寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

不倫の果てに(2)

2018/01/14 01:45


「・・あっ・・・すいません・・・」
「・・・えっ・・・い・・いいんです・・・」
 真一に手の平に柔らかな淑恵の尻の感触が伝わり、今まで以上に真一の股間の物が淑恵の股間を刺激していく。
 淑恵は真一の股間の物の変化を察知し、淑恵はそれを避けようを腰を動かすが、逆にその刺激が真一の股間を更に刺激してしまった。
「・・・す・・・すいません・・・そ・・・そんなつもりじゃ・・・ないんですけど・・・」
「・・・い・・・いいえ・・・私の方こそ・・・御免なさい・・・」
 真一は、淑恵が真一の股間の物から逃れようと腰を動かす度にビクビkと痙攣する股間の物を抑える事が出来なかった。
 淑恵は、真一との密着を遮る唯一の右手に、真一の頭をもたげた熱い物が触れた。
「・・・あっ・・・」
「・・・す・・・すいません・・・どうにもこうにも・・・」
 真一は冷や汗をかきながら淑恵に対する言い訳を考えたが、気持ちだけが焦り言葉が浮かばない。
「・・・ご主人って・・・逞しい方なんですね・・・」
 今まで恥ずかしさに顔を赤らめていた淑恵が、ジャージの下で固くなり始めた真一の怒張の頭の部分に、右手の指を当て、ツメの部分でゆっくりと円を描くように撫で始めた。
「・・・えっ・・・な・・・そ・・・そんな事・・・無いです・・・」
 真一はしどろもどろになりながら、怒張の先端から伝わる心地よい刺激に顔を赤らめた。
「あっ・・・ご主人・・・又、誰かが・・・お尻を・・・」
 淑恵は真一の怒張の先端をジャージの上から軽くツメで擦りながら、真一の耳元でそう囁いた。
「・・あ・・・あれ・・・おかしいな・・誰も・・・そんな事・・・」
「・・・もっと下です・・・」
 真一は大胆な淑恵の行動に触発され、今までスコートの上から押さえていた右手を、スコートを捲り上げるように尻に忍ばせていった。
「・・・誰も・・・いない・・けど・・・」
「・・・ううん・・・も・・・もっと・・・奥・・・」
(この人・・・俺を・・・誘ってるのか・・・)
 やっと冷静さを取り戻した真一は淑恵に怒張を弄くらせながら、自らの右手はスコートの下の薄手のパンツの上から柔らかな尻の肉を揉み始めた。
(・・・あ・・・ぅ・・・)
 真一の右手の動きが大胆になると、淑恵は真一の胸に顔を埋め、込み上げる嗚咽を堪えるかのように、その顔を真一の胸に押し付けてきた。
(・・・なんか・・・今日はツイテルな・・・)
 以前から淑恵に好意を持っていた真一は突然舞い込んできた思いもよらない状況に行動がエスカレートしていった。
「・・・もっと・・・奥の方かな・・・」
 真一は更に右手を伸ばし、淑恵の淫裂部分にまで手を差し込んでいった。
「・・・あぁ・・・居ましたよ・・・変な虫が・・・」
 真一は胸に顔を埋め黙ったまま身体を硬直させる淑恵にそう囁くと、淫裂を擦るように指を動かし始めた。
(・・・ぅ・・・・ん・・・・)
 一向に動かない電車に静寂を保っていた車内に、乗客が苛立ちのざわめきがたち始め、淑子の微かな呻きをかき消した。
 車内は人の熱気で次第に蒸し暑くなり始めていたが、淑恵はその暑さとは関係の無い火照りを全身に漂わせ、熱い吐息を真一の胸に吹きかけていた。
 真一は淑恵の淫裂を擦る右手に、淑恵が股間に汗を滲ませ、クロッチに部分に汗とは違う湿り気を帯び始めた事を察知した。
「・・・熱いですね・・・奥さん・・・」
「・・・えぇ・・・とっても・・・熱いです・・・」
「・・・電車、早く動くといいですね・・・」
「・・・えぇ・・・もっと・・・早く・・・」
「・・・こんな事なら・・・ジカに行ってしまえばよかった・・・」
「・・・私も・・・ジカに・・・」
 真一と淑恵は意味深な会話を交わすと、パンツの上から淫裂をなぞっていた右手をパンツの脇から差し込み、じかに淑恵の淫裂に触れていく。
「・・・あぁ・・・やぱり・・・ジカに・・・行った方が・・・良かったわ・・・」
 淑恵が嗚咽交じりの言葉を発しながら、真一の指を自らの淫裂に向かい入れ、微かだが脚を広げた。
 動きやすくなった真一の指が淑恵の花弁を広げるよに侵入すると、堰を切ったように愛液を滴らせ真一の指を濡らしていく。
「・・・奥さん・・・すごい汗ですよ・・・」
「・・・えぇ・・・もう・・・熱くて熱くて・・・」
 真一は淑恵の愛液に濡れた指をその泉の源である膣口にあてがうとゆっくりと差し込んだ。
「・・・本当に・・・熱いですね・・・」
「・・・ねぇ・・・熱いでしょ・・・」
 真一の指に淑恵の火照った熱が愛液と一緒に伝わってくる。
 真一は差し込んだ指をゆっくりと出し入れを繰り返しながら淑恵の膣の中の襞の感触を楽しんだ。
(・・・あ・・・はぅっ・・・うぅっ・・・)
 淑恵は次第に息を荒げて行き、おぼつか無い足取りで真一の胸にもたれかかってくる。
 真一のTシャツ越しにふくよかな淑恵の乳房の感触が伝わってきた。
 淑恵は僅かに自由の効く右手をジャージの上着のジッパーに伸ばし、ゆっくりと下げ、周りに気づかれない程にはだけた。
(・・・おぉっ・・・奥さん・・・乳首丸見えじゃん・・・)
 淑恵はアンダーだけを僅かにカバーする殆どカップの無いブラからはみ出る乳房を真一の目に曝し、乳首を勃起させていた。
 しかし、真一は淑恵の乳首を覗く為には上体を大きく反らさなければならなかったが、満員の車内では、直ぐに押し戻されてしまう。
(・・・これじゃ、おっぱいは楽しめないな・・・こっちに専念するか・・・)
 真一は淑恵の膣内に挿入させたままだった指を再び動かし始めた。
(・・・それにしても、汁が多い奥さんだな・・・これじゃ、太腿から垂れてるんじゃないか・・・)
 真一が想像した通り、淑恵の内腿には自らの愛液が滴り、なめくじが這った後のような光の帯が幾本も線を作りはじめていた。
(・・・間もなく、この列車は発車します。ご迷惑をお掛けして・・・)
 真一が淑恵の淫裂に指を差し込んで間もなく車内アナウンスが流れ、電車が発射しようとしていた。
(ちっ・・・これからっていう時に・・・)
 真一は微かに舌打ちし、動き出した電車を恨めしく思った。
 真一は膣に差し入れている指を抜くと、その濡れた指を淑子の淫裂の奥にある淫核に向かわせた。
 淑恵の淫核は包皮に守られていたが、その中で微かに固さを増し敏感になり始めていた。
「・・・あぁっ・・・あ・・あぁ?ん・・・」
 真一の指が淫核を捉えた瞬間、淑恵は小さな喘ぎを漏らしたが、走り始めた電車の騒音にかき消され、周りの乗客の耳に届くことは無かった。
「・・・あと10分程で着きますね・・・」
「・・・えぇ・・・私も10分もあればイけると・・・思います・・・」
「・・・じゃぁ・・僕もがんばらないと・・・」
 真一は淑恵の包皮に隠れている淫核を巧みに露出させると、愛液に濡れた指で優しく転がすように弾いていく。
「・・・あ・・・はぁっ・・・い・・いっ・・いい・・・」
 淑恵が真一の胸に口を当て、堪えることの出来ない嗚咽を漏らし始めた。
 真一は淑恵の熱い息が胸に当たる度に周囲に気を配り、様子を伺いながら淫核を擦る指の速度を早めていく。
「・・・あぁ・・・だ・・・だめ・・・立って・・られない・・・」
「・・・えぇ・・・もうすぐですよ・・もう・・・着きますから・・・」
「・・・えっ・・・私・・・未だ・・・」
「・・・そ・・・そんな・・・もう着いちゃいますよ・・・」
「・・・あぁ・・・でも・・・ま・・・まだ・・・・なのに・・・」
 真一は、到着駅に滑り込んで、ブレーキをかけはじめた電車とは逆に、淫核を弄ぶ指の速度を早めていく。
「・・・もう・・・もうちょっと・・・まだ・・もうちょっと・・・」
「えぇっ!・・・もう・・・着いちゃいますよ・・・あっ・・・」
「だ・・・だめぇ??・・・ま・・・まだ???・・・」
 電車が停止し、乗客が開け放たれたドアに殺到すると二人はその流れと共に外へ押し出された。
 淑恵は真一に抱きかかえられるにプラットホームに立ち、潤んだ瞳で真一を見上げた。
「・・・もう・・ちょっとだったのに・・・」
「・・・ご・・・御免・・・」
 真一と淑恵は名残惜しそうに駅を後にした。
「じゃぁ・・田中君・・・今日は新規の会員さんにストレッチの仕方を教えて、それから一通り器具の使い方を説明してくれるか・・・。」
「はい。分かりました。」
「う???ん・・・今日は1名だな・・・」
(・・・斉藤さんの奥さんだな・・・やっぱり今日はツイテる・・・)
 真一は内心ほくそ笑みながらジムへ向かった。

不倫の果てに1  2  3






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
山の中で
2015/09/24 00:01
2015/09/24 00:01
私(裕子)が露出プレイで知り合った男と小豆島にドライブに行った時の話です。午前中は24の瞳で撮影場所になった分校やオリーブ園など観光巡りを楽しみ、昼過ぎから山道のハイキングコを散歩しました。遊歩道から見渡せる瀬戸内海が気持ちを癒してくれます「ちょっと脱いでみないか?」男の声に小さく頷くとブラウスのボタンを外し上着とブラジャーも一緒に脱ぎ捨て男に渡しました。清々しいそよ風が胸の膨らみを包み込むように吹いてきます。私は短めのスカートを捲りストッキングとパンティも一緒に脱ぎました。公共の遊歩道で、セミヌードになった私を男は携帯カメラで撮影しながら色々なポーズを要求してきます。暫くすると急に背中から抱…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】家庭教師をしていた教え子に犯された!Vol.1【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/05/14 09:25
2017/05/14 09:25
こんにちは、尾名ルカと言います。まずは私の紹介ですが、私は昔から優等生グループだったので、性格はすごく大人しくて、見た目も地味な方です。顔はアナウンサーの「中野○奈子」さんに似ていると言われます。胸が小さいのがコンプレックスですが、乳首の感度がすごくイイらしくて、乳首だけでイクことが出来ます。小学校の頃からオ○ニーをしていたんですけど、知識も無くて友達にも絶対聞けなかったので、かなりの間オ○ニーは乳首でするものだと思っていました。学生時代はずーーーっと真面目だった私は、友達にも当時の彼氏にも言えない変態的なところがありました。私は男の子と話すのも出来ない恥ずかしがり屋なくせに、人に体を見られ…
ブスでも何か被せたら意外と興奮することがわかった
2015/09/06 16:10
2015/09/06 16:10

携帯の写メって反則だなぁ。随分昔に二度ほど騙されたよ。
何年か前は、ほとんど毎日誰かとSEXしていた。とにかく、やらないと気がすまない日々だった。

でも、毎日毎日色んな女をとっかえひっかえしてると、どうしても歯抜けになる日が出てきて、そういう日は普通、風俗で我慢していた。

そんなある日の週末、プチ旅行に出かけることになったが、女の都合がつかない!
一番従順な女も、本命の彼氏と用事があるのか都合がつかないという。

風俗嬢をリゾートに呼ぶのもちょっとなぁ・・・・と思って、出会いサイトを使ってみることにした。

援助で募集して、写メが一番かわいい奴にしようなどという、今考えたら間抜けなこと…
出会い系サイトで自衛官の人と会ってザーメン大好きになった私の変態エッチ体験
2016/02/17 12:02
2016/02/17 12:02
出会い系サイトで知り合った自衛官の人と会って、

一緒にドライブしたり食事して

ゆいの部屋にそのまま上がってお茶を飲んでたの。

その後は色んな話をして、

間が空いた隙に彼が近づいてきて

胸を触りながらキスをしてきたの。

ゆいの好きなタイプだったから激しく舌を絡めたり、

唇に吸い付いたりして

もうあそこもグチョグチョになって来ちゃったの。

彼はゆいに堅くなったおちんちんをジーンズの上から触らせて、

ゆいが恥ずかしそうにするのを見ながら

ゆいのスカートの中に手を入れてきたの。

ゆいはもう既に濡れていたから

『だめ、恥ずかしいから』って言ったのに
【妹との告白体験談】従姉妹の みっちゃん(4)  
2015/12/10 04:39
2015/12/10 04:39
次があったのは約1年後。 GWでした。2組の親戚が家に泊まりに来たときです。 それまでの間、僕はみっちゃんの裸のイメージや、どうやってみっちゃんを脱がすかという想像で、何度オナニーにふけったか、その数数えきることが出来ないほどでした。子供同士で夕方、『警ドロ』というかくれんぼのような遊びが始まり、僕とみっちゃんが同じチームになったときに、僕が誘って例の倉庫に一緒に隠れに行きました。そこには外からは暗くて見えない、例の風呂桶があり、二人でそこにかくれました。体が密着して、抱きつくような感じで息を潜めていると、外にはにぎやかな子供たちの声が聞こえてきます。「本当に外から見えないの?」とみっちゃ…
可愛い新任女性教師は貧乳なので巨乳女子中学生嫉妬
2015/12/20 22:00
2015/12/20 22:00
私は大学出たての新任の中学教師です。 私の配属された学校はけっこう荒れてて、やんちゃな子が多くベテランの先生でも手を焼いているような状態です。 ですから新任の私なんか、言うことを聞くはずもなく、いい遊び相手です。 3年生の女子のグループとはいつも追いかけ合いです。 その女の子たちからは油断してると廊下で後ろからズボンをずらされたり、胸をもまれたりブラのホックを外されたりいろいろしてきます。 「○○子(私の名前)胸小さいな」 「貧乳!」そんなあだ名で呼ばれるようになりました。 まあBカップしかないので今の子に比べたら確かに・・・修学旅行の風呂当番の時も、脱衣所で見ていたらその女の子…
【レイプ・痴漢】眠っていた熟女
2016/07/16 18:16
2016/07/16 18:16
 俺は一度、覗きを通り越し侵入した事が一度あるぞ。 お気に入りの女子中の家は春先から晩秋まで1週間に3日は覗きに行った。 もちろん浴室がターゲット、たまにトイレも。 窓は閉まってるので、音だけ聞いてはオナおかずしてた。 2ヶ月くらいで誰が何時に風呂にはいるかだいたいわかつてきた。 8時前後は親爺、9時?11時は娘と姉、深夜12時?2時は母親だ。 俺の出動は9時からの2時間。ある日誰も入ってない時に窓を小刻みに上下に 振動させてみた。なんとロックがはずれて開いた。まじ、これで拝める。 高鳴る心臓を押えきれずにいると、風呂の電気がついた。 娘たちはほとんど夏場はシャワー、そっと2センチくらい…
音大のピアノの先生とのセックス体験談
2016/03/28 20:10
2016/03/28 20:10

俺は音楽大学に通っているので人数もかなり少数で、大学の先生にも顔や名前を覚えられているんですよ。

ましてや男なんてまじ少なすぎってかんじなんで。

んで、いつものように3階の奥のほうの練習室でピアノを弾いていたんです。

そのとき友達からメールがきて、ソルフェージュ(※音楽の基礎・基本を学ぶ授業)の担当の先生が俺を探してるってきいたんです。

学生ホールのまえに先生がいると聞いたので慌てて行きました。

ソルフェの先生はまだ30才前って感じで美人でスタイルもよく、なにより足がちょー綺麗で…まさに音大の教員という雰囲気があったんです。


先生:『Mくん(俺)!先週の課題まだ出してないでし…
神待ち釣るなら20通くらいのメールのやり取りでOK
2017/11/05 18:31
2017/11/05 18:31
半年前に一人暮らして彼女もいなかったけど、最近掲示板で神待ち女を釣ったww  神待ちの女って最近もう家出とかじゃなくなってるの知ってる? 前は、家出とか、家に帰りたくないとかだったけど最近もうそんなの通りこして、 一緒に住みたいとか、終電逃したとかで、家に泊めてくれる女が多いでもサクラも多い・・ 俺はもともと出会い系とか使うタイプの人間じゃなかったし、 出会い系とかそういうのうさん臭くてきらいだったのね。 でもひとり暮らしで暇だろ?しかも外ではクリスマスで盛り上がってるしさww これは俺も何かしなくちゃなってことで、なんとなく出会い系使った。 そこから結構登録している女にメール送って、 返…
【近親相姦】学校で男同士のセックス目撃したことが頭から離れない【体験談】
2015/11/11 11:50
2015/11/11 11:50
学校で男同士のセックス目撃したことが頭から離れない1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/06(火)19:36:58.39(p)ID:95FzsK0b0(45) まあちょっと聞いてくれよ 頭から離れないんだ 1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/06(火)19:36:58.39(p)ID:95FzsK0b0(45) まあちょっと聞いてくれよ 頭から離れないんだ11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/06(火)19:41:12.64(p)ID:95FzsK0b0(45) あれは12月に入ったばかりの頃のこと・…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【姉との告白体験談】姉が風邪を引いて寝込んだ

・妹に犯されて始まった近親相姦

・彼女がレイプされた…

・【Hな体験】子供の見てる前で顔射されたギャルママの私

・俺の目の前で彼女がムキムキの童貞どもに犯された

・大学の先輩

・妻の仕事

・出会い系で知り合った男性とのエッチが忘れられません

・先輩のビンテージバイクを傷付けた代償は彼女の身体でした

・早漏の僕にキツイお仕置きをする恐妻

・セフレの巨乳姉にトイレの中でしゃぶらせてから生中出しで犯した

・うるさい!俺は死ぬ!

・【熟女体験談】ババアのはだけたおっぱいを吸うエロチックな幼児プレイ

・退職した会社のアルバイトの子は名器の持ち主でした。

・パチ屋で出会った派手で綺麗な美熟女とのSEXに酔いしれています

・ラブホ

・「もっと…もっと…」

・私のカレはアイドル☆♪ 1

・二組のカップルがクリスマスに4Pした性なる夜www

・体育教師の女子校生調教日誌

・一ヵ月ぶりの休日だったのに

・【人妻体験談】スタイル抜群で麗しい若妻をロープで縛り上げ拘束し、ハメ撮りレイプで愛玩具にしてやった

・四十路の熟女マッサージ師のフェラテクが凄がった件www

・Fカップの彼女を50歳近いおじさんに抱かせた

・❤女がパチンコ好きで堕ちる人生

・ウチの嫁も他人に抱かれたら乱れるのか?と興味を持つようになった

・同級生を奴隷にした話 8

・彼女は寝ながらも濡れてた・・【エロ体験談】

・【驚愕】オoニー毎日しちゃう♀だけどwwwwwwwwwwwwww

・専門学校で知り合った元カノと旦那の留守中にヤリまくり