寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

不倫の果てに(2)

2018/01/14 01:45


「・・あっ・・・すいません・・・」
「・・・えっ・・・い・・いいんです・・・」
 真一に手の平に柔らかな淑恵の尻の感触が伝わり、今まで以上に真一の股間の物が淑恵の股間を刺激していく。
 淑恵は真一の股間の物の変化を察知し、淑恵はそれを避けようを腰を動かすが、逆にその刺激が真一の股間を更に刺激してしまった。
「・・・す・・・すいません・・・そ・・・そんなつもりじゃ・・・ないんですけど・・・」
「・・・い・・・いいえ・・・私の方こそ・・・御免なさい・・・」
 真一は、淑恵が真一の股間の物から逃れようと腰を動かす度にビクビkと痙攣する股間の物を抑える事が出来なかった。
 淑恵は、真一との密着を遮る唯一の右手に、真一の頭をもたげた熱い物が触れた。
「・・・あっ・・・」
「・・・す・・・すいません・・・どうにもこうにも・・・」
 真一は冷や汗をかきながら淑恵に対する言い訳を考えたが、気持ちだけが焦り言葉が浮かばない。
「・・・ご主人って・・・逞しい方なんですね・・・」
 今まで恥ずかしさに顔を赤らめていた淑恵が、ジャージの下で固くなり始めた真一の怒張の頭の部分に、右手の指を当て、ツメの部分でゆっくりと円を描くように撫で始めた。
「・・・えっ・・・な・・・そ・・・そんな事・・・無いです・・・」
 真一はしどろもどろになりながら、怒張の先端から伝わる心地よい刺激に顔を赤らめた。
「あっ・・・ご主人・・・又、誰かが・・・お尻を・・・」
 淑恵は真一の怒張の先端をジャージの上から軽くツメで擦りながら、真一の耳元でそう囁いた。
「・・あ・・・あれ・・・おかしいな・・誰も・・・そんな事・・・」
「・・・もっと下です・・・」
 真一は大胆な淑恵の行動に触発され、今までスコートの上から押さえていた右手を、スコートを捲り上げるように尻に忍ばせていった。
「・・・誰も・・・いない・・けど・・・」
「・・・ううん・・・も・・・もっと・・・奥・・・」
(この人・・・俺を・・・誘ってるのか・・・)
 やっと冷静さを取り戻した真一は淑恵に怒張を弄くらせながら、自らの右手はスコートの下の薄手のパンツの上から柔らかな尻の肉を揉み始めた。
(・・・あ・・・ぅ・・・)
 真一の右手の動きが大胆になると、淑恵は真一の胸に顔を埋め、込み上げる嗚咽を堪えるかのように、その顔を真一の胸に押し付けてきた。
(・・・なんか・・・今日はツイテルな・・・)
 以前から淑恵に好意を持っていた真一は突然舞い込んできた思いもよらない状況に行動がエスカレートしていった。
「・・・もっと・・・奥の方かな・・・」
 真一は更に右手を伸ばし、淑恵の淫裂部分にまで手を差し込んでいった。
「・・・あぁ・・・居ましたよ・・・変な虫が・・・」
 真一は胸に顔を埋め黙ったまま身体を硬直させる淑恵にそう囁くと、淫裂を擦るように指を動かし始めた。
(・・・ぅ・・・・ん・・・・)
 一向に動かない電車に静寂を保っていた車内に、乗客が苛立ちのざわめきがたち始め、淑子の微かな呻きをかき消した。
 車内は人の熱気で次第に蒸し暑くなり始めていたが、淑恵はその暑さとは関係の無い火照りを全身に漂わせ、熱い吐息を真一の胸に吹きかけていた。
 真一は淑恵の淫裂を擦る右手に、淑恵が股間に汗を滲ませ、クロッチに部分に汗とは違う湿り気を帯び始めた事を察知した。
「・・・熱いですね・・・奥さん・・・」
「・・・えぇ・・・とっても・・・熱いです・・・」
「・・・電車、早く動くといいですね・・・」
「・・・えぇ・・・もっと・・・早く・・・」
「・・・こんな事なら・・・ジカに行ってしまえばよかった・・・」
「・・・私も・・・ジカに・・・」
 真一と淑恵は意味深な会話を交わすと、パンツの上から淫裂をなぞっていた右手をパンツの脇から差し込み、じかに淑恵の淫裂に触れていく。
「・・・あぁ・・・やぱり・・・ジカに・・・行った方が・・・良かったわ・・・」
 淑恵が嗚咽交じりの言葉を発しながら、真一の指を自らの淫裂に向かい入れ、微かだが脚を広げた。
 動きやすくなった真一の指が淑恵の花弁を広げるよに侵入すると、堰を切ったように愛液を滴らせ真一の指を濡らしていく。
「・・・奥さん・・・すごい汗ですよ・・・」
「・・・えぇ・・・もう・・・熱くて熱くて・・・」
 真一は淑恵の愛液に濡れた指をその泉の源である膣口にあてがうとゆっくりと差し込んだ。
「・・・本当に・・・熱いですね・・・」
「・・・ねぇ・・・熱いでしょ・・・」
 真一の指に淑恵の火照った熱が愛液と一緒に伝わってくる。
 真一は差し込んだ指をゆっくりと出し入れを繰り返しながら淑恵の膣の中の襞の感触を楽しんだ。
(・・・あ・・・はぅっ・・・うぅっ・・・)
 淑恵は次第に息を荒げて行き、おぼつか無い足取りで真一の胸にもたれかかってくる。
 真一のTシャツ越しにふくよかな淑恵の乳房の感触が伝わってきた。
 淑恵は僅かに自由の効く右手をジャージの上着のジッパーに伸ばし、ゆっくりと下げ、周りに気づかれない程にはだけた。
(・・・おぉっ・・・奥さん・・・乳首丸見えじゃん・・・)
 淑恵はアンダーだけを僅かにカバーする殆どカップの無いブラからはみ出る乳房を真一の目に曝し、乳首を勃起させていた。
 しかし、真一は淑恵の乳首を覗く為には上体を大きく反らさなければならなかったが、満員の車内では、直ぐに押し戻されてしまう。
(・・・これじゃ、おっぱいは楽しめないな・・・こっちに専念するか・・・)
 真一は淑恵の膣内に挿入させたままだった指を再び動かし始めた。
(・・・それにしても、汁が多い奥さんだな・・・これじゃ、太腿から垂れてるんじゃないか・・・)
 真一が想像した通り、淑恵の内腿には自らの愛液が滴り、なめくじが這った後のような光の帯が幾本も線を作りはじめていた。
(・・・間もなく、この列車は発車します。ご迷惑をお掛けして・・・)
 真一が淑恵の淫裂に指を差し込んで間もなく車内アナウンスが流れ、電車が発射しようとしていた。
(ちっ・・・これからっていう時に・・・)
 真一は微かに舌打ちし、動き出した電車を恨めしく思った。
 真一は膣に差し入れている指を抜くと、その濡れた指を淑子の淫裂の奥にある淫核に向かわせた。
 淑恵の淫核は包皮に守られていたが、その中で微かに固さを増し敏感になり始めていた。
「・・・あぁっ・・・あ・・あぁ?ん・・・」
 真一の指が淫核を捉えた瞬間、淑恵は小さな喘ぎを漏らしたが、走り始めた電車の騒音にかき消され、周りの乗客の耳に届くことは無かった。
「・・・あと10分程で着きますね・・・」
「・・・えぇ・・・私も10分もあればイけると・・・思います・・・」
「・・・じゃぁ・・僕もがんばらないと・・・」
 真一は淑恵の包皮に隠れている淫核を巧みに露出させると、愛液に濡れた指で優しく転がすように弾いていく。
「・・・あ・・・はぁっ・・・い・・いっ・・いい・・・」
 淑恵が真一の胸に口を当て、堪えることの出来ない嗚咽を漏らし始めた。
 真一は淑恵の熱い息が胸に当たる度に周囲に気を配り、様子を伺いながら淫核を擦る指の速度を早めていく。
「・・・あぁ・・・だ・・・だめ・・・立って・・られない・・・」
「・・・えぇ・・・もうすぐですよ・・もう・・・着きますから・・・」
「・・・えっ・・・私・・・未だ・・・」
「・・・そ・・・そんな・・・もう着いちゃいますよ・・・」
「・・・あぁ・・・でも・・・ま・・・まだ・・・・なのに・・・」
 真一は、到着駅に滑り込んで、ブレーキをかけはじめた電車とは逆に、淫核を弄ぶ指の速度を早めていく。
「・・・もう・・・もうちょっと・・・まだ・・もうちょっと・・・」
「えぇっ!・・・もう・・・着いちゃいますよ・・・あっ・・・」
「だ・・・だめぇ??・・・ま・・・まだ???・・・」
 電車が停止し、乗客が開け放たれたドアに殺到すると二人はその流れと共に外へ押し出された。
 淑恵は真一に抱きかかえられるにプラットホームに立ち、潤んだ瞳で真一を見上げた。
「・・・もう・・ちょっとだったのに・・・」
「・・・ご・・・御免・・・」
 真一と淑恵は名残惜しそうに駅を後にした。
「じゃぁ・・田中君・・・今日は新規の会員さんにストレッチの仕方を教えて、それから一通り器具の使い方を説明してくれるか・・・。」
「はい。分かりました。」
「う???ん・・・今日は1名だな・・・」
(・・・斉藤さんの奥さんだな・・・やっぱり今日はツイテる・・・)
 真一は内心ほくそ笑みながらジムへ向かった。

不倫の果てに1  2  3






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
付き合うきっかけは、雨宿り
2017/07/01 10:28
2017/07/01 10:28
高校の時の話だけど。 ある大雨の日だった。街に出掛けていた帰りの電車の中に幼馴染みの彩に乗っていた。 保育園から一緒ですっげー仲がよかった。実は小学4年の時に誰もいない教室でキスまでした事がある仲だった。遊びでだけど。 でも中学に入ってから卒業まで1回も同じクラスになった事がなくて高校も別々になった。 その時は俺は高校3年。もう5年近く彩とはまともに喋ってなかった。別に嫌いとかそういうのじゃなかったけど。 その日は日曜だったので俺は私服で彩は部活の帰りだったのかな、制服でテニスのラケットを持っていた。 話しかけようとしたが、なんか恥ずかしくてそのまま待合室まで行った。 俺の家はすぐそこなの…
【輪姦】輪姦とは言えないけど
2015/12/26 18:36
2015/12/26 18:36
かなり昔のことだけど、京都に住んでいたときマワされました。 というか、自分からナンパされるためにお酒を飲んでふらふら歩いていたところを捕獲されて車にのっけられて、今考えるとほんと危ないことしたなーと思います。 最初の時は2人でした。まだ19歳の時の話です。(本当に今まで誰にも言っていないから。私は大学生でした。) 私の背は結構高い方で167cm。体型はやせ形だと思います。 当時インディーズデザイナーのファッションモデルのバイトをしていました。 モデルといってもメジャーな人のじゃないし、みんな普通っぽい人ばっかりです。 顔はハデめというか、ハーフみたいとよく言われ…
帰省に彼女を連れて行ったら、かくれんぼ中に浮気された
2016/03/09 18:34
2016/03/09 18:34
大学時分に盆休みで帰省したとき、彼女(M子)もいっしょに連れて行った。

午前中は街中をぐるぐると遊びに回ったけど、午後になって近所の同じく同級生Uがいっしょに合流。

どうもバイトで最近は家庭教師してるって話も聞いた。




そいつの家の近所に行った時に丁度近所の小学生とかがそいつとよく遊ぶ?遊んでる?ってことで、俺もM子もまわりの子供たちと“鬼ごっこ”や、“かくれんぼ”を大人げもなくいっしょにさせられてた。


かくれんぼの時に近くの廃屋みたいな場所がある公園でしてたんだけど、さすがに大人だとすぐ見つかる。

まあ遊んでやってるからそれでいいんだけど。


何回か鬼が回って…
バイト終わりに彼女の家に行ったら、すでにやってた
2018/06/30 08:00
2018/06/30 08:00
俺が大学生だったころ、ゆきという娘と付き合っていた。
サークルで知り合って大学生にありがちなコンパで酔った勢いで付き合った
パターンだった。
ものすごい好きだというわけではなく、でもなんとなく愛着のある彼女で
他のサークルのメンバーと話しているとやきもちを焼いてしまうこともあった。

見た目はちょっと永作○美を色っぽくしたような感じで、
笑うと細くなる目と、白くてきれいな足が好きだった。

俺はちょっと変態で彼女が寝てしまったあと服をまさぐって
かってに愛撫し始めるのが大好きだった。
「やめて~」という甘い声に萌え、黙々と身体を触りまくっていると
眠そうな彼女の息がだんだ…
満員電車で勃起したチンポを近所の美人妻が・・・。
2017/05/24 19:49
2017/05/24 19:49
一年前に斜め向かいの家に引っ越してきた、小学生のお子さん一人の30代半ばの夫婦。 スポーツマンタイプのご主人とは趣味が合い、一緒にバーベキューをすることもあります。 奥さんは美人で家庭的で明るい篠原涼子似。 同年代の友人が出来て私と妻は喜んでいます。 先日、私はいつもより一時間遅く家を出ました。 妻の具合が悪く、私が家事をしていたからです。 時間がちょっと遅いだけでこんなに混雑するのかと思いながら駅を歩いていますと、奥さんの姿が目に留まりました。 「松本さん?」 「あらっ、井ノ原さん。おはようございます」 「仕事ですか?」 「ええ。パートなので3時には終わるんですけどね。井…
きっかけはナンパだったけど・・・
2016/12/21 15:19
2016/12/21 15:19
すっごく好きな彼氏と別れて、すごく淋しい時でした。 友達と飲みに行った後、別れて家に帰る途中で、すっごく私好みの男の人(崇史くん)が声を掛けてきたんです。 話を暫くしてたら、その人も最近、彼女と別れたばっかりって解って更に盛りあがってしまいました(苦笑) ・・・で、かなり酔っていた私は「ぶっちゃけ、崇史くんってかなり好みなんだけど」って言ったら、彼も「俺も~」って感じで異常にテンション高くなっちゃいました。 で、「もっとゆっくり話したいね」って事になって。 夜中の3時だと開いてる店も殆ど無いから、お互い軽い気持ちでホテルへ行きました。 ホテルに入ってからもカラオケしたり、お酒飲んだ…
苺すぺしゃる
2016/05/15 22:22
2016/05/15 22:22
「おにぃ・・・起きてる?」 おにぃの部屋の電気を付け部屋のなかに入る。 電源を切ってある携帯と空のペットボトルが数本・・今朝からこの状態だった。 「・・・・・・zzzz・・・・・・・zzzzz・・・・・・」 心地良さそうな寝息が聞こえる。 計算するともう16時間はこのままだった。さすがに起こさなきゃいけない。 「おにぃ・・・おにぃ~・・」 「・・・・・・・・」 反応が無い。 「おにぃ!おきてよぉ・・・」 「んんん~・・・・・・zzzzzzz」 やはり駄目だった。 疲れたおにぃは寝起きが悪い。 私はおにぃの上に跨って顔を掴み左右に引っ張りながら声をかける。 「おにぃ・…
2歳年上の従姉にドキドキした体験
2018/07/08 07:10
2018/07/08 07:10
ここ見ていて僕の体験も書いてみる事にしました。
つまらなかったらすいません。

僕は21歳の学生で、2歳年上の従姉がいます。
顔は超美人とは言えないものの、昔からテニスをやっていて、
肩にかかるかどうかくらいの髪の、わりと活発な明るいタイプでなかなか可愛い系の顔の、前から少しだけ気にはなっていた存在ではありました。

その従姉は、車で30分くらいのところに住んでいて、小さい頃から月に一度くらい、うちに遊びに来てました。

そして、大人になった今でも、叔父・叔母と一緒に、たまに、本家である、うちにご飯を食べに来たりしていました。


そして、年末のある日に事件は起こりました。

ここら辺は、めっ…
美容部員のお姉さんと。
2015/10/01 18:53
2015/10/01 18:53
美容部員のお姉さんと、ばったり出会い、いい雰囲気になってホテルに直行した(笑) 彼女とキスを交わし撫で回し、いやらしい格好にさせる(笑) 続きを読む
夫の弟と不倫してしまいました。。。
2018/01/22 16:02
2018/01/22 16:02
私は結婚しており、25歳で子どももいます。

主人以外とのセックスなんて考えられずにいました。

しかし高校時代から知り合いである

主人の弟(同じ年)とセックスしてしまいました。

たくさんの家族がとまりにきて寝る部屋がなかったときのことです。

仕方なくわたしと子どもがねる部屋に義弟を泊まらせました。

主人は仕事でいない日でした。

義弟も奥さんが体調悪く一人できていました。

わたしがベッド義弟が下の布団でねました。

ふつうにふたりとも寝たのです。

しかし、トイレに行きたくなり起きて、

暗いし寝ぼけているし、

義弟がどこに寝ているかよく見えずに歩いたら

つまずいて覆いかぶ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【近親相姦】リア充な姉と童貞中学生の俺[第2話]

・若い男2人組に 続続編

・3.11の日にSEXしたせいで2年後の昨日えらい目にあった話する

・友達の嫁のキョウコちゃんと、ヘルス嬢の天使マミさん

・【近親相姦】高校生の娘の白い太ももに興奮して

・学校のトイレであったやらしい話

・【熟女体験談】雑魚寝中に従姉から逆レイプ手コキをされた

・【人妻体験談】息子の体育祭でレイプされた妻は肛門まで犯された

・夫の横でセクハラされるなんて

・【Hな体験】お化け屋敷の待機中に巨乳娘とこっそりエッチ

・友達の爆乳彼女寝とって童貞卒業したった

・PTAの地区大会のお泊まりでマッサージ師2人に犯された人妻を目撃

・そしてまた次の日も義弟が求めるまま、セックスしてしまいました・・・

・人妻のブラをずらして綺麗な乳首を

・【熟女体験談】韓国からの留学生に妻を寝取らせた後、妻に魂まで抜けるほどの長く大量な射精をした

・【近親相姦】男って飲んであげると喜ぶよね!

・愛した女性は学友の母

・夫婦の旅行先で起こった出来事の話

・女装した状態でJK助けたら懐かれてしまった

・電車の中で刃物で脅され・・・高2の悲しい初体験

・CFNMプールで同級生の男の子が、すっぽんぽん

・【女×女】自分のことを男だと思っているレズな女子中学生

・【人妻体験談】性感マッサージにヨガる箱入り娘だった貞淑な妻

・【熟女体験談】部下の人妻OLにいきなり即尺フェラされ快楽の虜になって中出し不倫SEX

・飲み会の帰りに

・イキたくてイキたくてお願いしました

・昔のつけ

・【Hな体験】とある掲示板で見つけたSM好きのヤリマンビッチ

・メル友の麻衣子

・好きな人が変態だった。これ以上の変態があるなら知りたい