寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

浮気した妻を(4)

2018/01/14 13:48


奴は駅に向かって全速力で走って行ったが、あの様子だと電車の中でも走っているかも知れない。 私は漫画喫茶で時間を潰して、逆にいつもより遅く帰ると、会社の車が止めてあるのを見て、怒って何処かに行っていた可能性もあると思ったのか、結婚以来初めて玄関まで出迎えにきた。 「お帰りなさい」 その後も腫れ物にでも触るような態度で、テーブルには私の好物ばかりが並んでいた。 「あ・な・た・・・・お食事は・・・・・」 「先に風呂に入る」 今までなら、私がこの様な態度をとれば大変な事になっていたが、この日の妻は何と私の背中を流しにきた。 流しに来たと言うよりは、様子を探りに来たと言った方が正しいのだろうが。 「今日は・・・・遅かったのですね」 こんな優しい態度や、こんな丁寧な言葉使いの妻は付き合っていた頃以来だが、次の言葉で豹変する。 いや、豹変したのではなくて、普段の妻に戻っただけだが。 「今日は早く退社したから、久し振りに友達の家に寄ってきた」 「なに、それ!」 妻はスポンジを洗い場に叩き付けて出て行ってしまい、先に食事を済ませてさっさと寝室に行ってしまったので、結局私は一人寂しく食事をしたが、今後の事を考えると楽しくて、そんな妻の態度も心地良い。 翌日の昼休み、北村を誘って昼食に出る。 「君が失くしたキーはこれじゃないのか?」 「どっ・・どこに・・・・・・・」 「ああ、不思議な事に脱衣場の隅に落ちていた」 「・・・・どうして・・・課長の・・・・・・・・・」 奴は何も喉を通らないようで、私が食べ終えてもただ俯いている。 「食べないのか?」 「お腹が痛くなってきて・・・・・」 外へ出ると、風がいつもよりも心地良い。 その夜妻は、また懲りずに玄関まで出迎えにきた。 「北村さんから、あなたを誤解させてしまったかも知れないと電話があって・・・」 「その話は後だ。腹が減った」 普段なら、こんな偉そうな言い方をすれば当然切れられる。 しかし妻は。 「そうですよね。一生懸命働いてきてくれたのだから」 私は覚悟して亀のように首をすくめていたが、この言葉を聞いて首を伸ばして胸を張る。 妻は食事中もずっと落ち着かず、早く言い訳をしたくて仕方が無い様子だ。 食事が喉を通るだけ、北村よりは図太いが。 「さっきの話しだけれど・・・・・」 「先に風呂に入る」 案の定妻は、背中を流しに来た。 「実は、昨日近くまで来た北村さんが、以前あなたを送ってきた時に傘を忘れていかなかったかと尋ねに寄られて、その時に車のキーを無くされたから、捜していて長くなってしまったの。だから変に誤解でもされると嫌だからと、2人共黙っていて・・」 「傘ぐらいで?」 「ええ。奥様から初めてプレゼントされた思い出の傘なんですって。当然疚しい事なんて無いのだけれど、あなたに無駄な心配を掛けないように・・・・・」 「でも、どうして脱衣場に?」 「北村さんが帰られてから玄関の隅に落ちていたのを見つけて、ポケットに入れておいたのを忘れてしまって、今度は私が落としたらしいの」 おそらくあの後電話で、2人で必死に考えて話し合った言い訳なのだろうが、上手く考えたものだと心の中で拍手する。 「昨日はごめんなさい。急に気分が悪くなってしまって・・・・」 「そうか。でも、飯は食えた」 「いいえ、それは・・・・・・・・」 それにしても言い訳をする時の、妻の言葉使いは何と優しい事か。 「久し振りに、真美も一緒に入ったらどうだ」 「子供達が起きているから・・・・・」 裸を見せて私が興奮してしまい、私がその気になって北村との約束を破ってしまうのが怖いのか? それとも、裸を見せる事すら禁じられているのだろうか? 余りにもお淑やかな妻が違う女に見えてしまい、裸を見るまでも無く私のオチンチンは硬くなり出した。 それを見た妻は慌てて出て行き、いつものように私に手伝えとも言わずに、黙って洗い物をしていた。 「今夜、久々にどうだ?」 「子供達が試験前で遅くまで起きているから、また今度にしましょう」 北村に私とのセックスを禁じられている前とでは、2人の台詞は逆転している。 私が何度も誘うので、子供達の様子を見に行った妻は子供部屋から出てこずに、結局この夜寝室には来なかった。 翌日は北村が昼食を誘ってきて、隠していた事をひたすら謝る。 「正直に話してくれれば良かったのに。一回り以上違う君と女房が、変な関係になるなんて疑うはずが無いだろ。それに、いくら妊娠中でセックスが出来無くても、あんな若くて綺麗な奥さんと離婚の危機を迎えるかも知れない危険を冒してまで、あの女房と関係を持つなんて考える方がおかしいよ」 私が疑っていない事を妻に連絡したようで、その夜の妻は以前の妻に戻っていた。 「家で出来無いのなら、ラブホテルにでも行かないか?」 「そんな勿体無い事は嫌。それに、どうせ私を満足させられないくせに、偉そうに誘わないでよ。私は御免だから、出したければ自分で出せば。ネットを見ながら右手のお世話になるのがお似合いよ。そういうのは得意でしょ?」 隠れてしていたつもりが知られていた。 私はもう少し気付いていない振りをして、小出しにして反応を楽しむつもりだったが、良い歳をして自分で処理していた事を知られていた恥ずかしさに耐えられなくなり、興信所の写真を一枚妻の目の前に叩き付けて家を出た。 明け方出社する為に着替えに戻ると、いつから来ていたのか北村がいて、私に気付くと2人並んで土下座する。 しかし私はそんな2人を無視して出社したが、北村は妻と今後の事でも相談しているのか、風邪を理由に欠勤した。 家に帰ると北村の姿は無く、立ち直りの早い妻は開き直って私を罵る。 「ネズミみたいにコソコソと嗅ぎ回って。本当にあなたは最低の男ね。こうなったのも、女ひとり満足させられないあなたが悪いのよ。あなたが夫の務めを果たしていれば、私だってこんな事はしたくなかった」 この他にも、私を罵る妻の言葉は延々と続く。 私を甘くみている妻は北村の機嫌をとって「私が何とかするから」とでも約束して帰したのだろう 妻は浮気の原因を私のせいにして、責任逃れに必死だった。 「私はずっと我慢していたわ。気に入らないなら、離婚してもいいのよ!」 妻は初めて離婚という言葉を口にし、これで勝ったと思ったのか満足そうな表情を見せる。 私がわざと困ったような顔をして俯いてやると、とどめを刺そうと更に追い討ちを掛けてきた。 「離婚しましょう。ここは私の家だから、あなたが出て行くのよ」 顔を上げて妻を見ると、勝ち誇ったような顔で笑みまで浮かべていた。 「そうしよう。離婚だ!」 しかし私のこの言葉で、一気に顔が蒼ざめていく。 「えっ・・・・・・そんな・・・・・・・そんな事・・・・・・・」 私が「お願いだから、離婚しないでくれ」と、縋るとでも思っていたのだろうか? 今度は攻守交代して、私が更に追い討ちを掛ける。 「土地は真美が相続したものだから俺が出て行く。ただこの家は俺の名義だ。今まで返し終ったのが約千二百万。真美は働いていなかったが、可哀想だから財産を折半するとして、半分の6百万は返してくれ。と言いたいが、まず建てた時の価値はないだろうから4百万でいい。まだ可也ローンは残るが、ここに住みたければ後は自分で払え。預金はたいした事ないが、それも半分はやる。他に慰謝料を5百万請求するが、これは共同不法行為だから2人で払ってもいいし、全額真美が払っても良い。勿論北村が全額払ってもいいのだから相談して決めろ。本来は個別に請求するものらしいが、俺はどちらが払ってくれても構わないから、割合は奴と相談してくれ。金額に不服なら調停に掛けるか裁判にするから言ってくれ。裁判にすればもっと安くなるだろうが、その分弁護士費用その他で、結局同じぐらい掛かるかも知れないからよく考えろ」 「私は・・・なにも・・・・本気で離婚までは・・・・・・・・」 妻の声は、聞き取れないほど小さくなる。 「あとは子供の親権だが、どちらに来るか、これは2人に任せよう。もうそのぐらいの判断は出来る歳だと思う。」 「あの子達に何もかも話すの?」 「当たり前だ。何も知らずに片親なんて嫌だろ。それと真美も職を探せ。もう誰も生活費を運んでこないのだから。あっ、この土地と家を売れば暫らく暮らせるか。どちらにしても売らなければ、慰謝料や財産分与は払えないのだから。じゃあ、俺は明日にでも出て行くから」 浮気した妻を1  2  3  4  5  6




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
久しぶりに再会した酒井若菜似の巨乳美女
2017/01/17 08:04
2017/01/17 08:04
俺が前に勤めてた会社で、わかな(当時20歳)が派遣社員で入社してきた。

一緒に働いた期間は三ヶ月だけだったけど、
わかなは年齢の割にすごくしっかりしていて、仕事覚えるのも早くノリがいいので部署にもすぐに馴染んでた。

他にも派遣の女の子は何人かいたんだけど、わかなはダントツで仕事が出来て、周囲からも人気があった。

外見は酒井わかなにちょっと似ていたので、わかなとしておく。

ちなみに巨乳なのも一緒。

 
俺(当時25歳・シン)は学生当時に木更津キャッツアイを見てたこともあり、酒井わかながけっこう好きだった。

何とかあの巨乳をモミモミできんもんかなーと思いながらも、仕事は激忙し…
【妹との告白体験談】 布団の中、妹と裸で
2016/04/25 10:18
2016/04/25 10:18
布団の中、妹と裸で子供のころ歳の離れた妹のお願いやおねだりは何でも聞いていたので、妹に凄く慕われていた。 兄妹仲が良いというより、妹がやたら俺に懐いていたという感じ。もちろん俺も色々とつきまとってくる妹にまんざらでも無く、親のおつかいなんかでも二人そろって買い物に行ったりしてたので近所でも評判の兄妹だった。 妹も小学生になり、俺も中学校へ上がり、俺は思春期に突入し性に目覚め、父親が持っていたエロ本やAVをこっそり拝借する内にオナニーを覚えた。射精の快感を覚えてからというものは、トイレや自室、はたまた下校中などしばらく一人になる時間さえあれば、ちんこを扱いては射精の快感を味わっていた。ある時…
姉の部屋でエッチな漫画本を見つけてしまい・・・
2017/01/26 00:00
2017/01/26 00:00
俺には二つ上の姉がいます。
俺から見て全く性の対象にもならないんですが・・・。
周りからはよく「あんな綺麗な姉がいていいな」って言われますけど、俺から見ると・・・全くと言っていいほどそうは思いません。

高校一年生の時にクラブの先輩から呼び出されて、「お前の姉ちゃんのパンツ3000円で買うから盗んで来い」と言われました。

盗むのは容易いけど・・・噂になったり、誰かにバレたりしたらとそっちの方が気になって断ったんですが、結構気にかけてもらってる先輩だし、一回だけという約束で了解したんです。

姉が休日で部活に行ってる時を見計らって姉の部屋に忍びこんで、姉のクローゼットの中からパンツを…
泌尿器科のクールな女ドクターのチンポに関する生殖器情報については完全に一枚上手であることを知らされた俺の貴重な体験談w
2015/12/03 05:59
2015/12/03 05:59

泌尿器科のクールな女ドクターはソレについて一枚上手であることを示した。【イメージ画像1】


時俺は大学生。
合コンと初めての風俗にハマったこともあり、不特定多数の女性と関係を持ってた。
チンポに違和感、排尿時の激痛(トイレで悲鳴あげるほど)に、ただならぬモノを感じ、性病を自覚。

ベェとは思い…
知り合いのご主人に濃厚な愛撫をうけ、理性がなくなりました
2016/07/08 13:00
2016/07/08 13:00
42歳の主婦です。主人、息子2人の4人家族です。
主人とは学生時代にアルバイトしていたファミリーレストランで知り合い、出来ちゃった婚でした。そのため、男性経験は主人だけでした。次男が誕生して、近所の育児サークルに入り、その中で何人かと知り合いになり、家族ぐるみのお付き合いをしてきました。


かれこれ、10年以上になります。
その中で、ある知人のご主人(2歳下)と関係を持ってしまったのです。
そのご主人とは、育児サークルからのときから、顔見知りであり、よく子供も遊ばせてくれていました。
その時は、そのご主人とそんな関係になるなんて、お互いに思ってもいませんでした。
【近親相姦告白体験談】姉との初体験  ■近親相姦告白■
2015/12/08 07:21
2015/12/08 07:21
今から十年ほど前の事なんですが、思い出しながら書きます。当時の家族は父母、長姉(20)、三つ上の次姉(16)、僕(13)、僕が小六の夏休みのある日の日曜日、父母が親戚の法事があると言う事で夕方まで出かけました。次姉は友達と約束あると午後三時頃帰ると出かけたんで、家には僕と姉ちゃん二人で留守番のような形で残ったというか、僕は何処行く宛もないし・・・毎日暇だしテレビゲームばっかりやってました。その日もソファーに座りゲームをやってると、姉ちゃんが掃除機をかけながら邪魔だから終わるまでどいてと言うので、ソファーから立ち上がり邪魔にならないよう、あっちこっち移動した。ソファーの下やテーブルの下に掃除…
バーで知り合った女の家で狂ったように腰を振った
2017/06/07 02:22
2017/06/07 02:22
先週の大雨の日、なんとなく飲み足りなかったので、雨の中ターミナル駅の近くのよく行くバーに。

バーは大雨のせいかガラガラ。
で、カウンターで一人で飲んでた20代半ばくらいの女性がいた。
数回そこで見たことある女性で、かなり出来上がっていた。
ひとつ空けたカウンターに腰を下ろしてバーテンダーさんに注文。
すると女性が声を掛けてきた。

「外、まだ雨降ってます?」

「ばんばん降ってますよ」
話を聞くと、雨宿りしてたらなかなか止まずに飲み過ごしてたみたいだ。
客はうちら2人しかいなかったので女性の隣に移動して飲み開始。
3、4杯くらい空けてるうちに女性はだいぶヤバい感じになっ…
綾瀬はるか似の義妹
2016/01/06 18:00
2016/01/06 18:00
前々からねらっていた義妹の陽子ととうとうやった。
 ワイフは4歳下の24歳。ワイフもDカップと巨乳だが、陽子はもっとでかい。
 チアリーダーをやっていたとかで、腰はキュッとくびれて尻はボーンと張り出している。
 以前から実家に行く度にいつかチンポをいれてやろうとねらっていた可愛い可愛い義妹だ。そして陽子はいま新婚6ヶ月。先週から旦那が2週間ほど出張とかで我が家に遊びにきた。


披露宴に出席して以来、半年ぶりに会ったが、以前にも増してオッパイがでかくなっていた。後で分かったが92センチFカップ。結婚して毎晩揉まれて乳房が常時充血しているんだろう。
 ワイフが前々か…
息子の友達に (3)
2016/10/15 23:01
2016/10/15 23:01
お互いに身なりを整えさせた鹿島君は、私を夫婦の寝室に連れて行きました。鹿島君は祐次の友達として、以前から家にあがっていたので、私と夫の寝室を知っていたようです。悦楽への欲望と快感の余韻が頭に残ったまま、私は言われるままに寝室に来てしまいましたが、寝室にあるピンク色のシーツのベッドと、紺色のシーツの二つのベッドを見て、その余韻から急に覚めて、絶望的な気分になりました。寝室に入った後、私は呆然と立ちすくんでいました。「ね、ねぇ・・・やっぱり止めましょう。こんなこと間違ってるわよ。あなた、祐次の友達でしょう?こんなこと許されないわよ・・・」 鹿島君はそんな私の言葉などお構いなしに、部屋のカーテンを引…
潮を吹きまくるバツイチのトモミさん
2017/01/09 09:49
2017/01/09 09:49
暇を持て余して、初めて出会い系サイトを利用して3人の女性に会うことができました。 前回は23歳のOLさん、前々回は26歳のOLさんでした。 少し高額を提示しましたが、28歳のトモミさんで、旦那さんと別れて2年になるバツイチさんです。 「パート先が休みで暇してた」というクチでした。 僕より年下でしたが、バツイチだけあって大人な雰囲気がメールからも判り、何となく年上の女性とメールをしているような感じになってしまっていましたが、数日メールのやり取りをしてから、会うことになりました。 トモミさんは少し気だるそうな雰囲気がある、ちょっとエロそうな感じの女性でした。 初日は飲みに行って終わりま…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・私達夫婦のセックス

・【オナニー】妹の下手くそな手コキで発射しちゃいました

・驚愕!人間の女と交尾する海亀 2

・【痴漢】通学途中に満員電車で痴女にしごかれた僕のトラウマ

・驚愕!人間の女と交尾する海亀

・2年付き合った彼女が浮気をしてた完

・つづきのつづき

・【人妻体験談】世話焼き女房のように尽くしてくれる母とドライブに出かけて屋外露出

・俺氏・・・遂に卒業に成功

・乱交クラブと言う未知の体験をしてみた

・【浮気】お嬢様な先輩の彼女のシャワーシーンに興奮して

・チエちゃんのハードな人生

・デリヘルにハマって貯金がやばいことになった

・後輩とえっち

・主人があまりSEXしてくれないので

・【人妻体験談】妻が妊婦になってからSEXを控えクリを愛撫して失禁絶頂させる夫

・【オナニー】パパとオナニーの見せっこ

・一回500円 1

・会社でエロエロな動作で男を誘うOL

・見知らぬ男たちと妻を共有する異常な劣情

・妹とずっと一緒 (妹の成人式)

・【熟女体験談】近親相姦をするようになって30年の母と息子のSEX

・俺の彼女はカウガール?

・彼氏の浮気に彼氏の後輩に報復浮気

・結婚相手に妻を選んだ理由

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・

・【レイプ】甲子園の常連校だった野球部の横暴

・身長体重測定

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた