寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

浮気した妻を(5)

2018/01/14 14:19


「待って・・・・・・・」 「そうそう。言い忘れたが、浮気する様な母親は嫌だと言って俺の所に来る場合は、養育費も払ってもらうからな」 私が寝室に行こうとすると、後ろで妻の啜り泣きが聞こえてきたが、こんな悲しそうな泣き声は義父が死んだ時でも聞かなかった。 子供達に悟られぬように、声を殺して泣いているので余計そう聞こえるのだろう。 これが私と別れる寂しさから来るものなら、何とか許してもやりたいが、おそらく今後の生活が不安なのと、最悪子供達とも別れなければならない辛さから来るものだろうから、そう簡単には許せない。 暫らく泣いていた妻はクシャクシャな顔で寝室に来て、着替えを持って出て行った。 次に入って来た妻はパジャマを着ていたが、顔には派手目の化粧がされている。 「ごめんなさい。私が悪かったです。二度とこの様な事はしませんから許して」 「残念だが、もう少し早く気付くべきだったな」 「やり直させて。今からの私を見て判断して」 妻がパジャマを脱ぐと、上下黒の色っぽい下着を着けている。 妻は私の目を見詰めながら、焦らすかのようにゆっくりとブラジャーを外して床に落した。 結局妻は、夫婦なのに色仕掛けで説得しようとしているのだ。 馬鹿じゃないのかと思いながらも、妻が私のパジャマの釦を外していくのを黙って見ていると、そっと私の乳首に舌を這わせ、硬くなり始めたオチンチンを擦ってくる。 「あなた、ごめんなさい。あなたが好き。あなたの逞しいこれも好き。あっ、硬くなってきた。嬉しい。凄く硬くて大きい。あなた素敵よ」 見え透いたお世辞に、硬くなり出していたオチンチンは逆に萎み出したので、妻は慌ててパジャマとパンツを一緒に剥ぎ取ると、そっとオチンチンを口に含む。 私のオチンチンは温かい感触に包まれて、急激に硬さを増していく。 「あなた、このまま口に出す?それとも私の中に?」 「中に出してもいいのか?」 妻は返事もしないでパンティーを脱ぐと私の上に跨って、四股でも踏むかのように大きく足を開いてオチンチンを入り口に当てる。 次の瞬間、オチンチンはヌルッと中に納まったところをみると、妻はこの様な状況の中でも感じて濡らしていたのだ。 我が妻ながら、何て淫乱な女なのだと呆れるが、こんな時に硬くしている私も似たようなもの。 妻の腰は円を描くように動いていたが、決して早くは動かない。 「こんなのは・どお?・・・気持ちいい?」 「ああ、気持ちいい」 妻は満足そうな顔をして上下の動きに切り替えたが、やはりゆっくりとした動きだった。 「これは・どお?・・どお?」 「気持ちいいが、もっと早く動いてくれ」 「慌てないの」 我慢出来なくなった私が腰を動かすと、妻はそれを制止する。 「あなたは動かないで・・・私がしてあげる・・・・こう?・・・こうがいいの?」 「ああ」 「私のオマンコは・・どお?・・・・・オマンコ・気持ちいい?」 「真美のオマンコは、凄く気持ちいいぞ」 私はこれで落ちたと思ったのか、妖しく微笑むと更に動きを早くした。 「アッ・アッ・・大きい・硬い・・・あなたのオチンチン・凄くいい・・アッ・アッ・・私を捨てないで・・・このオチンチンから・・離れられない・・・アッ・アッ」 離婚を回避出来ると思った妻は、歯の浮くようなお世辞を並べて、更にそれを確実な物にしようと思ったのだろうが、今までとは全然違うセックスに酔っていた私は、逆に現実に引き戻されてしまい、妻のペースで進むのが気に入らなくなって、下から激しく応戦した。 「アッ・アァァー・・・ヤメテ・・・私がするから・・・あなたは動かないで・・・」 何故か私のオチンチンは、20年前に戻ったのかと思うほど硬くなってきて、淫乱な妻がこれに冷静でいられるはずも無く、腰を動かしながらオッパイを揉み始める。 「ダメー・・・ダメー・・・イッてしまうー・・・イク・イク・イク」 このまま妻の下でイカされるのも嫌になり、動きを止めて起き上がる。 「イヤ・・やめないで・・・お願い・・・イカせて」 今度は妻を寝かせて上から突く。 「イイ・イイ・・イク・イク・・・イキます・・・真美イク・・イクー・イクー」 自分の事を真美と呼んだのを聞いて、仏間で見た光景が目に浮かぶ。 「待て!」 つい出てしまった私の言葉に妻は反応し、今にもイキそうだったのをグッと堪えた。 「イカせて・・・待て!はイヤ・・・イキたい・・・待て!はイヤー」 「駄目だ。まだ待て!だ」 「イヤ・イヤ・・・・イケ!と言って・・・・待て!はイヤー・・・・・イヤー」 北村の気持ちがよく分かる。 妻の快感をコントロールする事で、得も知れぬ征服感が湧いてくる。 「待て!」 「アーン・・イヤー・・・イヤー・・・待て!イヤー・・・・ウウッ・・・ウッ」 私がどうして待て!を知っているかなど気にもせずに、必死でイクのを我慢している妻が可愛く見えてしまい、妻を待たせておきながら不覚にも出してしまった。 「イケ!」 「イク・イク・・・イクー」 どうにか妻も一応は達したようだが、イキ様が北村の時とは違って明らかに大人しい。 北村の時は、あの薬を使われていたからだと自分を慰めたが、本当は私の我慢が足りなかったからだと分かっていた。 妻はそんな私の気も知らないで、暢気に私の胸を枕にして萎えたオチンチンで遊んでいる。 「中に出したが大丈夫か?」 「えっ・・・ええ・・・大丈夫。仮に出来てしまっても夫婦だもの」 「奴との時は?」 「えっ?・・・勿論いつもゴムを着けて・・・・・私の中に出せるのはあなただけ」 北村の為にはピルまで飲んで、散々中に出させていたくせに。 「やっぱりあなたが一番だわ。私はあなたで無いと駄目なのがよく分かった。素敵だったわ。久し振りに凄く感じちゃった」 先に出してしまって落ち込んでいた私は、この言葉を聞いて更に落ち込む。 「これからは良い奥さんになるね。あなたを大事にするね」 私からは顔が見えないのを良い事に、おそらく舌でも出しているだろう。 「最後に良い思い出が出来た。長い間・・ありがとう」 これで今まで通りだと思っていた妻は、起き上がると怖い顔で睨んだ。 「何で!こんなに・・・・・・」 妻の言葉は途切れたが「こんなに」の後は「サービスしてあげたのに」と続いたに違いない。 すぐに自分の立場を思い出した妻は、どうにか笑顔を作ったが口元が引き攣っている。 「今度は口にちょうだい。あなたのが飲みたいの。あなたを愛しているから」 懲りもせずに口に含んできだが、私も懲りもせずに妻の口の中に出してしまった。 しかし妻は飲み込めずに咽返ってしまい、慌ててティッシュに吐き出す。 愛しているから飲みたいのならば、吐き出したと言う事は愛していないから? 翌日は土曜日で休みだったため、北村を呼び出して外で会う。 「奥さんは実家か?」 「はい。お産で帰っています」 「それなら今から、奥さんの実家に行こう」 「それだけは、どうか許して下さい」 「それなら、どの様に決着をつける!」 「何とかお金で。ただ出産で色々お金が掛かるので、課長の気の済む額は無理ですが、5万ぐらいなら何とか」 気が済むも何も5万とは、こいつはアホだ。 「実家に行こう」 「それだけは・・・・・・・・・友達に借ります。10万で何とか」 やはりアホだ。 結局お金が目的では無いのと、妻に対しての怒りの方が大きかったので、可也譲歩して50万にしてやったのに、毎月1万円の50回払いにして欲しいと言う。 「毎月2万5千円の20回払い」 私はまた譲歩してやったつもりだが、それでもこのアホは涙ぐむ。 「それだと小遣いが5千円しか残りません。それでは昼飯も食べられないし、煙草も買えません。お願いです。せめて、毎月1万5千円にして下さい」 「本当に反省しているのか?5千円もあれば、毎日パンと牛乳ぐらいは買える。煙草はやめれば健康にもいい。今まで女房で散々楽しんだのだから、そのぐらいは我慢しろ。それが嫌なら離婚覚悟で奥さんに打ち明けて、小遣いを増やしてもらうか、弁当を作ってもらえ」 二度と妻と会わない事も書かせ、これを後日公正証書にする事で話をつけたが、奥さんにばらさない約束は書かれていない事に気付かない。 例え妻に慰謝料の請求が来ようとも、奴が昼食も満足に食べられずに、苦しみながら払い終わった頃、奥さん宛に写真を送ってやろう。 それと我社は地方都市の小さな下請け企業なので、今後奴が何処の部署に移っても目が届く。 残念ながら私が会社にいる限り、この男の出世はなくなった。 浮気した妻を1  2  3  4  5  6




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ボウリングに負けて、皆の前でオナニーさせられた
2017/03/30 10:19
2017/03/30 10:19
先日、私が味わった屈辱的な出来事です。 それを、こちらにお知らせしろというのもその一部ですので、投稿します。 私は、社会人一年目のOLです。 短大卒業で総務部購買課に所属しています。 中学、高校とバスケしてましたが、短大ではスポーツは何もしてません。 ただ、小さい頃からスポーツは得意で、男子相手でも球技系のスポーツは負ける気がしませんでした。 サッカーやバレーボール、レスリングなど、テレビ放送のある日本代表戦などはほとんど欠かさずに見ていて、勝因や敗因などを友人らに話す事が趣味みたいなものでした。 ある日、あまりにも生意気な私の発言に友人らは怒ってしまい、私もイラついたので、「球…
息子の借金を体で返済(2)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/14 20:19
2017/11/14 20:19
わたしは最後の力を振り絞って腰を動かし抵抗しましたが、それはムダというより逆に彼らの欲情をそそってしまったのかも知れません。ピンクのレース入りのパンティが布きれとなったとき、もうこころの中では観念するしかないと諦めました。両足を縛っていた縄がほどかれ、最初にAが覆い被さってきました。Bがねっとりとパンティの上から長い間愛撫をしていたので、わたしのアソコは十分すぎるほどに濡れていました。「奥さん、つながるで」と言うと、両手で膝を持ち足を開かせて、一気にあの大きなものをわたしに突き立てました。「あうぐぅ(あぁあ~!!)」。その-----瞬間、頭の中に電気が走ったみたいになって、子宮にまで届きそう…
【熟女体験談】年を取って性欲が強くなり、配達のお兄さんにレイプされた快感の余韻に浸っていた
2018/02/04 00:02
2018/02/04 00:02
2018/02/04 (Sun) 結婚生活も20年を過ぎ
51歳のおばさんになりました

40代を過ぎた頃からでしょうか?

ホルモンバランスが崩れ、
普通なら性欲が弱まるのに
私の場合逆に性欲が強くなってしまったんです

しかし、夫は元々淡白な質で
老いてED気味になってしまい
夫婦の営みも自然となくなってしまいました

さすがに五十路前の地味な中年おばさんな私が
浮気相手を見つけるなんて無理

だから、自分で自慰をして
過ごしてきたんです

毎日夫を会社に送り出し、
家事を終えた昼下がりにインターネットの
エッチな動画サイトを見ながら
自分の指でクリトリスを弄ったり、
指を挿入してオナ…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】子供の前で犯された母親【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/05/18 17:53
2017/05/18 17:53
ちょうど世間は夏休みシーズン真っ盛り頃の話。アウトドア用品関連の営業な俺は、逆にここが稼ぎ時って事で秋田方面まで商品の売り込みに行くことになった。一応もう学校は夏休み期間に突入してるって事もあり、電車も混雑が予想され上司も特急指定席をとる事を許して下さった。俺は昼飯用の弁当とお茶を買い指定の席に座った。やっぱり結構混んでた。(あ~指定で良かった)とつくづく思ったね。秋田くんだりまで立って行ったら地獄だもん。出張準備で朝5時起きだったんで俺はしばらく眠ることにした。っていうか電車で座席に座ると俺、自動的に即寝するくせがある。しかし電車が走り出すと隣のガキ共がうるせーうるせー、寝れやしない。(今…
ジェットコースター
2017/11/19 23:28
2017/11/19 23:28
俺の初体験を書かせて貰います 十九の春、片想いの三つ上のあね御と涙の別れをしてアメリカはLAに留学に。 右も左も分からない状態で同じ日本人同士 固まって情報交換しあうのは必然的であった。 その仲間同士で遊園地へ。ジェットコースターが苦手な俺はヘロヘロに。 カッコ悪かったな俺。 木製の超大型ジェットコースターに挑戦。 すると、知枝さんは俺の手を引っ張り「次うち、まさよしとのる!」 俺はびっくり。 コテコテの大阪姉さんにたじたじだった。 怖いはずのジェットコースターも知枝さんと一緒に乗れ初めて楽しいと思った。 砂漠の中の遊園地は星が綺麗で空を一人で眺めていたら 知枝さんが近寄ってきてきた。…
【人妻体験談】私は、写真マニア
2016/02/08 05:28
2016/02/08 05:28
私は28、妻28、子供なし。 私は、写真マニアである。 学生時代からハマッてる。 自分で言うのもなんだが、なかなかの写真マニアで、結婚後もナントか妻のヌード写真を撮りたいといつも思っていた。 と言うのも彼女は私の口から言うのもなんだが、妻は素晴らしいプロポーションの持ち主で学生時代から、 我が写真部の”アイドル”的存在であったからだ。 でも、残念ながら学生時代も、結婚後も、いつもヌード撮影を断られていた。 私達の学生時代、同じ写真部の親友が、先月、私達のうちに泊まりに来た。 学生時代より、妻は、かなり彼のことを気になっていたようなのである。 結婚も、私か、彼か、で悩んだとの事も、結婚後…
【混浴】妻とよく来る露天風呂で4人の熟女と一期一会
2016/09/07 15:00
2016/09/07 15:00
今日はかなり涼しい。26~27度くらいか。少しぬるい温泉に浸かっても汗があまり出ない。湯から上がって強い風に当たると少し寒いぐらいだ。 13時過ぎに入ったが・・・男湯は内湯も露天も誰もいない。女湯も音がしない。一番奥の座敷で熟女達の話し声が聞こえた・・・。 ここは、とある温泉の立ち寄り湯。月に最低でも1度は入りに来ている所だ。古い日本旅館なのだが泊まれる部屋は5つしかない。こじんまりとしているがなかなか風情があって、特に露天風呂が良いのだ。もちろん源泉掛け流し。 すぐ側を有数の一級河川が流れていた。川幅はかなり広い、1kmはないと思うが・・・。若い人には人気がないが、中高…
ゆっくりピストンをはじめると、泣きながら感じていました 1
2017/05/22 21:10
2017/05/22 21:10
今から10年以上も前ですが、大学生の頃の話。
僕は20才、彼女もいなくて童貞でした。
でも好きな女の人はいました。
その人は同じ年でA○Bの大島さんに似ていたので「優子」とします。

優子は別の大学に高校時代からの彼氏がいました。
僕も彼氏を見たことがありますがかなりイケメンでした。
優子は派手ではないけれど、清楚で清潔感があって、近寄りがたいオーラがありました。

飲み会の時になっても下ネタにはあまり参加しないでニコニコして聞いてるだけで、話をふっても笑って答えないような可愛らしい女の子でした。
彼氏がいるのだからエッチはしてるんでしょうが、それが全く想像できない人でした。 …
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】このあいだ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/09 13:32
2017/03/09 13:32
2005/12/29 16:59┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者このあいだ商店街を歩いていると、25才前後の上品な若奥さんが子供を連れて歩いていた。おれはちょっと溜まっていたこともありむらむらしていたので、あとをつけて、自宅をつきとめてそれから1週間くらい調べ上げた。旦那とその子供の3人暮らしで、奥さんは仕事をしていなく専業主婦で旦那の帰りはだいたい夜の8時くらいだということを。その奥さんの感じは、ちょうど、おれの好きな 水○真紀に似ていて上品で、こんな人をおれの言うとおりにいう事を何でも聞くおれのおんなにできたら最高だと思い、レイプするチャンスをしずかにねらっていた。そして…
娘の彼氏に、一番恥ずかしい姿まで、,,【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/25 16:44
2017/10/25 16:44
私の名前は奈津子、42才の主婦です。 きっかけや理由はどうであれ娘の恋人を奪ってしまったひどい母親です10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。 娘の名前は真奈美、都内にある女子大の2年生で、村上君と言う同じ高校を卒業した22才の彼氏がいました。 外見だけで言えば、とても爽やかな感じの一流大学に通っている男の子で、正直に言えば、もしも私が若くて独身だったらこんな彼氏が欲しいと思うような子です。 真奈美には知られていませんが、今年の4月、私は真奈美の留守中に訪ねてきた村上君に犯されてしまい、それ以来泥沼のような不倫関係から抜け出せな…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【初体験】友達のお母さんに縛られて何度も抜かれました

・潰れて寝てる俺のモノを咥えていた女友だち

・コスプレ少女由佳 2/3

・元風俗嬢の嫁と寝取られ生活part1

・近親相姦が当たり前の家で育ちました

・レイプされて死にかけた話 1/3

・53センチのくびれ腰が魅力のOLと脱素人童貞

・近 親 相 姦   妹×兄 

・【痴漢】美人妻のお尻に押しつけて射精した

・エロい団地妻とリアルロマンポルノの関係に

・付き合って7年の彼女を

・【乱交】昔の乱交体験を思い出しながら毎日1人で慰めてます

・中1の私がキモデブ叔父の性奴隷にされ、人格崩壊しかかった話・・・

・好青年がしてくれる旦那に内緒のマッサージ

・ホテヘル呼んだら変態きたwwwwwwwwwwwwwwww

・【熟女体験談】アダルト系出会い系サイトに挑戦したら、出会った男性にまるでレイプのように犯された

・すっぴん美人な女子大生バイトを僕と店長で

・婦警を襲ってもた始め

・仕返し

・コスプレ少女由佳 1/3

・小中学校の頃の、幼馴染二人とのエッチな話

・【人妻体験談】目隠しプレイでガチイキ絶頂するエロカワな淫乱未亡人

・彼女の妹(処女)にHしたいとお願いされて・・・

・【Hな体験】好きだった子に告白されて、そのまま学校でセックス

・昔、族やってた 2/2

・幼馴染と再会してトイレでSEXした

・思い出してもう一度会いたい女性

・事故を起こして脅され変態おやじに好き放題犯され中出しされたお姉さんwwwww信じられないけど本当にあったHな話5

・彼女が口をあーんして待ってるけど何これ

・享楽の底に落ちて俺の肉便器を宣言・・・