寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

バイト先の佳恵さん(3)

2018/01/14 03:49


それから半年、俺と田所は明暗分かれてきた。
俺はあの晩限りだったが、田所は定期的に珠美さんと体の関係を持ち続けた。
田所は俺と二人きりになると、そのことを自慢気に語ってくる。
そうやって聞かされると、なまじ珠美さんの体を知っているだけに凄く羨ましく思えた。
田所の俺に対する態度にも微妙な変化が見られた。
以前は、勢いだけで物事を語り、いざ事にあたるとなると急に怖気づき、
俺を頼ってくるようなところがあった。馬鹿ではあったが可愛げのある奴だった。
が、そういうところが徐々に見られなくなり、
それどころか俺より優位に立っている感が見られるようになってきた。
まあ、俺の僻みかもしれない・・・。
実際、俺はあの番以来、田所に多少の引け目を感じるようになってきた。
田所のアソコは立派なものだった。
それに対し俺は服を脱いだ時、実はこっそり皮を剥いた仮性の短小だ。
しかも二度とも田所よりも先に果てている。
同じ日に体験したとは言え、何だかんだで彼は19、俺は21、俺の方が童貞捨てるの遅い。
そして田所は半年間、珠美さん相手に経験を重ね、男としての自信をつけてきたようだった。
それでも馬鹿なところは以前のままで、そう言うところがあったから、
まだ俺は救われ、彼との友人関係を保てた。
そんなある日のこと、俺は佳恵さんと二人きりになる機会があった。
ふと佳恵さんが、
「珠美と田所クン、変よね。もしかして何かあったのかしら?」
鋭いなと思った。
知っている俺からしても二人は上手く隠しているなと思えていたのだが、
やはり分かる人には分かるものだ。
妬みで歪んでいた俺はつい田所を売った。
「内緒だけど実はあの二人、前々から出来ているんですよ。」
もちろん自分の事は棚に上げた。
「ええ?やっぱり!」
佳恵さんは驚きながらも自分の勘が当たったと、妙にテンションを上げて喜んでいた。
「うふふ、うふふ。40歳人妻と未成年の不倫。うふふ。」
おっとりした佳恵さんにもこういうところがあるのかと言うくらい、
テンションがおかしくなっていた。ちょっと驚いたが新鮮だった。
「珠美も変わらないなあ。」
佳恵さん曰く、珠美さんは以前にもいろいろとそういう事があったようだ。
俺はちょっと聞いてみた。
「佳恵さんはそういうことしないの?」
「ん?私?私は旦那一筋・・・て、わけでもないか・・・。」
そう言いペロっと舌を出す。そしてこう切り替えしてきた。
「杉クンはどうなの?年の離れているおばさん、そういう対象で見れる?」
普段の佳恵さんの口からは想像つかない質問だ。
「いや、俺は女性経験ないから・・・。でも、佳恵さんだったら、いいですよ。
と言うか、前々から佳恵さんのこと好きだし。」
まじモードで言ってみた。珠美さんとのことはこの際なかったことに。
しばらく沈黙。ただ佳恵さんの表情を見るに、手ごたえは悪くないと思った。
が、佳恵さんは急に茶化すような言い方で、
「ダメダメ。田所クンが上手い事やっているから、自分もって思ったんでしょ?
私はその手には乗らないんだから?。」
鋭い。佳恵さん好きってのは嘘じゃないけど、田所への対抗心からと言うのも当然あった。
「いや、そうじゃなく本当に・・・。」
と弁解しようと思ったが、この会話はここで打ち切られた。
がっかりした。
が、そう言いつつもそれから佳恵さんの態度が変わってきた。
俺に対し妙に優しくなり、さりげなく親しみを見せるようになった。
俺もことさら殊勝に佳恵さん一筋の態度を崩さなかった。
その間も田所はおめでたくも珠美さんとのセックス自慢を俺にしてくる。
俺は佳恵さんと進行中というのを気取られないように、
ひたすら田所を羨ましがり、煽った。
案の定、彼は調子に乗り、自分の快楽ばかりにしか目がいかなくなった。
そしてひと月もしないうちに佳恵さんはあっさりと落ちた。
仕事休みの日に二人で遠出した。
平日で旦那にもばれず、他のパートにもばれない日を選ぶのは苦心した。
そしてそこのホテルで体を重ねた。
正直、田所と珠美さんのことを佳恵さんが知らなければ、
彼女はいくら俺が告白したところで、自制心が働いて靡かなかっただろう。
他人もやっている、だったら自分も大丈夫という気持ちになったんではないだろうか。
ともかく佳恵さんと遠くのホテルへ行った。
ベッドの上で佳恵さんの服を1枚ずつ脱がす際、明らかに手が震えていた。
珠美さんとの時もビビっていたが、、その時よりも緊張した。
ただあの時は終始珠美さんのリードだったし、
俺は流れに半ば強引に乗せられただけだったから戸惑いが先立ったが、
今回は佳恵さんは俺に委ねてきている。俺は童貞(と言うことになっている)だと言うのに。
お互い緊張していた。
俺がまごまごしながらも、佳恵さんのブラのホックを何とか外したその瞬間、
「恥ずかしいっ・・・。」
そう言って佳恵さんは俺に強くしがみついてきた。
肌のぬくもりと佳恵さんの匂いが直に伝わってきて、興奮。
そのままベッドに押し倒し唇を吸う。自然と舌を絡ませながら。
考えてみると、珠美さんとの時はキスしなかった。これが初チューか・・・。
そしてブラを剥いだ。
横になっているので潰れてはいたが、揉んで見ると柔らかくいいおっぱいだった。
そしてショーツを下ろす際、佳恵さんは恥ずかしさのあまりか、
両手で顔を覆っていた。
でも腰をくねらせ、浮かせ、ショーツをおろす俺には協力的だった。
陰毛は縦に一本筋が通ったように生えていて、広がりがなかった。
逆三角形に毛深かった珠美さんとはここも違っていた。
悪いけどやっぱり比べてしまう。
そして佳恵さんの方がいいと実感する。俺はちょっと嫌な男だ。
そのままマンコに舌を這わせ、指で慣らし、何とか知識を動員して、
膣をとろとろにした。液がたっぷり出てきて驚いた。
佳恵さん、こんなに濡れるんだ。
「もう・・・恥ずかしいっ・・・やだっ・・・。」
その間、佳恵さんはずっと本気で恥ずかしがり、顔を隠し、体をくねらせていた。
挿入しようと俺はベッドの上のゴムに手を伸ばしたら、
佳恵さんはその手を抑え、ゴムを掴ませてくれない。
俺も生でやりたい気持ちもあるが、やはり妊娠とか怖い。
でも佳恵さんは首を横に振り、
「そのままでいいから。」
と断固ゴム装着を許してくれない。妙なところで頑固だ。

バイト先の佳恵さん1  2  3  4  5







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ】母ちゃんはレイプされると興奮する⑤
2016/03/02 19:43
2016/03/02 19:43
の続き「はしたないことですが、私は毎日欲求不満を抱えたまま暮らしておりました。そして昨日、息子に懇願して私の体を犯して貰いました」母ちゃんはお腹の前で手を組み、落ち着いた表情で淡々と話しを進める。「そして私は息子の中に非常に強い『男』を見つけてしまったのです。肉体的な相性だけではございません。私が産み、育てた息子ですもの、肉体的な相性が良いのは当然のことです。元々はひとつの体だったのですから」俺は少し感動してた。母ちゃんは俺と一心同体だったように感じて、その想い出を大切にしてくれてたんだな。「精神的にも、私を理解して更にその上で支配してくれる存在のように感じてしまいました。何十年ぶりかの心…
【人妻体験談】美魔女でエロい近所の奥さんに筆おろししてもらった体験談
2015/10/12 12:02
2015/10/12 12:02
初体験はかなり濃厚なHでした。 あれはまだ俺が中2の時 同じマンションに綺麗な奥さんが住んでいました。 今だと美魔女や美熟女と言うんでしょうが、当時はそんな言葉はなく、ただ綺麗なおばさんだなーぐらいに思っていました。 俺が小学生の時に引っ越してきてて、結構金持ちらしく旦那さんは会社経営をしていて、奥さんはたまにお手伝いしているらしい。 でも社長である旦那があまり帰ってこなくて、奥さんは会社経営を手伝っているとはいえ、暇な時間もあるらしく、かなり派手に遊んでいたよう。 同じマンションのお母さん連中の、かっこうの噂の餌食だった。 また違う旦那とは男を家に連れ込んでるとか、酔っ払って下で騒いでた…
アナルマニアな彼氏が、処女膜のおまんこより肛門を狙ってくる
2015/10/04 22:15
2015/10/04 22:15
処女喪失の前にお尻を犯され調教されていたエッチ体験談。彼はオシリHが好きで、私は貫通式の夜にオシリまで奪われました。 でもそれまで1年かけて最初は小指から指2本も入るまで慣らされてました。彼と付き合うまでエッチの事なんて知らなかった私は、まんまと彼の術中にハメられてたのです。 「お前まだ子供だから処女は大事にしないと。だからオシリを使うんだよ~(´∀`)」  「ん~?変?お前処女だから知らないだろうけど、尻使うの普通だよ~(´∀`)」 と言われてた私は、当時はそれを「私を大事にしてる」と信じ込んでました。(>д<;)クヤシイ!指をオシリにいれられた最初の頃は、内臓を逆流さ…
以前付き合っていた女子大生とした3Pセックスの話
2018/01/09 16:10
2018/01/09 16:10
はじめはいやがってたんだけど、
カップル喫茶あたりから徐々に慣れさせはじめ、
掲示板募集で単独さんを呼んだ。

最初は飲み屋の個室で待ち合わせ、
異様に緊張しながらもお酒が入って徐々にリラックス。

打ち解けたところで予約したホテルへ。

ここから先は事前の打ち合わせ通り、
単独さんと彼女がヤルのをオレが見てるっいうシナリオで、

店からホテルへの移動も単独さんと彼女が仲良く並んで歩き、
オレが後ろからついて行く。

部屋に入って、オレは存在はするんだけど
二人からはあえて無視してもらって早速プレイ開始。

カノジョと単独さんがキスをし始める。
すっげえ興奮する。

単独さんが彼女の服を脱がせ…
【義姉とのエッチ体験談】マッサージで欲情して「入れさせて」
2016/05/07 16:00
2016/05/07 16:00
考えてもいなかった夏の昼下がり、義姉のマッサージが男を屹立させた。 思いもしなかった義姉と一線を越えることとなった。 それは四十三歳夏の昼下がりのことだった。 妻の実家の墓参をすませ、夏の暑い陽が照りつける中を、義姉の夫の墓参に車を走らせた。 義姉の夫は数年前、ガンに侵されて他界し、義姉は一人暮らし、まだ四十五歳の女盛りだ。 家は、山間にぽつんと建つ一軒家で、隣家とは百メートルは離れていて誰にも災いされない静かな環境にある。 妻は昼食を済ませて買い物に出かけた。 田舎の広い家には義姉と二人だけになって、私は六畳の居間に寝転がっていたが腰が痛く、つい「…腰が痛い…」 と声を漏ら…
オチンチン(5)
2017/08/31 09:19
2017/08/31 09:19
昨日、珍しくAさんから電話があって、先週、娘がいつものようにAさんの家に オチンチン遊びに来た時、何と学校の同級生を連れてきたとの事で、次のよう な様子だったと連絡がありました。 娘今日は友達のMちゃんを連れてきたよ。 A連れて来たって、Mちゃんの見ている前でいつもの事やるつもり 娘違うよ、Mちゃんも一緒にやりたいんだって。Mちゃん、お父さんが居ない から、オチンチン見た事ないし、エッチな事に興味あるんだって。 AMちゃんも5年生 Mそうです。宏美ちゃんと話していたら、おじさんとおもしろい事している 事が分かったので、いっしょにやらせてって頼んだんです。 娘さあ、早く始めようよ。 娘がいつもの…
【犯す】主人が寝ている横で過ちを犯す
2015/12/17 23:16
2015/12/17 23:16
(はじめまして、こんにちは。いつも皆様の投稿読ませてもらっているので、私も何か投稿したいと思い書いてみました。少しでもこの感情を伝えることができたらうれしいです。) タクシー運転手って昼はヒマなんですよ。 でもその日は仕事じゃなくて忙しくなっちゃいました。いつもみたいに車とめて寝てたんですけど、外がうるさくて起きちゃったんです。 見たら小学校高学年の集団がさわいでました。いじめなのかふざけてるのか、背の高い女の子一人がみんなにからかわれてます。 「でかおんなあっちいけ」と男の子たちがうれしそうにさけんでいます。本当にあっちにいってほしいと思うならわざわざかまったりしないでしょ…
男性経験のない母親のようなおばさんは前も後ろもよく締まった
2016/05/04 06:00
2016/05/04 06:00
ちょっと、いわゆる熟女とは違うかもしれませんが東北のS市にいたころの話です。
あの辺りは桜の開花が遅くて大学へ入ってしばらくしたあと、寮の先輩らと花見をした。
俺は一度別の大学を中退した後の再入学だったので、一回生といっても年上だったし寮でも古株の4年以上の先輩らと気が合って、みんなとは少し離れたところで真っ昼間から酒盛りしてた。


22時を過ぎると、花見用の公園の照明が落ちて暗くなったのでお開きにしたけど、暗くなってもまだまだ周りは盛り上がっていた。
先輩らは他の寮生と一緒に先にどこかへ言ってしまったので、新人らしく片付けをしていたが、ずっと端っこでひとりでい…
スナックの女の子とハーレム3Pで女体責め【エロ体験談】
2017/11/30 22:10
2017/11/30 22:10
仕事が早めに終わりヒマだったので、時々飲みに行くスナックへひとりでフラフラと行きました。

席につくと、見たことのない女の子が接客をしてくれました。
倖田來未に似たホステスで名前は理奈ちゃん。
服の上からでも分かるエロエロボディです。

しばらく理奈ちゃんと飲みながら楽しく話をしていましたが、我慢できず「理奈ちゃんとしたい。ホテルいこうよ」と言ってしまいました。
理奈ちゃんは「うん」と言ってくれました。

理奈ちゃんは23歳で、彼氏半年位いないとのこと。ますます興奮してきました。

タクシーでラブホテルに行くと、部屋に着くなり理奈ちゃんにディープキス。舌を絡ませあったあと、理奈ちゃんのTシャツ…
女関係を共通してきた親友と嫁に内緒の交換エッチ【SEX体験談】
2016/03/23 00:43
2016/03/23 00:43

俺31 妻27 俺の妻は顔は普通だかスタイルはよく、

後ろからくる男は絶対に振り返るほどのプロポ-ションをしている。

俺もそれにだまされた!?。

俺の友達(親友)も妻の前でよく

「スタイルがよくて羨ましいな〜」と誉めちぎっていた。