寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

不倫の果てに(3)

2018/01/14 02:58


真一は内心ほくそ笑みながらジムへ向かった。
 そこにはTシャツとゆったりとした短パン姿の淑恵が笑いながら立っていた。
「やっぱり、斉藤さんの奥さんでしたか・・・今日は僕が一日担当しますので宜しくお願いします。」
「うれしいわ・・・田中さんのご主人で・・・楽しい一日になりそう・・・」
 ジムの中は、日曜だというのに閑散としていた。
 二人はジムの隅においてあるテレビの前の広いスペースに向かい、真一はストレッチ用のマットトを2組用意した。
 淑恵はそのマットに膝を伸ばした格好で座り、真一がストレッチの説明用ビデオをセットするのを待った。
 じきにテレビに若い男性一人と女性二人が写り出し、様々なストレッチの説明をする映像が流れていく。
 真一は淑恵の背後から手取り足取りストレッチの仕方を教えていく。
「斉藤さんの奥さんって、身体柔らかいですね。」
「そうですか・・・」
 淑恵は大きく足を開き、前屈を始めた。
「・・・でも・・・最近は固くなった方なんですよ・・・あいたたた・・・」
 淑恵が開いた脚の付け根を押さえながら顔を歪める。
「トレーニングの前と後には十分に筋肉を解さないと・・・手伝いましょう・・・」
 真一は淑恵の背後に回り、淑恵の膝を掴むと更に大きく広げていく。
「・・・い・・いた・・・これ以上は・・・」
「・・・そうですか・・・」
 真一は淑恵の正面に回り、脚がどれくらい開いているかを確認するように覗き込んだ。
(・・お・・・おぉっ・・・奥さん・・・ワレメがくっきり浮かんじゃって・・・)
 真一の目に淑恵の短パンに淫裂の起伏がくっきりと浮かんでいるのが解った。
「あ・・・脚は良く開いてますね・・・じゃ・・背中押しますよ・・・」
 真一は再び淑恵の背後に回ると、肩の下に手を当て、ゆっくりと体重をかけていく。
「・・・い・・・いたたたた・・・」
 真一は背中を押す度に淑恵の上半身が床につくほどに力を込める。
「・・・体がほぐれてきましたね・・・もっと強く押しますよ・・。」
「・・・い・・・いたーーーーっ・・・」
「・・だ・・・大丈夫ですか・・・」
「・・・い・・・痛い・・・」
 淑恵は腰を抑え、苦痛に顔を歪めながら横たわっていた。
「・・・ご・・・御免なさい・・・今・・・救急車呼んできます・・・」
「だ・・・大丈夫です・・・しばらく静かにしてれば・・・」
「じゃ・・医務室へ・・・」
「・・・いいえ・・・ご主人・・・家まで送っていただけないかしら・・・」
「・・・わ・・わかりました。今、タクシーを呼んできますね。」
 真一はジムの責任者にこっぴどく説教をくらいった後、淑恵を家まで送る為ジムを早退した。
 真一は淑恵を2階の寝室まで抱えて運ぶと、ジムから持参した救急箱を開け湿布を用意する。
「奥さん・・・湿布を張りますので、うつ伏せになれますか?」
「・・・えぇ・・・・でも・・・痛いのは腰じゃなくて・・・」
「・・は?・・・腰じゃないんですか・・・・」
「・・・えぇ・・・あ・・・脚の付け根・・・なんです・・・・」
「でも・・・腰を押さえてました・・・よね・・・」
「・・・だって・・・ここを・・・押さえるなんて・・・恥ずかしくて・・・」
「・・・そ・・そうですね・・・」
「・・・湿布・・・してくださいますか・・・」
「・・・じゃ・・僕じゃなんだから・・・女房呼んできますよ・・・その方が・・・奥さんも恥ずかしくないでしょ・・・」
「・・・で・・・出来れば・・・ご主人に・・してもらいたい・・・」
 淑恵は顔を赤らめながら顔を背けるように横を向いた。
「・・・わ・・・わかりました・・・じゃぁ・・ちょっと脚を動かしますよ・・・」
 真一は淑恵の右膝を優しく持ち上げると、ゆっくりと淑恵の身体の方に押していく。
「・・・どうです・・痛くないですか・・・」
「・・・えぇ・・・」
「じゃぁ、次は反対の脚いきますね・・・」
 真一は淑恵の右足をそっと元の位置に戻すと、今度は左の膝をゆっくり持ち上げていき、淑恵の胸に膝が付くほどに押していく。
「こっちはどうですか・・・痛くないですか・・・」
「・・・えぇ・・・」
「・・お・・・おかしいな・・・どっちも痛くないんですか・・・」
「・・・・」
 淑恵は顔を背けたままじっとしていた。
「じゃ、今度は両脚を一緒に持ち上げますね・・・」
 真一は淑恵の脚の間に座ると、両手で同時に両膝の裏を持ち、ゆっくりと押していく。
「どうです・・・奥さん・・・痛かったら、言って下さいね・・・」
「・・・・・」
 真一は淑恵の表情に注意を払いながらゆっくりと膝を押してくが、淑恵に痛がる素振りは見えない。
「・・・おかしいな・・・」
 真一は淑恵の膝を淑恵の胸に付くくらいまで押したが、一向に淑恵の表情に苦痛の表情が表れない。
「・・・お・・・奥さん・・・」
 真一は淑恵の膝を強く押すことで、真一の目の前に曝された淑恵の短パンに、淫裂がくっきりと浮かび上がり、さらにそこには小さなシミが出来ている事に気づいた。
「・・・わ・・・わかりましたよ・・・奥さんの・・患部が・・・」
「・・・は・・・恥ずかしい・・・」
 淑恵が甘い吐息と一緒に恥じらいの言葉を漏らした。
 真一は膝を押すことで浮いた腰の下に、自らの膝を差し込み、淑恵の腰を浮かせたままにすると、ゆっくりと短パンのボタンに手をかけた。
「・・・これから治療しますから、奥さん膝持ってて下さいね・・・」
「・・・えぇ・・・わかりました・・・」
 淑恵は真一の指示に素直に従い、自分の膝を抱え真一の手を自由にした。
 真一は淑恵の短パンのボタンを外すと、ゆっくりとファスナーを下ろしていく。
(・・・やっぱり・・・・)
 下ろした短パンのファスナーの下から、淑恵のあまり縮れていない陰毛が現れた。
「・・・い・・・いやぁ・・・・」
「・・・・・・・・・」
 女の挨拶のような形ばかりの抵抗の言葉を発した淑恵であったが、身体は微塵も抵抗を見せていなかった。
 真一は短パンをするりと淑恵の腰から抜き、淫裂を曝け出した。
「・・・あぁ・・・やっぱりここだ・・・奥さんの患部・・・」
「・・・いやぁ・・・恥ずかしい・・・」
 淑恵の淫裂は花弁が充血し、淫裂全体が愛液に塗れ色素の濃い肛門まで濡れ光っている。
「奥さん・・・朝の・・・電車の中のあの時からこんなになっちゃったんだね・・・」
「・・あぁ??ん・・・いぢわる・・・」
「大変だよ・・・こんなに腫れあがっちゃて・・・」
 真一は目の前に曝された淑恵の淫裂に指を埋めるように割りこませる。
「・・・はぁぅっ・・・あ・・・い・・いぃ・・・」
 真一は淫裂に埋めた指を、今度はゆっくりと引き上げていく。
「・・・あぁ・・・」
 淑恵の淫裂と真一の指の間にネバネバをした愛液が、きらきらと光る糸を引いていく。
 真一は、その糸を引く愛液を楽しむように、何度も指を淫裂に埋めては引き抜いてみた。
「・・・あぁ・・は・・・はやくーーーーっ・・・」
 真一に焦らされ続けた淑恵が、強い刺激を求めるように訴える。
 真一は両手で淑恵の淫裂に手を添えると、ゆっくりと左右に押し広げ、赤く充血した淫裂に固く尖らせた舌を差し込んだ。
「はぅっ・・・あ・・・うぅっ・・・」
 朝、満員電車の中で真一に弄ばれてからずっと火照ったままの淑恵の淫裂が淑恵の全身に蕩けるような甘美な快感を与えていく。
 真一は、高く掲げられてもなお愛液を噴出する膣口に舌を差し入れ、その甘い愛液をかき出すように膣口を愛撫していく。
「あぁぁぁぁ・・・いぃぃぃぃぃ・・・も・・・もっと???ん・・・」
 淑恵が更なる刺激を求める喘ぎを放つと、真一は淫裂に差し入れている舌を淑恵の淫核に向けた。
「はぁぅっ・・・あ・・・あぁっ・・いぃ・・・あぁっ・・・」
 淑恵は自ら抱える膝に窮屈に身体を曲げながら、淫裂から伝わる快感に官能の喘ぎを漏らしていく。
 既に尖り包皮から顔を出した淫核を真一は舌で転がすように刺激を加えていく。
「あぁぁぁ・・・い・・・いいぃ・・・いく・・・いちゃう・・・」
 淑恵は真一の舌での愛撫だけで、絶頂に達してしまった。
「奥さん・・もういっちゃったの・・・意外と淫乱なんだね・・・」
「・・・だって・・・朝から火がついたままだったんですもの・・・」
 真一は絶頂の余韻に浸る淑恵を横目に見ながら、着ているジャージとTシャツを脱ぎ捨て全裸になった。
「・・・あぁ・・・逞しい・・・身体・・・」
 淑恵は全裸になった真一の盛り上がる腕の筋肉に手を滑らせながら、真一の乳首に舌を這わせた。
「・・・奥さんも・・・裸になろうね・・・これから本格的にストレッチを始めるよ。」
「・・・今度は何処の筋肉を解して下さるの・・・」
「もちろん全身ですよ・・・身体がとろとろに蕩けるほどに・・・」
「・・・そんな気持ちよさそうなストレッチなら、毎週お願いしちゃおうかしら・・・」
「・・喜んで・・・」
「でも、ご主人のここは、ストレッチしたくないわ・・・固いままがいいもの・・・」
 淑恵は真一にそう言うと、既に天井を向いてビクビクと痙攣する真一の怒張を咥えた。

不倫の果てに1  2  3







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
奥まで入ってる。凄い・・いい・・【エロ体験談】
2017/12/04 11:17
2017/12/04 11:17
今から4年程前・・
私は会社で、システム管理の仕事をしています。
ある日、会社の某ショップから「パソコンの調子が悪い」との連絡が入り、その日の夕方ショップに足を運びました。
予想外に作業に時間がかかり、閉店時間になりました。
そのショップは女性中心の職場で女店長に
「まだもうちょっと掛かるけどどうしよう?明日また出直そうか?」と聞くと
「いいよ。もう少しぐらいなら待ってるよ。」との返事。
「じゃあ、悪いけど・・」といって作業を続けました。
周りの社員は皆帰社し、二人きりになりました。
そして、作業も終わり、
「これで大丈夫だと思うから、様子見てよ。」と言って帰ろうとすると
「ちょっと教えて欲…
【近親相姦】Kenさんのおかげ【体験談】
2017/03/03 12:14
2017/03/03 12:14
582名前:おさかなくわえた名無しさん[sage]投稿日:2012/02/16(木)09:33:39.64ID:GPoQZUJ2[1/2] あんま和まないかもだけど 10年近く前だけど、仕事じゃなくプライベートで 「日本の代表的な家庭料理が食べたい」って2つ年上の英国人女性上司に言われて トンカツ作った事があった、それ以来トンカツとカツカレーは 彼女の大のお気に入り料理になったけど、どうしてもキャベツ残すから 「トンカツ半分食べたら、キャベツ2/3食べて最後までトンカツ食べたら 残りのキャベツ食べてごらん。」って言ったら 「oh!〜口の中の油が飛んで、絞めのお茶が美味しいわ!」と 驚かれた事が…
【近親相姦】葬式でお坊さんの動きが面白すぎて笑いを堪えるのが大変だった【体験談】
2016/01/03 17:59
2016/01/03 17:59
今までにあった最大の修羅場 £80 awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1366292607/168: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/04/22(月) 00:04:11.76話豚切り御免なさい。良トメが腰を悪くしてしまったので、亡くなった大トメの親戚の葬式に、代わりに出てくれないかと頼まれました。 なんでも、若い頃にウトが亡くなり、苦労していた時にお世話になったのだとか・・・・・。 確かに腰を悪くしているのに、新幹線に二時間程乗るのは大変だろうと思い、私は快諾。 そして仕事の都合で行けない旦那の代わりに、当時大学生のコウトと共に参列する事になりました…
【性的虐待体験】長い間・・・2【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/30 06:22
2017/01/30 06:22
続きを書きます。おじさんとの事も、下校してから友達との約束や、三年生になってから始めた塾の無い時は、おじさんの家に行っていました。おばさんは、ほとんど寝室で寝ている事が多くなり、私は、おばさんの看病をするようになりました。その後、居間で座ってテレビを見ているおじさんの膝の上に私が座ると、何時もの様におじさんは、触ってきました。スカートの時は、パンツを脱がされて敏感なクリや小指にツバを付けて膣に入れられ少し痛かったけど四年生の夏休みの時、おチンチンを口にいれたり、擦ったりすると、固く大きくなる事が不思議でズボンやステテコの上から触り、少し固くなってから、下だけ脱がすと、ビヨョョンとなるのが楽し…
今は本当に可愛そうなことをしてしまったと、反省している私
2017/12/09 21:28
2017/12/09 21:28
(今は本当に可愛そうなことをしてしまったと、反省している私です。) 綾がうちの課に来たのは、たまたま寿退社した子がいて、僕にとっては、素 晴らしき偶然以外の何ものでもありませんでした。 綾は、今年大学を卒業したばかりの22歳で、身長が155くらい。細めだ が、胸は大きくて、髪が長く、小西真奈美に似た、(もう少し瞳が大きいか な?)清楚な感じのする、可愛い女の子であった。あんな子は、10年に一 度、いや、会社発足以来・・・と言う者もいたぐらいである。 当然のように、綾を全ての独身男性社員が狙っていたのかもしれない。(独 身以外も、狙っていたかもしれない。) そんな綾を、僕はうちの課で、一番のクラ…
夫の親戚まさる君との子作り
2018/06/10 22:06
2018/06/10 22:06
私は鮎子といいます。人妻で、家族は5歳年上の夫と子供が3人おります。もっとも今は夫は海外に長期に出張中で、夫の親戚の美由子ちゃんとまさるくんが同居しており、5人で暮らしています。子供たちは実の母である私をあーまま、育ての母である美由子ちゃんをみーままと呼び、まさるくんをぱぱといっています。でも、その呼び方は決して間違ってはいないのです。なぜなら3人の子供の本当の父親はまさるくんなのですから。
 私が夫ではなく、まさるくんとの間に子供を作ったのは理由があります。夫は会社の社長の息子で、事務員で入社した私は会社内では一番の美人という事で夫に見初められました。しかし、田舎の夫の祖母がこの結婚に大…
当時17歳の少女
2017/10/13 17:19
2017/10/13 17:19
その時私は26歳。 職場に来た当時17歳の少女 清掃員として雇われた 背は高く胸は小さめ、太くもなく細くもなくちょうどいい体型。 私が仕事してるときにやたらとくっついてくる!! 意味のないところの掃除ばかりしていた。 おかしな子だなぁと言う印象でした そんな少女と数日後の夜バッタリ街で会い、たわいもない話で盛り上がった。 話を聞くと私に一目惚れしたとの事… 嬉しい半面複雑半面で苦笑いをしてしまった。 番号を交換し別れました!! それからはというもの仕事中離れていればメールが度々くるようになる。 その夜ご飯に誘いまたたわいもない話になる!! ぼちぼち帰ろうとすると、少女の顔が虚ろになる 理由を聞…
貧乳でどMな嫁とギリギリのシチュエーションでの夫婦の営みwww
2016/10/07 00:00
2016/10/07 00:00
妻の実家に夏休みに家族全員で行った時にエロい体験をしました

嫁は37歳で子供3人の5人家族です

妻の性格はおとなしく、胸は小ぶりの貧乳で

顔は結構かわいい系のキュートな嫁です

妻の実家は少し田舎にあり昔ながらの農家

小高い丘の上にあり広い庭はすべて生垣で覆われています

生垣には大きな門がありそこから

生垣の間を通り玄関に通じています

家の中は土間が在り炊事とかは

今でもそこでしています。

私たち家族が到着し、庭に車を止めると、

義母が出迎えてくれました

すぐに昼食になりました、食べ終えると義母が子供たちを連れて、

買い物にに行って来ると言い、

子供たちを連れて、出…
【近親相姦体験告白】イトコの彩ねぇと  ▲近親相姦▲
2015/11/30 23:22
2015/11/30 23:22
 イトコの彩ねぇが、うちの下宿に来た。  彩ねぇは関東の大学に行ってたんだけど、修士は阪大で取るってことで、 院の受験のために、ちょっとおれのところへ泊まってる。  聞くと、彩ねぇは国文科で勉強しているらしい。 「大学院で研究しながら、教員免許も取るつもり」 彩ねぇは、そんなことを話した。  俺はその頃、毎月奨学金を借りていて、これが結構な額になってきてたし、 色々と将来のことを考えて不安になっていた時期だったので、 彩ねぇに打明け話をするような気分で、相談したりした。  彩ねぇは静かに聞いてくれる。  俺は自分のどろどろした考えを話すうち、自分の中の弱い部分が露出していって …
酔い潰れたスレンダーな女上司をお持ち帰り
2017/11/07 23:35
2017/11/07 23:35
一昨日の飲み会で、39歳の女上司・K美マネージャーを持ち帰った。
化粧っ気のない、童顔といえば童顔、薄化粧のためか39歳には見えない。
その日のK美マネージャーの服は、屈むと胸の谷間が見える結構胸の所が大きく開いたノースリーブのワンピース。

一次会は、マネージャー以下女性5人に男性4人。
マネージャー以外の女性は20代と若い。
ノースリーブにショーパンの女性もいて目の保養にはなったが、K美マネージャーにはなんとも言えない純真さというか、男をあまり知らない初心さのようなものを感じ、隣に座った俺は、ずっと胸の谷間を凝視していた。 9時まで飲み2次会のカラオケへ。
カラ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・ものすんごい体験をしてしまった【出会い系体験談】

・【痴女との体験談】姉友「ほら今だけ脚舐めてもいいんだよ~」

・【露出】プライベートリゾートで剛毛姉妹とエッチ三昧

・酔いつぶれた女子社員をアパートまでおぶっていったが・・・

・オレが中1の時Fカップの同級生とセックスした話

・ショーツ

・【痴漢・レイプ】派遣先のキモイ男に汚い所を盗撮されて犯された

・【不倫】一回りも年下の男の子の熱いミルク

・【痴漢・レイプ】特訓

・衣装選択でお客様と・・・

・【熟女体験談】母親のオナニーを見た息子が猛獣のように襲いかかり、激しく近親相姦SEX

・彼女がいるのに、家庭教師先のJKも食っちゃってました

・コンプレックスのある女性の相談に乗ってやったら、処女の体を堪能できた

・店の同僚の彼と汗だくでセックス

・パートの人妻さんに媚薬を飲ませた結果⇒アナルセックスできたwww

・品不足で品が必要な人妻がエロ降臨

・不倫して離婚し、そして自殺してしまった元嫁に涙が・・

・1年前女VIPPERと会ってセクロスした時の話をする

・【人妻体験談】弟が目の前で兄嫁を寝取りレイプしているにも関わらず、何もできなかった兄

・淫乱OL

・【不倫】すんごいフェラチオをしてくれる美人な兄嫁

・vipperに彼女を寝取らせた話をする

・自分でアナル拡張してるくらい変態な私の初レズ体験

・大学時代に失恋の傷を癒してくれたパートナーとのおばちゃん

・ボストロールと満喫でセクロスした話

・友人の知合いの温泉

・ショートカットの可愛い素人主婦にスカートを捲って・・・

・私(女)のレズ恋体験です。。。

・放課後の教室で好きだった同級生とキスした青春時代の恋愛話

・【痴漢・レイプ】万引き発見し