寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

不倫の果てに(3)

2018/01/14 02:58


真一は内心ほくそ笑みながらジムへ向かった。
 そこにはTシャツとゆったりとした短パン姿の淑恵が笑いながら立っていた。
「やっぱり、斉藤さんの奥さんでしたか・・・今日は僕が一日担当しますので宜しくお願いします。」
「うれしいわ・・・田中さんのご主人で・・・楽しい一日になりそう・・・」
 ジムの中は、日曜だというのに閑散としていた。
 二人はジムの隅においてあるテレビの前の広いスペースに向かい、真一はストレッチ用のマットトを2組用意した。
 淑恵はそのマットに膝を伸ばした格好で座り、真一がストレッチの説明用ビデオをセットするのを待った。
 じきにテレビに若い男性一人と女性二人が写り出し、様々なストレッチの説明をする映像が流れていく。
 真一は淑恵の背後から手取り足取りストレッチの仕方を教えていく。
「斉藤さんの奥さんって、身体柔らかいですね。」
「そうですか・・・」
 淑恵は大きく足を開き、前屈を始めた。
「・・・でも・・・最近は固くなった方なんですよ・・・あいたたた・・・」
 淑恵が開いた脚の付け根を押さえながら顔を歪める。
「トレーニングの前と後には十分に筋肉を解さないと・・・手伝いましょう・・・」
 真一は淑恵の背後に回り、淑恵の膝を掴むと更に大きく広げていく。
「・・・い・・いた・・・これ以上は・・・」
「・・・そうですか・・・」
 真一は淑恵の正面に回り、脚がどれくらい開いているかを確認するように覗き込んだ。
(・・お・・・おぉっ・・・奥さん・・・ワレメがくっきり浮かんじゃって・・・)
 真一の目に淑恵の短パンに淫裂の起伏がくっきりと浮かんでいるのが解った。
「あ・・・脚は良く開いてますね・・・じゃ・・背中押しますよ・・・」
 真一は再び淑恵の背後に回ると、肩の下に手を当て、ゆっくりと体重をかけていく。
「・・・い・・・いたたたた・・・」
 真一は背中を押す度に淑恵の上半身が床につくほどに力を込める。
「・・・体がほぐれてきましたね・・・もっと強く押しますよ・・。」
「・・・い・・・いたーーーーっ・・・」
「・・だ・・・大丈夫ですか・・・」
「・・・い・・・痛い・・・」
 淑恵は腰を抑え、苦痛に顔を歪めながら横たわっていた。
「・・・ご・・・御免なさい・・・今・・・救急車呼んできます・・・」
「だ・・・大丈夫です・・・しばらく静かにしてれば・・・」
「じゃ・・医務室へ・・・」
「・・・いいえ・・・ご主人・・・家まで送っていただけないかしら・・・」
「・・・わ・・わかりました。今、タクシーを呼んできますね。」
 真一はジムの責任者にこっぴどく説教をくらいった後、淑恵を家まで送る為ジムを早退した。
 真一は淑恵を2階の寝室まで抱えて運ぶと、ジムから持参した救急箱を開け湿布を用意する。
「奥さん・・・湿布を張りますので、うつ伏せになれますか?」
「・・・えぇ・・・・でも・・・痛いのは腰じゃなくて・・・」
「・・は?・・・腰じゃないんですか・・・・」
「・・・えぇ・・・あ・・・脚の付け根・・・なんです・・・・」
「でも・・・腰を押さえてました・・・よね・・・」
「・・・だって・・・ここを・・・押さえるなんて・・・恥ずかしくて・・・」
「・・・そ・・そうですね・・・」
「・・・湿布・・・してくださいますか・・・」
「・・・じゃ・・僕じゃなんだから・・・女房呼んできますよ・・・その方が・・・奥さんも恥ずかしくないでしょ・・・」
「・・・で・・・出来れば・・・ご主人に・・してもらいたい・・・」
 淑恵は顔を赤らめながら顔を背けるように横を向いた。
「・・・わ・・・わかりました・・・じゃぁ・・ちょっと脚を動かしますよ・・・」
 真一は淑恵の右膝を優しく持ち上げると、ゆっくりと淑恵の身体の方に押していく。
「・・・どうです・・痛くないですか・・・」
「・・・えぇ・・・」
「じゃぁ、次は反対の脚いきますね・・・」
 真一は淑恵の右足をそっと元の位置に戻すと、今度は左の膝をゆっくり持ち上げていき、淑恵の胸に膝が付くほどに押していく。
「こっちはどうですか・・・痛くないですか・・・」
「・・・えぇ・・・」
「・・お・・・おかしいな・・・どっちも痛くないんですか・・・」
「・・・・」
 淑恵は顔を背けたままじっとしていた。
「じゃ、今度は両脚を一緒に持ち上げますね・・・」
 真一は淑恵の脚の間に座ると、両手で同時に両膝の裏を持ち、ゆっくりと押していく。
「どうです・・・奥さん・・・痛かったら、言って下さいね・・・」
「・・・・・」
 真一は淑恵の表情に注意を払いながらゆっくりと膝を押してくが、淑恵に痛がる素振りは見えない。
「・・・おかしいな・・・」
 真一は淑恵の膝を淑恵の胸に付くくらいまで押したが、一向に淑恵の表情に苦痛の表情が表れない。
「・・・お・・・奥さん・・・」
 真一は淑恵の膝を強く押すことで、真一の目の前に曝された淑恵の短パンに、淫裂がくっきりと浮かび上がり、さらにそこには小さなシミが出来ている事に気づいた。
「・・・わ・・・わかりましたよ・・・奥さんの・・患部が・・・」
「・・・は・・・恥ずかしい・・・」
 淑恵が甘い吐息と一緒に恥じらいの言葉を漏らした。
 真一は膝を押すことで浮いた腰の下に、自らの膝を差し込み、淑恵の腰を浮かせたままにすると、ゆっくりと短パンのボタンに手をかけた。
「・・・これから治療しますから、奥さん膝持ってて下さいね・・・」
「・・・えぇ・・・わかりました・・・」
 淑恵は真一の指示に素直に従い、自分の膝を抱え真一の手を自由にした。
 真一は淑恵の短パンのボタンを外すと、ゆっくりとファスナーを下ろしていく。
(・・・やっぱり・・・・)
 下ろした短パンのファスナーの下から、淑恵のあまり縮れていない陰毛が現れた。
「・・・い・・・いやぁ・・・・」
「・・・・・・・・・」
 女の挨拶のような形ばかりの抵抗の言葉を発した淑恵であったが、身体は微塵も抵抗を見せていなかった。
 真一は短パンをするりと淑恵の腰から抜き、淫裂を曝け出した。
「・・・あぁ・・・やっぱりここだ・・・奥さんの患部・・・」
「・・・いやぁ・・・恥ずかしい・・・」
 淑恵の淫裂は花弁が充血し、淫裂全体が愛液に塗れ色素の濃い肛門まで濡れ光っている。
「奥さん・・・朝の・・・電車の中のあの時からこんなになっちゃったんだね・・・」
「・・あぁ??ん・・・いぢわる・・・」
「大変だよ・・・こんなに腫れあがっちゃて・・・」
 真一は目の前に曝された淑恵の淫裂に指を埋めるように割りこませる。
「・・・はぁぅっ・・・あ・・・い・・いぃ・・・」
 真一は淫裂に埋めた指を、今度はゆっくりと引き上げていく。
「・・・あぁ・・・」
 淑恵の淫裂と真一の指の間にネバネバをした愛液が、きらきらと光る糸を引いていく。
 真一は、その糸を引く愛液を楽しむように、何度も指を淫裂に埋めては引き抜いてみた。
「・・・あぁ・・は・・・はやくーーーーっ・・・」
 真一に焦らされ続けた淑恵が、強い刺激を求めるように訴える。
 真一は両手で淑恵の淫裂に手を添えると、ゆっくりと左右に押し広げ、赤く充血した淫裂に固く尖らせた舌を差し込んだ。
「はぅっ・・・あ・・・うぅっ・・・」
 朝、満員電車の中で真一に弄ばれてからずっと火照ったままの淑恵の淫裂が淑恵の全身に蕩けるような甘美な快感を与えていく。
 真一は、高く掲げられてもなお愛液を噴出する膣口に舌を差し入れ、その甘い愛液をかき出すように膣口を愛撫していく。
「あぁぁぁぁ・・・いぃぃぃぃぃ・・・も・・・もっと???ん・・・」
 淑恵が更なる刺激を求める喘ぎを放つと、真一は淫裂に差し入れている舌を淑恵の淫核に向けた。
「はぁぅっ・・・あ・・・あぁっ・・いぃ・・・あぁっ・・・」
 淑恵は自ら抱える膝に窮屈に身体を曲げながら、淫裂から伝わる快感に官能の喘ぎを漏らしていく。
 既に尖り包皮から顔を出した淫核を真一は舌で転がすように刺激を加えていく。
「あぁぁぁ・・・い・・・いいぃ・・・いく・・・いちゃう・・・」
 淑恵は真一の舌での愛撫だけで、絶頂に達してしまった。
「奥さん・・もういっちゃったの・・・意外と淫乱なんだね・・・」
「・・・だって・・・朝から火がついたままだったんですもの・・・」
 真一は絶頂の余韻に浸る淑恵を横目に見ながら、着ているジャージとTシャツを脱ぎ捨て全裸になった。
「・・・あぁ・・・逞しい・・・身体・・・」
 淑恵は全裸になった真一の盛り上がる腕の筋肉に手を滑らせながら、真一の乳首に舌を這わせた。
「・・・奥さんも・・・裸になろうね・・・これから本格的にストレッチを始めるよ。」
「・・・今度は何処の筋肉を解して下さるの・・・」
「もちろん全身ですよ・・・身体がとろとろに蕩けるほどに・・・」
「・・・そんな気持ちよさそうなストレッチなら、毎週お願いしちゃおうかしら・・・」
「・・喜んで・・・」
「でも、ご主人のここは、ストレッチしたくないわ・・・固いままがいいもの・・・」
 淑恵は真一にそう言うと、既に天井を向いてビクビクと痙攣する真一の怒張を咥えた。

不倫の果てに1  2  3







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
旦那の浮気がきっかけで冷めた主婦を寝取ったったwwwwwwwwww
2017/05/22 18:02
2017/05/22 18:02
27歳の奥さんなんだけど、旦那以外の男を知らなかったそうな。

それが旦那の浮気でちょっと心が離れた隙に、

とあるゲームSNSで知り合いだった俺が頂いたって感じ。

旦那の浮気がばれた時に、

「浮気相手とは体だけの付き合いだ、心はお前(奥さん)だけだから!」

と言い訳されてなんとなく許してしまったが・・・

思い返してみると自分とのセックスに

不満があったと言われたみたいで悲しくなったんだと。

それでそれまでの旦那とのセックスに不満がなかった自分が間違っていたのか、

という事もあって別の相手とのセックスを試してみようと思い立ったらしい。

ただ、いざしてみるにも適当な相手も男友…
清楚な妻を超淫乱にする試みは成功しました
2017/02/26 14:00
2017/02/26 14:00
私は40歳、妻の亜希子は35歳になりました。
私にはSMの性癖があり(無論、Sの方ですが)、新婚当初その行為に驚愕し戦いていた妻も、今では被虐と羞恥に嗚咽を洩らす淫乱な人妻となっています。
数年前まで私は、そんな従順でM女としてもほぼ完成された、妻の亜希子に十分満足していたのです。ですが、近年の妻に対する性の虐待心とも呼称出来る、ある願望が私の中に芽生え始めました。


「妻が寝取られている場面を、その場で見たい。それも縛られて、苦悶に喘ぎながら陵辱される所を・・・」

自分で言うのも恐縮ですが、妻は美しい女です。35歳になりましたが、その肉体は爛熟し、乳房や尻も豊…
【人妻】隣の旦那が外泊してる間に奥さんを抱いた【体験談】
2017/04/10 20:25
2017/04/10 20:25
隣のご主人さんが車のミーティングで一泊二日で遠出するとのこと。ひとり残った奥さんのお相手をたっぷりとさせて貰いました。旦那さんは一泊二日のロッジに泊まったらしい。俺も誘われたんだが、一度参加した時にあまりのキモさに退いた。数えてないが4~5回はやったと思う。部屋に入って1回、飯食ったあと1回、お風呂で1回。ベッドで1回。そのあと深夜にベッドで寝てる時全裸だった奥さんの股に手を這わせてるとう~~ん、う~んって声出して感じ始めてマンコを触るとぐちょぐちょ。コンドームなしで挿れると、「ナマヤバい、ナマはダメ」って言いながら腰動かしながら俺にしがみついてきた。しばらく腰動かしてると、小声で、「きもちい…
医学部のエコー検査で同級生のおっぱいを堪能した 【SEX話】
2016/02/05 08:30
2016/02/05 08:30

僕は大学の3年生で、医学部の臨床検査を専攻しています。

医者ではなく、いわゆる保健学科というやつです。

僕の学年は1学年40人で、男子8人、女子32人の学年でした。

3年生になると研究室配属というものがあります。

これは2人ペアになって研究室に配属されて半年間、その研究室で勉強するというものです。

僕は愛ちゃんという女の子とペアで生理機能検査室という研究室に配属されました。

愛ちゃんはクラスの比較的大人しいけど、気の合う女の子でした。

身長は160センチ、体重は・・・分かりません(笑)

結構細めの女の子で、胸はあまりないと思いました。

顔も可愛い方なのですが、そんなに目立…
少年野球の合宿先のホテルで少年の母親に口内射精
2016/12/28 12:00
2016/12/28 12:00
  

私は(36歳)ある地方都市の小◯校で学童野球チームの監督をしています。去年の夏、茨城県のある施設で合宿をしました。その時の夜の出来事です。無事に練習も終わり、夕食が済み、我々スタッフや親御さんを交えお酒を飲む事に、夜もだんだん更け、昼間の練習の疲れが一気に襲ってきて、僕は一人先に部屋に戻る事にしました。それから1時間位過ぎた頃でしょうか、ドアをノックする音が、出てみると親御さんの中の一人の奥さんでした。「あっ、お疲れ様ですぅ、先に寝ちゃってすみません」「ごめんなさい!監督起こしちゃったみたいで・・・」「いえ!いえ!大丈夫ですよ。どうしました?」「監督に相談があるん…
【レイプ体験談】JKの露出17
2015/09/27 10:14
2015/09/27 10:14
前回、夏休みも明けて、彼女も本来の生活リズムに戻りました。 2学期初めての露出も楽しむことができました。 彼女と会う時は必ず露出をしてると思われてるかもしれませんが、 特別そんなことはありません。 僕も彼女も、そこは普通のカップルなので、それらしく楽しんでいます。 お互いに時間の空きやすい夜は連絡を取り合い、 何気ない話から時にはエッチな話をして、彼女をからかったりしています(笑) 彼女は相変わらず思い切ったエッチな会話が苦手のようで、 笑ってごまかしたり、言いづらそうにそれを口にしたり、 時には怒り気味な反応を見せたりと、とても純粋で可愛いです。 それでも会話を止めよ…
【痴漢・レイプ】カップルと呼ぶには早すぎる少女達を - 11/15
2018/06/17 08:48
2018/06/17 08:48
カップルと呼ぶには早すぎる少女たちを・・・。 11 投稿者:じんかた つやし 投稿日:1月14日(月)6時59分59秒削除僕は10秒間の心の中でのカウントを終え、少女のスカートを捲り始めました。 ブリーフのち0ぽを出し入れする穴から親指の侵入のみを成功させ、その生温かさとヌメヌメした感触に多少の躊躇を見せつつも、ますますの興味を膨らませていた少女は、僕の反撃に抗議する事もなく、再び腰を据えるかのように、その未発達なお股を少しだけ開き始めました。 先程メダルゲーム中に開いたのと同様に「肩幅」ほど足を開きます。 本当はこの体勢になった時に再び両手を使い(右手はま0こ、左手はお尻)少女の下腹部…
1月最後の週末
2017/03/10 15:01
2017/03/10 15:01
先週末はフィアンセの女の子の日だった。このため性交できなかった。彼女の生理は3日ほどで終わるが生理痛がひどくまた不定期だ。婦人科で診察を受けたが別に異常は無かったので安心している。PMSは起こさない。いつも女の子の日には花束を持ってお見舞いを欠かさない。彼女は「セックスできなくて御免なさい。」としょげるので色々と励ましている。学生時代に様々な馬鹿な経験をしているので面白おかしい話題には事欠かない。紅茶を飲みながら彼女にそんな武勇伝を聞かせて笑わせている。少しでも生理痛の辛さがまぎれればよいと考えている。「あなたは二枚目なのに随分と三枚目の真似をなさったのね。」と彼女は喜んでくれる。溜まった精液…
温泉旅館で入墨の男達に
2018/01/06 17:06
2018/01/06 17:06
もう2年程前の実話です。

当時29歳の妻(美恵)と旅行に出かけ、地方の温泉旅館に泊まったんです。
老舗と言った風貌の建物に奥は新館と表記され、鉄筋の真新しい建物が繋がっていました。
そんな中、案内されたのが新館の5階の奥から2番目の部屋でした。
一番奥の角部屋は特別室なのか?私達が泊まる部屋とは違う感じだったんです。
部屋まで案内される時も、他の客に会う事も無く女中さんに聞いても”今日は少ないんですよ”と
言う事でした。
部屋に入った私達は”何だかラッキーだな!貸切状態じゃないか”と浮かれていたんです。
夕食まで時間も有ったので、妻と浴衣に着替えゆっくり貸切風呂でも楽しもうと…
【レイプ・痴漢体験談】ある少年の一日(2)
2017/02/06 11:11
2017/02/06 11:11
力の弱い僕には、憧れの奥さまに危害が及ばないように見守ることしかできなかった。こんな怖い先輩達に囲まれても、威厳を保ったままの奥様。「どきなさい 私帰るから」「じゃ、淳君 また来るからね」ちらっと俺の目を見る奥様でも・・奥様の・・顔・・すこしこわばってるように感じる。玄関に歩き出す奥様。こんなに怖い先輩達をまるで恐れていないかのように凛々しささえ感じる。こんなに強い女性 学校の先生にも 居てくれたら・・・。心の底からそう思った。奥様の後姿を見つめる先輩達。<-----br>ゆっくり歩いていく奥様。そう・・そのまま・・無事に逃げて・・。 「ガーーーー」 突然、冷蔵庫が唸りを上げる。ビクッ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・FXで嵌められた慶応卒の女先輩

・【熟女体験談】離婚したバツ一パートおばさんにアダルトビデオを見せられ、筆下ろしをしてもらった

・FXで失敗したエリート女の屈辱

・【人妻体験談】夫婦ゲンカをして飛び出してきた同じマンションに住む奥さんとハメまくってヤリまくり、この不倫を止められそうにない

・【レイプ】荒れた中学で起きた性的いじめの実態

・可憐の女店主が全裸で土下座した

・ウブな人妻は旦那しか知らない豊満な女体

・40代兄妹の性交

・俺は聖人君子じゃないからなあ・・・

・【人妻体験談】上司が妻に会いたいと言ったので上がってもらうことにしたら、妻を寝取られ、妻は知らないうちに上司の恋人になっていた

・【熟女体験談】行きつけのスナックでママと女の子の乳揉みは日常化し、SEXを楽しんだ

・45才の人妻のとても心に残る私の秘密の旅行でした

・【乱交】エアコン修理のおじさん2人に私の体も診てもらった

・揉まれたら理性が崩壊する私の理性は弱いです

・【寝取られ】Aカップの童顔妻を貧乳好きの変態男に抱かせた

・【人妻体験談】専業主婦を調教してリビングでSEXしたが、癖になりそう

・弓道部のJKに生挿入したら、ギューッと締めつけてくれた

・情事をDVDに撮るのは考え物です

・私の計画実行(妻を部下に・・・)2

・「彼氏のよりはるかにおっきい…」といい恥ずかしそうに・・・

・【レイプ】バッグの中身を漁られる横で、すでに私は犯されていた

・大嫌いな妹を犯した話

・僕と従弟のユウくん

・【不倫】太ももを割って入った主任さんの膝でアソコを擦られて

・「初めてのエッチ」講座

・【熟女体験談】遅れてやってきた美熟女風俗嬢が本番SEXをさせてくれ、口に受け止めてもらった

・先輩に渡された本で彼女いない歴=年齢がスローセックス覚えた結果

・グリーン車

・一夜のM奴隷交換