寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

学校1の美女をレイプ

2018/01/14 19:51


学校一の美女を犯った。
名前は真希(仮名)、名前のとおり後藤真希に似ている最高の女だった。
他の学校にも噂が行く程でよく他校の生徒も見に来ていた。
当然真希に告白する男も多かったが、真希をいとめた男は誰もいなかった。
俺は見た目も悪くもちろん真希に相手をしてもらえるはずもなかった。
そんな俺はいつも真希をおかずにしてた。
でもとあるネットで睡眠薬購入の存在を知った。
俺の頭の中はすでに真希を犯していた。
しかし、俺は臆病だったのでバレた後の事ばかりを考えていた。
そして俺は入念に策を練った。
そして、真希の習慣に気付いた。
真希は週末は必ず一人で教室に残り何かをしていた。-----チャンスはこの時だ。
そしてついに実行の日。
いつものように一人で教室にいる真希。
俺は忘れ物をしたふりをして教室に戻った。
真希は振り向いたが俺に声を掛ける事もなくそのまま何かをしている。
俺はその隙に睡眠薬の用意をした。
気付かれぬよう音を立てずに真希に近づく。
そして一気に真希の口を塞ぎ睡眠薬をかがせた。
「んーっ!」激しく真希は抵抗した。
俺はもてる力を振り絞り真希を押さえつけた。
しばらくすると真希は眠った。
このままでは見つかってしまう。
俺は真希をかかえトイレに入った。
個室に入りわざと扉も空けたままにした。
最後に先生が見回りに来るその時に扉が閉まっていてはバレてしまうからだ。
それからどれぐらいの時が過ぎただろう。
俺はじっと待ちつづけた。
目の前にはあの真希がいる。
焦る気持ちを抑えた。
「誰かいるか?」戸締りの見回りの先生が来た。
俺は息を潜めた。
そして先生が過ぎ去るのを待った。
もう誰もいない。
職員室の電気が消えたのも確かめた。
この学校には俺と真希しかいない。
俺の頭の中にはもうどうやって犯るか考えがあった。
俺は真希を保健室へと連れ込んだ。
用意してあった紐で両手両足を広がるように四本の柱に縛りつけた。
焦る気持ちを抑えてまずその姿を写真に撮った。
そしていきり立つ股間を抑えつつ真希が目覚めるのを待った。
この時間がとても長かった。
「んっ、ん~っ・・・。」真希が目覚めた。
「おはよう」ニヤついた顔で俺は真希に言った。
「んっ、えっ、何!?」真希は両手両足が縛られている事に気付き錯乱していた。
「真希ぃ、お前ってホントに可愛いなぁ。」真希の頬を撫でた。
「やめてよっ、触らないでよ!何考えてんのよ、早くほどきなさいよ!」怒る真希の顔がまたたまらない。
「状況がよくわかってないみたいだなぁ真希ぃ。」俺はそのまま真希の体を撫で下ろした。
「ふざけないでよ!あんた先生に言うわよ!くっ。」必死にもがく真希。
「言ってもいいよぉ、ただ言えればの話だけどねぇ。」「ウソだと思ってるの、絶対に先生に言ってやる!」「じゃぁ、その前に俺はお前を犯っちゃうよ。」俺はベッドに上がり真希に馬乗りになった。
「やめてよ!誰かーっ!」必死にもがく姿が俺の心をどんどんくすぐる。
「もう誰もいねぇよ。先生もみんな帰っちまったよ。さぁて、真希の体を見ちゃおうかな。」俺は真希のネクタイを取った。
「ふざけないでよ!」そう言っても両手両足を縛った真希には何も出来ない。
俺はその姿を楽しんだ。
俺はゆっくりとブレザーをかきわけシャツのボタンを一つ一つはずしていった。
「やめてよバカ!」そんな罵声が気持ちよく聞こえた。
スカートからシャツを出しすべてのボタンをはずした。
「バカだとぉ、俺の事散々こけにしてくれたよなぁ、おしおきしてやるよ。」そのままシャツをかきわけた。
「いやっ、誰かーっ!」真っ白なシルクのようなブラだった。
俺はジロジロと眺めた。
「見るなバカ!」俺は真希の顔をひっぱたいた。
「何すんよ!」「いつまでも調子に乗るなよ、俺の言う事きかないとどうなるか教えてやるよ。」「やめてよ!」俺はゆっくりと真希のブラの上に手をあてた。
そしてゆっくりといたぶるように真希の胸を撫で回した。
Cカップ、いやDカップぐらいありそうだった。
やわらかい真希の胸。
誰にも触られた事もないであろうこの胸を俺は撫でまわした。
「俺の言う事きかないとこうしてやるよ」俺はそのまま真希の胸に顔をうずめた。
「いやだっ!」いい匂いだ。
たまらない・・・。
俺は真希の胸に顔をうずめそのまま真希の胸を揉んだ。
「やだっ、やめてよ!ふざけんな!」でも俺は容赦なく真希の胸を揉みまくった。
そして真希の顔を片手で押えつけた。
「んーっ!」俺は真希にキスした。
真希は固く唇を噛んだが、俺はそのままキスし続けた。
舌を使い口を開けさせようとしたが、真希の口は堅く閉じたままだった。
でも予想はついていた。
「はぁ、真希ぃこのまま犯すも犯さないも俺次第なんだぞ。」「ふざけないでよ!あんたなんか殺してやる!」怒りに満ちた顔で俺を睨む。
「でも、こうされても真希にはどうする事もできないだろ。」俺は冷静な顔で言った。
「・・・。」声を出そうとするが出る言葉がない様子だった。
「俺も真希に無理矢理なんてしたくないんだよ。でもこうなった以上これでやめれないし満足いくまでさしてくれたらセックスまではしないよ。」俺は優しく真希に語りかけた。
黙る真希。
「キスさせてくれよ。」俺はそのままキスした。
しかし真希は固く唇を噛み締めた。
「真希、このまま犯されたいのか?」真希の口が緩んだ。
俺はまたキスした。
今度は真希の唇の感触がわかった。
やわらかい・・・たまらない、あの真希とキスをしていた。
そしてそのまま舌を真希の口の中に押し込んだ。
「んっ!」でも俺はそのまま真希の口の中で舌を転がし、強引に真希の舌を絡めた。
真希は目を硬く閉じうっすらと涙が浮かんでいた。
俺はたっぷりと真希の唇を楽しむとそのまま真希の胸を揉んだ。
頭の中がおかしくなりそうだった。
そしてブラの中に手をすべりこませた。
「んーっ!」声は出せない。
俺が口で塞いでいる。
ブラの上から揉んでわかっているが生の胸はさらにやわらかい。
俺の指が真希の乳首に触れた。
やさしく乳首を転がした。
真希の顔は苦痛にゆがんでいた。
「はぁっ」俺はキスをやめ片手でブラのホックをはずした。
そしてゆっくりとずり上げた。
「やっ・・・。」硬く目を閉じ顔を背ける。
綺麗な乳首が顔を出した。
まさにピンク色だった。
「綺麗な乳首だなぁ。」俺はわざと声を上げた。
更に硬く目を閉じ必死に耐えようとする真希の顔がたまらない。
そんな顔を十分に楽しみ俺は真希の胸にしゃぶりついた。
「いやっ、やだっ!」必死に体をよじらせる。
俺はそのまま真希の胸をしゃぶりまくった。
手で触った感触とは違い、唇で感じる感触がまたたまらない。
真希に聞こえるようにわざと音をたてしゃぶった。
乳首を舌で転がし、軽く噛んだ。
ビクンと動く真希の体がよけいに心を躍らせた。
「やっ!」片手でスカートをめくり上げた。
そしてそのまま真希の太ももをまさぐった。
何もかもがやわらかい。
しゃぶるのを止め、真希のパンティーを見た。
ブラとお揃いの白いパンティーだった。
「も、もうやめて。」震える声で真希が言った。
「でもなぁ」そう言って俺は服を脱ぎ始めた。
「えっやだっ」脅える真希。
俺はすべて脱いで裸になった。
「やっ」いきり立った。
俺の息子から目を背けた。
「見ただろう、犯らないにしてもこのままじゃ帰れないよ。わかるだろ?フェラしてくれよ。」「いやっ!」必死に顔を背ける真希。
「じゃぁこのまま犯っちゃってもいいのかぁ?」俺は真希の手の紐だけをほどいた。
「これでできるだろ。やった事はなくても知らないって事はないだろ?」「いやっ!」逃げようとする真希。
俺は真希の両手を掴み押えつけた。
「セックスかフェラかどっちがいい?」「どっちもいやっ!」必死にもがく真希。
「じゃぁセックスするか。」俺は片手で真希のパンティーに手をかけた。
「いやっ!待ってっ!」「じゃぁフェラしろよ。」しばらく黙った。
「ほらっ、セックスしちゃうぞ。」パンティーをゆっくりと下ろしていった。
「いやっ!するから!」ついにこの時が来た。
真希が自ら俺の息子をしゃぶる。
「ほらっ、まず握って」俺は真希の手を強引に俺の息子にあてた。
「いやっ!」必死に振りほどこうとするが俺は強引に握らせた。
「ほらっ、こうやってしごいて」真希の手で自分の息子をしごかせた。
これが真希の手・・・何度も妄想したあの手。
「ほらっ、しゃぶれよ!」真希の顔を強引に息子の前に持ってこさせた。
「やっ!」顔を背ける真希。
でも俺は強引に真希をこっちに向かせ息子を口の前まで持っていった。
「ほらっ、こっからは自分でしろよ。やらなかったらわかってるだろうな」真希は黙って抵抗もしなかった。
「本当にしたら許してくれるの?」真希は涙目で訴えかけてきた。
「あぁ、約束するよ。」しばらく考え込んだが、真希は自ら俺の息子をくわえた。
「あぁ・・・」真希の唇が俺の息子に触れた。
見下ろすとあの真希が俺の息子をくわえている。
「ほらっ、そのまましごけよ」真希は俺が言うがままにした。
初めてのフェラだっただろう。
上手いとかそういう問題ではなかった。
あの真希が、学校一の美女で俺をこけにした真希が俺の息子をしゃぶっている。
「うっ」ほんの十数回しごいただけだろうが俺は真希の口の中にぶちまけた。
「んーっ!」初めて入る男の精液に驚き吐き出そうとする。
俺は真希の頭を抑えて離さなかった。
「んーっ、んーっ!」必死にもがく真希。
俺はしょうがなく離してやった。
「ぺっ、ぺっ!」俺の精液を必死に吐き出していた。
そんな姿を俺…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
★女性の心は複雑なんですよ
2015/12/26 11:35
2015/12/26 11:35
 昨日久しぶりに痴漢に遭いました。ホントはここに書き込もうかおもいっきり悩んだんだけど、誰かに聞いてもらいたくって書き込むことに決めました。この4月から今の電車に乗るようになって、時々押し付け(って言うのかな?)痴漢には遭っていたけど、昨日はとうとう・・

 昨日はなんでかいつもより少しだけ混んでいて、少しだけ体が動かせるかなってくらいの混み方でした。また今日も押し付けされたらいやだなぁ、なんて思っていただけど、昨日のは押しつけなんかじゃなかったんです。
 最初は手の甲(だったのかなぁ・・)がお尻にあたってきました。痴漢!って思ったけど怖かったし違ってたら恥ずかしいし。少しだけ何の抵抗もし…
【妹との告白体験談】本屋で
2017/12/13 01:55
2017/12/13 01:55
700名前:昨日、本屋で、、、1-1投稿日:02/05/1822:00ID:b/1eA598昨日の昼3時過ぎくらいだったか、地元で唯一立ち読みができる本屋に行った。 かなり広い店内だが、漫画コーナーは一番奥にあり、さらに棚が複雑になっているので絶好の穴場でもある。 しかも、GW中でかなり込み合っていた。 ちょうどコーナーの角で柱になっているところで15歳位の少女が壁にもたれて立ち読みをしていた。 まわりは少年少女でいっぱいだが、大半の子は棚に向かって立ち読みしている。 その少女の両隣はたぶん姉妹であろう小学低学年の子達が背を向けて立っている。 しかも、その少女は前ボタンのワンピース、胸は確…
バイト先の先輩との中出しエッチ体験談
2015/09/08 12:10
2015/09/08 12:10

私は一応大学生という肩書きはありましたが、遊ぶことに夢中でほとんど登校していませんでした。

大学へは、自宅から通えないこともなかったのですが、通学の時間がもったいないとか、うまくいいくるめて一人暮らしをしていました。

帰宅時間などをうるさく言う人もいないし、しばらく気ままな暮らしを楽しんでいたのですが、親が送ってくれるお金だけではとても足りず、車の免許も取りたかったので、アルバイトを探すことにしました。

家庭教師とか塾講師の口があれば、時給もいいし、よかったのでしょうが、残念ながら、三流大学の学生にはそんなバイトはありません。

あんまり選んでいる暇もなかったので、バイト情報誌に大き…
初めての不倫は年下の彼と立ちバック
2017/04/26 10:00
2017/04/26 10:00
今から二年程前の話。
その頃の私は、旦那とうまくいかず、だが、経済的理由もありなかなか、離婚に踏み切れないでいた。もう、修正のきかない関係とわかっていたのに…パートもわざわざ日曜に入れたりして旦那とも顔をあわせないようにしていた。
毎日、家に帰りたくなかった。毎日あてもなく、街をぶらついて時間をつぶした。
そんな時、出会った人が彼だった…。

当時、家に帰るのが嫌で毎晩のように寄り道していました。
友達を誘ってご飯を食べたり。
でも毎日とはいかず、一人で時間つぶすコトが多くなりました。
私はお酒があまり飲めないので、パチンコ屋に寄ったり、カフェで時間をつぶしたり、たまにはナンパさ…
W不倫の始まりは飲み会帰り
2017/05/20 14:16
2017/05/20 14:16
191 :なまえを挿れて。:2011/02/06(日) 23:49:18 長文投下スマソ、マジナゲェよ。 最初に当時のスペック書いとく。 俺33既婚、フツメンだと思いたいレベル、中肉中背 女28既婚、誰に似てるともないが普通に可愛いレベル、ムッチリエロ体型D~Eカプ 一昨年の夏、飲み会帰り自宅まで後100m程のところで気分が悪くなり、道端にあった ベンチで横になってたらいつの間にか寝ちゃってた。30分くらい寝てたのかな… 『こんなところで寝てると風邪引きますよー』って女の人の声で起こされた。 『!?えっ!?あっ!?んっ!?』とか何とか言いながら起きて見ると、ママ…
飲み会で友人の巨乳な彼女を寝取ぅてパイズリしてもらった件
2017/11/01 22:02
2017/11/01 22:02
友人の彼女と飲み会をした時に

やや強引に寝取ってエッチしてしまい

それから友人には内緒で

友人の彼女と関係をもっています

内容を書くと、友人、友人の彼女(名前は恵美と言う)、

私、他二人で飲む予定でしたが、

友人が仕事で来れなくなり、

四人で飲む事になり。

酒が入り始めて話は過去の暴露話に突入。

で、友人の秘密話を暴露してると恵美ちゃんは

「そんな事してたんだ」

憤慨しながら酒を飲んでいました。

お開きにしようと店を出る時に恵美ちゃんが泥酔状態でした。

他二人は私に押し付けて帰ってしまったので

私が送る事になりました。

サークルの合宿中に抜け出してH!
2015/10/09 03:21
2015/10/09 03:21
大学時代のサークルの夏合宿での思い出話。大学時代、私はサークル内で後輩のえり(仮名)と付き合っていました。私が4年で、えりが1年でした。えりと私は付き合って3か月ほど。はっきり言ってHが楽しくてしょうがない時期でした。当然、夜に合宿所を抜け出して会う約束になってました。もちろんHするためです。夜になって飲み会がはじまり、しばらくした後、えりにメールし、合宿所から別々に出て、少し離れた場所で待ち合わせ。海が近くに会ったので、海まで行く事にしました。海まで行くと外灯もなく、真っ暗。正直、お互いの顔も見えないほどの暗さ。砂浜の半分くらいまで歩いた所で、えりにキス。そのまま舌と入れな…
結果オーライの妻のAVデビュー
2017/12/07 19:00
2017/12/07 19:00
八代美香…36歳。A型。身長160センチ B84、W60、H87
妻の性格は一言で言えば、おっとり型
いつも優しく微笑んでいる事から“モナリ ザ”というあだ名を子供達から付けられている。
趣味はガーデニングとフラワーアレンジメント
特技は、ピアノと書道、そして昔取った 杵づかで意外にもママさんバレーのレギュラー選手である。
これが私、八代一明(39)の妻、美香のプロフィールです。

夫婦仲は普通でしたが、最近、妻が私の求めを拒むようになって来たのです。
疲れているから…と布団を被って申し訳なさそうにやんわりと拒まれては私も怒る訳にもいかず、何度か肩透かしの目に遭っていたのでした。…
結婚前の最終出勤日の部下を食事に誘いラブホに連れ込んで
2017/08/31 12:10
2017/08/31 12:10
「部長!突然ですが報告がありまして・・・。私、営業部の崎山さんと結婚することになったんです。それで結婚式に出てもらいたいなと思って・・・。いいですよね!」

そう報告してきたのは、私がいる総務部の部下で、渋谷さんという女の子。
私が総務部に配属になった時の新入社員で、一緒に仕事をし始めて5年が経っていました。

入ってきた時はまだ高校出たてで、幼い子供のような女子だったのに、結婚するんだなあと感心していました。
今となっては仕事もできるし、後輩の面倒もよく見てくれるし、なくてはならない存在なのです。

しかも渋谷さんとは、私も総務という今までまったく縁のなかった部署で、よくお互いに相談したり、…
【旅行でのエッチ体験談】卒業旅行のパリで初のイケメン巨根外国人に犯してもらいました
2016/01/28 23:00
2016/01/28 23:00
この春、卒業旅行で初外人経験をしました。 この春、友人と卒業旅行と言うことで 友人のK恵とバリ島に旅行に行きました。 バリ島は常夏の狭い島で、一年中泳げます。 私たちも大胆な水着を付けて 毎日ショッピング+ビーチで昼寝でした。 春休みは会社は休みでないため、 年輩のツアー客と学生ぐらいしか日本人は見あたりません。 バリに来て3日目、2人でホテルのビーチで 昼寝をしながらおしゃべりをしていたところ、 現地の若者がジュースを持ってきて話しかけてきました。 2人ともすっごく若く(17、8ぐらいでしょう)、 日焼けした顔は日本人とは違いハンサムです。 一人は黒人の血があるよう…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】おばさんになる前にメールで逆ナンパをし、SEXしまくる主婦

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・姉とセックス

・フルチンでレイプ動画鑑賞中、後ろ見たら姉がいた2 (姉との体験談)

・【レイプ】女3人旅の混浴で労働者たちに代わる代わる犯された

・ダイエット中に調教された妻 その2

・【Hな体験】気持ちいいけど怖かった初めてのピンサロ体験

・生まれ変わったら『道』になりたい

・【熟女体験談】推定六十路の老婆に逆レイプをされたのがきっかけで熟女に興味を持った

・友人に聞いたバイキャバでのアルバイト話

・無職夫のため同級生達に体を開く妻

・【人妻体験談】ママ友の上半身真っ裸を見てしまい、頭から離れず、酔ったママ友を家まで送ってパイズリSEX

・無抵抗の相手に腰を振るという興奮

・【Hな体験】夢に出てきた爆乳同級生とリアルガチの肉弾戦

・女友達とwww俺氏www3Pしてきたwww

・義姉の乳首を唇に含み、おっぱいを・・・

・妹夫婦が泊まりに来てエッチを始めた

・日本の行為は「侵略」だったのか?

・【熟女体験談】ディルドで腰を振るバツイチ熟女の頭を掴んで思い切りイマラチオ

・友里さんの着替え

・見た事がある人を思い出し赤面

・人間万事塞翁が馬

・元妻の姉とエロ仲になり重宝している

・【乱交】会社の男達に輪姦されてる現実が余計に私を高ぶらせる

・【熟女体験談】名器な独身OLの機関銃の様な早打ち振りのエロさに超興奮

・刺激を求めてる専業主婦で出会い系デビュー

・「母がやくざ風の男から息子2」の続きが読みたいです

・【男×男】小さいヤツに気配りのできる女顔のデカチン

・幼馴染に睡眠薬飲まされてレイプされた