寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

浮気した妻を(3)

2018/01/14 12:51


「そうか、クリは嫌か。それなら止めよう」
「イヤ・・・クリもイイー・・・イキそう・・・イク・イク・イク」
「まだイクなよ。クリは嫌だと嘘をついた罰に、また待て!だ。」
「イキたい・・・イキそうなの・・・イカせて・・イクー」
「待て!」
「イヤー・・・待て!はイヤー・・・イケ!と言ってー」
まるで犬の調教でもしているようだが、不思議なのはこんな屈辱に素直に従っている妻だ。
本当にこの女は私の妻なのだろうか?
「イク・イク・イク・イク」
妻が今にも登り詰めようとした瞬間、北村は絶妙のタイミングでバイブを離した。
「イヤー・・イヤー」
「クリは嫌なのだろ?中でイキたいのだろ?中でイカせてやるから、その格好のまま指でオマンコを開け・・・・・・・もっと」
あの妻が、これにも黙って素直に従う。
「恥ずかしい格好だな。真美には羞恥心は無いのか?」
「恥ずかしい・・でも・・でも・・早く・・・我慢出ない・・・・」
「入れてやるから、オマンコに入っていくところを見てろ。目を逸らすなよ」
「ヒィィー」
ピンクのバイブの半分が一気に妻の中に消え、最初は焦らすかのように、ゆっくり出し入れされていたが、低いモーター音が聞こえ出すと同時に速さを増して行った。
「待て!」
「アッ・アッ・アッ・アッ・・待て!は・イヤ・・・・待て!は・・イヤ・・」
「待て!」
妻は必死に我慢していて、今までの高い喘ぎ声は低い唸り声に変わっていく。
「ウウー・・・ウッ・・ウッ・・・ウウウー」
「まだ待て!だぞ」
「ダメ・ダメ・ダメ・・・イケ!と言ってー」
その瞬間、またバイブは抜き去られる。
「イヤー・・・・もう・イヤー」
あの気の強い妻が泣いてしまった。
「仕方ない。今度はイカせてやるが、イケ!と言ってからだぞ。返事は?」
「はい・・・・はい」
北村はバイブを一回り太い透明の物に代え、今度は四つん這いにさせると後からズブリと差し込んでスイッチを入れる。
妻は瞬く間に駆け上がり、身体を支える両手が震えていた。
「まだ待て!だ」
「もう・・もう・・もう」
「イケ!と言うまでイクなよ。まだ待て!だぞ」
「アッ・アッ・ウゥー・ウゥー」
手だけではなくて、妻の全身が震えだす。
「もう許してやるか・・・・・・・・イケ!」
「ヒッ・ヒィィー」
「イッたか?」
「はい・・・イッたから切って・・・もう切って・・・アッ・アッ・アッ・・」
「駄目だ。もっと思い切りイッてみろ・・・・・・・・・イケ!」
「ヒィー・・・・ヒィィィィィィィー」
妻はバタリとうつ伏せに崩れ落ち、お尻だけを何度もピクピクと持ち上げた後、ぐったりと動かなくなってしまった。
「涎まで垂らして。そんなに良かったのか?」
北村がそう言いながらバイブを抜いても、妻は返事もしないで死んだように横たわっている。
妻を仰向けにしようとしている奴のオチンチンを見ると、流石に若いだけあって早くもまた大きくなっていたが、私よりも多少大きいかと思える程度で、特別立派だとは思えない。
しかしこれも若さなのか、私とは違ってヘソに付きそうなほど反り返っていた。
妻はこの反りと硬さに屈服したのか?
しかし、そうでは無い事をこの後知る。
「何を休憩している。今度はオチンチンの番だろ?休憩などしていられないように、もう少しこれを塗ってやろう。今度は中にも」
北村は横に置いてあったビンの蓋を開けると、指ですくい取って妻に塗り込む。
「お薬はイヤー・・・・中が熱い・・・イヤ・イヤ・・・中が熱い・・・熱い」
妻は待ち切れずに自分で触りながら、一人上下に腰を使っている。
「恥ずかしい・・・独りでイッちゃう・・・ちょうだい・・・早くちょうだい」
「何を?」
「アーン・・・・オチンチンです・・・・オチンチンください・・・」
「どんなオチンチンが欲しい?」
「焦らさないで・・・・大きなオチンチン・・・硬く大きなオチンチンですー」
北村は妻に覆い被さり、最初から終始早いストロークで責め続け、すぐに「イケ!」
と言って妻を難なくイカせ、休ませて欲しいと言う妻の言葉を無視して抱き起こし、座って抱き合った格好のまま暫らく動いてから、両膝の裏に腕を差し込んで抱き締めて、妻の身体を持ち上げ落すを繰り返した。
「ヒィー・・ヒィー・・奥まで・・・奥まで・・・・ヒィー」
「イッてもいいぞ。ほらイケ・・・・・・・イケ!」
「イクー・・ヒィィー」
それでも奴は許さずに、妻を抱き締めたまま後に倒れると、変わらぬストロークで下から突き続ける。
「アッ・アッ・アッ・・もうイヤ・・・もうイケない・・・・イケ!と言わないでー」
「駄目だ。まだまだイカせてやる。イッてもいいぞ・・・・・・・イケ!」
「イク・ヒィィー・・・・・・・・もうイケ!はイヤー・・・・イケ!はやめて」
「まだまだだ。今度はもっと激しくイケよ・・・いいな?・・ほら・・・・イケ!」
「また・・また・・・イク・イク・イクー・・・・ヒィー・ヒィー・ヒィィィー」
この後も体位を変えて思う存分責め続け、私との時は「まだ出さないで。もっと」としか言わない妻に「もう許して」と言わせたばかりか「これ以上されたら、死ぬー」
とまで言わせてしまう。
おそらく妻はこの連続した、いつ終わるとも知れない快感に平伏したのだ。
それも散々我慢させられた後だけに尚更だろう。
普通の夫なら、嫉妬から遠に飛び込んで行って殴っているかも知れないが、私は音を立てないようにその場を離れた。
私は妻を、もう愛していないのか?
しかし私にも、嫉妬が無い訳ではない。
ただ、妻の中に他の男が入った嫉妬ではなくて、事あるごとに私を罵り、逆らい続ける妻を思い通りに操って、従わせている若造に対しての嫉妬だ。
私は脱衣場に行くと、北村のズボンから車のキーを抜き取って会社に戻り、キーを失くした慌てようを想像しながら待っていると、奴は5時前になって戻ってきて、スペアキーを持つと慌てて出て行こうとした。
「そんなに慌ててどうした?」
「午前中に寄った得意先で、車のキーを失くしてしまって・・・・・・」
「他の商談は?」
「それは電車で行って済ませました」
「それなら、そんなに慌てることは無い。今日は車で来ているから、帰りに私が乗せて行ってやろう」
北村は不安そうな顔になって、急に歯切れが悪くなる。
「いえ・・・・得意先の・・・少し邪魔になる場所に・止めてしまったので」
「それなら、今すぐに行こう」
「いいえ・・電車の方が・・・速いので」
「それなら駅まで乗せて行ってやる」
車の中でも落ち着かず、絶えず貧乏揺すりをしていた。
「課長はこれから・・・」
「ああ。少し早いが、今日はこのまま帰ろうと思う」
「えっ・・・・・」
北村が驚くのも無理は無い。
ここからでは道路が空いていれば電車と左程変わらず、すぐに電車が来なければ、むしろ車の方が早いかも知れない。
「課長!甘えついでに、一つ先の駅までお願いできますか?」
奴も考えたものだ。
一つでも我が家から遠くなれば、それだけ電車の方が有利になる。
「子供が生まれるのは来月だったか?」
「えっ?ええ、来月です」
私の話に身が入らない。
「この時期、男は我慢出来なくなる頃だから浮気には注意しろよ。最近は、自分の子供を一度も抱かせてもらえずに、離婚なんて事もよくあるらしいからな」
北村は動揺し、横目で私をチラチラ見ている。
「男の浮気は昔から多かったが、最近は主婦の浮気も多いらしいぞ。もしも奥さんが浮気したら、君ならどうする?」
「いいえ・・・・考えた事も・・・・」
「そうか。私なら女房と相手から慰謝料をガッポリとって離婚だ。その後相手には社会的制裁も加えて・・・・・・。いや、その前に私の女房は美人でもないし、気が強いだけの女だから心配はないか。そんなもの好きな男はいないな。ハッハッハッ」
駅に着くと、北村は焦って車を降りた。
「遠くまで、ありがとうございました」
「ああ、心配いらない。高速を使うから」
「えっ!高速!」
北村の顔から血の気が引く。

浮気した妻を1  2  3  4  5  6







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
体育祭の打ち上げで初めて女の子の家に行きました
2017/12/04 22:49
2017/12/04 22:49
体育祭の打ち上げをした後の話です。


打ち上げ終了後、僕は友達のMと、女子のKと話していました。

みんなで何処かの家に泊まろうかと言っていたのですが、泊まる場所が無いのでKの家に泊まることになりました。

女子の部屋は初めてなので僕とMは緊張していましたが、いろいろ話しているうちに緊張もほぐれてきました。

僕は打ち上げのとき飲み物を飲みすぎてしまったので、トイレに行きたくなり、Kに案内してもらいました。


Kの家はトイレと風呂が同じ部屋にあるので、トイレに行こうとすると風呂に入る前に脱いだ服があるんでとても気になりました。
その後Kは、「風呂入る?」と聞い…
プールで童貞狩り・・2/2
2016/05/13 21:32
2016/05/13 21:32
■プールで童貞狩り・・2/2(お姉さんの告白) 三人ともセックスというものを初めて体験して異常な興奮でしたが、一通り終えると疲れた様子でした。 「ねえ、シャワーを浴びない?」さゆりと真理は素っ裸のまま、見ず知らずの少年の家でお風呂場へ行き、シャワーを遣いました。 「さゆりさん、童貞狩りって凄く興奮するわ!守君って小さかったけど以外とタフで感じちゃった。」「雄二君は歳の割には立派だったわ。 それにタフだし・・でも、健司くんは新鮮よっ!」「さゆりさん、どうする?」「そうねぇ・・あのぶんだったら、未だ大丈夫かも?」「ふふっ・・」「うふふっ・・」シャワーでオマンコを奇麗に洗い、部屋へ戻りました。三人…
【人妻体験談】課長の奥さんと、、、 
2016/02/13 02:31
2016/02/13 02:31
とうとう念願がかなった。 前から狙っていた課長の奥さんを犯す事ができた。 社内ナンバーワンと言われていた同期入社の雅美が結婚したのは1年前、ショックをうけたのは私一人ではなかったと思う。 しかも上司である課長とは、、、しかしチャンスはやってきた。 ある日、課の飲み会で課長が「最近仕事がきつくてアレの時に勃たなくなっちゃったよ。」とボソッと言ったのを私は聞き逃さなかった。 酔った勢いで、ある計画を同期のYとSに相談すると彼らものってきた。 早速、課長の自宅で飲み直しましょう、と半ば強引に3人で課長の家へ押しかけた。 案の定、奥さんになった雅美がピンクのブラウスとミニスカートという服装で接…
山○線で・・【エッチ体験談】
2016/01/14 08:56
2016/01/14 08:56
初めまして。初投稿です。 今日、山○線で朝の8時頃に電車に乗ったら痴漢されちゃいました。 私はちょっとマゾでおじさんが大好きなので、ビックリしながらも少し嬉しいと思いつつ黙ってされるがままになってました。 初めはお尻とか腰に手があるなぁ・・位にしか思ってなかったのですが、スカートを捲くられ紺パンとパンツの間に器用に指が1本入ってきました。 前後に指が動いてちょっとガサついた太い指がクリトリスに当たるか当たらないかの所で寸止めされるので触って欲しい・・なんて思っちゃいました。(普段はバス登校なので、電車登校の通勤ラッシュにまだ慣れてなくて、お尻とかが汗だく…
放置プレイの末に・・・
2017/01/07 19:49
2017/01/07 19:49
俺はよく電車などで痴漢をして辱められた女の姿を見て楽しんでいる。 ある時ふと思った。 どうしようも無い格好で人前に放り出されたら、どんな事になるんだうって。 そこで友人が働いてるネカフェに仲間と合計3人で行った。 そこはあまり人気が無く、週末でもガラガラなのをいい事に、男も女もちょっと覗くとオナニーしてたり、露出して楽しんでる姿は珍しくない所です。 店員の友人に前もって打ち合わせをしておき、店員は彼一人という状況になってもらった。 聞くと結構かわいい感じの子がいるらしく横のブースにしてもらった。 覗くと二十歳前後のかわいい子が漫画を読んでいて、テーブルには飲みかけのジュースがあっ…
他の男のモノを受け入れる彼女②
2015/11/23 01:01
2015/11/23 01:01
中出しOKのかわいい彼女とのSEXも、 それが当たり前のようになると少し飽きてくるらしい。レイトショーが始まった直後の、映画館の男子トイレの個室。 今日の美奈は、黒の皮ジャケットにボーダーのインナー、 ジーンズ生地のミニスカに黒いニーソックスという格好で、 個室の壁に手を付き、尻を突き出しオレに背中を向けている。オレはというと、スカートを美奈の腰まで捲りあげてピンクのヒモパンをほどき、美奈の背中に置いた。 それから、勃起したアソコの先をマンコの割れ目に沿って上下に擦りつけている。 美奈の白いお尻は小ぶりで、揉んだり叩いたりするとすぐ赤くなった。   白い肌と黒いニーソックスを履いた足がスラっと…
マンションの屋上で 【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/26 14:46
2017/08/26 14:46
今日は割と早く帰れて良かった。 なかなか観られなかった、あのDVD観よう…。そんなこと考えながら、 自宅マンションのエントランスを抜けて、エレベータにむかう。 一人暮らしの私にはちょっと家賃は高いけど、セキュリティのしっかりしたマン ション。前のアパートはよく下着も盗まれたりしたし、夜遅く帰ってきてほっと 出来るんだから、ここに引っ越してよかった。 エレベーター、上へのボタンを押してしばらく待つ。ああ、また上の階へ行ったまま なんだ。降りる時には、一階ボタンを押してよね、もう。 家賃高めのマンションのせいで、入居者は中高年夫婦も結構多い。 おじさんおばさんって、マナ…
風呂に入ったことがきっかけで・3
2018/03/19 20:01
2018/03/19 20:01
日曜日、のんびり起きてダラダラ過ごす。 姉はどこかに用事があるようで、昼前から外出して夜には帰ってきた。 夜でもテレビ付けていれば、一人で居間にいることができるようだ。 今日は飲まない。 のんびりと話す。 どうも、姉は飲むとエロくなりやすいようだ。 昨日のことは、謝ってきた。 そのままエロトークする。 「昨日の舐めるのは、どこで覚えたの?」 「どこでって、どこかな」 「あれ、すごいよ。今まで一番気持ちいいくらいだった」 「飲んでいて、感じやすかっただけじゃないの?」 「それもあるけど、それだけじゃない」 俺は自分がイクことよりも、女の子の反応やイク姿に達成感や満足を覚える。 だから、長く舐める…
姉の包茎治療
2016/08/04 23:02
2016/08/04 23:02
あれは僕が高校2年の夏休みの時です(8年前) 当時包茎だった僕は包茎手術を真剣に考えていました でもお金なんかあるわけが無く、部活でバイトもできないので どうしようか悩んでいました 修学旅行までには何とかしたかったのです そこで大学生だった姉に10万円貸してくれないかと相談しました 「なんでそんな大金がいるの?」って聞いてきましたが 「いや、ちょっと欲しい物がある・・」って誤魔化してましたが 「いじめられてるの?」って真剣に心配してくるので 仕方なく理由を正直に言いました 姉は最初はとまどっていましたが、クリニックに電話してくれて 値段や入院するのか、手術方法などを詳しく聞い…
スタイルが良くて、たまらない身体をしている姉と温泉旅行でセックスしました
2017/07/19 09:52
2017/07/19 09:52
先日憧れだった姉と先日セックスすることが出来ました。
童貞だった僕に姉は色々と教えてくれました。
その時の話をしていきたいと思います。

5つ年上の、僕の姉は結構さばけた性格で人をからかったりする傾向はあるものの本質的には優しく、家にいた時も出てからも色々と僕の世話も焼いてくれたりしてました。
スタイルも良く、DかEはありそうな胸にくびれた腰、お尻も結構大きくてジーンズ姿などはセクシーで格好いい感じです。

高校の頃から姉の女性的な部分を意識してしまい、姉のことを想像しながらオナニーをしたりもしていました。
でも極端に意識しなかったのはやはり姉が就職して家を出て行き、距離が置かれた…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・まあいつものセックス大好き妻の話なんだ。

・同じマンションの人妻さんの話です【エロ体験談】

・【Hな体験】メガネ女医が裏スジを刺激するように何度も塗り薬を

・ノーパン女子校生

・他の男の精液

・妻が混浴でハンドマッサージを受ける

・【痴漢】OL風のかなり美人な2人組に満員電車で遊ばれた

・OLですが、エッチな気分でアダルト映画館に行ったら、大勢の男達に……

・熟女の色気がたまらない義母のデカい尻にぶち込みたくなって…

・知的美人のOLが借金苦で

・出会い系の人妻から、セフレ募集の人妻を紹介された

・変態マゾ性癖の元カノを野外で部下に犯させた【エロ体験談】

・小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の完全中出し 3【SEX体験談】

・自転車に乗れない女

・【人妻体験談】3P乱交浮気をした後に妻に欲情し犯すようにSEXしたくなる変態夫

・小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の完全中出し 2【SEX体験談】

・【近親相姦】両親のセックスの声を聞きながら兄と

・今までで興奮した変態的な行為を告白するターイム!

・ S級美少女を調教した結果⇒俺とのSMを楽しむ淫乱M女になっちゃったwwwwww

・★小さな温泉地の小さなストリップ小屋

・小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の完全中出し 1【SEX体験談】

・後輩との関係

・人妻さんの膣内の体温を直にチンチンで感じながら・・・

・タックル姫(純情編)

・美人でエッチな女に生まれた私のリッチな生活

・芸能関係者を旦那に持つ人妻の、美人ゆえの悲惨な過去

・【人妻体験談】初々しい新人若妻デリヘル嬢を調教し、愛人契約を結んだ話

・【熟女体験談】高校時代のカマトト熟女教師は性処理扱い出来る便利な先生だった

・★エロDNDは遺伝する事を実感

・他人妻のレンタルサービスを行っております