寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

小6の夏、親のローターを見つけた俺は無理やり同級生にそれを使い

2018/01/14 18:38


小6の夏休みに、家でローターを発見した。
このローターが、俺を切ない恋へと突き進ませた。
今思い出しても・・・鬱 ローターを見つけたのは、クローゼットの中。
うちは共働きで、昼間は誰もいない。
夏休み、サッカーの練習から帰ってくると、おやつが見当たらなかった。
いつも必ず用意してあるのに・・・激しく腹が減った俺は、非常用袋の中に乾パンが入ってるのを思い出した。
親父たちの部屋のクローゼットの中。
ローターは、その非常用袋の後ろに隠してあった。
当時、正式名称こそ知らなかったが、なんに使うものかは知っていた。
友達の家でみたエロビデオに登場したから。
こんなすごい物が家にあったなんて・・・俺は、興奮した。-----ぜひ使ってみたい!!そう思った。
だけど、そんな事に付き合ってくれる女なんているはずがない。
悶々としながらも、あきらめた。
そんな事も、忘れかけていたある日。
サッカーの練習の帰り道で、クラスの女子と出くわした。
ハーフだから?美人だけど黒髪のM耶・・・ でも、俺よりも背が高く、「オス!」とか言うような奴だったから全然タイプじゃなかった。
やはり、俺にいちゃもんを付けてきた。
「よお!チ~ビ」 「うるせー!デカ女」 そんな言い合いをしていたら、M耶がバランスを崩し、乗っていたチャリンコの前輪が側溝に落ちた。
M耶は掴もうとした塀を掴み損ね、手首を少し切ってしまった。
「俺んちそこだからバンソーコ取ってくる」 家に入ってバンソーコを手に取り、玄関のドアを開けると門の外にM耶がいた。
「おい!入れよ」と、俺は手を振った。
家の玄関に腰掛けたM耶は、当然のように怪我した手を差し出してきた。
ちょっと戸惑ったけど、M耶の手首にバンソーコを張ってやった 「S史んちって誰もいないの?」 家を見回しながらM耶が言った。
「あ~ウチ共働き。」 「ウチも。ウチも。でも、ウチはお姉ちゃんがいるけどね」 そんな事を話したと思う・・・ そしてM耶は唐突に言った。
「ね!ゲームあるでしょ?」 「あるけど?」 「やらせて!!!うちゲームってオセロしかないんだもん」 「オセロ!?チョーつまんね。つーかお前のできるゲームはねーよ。どれもハイレベル」 「わかんないじゃん!」 てな事で、うちでゲームする事になった。
案の定、相手にならず俺は飽き飽きしてきた。
M耶は、話しかけても聞こえないくらいハマってた。
俺は、いつの間にか眠ってしまった。
母親の声で目が覚めたら、すっかり夜になっていた。
いつの間にか帰ったのか・・・挨拶なしかよ。
でも、すぐに自分にタオルケットがかけられてるのに気が付いた。
俺は昼間のことを思い出していた。
ウトウトしながら眺めた、斜め後ろからのM耶・・・ 華奢な背中、少し膨らんだ胸、タンクトップの脇の隙間、ツインテールのうなじ・・・ 俺は後になってムラムラきていた。
 次の日サッカーの練習から帰ってくると、玄関の前にM耶が寝ていた。
ワンピースだった。
「おい!」 M耶が目を覚ました。
「あ・・・練習行ってたのかよ~」 「そうだよ!おめーみたく暇じゃねーの。俺は」 「なによ~またゲームの相手してやろうってのに」 「・・・マジで言ってんの?お前」 「いいから!早く中に入ろう。暑いよ」 クーラーのタイマーを仕掛けてあったから、家の中は涼しかった。
「早く、ゲーム!昨日あともうちょっとだったんだよ」 ゲームを付けてやると、とり憑かれてるかのようにコントローラーを掴んだ。
「俺、シャワー浴びてくるから」 「どーぞどーぞ」 シャワーを浴びながら、俺は考えていた。
あのクローゼットの奥に潜むアレ。
あれを使ったら、あいつもあのビデオみたいになるのかな? もしかしたら、今すんげーチャンスなんじゃ? でも、土下座してお願いしても無理だろうな・・・ ムリヤリ縛ってやれば、最初は嫌がっても後から気持ちよくなって許してくれるんじゃ? 許してくれなかったら、やばいよな~嘘でも告って彼女にしたら、思うようにやれるかも・・・? つかフラレたりして。
などと、いろいろ考えてみたが結論がでなかった。
風呂場からでて、いつものようにバスタオルを腰に巻いて自分の部屋に向かった。
途中、居間の横を通るけど、あまり深く考えていなかった。
居間の横を通った時、M耶と目が合った。
M耶は、目が点になって口が開いていた。
「やーらしー。見てんなよ。」 M耶は顔を赤くして、パッと目をそらした。
「み、みてねーよバーカ」 「照れんなよバーカ」 と言い残し部屋に向かった俺も、実はドキッていた。
着替えをすまし、俺は親父たちのクローゼットに向かった。
ある・・・。
1階の居間に行くと、あいつは飽きもせず熱心にゲームをしていた。
「なぁ、賭けしよーぜ?」 「賭け?」 「うん。ゲームで勝負して、負けた方が勝った奴の言う事をきく」 「へ?不公平じゃん。私が負けるに決まってんじゃん」 「コレだったら大丈夫。簡単だよ」 俺はマリオカートをM耶に差し出した。
「いいよ!絶対勝つから!!」 あっさりと(当然だが)俺は勝った。
「ええええええ!もう一回!」 「だめだよ。約束だろ」 俺は、早くメインイベントに移りたくて仕方なかった。
「なに?何すればいいの?」 「・・・チューさせて」 M耶はキョトンとしていた。
その隙に、俺はブチュッとキスをした。
初キスは、おでこは打つし、何がなにやらって感じだった。
M耶は、顔を真っ赤にしながら叫んだ。
「な、まだいいって言ってないのに!」 俺様の有難いキスなのに、グイグイ唇を拭いていた。
「罰ゲームだから、いいもくそもねーんだよ」 「・・・でも」 M耶は、それ以上言い返さなかった。
「もっかいやろうぜ!」 「う・・・ん」 また勝った。
「次は胸を触らせて」 「えええええ!やだよ!!」 「うるせー!勝ったからいいんだよ!」 「・・・」 「早く!手どけろ」 「はいはい!さっさとどうぞ!」 とは言うものの、俺の手は緊張していた。
服の上からだったからあまりわからなかったけど、ドキドキした。
次は、胸を直に触ろうと思った。
また勝った。
「また!?なんかツマンナイ。もうやめる!!」 「負けたのに逃げるのはヒキョーです!」 「だって・・・むずかしいんだもん。」 「じゃ今度は・・・胸を見せて。で!で!触らせて!」 「・・・」 沈黙・・・ 「・・・ちょっと後ろ向いてて。」 逆らえないと思ったのか、M耶は罰ゲームに踏み切った。
俺は素直に従い後ろを向いた。
「・・・いいよ」 振り返ると、肩を出し、ワンピースが胸の上で抑えられていた。
「早く!見せて!」 ゆっくりと手が下ろされると同時に、少し膨らんだ胸が・・・見えた。
しばらく呆けてしまった俺。
ゴクリと唾を飲み、手が震えたが直に胸を触った。
しばらく手が硬直していたけど、ゆっくりと動かしてみた。
やわらかくてプニプニしていた。
揉んだり、乳首をツツいたり、摘んだり、引っ張ったりしてみた。
そうしている内に、つんと乳首が突き出てきた。
M耶を見ると、真っ赤な顔で横を向いていた。
俺は乳首を吸ってみようと、胸に顔を近づけた。
「だめ!!」 その声に一瞬ビックリしたが、構わず続けた。
乳首を口に含んだが、特に何も感じなかった。
でもその時・・・ 「ん・・・」 M耶がミョーな声を出した。
「何?」 「な、なんでもない!」 M耶の顔は真っ赤だった。
もしかしてと思い、もう一度、乳首を吸ったり舐めたりした。
ハァハァ・・とM耶の息が荒くなってきた。
「ちょっと横になってよ」 俺は、M耶を横に倒した。
何かする度にM耶が反応した。
腰まで降りていたワンピースに手をかけ、足から脱がした。
ピンクの水玉のパンツを履いていた。
「やめてよ!」 M耶は必死にパンツを抑えたが、強引にもぎ取った。
「や!!」M耶は慌てて起き上がろうとしたが、俺が足を持ったのでバランスを崩した。
ハーフだから肌がすごく白くて、そこに少しだけうっすら毛が生えていた。
女の子のはきれいだな、と思った。
もっと見たい!俺は足を開こうとしたが、M耶の足はすごい力だった。
だけど、俺の力が勝っていた。
ゆっくり足を開くと、そこには初めて見るモノがあった。
マジマジと見ていると、M耶は両手で顔を覆った。
どうしても足を閉じるので、閉じた両膝を上に持ち上げた。
うおーーー・・・ なんじゃこりゃ~すげ~! 衝動にかられ、片腕で膝を押さえつける体勢に変え、右手の人差し指でそっと触れた。
クチュ・・・ 「やわらけー」 「んん・・」 指を動かすと、押し殺すような声が、M耶から漏れた。
「きもちー?」 さするように指を動かし、俺自身もなんとも言えない感触を指先で感じていた。
「ここは?」 さっき乳首を摘んだように、突起を摘んでみた。
「!!」 M耶の体がビクッ!となった。
すげー・・・ 確か、穴があるんだよな。
ケツの穴とは別の・・・M耶のマ○コを探った。
興奮していて忘れていたが、俺はあれの存在を思い出した。
「M耶、俺の部屋行こ!」M耶の手を強引に引っ張って起こし、ワンピースとパンツを拾って俺の部屋に向かった。
M耶を俺の部屋に押し込むと、あのクローゼットに向かった。
アレを手にして部屋に入ると、M耶はパンツを履いてワンピースを着ようとしていた。
「なに服着てんだよ!まだだよ。これ、スゲー気持ちいんだぜ」 「やだよ!…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
最高のエッチ
2016/03/23 14:58
2016/03/23 14:58
いきなり知らない人に突き飛ばされ、気がついたらベットにいました。数分後、男の人が二人来て、いきなりパンツを脱がされ、着ていた服も破かれて一人の男の人が胸を揉んで一人の男の人が大事な所を触ってきました。 それから、三十分後にセックスを始めていました。 なぜか、セックスが終わった後に二人がどこかに行ってしまっていたので私はそうっとふらつきながらも静かに出ようとしました。そのとたん、「ひっかかったな」と言われ、また、ベットに投げ出されました。それから家に帰れたのは、二時間後でした。 
【寝取られ】嫁を後輩に寝取らせました 続15編【体験談】
2015/12/02 10:12
2015/12/02 10:12
前編は以下のとおり この夏、7月から8月にかけての約二ヶ月間、入社以来一番長い出張があった。 嫁としても初めての長期に渡る俺の不在にやや不安がっていた。 もう話したと思うけどこの時点で既に公認の仲だったので、 そこで後輩に二ヶ月間の事をお願いしようと考えた。 つまり、同棲は行き過ぎとしても嫁の事を頼む、みたいな。 「具体的には何を頼まれればいいんですか?」 と笑いながらいう後輩に対し、 まあ色々と気に掛けて相談相手や身の回りの世話をしてくれ、みたいな。 実際、エロい意味ではなくて、どうしても重い物やら何やらの 買い物には荷物持ちなんかもしてくれ…
高身長でナイスバディな業界屈指のデザイナーが淫靡な美魔女に変身した俺が主人公の勇退送別会w
2015/09/02 11:59
2015/09/02 11:59

能系の広告会社に勤めていた時の事。
今から1年ほど前。
一念発起して準備してきた独立の路を歩み事に。

別会は小さな会社の全メンバーが出揃って勇退を祝ってくれた。
総勢7名。
業界で有名な女性デザイナーや、私のアシスタントをやっていた女性も参加してくれた。

ザイナーはさすがに修羅場をくぐらざるを得ない職場を生きてきただけあってキツメ。
但し、美人。
高身長でモデル系のナイスバディ。

前は明美さん。
もう一人のアシスタントの女性は抜群の巨乳が股間を刺激してくれる可愛い系。
性格は浪花節調の男っぽくてさばさばしている。

続きを読む
【不倫】マイクロビキニの友人妻と混浴露天で立ちバック
2018/02/18 10:00
2018/02/18 10:00
まだ30歳の友人がEDと診断されたそうです。彼は真面目な仕事人間でストレスが原因だそうです。そこで僕に刺激を与えてくれと言うのです。彼の計画は、自分達夫婦と私の3人で温泉混浴すること。 「スケベなお前が裸の妻をギョロギョロ見れば、嫉妬が刺激になるんじゃないか」と言うのです。 僕は良いけど奥さんはと聞くと、最初は戸惑っていたけど見せるだけならと承諾したそうです。彼も、「くれぐれも見るだけだぞ」と念を押しました。彼の奥さんは仲間内の奥さんの中でも一番の美人で、色白で口数の少ない古風なタイプの人です。その美人の奥さんの裸体が見られるだけでも十分です。 1週間後、予約した温泉旅…
ナンパされて帰ってきて
2017/01/08 09:19
2017/01/08 09:19
よくある話です。 彼女(A)と、彼女の親友(B)が海に旅行に行きました。 まぁ~女2人だし必ずナンパされるな、っていうのは解っていましたが、ここは縛ってってもしょうがない大きな心で行ってこいよ!って言いました。 案の定、帰ってきてナンパされた事を言ってきました。 しかしどうやらヤッてはいませんでした。 でも!ここからです。 いまはメールって言う便利なものがありますね! しかもシークレット機能なんてものが! 今まではシークレット機能になってなかったのに帰国してしばらくするとなっていました! ドキドキしました。 よく彼女が風呂入ってる時によくチェックしていたので・・・。 いつ…
【レイプ】同棲していた彼女がレイプ犯に寝取られていた
2015/12/11 13:34
2015/12/11 13:34
彼女と同棲を開始して3日目の夜、バイトが終わって彼女に電話すると、パニクって泣きながら電話に出た。 彼女の話を要約すると、 「早く帰ってきて。変な人がいたの」 という事らしい。 尋常じゃない様子に、全速力でチャリを漕いで帰宅。 ちなみにバイト先は徒歩10分のラーメン屋だったので、閉店時間の2時までバイトしていました。 彼女がバイトから帰ってくるのは、いつも大体22時過ぎとかそのくらい。 イベントコンパニオンをしており、スラッとした美人でした。 似ているところで言うと、夢乃あいか(画像)を165cmにした感じ。 顔も体もソックリですが、目元がもう少しエロいです。 出会ったの…
種付けのバイトを勧める美脚で妖艶な女性
2017/12/02 00:30
2017/12/02 00:30
霧雨のあの日。煙る様な雨の向こうで厳かに行われた。父さんの葬式。

参列者は母方の親族と近所付き合いをしていた人に父さんの仕事関係の人だけだった。

父さんはよく言えば人の良い性格、悪く言えば馬鹿正直で甘ちゃん。

親族の住居、仕事先、進学にかかる費用もろもろの面倒を見て、ご近所づきあいも良かった。

でも世の中には2種類の人間がいる。受けた恩を返す人間と、受けた恩を仇で返す人間だ。

父方の親族は後者の人間だった、ただそれだけだ。

父さんの遺産の額は、これから暮らしていくだけなら母さんと息子の分は十分賄える額だ。

ただ少子化対策で以前より進学にかかる費用は高額になり、昔でいう元服の年齢に…
【母親との告白体験談】 母の恋人
2016/07/09 12:27
2016/07/09 12:27
 この文は、私が初めて見た性行為の様子を書いたものである。私は9歳で、性行為の何たるやを知らず、目の前で母が男と交わった様子を見ていたのに、しばらくすると、その事すら忘れていた。それが59歳になって、その時見た様子が、突然、鮮やかによみがえった姿を纏めてみたものである。 性行為について、私は、母が持っていた月刊誌で、大人の男と女の間には、凄く良いものがあるらしいということは知っていた。しかし、それが何かは知らなかった。どうして、男と女が夢中になるのかなど、知る由もなかった。そんな中で見たことである。書き終わってみて、その様子をよく記憶しているものだと思う。 終戦になり、父が戦死したことが分…
独身OLの女友達をナースコスプレさせてエッチ
2017/01/15 14:56
2017/01/15 14:56
ある日コンビニの前で女友人とカラオケへ行く為待ち合わせをしていた所友人から『30分遅れますごめんなさい』とメールが入った。


その友人は32歳で中学の同級生。

まだ独身でOLをしている。


頻繁に会って遊ぶのだが身体の関係はなく、本当に仲の良い異性の友達と言う感じ。



何で時間を潰すかと考えていると、通りを挟んだ向い側にゲームセンターがあった。



ちょうどいい暇つぶしだと思い中に入ってみると景品がとれるキャッチャー系のやつがたくさんあったからやってみる事にした。 そしたら取れる取れる!自分にそんな才能があったのかと思わず嬉しくなって、がんがんお金を使ってしまっ…
30歳年上の還暦の高齢熟女と和姦の末、お付き合いして同棲生活
2015/08/03 20:06
2015/08/03 20:06
散歩をしている時に、
近所の家の前を通ると、
塀と家の間でがさがさ音が聞こえました

何事か?と見ると、
その家の奥さんが長いリードロープで繋がれた
二匹の犬のつなぎ紐に絡まって
動けなくなっていました。

二匹の大型犬が怖かったので近づけなかったのですが、
奥さんが完全に動けなくなり絡まった
ロープのせいで片足が上がり、
今にも倒れそうになっていましたので
声を掛け近づきました。

犬は私に吠えながら向ってきますので、
奥さんの身体に絡まってロープはくい込み状態は
悪くなったので側に有った犬用クッキーを
使い何とかなだめ近づけました。

奥さんにくい込んだロープを緩め外そうとしますが、
犬…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・FXで嵌められた慶応卒の女先輩

・【人妻体験談】夫婦ゲンカをして飛び出してきた同じマンションに住む奥さんとハメまくってヤリまくり、この不倫を止められそうにない

・【レイプ】荒れた中学で起きた性的いじめの実態

・可憐の女店主が全裸で土下座した

・ウブな人妻は旦那しか知らない豊満な女体

・40代兄妹の性交

・【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

・【熟女体験談】行きつけのスナックでママと女の子の乳揉みは日常化し、SEXを楽しんだ

・45才の人妻のとても心に残る私の秘密の旅行でした

・【乱交】エアコン修理のおじさん2人に私の体も診てもらった

・凌辱された小学生

・ママ友ともナンパされホテルに行っちゃいました

・「精液好きです」って女がいるけど・・・

・揉まれたら理性が崩壊する私の理性は弱いです

・【熟女体験談】施設で知り合った熟女ヘルパーを口説いて、ホテルで中出しSEXををし、付き合うことになった

・憧れの女性

・弓道部のJKに生挿入したら、ギューッと締めつけてくれた

・情事をDVDに撮るのは考え物です

・私の計画実行(妻を部下に・・・)2

・「彼氏のよりはるかにおっきい…」といい恥ずかしそうに・・・

・【レイプ】バッグの中身を漁られる横で、すでに私は犯されていた

・大嫌いな妹を犯した話

・僕と従弟のユウくん

・「初めてのエッチ」講座

・某地域掲示板の熟女

・【熟女体験談】遅れてやってきた美熟女風俗嬢が本番SEXをさせてくれ、口に受け止めてもらった

・グリーン車

・【人妻体験談】嫁さんとヤリたいと言ったら、大親友公認で大親友の妻のセフレと鳴った

・一夜のM奴隷交換