寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

浮気した妻を(1)

2018/01/14 10:19


私が43才で妻が40才だった1年前、妻の浮気を知った。 知ったと言っても怪しいと感じたのはその半年も前なので、自分の中で現実を認めたのが1年前と言った方が正しいのかも知れない。 私は一応養子ではないが、義父母を看る約束で敷地内に家を建てさせてもらったので、世間から見れば養子と同じで、妻もその様な感覚でいたようだ。 私がそこまでして妻と結婚したかった理由は、美人ではないが口元のホクロが印象的で、どこか男好きのする色っぽい顔とムチムチした厭らしい体を持ちながら、その容姿とは全く違って、お淑やかで一歩下がって男を立てる古風なところに惹かれたから。 しかしそれは、猫を被っていただけで妻の真実の姿ではなかった。 結婚して間もなく妊娠し、その頃から早くも本性を現し始め、妊娠を理由に何もせずに、お茶一杯煎れてはくれない。 それどころか、毎晩のようにマッサージをさせられる。 しかし馬鹿な私は、結婚も最初が肝心と先輩に教えられながら、これは妊娠した事で精神的に不安定になっているのだと思って逆らわなかった。 無事に双子の娘が生まれ、これで普通の生活に戻れると思いきや、今度は育児疲れを理由に私をこき使う。 確かに双子の育児は大変なので、これも妻に言われるまま文句も言わずに手伝ったが、それがいけなかったのか、娘達が小学生になった頃には、私の意見など全く聞かなくなっていて、何でも勝手に決めてしまい、私が口を出そうものなら大変な騒ぎに。 結局私はただ黙って働いて生活費を運び、一歩も二歩も下がって妻の思い通りに行動していれば機嫌が良い。 やがて義母が亡くなり、妻が義父の世話をするようになったが、そんな妻でも義父は怖いのか、義父の家では炊事、洗濯、掃除を卒無くこなし、義父の前では私を男として立てていたが、やはりこちらに戻ってくると、夫どころか男とも思っていない様な態度をとっていた。 「どうして俺と結婚した?」 「専業主婦で良いと言ったし、両親を看てくれると言ったから」 流石に離婚を考えた事もあったが、子供達も可愛くて踏み切れなかった。 いや、子供に託けながら、本当はこんな生活でも変えるのが怖かったのかも知れない。 そんな妻に大きな変化が現れたのは1年半前だ。 幼い頃から厳しく育てられたトラウマなのか、義父の前では家庭を守る良き妻を演じ、子供達の事以外で外出する事はほとんど無かった妻が、義父が体調を壊して急に弱気になり、妻に対して何も言わなくなってからは何かと理由をつけて外出する事が増え、同時に下着も化粧も明らかに派手になった。 髪にも大きなウエーブをかけて、一見安いクラブのママのようだ。 特に義父が入院してからは、それまで押さえ付けられていた重石も取れて、出掛けると午前様になることも度々で、子供達には義父の病院にいたと説明していたが、その病院は完全看護で余程の事がない限り、例え家族でも夜9時には病室から出される。 当然浮気を疑って、最初は相手を調べて叩き潰してやるとさえ思ったが、すぐにそのような熱い気持ちも醒めてしまい、冷静になればなるほど、どうでも良くなってしまった。 それと言うのも妻はセックスが大好きで、大喧嘩した夜でもセックスだけは別だとばかりに迫ってくる。 特に娘達が中学生になった頃からは、寝室の外では鬼のような顔をして文句ばかり言っていても、一旦寝室に入ると毎晩のように猫撫で声で迫ってくるようになり、妻が満足するまで何度でもしてやらないと、終わった後に「夫の勤めも果たせないのか」と罵倒された。 それは私が仕事でいくら疲れていようとも変わらず、断わろうものなら口も利かなくなって、翌日の食卓には嫌がらせのように私の嫌いな物ばかりが並ぶ。 それが、外出が増えてからは迫られることが急に減り、次第にセックスレス状態になっていた。 普通の旦那ならここで不満を漏らし、妻を追及するのだろうが、私はそれで良いと思ったのだ。 鬼のような内面を知ってしまっては、いくら色気があってエッチな下着で迫って来ても性欲が湧かない。 行為中にあれこれ注文を付けられたら、勃起を維持するのも一苦労。 必死にお気に入りの女子社員や近所の奥さんなどを思い浮かべて、何とか奮い立たせていた状態だった。 しかしそんな私でも男としてのプライドはあり、妻に浮気されていると分かれば放ってはおけなくなる。 それで自分の中で妻の浮気を否定して、気付いていない夫を演じていたのだが、病状は軽いと説明されていた義父が入院してから3ヵ月で他界し、49日の法要があった昨年の今頃、妻の妹夫婦が泊まりで来ていたにも拘らず、夜になって友達と食事の約束があると言って赤いワンピースに着替えて出掛けたので、浮気を疑えと妹から指摘されてしまった。 他の者が気付いてしまえば、浮気されていても何も言えない情けない夫だと思われるのが嫌で放ってもおけず、自分でも疑惑を持っている事を認めざるを得なくなってしまう。 一旦自分で認めてしまうと、あんな妻でも心穏やかではなくなって興信所に頼んだが、よくよく考えてみれば浮気された悔しさよりも調べて証拠を得る事で、妻に対して強い立場に立てるかも知れないという思いが強かった。 結局嫉妬心は余り無く、その事で揉めて最悪離婚になってしまっても構わないとさえ思ったのだ。 証拠は指定したその日に取れたが、興信所は証拠を確実な物にする為に、もう少し続けて調べさせてくれと言う。 ラブホに夜の8時に入り、出て来たのが午前1時。 出入りの写真もあって顔や車のナンバーまでもはっきり写っているのに、これ以上何が必要と言うのだ。 2人が裸でセックスしている写真でも撮れると言うのか。 初日に証拠が取れたと正直に言ってきただけ、良心的な興信所なのかも知れないが。 写真を見て、相手の男は誰なのか一目で分かった。 それもそのはず、私の直属の部下で北村という男なのだ。 たしか奴の奥さんは妊娠中だと聞いていたので、自由にセックス出来ない男が浮気したくなる時期だ。 北村は泥酔状態の私を、何度か送ってきてくれた事があったので妻との接点はある。 若い上に大学までサッカーをやっていて、いかにも体力には自信が有りそうだから、あの激しい妻の相手も勤まるのだろう。 帰り道、妻に一番ショックを与えるのは、どのようなやり方なのか考えるが妙案が浮かばない。 それで、まずは2人の付き合いがどの程度のものなのか知ろうと、今まで興味も無かった妻の携帯を覗くことにする。 家に帰ると妻は携帯を握り締めたまま眠っていたので、そっと指を開いて取り上げて見ると、一応ロックは掛かっていたが私を舐め切っているのか、暗証番号は自分の誕生日そのままだ。 しかしそんな大雑把な妻にしては珍しく、メールはこまめに削除しているようで、残っていたのは私が興信所の人と会っている間にやり取りされた、今日のメールだけだった。 (課長は帰って来たか?) 〔まだです。今日は遅くなると電話が有りました〕 (それならゆっくりメールが出切る。それにしても昨日の真美は凄かったな) 〔だって、あんなの塗られたら。もうあんな物は使わないで。〕 (嫌だったか?本当に嫌だったのか?気持ちよかっただろ?正直に言ってみろ) 〔気持ちよかったです。でも怖いから嫌。自分が分からなくなっちゃうから〕 (そんな事を言って、本当は思い出して濡らしているのだろ?触って確かめてみろ) 〔そんな事無い。濡らしてなんかいません〕 (嘘だ。淫乱な真美は濡らしているに決まっている。正直に言わないと、もう逢ってやらないぞ) 〔正直に言いますから明日逢って。濡らしています。あなたを思っていたら、濡れてきてしまいました〕 (正直に言ったから明日逢ってやるが、逢うだけでいいの?して欲しいのだろ?して欲しいのなら、明日オマンコして下さいだ) 〔明日、オマンコして下さい〕 (よし。明日は午前中に真美の家に行くから用意して待ってろ) 〔もう家では嫌。夜逢って。夜ラブホで抱いて欲しい〕 (明日の夜は用が有るし、明後日の夜は友達に会う約束をしている。その次の日の夜からは妻の実家に行くから、それなら暫らく我慢してもらうしかないな) 〔分かりました。明日用意して待っています〕 (それよりも明日まで我慢出来るか?待ち切れずに今夜課長とセックスするなよ。約束を破ったら、もう抱いてやらないぞ) 〔しません。あなたに禁止されてから、一度も抱かれていません〕 (本当か?今まで抱かれていないのは信じるが、今から濡らしていては、今夜辺り危ないな) 〔信じて。あなたに言われた通り、オナニーもしていません〕 (そうか、偉いぞ。でも今夜は危ないから、一度だけ逝かせてやろうか?) 〔オナニーしてもいいの?〕 (駄目だ。今から電話を掛けるから、携帯をバイブにしてからクリを剥いて当てろ。逝けたらメールで報告しろよ) 〔逝きました〕 浮気した妻を1  2  3  4  5  6




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
嬉しかわいい言葉
2017/11/17 23:31
2017/11/17 23:31
いろいろあって付き合いはじめたいつもちょっかい出してくる彼女がいつも俺のことを「あ!Mだ!違ったドMだ!」ってよくいうんだか、こんなことがあった。前、彼女の親友(複雑だがその子も俺のことが好きらしい)が、 「○○(俺)はMだから彼女できないよ、絶対!」と俺と彼女の前でいってきた(俺らが付き合ってることは知らないww)後ろにいた彼女が、手招きして呼んできたんで行ったら、 「ホントはMなんて思ってないよ?心のなかではちゃんと好きって想ってるよ!これからもヨロシクね!」ニコッ って言ってグッドサイン突きだしてきた。かわいくて嬉しくて死にそうだった
アメフトで怪我をして入院した童貞の俺が看護婦さんに筆おろししてもらった話
2017/06/12 00:00
2017/06/12 00:00
これは1年前の話です。

自分はアメフトで怪我をしてしまい入院することになりました。

さて、病院に入院して気になるのは看護婦さんですよね♪

かわいいかな~と見てみると・・・。

最悪です↓↓おばちゃんばっかりでした。

入院して1週間ぐらい経って、

自分はテンションがあがりました。

沢尻エリカ似のきれいな看護婦さん(24)がいるではないか!!

その看護婦さんはとても優しくて、

病人一人一人にフレンドリーに話かけてくれます。

だけど、彼女もできたことがなく、

人見知りの激しい自分は目も合わせられず、

話しもろくにできませんでした。

そんなある日の夜中、

ションベンに行き…
高校時代、バイトしてた温泉旅館で、宿泊客の女性に痴女られました
2016/03/02 12:26
2016/03/02 12:26
僕の住んでいた所の近くには温泉街があった。
そこのある旅館で、僕は高校時代アルバイトで働いていた。

そんなある日、そろそろ仕事を終えて帰ろうとしていた夜の九時頃、人気のなくなったロビーで、この旅館に宿泊していた若い女性に声を掛けられた。




目的も判らぬまま、僕はそのお姉さんに誘われ旅館の裏庭へと連れ込まれてしまった。
そして自分達以外周囲に誰も居ない事を確認するや、お姉さんはいきなり僕の背中を壁へと押し付け、真正面からしっかりと体を密着させてきたのである。
突然のことに僕は何が何だか分からぬまま、すっかりパニック状態となってしまった。

「君だって、こういうの興味ない訳じ…
友達の爆乳でお姉さんみたいな母親を、弱みを握って脅した
2017/07/20 23:31
2017/07/20 23:31
僕には、小学生の頃からの友達がいる。タカシという名前で、僕とはそれなりに気が合う。でも、凄く気が合うかというと、そういうわけでもないし、共通の趣味があったりするわけでもない。 それでも、中学3年の今に至るまでずっとつるんでいるのは、他に理由があったからだ。 それは、タカシのお母さんだ。初めてタカシの家に遊びに行ったときに、タカシのお母さんの結衣さんと初めて出会い、僕は一目惚れみたいな感じになってしまった。 結衣さんと最初に挨拶をしたとき、僕はタカシのお姉さんだと思った。実際は、その時結衣さんは29歳だったので、おばさんと言えばおばさんな年齢だった。僕が初めて会ったのは、5年生の時だったので…
【レイプ・痴漢】教え子に犯された!(3)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/12 04:59
2017/06/12 04:59
靖史:「これって・・・先生ですよね?」ルカ:「・・・これ・・・どこで・・・何で・・・」靖史:「先生、健児君しってますよね?僕、健児君と同じクラスなんですよ・・・」ルカ:「えっ、同じ学校なの?」靖史:「えーまー、最近知ったんですけど、二人ともルカ先生に家庭教師頼んでるって」ルカ:「でも・・・これ・・・」靖史:「そしたら健児君が、ルカ先生とセックス出来る方法があるって言うから、5万円払って教えてもらったんだ、そしたらコレをもらった・・・」私は慌ててその場の写真を奪い取りましたが、「そんなのまだ一杯ありますよ」と言われてしまい、その場にしゃがみ込んでしまいました。そして靖史君は「健児君に色々聞いた…
【妹との告白体験談】 妹の初恋
2016/05/03 08:58
2016/05/03 08:58
13名前:えっちな21禁さん[sage]投稿日:2005/04/19(火)00:34:29ID:OSiGz5ru0回避ついでに昔の話。俺が中学三年の頃。 妹は中学一年生だった。仲はめちゃくちゃ悪い。例えば家ですれ違うときも「どけ、邪魔」「はあ?」と睨み合い勃発。乱暴な言葉遣いではあるが不良ではない。温厚な方だし人並みの穏やかな人間関係を学校では築けていた。年頃になると無償に身内の異性が憎くなるってのは、どこにでもあったんじゃないかな。一学期の終わり、七月半ばでの事。 妹が珍しく俺の部屋に入ってきた。「ねえ、お兄ちゃん」「んだオイ、勝手に部屋入ってくんな」しかし渋々といった感じで妹は話を続け…
【近親相姦体験告白】 母と夏の思い出(2)
2016/08/18 06:31
2016/08/18 06:31
「怒ってる?」僕は聞きました。「怒ってなんかいないわよ。お母さんの彼氏はとっても若いのね」そういって悪戯っぽく笑いました。僕もつられて笑いました。「母さんなんだか。疲れちゃって、運転できない」一息つくと母がそんな事を言いました。僕もとてもつかれていました。今日はどこかで泊まっていこう、ということになりました。 車の中でのことがあったあと、なんとなく二人とも帰る元気がなくなった所まで前回書きました。平日だったので空いている旅館はすぐに見つかりました。(書き忘れていましたが、この日父は会社の専務とかのお父さんの葬式で富山県の方ま で行っていて、帰らない予定でした。それでよけい二人とも「帰るのや…
爆睡中の叔母のおまんこを触る性的悪戯してたら、バレてしまったwww
2016/02/03 13:04
2016/02/03 13:04
あれは高2の夏休み両親はどちらも出張、兄貴は友達と旅行でいなくて晩飯は父さんの妹である叔母さんの家で食べなさい、てことになってた。叔母さんは当時38歳。バツ1子供2。夕方、叔母さんの家に出かけ、すき焼きをごちそうになった。
 おばさんは当時パチンコ屋の掃除のバイトをしていて、子供2人もまだ小さかったため、泊まって子供達の面倒をみてくれるとありがたいということで、その日は泊まることした。

夜10時になり叔母さんは出かけた。
俺は子供2人を風呂に入れ、ゲームをして遊び、子供達を寝かせた。

 叔母さんが帰ってきて風呂に向かったので、俺も子供達と同じ部屋で布団の中に入った。 叔母さんの…
【レイプ・痴漢】【痴漢・痴女】通勤電車で毎日痴漢されてた話(長編)が・・・うざいけど抜けるwww【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/05/04 23:37
2017/05/04 23:37
http://blog.r18matome.com/archives/37559393.html通勤電車で毎日痴漢されてた話(長編)が・・・うざいけど抜けるwww  125: 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2013/05/03(金) 08:18:05.72 ID:yPDpeakR0 地下鉄通勤をしていたころ、私は毎日痴漢されていた。ただ、私も楽しんでいたから、やられていたというと語弊があるかもしれない。結婚して3年目。25歳のころの話。今でもオナネタになるし、書いてみる。毎日同じ時間の電車に乗るため、早めに駅に着くのがすっかり日課になってた。改札をとおると電車が入ってくる音が聞…
【凌辱】不倫相手を寝取られて②(屈辱編)
2016/02/29 16:18
2016/02/29 16:18
2007/04/03 02:01┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者当時からもう10年以上も経っているのですが、今も記憶の中に鮮明に残っていて、もう一生消せるものではないと諦めています。5年程美沙子とは音信不通ですが、最終的には美沙子は大変な体験で人生を狂わされてしまい、私も彼女の体験を電話で多い時は1日深夜から朝方まで5時間、しかも週3?4回も聞かされたこともありました。 もともと私達が不倫から始まって、その後残念ながら彼女の悩み相談相手に成り下がってしまいましたが、今はそうしてあげてよかったと思っています。電話で聞いていたのは細部な話にまで至り、電話が終わった後は汗でびっし…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・香奈(5)?友人(H)に香奈を預けて

・【Hな体験】心を病んだ姉に襲われかけた

・民宿のような小さな宿

・バツイチの姉ちゃんと過激にやってしまった!!(夏休みの沖縄旅行 4日目)

・スーパーで知り合った人妻を寝取って離婚させて結婚したったwww

・【Hな体験】口だけという約束だったのに・・・。

・姉の友達とヤリまくり、彼女の結婚式の後もやりました

・クリーニング屋の33歳の人妻とのエッチな体験談

・【熟女体験談】関西弁のショタコンオバサンに逆レイプされ、異常なる肉欲おまんこ生活が始まった

・ゲーセンでナンパした女を酔わせてラブホへ

・【SM・調教】Sな旦那に舐め犬プレイをお願いしたら・・・

・上司2人がウチに来る目的は、僕の女房です

・覗き常習者の私が見た沢山のマンコの中で最高だったのは女優のマンコだった

・妻と童貞5

・彼女が目の前で友達と種付けセックス。。。

・嫁の姉に欲情して夜這いをかけたらウェルカムだった

・【人妻体験談】旅行中にラグビー部の鬼畜にキメセクレイプで輪姦されてしまった

・★いたって普通のエロ体験です

・父のDVから母を守っているウチに芽生えた性欲

・11年間に渡る不倫の末に気づいた連れ合いへの愛情【体験談】

・【レイプ】若い女性客の膣の中まで入念にマッサージ

・愛妻を他人に犯させて悦びを感じている者のひとりです。

・❤主婦の一人旅でナンパされ

・俺のために自分からピルを飲み始めた従順なセフレ

・美佐子2

・子供会の慰労旅行は大乱交スワップパーティー

・美佐子1

・【人妻体験談】高校受験合格祝いに母のオッパイを吸って赤ちゃんプレイ

・Å子から・・・・・・

・ペットにクンニされて我慢できなくなった私は。。。