寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

職場仲間の人妻を・・・その1

2018/01/14 17:25


これは俺が人妻である斉藤弘子さんをレイプしてしまった話です。
事の経過からお話しします。
俺は大学に入ってから、とある飲食店でバイトを始めました。
そのとき斉藤さんは子供が小さいからということで昼の短い時間だけパートで働いていました。
大学が早く終わってたまに遊びがてら店に行くと、すれ違う程度で本当に「お疲れ様」くらいの言葉を交わす程度でした。
1年が過ぎ、斉藤さんの子供が学生">小学生になったということで、斉藤さんはフルタイムで夕方5時まで働くようになりました。
そこからは引継ぎ等で毎日顔を合わすようになり、よく喋るようになりました。
土曜日もたまに出勤していてどんどん仲良く喋るようになり、休憩時間が重なると下ネタで盛り上がることもしばしばありました。-----調理場に入ったときは、さすが主婦ということで包丁さばきも上手く、色々教えてもらうことも多くなり、更に仲良くなっていったのです。
飲み会もしばしば行われており、斉藤さんは結構お酒がすきでいつも酔っ払うまで飲んでハイテンションになっていました。
飲み会のときは俺と家が近いからということで、大抵は俺が家まで車で送っていきました。
もちろん俺は飲んでいませんよ。
お酒自体特に好きという訳でもなく、車が無いと帰れないから飲み会ではいつもウーロン茶やジュースを飲んでいました。
年が明けると俺の友達の健太郎がバイトを探しているとのことで、俺の紹介で入ってきました。
健太郎は俺を通じて斉藤さんと喋るようになりましたが、斉藤さんはあまり健太郎のことが好きではなさそうで、良い雰囲気とは言えない関係でした。
確かに健太郎は自我が強く、自己中なところもあったのであまり好かれるタイプではなかったと思います。
俺はなんとなく気が合って仲良くなったから気にはなりませんでした。
斉藤さんと二人で話しているときも健太郎の愚痴がかなり出ていたし、健太郎も「あのババァむかつく」等と言っていたので、間に入っている俺としては色々気を使ったものです。
なんだかんだで4月を向かえ、正社員の新入社員がうちの店に配属となり、新入社員歓迎会を開くことになりました。
俺と健太郎は大学3年生になり、斉藤さんの子供は小学2年生になりました。
そして斉藤さんは今年34歳とのことです。
当然、この日までは斉藤さんを女性として見たことや、性欲の対象として考えたことは一度もありませんでした。
斉藤さんは俺よりも一回り以上も年上であり、旦那さんもいます。
そして子供もいる。
ただの仲の良い職場仲間としか考えた事がありませんでした。
その日、いつものように盛り上がっていたが、俺は最近抜いていなかったからか、かなりムラムラしていたのです。
当然職場仲間には年齢の近い女性もいるし、その子達の脚を見ていると更にムラムラしてきたのです。
健太郎に「これ終わったら風俗行こうぜ」と誘い、風俗に行く約束をしました。
そして歓迎会終了間近に斉藤さんがかなり酔いながら「修くん(俺)、今日も送っていってね~」と言ってきましたが、これはいつもの事なので想定内でした。
健太郎には斉藤さんを送ってから風俗に行こうということになりました。
歓迎会も終了し、俺の車に3人で乗り込みました。
俺が運転し、健太郎が助手席、斉藤さん真ん中のシートに座りました。
でかいワンボックスカーであり、斉藤さんの後ろにも更にシートがありました。
車を走らせるとすぐに斉藤さんは眠りに入りました。
これもいつものことでした。
お酒は好きなのだろうけど、お酒に強いか弱いのかよくわかりませんでした。
ここから斉藤さんの家まで25分くらいです。
この途中で過ちを犯してしまったのです。
信号待ちで止まっていたときのことでした。
健太郎が「しかし無防備だよな~」と言ってきました。
「何が?」と答えると「いや、このばばぁ、よく寝れるよな。」と言ってきたのです。
「え?別にいいじゃん。」と答えると「旦那さんもいるのに、こんなんじゃいつか犯されるぞ。」と言ってきました。
「誰が犯すんだよ(笑)」そう答えると健太郎は後ろを振り返って何かしています。
「見てみろよ。こんなことされても起きねぇんだぞ。」と言ってきたので後ろを振り返ると・・・健太郎が斉藤さんのスカートを捲り上げていたのです。
パンスト越しに斉藤さんの白のパンツがはっきりと見えました。
思わず「ばか、やめろよ」と健太郎の手を離させました。
何か見てはいけないものを見てしまったような感じでした。
再び信号待ちになると健太郎は再び斉藤さんのスカートを捲り上げました。
俺は斉藤さんのパンツを見つつも健太郎の手を離させました。
走行中、健太郎は後ろを向いたまま何やらごそごそしていて「うぉっ、すげぇ!」と言ってきました。
信号待ちになり、後ろを振り返ると・・・斉藤さんの脚が広げられ、スカートが捲り上げられていました。
脚が開いている為、斉藤さんのパンツの股間の部分が露わになっていたのです。
俺は健太郎を阻止することができず、斉藤さんのパンツを凝視してしまいました。
そして斉藤さんが女性であることを認識させられてしまったのです。
パンツの股間部分を凝視しながらこの布の向こうは・・・と女性の性器を想像してしまいました。
そして次の信号待ちのときも振り返って斉藤さんを見ると、スカートが捲り上げられた状態のままになっており、再び斉藤さんのパンツの股間部分を凝視してしまいました。
この時点で俺の理性は無くなっており、斉藤さんとやることを考えていました。
俺は生唾を飲み込み、何かを訴えるように無言で健太郎と目を合わせました。
健太郎は俺の考えていることがわかっているようで「やる?」と言ってきました。
俺は「大丈夫かな?」と答えながらも別の方向に車を走らせていました。
「やっちまえば大丈夫だって!やるんなら協力するよ。」と言ってきました。
俺は地元なので人の来ないところなんていくらでも知っている。
俺は堤防沿いの道を走らせていました。
「起きたらどうしよう?やばくね?」と言うと「起きたら俺が手を押さえつけとくからお前先にやれよ。やっちまえばこっちのもんだよ。旦那にレイプされたなんて言えねぇって。」俺は健太郎の言葉でどんどん安心感が高まってきたのです。
「このババァ、いつかギャフンと言わせてやりたかったんだよね。」と言うが、俺のやりたい気持ちとは内容が違うようだ。
しかし、達するところは同じだ。
俺は堤防沿いの道に車を止めた。
ここなら車通りも少ないし、こんなところで車を止める奴なんていない。
その上俺の車の中部座席と後部座席はスモークが貼ってあるので通りががりの車から中は見えることはない。
「俺が後ろにいるから起きたらシートを倒せ。俺が手を押さえつけとくから。」と言って後ろへ行こうとしたので「本当に大丈夫かな?」と不安げに言うと「大丈夫だって!」と言って、車内から後部座席へと向かった。
ドアを開けるとドアの音で起きるかもしれないからだ。
健太郎が後部座席に移ると俺に合図を送ってきた。
俺も運転席と助手席の間から中部座席に移り、斉藤さんの横に座った。
俺は斉藤さんの顔を伺って寝てることを確認するとシャツのボタンを外していきました。
シャツのボタンを全て外すと中シャツが目に入りました。
俺はとりあえず中シャツの上から斉藤さんの胸に手を当てて、軽く揉んでみました。
心臓が破裂しそうでした。
斉藤さんの胸を揉んだ感想はただ一つ「柔らかい」でした。
本当にこんなことしていいのか?と一瞬思いましたが、性欲の方が強く善意な考えはすぐにかき消されてしまったのです。
そして斉藤さんの中シャツを捲り上げようとしたときのことでした。
斉藤さんがビクッとして目を覚ましたのです。
「ちょっと、何やってんの!」と大声で騒ぎだしたので俺はパニックになってしまってどうしていいのかわからなくなってしまいました。
その時、後部座席から健太郎が大声で「シート倒せ!!」と言ってきたのです。
俺は慌ててシートを倒しました。
中部座席と後部座席が平らにくっついてベッドのようになりました。
そこへ待ち構えていた健太郎が斉藤さんの両手を押さえつけたのです。
「ちょっと!正気なの?」と斉藤さんが大声で言ってきて俺はびびってしまい、どうしていいのかわからなくなりました。
健太郎が大声で「何やってんだよ!さっさとやれよ!」と言ってきたところで正気を取り戻しました。
俺は斉藤さんの位置を中央までずらし、斉藤さんの太ももの上に腰を下ろしました。
斉藤さんは驚いた顔をして「修くん、嘘でしょ?」と言ってきました。
きっと俺を信じていたのだと思います。
その俺が斉藤さんの上に乗ったことにより、斉藤さんが身動きをすることができなくなってしまったのです。
俺は斉藤さんを見ながら「ごめん・・」と言って斉藤さんの中シャツを捲り上げ始めました。
斉藤さんは何とか逃げようともがきますが、どうすることもできません。
俺は斉藤さんの中シャツを胸の上まで捲り上げました。
そして斉藤さんの背中に手をまわし、ブラのホックを外しにかかりました。
斉藤さんはもがきながら「いやだ!!やめてよ!!」と大声で叫んでいましたが、耳に入らずに右から左へ通過するのみでした。
そしてブラのホックが外れ、ブラの胸の部分を掴むと上にたくし上げました。
斉藤さんの乳房と乳首が露わとなりました。
あの斉藤さんの乳首をこんな至近距離で見てしまったのです。
そして斉藤さんの胸に手を伸ばし、両手の親指と人差し指で両方の乳首を摘みました。
そのとき、斉藤さんの体が大きくビクンとしたのです。
斉藤さんすご…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【初体験】耳年増な貧乳処女が中出しロストバージンを捧げた瞬間
2016/09/28 03:00
2016/09/28 03:00
5月3日の夜10時、ついにその時が訪れました。愛する彼に処女を捧げ、精子を中に出して孕ませてもらう瞬間です。それまでこのサイトの様々な方々にアドバイスやエールを頂けて嬉しかったです。 彼の部屋に入って少し話をした後、先に彼がお風呂に入りました。私は勇気を振り絞って服を脱ぎ、「一緒に入っていいですか?」と言って浴室に入りました。彼はびっくりしながら、「いいよ」と言ってくれたので、かけ湯をしてゆっくり湯船に入りました。 処女のくせに耳年増な私は、彼の髪を洗った後、私の小さい胸(82のBカップ)に石鹸をつけて、「体を洗わせて」とおねだりしました。躊躇いながらも喜ぶ彼に、「これ…
仲良し兄妹が
2017/10/05 13:28
2017/10/05 13:28
もう少しで22才になる妹と関係を持ったのは去年の成人の日だった。 正確にはその翌日なのだが、それは後ほど話します。 成人式当日、妹は朝早くから振袖を着る為、美容室へ行きそのまま式場に向かい式典が終わると今度は親戚まわりをして夕方帰宅するや直ぐに私服に着替えると今度は友達と飲み会へ出掛けた。 そろそろ日が替わる頃、妹の携帯電話から俺の携帯に掛かってきた。 俺はいつもの様に応対すると聞き慣れた妹の声とは明らかに違う声が聞こえてきたので一瞬戸惑ったが、直ぐにその声の主が妹の友人である事がわかった。 「あのー…良子ちゃんのお兄さんですか?」 そう聞いて来た娘に俺は素直に答えて「あーうん、そうだけど…君…
【Hな体験】ビキニ女子大生2人にローション手コキされた
2015/10/07 09:00
2015/10/07 09:00
大学のときの話。夏休み、サークルのメンバーで海に行くことになっていたのだが、出発の朝になって突然雨が降りだして、中止になった。メンバーのほとんどが帰ったが、集合場所が俺のアパートの前だったため、女二人が帰らず俺の部屋に上がりこんできた。そんで、朝っぱらから三人で飲み会。 「なんでいきなり雨ふんのよ。天気予報の嘘つき」 缶ビール片手にグチをこぼすY子。こいつは、巨乳と露出度の高いファッションがトレードマークで、メンバーの中ではお色気担当だった。 「ほんと、ツいてないよね」 Y子に相槌を打つのはM美。真鍋かをり似の美少女で、性格は控えめで大人しい。当然、男子たちからは大人気で…
出張マッサージ師に逝かされて身も心もほぐれました
2017/03/22 17:00
2017/03/22 17:00
36歳の主婦です。長年の家事の疲れと子育てで凝った肩と腰に悩んでいたところ、仲のいい奥さん友達からマッサージを紹介されたんです。
私は意を決して子供実家に預けてマッサージを受けることにしました。
驚いたことに店舗ではなく出張マッサージとのことで、さすがに最初は自宅に呼ぶのには抵抗があったので大きな駅前のビジネスホテルのディプランという昼間だけの部屋を取りました。


部屋に入ってから携帯に連絡をすると30分ぐらいでマッサージ師さんが来ました。
マッサージ師さんは私が緊張しているのを察したのか、しばらくソファに腰を下ろして自己紹介などをしてくれました。

年は私の2つ…
先輩の感触
2017/02/23 20:05
2017/02/23 20:05
僕が中1の頃です。僕は中学校に入るとすぐにクラブに入りました。クラブはそのとき3年が8人くらい、2年は男子が4人、女子が5人で1年は男子6人女子7人とまぁ、学校の中では中規模のクラブでした。僕は入ったときから2年の女子の先輩が好きでした。 顔はかわいいとかはいえないけど、ボーイッシュなところやとても白い肌が好きでした。ある程度1年生と2年生の仲が良くなってくると僕は時々、その先輩を冗談でからかったりしました。そしたらその先輩も冗談でおこって軽く首を絞めてきたりしました。その時、背中に先輩の胸があたるので僕は心の中で喜んでいました。ぱっと見ても全然ふくらみはありませんが背中に全神経を集中させると…
車の運転中に、チンコを触り、フェラチオをしてくる淫乱になった彼女【エロ体験談告白】
2017/05/01 08:04
2017/05/01 08:04
彼女と付き合い始めて
半年がたった頃。

メールで

「すいませんが、今日飲み会があるので、
送ってくれませんか」

丁度、残業があり帰りが遅いので、
返信をして

「いいですよ、迎えに行きます」

彼女の指定した公園に行くと、
丁度街灯がないところがあって、
そこに車を止めると、しばらくすると彼女が近寄ってきて、

 見た感じは少し酔っていることが判り、

「ごめんなさい、少し待ってくれる」

と言って彼女は、公園のトイレの方に行き、
しばらくするとこちらに来るのですが、
どうも乳房の動きが大きいような気がしたのですが、
よく見てみると、胸のふくらみの先の方は黒く見え、
彼女が車に乗ると、…
部下のマンコに生挿入!最後は口にねじ込み口内射精wwwwwwww
2017/04/30 22:02
2017/04/30 22:02
あの日は、取引先の一人と上司二名(部長と課長)と

俺との四人で居酒屋で飲んでいた。

※因みに全員男。

取引先の人とは、

途中でふけて別のグループに合流する事で

既に示し合わせていた。

その人と俺は、別のグループの連中に連絡し、

合流すべく落ち合う場所に向かった。

その場所には別の取引先の人二名と、

さらに別の上司、部下三名(うち女性二名)とがおり、

総勢8名でドンチャン騒ぎが始まった。

相当に酒が入っていたが、

当初の取引先の人に別の予定が入ったため、

その場は一旦解散となった。

その人を近くまで送って行き、帰ろうと…
従兄の後ろで従妹に挿入…
2015/08/30 06:00
2015/08/30 06:00
ある朝、前日から いとこの雅人(兄)と、雅美(妹)が泊りにきていた
昼過ぎまで寝ていると、なにか体がビクッとなる感覚で起きた
布団の下半身あたりをめくると、雅美がチンポをくわえてた
雅美「あ…おきた?」
「そりゃおまえ…てか雅人は?」
「でかけたみたいだよ?」
しごきながら言う
「なんだ、ならいいか…ってなにしてんだよ」

 
「おっきくなってたからかわいくてつい…えへっ」

「えへじゃないぞこの変態」

「え~気持ちよかったしょ?寝てるのに腰びくってなってたよ?」

「まあ気持ちいいけどな~」

「でしょ?いっぱいしたげる~」

また口に入れ、本当にフェラが…
【姉との告白体験談】 塾のお姉さんとのエッチ体験
2016/04/22 17:32
2016/04/22 17:32
中学のころ通っていた塾のアルバイトの先生は、近所のお姉さんだった。ちなみに、塾に行く事になったのはそのお姉さんの親とうちの親が親しかった事と、お姉さんが某国立大に行くほどの優等生だったから。近所のお姉さんと言っても、挨拶ぐらいしかしないからほとんど面識はなかったし、眼鏡がお堅い感じで少し怖く近寄りがたい感じがしていた。しかし、塾では外見とは裏腹に明るく気さくなので、男女ともに人気があり(と言っても5人しかいなかったが)俺を含めた男子3人のアイドルだった。そして嬉しい事に、俺は帰る方向が一緒なので、一段と親しくなる事が出来た。塾の外では、結構Hな話も進んで、当時お姉さんが付き合っていた彼との…
ガリガリのウブな貧乳熟女に、虐めるように潮吹きさせたら泣きだした
2015/08/28 13:16
2015/08/28 13:16
俺が何気なく登録した掲示板(アダルトサイトじゃないよw)
そこで五十路のおばさんと知り合い
メールのやり取りをしていると、
家が近いことを知った。

それから直メをしだしてメールを交換していく中、
写メまで交換する間柄になった。

年齢は53歳の専業主婦。

歳の割に美人だが、
かなり痩せたガリガリの五十路熟女

最初の方は何度も断られたが、
何回かの挑戦で、ついに会う事に。

駅で待ち合わせして、居酒屋に二人で入った。


メールを通じてお互いの事を知ってるため、
意気投合も早い。

気を許した彼女は、芋焼酎をロックで飲みだし、
ほどなくベロベロに。

「今日は何と言って出て来…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・20年のセックスレスの果てにこの世の極楽【人妻体験談】

・まあいつものセックス大好き妻の話なんだ。

・同じマンションの人妻さんの話です【エロ体験談】

・ノーパン女子校生

・他の男の精液

・妻が混浴でハンドマッサージを受ける

・【痴漢】OL風のかなり美人な2人組に満員電車で遊ばれた

・熟女の色気がたまらない義母のデカい尻にぶち込みたくなって…

・知的美人のOLが借金苦で

・夫に言えない過去

・【熟女体験談】ツーリング仲間の人妻熟女と生理中に中出しSEX

・出会い系の人妻から、セフレ募集の人妻を紹介された

・Color

・小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の完全中出し 3【SEX体験談】

・40過ぎの人妻とやったったw

・【人妻体験談】3P乱交浮気をした後に妻に欲情し犯すようにSEXしたくなる変態夫

・■人妻のエロ満足感に対する対価

・小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の完全中出し 2【SEX体験談】

・【近親相姦】両親のセックスの声を聞きながら兄と

・ S級美少女を調教した結果⇒俺とのSMを楽しむ淫乱M女になっちゃったwwwwww

・★小さな温泉地の小さなストリップ小屋

・小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の完全中出し 1【SEX体験談】

・後輩との関係

・妻の彼氏と俺の彼女

・人妻さんの膣内の体温を直にチンチンで感じながら・・・

・友人達のセフレにされるのが快感

・美人でエッチな女に生まれた私のリッチな生活

・【人妻体験談】初々しい新人若妻デリヘル嬢を調教し、愛人契約を結んだ話

・【熟女体験談】高校時代のカマトト熟女教師は性処理扱い出来る便利な先生だった

・幼馴染のお姉ちゃんと34年ぶりに再会して・・・。