寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

浮気した妻を(2)

2018/01/14 11:28


(やけに早いな。携帯のバイブをクリに当てただけでは無くて、自分でオマンコも触っただろ?オナニーは禁止してあったのに、これではオナニーと同じだ)
〔ごめんなさい〕
(明日はお仕置きだな)
私は目を疑った。
こんな従順な妻では無いはずだ。
こんな受身で、下手にばかり出ている妻では無いはずだ。
私と知り合った頃のように、また猫を被っているのか?
私はすぐに告げるのをやめて、2人の行為を見てみたくなった。
翌日北村の予定を見ると、午後に大事な商談が有るだけで、後は挨拶程度の得意先しか入れてない。
北村は出社してすぐに営業に出たので、私も理由をつけて会社を出る。
離れた場所に車を置いて自宅に向かうと、案の定会社の名前が入った車があった。
私の勤め先を知っている近所の人は、これでは私が帰っていると思って疑わなかったことだろう。
この家の主であるはずの私が、まるで泥棒のように音をたてずに鍵を開け、ドアを閉めるのにも10秒以上の時間を掛けて入って行ったが、何処にも人の気配は無い。
今度は隣の義父が住んでいた家に入ろうとしたが、玄関は鍵が掛かっていてスペアキーも持っていないので裏口にまわる。
この家は古くて、裏口の鍵が壊れたままになっているのを知っていたから。
また足音を立てずに細心の注意を払いながら摺り足で入って行くと、当の2人は私の苦労も知らずに、ドタドタと入って行っても気づかないほど大きな声で、風呂でキャッキャと騒いでいた。
「キャー、やめて、下着が濡れちゃったわ」
「うるさい!どうせ違うお汁で濡らしているくせに。俺のやり方が嫌なら、やめて帰るぞ?」
急に妻のトーンが落ちる。
「ごめんなさい。真美が悪かったです」
何とあの妻が13才も年下の若造に怒られ、反発もしないで素直に謝っている。
それどころか子供のように、自分の事を可愛く真美と呼ぶ。
当然妻が奴に迫り、上司の妻だという立場を利用して関係を続けさせていたと思っていたが、会話を聞く限りそうではなさそうだ。
私とのセックスがそうであったように、行為は我侭な妻主導で進むと思っていたが、これもそうでは無いようで、嫉妬よりもその事が不思議で堪らなくなり、飛び込んで行くのをやめて、もう少し様子を見ようと思った。
「ほら、この方が乳首もオマンコも透けて見えて、裸よりもずっと厭らしく見えるぞ」
「今日は下着のままするの?」
「ああ、もっとローションを垂らして、早く始めろ」
急に話し声が聞こえなくなったので近付いて耳を澄ますと、ヌチャヌチャという音が聞こえてきたので、妻が何をさせられているのか想像はついた。
「今日は時間がないから、もう洗い流して次に移れ」
ここにはシャワーがないのでお湯を汲んでかける音がして、その音が止むと今度はチュパチュパと棒の付いた飴でも舐めているような音が聞こえてくる。
「もっと唾液を溜めて激しく・・・・・もっと奥まで入れろ」
「ウグッ・・・・大きいから・・これ以上は入らない」
その後グチュグチュとより大きな音が聞こえ。
「ウウッ・・一度出したくなったが、何処に出せばいい?このまま口か?」
「・・・・・・・・・」
「真美は何のためにピルを飲んでいる?」
「あなたに・・・自由に使ってもらえるように・・・・・いつでも好きな時に・・・中で出してもらえるように・・・・・・・」
「それなら何処に出したらいい?」
「・・・・真美の・・・・・・」
「聞こえない!」
「真美のオマンコに」
「よし。布団は敷いてあるだろうな」
「えっ・・・またあの部屋で?あそこは嫌。お願い、ここで・・」
「駄目だ。昨日禁止してあったオナニーをしたから、あの部屋で待て!のお仕置きだ」
「許して。すぐにお布団を敷いてきます。あの部屋でもいいから、待て!のお仕置きだけは許して」
妻が濡れた真っ赤な下着を着けたまま、身体を拭きながら飛び出してきたので咄嗟に身を隠したが、妻の慌てようを見て、待て!のお仕置きとは何なのか気になって仕方ない。
久し振りに見る下着の張り付いた妻の裸に見とれていると、パンツを穿いた北村が出てきたが、流石にサッカーをやっていただけあって、太腿とふくらはぎの太さが目を惹く。
奴は暢気に鼻歌を歌いながら奥の部屋に消えて行ったが、そこは十畳の仏間だ。
これは私にとっては好都合。
そこなら障子の下がガラスになっていて、縁側の廊下から十分覗ける。
少し遅れて近付くと、妻の鬼気迫る声が聞こえてきた。
「お薬はイヤ・・・・・・それを使うのは許して」
薬とは穏やかではないので慌てて目だけを出して覗いたら、妻は部屋の真ん中に敷かれた布団の上で、四つん這いの格好でじっと動かず、後ろに胡坐を掻いて座っている北村に、小さなビンに入った液体をオマンコに塗り込められていた。
「どうだ?これはすぐに効いてくるだろ?」
「熱い・・・アッ・アッ・アッ・・・触って・・熱いの・・・・」
妻はお尻を激しく振ってせがみ出し、北村はビンの蓋を閉めながら笑っている。
「もう触ってもいないのに、どんどんお汁が溢れてくるぞ」
「熱いの・・・アッ・アッ・・熱いの・・・ちょうだい・・・早く・ちょうだい」
「入れてやるが真美はイクなよ。昨夜オナニーした罰として待て!だ。いいな?」
北村は一気に後ろから入れたが、私は他人の情事を覗いているかのように、止めるのも忘れて股間を硬くしていた。
風呂での行為が尾を引いているのか、媚薬と思われる薬が効いているのか分からないが、北村が数回出し入れしただけで、妻は早くも登り詰めようとする。
「アッッ・・アアッ・・・もうイク・・・イク・イク・イク」
「駄目だ。まだ待て!だ」
「イキたい・・お願い・・待て!は・イヤ・・・アアアー・・・お願い」
「仕方ない奴だ。それならこの間のように、お父さんに謝ってからイケ。ちゃんと謝ってからならイクのを許可してやる」
そう言われると妻は横を向いて、仏壇の中の義父の写真を見た。
「アッ・・お父さん・・ゴメンナサイ・・・アアー・・・こんな娘で・ゴメンナサイ・・真美は・イキマス・・・・アアーン・・お父さんに見られながら・・イキます」
北村はこれをさせたくてこの部屋にしたのか?
それにしても謝るなら義父ではなくて、どうして夫の私に謝らないのかと、そんな下らない事を考えていた。
「いい?・・・謝ったから・・・イッてもいい?・・・イク・イク・イク」
「こら!まだイクな。何をしてもらっているのか、お父さんに報告するのを忘れているぞ」
「アッ・アッ・アッ・・・・真美は・・お父さんの前なのに・・・太いオチンチンを・・入れてもらっています・・・・真美は今から・・アアー・・・太いオチンチンで・・エッ?・・・・・イヤー・・・イヤ・イヤー」
北村は出すまでの時間稼ぎをしていたようで、妻がイク寸前に出してしまい、妻は何とかこのままイキたくて、狂ったようにお尻を擦り付けていたが、あっさりと抜き去られてしまう。
「イヤー・・・・もう少しだったのに・・・・イヤー・イヤー」
「本当にイカせてもらえると思ったのか?オナニーをした罰に、待て!のお仕置きだと言っただろ」
「もう逆らいませんからイカせて・・・・・こんなのイヤー」
妻は恥も外聞も無く、身体を支えていた片方の手を秘部に持って行って触りだす。
しかし、それに気付いた北村に、手首を掴まれて引き離されてしまった。
手が退けられた妻のオマンコからは、北村の出した白い物が垂れているのが見える。
「何をしている!誰が自分で触っても良いと許可した。早く汚れたオマンコを拭いて、俺のオチンチンを舐めてきれいにしないか」
「でも・・・・・でも・・・・・」
枕元にあったティッシュで拭いてから、四つん這いのまま向きを変えた妻は、膝立ちになっている北川を縋る様な目で見詰めながら、手も使わずに目の前にあるオチンチンを口に含んだ。
「そんな目で見るな。フーッ・・・分かったから、あの箱を持って来い」
妻は四つん這いのまま急いで仏壇の横まで行き、押入れを開けて綺麗な化粧箱を持って来ると北村の前に置く。
北村は箱を開けて何やら選んでいたが、妻も箱の中を覗きこみながら、待ち切れずにまた自分で触りだした。
「アッ・・アッ・・早く・お願い・・・・早くー」
「早くして欲しければ自分で触っていないで、バイブちょうだいをして待て」
それを聞いた妻は慌てて布団に仰向けに寝て、両膝をしっかり胸に抱えた。
これでは北村の位置からは、お尻の穴まで丸見えだろう。
「今日は時間がないから縛らないが、どんなに感じても最後までその体勢を崩すな」
「はい・・・・早く・・・」
北村はピンクのバイブを取り出すと、スイッチを入れて妻の秘部にもって行く。
「イヤー・・・早く入れて・・・イヤー・・そこはイヤー」
「イヤ?真美はクリをこうされるのも好きだろ?」
「クリも好き・・・アアーン・・でも・中でイキたい・・・・中で・・・・・」
そう言いながらも、妻が登り詰めて行くのがわかる。

浮気した妻を1  2  3  4  5  6







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
■腰に力入らなくなった出来事
2018/03/28 20:41
2018/03/28 20:41
 痴漢されたばっかの私は今ホームで休憩中。さっきまで指が中にまで挿入されて、新宿着くまでさんざんクチュクチュかき回された。しかもクリ同時に責められるテク。パンツの上からゆっくりなぞられて、じわじわ感じるから始まって

 パンツのクロッチよじって指が直に触れ最初のビクッ!割れ目を前後に丁寧に往復されてたちまちグジュつくわ、クリで腰がたまに跳ねるわ、悔しいほど翻弄されて唇噛んでると、不意打ちの膣にイン撃沈。

泥酔女専門で夜のパトロール
2017/05/21 20:01
2017/05/21 20:01
ちょいと前の話。その日も泥酔女専門で夜のパトロール。 謀観光有名都市駅近くのカラオケ店前で座りながらぼーっとメールしてる女の子を発見。 しばらく様子を見ていたのだが、すぐ近くに野郎がたむろってたので、声は掛けずにいた。 因みにそいつらの何人かもその女の子を物色してた^^しばらくすると立ち上がり駅に向かって歩きだした。 のだが、案の定ふらふら、ゆらゆら泥酔女特有の動き。 で、駅前の横断歩道で待ってる所をいよいよ声掛け。 というより本当にふらふらでいつ車に轢かれてもおかしくない状態。 すかさず腕を掴んで「赤」。このシーンは本当「猟奇的な彼女」のシーンみたく決まった。 「危ないですよ」と次の言葉。…
秘密基地の秘事 (友達との体験談)
2016/01/14 21:00
2016/01/14 21:00
小学生の頃ってさ、よく大きなゴミが捨ててあるような所に友達と秘密基地みたいなの作らなかった?んで、ご多分にもれず雨だか何だかに濡れたエロ本も捨ててあるから、親の目に触れない基地は絶好の隠し場所にもなるんだよ。 ある日、友達よりも先に基地に行ったら、誰かがすでに基地にいるんだよ。 クラスは違うけど同じ学園の子が真剣にエロ本見てた。驚かせようと大声出して入っちゃったら、もうガタガタ震えて泣きはじめた。そういう自分も内心混乱してんだけど、とっちめてやろうかと踏み込んだ手前上、何か罰を与えなきゃいけない。 「ま・・・ママにいわないでぇ・・・」気…
【妹との告白体験談】篤と
2017/12/14 18:38
2017/12/14 18:38
私は寝苦しい夏の夜など私はよくノーブラでTシャツそれに短パンの姿で寝入ることがあります。 汗っかきな私にはその服装でも寝汗でびしょぬれになることもあります。 その夜も寝苦しくて掛け布団も掛けず。 ラフな姿で寝入っていました。 しかし真夜中に急に重く暑苦しい感じが私を襲い私は目を覚ました。 しばらく頭がはっきりしないで自分の置かれた状況を自覚できませんでしたが、やがて弟の篤が私の体にのしかかっていることに気がつきました。 慌てて離れようとしましたが、弟は私より三つ下と言ってもすでに14歳になると顔立ちは子供でも体格は大人になるものです。 女性でも小柄で細身の私では引き離すことは出来ませんでし…
【人妻体験談】ターゲットは童貞クン
2016/04/28 12:02
2016/04/28 12:02
34歳の主婦です。 私の主人は夜勤が多くて、夜はいないし昼は寝てるしで、かなり放置されてます。 最近は童貞クンをターゲットに絞って、出会い系サイトで遊びまくり。 何故童貞クンがターゲットかというと、無理なことはしてこないのと、復活が早くて何回もできるから。 私、性欲は旺盛かもしれないけど、過激なプレイってあんまり好きじゃないのよね。 最新の童貞クンとのエッチは先週。 まだ20歳そこそこの男の子で、彼女がいたこともなかったみたい。 ホテルに入る時から、緊張しているのがわかって可愛かった。 お風呂でほぼ真上を向くアソコをフェラしてあげたら、 「やばい!」を連発したかと思ったら、顔と口にいっぱい出…
【姉との告白体験談】 WEBカメラで姉弟相姦チャットプレイ
2016/05/10 11:43
2016/05/10 11:43
2008/11/04 20:25┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者【お姉ちゃんから、いつもの注意書き】◆長編ですので、お時間のある時に読んで下さいね。 ◆例によって、童貞キモヲタの妄想ですので、許してやってね。 ◆作者クンは、本当に姉思いのイイ子だから、あんまりイジメないでね。六歳年上の、僕の姉は超美人。しかもグラビアアイドル並みのナイスバディ。性に目覚めた年頃の時、そんな対象が身近にあったら、アナタなら、我慢できますか?多くの人は、普通、兄弟姉妹に対してそんな感情は抱かない、と言うのでしょう。それが、正常というものかもしれません。だけど僕には、到底無理だったのです・・・。何…
【女性】先輩から呼び出されてイケメン2人との4Pに参加した体験談
2016/01/27 00:30
2016/01/27 00:30
【女性】先輩から呼び出されてイケメン2人との4Pに参加した体験談 こないだ女の先輩から急に呼び出されました 話を聞いてみたらイケメン2人にナンパされたけど一人で困ってるって言ってました 先輩とは好みもあうので準備して出かけました 行ってみると思ったほどタイプではありませんでしたがまあ悪くなかったので そのまま部屋までついていきました お酒を飲み出してトイレにいってるとバイブの音と喘ぎ声が聞こえてきました 戻ってくると先輩は上半身裸でうしろから羽交い絞めでおっぱいをもまれ 下半身はパンティ一枚でその上からバイブをあてられて感じていました 「先輩エロイネ~しばらく見てな」 と放置プレ…
半年ほど前のこと
2017/09/30 20:19
2017/09/30 20:19
去年の秋のこと。 ヶ月の子供を託児所から車で連れて帰る途中、止まっていた車にぶつけてしまいました。 車の中には怖そうなお兄さんが人いて、人とも降りてきました。 「ごめんなさい、ちゃんと弁償しますから。」と、謝ったのですが、 「こりゃあ、外車だし万はかかるよ。」と言われ、「そんな、、」と言ってしまいました。 そのことに怒ったお兄さん達は私と子供をあるマンションへ連れて行きました。 「奥さん、この子いくつ。」 「まだヶ月です。」と言っている間に子供が泣いてしまい、 「奥さん、お腹すいているんじゃないの。」と言ってくるんです。 「そうみたいです。だから家に帰ってミルクを飲ませたいのですが、」と言うと…
会社のゴルフコンペで妻がローターを入れて社長とゴルフしていた話
2016/02/27 16:02
2016/02/27 16:02
私が会社に入社して5年になる。

社員50人程の小さな会社であるが、

業績も良く社内の雰囲気も良い。

社長を始め、社員の多くがゴルフをすると聞き、

同僚の勧めもあって私も始めた。

取りあえず、道具を買い揃えゴルフ練習場通いの日々。

同僚と何度かコースを回り、ハマり始めた今日この頃である。

ゴルフ練習場も一人では淋しいと、

妻の道具を買い揃え付き合ってもらう事にした。

妻も初めは嫌がっていたが、何度か通ううちに楽しくなった様だ。

妻も大分上手く打てる様になったある日、

妻と2人で夜、ゴルフ練習場に向かった。

金曜日の夜とあって、多くのお客さんで賑わっていた。

「お~高橋…
【人妻体験談】妻がAVに出演し中出しされてました
2015/10/04 10:29
2015/10/04 10:29
私は36歳で普通のサラリーマン、妻の由香は34歳パート勤め子供は1人10歳です。 最近は不景気で私の会社もリーマンショックの影響も有りました。 会社はボーナスカットで年収も去年と比べて2割減と成りました。 妻も去年からスーパーのレジ打ちのパートに出ています…其の割には 妻の服装も派手に成りブランド品のバッグや私の見たことの無い 宝石や時計を沢山持っていて、私が訪ねると独身の頃に購入した物だ と言い訳をしています。 最近は夜の夫婦生活も妻が「…疲れているから…」と最近拒み出し既に3ヶ月以上も SEXレス状態です、私は少し妻の不倫を疑い出しました… 携帯もロックが掛けられて有りますし、電源を切…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・20年のセックスレスの果てにこの世の極楽【人妻体験談】

・まあいつものセックス大好き妻の話なんだ。

・同じマンションの人妻さんの話です【エロ体験談】

・【Hな体験】メガネ女医が裏スジを刺激するように何度も塗り薬を

・ノーパン女子校生

・他の男の精液

・【痴漢】OL風のかなり美人な2人組に満員電車で遊ばれた

・OLですが、エッチな気分でアダルト映画館に行ったら、大勢の男達に……

・女子寮に先輩と侵入して寝ている中国人社員をレイプ

・夫に言えない過去

・変態マゾ性癖の元カノを野外で部下に犯させた【エロ体験談】

・Color

・小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の完全中出し 3【SEX体験談】

・40過ぎの人妻とやったったw

・自転車に乗れない女

・■人妻のエロ満足感に対する対価

・小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の完全中出し 2【SEX体験談】

・【近親相姦】両親のセックスの声を聞きながら兄と

・今までで興奮した変態的な行為を告白するターイム!

・★小さな温泉地の小さなストリップ小屋

・後輩との関係

・妻の彼氏と俺の彼女

・友人達のセフレにされるのが快感

・タックル姫(純情編)

・美人でエッチな女に生まれた私のリッチな生活

・芸能関係者を旦那に持つ人妻の、美人ゆえの悲惨な過去

・【人妻体験談】初々しい新人若妻デリヘル嬢を調教し、愛人契約を結んだ話

・【熟女体験談】高校時代のカマトト熟女教師は性処理扱い出来る便利な先生だった

・幼馴染のお姉ちゃんと34年ぶりに再会して・・・。

・★エロDNDは遺伝する事を実感