寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

浮気した妻を(2)

2018/01/14 11:28


(やけに早いな。携帯のバイブをクリに当てただけでは無くて、自分でオマンコも触っただろ?オナニーは禁止してあったのに、これではオナニーと同じだ)
〔ごめんなさい〕
(明日はお仕置きだな)
私は目を疑った。
こんな従順な妻では無いはずだ。
こんな受身で、下手にばかり出ている妻では無いはずだ。
私と知り合った頃のように、また猫を被っているのか?
私はすぐに告げるのをやめて、2人の行為を見てみたくなった。
翌日北村の予定を見ると、午後に大事な商談が有るだけで、後は挨拶程度の得意先しか入れてない。
北村は出社してすぐに営業に出たので、私も理由をつけて会社を出る。
離れた場所に車を置いて自宅に向かうと、案の定会社の名前が入った車があった。
私の勤め先を知っている近所の人は、これでは私が帰っていると思って疑わなかったことだろう。
この家の主であるはずの私が、まるで泥棒のように音をたてずに鍵を開け、ドアを閉めるのにも10秒以上の時間を掛けて入って行ったが、何処にも人の気配は無い。
今度は隣の義父が住んでいた家に入ろうとしたが、玄関は鍵が掛かっていてスペアキーも持っていないので裏口にまわる。
この家は古くて、裏口の鍵が壊れたままになっているのを知っていたから。
また足音を立てずに細心の注意を払いながら摺り足で入って行くと、当の2人は私の苦労も知らずに、ドタドタと入って行っても気づかないほど大きな声で、風呂でキャッキャと騒いでいた。
「キャー、やめて、下着が濡れちゃったわ」
「うるさい!どうせ違うお汁で濡らしているくせに。俺のやり方が嫌なら、やめて帰るぞ?」
急に妻のトーンが落ちる。
「ごめんなさい。真美が悪かったです」
何とあの妻が13才も年下の若造に怒られ、反発もしないで素直に謝っている。
それどころか子供のように、自分の事を可愛く真美と呼ぶ。
当然妻が奴に迫り、上司の妻だという立場を利用して関係を続けさせていたと思っていたが、会話を聞く限りそうではなさそうだ。
私とのセックスがそうであったように、行為は我侭な妻主導で進むと思っていたが、これもそうでは無いようで、嫉妬よりもその事が不思議で堪らなくなり、飛び込んで行くのをやめて、もう少し様子を見ようと思った。
「ほら、この方が乳首もオマンコも透けて見えて、裸よりもずっと厭らしく見えるぞ」
「今日は下着のままするの?」
「ああ、もっとローションを垂らして、早く始めろ」
急に話し声が聞こえなくなったので近付いて耳を澄ますと、ヌチャヌチャという音が聞こえてきたので、妻が何をさせられているのか想像はついた。
「今日は時間がないから、もう洗い流して次に移れ」
ここにはシャワーがないのでお湯を汲んでかける音がして、その音が止むと今度はチュパチュパと棒の付いた飴でも舐めているような音が聞こえてくる。
「もっと唾液を溜めて激しく・・・・・もっと奥まで入れろ」
「ウグッ・・・・大きいから・・これ以上は入らない」
その後グチュグチュとより大きな音が聞こえ。
「ウウッ・・一度出したくなったが、何処に出せばいい?このまま口か?」
「・・・・・・・・・」
「真美は何のためにピルを飲んでいる?」
「あなたに・・・自由に使ってもらえるように・・・・・いつでも好きな時に・・・中で出してもらえるように・・・・・・・」
「それなら何処に出したらいい?」
「・・・・真美の・・・・・・」
「聞こえない!」
「真美のオマンコに」
「よし。布団は敷いてあるだろうな」
「えっ・・・またあの部屋で?あそこは嫌。お願い、ここで・・」
「駄目だ。昨日禁止してあったオナニーをしたから、あの部屋で待て!のお仕置きだ」
「許して。すぐにお布団を敷いてきます。あの部屋でもいいから、待て!のお仕置きだけは許して」
妻が濡れた真っ赤な下着を着けたまま、身体を拭きながら飛び出してきたので咄嗟に身を隠したが、妻の慌てようを見て、待て!のお仕置きとは何なのか気になって仕方ない。
久し振りに見る下着の張り付いた妻の裸に見とれていると、パンツを穿いた北村が出てきたが、流石にサッカーをやっていただけあって、太腿とふくらはぎの太さが目を惹く。
奴は暢気に鼻歌を歌いながら奥の部屋に消えて行ったが、そこは十畳の仏間だ。
これは私にとっては好都合。
そこなら障子の下がガラスになっていて、縁側の廊下から十分覗ける。
少し遅れて近付くと、妻の鬼気迫る声が聞こえてきた。
「お薬はイヤ・・・・・・それを使うのは許して」
薬とは穏やかではないので慌てて目だけを出して覗いたら、妻は部屋の真ん中に敷かれた布団の上で、四つん這いの格好でじっと動かず、後ろに胡坐を掻いて座っている北村に、小さなビンに入った液体をオマンコに塗り込められていた。
「どうだ?これはすぐに効いてくるだろ?」
「熱い・・・アッ・アッ・アッ・・・触って・・熱いの・・・・」
妻はお尻を激しく振ってせがみ出し、北村はビンの蓋を閉めながら笑っている。
「もう触ってもいないのに、どんどんお汁が溢れてくるぞ」
「熱いの・・・アッ・アッ・・熱いの・・・ちょうだい・・・早く・ちょうだい」
「入れてやるが真美はイクなよ。昨夜オナニーした罰として待て!だ。いいな?」
北村は一気に後ろから入れたが、私は他人の情事を覗いているかのように、止めるのも忘れて股間を硬くしていた。
風呂での行為が尾を引いているのか、媚薬と思われる薬が効いているのか分からないが、北村が数回出し入れしただけで、妻は早くも登り詰めようとする。
「アッッ・・アアッ・・・もうイク・・・イク・イク・イク」
「駄目だ。まだ待て!だ」
「イキたい・・お願い・・待て!は・イヤ・・・アアアー・・・お願い」
「仕方ない奴だ。それならこの間のように、お父さんに謝ってからイケ。ちゃんと謝ってからならイクのを許可してやる」
そう言われると妻は横を向いて、仏壇の中の義父の写真を見た。
「アッ・・お父さん・・ゴメンナサイ・・・アアー・・・こんな娘で・ゴメンナサイ・・真美は・イキマス・・・・アアーン・・お父さんに見られながら・・イキます」
北村はこれをさせたくてこの部屋にしたのか?
それにしても謝るなら義父ではなくて、どうして夫の私に謝らないのかと、そんな下らない事を考えていた。
「いい?・・・謝ったから・・・イッてもいい?・・・イク・イク・イク」
「こら!まだイクな。何をしてもらっているのか、お父さんに報告するのを忘れているぞ」
「アッ・アッ・アッ・・・・真美は・・お父さんの前なのに・・・太いオチンチンを・・入れてもらっています・・・・真美は今から・・アアー・・・太いオチンチンで・・エッ?・・・・・イヤー・・・イヤ・イヤー」
北村は出すまでの時間稼ぎをしていたようで、妻がイク寸前に出してしまい、妻は何とかこのままイキたくて、狂ったようにお尻を擦り付けていたが、あっさりと抜き去られてしまう。
「イヤー・・・・もう少しだったのに・・・・イヤー・イヤー」
「本当にイカせてもらえると思ったのか?オナニーをした罰に、待て!のお仕置きだと言っただろ」
「もう逆らいませんからイカせて・・・・・こんなのイヤー」
妻は恥も外聞も無く、身体を支えていた片方の手を秘部に持って行って触りだす。
しかし、それに気付いた北村に、手首を掴まれて引き離されてしまった。
手が退けられた妻のオマンコからは、北村の出した白い物が垂れているのが見える。
「何をしている!誰が自分で触っても良いと許可した。早く汚れたオマンコを拭いて、俺のオチンチンを舐めてきれいにしないか」
「でも・・・・・でも・・・・・」
枕元にあったティッシュで拭いてから、四つん這いのまま向きを変えた妻は、膝立ちになっている北川を縋る様な目で見詰めながら、手も使わずに目の前にあるオチンチンを口に含んだ。
「そんな目で見るな。フーッ・・・分かったから、あの箱を持って来い」
妻は四つん這いのまま急いで仏壇の横まで行き、押入れを開けて綺麗な化粧箱を持って来ると北村の前に置く。
北村は箱を開けて何やら選んでいたが、妻も箱の中を覗きこみながら、待ち切れずにまた自分で触りだした。
「アッ・・アッ・・早く・お願い・・・・早くー」
「早くして欲しければ自分で触っていないで、バイブちょうだいをして待て」
それを聞いた妻は慌てて布団に仰向けに寝て、両膝をしっかり胸に抱えた。
これでは北村の位置からは、お尻の穴まで丸見えだろう。
「今日は時間がないから縛らないが、どんなに感じても最後までその体勢を崩すな」
「はい・・・・早く・・・」
北村はピンクのバイブを取り出すと、スイッチを入れて妻の秘部にもって行く。
「イヤー・・・早く入れて・・・イヤー・・そこはイヤー」
「イヤ?真美はクリをこうされるのも好きだろ?」
「クリも好き・・・アアーン・・でも・中でイキたい・・・・中で・・・・・」
そう言いながらも、妻が登り詰めて行くのがわかる。

浮気した妻を1  2  3  4  5  6







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
遠い昔の妹との禁断の経験を想い、失われていた元気が回復した
2018/06/22 02:00
2018/06/22 02:00
俺たちのSEXの実況中継を聞いてください。

その日は、早めに夕食と入浴を済ませて、その後火照った身体を冷まそうとTVを観ながら過ごしていた。

俺は、これからのことを想像して胸がドキドキし、股間は硬くなってしまい一言も声が出なかった。



妹も黙ってTVを観ていた。

そして、身体の火照りも収まってきたので妹に声をかけた。

俺)もうベッドに行こうか?

妹)ウン

と言って、寝室へ向かった。

ベッドに並んで腰掛け、俺は妹を抱き寄せてキスをした。

何度も口づけを交わし舌を絡ませ、しだいに息使いが荒くなってきた。

俺はキスをしながら妹のパジャマのボタンを外していった。

パ…
ご近所さんに…
2017/09/02 19:19
2017/09/02 19:19
私は結婚10年目の28才の主婦デス。 数年間の転勤生活を経て、地元に家を建てて帰ってきました。 私が住んでる場所は田舎なので、近所の人もみんな在宅中は基本的に鍵をかけません… そんな平和な油断がいけなかったみたい……… 日中寝室で、引っ越しの荷解きをしていたんだけど、音楽聴いてて玄関開いたのにも気が付かなくて… 寝室に押し入られるまで気が付きませんでした(;_;) 先日の公民館の集まりに居た男性が人… 未だ名前すら知らない人です。 私はすっかりパニくっちゃって、 『何ですか』何て間抜けな台詞しか出てこなくて… そのままいつも旦那に抱かれてるベッドに押さえ付けられてしまいました…。 いざとなる…
転職して憧れの法律事務所の受付に転職した結果⇒社長にセクハラされまくってるんだがwww
2017/07/10 12:02
2017/07/10 12:02
先日、転職して憧れの法律事務所の受付に転職しました。

そこはとても小さな会社で、女性は私一人、あとは男性が5人いました。

初日の月曜日は右も左もわからない状態で大変でしたが、

二日目の火曜日になると、いくつか仕事も覚え、楽しくなってきました。

その会社は水曜日が休みなので、明日は休みだと浮かれていましたが、

帰り際に、「明日は社内研修があるので、できれば参加して欲しい」

と社長に言われました。

まだ新人なので断るわけにもいかず、

「わかりました」と答えました。

翌日、社内研修に参加しました。

どうやら緊急時の対応や、けが人に対する処置の仕方を学ぶ研修のようでした。

最…
俺に彼女が出来た途端、誘惑してきた女友達【エッチ体験談】
2016/09/22 10:10
2016/09/22 10:10
今から10年以上前のエッチな思い出です。

大学1年生の時、俺は飲食店でバイトをしていた。

同僚のK美は同い年の女子大生。

サッパリした性格で好感を持ってはいたが、恋愛対象ではなかった。

身長155センチほど、やや痩せた華奢な感じのする女の子だった。

K美には高校時代から付き合っている彼氏がいて、その彼氏はバイト先に迎えに来ることもあり、俺も何度か話をしたことがある、中々の好青年。

K美と俺はウマが合い、バイト中にバカな話をよくしていて、彼氏の悪口なども聞かされていた。


気兼ね無く付き合える女友達って感じ。

そのときにはノロケとして聞いていたのだが。

当時俺には彼女が…
【逆レイプ】覗きの代償に僕はM男の道に進むことに・・・【レイプ体験談 レイプ・痴漢・輪姦】
2017/02/01 08:19
2017/02/01 08:19
いつも皆さんの性体験を拝見させていただいております。お礼というわけではありませんが、私の性癖を決定付けた体験を告白します。僕が中学2年生のときの話です。そのころ、僕らの間では覗きが流行ってました。主に銭湯を友達と覗きに行きました。そのことを思い出して家でオナニーする毎日でした。僕はオナニーが大好きで(今でもw)毎日数回は必ずしてました。さらに、欲情すれば駅やデパートのトイレでもしょっちゅうしてました。ある日、家から適度に離れた銭湯に一人で覗きに行きました。ボイラー室に忍び込み友人が開けた穴から女子風呂を覗いていました。これまで何度も一人で覗きに来て、覗きながらオナニーをしていました。その日も…
同居している未亡人の義母にバックで中出し
2016/10/02 09:00
2016/10/02 09:00
同居の義母と関係したのは、結婚間も無くでした。
23歳で痩せた妻と打って変わり義母はむっちりな45歳!
たまたま平日に義母と休みが一緒になり、妻が仕事に出ていて義母と2人きりになりました。暑い日で義母は薄いワンピース姿でした。
朝食の洗い物をしてる義母の後ろ姿をじっくり観察。ワンピースの中に大きな尻を包む下着が透けて妙に興奮してしまいました。


というのも、義父を3年前に亡くした義母が、俺達の営みを聞きつつオナニーをしているのを俺は知っていたからです。

チンポが勃起して短パンの前が膨らんだことを確認してから、洗い物をしてる義母の後ろに立って「手伝おうか?」

「…
妹「は、はじめまして……これからよろしく……」
2017/10/31 01:28
2017/10/31 01:28
幼馴染(以下:幼)「なぁ」 男「ん?どうしたんだ?ここ2年の階だけど」 幼「いいんだよ、お前に用があるんだから」 男「そか、で、一体何?」 幼「ここじゃ話しにくいんだ、今日帰りヒマか?」 男「その予定だけど」 幼「じゃあ、久しぶりに一緒に帰ろうぜ。その時に話すよ」 男「わかった………なんだよ一体……」 男「で、話ってなんだよ」 幼「せっかちだな、そんなに急ぐなって」 男「そりゃお前がいきなり改まって話があるとか言うからだろ」 幼「そりゃあそうなんだけどさ」 男「話にくいことなのか?」 幼「うん、かなり」 男「ふーん……じゃあ無理に急いで話しなくていいんじゃねーの?」 幼「そういうわけにもいか…
お隣夫婦と行った温泉旅魂で夫婦交換
2018/01/02 00:26
2018/01/02 00:26
クラスのヤンキー女子を叩きながらレイプした
2017/02/11 23:01
2017/02/11 23:01
656 えっちな18禁さん[sage] 2012/01/01(日) 12:57:47.32 ID:95VkAj1t0 中学3年の時に、クラスのヤンキーの女の子をレイプした。 手に付けられない位、気の強い女の子。 今思い出しても興奮する。泣き叫び乱れ悶えていた姿。 674 えっちな18禁さん[sage] 2012/01/03(火) 08:31:56.29 ID:fBkLuS5Z0 その女の子は、授業はサボる、邪魔する等は あたりまえで何かと問題を起こしており 先生たちも手を焼いてる位。 ある日、クラスの女の子と言い争ってるのを注意した事があり その事が気にいらなかったらしく 放課後、その女の子…
高学年になって別々の教室で着替えるようになって
2016/04/11 15:00
2016/04/11 15:00
高学年になって別々の教室で着替えるようになって 体操服は体育がある日にはみんなあらかじめ下に着てたから着替え自体なかったが 水着に着替えるのは低学年の時だけ男女同じ教室だったな とはいえそのぐらいの歳だと大して意識してなかったからなあ でも高学年になって別々の教室で着替えるようになる頃には 服の上からでもわかるぐらい膨らんでる子もいて、こっちも性に目覚めたのもあって 見たくてしょうがなかった 一度だけ、決して覗こうとしたわけじゃなく女子が扉を開けて教室から出てくるところにちょうど通りかかって 反射的に振り向いたら、真正面に素っ裸の女子が見えて逃げるようにその場を去った事は…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・FXで嵌められた慶応卒の女先輩

・【熟女体験談】離婚したバツ一パートおばさんにアダルトビデオを見せられ、筆下ろしをしてもらった

・FXで失敗したエリート女の屈辱

・【人妻体験談】夫婦ゲンカをして飛び出してきた同じマンションに住む奥さんとハメまくってヤリまくり、この不倫を止められそうにない

・可憐の女店主が全裸で土下座した

・ウブな人妻は旦那しか知らない豊満な女体

・40代兄妹の性交

・俺は聖人君子じゃないからなあ・・・

・【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

・【熟女体験談】行きつけのスナックでママと女の子の乳揉みは日常化し、SEXを楽しんだ

・45才の人妻のとても心に残る私の秘密の旅行でした

・凌辱された小学生

・ママ友ともナンパされホテルに行っちゃいました

・揉まれたら理性が崩壊する私の理性は弱いです

・【寝取られ】Aカップの童顔妻を貧乳好きの変態男に抱かせた

・【人妻体験談】専業主婦を調教してリビングでSEXしたが、癖になりそう

・憧れの女性

・弓道部のJKに生挿入したら、ギューッと締めつけてくれた

・情事をDVDに撮るのは考え物です

・私の計画実行(妻を部下に・・・)2

・「彼氏のよりはるかにおっきい…」といい恥ずかしそうに・・・

・【レイプ】バッグの中身を漁られる横で、すでに私は犯されていた

・大嫌いな妹を犯した話

・【不倫】太ももを割って入った主任さんの膝でアソコを擦られて

・「初めてのエッチ」講座

・某地域掲示板の熟女

・【熟女体験談】遅れてやってきた美熟女風俗嬢が本番SEXをさせてくれ、口に受け止めてもらった

・グリーン車

・一夜のM奴隷交換