寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【不倫】レイプっぽく責めただけで呆気なく堕ちた部下の嫁

2018/01/14 06:00


普通の恋愛に興味がなくなってしまった私は、人妻や彼氏のいる女性にしか興味が持てなくなっていた。人妻を寝取り、その家庭を崩壊させることでしか満足感を得られなくなってしまった私は、面識のない人妻などではなく、極近い見知った人妻に興味を持ってしまった。そして、私の会社のエースと言っても良い、間宮の妻(美帆)にターゲットを決めた。
慎重な私は、いきなり私が行くのではなく、知り合いの巨根の性感マッサージ師の松永にまずは堕とさせることにした。それは想像以上に上手く行き、美帆は呆気なく堕ちてしまった。松永から受け取った報告のビデオの中で、最初は夫を守るために仕方なく嫌々抱かれているという感じだった美帆は、最後には自らお掃除フェラをして、「もう一度抱いて欲しい」とねだるまでになっていた。あまりにも劇的な堕ち方だが、夫である間宮のペニスは小さい上に早漏だと聞いていたので、本当の快感を知ってしまった美帆がそうなるのも、やむを得なかったのかも知れない。
夫に秘密を持ってしまった美帆は、会社の中でも時折苦悩の表情を見せるようになっていた。ただ、美帆は、「松永とのことは、無かったことにしてくれ」と言った。「忘れて欲しい」と私に頼んだ。そして美帆も、そのことを話題にすることは一切なかった。
しばらくそんな日々が続いたが、私はそろそろ次のステップに移ろう思った。まずは、間宮を出張に出すことから始めた。間宮には、大阪に本社があるクライアントを担当させた。そして、1週間の日程で出張に出した。美帆は、間宮がいないことで少し寂しそうにしていたが、どことなくホッとしたような感じにも見えた。事情はどうあれ、夫を裏切ったことが彼女の重荷になっているのだと思う。夫とは、会社でも自宅でも一緒なので、常に責められているような感覚に陥っていたのかも知れない。そして、束の間、夫と離れたことで、精神的に多少楽になったのかも知れない。
「美帆くん、久しぶりの独身は満喫できてる?」
私は松永との一件は無かったかのように、明るく美帆に話し掛ける。
「してないですよ。食事も外食になっちゃうし、だらけてますw」
美帆は明るく言う。でも心の中では私に恨み言の一つも言いたいと思っているはずだ。しかし表面上は、以前の美帆と変わらないように見える。
「それじゃあ、夕食でもどうかな?」
「ホントですか?私、お肉が良いですw」
美帆は明るくそう答えた。内心どう思っているのかわからないが、とりあえず次のステップに進めた。
そして美帆をステーキの専門店に連れて行った。住宅街にある小さな店だが、予約をしないとほぼ食べることが出来ないほど人気の店だ。最後の締めのガーリックライスが絶品で、私も月に何回かは通っている。今日は、最初から美帆を誘うつもりだったので、前もって予約を取っておいた。
「ホントに美味しいです!やっぱり、お肉ならココが一番ですね。社長、ごちそうさまですw」
分厚いシャトーブリアンを、ほぼ生に近いレアで食べる美帆。ワインもグイグイ飲んでいて上機嫌だ。でもワインのペースが速いのは、やはりあの松永との一件が彼女の中でストレスになっているせいなのかも知れない。
愛する夫に隠し事がある・・・。しかも、その秘密は他の男性との不貞行為だ。そして、本人にとっては不本意だったかも知れないが、今までの人生で一番の快感を感じてしまった・・・。そんな大きな秘密を持ってしまった美帆は、夫への負い目がストレスに変わっているのかもしれない。
私は、新しいワインを開けて美帆に勧め続ける。店を出るときには、美帆は肩を貸さなければいけないほどに酔っていて、私の計画通りになっていた。そして私はタクシーで彼女を送る。彼女の自宅に着いたときには、彼女はひとりで歩くのが困難なほどになっていた。私は一緒にタクシーを降りると、彼女を抱えるようにして部屋に連れて行った。
「社長、すみません・・・」
苦しげに言う彼女。私はソファに彼女を寝かせた。そして私は、回りくどいことはなしにして、彼女に覆いかぶさった。酔い潰れている彼女にキスをした。アルコールの臭いが凄かったが、かまわずに舌を差し込む。
「んんーっ!ダ、ダメです、社長、どうしたんですか?」
呂律の回らない声で言う美帆。私を押しのけようとするが、まったく力が入っていない。酔いすぎて力が入らないようだ。私は、しつこくキスをする。舌を口の中に突っ込みかき混ぜていく。本気で抵抗すれば口の中に舌なんて入れられないと思うが、酔いのせいか、それとも雇用者の私に対しては抵抗がしづらいのか、易々と舌を突っ込むことが出来た。そして、ブラウスのボタンが弾け飛びそうな巨乳を揉み始める。それは、見た目から想像していた以上に重量感があり、マシュマロみたいに柔らかかった。
「しゃ、社長、ダメです!どうしちゃったんですか?冗談ですよね?」
美帆はショックで酔いが覚めたのか、言語が明瞭になってきた。しかし身体は回復できていないようで、動きが緩慢でフラフラしている感じだ。
「悪いようにはしないから」
ドラマや映画の悪い上司の定番のセリフを言いながら、私は美帆の胸を揉みしだく。でも、そのセリフは思いのほか効果があったようで、美帆の抵抗が消えた。
「うぅ・・・許して下さい・・・」
弱々しくそんな言葉を吐く美帆。その目には戸惑いや恐れが見える。私は、その目に強烈に欲情するのを感じた。当然、レイプなど今まで経験がない。そんな事をしなくても、いくらでも女性を抱けたからだ。なので、女性のこんな表情は経験がない。
そのとき私は、レイパーの気持ちを理解した。無理やりやって何が楽しいんだろう?そんな風に思っていた。でも美帆のこの顔を見てしまうと、病みつきになるのも理解できる。
私は、彼女のブラウスを両手で左右に引き裂いた。ブチンブチンとボタンが弾け飛び、薄いピンクの可愛らしいブラが姿を現わす。
「ヒィッ!ゆ、許して下さい・・・」
「大丈夫だから」
何が大丈夫なんだろう?と自分でも思いながら、ブラのカップを引き下げた。そして露わになった乳首を口に含む。優しくではなく荒々しく、時に噛んだりしながら美帆の胸を責める。乳房の形が変形するほど強く揉んだりもして、ますますレイプっぽくなっていく。そしてもう一度、「大丈夫、悪いようにしない」と言いながらスカートの中に手を突っ込み、躊躇なく下着の中に手を入れた。腰をくねるようにして逃げようとする美帆。でも、力づくで押さえ込む。
「そ、そこはダメ・・・ダメです・・・許して下さい・・・」
怯えた顔で私に言う美帆。そんな顔をされたらやめられるはずがない。私の指は彼女のへアを通り越え、彼女のアソコに到達した。彼女のアソコは驚くほど濡れていた。もしかして酔い潰れたので漏らしたのか?と思うほどだったが、尿と違って粘度が高い液体で濡れていた。防御反応で濡れているだけなのかも知れないが、レイプされると異常なまでに感じてしまうケースもあると聞く。レイプされて泣き寝入りしてしまうケースが多いのは、実は感じてしまったことを知られたくないからという事情があると、まことしやかに言う人もいる。でも、美帆の反応を見ると、あながち嘘ではないのかな?と思ってしまう。
私は、わざと雑に指をいきなり2本突っ込んだ。でも、ローションでも塗ってあるのかと思うほど簡単に入ってしまった。
「ングゥッ!ダメぇぇーっ!こ、こんなの、酷い・・・酷いですっ!やめてぇっ!」
美帆はさすがに抵抗を復活させた。でも相変わらず酔いのせいか弱々しい。私、突っ込んだ指を荒々しく動かし始める。そして松永との動画で見当を付けていた、美帆の感じる部分を探り当てる。それは松永から聞いていた以上に分かりやすかった。ザラザラした美帆の膣壁。そこを指でこすると・・・。
「ヤァァァッ!だめぇ!抜いてくださいぃっ!抜いてえっ!ああぁぁっ!あっ、ぅぅううぅっ!あーっ!」
美帆は泣きそうな顔で私を見ながら叫ぶ。でも、その声には甘いものが含まれているのがわかる。すでに美帆からは、身体ごと逃げる動きがなくなったので、私はもう片方の手で美帆のクリトリスを責めた。スーツのブラウスは無惨に引き裂かれ、ブラも中途半端な形になり乳首が露わになっている。スーツのスカートも捲れ上がっていて、黒のストッキングの付け根まで見えてしまっている。その中には私の両手が差し込まれ、休むことなく動き続けている。どう見ても、レイプ現場という感じだ。しかし美帆は、私の的確な責めを受け続け、私の腕をギュッと握り始めた。押しのける動きではなく、何かに耐えるために必死で掴んでいるという感じだ。
「ンンッ!んーっ!ン、あ・・・ぁっ!ダメぇ、許して・・・うぅああっ!そ、そんな、あぁっ!あっ!イヤァぁっ!こんなの、ダメぇっ!」
美帆は必死で声を抑え込もうとしている。もう誰が見ても美帆が感じているのは明白だと思う。美帆の膣中はウネウネと強烈にうごめきだして、指先にコリコリした子宮口が当たるようになってきた。こんなに早く子宮が下りてくるなんて、かなりの淫乱だなと思いながら、子宮口を指で責め続ける。松永との動画で美帆は奥が感じるとわかっていたので、思いきり責めていく。
「うぅぅぁぁっ!ヒィッ!社長、ダメ、ダメです・・・こんなの・・・あぁぁっ!あーっ!ダメぇぇっ!!」
美帆は体を仰け反るようにして叫ぶ。もうイク寸前という感じだ。私は、ここで指を引き抜いた。
「うぅウウゥ、ヒィァ・・・」
オーガズム寸前にいきなり指を抜いたので、美帆は変なうめき声をあげた。
「しゃ、社長・・・」
指を抜いたことでホッとしたような顔をする美帆だが、不満そうな感じもした。イ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
セーラー服を堪能
2018/02/26 14:36
2018/02/26 14:36
です。ご無沙汰してます。 何か話題にしてもらってるようでありがとうございます。 賑やかしになってれば嬉しいです。 実際の所、考える事があって少し時間を空けていたのですがAさんとは会っていますし、 やはり色々とあったのでここで報告したいと思ってます。 考える事といっても暗い話ではなくて、こうやって気持ちをまとめる事も それに対して好きな感想を言って貰ってそれを読む事も結構楽しいなあと思っています。が、現実の話を書く事に対してやっぱり不安感みたいなものも大きいのと、 後は結構頭の中を整理する事に時間が掛かるため、 単純ないわゆる普通の事じゃない事をしているっていう事に対する不安だったり 頭の中が…
主婦のヌルヌルの手で…
2015/08/18 06:00
2015/08/18 06:00
この間、男三人でスナックに飲みに行ってしばらくしたら、高校の先輩の女の子
3人組が来て一緒に飲みましょうということになったんですよ。
ちなみに、みんな結婚しているし子供もいるんだけど。
俺はその中の敬子さんと話しているうちに、週に何回Hしていると言う話になったん
です。
敬子「ねえ、今週何回してる?」
俺「はっ、何がですか」
敬子「何がってさ、あれよHしてる?」
 
俺「ええ、まあ・・・」と言ったものの、実はここ2ヶ月くらいしていない。

五歳と二歳の子育て中で下の子供を寝かしつける内にカミさんも寝てしまう、

時々迫ってみるけど、何かぐっすり寝てるんだよな。
普通のエッチじゃ物足りなくて、レイプ輪姦をされるように仕向ける私
2015/09/29 12:31
2015/09/29 12:31
中学のうちにエッチの良さを覚えた私は、高校に入ると益々盛ってました。

普通に寄ってくる男に加えて、掲示板で募集をかけるとお手軽にエッチできてた。
お互い様だけどね。




でも、強引に犯されたい願望が有り、大事にするような優しいエッチでは、
いまいち物足りない感じがしてたのが、大学で神奈川に出てきて弾けました。
 
週末の度に、1日に2〜3人の男に抱かれ、平日でも、すぐに相手が見つかる環境。

みんな、ピル飲んでるから大丈夫って言うと、喜んで私の中に出して行く。
私は、それが大好きでした。
…ピル飲んでるなんて嘘だけど、妊娠は2回だけ。
ラッキーだったと思います。

同じ人…
【痴漢・レイプ】職場仲間の人妻を・・・その1
2018/06/24 04:33
2018/06/24 04:33
これは俺が人妻である斉藤弘子さんをレイプしてしまった話です。 事の経過からお話しします。 俺は大学に入ってから、とある飲食店でバイトを始めました。 そのとき斉藤さんは子供が小さいからということで昼の短い時間だけパートで働いていました。 大学が早く終わってたまに遊びがてら店に行くと、すれ違う程度で本当に「お疲れ様」くらいの言葉を交わす程度でした。 1年が過ぎ、斉藤さんの子供が小学生になったということで、斉藤さんはフルタイムで夕方5時まで働くようになりました。 そこからは引継ぎ等で毎日顔を合わすようになり、よく喋るようになりました。 土曜日もたまに出勤していてどんどん仲良く喋るようになり、休憩時…
鏡の前でボディービルのポージングをしていた人妻[後編]
2017/05/30 19:21
2017/05/30 19:21
僕のセックスフレンドのSさんは年上の人妻で、女性ボディービルダーでインストラクターもしていて、別にアルバイトもやっててそこで知り合った。
逆ナンされてそれ以来、純生中出しセックスを続けている。
Sさん側から言うと、いわゆる不倫という関係だ。

年末年始は僕も実家へ帰ったりでお互いの都合もあってなかなか会えず、当然セックスはその間ご無沙汰だった。
メールのやりとりはしていたものの、もう溜まる一方で、早く処理をしたくてしょうがなかった。 そんなある日、アルバイト先の職場で顔を見たが全く元気がない。
(まさか妊娠?)と焦ったが、よく話を聞いてみると、旦那さんの浮気が発覚し、Sさん…
保育園の中で
2017/09/28 10:19
2017/09/28 10:19
歳保育士です。 昨日の夜、遅番終わってから鍵締めて帰ろうとすると父兄が来て、子どもの忘れ物を取りに来たって言うので、もう一回鍵開けて保育室まで行きました。 忘れてあった給食当番の白衣を持って帰ろうとするといきなり後ろから抱きつかれて… すでに着替えて私服ワンピースだった私は簡単にパンツを下ろされて、全く濡れてもいないのに立ったまま後ろから一気に入れられた。 痛くて痛くてしょうがなかった…でも…少しすると身体は正直になってきて声我慢するの大変。 でも感じてると思われたくないから一生懸命ガマンしました。 悔しいけど奥まで届く感じで、実際には見てないけどすごく大き いのが分かった。 動きが激しくなっ…
あなた ごめんなさい
2015/11/30 15:01
2015/11/30 15:01
あなた(主人)、ごめんなさい。先日あなた以外の男性に抱かれました。あなたも知っているA課長です。結婚して20年、今までこんな事は思ってもいませんでした。A課長は余り仕事が出来ない私を常にフォローしてくれ上司としてとても尊敬していました。単身赴任のA課長は本社に行く事は話したよね。それは、先日のお別れ会の時です。課でのお別れ会、と言いましたが実は2人だけの会でした。言い出しは私です。 その日、仕事が終了後、少しばかりの食べ物を抱え課長のアパートに行きました。その時は本当に食事だけの思いでした。課長と会食しながらいろいろ話している時、ふと課長が「私には妻がいるのにこんなこと何だけど、あなたが好きだ…
真弓【エッチ体験談】
2016/03/13 02:05
2016/03/13 02:05
ようこそ「真弓の小屋」へ 私が自分の性癖が人とは違うと気づいたのは小学生の頃でした。 その後、中学生になって「SM」という性のシャンルがある事を知り、自分が求めていたものが世の中にカテゴリーとして存在する事に驚いたものです。 20歳になって初めて調教というものを経験し、現在に至っております。   インターネットを始めて、色々なSMのHPを見て感じた事は、 自分が思っていた程、この性のスタイルは異端ではないという事でした。 SM雑誌などでは「作られたSM」も多く掲載されていますが HPというものは利益を上げる必要がない分、本当にリアルな性が描かれています…
【人妻体験談】SNSで出会った人妻とガッツリハメたエッチ体験
2016/06/07 18:48
2016/06/07 18:48
2週間前の土曜日の昼下がり、暇を持て余していた俺は、いつものように自宅のパソコンでメタルをBGMに、SNSで人妻を物色していた。 なかなか好みの人妻が見つからず、時間だけが無情に過ぎていくそんなある時。 先週メッセージを送った人妻から返信メッセージが届いていた。 タイトルが女「RE:はじめまして」といった月並みのよくある返し。 とりあえず、俺は人からくるメッセージは一通り読まないと気がすまない性格なので、こんなタイトルでも読んでみることにした。 その前に、俺がどんなメッセージを送っていたかというと俺「普段の生活を退屈と思っていませんか?」俺「少し羽根を伸ばすつもりで、気分転換でもしてみませ…
誰もいない教室で女子がオナニーしてた
2017/05/18 11:16
2017/05/18 11:16
529 :なまえを挿れて。:2010/12/18(土) 10:10:10 大学生のときの話。 次の講義が始まるまで時間があったから、どっか誰もいない教室で 本でも読んでようと思った。 そういう時に俺がよく使ってる教室があったから、そこに行こうと思った。 その教室に近づくと、なんか女の喘ぎ声っぽいのが聞こえてきた。 どきどきしながらそ~っと教室を覗いてみたら・・・ 女の子がオナニーしてた。 ミニスカートをちょっと上げて、パンツずらしてあそこ弄ってた。 俺は隠れながらじっとそれを見続けて、しばらくしたら女の子は体をびくびくさせて 逝ったみたいだった。 その時頭の中…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・若い男2人組に 続続編

・【近親相姦】リア充な姉と童貞中学生の俺[第1話]

・友達の嫁のキョウコちゃんと、ヘルス嬢の天使マミさん

・再従姉の幼馴染と結婚した

・【近親相姦】高校生の娘の白い太ももに興奮して

・学校のトイレであったやらしい話

・【熟女体験談】雑魚寝中に従姉から逆レイプ手コキをされた

・初恋の子の娘で童貞卒業して、その後初恋の子と結婚した話

・先輩の彼女が突然フェラしてきて筆下ろしまでしてもらった

・【人妻体験談】息子の体育祭でレイプされた妻は肛門まで犯された

・夫の横でセクハラされるなんて

・【Hな体験】お化け屋敷の待機中に巨乳娘とこっそりエッチ

・友達の爆乳彼女寝とって童貞卒業したった

・PTAの地区大会のお泊まりでマッサージ師2人に犯された人妻を目撃

・人妻のブラをずらして綺麗な乳首を

・陸上部のJK.

・【熟女体験談】韓国からの留学生に妻を寝取らせた後、妻に魂まで抜けるほどの長く大量な射精をした

・【近親相姦】男って飲んであげると喜ぶよね!

・愛した女性は学友の母

・女装した状態でJK助けたら懐かれてしまった

・CFNMプールで同級生の男の子が、すっぽんぽん

・【人妻体験談】性感マッサージにヨガる箱入り娘だった貞淑な妻

・【熟女体験談】部下の人妻OLにいきなり即尺フェラされ快楽の虜になって中出し不倫SEX

・飲み会の帰りに

・イキたくてイキたくてお願いしました

・昔のつけ

・【Hな体験】とある掲示板で見つけたSM好きのヤリマンビッチ

・【Hな体験】濃霧が教えてくれた野外エッチの醍醐味

・好きな人が変態だった。これ以上の変態があるなら知りたい

・博多の久美子