寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

※僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです5(転載禁止)

2018/01/14 13:18




『私と別れたいなら、そう言えばいいじゃない! そんな作り話してまで別れたいって思ってたの?』
絵理奈は、泣きながら言った。僕は、絵理奈が怒るのも仕方ないと思っていた。こんな話、作り話にしか思えないはずだ。
僕は、ある程度予想通りのリアクションだったので、それほど慌てずに対処できた。

僕は、絵理奈に謝りながら説明を続ける。そして、さやかさんに会って話を聞いて欲しいと提案した。こうなることを予想して、さやかさんには話を通してある。さやかさんは、快く協力してくれると言ってくれた。僕は、さやかさんと肉体関係を持ってしまっているだけに、絵理奈とさやかさんを会わせるのには抵抗はある。でも、これしかないとも思っていた。

そして、不信感と不安でいっぱいの絵理奈と、さやかさんを引き合わせる日が来た。地元に戻るのは人目についてしまうので、さやかさんがわざわざ出てきてくれた。電車では9時間近くかかるので、飛行機でやって来てくれたようだ。

『こんにちは。絵理奈さん? 本当に可愛いのね。隆行君が自慢するわけねぇ〜』
さやかさんは、挨拶もそこそこに絵理奈に話しかける。相変わらず清楚でおしとやかな雰囲気だ。とても子供が三人もいるとは思えない若々しさも持っている。
でも、僕はこの清楚な顔の下にある、淫らすぎる顔を知っている。さやかさんに誘われ、何度も何度もセックスをした。僕は、笑顔で挨拶をしながらも、正直少し勃起しかけていた。
『そんな事ないです。さやかさんの方が、ずっと綺麗です』
絵理奈は、さやかさんの美しさに少し気圧されているような感じがする。でも、僕から見たら二人とも本当に美人だと思う。そして、どことなく雰囲気が似ているというか、姉妹に見えなくもない。

『ふふ。ありがとう。これも、しきたりのおかげなのかもね。じゃあ、隆行君の家に行こうかしら?』
さやかさんは、少し意味ありげな言い方をして微笑んだ。移動する間、二人は普通の女子の会話をしていた。東京のショップの話や、服や化粧品の話、カフェの話等々だ。とてもこれからあの狂ったしきたりの話をするとは思えない雰囲気だ。

『へぇ、綺麗にしてるのね。絵理奈ちゃんがしてあげてるのかしら?』
さやかさんは、僕の部屋を見て言う。確かに、いつも絵理奈が綺麗にしてくれている。ほとんど同棲しているようなものなので、いつの間にかそんな感じになっていた。

絵理奈は、さっきまでとはうって変わって緊張した顔になっている。
『そんなに緊張しないでね。私も最初は動揺したし迷ったけど、いまは幸せよ。本当に幸せ』
さやかさんは、噛みしめるように言う。
『で、でも、違う人に抱かれるんですよね? いつでも受け入れなきゃダメなんですよね?』
絵理奈は、不安そうな顔で質問する。
『そうよ。でも、みんな良い人よ。とっても大事にしてくれるわ。間違えないで。無理矢理犯されるわけじゃないのよ』
さやかさんは、落ち着いた口調で話を続ける。絵理奈は、色々と疑問をぶつけていき、さやかさんはそれに答える。

『……最初はイヤだったんですよね?』
『そうね。もちろんイヤだったわ』
『じゃあ、いつからイヤじゃなくなったんですか?』
絵理奈は突っ込んだ質問をする。
『……最初の時からよ。イヤだったのは、入れられる直前までだったわ。大勢に見られながら入れられて、すぐにイッちゃったわ』
さやかさんは、そんな説明をする。僕は、その瞬間を見ていた。確かに、入れられたときのさやかさんは、どう見ても嫌がってなかった。

『……ご主人さんはイヤじゃなかったんですか?』
『そりゃ、イヤがってたわよ。でも、あの人も私と同じ。その日のうちに目覚めちゃったの』
さやかさんがそんな説明をする。
『えっ? 目覚める?』
意味がわからないという顔の絵理奈。無理もないと思う。
『そう。寝取られ性癖ってヤツね。聞いたことない?』
さやかさんが絵理奈に質問する。
『それって、奥さんや恋人を他人に抱かせて興奮しちゃうって言うヤツですか?』
絵理奈は、ちゃんと知っているようだ。
『そうよ。でも、彼は寝取られ性癖の一番すごいヤツで、寝取られマゾってタイプかな?』
さやかさんは、そんな説明をする。当然、絵理奈はそれの意味を聞いた。

『そうね。見せた方が早いかもね。隆行君、ちょっとコーヒーでも飲んできて。さすがに君には見せられないから』
さやかさんはそんな事を言う。僕は、そんな風に言われて少し寂しいと思いながらも、絵理奈に僕との関係を秘密にしようという気遣いだなと思い、部屋を出た。

そして、たっぷり1時間くらい経った後、電話で呼び戻された。
『ありがとう。よくわかったよ。ちょっと考えさせて』
絵理奈は、かなり落ち着いた顔になっていた。
『じゃあ、一緒に駅まで行こうかな?』
さやかさんは、絵理奈に声をかける。絵理奈は、今日はもう帰る気持ちのようで、さやかさんにはいと言って帰り支度を始めた。

僕は、どうなるだろうなと思いながら、正直さやかさんの事を思い出していた。というよりも、さやかさんとの乱れた日々を思い出していた。

さやかさんとは、本当に沢山セックスをした。さやかさんの1年のお勤めが終わったあとに、本当に沢山した。さやかさんは、他の奥さんと違って、1年のお勤め後は漁師達とセックスをしなくなった。たぶん、次期社長の嫁という立場もあっての事だと思う。
さやかさんは、その欲求不満を僕にぶつけていたのだと思う。

すると、インターホンが鳴った。僕は、もしかして里奈が戻ってきたのかな? と、思い、電話に出ずにすぐドアを開けた。そこにいたのはさやかさんだった。

『戻ってきちゃった。隆行君の顔見たら、我慢できなくなっちゃったよ』
さやかさんはそう言って抱きついてきた。そして、僕にキスをしながらペニスをまさぐってくる。息遣いが荒く、僕に抱きつく力も強い。
舌が荒々しく僕の口の中をかき混ぜ、痛いくらいに吸い付いてきたりもする。僕は、一気に興奮状態になってしまった。
それでも僕は、
「ダメです。絵理奈が……」
と、言った。
『大丈夫よ。だって、絵理奈ちゃんはみんなに抱かれるんでしょ? 私とするくらい、たいしたことじゃないわ』
さやかさんは、興奮した顔のまま言う。そして、僕のズボンのボタンに指をかけて脱がせてくる。あっという間にペニスが剥き出しになった僕。理性が飛びそうだ。

『ふふ。やっぱりこれが一番好きよ』
さやかさんはそんな事を言いながら、躊躇なく僕のペニスをくわえてきた。すぐに舌が絡みついてきて、強烈なバキュームも始まる。僕は、すでに射精感すらわき上がってきてしまった。

『美味しい。それに、すごく固いわ。彼女とはあまりしていないの?』
さやかさんは、さっきの清楚な顔は消え失せて、淫乱な痴女のようになっている。僕は、最近はしきたりの件でギクシャクしていて、セックスしていないと話した。
『じゃあ、今日はたっぷり出来るわね。昔みたいに、おまんこザーメンで溢れさせてくれるでしょ?』
さやかさんは、フェラチオしながら僕にそんな事を言う。上気した顔、荒い息遣い、そして、見下ろす形になっているので胸元やスカートの中まで丸見えだ。さやかさんは、一時よりもかなりスリムになっている。でも、昔の痩せすぎな感じまでは戻っていない。胸の大きさは、たぶんそれでもDカップくらいはあるんじゃないかと思う。

そして、スカートの奥には下着はなかった。全くの無毛のアソコに、肉便器と書かれた入れ墨がはっきり見えている。へアを伸ばして隠す気はないのだろうか? 子供には、どうやって説明しているのだろう?

「そ、それ、消さないんですか?」
僕は、つい聞いてしまった。
『え? 消さないわよ。だって、本当のことだもの』
さやかさんは、さらに脚を広げて言う。よりクッキリ見えてきたアソコ。クリトリスに、ピアスがぶら下がっているのが見えた。僕が驚いていると、
『可愛いでしょ? パパの趣味なのよ』
と、笑顔で言ってきた。
「兄とは、その……してるんですか?」
僕は、兄との事を質問した。
『してないわよ。私がされるのを見てるだけよ』
さやかさんは、僕のペニスを弄びながら言う。
「えっ!? またみんなとしてるんですか?」
驚きのあまり声が大きくなってしまった。
『違うわよ。全然関係ない人達よ。ネットで探したりした単独さんよ』
さやかさんは涼しい顔で言う。やっぱり、さやかさんも淫乱が抜けなかったんだなと思った。結局、あの集落の奥様方は全員淫乱だ。1年のお勤め後も、公然とセックスを続けている人ばかりだ。さやかさんも、本当はそうしたいんだろうなと感じた。
「そんな事してるんですか? どうして兄としないんですか?」
『だって、パパがしてくれないんだもの。どうしても見たいって、聞かないの』
さやかさんが変化したように、兄も変化してしまったのはわかっていたが、改善する見込はなさそうだ。

『ほら、早くして。もう、こんなになってるのよ。ずっと隆行君の入れて欲しいって思ってたんだから』
そう言って、さやかさんはアソコを指で拡げ始めた。すぐにタラぁっと蜜が流れ出て、フローリングの床に落ちていく。あっという間に液だまりが出来てしまった。

僕は、そんな卑猥なさやかさんを前に、もう我慢できなくなってしまった。さやかさんを押し倒すように床に寝かせると、スカートをまくり上げてペニスを突き立てた。…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
主人が爆睡している間に強姦魔に侵入されて犯されてしまいました。。。
2015/10/10 11:30
2015/10/10 11:30


先日の出来事で主人には未だに話せないままになっていることがあります。




6月に台風が来た時の夜中の話しです。




前日の夜は主人も早く帰宅し、


早々に食事を済ませ二人ともあまりお酒を飲めないので、


テレビを見たり二人ともお風呂を済ませていました。




「明日は会社の異動で送別会をするから、ちょっと遅くなる」


そういってソファーに佇んでいる私に声を掛けてきました。




肩を抱いてくる主人に顔を傾け胸に抱かれるように寄りかかりました。




二人ともパジャマに着替えていたので、


H体験談。。人妻事務員とイケナイ関係
2016/04/08 16:44
2016/04/08 16:44
社員達が退社して誰もいない研究室。
独り黙々と試験を行っていた夜。
通路を歩いてくる足音。

誰だろう、誰もいないはずなのにと思っていたら、
「Zさん今晩は~」という声。
事務員のKさんだった。おずおずと俺の方へ歩いて来た。

俺25歳独身。
Kさん29歳の人妻美人、子ナシ。

引っ張り試験機に向かったまま、「まだ、いたの?」と聞くと、
「私達以外、みんな帰ったわ」と言う返事。

「Zさん、一緒に食事しましょう」と言う。
「ちょっとね、話を聞いて欲しいの」と言う。

居酒屋へ行って話を聞くと、
「旦那の出張が多くて全然構ってくれない。旦那の親に会うと、
早く孫の顔が見たいと言われる・・・」

25歳の美白のハーフ美人お姉さんの処女喪失SEX
2018/06/21 12:10
2018/06/21 12:10
2週間前から本格的に隣人のウクライナ人ハーフのお姉さんと付き合い始めました。



25歳のマリアお姉さん。

日本人のお父さんとウクライナ人のお母さんの間にできたハーフのお姉さんです。

日本生まれだから日本語しか話せない。

あ、英語は少し話せますね。


僕は23歳のサラリーマンです。

僕が5才、マリア姉ちゃんが7歳の頃から遊んでた幼馴染なんです。

マリア姉ちゃんは、ずっとバージンでした。

モデルよりきれいで、すごい美人なのに25歳でまだバージンなんて!

僕は小さいころからずっとマリア姉ちゃんが好きだった。

可愛くって、とても優しくて。

でもずっと言えないままでしたが、3…
高校2年の夏、母と姉に掃除機オナニーを見られた【エロ体験談】
2017/03/25 09:21
2017/03/25 09:21
親にオナニーを見られたって経験はたまに聞くが
俺が高校生の時、もっと酷い状況を見られた。

高校2年生の頃の夏。

猛暑で殺人的な暑さだった。
俺は全裸になり、シャワーを浴びたんだ。

なぜかムラムラしてきて、シャワーをティムポにあて、
シャワベーションをしていた。

その時はいかなかったが、シャワーを終えて、
身体を拭いていると、なぜか掃除機がそばにあり、
魔が差した俺は、あろうことかオティムティムに掃除機をあてがい、
吸引させた。


全裸でやるその行為はとても刺激的だった。

立ったまま、足を広げ怒張したティムポやタマ、
肛門を吸引した。

さらに、口をあんぐりと大きく開け、
目をくる…
★若い男の激しいSEXに身体が
2016/05/16 14:28
2016/05/16 14:28
 日曜日の午後、わたしは主人に「友達とお茶と買い物して来るね」と告げて出かけて来ました。その友達が娘の家庭教師くんである事と、お茶と買い物の間に行く所がある事は省略したけど…。旦那は手のかからない人で、この日も「ああ、行っといで」なんて感じで笑顔で送り出してくれました。

 じゃね、と言って旦那の顔を見た時、ちょっぴり胸がドキドキしました。正直、旦那とはレスです。今から抱かれに行くわたしに何の疑いもなく笑顔を見せる主人に、思わず、一回りも年下の男の子に抱かれて来ますって言ってしまいそう…。
 旦那の事は決して嫌いになった訳でもなく、今のわたしは若い彼の激しいセックスに夢中になってしまってい…
【セクハラ体験告白】職権乱用になるのかな?
2016/05/25 12:37
2016/05/25 12:37
27歳の水道工事業者です。マンションの建設時に配管の設計、施工図、打ち合わせ等を行ってます。 もちろん建設完了後のメンテナンスもです。 ある日私が担当したマンションの一室から不動産屋さんを通してトイレが詰まっていると連絡を受け工具を持って見に行きました。 オートロックを解除してもらいエレベーターに乗って部屋へ行き呼び鈴をならすと出て来たのは10後半20代前半位の女の子★ 身長150前後で細身、胸は身長のわりに大きめ♪ と、テンション上がりますがまずは修理が先決ですトイレの水を流すと溢れそうな位すぐ水が溜まるので原因はう○この詰まり(笑)圧洗管を回して修理完了女の子に原因が汚物であったことを伝…
妻の母親と2人だけで留守番したら…
2017/01/21 08:00
2017/01/21 08:00
今年のお盆に嫁の実家に行った時の話です。
俺は直樹30歳、嫁は理恵25歳、義母は江美子48歳です。
昨年の12月に義父の洋平が急病で他界して今年は初盆なので10日から1週間、妻の実家に行くことにしました。事件が起こったのは妻が友人と会うことになっていた13日です。俺たち夫婦は家でも全裸で抱き合って寝ていますから、妻の実家でも2階の妻のベッドで全裸で抱き合って寝ています。


12日の夜も激しくセックスをして眠りました。13日は朝立ちでビンビンに勃起している俺のチンポを理恵がフェラしてくれて目が覚めました。
理恵が「おチンチンが欲しくなったぁ~!」
と言うので、毎朝し…
お尻愛の智恵美さん
2018/07/31 10:04
2018/07/31 10:04
15年前、集団検診で引っかかってしまった。大腸がん検診をしに検査機関へやってきた。お尻に穴の開いた紙っぽいパンツを穿かせられた。 「そこに寝てください。」 「はい。」 女性だった。私と同じ年か2、3才くらい下に見える。綺麗な人だったので恥ずかしかった。磔状態にされた。お尻の穴に何か挿された。空気が入っていく。腹が張る。お尻からバリウムが入れられた。この頃、内視鏡ではなかった。 「これから撮影します。回転しますからびっくりしないでください。」 男性の声だ。オペレーターは男だった。磔のまま回転した。ちょっと怖かった。 やっと終わってさっきの女性が入ってきた。 「今外しますね。」 お尻から管を外した…
駐在中にむさぼった熟女と処女のロシア人女性
2017/01/25 10:00
2017/01/25 10:00
結構前の話です。私は貿易会社でロシアの駐在をやっていました。
大学でロシア語を専攻していた関係でちょくちょくロシアには行っていたのですが2年もの長期駐在は初めてでした。
私は前任者から仕事を引き継ぎ、ロシア人の事務を新たに募集しました。当時(今もかもしれませんが)のロシアは失業率が結構高くて、事務の募集に100人以上の応募がありました。履歴書を見て10人くらいに絞込み、面接をしました。


20代後半の若造に・・・と言われないように比較的若い人を残しました。
それにしてもまぁ若いロシア人はスタイルもいいし、色は白いしで魅力的な娘がたくさんいます。
しかも自分の魅力を…
【熟女体験談】息子のオナニーを手伝うのは近親相姦にあたりますか?
2015/12/27 18:02
2015/12/27 18:02
2015/12/27 (Sun) こんばんは。

わたしは38歳で専業主婦をやっております。


近親相姦?かどうかわかりませんが、現在わたしは週に2~3回のペースで12歳になる一人息子の性欲を処理をしてあげています。


事のきっかけは友人との会話でした。


私「最近、○○君(友人の息子)どう?まだ暴れるの?」

友人「実はあれからね、すっかり大人しくなったの」


私「へぇ、よかったじゃない。

カウンセリングか何か受けたの?」

友人「違うのよ。

ある人に方法を教わったんだけどね。

誰にも内緒よ?息子のアレをね、手コキで抜いてやってるの。」

私「え・・・抜くって?…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【近親相姦】リア充な姉と童貞中学生の俺[第1話]

・友達の嫁のキョウコちゃんと、ヘルス嬢の天使マミさん

・再従姉の幼馴染と結婚した

・【近親相姦】高校生の娘の白い太ももに興奮して

・初恋の子の娘で童貞卒業して、その後初恋の子と結婚した話

・先輩の彼女が突然フェラしてきて筆下ろしまでしてもらった

・【人妻体験談】息子の体育祭でレイプされた妻は肛門まで犯された

・夫の横でセクハラされるなんて

・【Hな体験】お化け屋敷の待機中に巨乳娘とこっそりエッチ

・ずっと好きだった君へ最後のラブレター(※)

・友達の爆乳彼女寝とって童貞卒業したった

・PTAの地区大会のお泊まりでマッサージ師2人に犯された人妻を目撃

・そしてまた次の日も義弟が求めるまま、セックスしてしまいました・・・

・人妻のブラをずらして綺麗な乳首を

・【人妻体験談】近所の不良少年たちに二度も無理やりレイプされた

・【熟女体験談】韓国からの留学生に妻を寝取らせた後、妻に魂まで抜けるほどの長く大量な射精をした

・【近親相姦】男って飲んであげると喜ぶよね!

・愛した女性は学友の母

・夫婦の旅行先で起こった出来事の話

・女装した状態でJK助けたら懐かれてしまった

・電車の中で刃物で脅され・・・高2の悲しい初体験

・CFNMプールで同級生の男の子が、すっぽんぽん

・人妻とのSEXを叶えたくて

・【女×女】自分のことを男だと思っているレズな女子中学生

・【人妻体験談】性感マッサージにヨガる箱入り娘だった貞淑な妻

・【熟女体験談】部下の人妻OLにいきなり即尺フェラされ快楽の虜になって中出し不倫SEX

・飲み会の帰りに

・イキたくてイキたくてお願いしました

・メル友の麻衣子

・【Hな体験】濃霧が教えてくれた野外エッチの醍醐味