寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

小6の夏、親のローターを見つけた俺は無理やり同級生にそれを使い

2018/01/14 18:38


小6の夏休みに、家でローターを発見した。
このローターが、俺を切ない恋へと突き進ませた。
今思い出しても・・・鬱 ローターを見つけたのは、クローゼットの中。
うちは共働きで、昼間は誰もいない。
夏休み、サッカーの練習から帰ってくると、おやつが見当たらなかった。
いつも必ず用意してあるのに・・・激しく腹が減った俺は、非常用袋の中に乾パンが入ってるのを思い出した。
親父たちの部屋のクローゼットの中。
ローターは、その非常用袋の後ろに隠してあった。
当時、正式名称こそ知らなかったが、なんに使うものかは知っていた。
友達の家でみたエロビデオに登場したから。
こんなすごい物が家にあったなんて・・・俺は、興奮した。-----ぜひ使ってみたい!!そう思った。
だけど、そんな事に付き合ってくれる女なんているはずがない。
悶々としながらも、あきらめた。
そんな事も、忘れかけていたある日。
サッカーの練習の帰り道で、クラスの女子と出くわした。
ハーフだから?美人だけど黒髪のM耶・・・ でも、俺よりも背が高く、「オス!」とか言うような奴だったから全然タイプじゃなかった。
やはり、俺にいちゃもんを付けてきた。
「よお!チ~ビ」 「うるせー!デカ女」 そんな言い合いをしていたら、M耶がバランスを崩し、乗っていたチャリンコの前輪が側溝に落ちた。
M耶は掴もうとした塀を掴み損ね、手首を少し切ってしまった。
「俺んちそこだからバンソーコ取ってくる」 家に入ってバンソーコを手に取り、玄関のドアを開けると門の外にM耶がいた。
「おい!入れよ」と、俺は手を振った。
家の玄関に腰掛けたM耶は、当然のように怪我した手を差し出してきた。
ちょっと戸惑ったけど、M耶の手首にバンソーコを張ってやった 「S史んちって誰もいないの?」 家を見回しながらM耶が言った。
「あ~ウチ共働き。」 「ウチも。ウチも。でも、ウチはお姉ちゃんがいるけどね」 そんな事を話したと思う・・・ そしてM耶は唐突に言った。
「ね!ゲームあるでしょ?」 「あるけど?」 「やらせて!!!うちゲームってオセロしかないんだもん」 「オセロ!?チョーつまんね。つーかお前のできるゲームはねーよ。どれもハイレベル」 「わかんないじゃん!」 てな事で、うちでゲームする事になった。
案の定、相手にならず俺は飽き飽きしてきた。
M耶は、話しかけても聞こえないくらいハマってた。
俺は、いつの間にか眠ってしまった。
母親の声で目が覚めたら、すっかり夜になっていた。
いつの間にか帰ったのか・・・挨拶なしかよ。
でも、すぐに自分にタオルケットがかけられてるのに気が付いた。
俺は昼間のことを思い出していた。
ウトウトしながら眺めた、斜め後ろからのM耶・・・ 華奢な背中、少し膨らんだ胸、タンクトップの脇の隙間、ツインテールのうなじ・・・ 俺は後になってムラムラきていた。
 次の日サッカーの練習から帰ってくると、玄関の前にM耶が寝ていた。
ワンピースだった。
「おい!」 M耶が目を覚ました。
「あ・・・練習行ってたのかよ~」 「そうだよ!おめーみたく暇じゃねーの。俺は」 「なによ~またゲームの相手してやろうってのに」 「・・・マジで言ってんの?お前」 「いいから!早く中に入ろう。暑いよ」 クーラーのタイマーを仕掛けてあったから、家の中は涼しかった。
「早く、ゲーム!昨日あともうちょっとだったんだよ」 ゲームを付けてやると、とり憑かれてるかのようにコントローラーを掴んだ。
「俺、シャワー浴びてくるから」 「どーぞどーぞ」 シャワーを浴びながら、俺は考えていた。
あのクローゼットの奥に潜むアレ。
あれを使ったら、あいつもあのビデオみたいになるのかな? もしかしたら、今すんげーチャンスなんじゃ? でも、土下座してお願いしても無理だろうな・・・ ムリヤリ縛ってやれば、最初は嫌がっても後から気持ちよくなって許してくれるんじゃ? 許してくれなかったら、やばいよな~嘘でも告って彼女にしたら、思うようにやれるかも・・・? つかフラレたりして。
などと、いろいろ考えてみたが結論がでなかった。
風呂場からでて、いつものようにバスタオルを腰に巻いて自分の部屋に向かった。
途中、居間の横を通るけど、あまり深く考えていなかった。
居間の横を通った時、M耶と目が合った。
M耶は、目が点になって口が開いていた。
「やーらしー。見てんなよ。」 M耶は顔を赤くして、パッと目をそらした。
「み、みてねーよバーカ」 「照れんなよバーカ」 と言い残し部屋に向かった俺も、実はドキッていた。
着替えをすまし、俺は親父たちのクローゼットに向かった。
ある・・・。
1階の居間に行くと、あいつは飽きもせず熱心にゲームをしていた。
「なぁ、賭けしよーぜ?」 「賭け?」 「うん。ゲームで勝負して、負けた方が勝った奴の言う事をきく」 「へ?不公平じゃん。私が負けるに決まってんじゃん」 「コレだったら大丈夫。簡単だよ」 俺はマリオカートをM耶に差し出した。
「いいよ!絶対勝つから!!」 あっさりと(当然だが)俺は勝った。
「ええええええ!もう一回!」 「だめだよ。約束だろ」 俺は、早くメインイベントに移りたくて仕方なかった。
「なに?何すればいいの?」 「・・・チューさせて」 M耶はキョトンとしていた。
その隙に、俺はブチュッとキスをした。
初キスは、おでこは打つし、何がなにやらって感じだった。
M耶は、顔を真っ赤にしながら叫んだ。
「な、まだいいって言ってないのに!」 俺様の有難いキスなのに、グイグイ唇を拭いていた。
「罰ゲームだから、いいもくそもねーんだよ」 「・・・でも」 M耶は、それ以上言い返さなかった。
「もっかいやろうぜ!」 「う・・・ん」 また勝った。
「次は胸を触らせて」 「えええええ!やだよ!!」 「うるせー!勝ったからいいんだよ!」 「・・・」 「早く!手どけろ」 「はいはい!さっさとどうぞ!」 とは言うものの、俺の手は緊張していた。
服の上からだったからあまりわからなかったけど、ドキドキした。
次は、胸を直に触ろうと思った。
また勝った。
「また!?なんかツマンナイ。もうやめる!!」 「負けたのに逃げるのはヒキョーです!」 「だって・・・むずかしいんだもん。」 「じゃ今度は・・・胸を見せて。で!で!触らせて!」 「・・・」 沈黙・・・ 「・・・ちょっと後ろ向いてて。」 逆らえないと思ったのか、M耶は罰ゲームに踏み切った。
俺は素直に従い後ろを向いた。
「・・・いいよ」 振り返ると、肩を出し、ワンピースが胸の上で抑えられていた。
「早く!見せて!」 ゆっくりと手が下ろされると同時に、少し膨らんだ胸が・・・見えた。
しばらく呆けてしまった俺。
ゴクリと唾を飲み、手が震えたが直に胸を触った。
しばらく手が硬直していたけど、ゆっくりと動かしてみた。
やわらかくてプニプニしていた。
揉んだり、乳首をツツいたり、摘んだり、引っ張ったりしてみた。
そうしている内に、つんと乳首が突き出てきた。
M耶を見ると、真っ赤な顔で横を向いていた。
俺は乳首を吸ってみようと、胸に顔を近づけた。
「だめ!!」 その声に一瞬ビックリしたが、構わず続けた。
乳首を口に含んだが、特に何も感じなかった。
でもその時・・・ 「ん・・・」 M耶がミョーな声を出した。
「何?」 「な、なんでもない!」 M耶の顔は真っ赤だった。
もしかしてと思い、もう一度、乳首を吸ったり舐めたりした。
ハァハァ・・とM耶の息が荒くなってきた。
「ちょっと横になってよ」 俺は、M耶を横に倒した。
何かする度にM耶が反応した。
腰まで降りていたワンピースに手をかけ、足から脱がした。
ピンクの水玉のパンツを履いていた。
「やめてよ!」 M耶は必死にパンツを抑えたが、強引にもぎ取った。
「や!!」M耶は慌てて起き上がろうとしたが、俺が足を持ったのでバランスを崩した。
ハーフだから肌がすごく白くて、そこに少しだけうっすら毛が生えていた。
女の子のはきれいだな、と思った。
もっと見たい!俺は足を開こうとしたが、M耶の足はすごい力だった。
だけど、俺の力が勝っていた。
ゆっくり足を開くと、そこには初めて見るモノがあった。
マジマジと見ていると、M耶は両手で顔を覆った。
どうしても足を閉じるので、閉じた両膝を上に持ち上げた。
うおーーー・・・ なんじゃこりゃ~すげ~! 衝動にかられ、片腕で膝を押さえつける体勢に変え、右手の人差し指でそっと触れた。
クチュ・・・ 「やわらけー」 「んん・・」 指を動かすと、押し殺すような声が、M耶から漏れた。
「きもちー?」 さするように指を動かし、俺自身もなんとも言えない感触を指先で感じていた。
「ここは?」 さっき乳首を摘んだように、突起を摘んでみた。
「!!」 M耶の体がビクッ!となった。
すげー・・・ 確か、穴があるんだよな。
ケツの穴とは別の・・・M耶のマ○コを探った。
興奮していて忘れていたが、俺はあれの存在を思い出した。
「M耶、俺の部屋行こ!」M耶の手を強引に引っ張って起こし、ワンピースとパンツを拾って俺の部屋に向かった。
M耶を俺の部屋に押し込むと、あのクローゼットに向かった。
アレを手にして部屋に入ると、M耶はパンツを履いてワンピースを着ようとしていた。
「なに服着てんだよ!まだだよ。これ、スゲー気持ちいんだぜ」 「やだよ!…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
酔っている人妻とエッチしてから関係が続いています
2018/07/22 20:17
2018/07/22 20:17
友人(♂)と居酒屋で飲んでいた時。



隣のテーブルは幼稚園の謝恩会から流れてきたご一行様、総勢7名。


20代中くらいの先生2名と30代前半くらいのお母さん5名。


友人がきっかけを作り、合流。


もちろん先生狙い。



酒も進み先生達もいい感じに酔ってきた。


ただ両隣の主婦がやたら話し掛けてくるのがうざい。


時計も0時を回り、お開きに。


先生達に送って行くよと言うと、迎えが来てると言う。


居酒屋の前にはヤンキー車が2台。

・・・勝ち目はなさそう。


お母さん達もそれぞれ迎えの車で帰っていった。
友人と顔を見合わせ帰ろうとすると、さ…
突然の雨に濡れ兄と…
2016/01/06 23:01
2016/01/06 23:01
これからお話しする事は去年の2月頃の事でした。 私は当時某私立高校に通う二年生でした。 通学には自転車を使用し片道約40分の道のりです。 その日は朝から快晴、雲一つ無い澄み渡った青空が眩しかったのを覚えています。 そんな空を見て誰が雨を予想するでしょうか? お昼を過ぎた頃から雲が出始めて、帰宅時間の頃には今にも雨が降り出しそうな真っ黒な雲が空一面に立ち込めていました。 私は降られる前に帰ろうと急いで家路につきましたが、家から後ほんのちょっと…500メートル程手前の所でポツリポツリと降りだし、その雨は次第に雨粒が大きくなり、それでも少しでも早く濡れない様に家に帰ろうと必死に自転車を走らせている私…
炊き出しボランティア(3)
2017/12/01 06:49
2017/12/01 06:49
「んっ…あっ…」 ぐっと息を殺し、ただ一人悶える私です…それでどうしてるかと思えば、 実は密かに手を伸ばして、この薄闇の中で自分の疼くとこを触ってたの。 そう…無性に切なくて疼く股間を、この自身の指でそこを擦り…慰めてたの。 あぁ!!だけど…癒せない、こんなに恥ずかしい真似をしてるのに、 私…この程度じゃ満足しないの、もっと太いの…入れないと。 映画は…いつしかエンディングのスタッフロールを流してた、 周囲はすっかり映画の世界に浸り感動を共有してるのに、 私は一人卑しい寂しさを感じてたのでした。 「なかなか良かったね、観れて良か ったよ」 「そ、そうだよね東君」 何とか話を合わすのに必死な…
【熟女体験談】私の寝取られ願望と興奮は日に日にエスカレートし、抑えられなくなった結果
2017/08/09 18:02
2017/08/09 18:02
2017/08/09 (Wed) 私達夫婦は
結婚20年の五十路の夫婦です。

妻の涼子は今でも細身のスレンダー美人で、
まだまだ40代前半でも通用するぐらいです。

昔からの巨乳も少し柔らかくなり、
何とも言えない熟女の妖艶さを発する
年頃になったのに、今では夫婦の営みも少なくなり
私だけがムラムラする日々が長く続いていました。

ある日、私が1人色んなサイトを見ていると、
自分の妻や彼女のいやらしい姿を
投稿しているサイトが気になり、
異常な興奮を覚え、
ヒマを見つけては見るようになりました。

もし妻がこんな風に
他人のモノで貫かれたら

私の寝取られ願望と興奮は日に日にエスカレート…
【レイプ・痴漢体験談】絶頂実験(3)
2017/02/14 00:27
2017/02/14 00:27
「いやだー智美困るよ、おじちゃん助けて!」「そうだな、智美はおじさんの言うこと何でも聞くしかないなぁ」「うん、なんでも聞く……」 こうして智美は俺が張り巡らせた蜘蛛の糸のような策に落ちたのだこれからは言いなりだ、もう戒めは解いてもいいだろう。  シャワーで汚れたからだを洗い流して、ガウンでくるみベッドに横たえた。縄目の跡が付いて赤くなったところに舌をはわせながらオッパイを優しく揉んだ。 初めて経験する異常な状況が、幼いからだの智美にも性感を目覚めさせ、下腹の奥から熱い何かが湧き上がって未熟な性器に潤いを持たせた。「あーっ わた-----し変だよおなかの奥が熱い、アハーァ」 「智美の心とカラダ…
初射精から姉とセックスをするようになるまで
2017/05/21 12:16
2017/05/21 12:16
407 :えっちな18禁さん:2007/11/04(日) 01:48:35 長くなるかもしれないけど…。 僕は小学5年生の頃から、毎日、姉の下着を着てオナニーをしてました。 ブラにティッシュを詰めボインにし、可愛らしいパンツからはみ出ているペニスを 一生懸命刺激していました。『気持ちイイ』の絶頂までいっても、射精できませんでした。 408 :えっちな18禁さん:2007/11/04(日) 02:13:43 ある日、いつも通り姉の下着を着てオナニーをしていたときです。この日はいつもと違いました。 ペニスを刺激すると、いつもより気持ち良くて、「…あ、ああ。あン。」と声が漏れてし…
中学生に寝取られた_3
2018/10/15 20:01
2018/10/15 20:01
「よ、よーし。最後はおれだな」  邦夫はしならせた男根で太腿を叩きながら浴槽を出た。朱美と向き合い、睨みを利かせる。だが、たじろいだのは邦夫の方だ。  朱美の潤んだ瞳は妖しく輝き、一心にこちらを見詰めている。それは他でもない。挑発する女の顔だった。 「ど、どうした? のぼせたのか?」 「ええ、なんだか雲の上にいるみたい……。ふふ、さっきからふらふらしているのよ」  朱美の目尻が下がっている。ここにきて初めての笑顔だった。羞恥や恐怖が消え去ったわけではない。それを覆うほどの高揚感に支配されているのだ。いまや、あの夏の日を喚起させる精液臭が朱美を突き動かしている。 「そ、そうか。それじゃあ、ぶっ倒…
【人妻体験談】性の受け皿になった過去
2016/02/13 14:19
2016/02/13 14:19
しばらく車で走ると、少し大きめの居酒屋に到着しました。 先を走っていた車から、男性が2人降りてきて軽くご挨拶され主人も含めて4人で店内に入りました。 案内された個室には既に2人の男性がいらっしゃいましたので、主人と私と男性4人の計6人で一緒に飲むことになりました。 主人の横で手を握り緊張でいっぱいでした。 男性の方々は同年代で、みなさん楽しく優しく接していただき、お酒を飲んだこともあり次第に緊張もほぐれ、楽しい食事になりました。 少しずつ皆さんの色々な体験談から、下ネタ話にも花が咲き、席を替わりながら飲んだりしていると軽くボディタッチをされたりしましたが、それはそれで楽しい席でした。そ…
【エッチ体験談】彼氏の相談をしてきた後輩ちゃんとHさせてもらいました
2016/04/02 11:31
2016/04/02 11:31
俺20歳、女の子18歳。




一度だけバイト先のバックで軽くキスありの女の子。




お互い恋人あり。




ある日、その子に相談された。




相談と言っても、彼氏に対しての惚気混じりの愚痴。




わざわざ彼女持ちの男に相談しに来るほどのものじゃない。




相談の中身は、



『彼氏が言葉で意思表示してくれない』



というくだらないもの。




凄く優しいらしく大満足の彼氏らしいが、恥ずかしがり屋なのか、好きだとか愛してるだとか言ってくれないんだと。



で、とうしたらいい?だってさ。


「その彼とはエッチしたの?」

「え?!……あ、はい……」

消…
妻が近所の子供にエッチな悪戯をされている事を確認・・・
2018/03/22 12:02
2018/03/22 12:02
妻28歳が近所の子供A君に悪戯をさせてから2ヵ月が過ぎた頃です。

A君の両親が、連休中も仕事という事で

私達の家に遊びに来ていました。

妻が

「どこかで掛けようか?」

と言うので、車で出かける事にしたんです。

運転をしながら私は気づいていました。

妻が後部座席でA君に股間を触らせたり、

胸を揉ませていました。

私は知らないふりをしながら、

股間を大きくさせていました。

最初に向かった先は大きな公園で、

花や芝生が綺麗に整えられている他、

遊具や展望台と言った感じの施設も整った所でした。

妻はA君の手を取り、私の後ろを…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】潔癖症の私が友達の旦那にお尻の穴を攻められて

・条件は・・オナニーだけは好きにさせて欲しい

・勤務先の上司に躾けられていた妻

・ママ友とお互いにバイブで責め合って

・【寝取られ】セックスレス解消とはいかなかったものの・・・。

・【人妻体験談】隣に住む若ハゲ旦那にビンタして無理やり中出し逆レイプをするドS主婦

・男性に綺麗と言われるって嬉しくエロへ

・一度のつもりが・・・

・【乱交】マグロな私を変えてくれた後輩男の豹変

・中学生に寝取られた_10

・【Hな体験】嫁と元カレのエッチを想像すると異常なほど硬くなる

・中学生に寝取られた_9

・【Hな体験】風俗嬢になったと噂の美少女同級生を探し出して

・中学生に寝取られた_8

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編

・中学生に寝取られた_7

・中学生に寝取られた_6

・【人妻体験談】姉にイラつき、夜這い69射精をしたら罪悪感ハンパない

・熟女タレントN美E子さんの息子さんとの関係

・中学生に寝取られた_5

・ゴミ出しのワズカナ時間に家に侵入され

・温泉でマセタ子供に痴漢された2

・夫からの肉体的見返りが少なくて

・【人妻体験談】失神した美人な母を無理やり近親相姦レイプ

・【熟女体験談】銀座で女帝と呼ばれている有名クラブの美人ママとゴルフ場で官能的な青姦SEX

・【不倫】大学生にも見えるバイトの人妻を自宅に連れ込んで

・私の娘の元カレとのお付き合いの話

・本社のお局様と 7

・【SM・調教】行きつけのスナックで変態プレイ

・【人妻体験談】出張ホストに妻をナンパ痴漢させ、寝取らせて興奮する変態夫