寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】先輩の嫁さんの金髪白人は圧倒的なエロさとテクを持っていた

2018/01/14 18:02


出会ったときから一目惚れで、ずっと好きだった麻衣。
でも、僕に振り向いてくれず、逆に彼女の恋の相談相手のような感じになっていた。
それでも諦めずにいた僕に、チャンスが来て付き合うことが出来た。
でも麻衣は、僕と付き合っても、別れた先輩を忘れることが出来ないこと、僕はずっと二番だと言うことを、申し訳なさそうに告げた。
僕は、いつか先輩を忘れさせることが出来ると信じて、そんな条件でも麻衣と付き合い続け、とうとう結婚出来た。
そして結婚して2年経ったある日、偶然街で、麻衣の別れた彼氏である先輩と出会ってしまった。
迷いに迷ったが、麻衣にもその話をした。結局、麻衣はもう一度先輩に会いたいと、泣いて謝りながら言ってきた。
そしてその日は来て、なぜか僕は先輩の嫁さんのアリーさんと過ごすことになった。
麻衣が元カレと会っているという、最悪な状況にも関わらず、よりによってアリーさんとセックスをしてしまった……。
それは今まで経験したことのない、激しくエロいセックスだった。
自己嫌悪に押しつぶされながら帰宅すると、すでに麻衣は帰ってきていた。
『……キスしちゃった……。先輩と、キスしちゃったよぉ』
泣きながら言う麻衣。でも僕は、アリーさんとのことがあり何も言えなかった。
すると、麻衣が僕に抱きついてきた。
『ゴメンなさい……。どうしよう?私、わかんないよ……。どうしたらいい?』
泣きながら聞いてくる麻衣。僕はこんな状況なのに、麻衣の涙を見たことで、麻衣を助けたくなった。
「好きなの?まだ先輩のこと好きなの?」
僕は喉がカラカラになるのを感じながら、何とかそう聞いた。
『……わかんない……』
麻衣は、本当に困り果てた感じだ。
「でも、また会いたいんでしょ?」
『……うん。ゴメンなさい……』
「じゃあ、思ったようにしてみなよ!またデートして、自分の気持ちを確かめてみなよ!」
『えっ!?そ、そんなの……』
ビックリして口ごもる麻衣。
「だって、ハッキリさせないと、心の中でどんどん先輩のことが大きくなるでしょ?
心の中の人には勝てないよ。先輩と実際に会って、ちゃんとデートして、気持ちを確かめればいいよ。俺、今なら負けない自信があるw」
僕は、努めて明るく言った。
『あっくん……。愛してる。本当に、あっくんのこと愛してる。でもね、考えちゃう……。本当にゴメンなさい。気持ち、ハッキリさせるね』
麻衣は、申し訳なさそうに言いながらも、結局先輩とまた会うことを選んだ。
僕は口ではああ言ったが、自信があるわけではなかった。
取られてしまうかも知れないと、かなり本気で思っていた。
でも、アリーさんがセックスは僕の方が上と言ってくれたこともあり、僕は麻衣にそう言えたのだと思う。
そして、僕も心のどこかで、もう一度アリーさんとセックスをしてみたいという欲望があったのかも知れない。
「じゃあ、どうする?先輩のアドレス、教えようか?」
話が決まり、段取りのためにそう言うと、
『あ、教えてもらったから、メールしてみるね』
と、さっきまでの深刻そうな感じから一転して、明るい感じになっていた。俺がどう答えようと、また先輩に会うという気持ちは固まっていたようだ……。
そして、僕の前の前でメールを始める麻衣。ニコニコしながら、楽しそうにメールをしている。
『送ったよwなんか、緊張する~』
こんな風に言ってくる麻衣。
なんか、昔を思い出す。
まだ大学生だった頃、麻衣は先輩との恋の相談を、よく僕にしていた。
麻衣に自分の気持ちを伝えられずに、麻衣の恋の相談を聞き、それに真剣に答えていた僕は、辛い日々だった。
今、その時の感覚がよみがえってきて、とても不安になってきた。
すると、本当にすぐにメールが返ってきた。
『あっ!もう返ってきた!どうしよう、なんか緊張するよぉ~あっくん、見てよぉ~』
麻衣はこんな事を言いながら、本当にスマホを手渡してくる……。
コレはなんだ?麻衣はなんか楽しそうだけど、僕の扱いはなんだ?僕の立ち位置は?
不満が口をつきそうになったが、グッと飲み込みながら、スマホを受け取った。
「はいはい」
少し呆れたように言いながら、スマホを操作してメールを読み始めた。
メールには、メールをくれてありがとうというお礼と、さっそく明日デートをしようということが書いてあった。
昔よく行った、オイスターバーに行こうと書いてあった。
内容を麻衣に伝えると、
『良かったぁ~断られたら、どうしようかと思ったw』
と、心底ホッとした感じで、僕からスマホを受け取った。
「良かったじゃん。オイスターバーって、いつものとこ?」
『えっ?あ、うん……』
歯切れの悪い麻衣。
僕と麻衣とでよく行くオイスターバーの事だ。先輩とも行っていたなんて、聞いてなかった……。
「良かったじゃん!でも、明日とは急だねw」
『うんw先輩はいつもそうなんだよね。なんでも急なのw』
嬉しそうに先輩のことを語る麻衣。
この違和感というか、パラレルワールドというか、マクー空間に迷い込んだ気持ちだ。いつもと同じように麻衣がいるのに、麻衣じゃない感じ……。
確かに僕は、麻衣に二番でかまわないと言って付き合い始めて結婚した。でも、麻衣はもう先輩のことは吹っ切れていると思っていた。
先輩が帰ってきたことなど、言わなければ良かったのかも知れない……。
後悔から、落ち込みながらその後の時間を過ごしたが、風呂に入っているといきなり麻衣が入ってきた。
『へへw一緒に入ってもいい?』
可愛らしく言いながら、麻衣が入ってきた。たまにこう言うことがあるが、たいていそんな時は麻衣は発情モードだ。
案の定、すぐに抱きついてキスをしてきた。最近麻衣は変わった。
昔は、発情しているのを隠して、遠回しに誘っていた。
それが、先輩の帰国を機に、積極的に僕を誘うようになっていた。
どう言う形なのかはわからないが、先輩との再会が、麻衣の心に大きく影響を及ぼしているのがわかる。
麻衣の舌が、僕の口の中をグチャグチャにしている。
こんな風に自分から舌を絡ますキスなんて、今までほとんどしなかった麻衣だが、今はキスしたと同時に舌が飛び込んできた。
大島麻衣そっくりの可愛らしい顔を紅潮させながら、必死でキスをしてくれる麻衣。
それは、後ろめたさからなのかな?と、変に勘ぐってしまう。
『凄いね。もうこんなだよw』
そう言って、僕の勃起したペニスを握る麻衣。
『ホント、凄い大きいね。大好きw』
そう言って、口を大きく開けてくわえてくれた。
麻衣は僕に対して、愛してるとか好きとか言う言葉は、けっこう頻繁にかけてくれる。
でも、ペニスが大きくて好きなんてセリフは、初めて掛けてもらった。
大きいとか小さいとか言う言葉は、比較の対象があってこそのモノだと思う。
麻衣は、先輩とのセックスを思い出しているのではないかと思った。
そして、先輩のモノと比べているのではないか?そんな考えが頭を支配する。
アリーさんの話だと、先輩のモノよりも僕のモノの方がかなり大きいそうだ。
大きさで優劣が決まるわけではないと思うが、先輩より僕のが大きいと言うことが、多少なりとも僕に安心を与えてくれているのは事実だ。
凄く嫌な考えで、本当は想像もしたくないけど、麻衣が今先輩とセックスすれば、僕とのセックスの方が気持ち良いと分かってくれるのではないか……
そんな風に思った。
だからといって、麻衣と先輩がセックスをして欲しいなんていう風には思ってはいない。
でも、僕はアリーさんとしてしまっている。正直、凄く心苦しいし、負い目だ……。
風呂場で、浴槽のヘリに腰掛けた僕に、口での奉仕を続けてくれる麻衣。
可愛い顔で口を目一杯大きく開けて奉仕をしてくれるのを見ていると、凄くドキドキするし、征服欲が満たされる。
時折、麻衣の歯が当たってしまうが、それもスパイスになって気持ち良いと思う。
何より歯が当たると言うことは、僕のが大きいと言うことなのだと思うので、ちょっと自尊心も満たされる。
『ごめんね、あっくんの大きいから、歯が当たっちゃうね。ねぇ、もう欲しいです……』
頬を真っ赤にしておねだりする麻衣。こんなにハッキリとしたおねだりをするようになったのは、先輩との再会後からだ。
そこに引っかかりを覚えるが、僕ももう限界で、そのまま立ちバックのような体勢で挿入した。
麻衣のアソコは、ビックリするくらい濡れていて、あっけないほど簡単に僕のモノが埋まり込んでいく。
熱くて、窮屈な膣をかき分けて、僕のものが入っていくと、麻衣の背中に鳥肌が立つのがわかる。
『ウゥぅウゥうっ!あっくんの、入って来たぁ!お、大っきいよぉ』
僕のが埋まり込んでいくのにあわせて、体を快感が駆け抜けているのがよくわかる。
そして、僕のモノはまだ全部入りきっていないのに、トン、と奥にぶつかるのがわかった。
麻衣のアソコは、小柄な身体と同じで、奥が浅いようだ。
しかも、興奮して子宮が下がると、こんな感じで僕のモノが全部入らないうちに奥に当たってしまう。
こうなると、僕はちょっとビビってしまって、奥に当たらないように気をつけながらのセックスになる。
奥を突くと凄く気持ち良いというのは、女性全員ではないという話だ。痛がる人も多いと聞く。
なので、僕は全力で麻衣にピストンをすることはまずない。いつも気を使ってしまう。
でも、今日の麻衣は奥に当たると、身体をガクンガクンと震わせながら、
『あっくん、奥、当たってるぅぅっ!ンンヒィィンッ!!おっフゥッ!!ふぅアッ!!凄いぃっ!あっくん、動いてぇ!!』
麻衣は、本当に気持ち良くてたまらないという感じで、うめき叫んだ。その姿を見て、異様な興奮に包まれなが…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
オカマバーのよしお
2017/01/04 05:49
2017/01/04 05:49
大学に入りたての俺は芝居をやり始めた。 ちっぽけなサークルの劇団だったが、けっこう楽しくやっていた。 そのかわりといっちゃあなんだが、まったく授業にはでていなかった。 まあ俺の周りの人間も授業にはでてなかったけど。 出欠がなく、試験だけで単位のとれる講義を、俺は一つだけ取っていた。 その単位だけは欲しかった。 全部、不可てのはかっこわるいかなって思っていたから。 長い夏休みも終わって、しばらくたった頃、その講義が試験をするという。 噂を聞き早速、学校行って、教室見回し、一番真面目そうな女の子。 でもって、自分好みの子に声をかけた。 「ごめん。ノートとってる?・・・コピーとら…
某芸能人のファンで20代処女の危ない初体験【パイパン・ラブホ】
2016/08/19 00:05
2016/08/19 00:05
某芸能人の大ファンで 追っかけをしてた時 「彼らの泊まるホテルを知ってるよ」 と言う30代の男性に捕まり、当時どうしても知りたかった私はその日の午前中に呼び出され、車に乗るとラブホテルに連れて行かれました。 当時21歳で処女だったので怖いのもあったが、情報は知りたい。 覚悟を決めて部屋に入った。 脱がされて、胸を揉まれながら一緒にお風呂に連れて行かれた。 体中洗われながら触られ、お風呂のふちに座らされてアソコをじっくり観察したり舐めたりされた。 気持ち良いより、緊張していて何が何やら分からな…
★キャバ嬢のアレコレ話
2016/10/21 12:18
2016/10/21 12:18
 21歳で名前はカナと言います。18の時からキャバクラで働いてました。お店のオーナーとみんなには内緒で付き合っていて結婚も考えていました。彼氏がお店のオーナーなので私だけ遅刻が許されたり、売上がNo.1だったのもあって私は態度がでかくなってしまい、ボーイをアゴで使ったりもして毎日良い気分で仕事してました。

 先日のある土曜日、もう日付が変わって日曜日の深夜になった頃、明らかにカタギの人とは違う雰囲気の人たちが、四人でお店に来てオーナーと厨房で何か大きな声で話してました。そのあと四人は一番奥のボックス席に入りました。
 私はオーナーに厨房に呼ばれて「カナ、あいつらの席につかないで今日はもう…
犯された母 4【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/08 00:44
2017/12/08 00:44
医者の先生は母の前に立っていた。 母の目の前で屹立した陰茎は、先生が手を離すとピクリと跳ねて上を向いた。 母の唇は鈴口の下の部分に触れる形になった。 母が躊躇していると、先生は自ら勃起を握って、それを母の唇に触れさせた。 すると、一瞬の躊躇いの後に母は、勃起の先端部分に舌を這わせた。 そして母は、唾液で濡れた赤い唇を小開きにすると、ほんの先端部分ではあるが、男性器を口に含んだのである。 母は、太い勃起の根元に手を添えて、それを前後に摩り始めたのだった。 「歯が当たらないようにしてくれ」と、医者は母に要求する。 母は、徐々にではあるが、勃起を口の中に飲み込んで行った。 母は、ほんの一時だけ…
同級生の母親(1)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/18 13:35
2017/11/18 13:35
俺は十八歳の高校生です。親父は地方で、ヤクザの組長をやってます。母親は、小さいときに死にました。そんな事もあって親父は、俺には優しく何でもいう事を聞いてくれたり、買ってくれました。去年の夏、俺の誕生日に、親父が「何かほしいものあるか?なんでもええよ。」と言ったので俺は、「女。」と言いました。親父は、ちょっとビックリしてたけど、「ふ~ん、女かぁ。ソープでも行きたいんか?」と言うので、俺は、「違う、違う 同級生の母親や。」と言いました。去年の春に転校してきた男子の母親で、そいつとは、結構、遊ん-----だりしてま した。 と言うより俺のことが怖くて俺に合わせてたと言ったほうがいいかも知れな い。…
★夫の上司と未知の体位で逝かされています
2016/07/14 11:20
2016/07/14 11:20
 夫の上司に初めて犯されてから4ヶ月。その後も何度も何度も呼び出されて犯され続いています。先週「関係を夫にバラす」と言われて私が上になって自分で動くように命令されました。

 私は無理強いでレイプされているので、私にとっていわゆる不倫「関係」ではないのですが、それでも、こんな状態を夫に知られたくはないので、仕方なく従いました。
 夫との間ではそんな体位は一度もしたことがありません。自分から積極的に動くこともこれまではしたことありませんでした。男性に動かれてるうちに気持ちよくなって、いつの間にか合わせているようなことはありましたが、とても恥ずかしかったです。

 夫にもしもお願いされてもたぶ…
新書買い取り
2016/05/02 14:16
2016/05/02 14:16
新古書店で夢中でセドリしてる最中に全く知らない女から、 「本売ろうとして来たんですけど身分証ないから引き取ってくれなくて・・・かわりに 売ってもらえませんか?」 と声かけられた。 その一瞬でおれは、頭の中でその後のシナリオをたてた。 「いいけど、君のすぐあとにおれが同じ物持って行ったら店員に怪しまれるかもだから 別の店行こう」 と、俺はひとまず彼女を店の外に連れ出した。 エスカレーターで店外に降りる際舐めるように彼女の体をチェックしつつ。 身分証ない、ってのは嘘で盗品か?ずいぶん若いよなあでも平日の昼間だし学生では ないよな。 この店はセドリによく使ってるからまずいな。それにしても良…
松林の中のホームレス
2017/08/14 18:19
2017/08/14 18:19
私は女装娘で年は22才、普段は男として生活をしています。 しかし、週に日は完全な女装をし家から少し離れた松林に向かいその林の奥で女になり自慰をするのが私の趣味でした。 その日はいつものポイントより更に奥へ入りいつもの様に行為をしていました。 ギャル様のセミロングウィッグ、ギャルメイクをし、白のブラウスに黒いミニタイトスカート、網目のストッキングにピンハイヒール、下着の代わりに蛍光緑のマイクロビキニを着用、乳首がかろうじて隠れる程度、下は殆どヒモ状態…ペニクリは半分以上はみ出しています。 更に、ローション、極太ディルド、アナル震激バイブ、射精止め強制バンド、浣腸、コンド ーム、アナルパールと装備…
出会い系で知り合った男性と温泉に行ったらやることは1つです
2016/12/23 00:31
2016/12/23 00:31
2日間メールをして、出会い系会った男性(Aさん)と温泉へ行き、旅館に泊まった。

部屋は1つで、温泉に入った後に部屋でお酒を飲みながら海の幸を満喫。

ほろ酔い気分になった後、

「寝る前に、もう一度お風呂に入ろう」

という事になり、温泉に浸かって部屋に戻った。

私達は布団に入っても少し話をしていた。

そのうち、Aさんが唇を求めて来るので、ちょっと布団を被り気味にしてキス。

浴衣のそでから手を差し入れてくるので、

「ダメよ」

と小声で言ったのに、彼は止めない。

私の固くなった乳首を指先で弄ぶので、段々息が荒くなりそうになってきたので、再度

「ダメだってば…」

と小さ…
遠い昔の妹との禁断の経験を想い、失われていた元気が回復した
2018/06/22 02:00
2018/06/22 02:00
俺たちのSEXの実況中継を聞いてください。

その日は、早めに夕食と入浴を済ませて、その後火照った身体を冷まそうとTVを観ながら過ごしていた。

俺は、これからのことを想像して胸がドキドキし、股間は硬くなってしまい一言も声が出なかった。



妹も黙ってTVを観ていた。

そして、身体の火照りも収まってきたので妹に声をかけた。

俺)もうベッドに行こうか?

妹)ウン

と言って、寝室へ向かった。

ベッドに並んで腰掛け、俺は妹を抱き寄せてキスをした。

何度も口づけを交わし舌を絡ませ、しだいに息使いが荒くなってきた。

俺はキスをしながら妹のパジャマのボタンを外していった。

パ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【熟女体験談】テレクラで人妻ナンパしてムッツリスケベな網タイツ熟女に生挿入中出し

・【不倫】潔癖症の私が友達の旦那にお尻の穴を攻められて

・忌むべき日常行事_1

・勤務先の上司に躾けられていた妻

・【人妻体験談】隣に住む若ハゲ旦那にビンタして無理やり中出し逆レイプをするドS主婦

・【熟女体験談】父と息子という血の繋がった二人の男性とファザコンの出戻り娘の近親相姦SEX生活

・中学生に寝取られた_終

・男性に綺麗と言われるって嬉しくエロへ

・一度のつもりが・・・

・【乱交】マグロな私を変えてくれた後輩男の豹変

・【Hな体験】嫁と元カレのエッチを想像すると異常なほど硬くなる

・中学生に寝取られた_9

・【Hな体験】風俗嬢になったと噂の美少女同級生を探し出して

・中学生に寝取られた_8

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編

・【熟女体験談】電動バイブが壊れんばかりにオマンコに高速ピストンしてガチイキ絶頂していた変態チビ巨乳熟女

・中学生に寝取られた_7

・中学生に寝取られた_6

・【人妻体験談】姉にイラつき、夜這い69射精をしたら罪悪感ハンパない

・熟女タレントN美E子さんの息子さんとの関係

・【オナニー】急な階段を上がる叔母のムチムチなお尻

・中学生に寝取られた_5

・ゴミ出しのワズカナ時間に家に侵入され

・温泉でマセタ子供に痴漢された2

・中学生に寝取られた_3

・夫からの肉体的見返りが少なくて

・【不倫】大学生にも見えるバイトの人妻を自宅に連れ込んで

・中学生に寝取られた_2

・本社のお局様と 7

・【SM・調教】行きつけのスナックで変態プレイ