寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

人妻とディズニーランド(3)

2018/01/13 22:57


「ごめんね、かなり吸われちゃったから、形も悪いでしょ。」
「そんなことないよ、とても良い感じだよ。」と言い、
「こんなになってるよ。」と我慢汁の出始めている私のペニスにトランクスの上から手を誘導する。
「ほんとだ、ありがとう。」と言いながら細い指でペニス先端に汁をのばしながら愛撫をくわえる。
 私は、乳房を持ち上げたりしながら、全体に愛撫を加え、乳輪から乳首へと刺激を続ける。
 ちょっと強めに指で挟んだりするのにかなり反応する。
 少し疲れてきたので、私が横になると、「脱がしてあげる」とTさんはトランクスに両手をかける。
 私は少し腰を浮かしてそれを助けると、Tさんは脱がしたトランクスをベッド脇に落とし、静かに私のペニスを手に取ると、口から舌をちょっとだして、先端を舐め始めた。
その後ペニスへの愛撫は、口をとがらせて先端を銜えたりさらには、
 深く含んだり、先端を含んだ状態で片手で残った部分をさすったり、と極めて丁寧な愛撫を受けた。
 その間、乳房を中心に、さらには陰部へと私の指を進める。
 性器の周辺はかなり湿ってきているのが良くわかる。この時点で私は、やっとストッキングを脱がせる。
「早く脱がせてくれないから、みんな濡れちゃったじゃない。」
 とちょっとふくれた顔がかわいい、Tさん。
 もう1枚を脱がせ、ブラジャーとお揃いの水色のショーツだけにする。それも股間はかなり濡れていた。
 脇から指を滑り込ませると、もういつでもどうぞ、といわんばかりに潤っていた。
 少しもったいないが、ショーツを脱がせ、全裸にする。
 両足をあげた際、かなり毛量の多い陰部が目に入るが、笑って「見ないで」と両手で隠すしぐさによって、再びペニスに電流が走る。
 ゆっくりとクリトリスに触らないよう、手のひら全体で陰部全体に愛撫を加えていたが、手も届きづらいので、私の体に対して直角に座ってペニスを含んでいたTさんに対して、
「おしりこっち向けて跨いでよ。」とシックスティナインの体勢に誘導する。
「シャワー入っていないのに大丈夫?」と気にするTさんに「大丈夫大丈夫、いっぱい舐めてあげるよ」と声をかける。
 確かに十数時間程度分の臭いはしないわけでもないが、それはかえって性器そのものの香りとしてとても刺激的であった。
 私は唇で陰唇を押し広げ、膣口に舌を挿入しながら、やさしくクリトリス周辺を指で愛撫する。
 一度クリトリスに触ってしまうが、「あぅっ!」とかなり反応する。
 私のペニスはというと、亀頭上部の若干包皮で隠れる場合がある部分が弱点であることを見つけられ、そこを重点的に攻められ、ほぼリーチ状態。
 そろそろクライマックスということで、クリトリスに対しては、舌で直接刺激を加えた。
 周りをぐっと唇で押し下げ、クリトリスをしっかり露出させてから、レロレロしてやると、一度ペニスから口を離して首を振って反応する。
 それをするようになってから、陰部はさらに潤いを増したようだ。
 体を入れ替え、仰向けにTさんを寝かせた。
 そのまま再び私は性器に刺激を加える。
 クリトリスに刺激を与えると、少し膝を曲げた足をあげ、さらに刺激を与えやすいようにか、またはその姿勢が気持ちよいのか、積極的に愛撫を受け入れる。
 内股へのキスへと愛撫場所を変えようとすると軽く頭を押さえ、それを遮ろうとする。
 そろそろペニスを挿入しても良い頃なのだが、このまま挿入するとあっという間に果ててしまいそうな私は、一度、濃厚なキス・乳首への口での愛撫を加え、かなり潤っている膣へと指を入れる。
 中指をいれ、十分な潤いを確かめてから人差し指と併せて2本を挿入する。
 挿入し、少し中指を曲げてみると、「あーーーー」と今までとはかなり異なる反応が見られた。
「ここ気持ちいい?」と聞いてみると、少し顔をゆがめて、頷くTさん。
 その場所を重点的に攻めながら、再びペニスへとTさんの手を誘導する。
 あまりにも手による愛撫が気持ちよく、途中で、「もう大丈夫」と一度遮り、実はコンドームが私のセカンドバックの中ポケットのままであることを思い出す。
「ごめん、ちょっと待ってて。」とベッドを離れ、コンドームを持ってくる。
 ベッドに戻ると、頭からシーツをかぶったTさん。
「どうした?」
「なんかいっぱい濡れちゃったから恥ずかしくて」
「気持ちよかったんでしょ、それで良いんだよ。」
 再び、シーツをめくると、股間に顔を埋め、もっとも効果的なクリトリスから刺激をはじめる。
 元の潤いに戻ったのを確認し、乳首への愛撫を加え、唇へとキスした後、「コンドームつけてくれる?」と私が尋ねる。
「あんまり上手じゃないの」とTさん。
「じゃ、自分でつけるね。」
「ごめんね」
「全然大丈夫」と私は自分でコンドームを装着。
 そのまま上に覆い被さり、キスをしながら、手を添えずに少し腰を動かしてみる。
あっというまに、膣口はみつかり、私のペニスは挿入をはじめる。
「はぅぅ」といいながらとても良い表情のTさん。
 少しピストンし、全体に潤いが行き渡ったのを確認すると、できるだけ奥までペニスを挿入し、今度はピストンしないように、突き上げてみる。先程より声が大きくなる。
 今度は私の上体を起こし、親指でクリトリスに刺激を与えてみる。
「きもちいいーーー」という声が思わずTさんの口から出た。
 その後、耳元で「後ろからがいい?それとも上になる?」と聞いてみる。
 少し素に戻って、恥ずかしそうに笑い、私の頭を両手で引き寄せ、耳を口元に寄せてから、「どっちもしたい」と言った。
 もう一度、深く挿入しグラインドしてから、「じゃぁベッドからおりようか」と促し、ベッドに向かって立った状態で私は少しだけ乳房を上下左右に愛撫し、乳首を指で弄ぶ。
 その状態で少し足を開いてもらい、挿入をこころみる。
「えぇ、入るの?」と言うTさん。
 経験の無い体位だったのかもしれない。
 身長のあるTさんだったので一度目はすぐ抜けてしまった。
 再びもう少し足を開いてもらい、立ったまま後ろから挿入した。
「なんかこれ気持ちいいね。」と素に戻るTさんが、少しおもしろい。
 ちょっとピストンしてみると「あぁ」とエッチなモードに戻る。
 しばらくして、今度は、ベッドに両手をつかせて、おしりを突き出させ、浅く・深くとピストンを繰り返す。ここでもあまりピストンできない私はグラインドを行う。2?3回だけ、「パン、パン、パン」と腰を打ち付けてみる。
 ぐちょぐちょになったペニスを抜き、私がベッドに横になる。(この時は少し間抜けだった)
「おいで」と両手を差し出すと、うれしそうにやってきた。
 そのまま、キスをしながら挿入口を探すと、ちょっとTさんが手を添えてくれ「にゅる」とペニスは吸い込まれた。
 しっかりと上体を抱きしめ、下から突き上げるようにピストンする。
 突き上げた上体が動かないように、しっかりと固定してやったせいか、声も「あん、あん」と大きくなってきた。
 次に、私の上いるTさんの上体を両手で起こしてやる。
「気持ちいいように動いてごらん」と声をかける。
 自由に動けるTさんは自分から腰をふって、さらには髪をかき上げる。
 この状態は、へその方向を向きたいペニスには苦しい体勢なので、なかなか射精には至らないので、少し自由にさせてみた。
 それでもあまりぐりぐりと動かれると射精が近くなってしまうので、私も上体を起こして、今度は、唇で乳首に愛撫を加える。
 やはり唇を堅くして乳首を強く噛むぐらいが気持ちよいようだ。
 舌の裏側での愛撫もかなり反応する。
 そのころはもう、私の体は股間だけでなく、大腿部まで濡れが感じられた。
「そろそろフィニッシュしようか。」と声をかけ、Tさんをベッドに横たえる。
 挿入前に再度クリトリスを唇と舌で少し激しく攻撃する。
 最初の刺激とは反応が異なる。ペニス挿入後のクリトリスはさらに敏感になっているのだろう。
 足は膝から深く曲げた状態で、大きく開かせる。
 濡れた陰毛の奥に、ぱっくりと性器が見える。
 クリトリスを先程の要領でしっかりと刺激する。
 かなり「あう、あう」し、最後には首まで振ってしまう状態まで来た。
 そして、最後に正常位で挿入する。
 奥まで挿入するとやはり「はぅぅぅ」と声がする。
 少し大きくピストンするとストレートに声に反応する。
「あんあんあん」とかなり大きな声が出た。
 立派なホテルなので大丈夫だろうとは思ったが、一応、キスをして口をふさぐ。
 その後は、両足を肩に乗せ、先程までと違う、たぶん膣の上部を突いた。
 さらには、膝を折って大きく広げた両足を閉じないように両手で固定した体位で(何というのかは失念)、激しくピストンし、私の腰を打ち付ける。
「いくよ」と声をかけると、無言で少し顔をしかめて頷く。
 そして私は射精に至ると、ピストンのスピードを緩め、深く押しつけた状態で「どくんどくん」と再び放出する。
 そのことも伝わったのか再び「あーーーー」と遠慮した声が出る。そのままの状態でキスをしようと上体を密着させると、両腕を絡めてきた。

人妻とディズニーランド1  2  3  4







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
貧乳な女の子は感度抜群。クンニで潮吹き成功でセフレ関係成立
2016/01/13 08:00
2016/01/13 08:00
俺がまだ20代の頃の話。当時、俺は地方の会社に勤めていた。 その会社の社長は30代前半のキャリアウーマンで、自衛隊にいた事のある男勝りな人だった。 今でも朝のランニングなどのトレーニングは欠かさない為、筋肉質だけど、グラマーで美人だった。 その日、俺は取引先からのクレームで朝から駆けずり回り、全て終わったのが夜の9時を回った頃だった。 疲れて会社に戻ると、社長が待っていた。社長はクレームの事が気になって待っていたらしい。 今日は取引先に頭を下げ、より詳しく説明できた事を報告すると、社長は安心したように笑ってくれました。 「今日は遅くなったから、送ってあげる」 「ありがとうござい…
友達以上恋人未満
2017/05/04 12:01
2017/05/04 12:01
それまで漏れと彼女は友達以上恋人未満という関係だった。 その彼女と漏れは、以前から仲が良かったが、ある事がきっかけで急速に近づいた。 それは今から七ヶ月程前、ほぼ同時期に起こった、それぞれの失恋だった。 漏れは七ヶ月程前、三角関係がこじれまくった上に、親友と恋人を失い、 人間不信になり、引きこもりに近い状態に陥った。 しかし、日常から目を背けるわけにはいかず、苦痛の日々を淡々とこなしていた。 そんな頃に、ふとしたきっかけで彼女の事情を知った。 彼女の方は好きだった人に、二股を掛けられたうえ、捨てられていた。 漏れ達は元々仲は良かったが、その事を知ってから急速に近づいた。 愚痴を言い合い、なぐさ…
元々フ◯ラが好きだけど征服されてる感がたまんなかった
2016/02/09 03:01
2016/02/09 03:01
元々フ◯ラが好きだけど征服されてる感がたまんなかった 何となく知ってたけど、 自分のしていたのがイマラチオっていうのだってわかった。 元々フェラが好きで褒められるほどなんだけど、 最近彼と会社の休憩室でしてたら、 途中から頭掴まれて腰振ってきて。    もちろんフェラだから舌とか吸引とか強弱つけながらだけど、 征服されてる感がたまんなかった。 男の人が感じてくれればくれるほど満足するタチなんだけど、 フェラよりこっちの方が満足度高いのかな? それならそれで、もっとテクを磨かないと。 と、ここで疑問。 吐くほどじゃないとただのフェラ? > 頭掴まれて喉奥ガンガンやられ…
【姉】東日本大震災で、姉貴を 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/09/17 04:58
2017/09/17 04:58
2011/09/07 01:39┃登録者:えっちな名無しさん◆WYVH0fIY┃作者:弟投稿者:弟 投稿日:2011/07/27(Wed) 14:17   僕には4つ違いの〇子と言う姉貴がいます。 東日本大震災が起きて少し経った3月下旬に姉貴と被災地にボランティアに行った時の話です。 ボランティア活動が終わり花巻のホテルに着くと被災地に入っている報道、業者の人達で一杯で、やっと一部屋なんとかしてもらい 姉貴と二人で同じ部屋に寝る事になりました セミダブルのベッドは二人で寝るには狭く、お互いに背中を向けたまま寝る事に。 姉貴は長時間に及ぶ活動…
妻は「久しぶりにいっぱいセックスしてきたよ」と言うので・・・
2017/04/21 20:01
2017/04/21 20:01
先月、妻と私の共通の友達の結婚式に呼ばれ二人で行って来た。
妻が「どんな衣装が良い?」と聞くので
私は透けるのは分かっていたが「これが良い」と透けゴールドの
ワンピースドレスを指定し「パンティーラインが出るからパンティーは
これ」と黒のレースのTバックをチョイスし「ブラジャーもラインが出る
から二プレスシールにしなよ」と決めて披露宴と二次会に出ましたが、
明るい外では透け具合が微妙なだけでしたが会場に入ると妻のドレスは
嘘の様に透明になり、Tバックと乳首隠しのシール丸見えで、へそピアスまで
見える見える。ストリップよりひどい状態になり、酒に酔ったおじ様方は
ニヤニヤエロい視線を妻に送り…
過去に1番興奮した嫁の乱交体験を聞きながらイった夜の営み
2016/09/23 01:23
2016/09/23 01:23
うちの寝室は、夫婦別室。

なぜなら、子供が夜泣きをすると俺が起きてしまう為。

仕事に影響がないように、と

嫁の明美(仮名:30歳)の計らいです。

そんな優しい嫁とやりたい夜には、

部屋にこっそりと忍び込んでオッパイを揉む事が合図。

そして俺は自分の部屋で布団に素早く戻り待機。

嫁は丑三つ時だろうが俺の部屋に来て、

俺の布団に潜り込んでフェラをする。

いつでもエッチOKな嫁なんだ。

仰向けに寝てる俺。

嫁は右手で竿を擦り、左手は乳首に。

ちなみに俺は右の乳首の方が感じる。
俺の竿が伸びると、嫁は長い舌を

俺の口に入れながらキスをしてくる。

俺も舌…
「変な気起さないで」兄貴の嫁さんに発情体験談
2017/09/09 21:11
2017/09/09 21:11
俺が15歳の時に、兄貴が26歳で、

年上の27歳の人と結婚し同居となった。

男3人だけだったむさ苦しい男所帯に、

兄貴の嫁さんは専業主婦となって、

家事の殆どをするようになった。

美人で胸が大きくスタイルの良い加奈子さんは、

いつしか俺の性の対象になった。
我が家では風呂上りは必ずと言っていいほど、

裸で家の中をウロウロしてました。

それが我が家での習慣であり、

しきたりでもありました。

裸のまま親父は晩酌したり、

みんな寝るまで殆ど裸でいます。

嫁いで来たばかりの加奈子さんは、

そんな光景に驚いてました。

男がチンコだして家の中をウロウロして…
高2の時に36歳のバツイチ女性としまくった童貞喪失体験談
2016/06/27 22:45
2016/06/27 22:45
俺が高2の時の話。

チャットで常連だった36歳のバツイチ女性と

毎日電話するほど仲良くなった。

彼女はことあるごとに可愛いね可愛いねって言ってきて

俺もなんとなくその気になって電話でイチャついてた。

ある日彼女が

「変な気持ちになっちゃった」

「何しても引かないでね」って言って

受話器の向こうであえぎ声をあげ始めた。
俺も思春期だったし死ぬほど興奮して一緒にオナニーした。

それ以来、週3くらいのペースでテレセクするようになり、

ある日、「会おう」ということになった。

「会ったら絶対エッチしようね」って約束した。

当日は電車で3時間、彼女の町に着いて…
年下を弄ぶのが趣味な私
2016/04/11 15:00
2016/04/11 15:00
年下を弄ぶのが趣味な私は1年前勤め先に転勤してきた清純っぽい爽やか系
2こ下の後輩(23)に早速「仕事を教えてあげる」と言い誰もいない会議室に呼び出しました
 椅子に座った彼に抱きつきペニスをズボン越しに触ってあげながら「ちゃんと勉強してね私の体で♪」
といいキスをします。彼は驚いた顔をしてます。
かわいい♪ 私は彼の膝にのっかかり首筋を舐めているとピクっと反応しました♪


と、そこまではよかったのですが「じゃあ遠慮なく・・」

にやっと彼が言った瞬間、私の胸を鷲掴みにしてきたのです!

彼の手が背中を這いすぐにホックを外されてしまい乳首を手でコネてきます

「ぁ…
綺麗系のお姉さまをゲット❗️
2015/11/14 09:11
2015/11/14 09:11
ブライダル会社を経営する綺麗系のお姉さまと出会う(笑) 阪急近くのカフェで見つけた彼女に声を掛けた。 スラッとした面持ちでしっとりとした感じが印象的に見えた。 一人でカフェに来ていた。 ホット珈琲をゆっくり飲んでいた。 俺も、同じカフェに一人でぼんやり新聞を読んでいたその斜め向いに座っていた。 彼女が立ち上がりカフェを出るとき、俺も知らない顔で店を出た。 急ぐ様子もなく、ゆっくり歩く彼女をチラ見しながら尾行した。 百貨店のあるお店に寄った彼女を少し離れた場所からぼんやり見つめていた。 しばらく、そんなことを繰り返していたそ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・ワールドカップの観戦中の出来事 (オーストラリア戦)

・【姉との告白体験談】姉が風邪を引いて寝込んだ

・妹に犯されて始まった近親相姦

・彼女がレイプされた…

・遠距離恋愛の彼氏とお別れセックスした私のエッチ体験

・俺の目の前で彼女がムキムキの童貞どもに犯された

・大学の先輩

・妻の仕事

・出会い系で知り合った男性とのエッチが忘れられません

・先輩のビンテージバイクを傷付けた代償は彼女の身体でした

・早漏の僕にキツイお仕置きをする恐妻

・セフレの巨乳姉にトイレの中でしゃぶらせてから生中出しで犯した

・うるさい!俺は死ぬ!

・【熟女体験談】ババアのはだけたおっぱいを吸うエロチックな幼児プレイ

・退職した会社のアルバイトの子は名器の持ち主でした。

・ラブホ

・「もっと…もっと…」

・私のカレはアイドル☆♪ 1

・二組のカップルがクリスマスに4Pした性なる夜www

・我慢できなくて自宅に元カレを連れ込んじゃった

・出会い系のイケメンクズのせいで血まみれセックス【エロ体験談】

・体育教師の女子校生調教日誌

・一ヵ月ぶりの休日だったのに

・四十路の熟女マッサージ師のフェラテクが凄がった件www

・Fカップの彼女を50歳近いおじさんに抱かせた

・盗撮変態の俺が、K子の舐め犬になった理由

・同級生を奴隷にした話 8

・幼女「お医者さんごっこしよ♪」

・初めて見たときから、妊娠させてやりたいとチャンスを伺っていた・・・

・【驚愕】オoニー毎日しちゃう♀だけどwwwwwwwwwwwwww