寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

不倫の果てに(1)

2018/01/14 00:46


「・・・じゃぁ・・・行ってくる・・・」
「しっかりしてね貴方!・・・もう・・・頼りないんだから・・・」
(そんなに俺の給料に不満があるなら、お前も働けばいいだろ・・・)
 真一は怒鳴るように自分を送り出した妻の麻紀に心の中で悪態をつきながら隣町のスポーツクラブへ向かった。
 真一は先日勤めていた会社が倒産し、再就職はしたものの給料は以前の2/3程に落ちていた。
 浪費癖のある妻の麻紀はそんな真一に土日も働いて以前の給料との不足分を補えと、これから通うスポーツクラブでインスタラクターのアルバイトを提案した。
 真一は大学時代から約10年程、これから向かうスポーツクラブに通っていた為、オーナーは快く真一のアルバイトを認めてくれた。
 休みの日くらいは家でゆっくりしたかったが、麻紀の両親に新居を購入する頭金を出してもらっていた為、真一は麻紀に頭が上がらなかった。
 真一は足取りも重く駅へと足を向けた。
「お早うございます。」
「・・・あぁ・・・お隣の斉藤さんの奥さん・・・」
 真一の後を追うように声をかけて来たのは隣に住む斉藤淑恵だった。
 淑恵はテニスラケットとバッグを持ち白いジャージにスコートを着けた格好で真一に追いついてきた。
「田中さんのご主人・・・もしかしてその格好・・スポーツクラブですか?」
 真一はスエットの下を履き、上はTシャツ姿だった。
「えぇ・・・今日からインストラクターをやるんです・・・」
「へぇ??凄いんですね・・・そのスポーツクラブって・・・隣町の・・・」
「えぇ・・・AVAスポーツクラブです。」
「やっぱり!・・・私もこれから行くところなんです。・・・実は昨日入会して、今日が初日・・・。」
「・・・斉藤さんの奥さんもスポーツお好きだったんですか・・・」
「いいえ・・・実は主人が海外出張で先月から家を空けてるんです・・。それで、ずっと家に閉じこもっててもつまらなし・・・学生のころやっていたテニスでも始めようかなと思って・・」
「そうなんですか・・・じゃぁ・・・私で良ければ何でも聞いて下さい。」
「そうですか・・・有難うございます。・・・何だか心強いな・・・やっぱり最初は一人だと心細かったので・・・」
 二人はそんな会話を交わしながら駅へと向かった。
 駅に着くと、二人は快速電車のプラットホームで電車を待った。
 快速ならスポーツクラブのある駅までわずか15分程だ。
 二人のいる快速電車のプラットホームから各駅停車のプラットホームを見ると人が溢れんばかりにごった返している。
 この先の駅で事故があったらしく、電車が立ち往生しているらしい。
 駅員のアナウンスが流れると各駅電車のプラットホームから快速電車のプラットホームへ大量の人が押し寄せて来た。
 二人は人でごった返すプラットホームに滑り込んで来た快速列車に押し込まれるように乗り込んだ。
「凄い人ですね・・・大丈夫ですか・・奥さん・・・」
「・・・えぇ・・・」
 淑恵は左手にバッグ、右手でテニスのラケットを腋に抱える格好で持っていた為、真一の胸に身体を押し付けるようにピタリと密着し、かろうじて淑恵の右手だけが二人の密着を遮るように僅かな壁を腹部に作っていた。
 真一に淑恵の柔らかな胸の感触が伝わり、淑恵の髪のさわやかな香りが真一の鼻を擽った。
 真一は淑恵に気を使い素知らぬふりをしながらも、魅力的な淑恵の柔らかな身体の感触を楽しんだ。
(キャッ・・・)
 走り始めた電車が急にブレーキをかけ停止してしまった。
(この先、信号機故障の為電車が停止しております。復旧まで多少お時間がかかると思いますが、今しばらくお待ち下さい・・・。)
 車内アナウンスが流れると満員の車内がざわめきだった。
 真一と淑恵は互いの肩に顎を乗せる程に身体を密着させて立っていた。
「・・・困りましたね・・・これじゃ遅刻しちゃう・・・」
「えぇ・・・でも・・・直ぐに動き出しますよ・・・」
 淑恵は真一の肩に顎を乗せ真一の耳元で囁くように語り始めた。
 5分ほど経過したが、一向に電車が動く気配は見られなかった。
 真一は淑恵の向かい合ってピタリと身体を密着させていた為、下半身のものが疼き始めるのを抑える事が出来なくなっていた。
(・・・うぅ・・・ま・・・まずい・・・)
 真一の股間の物が、明らかに淑恵の股間を突っつき始めたのと同時に、淑恵が身体をモゾモゾと動かし始めた。
 真一は自分の股間の物が淑恵の恥丘辺りに当たっていた為、淑恵がそれを避けようとしているのだと思ったが、自由の利かない車内ではどうしようも無かった。
「・・・あの・・・」
 淑恵が真一の耳元で囁いた。
「あっ・・・すいません・・・何とかしたいんですが・・・どうにもならなくて・・・」
「・・・違うんです・・・ち・・・痴漢・・・」
「えっ・・・いえっ・・・そんなつもりじゃ・・・」
「違うんです・・・後ろから・・・だれか・・・」
「・・・えっ・・・」
「後ろから・・誰かが・・・お尻を・・・」
「いえ・・・僕は何も・・・」
「だから・・・違うんです・・・誰かが・・・私のお尻を触ってるんです・・・」
 淑恵は恥ずかしさで消え入りそうになる程の微かな声で、真一に救いを求めた。
 真一はやっと淑恵の置かれている状況を飲み込み、自由になっている右手を淑恵を抱えるように背後に回すと淑恵の尻に向かわせた。
 真一の手が淑恵の尻に近づくと何かに触れた。
 淑恵のスコートに潜り込んでいた無骨な手が、柔らかな淑恵の尻の肉を撫で回しスコートの下のパンティの下に侵入しようとしていた。
 真一はその侵入者の手首を掴み捻り上げる。
 淑恵の背後に立っていたスーツ姿の中年男性が苦痛に顔を歪めた。
 真一はその中年の男を睨み付けると、更にその掴んだ手首を捻り上げた。
 中年の男が真一に向かって観念したように目線を合わせると、真一はその捻り上げていた手首を開放した。
 中年の男は顔を隠すように俯き、狭い車内で背を向けるた。
「・・・もう・・・大丈夫ですから・・・」
「・・・ど・・・どうも・・・すいません・・・でも・・・又・・・」
「大丈夫・・・私が手でガードしておきますから・・・」
「・・・はい・・・」
 淑恵が恥ずかしそうに真一の胸に顔を埋める。
 先程の中年の男が真一から逃れるように狭い車内を移動していく。
「・・・やつ、逃げて行きますよ・・・どうします・・・」
「・・・恥ずかしいから・・・騒ぎを大きくしないで下さい・・・」
「・・でも、・・・・」
「・・・いいんです・・・」
 痴漢という卑劣な行為に、いつも女性はその屈せざるを得ない事に正義感の強い真一は苛立ったが、淑恵に逆らって事を大袈裟に出来なかった。
「・・・わかりました・・・」
 あの男が窮屈な車内を移動していった為、周りの人が身の行き場を無くし、今度は逆に、淑恵の尻をガードしている真一の手が淑恵の尻をスコートの上から掴むように押し付けられていく。

不倫の果てに1  2  3






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
熟女をナンパして居酒屋で火を点け、ホテルで4Pヤリまくり 1
2017/10/25 21:10
2017/10/25 21:10
どーも!熟女好きです!!

奥さんが退院してきたので「あんま遊べなくなるな…」と、思っていると奥さんが実家で少し休みたいと言うので、奥さんは当分実家に帰る事になり、少し安心してまた遊びまくれる事になり、前回書いた同級生の母親を呼び出してはヤリまくっていた時に悪友と夜に呑みに行く事になり、待ち合わせの駅まで電車で行き居酒屋で呑みながら同級生の母親の乱れた姿の写真を見せると

「うおっ!めっちゃいい女じゃん!すげぇ羨ましいよ(笑)」

とガチで羨ましがっていてウケました。

この悪友とはよくナンパしたりして遊んでたんですが、今日が久しぶりの再会で名前はサトシと言って見た目は…イカつくてカッコ良くは…
上司にレイプされて、悔しいけど初めて潮を吹いた
2017/06/15 11:19
2017/06/15 11:19
先週の土曜日の話です。 私はパートで製薬会社で働いていて、3月いっぱいで転勤する課長さんに飲みに行こうと誘われたんです。 前々から食事や飲みに誘われていて、いつもお断りしていたのですが、旦那も今月いっぱい出張でいないし、送別会も兼ねてということで他の人も来るって事だったので行くことにしたんです。 子供を実家に預けて待ち合わせのお店に行くと、課長さんと会社に出入りのあるメーカーの社長さんがいました。 他の人達は今向かっているという事で、先に始めてようって事になりました。 まずったかなと思ったんですが、みんなが来るまでと2人のお酌をしてました。 ようやくみんなが来て席に付いたんですが、…
酔うと人肌の温もりが恋しくなっちゃう・・・
2017/05/09 00:01
2017/05/09 00:01
その日俺は資材の買付けに隣県まで行き、帰りに後輩のスポーツバーに寄った 平日だったので客もまばら 「コロナと後適当に飯を」いつもの一声 カウンターに座り食べていると、女性客が1人カウンターへ 俺は気にもせずにスカパーのサッカーを見ながら食事をしていた その内若い団体客が入り、合コンが始まる 会話が聞こえるが、異国語の様に聞こえ歳を感じる 後輩は忙しくなり、僕の相手をしている所ではない状態に その時! 「よくココには来られるんですか?」 カウンターの女性からだった お互い1人という事もあり自然に会話が始まった 店の事、サッカーの事、お互いの事・・酒を飲みながらの会話が進んだ 彼女はA子2…
男の子の巨チンがほしくて…
2015/08/21 18:00
2015/08/21 18:00
私の住む町内会では毎年夏に子ども会のキャンプを一泊で行います。
この話は昨年のそのキャンプでの出来事です。
前日に娘(2年生)が風邪を引き熱を出したのでどうしようか悩んだのですが、役員でもあるので娘を主人にまかせ参加しました。
無理をしてまでキャンプに参加をしたのにはもう一つ理由があります。
それは6年生のヒロキくんなのです。ヒロキくんは色白でおとなしくそれだけでも私のタイプなのですが、それ以外の私の嗜好を適えてくれそうな相手だったのです。
 
実は初めてヒロキくんを見たのはその前の年のこのキャンプだったのです。
このときヒロキくんはまだ5年生だったのですが、海…
【体験談】幼なじみの女友達と念願だったホテルへ行った
2016/07/25 07:30
2016/07/25 07:30

付かず離れずの関係の女友達がすっぱりと髪を切ったんで、
理由を問い詰めようかなとか思って飲みに誘った。



女友達って言っても中学の時からの付き合いで、幼馴染みたいな物だ。


中学の時は三つ編みにしていたし、
高校の時はポニーテールやらツインテールにしてて中々男からの評判も良かった。


彼女は自分の可愛さを自覚している奴で
高校の時はラグビー部やらサッカー部の奴を手玉に取ってた。


付き合って3ヶ月で別れたり、そういう奴。



俺は中学から高校一緒になった時期に彼女を好きだったりもしたんだけど、
まあ…
彼女が他人棒の魅力にハマり中出しを…【寝取られ体験談】
2017/02/18 15:10
2017/02/18 15:10
現在、付き合っている彼女とは既に2年目。

21歳なんだけど見た目はかなりロリ体型のロリ顔で、高校生みたいな感じです。

なかなか可愛い清純派な子で、最初は彼女が俺以外の男に抱かれる想像もできなかった。

なんかそういう世界とはかけ離れたキャラだったんですよね。

でもだんだん、俺の中で変な妄想が膨らんできて、そんなロリ体型の彼女が他の男にヤラれるところを想像して興奮するようになってしまった。



で、とうとう彼女に

「浮気してみたくない?
K(彼女)が他の男としちゃった話聞きたいなぁ」

などと打診してみたところ…

根がまじめで、3年間一度も浮気なしの子だったから、最初はやっ…
好きだったサークルの先輩が友だちとヤってるところを見たのとその後
2015/11/16 10:16
2015/11/16 10:16

今しがた好きな先輩(っても同い年)が同期(年下)とやってるのを間近で見た…


でかい胸が揺れててエロかった…案外苦しさはない


というか、先輩に対してよこしまな感情もあったし、そもそも元彼女に似てて更に谷間すごいって


だけで気になっただけだしな…詳細必要?


 





遅れちまったのは先輩の家に泊まってたからなんだ。いや、今もだけど。


仮に先輩を朋子さん、同期を大悟にしようか。


朋子さんは大学の先輩で学年はひとつ上何だけど歳は同じ。オレ一浪。


大悟は年下だけど同期、って感じだ。


大悟とは趣味が合ってそれで仲良くなった、けどウマは合…
新聞部
2017/12/06 21:49
2017/12/06 21:49
先月の中頃の話です。私は中学の頃から援○交際をしていました。 出会いサイトで知り合った男と多い時で月2?3回はウリをしてたんです。 やめよう、やめようと思いつつも、ほんの少し我慢すれば大金が入ってくるのでやめられず、高校入学後も続けていました。 ある日のこと、昼休みに同じクラスで新聞部のYが私の席にやってきて、「これ見てみぃ」と言って写真を数枚見せてきました。 その写真には、私が援○交際の相手の男と会っているところや、ラブホに入る決定的瞬間が写っていたのです。 「噂には聞いてたけど、まさかホントにウリやってるとはな?」 Yは小声で ニヤニヤしながらそう言いました。 「その写真・・・どう…
ナースに皮を剥かれ亀頭が露出
2017/05/19 08:16
2017/05/19 08:16
72 :えっちな21禁さん:2005/12/30(金) 22:35:43 今からもう15年位前かな。高校生の時の話。 バイクで事故って救急車で運ばれた。 チンコ強打してちょっとアザっぽくなってて 更にオシッコが出ない。(今思えばただしたくなかっただけかも) 看護婦さんにそれを言ったら後で亀頭にパイプ入れるって言われた。 ガクブルしてまってたんだけどそれ以前に恥ずかしい話まだ 包茎だったのよ。 そんで遂に看護婦さんがやってきて俺のチンコ見てちょっと また出てってしまった。 次に来た時に俺のパンツを下ろしチンコを触りだした。 俺はとりあえず立っちゃまず…
兄弟で卑猥な行為を【エッチ体験談】
2017/12/24 11:02
2017/12/24 11:02
小学生の時でした。3つ上の兄と時々プロレスごっこみたいな遊びをしていたのですが、ある日突然、兄がキスをしてきたんです。当然僕はびっくりして拒否したのですが、執拗な兄の攻撃に諦めて、兄のその舌を受け入れてしまったのです。 それ以来、プロレスごっこの度に、ディープキスをする様になりました。 毎回嫌々ながらも、どこかで興奮していたのかもしれません。 そして、それがどんどんエスカレートして、兄の性への好奇心から、小学生の兄弟同士でのフェラチオと言う行為までに及んでしまいしました。 交代してのフェラチオ。小学生と言えども気持ちよくて毎回のその淫美な世界に興奮してお…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・ワールドカップの観戦中の出来事 (オーストラリア戦)

・【姉との告白体験談】姉が風邪を引いて寝込んだ

・妹に犯されて始まった近親相姦

・遠距離恋愛の彼氏とお別れセックスした私のエッチ体験

・【Hな体験】子供の見てる前で顔射されたギャルママの私

・俺の目の前で彼女がムキムキの童貞どもに犯された

・大学の先輩

・出会い系で知り合った男性とのエッチが忘れられません

・先輩のビンテージバイクを傷付けた代償は彼女の身体でした

・セフレの巨乳姉にトイレの中でしゃぶらせてから生中出しで犯した

・うるさい!俺は死ぬ!

・【熟女体験談】ババアのはだけたおっぱいを吸うエロチックな幼児プレイ

・パチ屋で出会った派手で綺麗な美熟女とのSEXに酔いしれています

・ラブホ

・「もっと…もっと…」

・私のカレはアイドル☆♪ 1

・我慢できなくて自宅に元カレを連れ込んじゃった

・出会い系のイケメンクズのせいで血まみれセックス【エロ体験談】

・体育教師の女子校生調教日誌

・四十路の熟女マッサージ師のフェラテクが凄がった件www

・❤女がパチンコ好きで堕ちる人生

・【浮気】ずっと片思いだった女子がしてくれた優しい手コキ

・同級生を奴隷にした話 8

・結婚記念旅行

・彼女は寝ながらも濡れてた・・【エロ体験談】

・幼女「お医者さんごっこしよ♪」

・初めて見たときから、妊娠させてやりたいとチャンスを伺っていた・・・

・卒業旅行に浮かれた大学生達が海外で乱交した話

・【驚愕】オoニー毎日しちゃう♀だけどwwwwwwwwwwwwww

・専門学校で知り合った元カノと旦那の留守中にヤリまくり