団でした。 私が教室で蹴られたりしても誰も止めてくれず、担任も見て見ぬふりで「あまりふざけるなよ」くらいしか言ってくれない状況でした。 私はうつ状態で自殺願望も抱くようになっていましたが、2年生になった時、25歳くらいの英語の先生が赴任してきました。 160cmくらいの綺麗な女性でした。オシャレなどに気を使わない、40歳過ぎの女先生しか見た事なかった私には、こんなセンスのいい先生がいるんだ…と驚…
忘れられない母の還暦祝い
2017/02/17 16:19
2017/02/17 16:19
還暦を迎えた母と初めて関係を持った時の告白です。 僕は父を幼いときに亡くし、母が再婚もしないで、洋裁店を切り盛りして、僕を育ててくれました。 そんな母が、もう60歳になりました。 母に「還暦のお祝いは何がいい?」と聞くと、「別にいいのよ、翔ちゃんのその気持ちだけで・・・」と遠慮して何も欲しがりませんでした。 「人生で大切な還暦のお祝いなんだから・・・。それじゃあ温泉にでも行って、のんびり、美味しいものでも食べようか?」 「まあ嬉しいわー、温泉旅行なんて、久し振りだわー」と、とても喜んでくれました。 現地ではのんびりできるように、混雑を避けて、平日、職場に代休をもらって、母と二人で2…
夏休みに友人と立てたレイプ計画【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/07 03:44
2017/12/07 03:44
どちらも美少女系で、俺たちのターゲットになっていた。 ちょうど夏休み、プールの授業があって、午前帰りのときに作戦実行となった。 「探検しようぜ」というとほいほいついてきたので、友人としめしめ思っていた。 美樹は体操服姿で、麻美は制服姿だった。 寮の中に入って、しばらくは話をしたりしていたが、仲間が「そろそろ遊ぼうぜ」といい、「そうだな、こいつらまわすか」、「いいね、犯ろうぜ」の掛け声に、2人がきょとんとした顔をしたが、一気に飛び掛った。 「いやぁーー!!なによっ!!!」と美樹が叫んだがすぐさま唇をふさぎ手と足を押さ えつけた。 俺は麻美に飛びつき、顔を嘗め回した。-----美樹は「ぎゃぁ…
受験生に気を遣いすぎる人妻
2017/06/30 22:49
2017/06/30 22:49
甥のSちゃんは主人の姉のお子さんで、大学受験で上京するって連絡があって、うちを受験宿に提供しました。 私立大学を2校受験、中1日おいてのスケジュールのようでした。 うちに来たのは、1校目の入試が終わったあとの夕方。 小学校5、6年生の頃に会って以来。 ニコニコして、「こんちわ」ってお辞儀して、大きくなったSちゃん。 お風呂で、小学校前の可愛らしいおちんちんを、素手で洗ってあげた覚えがあります。 私「明日の朝食は?起きて一緒に食べますか?」 確認のため部屋をノックしました。 返事がありません。 受験生です、気を遣います、そっと開けてみました。 むこう向きにイスに座って、ヘッド…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・20年のセックスレスの果てにこの世の極楽【人妻体験談】

・まあいつものセックス大好き妻の話なんだ。

・同じマンションの人妻さんの話です【エロ体験談】

・【Hな体験】メガネ女医が裏スジを刺激するように何度も塗り薬を

・ノーパン女子校生

・妻が混浴で密着されて性器を…

・他の男の精液

・妻が混浴でハンドマッサージを受ける

・【痴漢】OL風のかなり美人な2人組に満員電車で遊ばれた

・OLですが、エッチな気分でアダルト映画館に行ったら、大勢の男達に……

・熟女の色気がたまらない義母のデカい尻にぶち込みたくなって…

・女子寮に先輩と侵入して寝ている中国人社員をレイプ

・夫に言えない過去

・【熟女体験談】ツーリング仲間の人妻熟女と生理中に中出しSEX

・出会い系の人妻から、セフレ募集の人妻を紹介された

・変態マゾ性癖の元カノを野外で部下に犯させた【エロ体験談】

・Color

・小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の完全中出し 3【SEX体験談】

・自転車に乗れない女

・【人妻体験談】3P乱交浮気をした後に妻に欲情し犯すようにSEXしたくなる変態夫

・■人妻のエロ満足感に対する対価

・ S級美少女を調教した結果⇒俺とのSMを楽しむ淫乱M女になっちゃったwwwwww

・小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の完全中出し 1【SEX体験談】

・後輩との関係

・妻の彼氏と俺の彼女

・タックル姫(純情編)

・美人でエッチな女に生まれた私のリッチな生活

・芸能関係者を旦那に持つ人妻の、美人ゆえの悲惨な過去

・幼馴染のお姉ちゃんと34年ぶりに再会して・・・。

・★エロDNDは遺伝する事を実感