寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

姉との10年愛

2018/01/13 22:03




「ホントですか!? 千里さんがナンパしてって事です?」
孝一は、かなり驚いている。
『ちょっ、ちょっと、声大きいわよ。起きちゃうでしょ』
嫁は、少し慌てた声を出す。
「平気ですよ。先輩、ああなったら起きないですから」
孝一は、落ち着いた口調で言う。
『それはそうだけど……。そろそろ帰ったら?』
嫁は、少し落ち着かない感じで言う。

「いや、まだです。もっと聞かせてくださいよ」
孝一は、嫁にそんな風に言う。私も、もっと聞きたいと思っていた。まさか、嫁が浮気経験ありとも思っていなかったし、嫁の方から声をかけていたなんて、とても信じられない。
『別に、それだけよ。私が声かけて、半年位付き合いがあったって言うだけよ』
嫁は、かなり言いづらそうな感じだ。
「どうして声かけたりしたんですか? どこで声かけたんですか?」
質問を重ねる孝一。
『どこって、ショッピングモールよ。イ〇ンよ。フードコートで』
嫁が質問に答えた。まさか、日常的によく行く場所でそんな事をしていたなんて、予想外もいいところだ。
「あんなところで逆ナンですか? なんか、プロって感じですね」
『なにそれ。面白い言い方。ご飯食べてるときに、私のスカートの中チラチラ覗いてる男の子がいたの。なんか、可愛い感じで、ちょっとからかっちゃったんだ』
嫁は、なんとなく懐かしそうな感じで言う。
「どうやってからかったんですか?」
『え? その……脚組んだり、ちょっと広げてみたりよ』
「それって、モロ誘惑じゃないですか」
『そうかもね。彼、顔真っ赤にして恥ずかしそうにしてたわ』
「それで、どうやって声かけたんですか?」
『それは……。覗いてたでしょって』
「うわっ、そんな風に言われたらメチャビビるでしょ」
『うん。すごくビビってたわ』
そんな会話を続ける二人。

結局、そのまま嫁がラブホテルに誘ったそうだ。そして、ビビる男の子に筆おろしをして、ズルズルと関係を続けてしまったそうだ。

まだ20歳の若い男の子なので、嫁とのセックスに夢中になり、ほとんど毎日と言っても良いくらいセックスを求めてきたそうだ。
時間がないときなどは、自宅の近くの公園のトイレや、駅ビルの非常階段でもセックスをしたそうだ。そして、その半年間は、ピルを飲んでいたそうだ……。
「って言うことは、中に出されたりしてたんですか?」
『そ、そんなのいいでしょ! もう、質問終わりだよ』
焦る嫁。どう聞いても、中出しされていたと思える。
「へぇ。まさか千里さんがそこまでするなんて、超意外です。けっこう、一途なタイプなんですか?」
孝一は、不思議そうな声で聞く。
『そ、そんなことないわよ。ただ、すごく求められるから……。嬉しいって思ってたかも』
嫁は、恥ずかしそうに言う。その言葉に、私は急に責任を感じ始めた。私がちゃんと嫁を女性として見ていれば、嫁の浮気はなかったのではないか? そんな気がしてきた。

そして、嫁は孝一に上手くのせられたのか、色々と話をする。私達には大学時代の友達と遊ぶと言って家を出て、一日中彼の家でセックスをしたこともあるそうだ。
一日中全裸で過ごし、料理をするのも食事をするのも全裸で、ほぼ一日中ハメっ放しだったそうだ。つがったまま昼寝をしたり、口移しで水を飲ませ合ったりしたそうだ。
私は、激しく動揺してしまった。そんなガチの浮気をしていたなんて、とても信じられないし、信じたくもない。私は、机に突っ伏して寝たフリを続けながら、心臓がバクバクしていた。でも、さっきから私は勃起しっぱなしだ。なぜか興奮してしまっているし、嫁への独占欲のような気持ちがものすごく大きくなっている。

『ちょっと、なに大きくしてるの? 興奮しちゃった?』
嫁が、ちょっと笑いながら言う。
「そりゃ、興奮しちゃいますよ。だって、千里さんエロ過ぎるでしょ」
『そんなことないわよ。昔の話よ。それより、ちょっと見せてよ。大っきくなったところ見てみたい』
嫁は、そんな事を言う。私は、またドキドキしていた。この前は、勃起していないペニスを見ただけだった。それでも、嫁はビックリするくらい大きいと言ってた。

「いいですよ。でも、そんな事言い出すなんて、千里さんも興奮してるんじゃないですか?」
からかうように言う孝一。
『そんなわけないじゃない。ただの好奇心よ。ほら、自信あるんでしょ? 早く見せなさいよ』
嫁は、ノリノリという感じだ。
「どうですか?」
『わっ、本当に大きいんだね。これじゃ、彼女も痛いかもね』
嫁は、驚いていると言うよりも、どことなく興奮しているような口調に思える。

「わかってもらえました? ホントに大きいでしょ? でも、大きいだけならまだいいんですけど、すごく固いんですよ。固くて痛いって感じなんですよね」
孝一はそんな事を言い始めた。
『そうなの? ホントね。プラスチックみたい』
私は、思わず飛び起きそうになった。触ってる? 私は、ドキドキしながら薄目を開けた。でも、二人の姿は見えているが、手元までは見えない。ただ、嫁が今まで見た事のないような表情になっているのはわかった。興奮しているとも、好奇心で目を輝かせているとも言えない感じだ。もしかしたら、牝の顔というのがこういう表情なのかな? と、思うような顔だ。

「プラスチック? プラッチックの事ですか?」
『なにそれ。プラスチックはプラスチックよ』
二人は、噛み合わない会話を続ける。関西方面出身の孝一は、そう言うらしい。
「そろそろいいですか? あんまり握られちゃうと、さすがに変な気起きちゃいそうです」
孝一はそんな事を言う。
『ご、ごめん。なんか、握り心地いいからつい……』
「じゃあ、そろそろ帰りますね。ムラムラしちゃったんで、風俗でも寄って帰ります」
そんな事を言い始める孝一。彼女がいて、浮気もしているのに、風俗まで行っているのに驚いた。
『そんなところ行ってるの? だって、手やお口でしかしてもらえないんでしょ? もったいないじゃない』
嫁は、そんな事を言い始める。私は、急にイヤな予感がしてきた。
「いや、たまには気楽でいいもんですよ」
孝一はそんな事を言っている。
『もったいないわよ。貯金しときなさいよ。私が手でしてあげるから』
嫁は、そんな事を言い始めてしまった……。
「えっ? マジですか?」
孝一は、驚いている。無理もないと思う。
『手だけよ。いつもワインとか持って来てくれてるでしょ。お礼よ』
嫁はそんな事を言った。そして、遠慮しがちな孝一を再びソファに座らせる。

「なんか、悪い気がします」
孝一は実際に罪悪感を感じているような口調だ。
『悪いに決まってるじゃない。内緒よ。それにしても、本当にカチカチなのね』
「あぁ、ヤバい。メチャ気持ちいいです」
『ふふ。お汁出てきたわね。大きいと、これの量も多いのね』
「いや、千里さんがしてくれてるから、いつも以上に興奮してるんだと思います」
『こんなおばちゃんでごめんね。風俗なら、もっとピチピチの子が相手なんでしょ? 我慢してね』
「そんな事ないですって! 僕が行くのって人妻系のヘルスばっかですし、千里さんレベルの美人なんて、絶対にいないですもん」
『はいはい。褒めても手だけよ』
「それで充分です!」
そんな会話をする二人。でも、嫁は孝一のペニスを手コキしている……。私は、なんとか見ようと微妙に体勢を変えるが、やっぱり手元までは見えない。上気したような嫁の表情が見えるだけだ。

『これくらいで大丈夫? 弱い?』
嫁は、少し恥ずかしそうな声で聞く。
「大丈夫です。気持ち良いです」
孝一は、少し照れているような口調になっている。二人とも、多少ろれつが回っていない感じはあるので、けっこう酔っ払っているのだと思う。でも、酔っているからといってこんな事までするのはやりすぎだと思う。

『ごめんね、ちょっと持ちづらいから両手でするね。指が回らないなんてウソみたい』
そんな事を言う嫁。指が回りきらないなんて、どんなに太いのだろうと思う。そして、そんなものを握ってしまっている嫁は、変な気持ちになっていないのだろうか? 私は、興奮しているのは確かだが、不安な気持ちの方が大きい。
「あっ、すみません。両手で大丈夫です。あぁ、気持ち良いです。上手ですね。その彼に色々してあげたんですか?」
孝一は、そんな質問をする。
『そうよ。こんなのはどう?』
「うぅっ、ヤ、ヤバいです、気持ち良すぎる、うぅっ、ちょっ、ストップ、うぅっ!」
余裕のない声を上げる孝一。嫁は、どんな責め方をしているのだろう?

『ふふ。さすがね。あの子は、これやるとすぐにイッちゃったわ』
嫁は、Sっぽい雰囲気になっている。私は、いままで知らなかった嫁の姿に驚いていた。嫁は、どちらかというとM寄りの性癖だと思っていた。私とのセックスでは、基本的に受け身ばかりだ。

「いや、マジでヤバかったっす。それにしても、千里さんテクニシャンすぎません?」
孝一は、感心したように言う。
『色々と頑張っちゃったからね。それくらいしないと、おばちゃんなんてすぐ飽きられちゃうからね』
嫁は、少し寂しそうに言う。私は、嫁が若い恋人のために色々と頑張っていたと聞かされ、胸が痛んだ。浮気された怒りよりも、健気な嫁に同情のような感情すら持ってしまう。夫が、浮気した嫁に怒り狂って復讐をするという話をネットやテレビでは見…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
高齢者のSEX事情とは
2016/03/26 09:11
2016/03/26 09:11
 高齢者メンバーは60才以上10人で男女半々の集まりで知り合ってから10年になり、年に何度かの見学会、旅行などがあります。彼女は3才年下で身なりも良く、笑顔を絶やさない明るいのが魅力でした。お互いにプライベートに立ち入ることもなく大人同士の明るいグループです。

 彼女は、いつも私のそばにいることが多く、バストの大きさに私も興味を持つようになりました。家も同じ方向であることから、個人的に親しくなってから、彼女は15年前に旦那がなくなり今は一人住まいで時間を持て余している様子でした。

 コーヒーが好きでタバコを吸うことも分かり、行事の帰りに喫茶店で世間話をしたり二人だけでカラオケを繰り返す…
ゲーセンのおじさん
2017/10/10 23:19
2017/10/10 23:19
JSのときの話。お年玉をいっぱいもらったから友達のりえと一緒にゲーセンでUFOキャッチャーをして遊んでた。そのUFOキャッチャーの景品はキティちゃんとダイエルくんのぬいぐるみで、なんとかダイエルくんのぬいぐるみだけが取れて 「やったー」 って、りえと飛び跳ねて喜んでた。そしたら大きい景品袋を持ったおじさんがきて 「これ、あげる」 って取れてない方のキティちゃんのぬいぐるみをくれたから、りえと2人して 「おじさん、ありがとー」 って、素直にもらってお礼を言って喜んでた。そしたら 「お嬢ちゃん達ぬいぐるみ好きおじさん取るのは好きなんだけど、ぬいぐるみじたい は好きじゃないんだよ。お嬢ちゃん達がもら…
【レイプ体験談】義弟に無理やり
2016/03/22 20:46
2016/03/22 20:46
相手は義弟のヒロくんでした。ヒロくんは24歳で、私とは年齢が一回り違います。実家に帰った時に顔を合わせた時に挨拶程度の会話をするくらいで、特に仲が良かったという訳でもありませんでした。あまりの突然のことに混乱し、“何で?どうしよう?旦那は?”と色んなことが頭の中をグルグルと回って、口をとっさにギュッとつぐみました。ヒロくんは、私が起きたことに気付いたようですが、キスを止めようとはせずに、つぐんでいる私の唇を舌でなぞるように舐め続けています。片手で私の頭を添えるように押さえ、もう片手で私の片手を押さえています。私が空いた方の手でヒロくんの胸をトントンンと叩くと、ヒロくんはふっとキスを止め、私の…
【姉との告白体験談】姉の柔肌6
2015/11/22 11:53
2015/11/22 11:53
前編:姉の柔肌53人は夕食を済ませた温泉旅館の和室で月明かりにキラキラと輝く海を窓から眺めていた。 食事を済ませた部屋には既に布団が敷かれており、窓辺の椅子に腰掛ける隆志は温泉で火照った身体を団扇で扇ぎながらビールを煽っている。 由紀と賢治は互いの肌の温もりを思い出しながら黙ったままテレビに向かっていた。 隆志は仕事と運転で疲れたのか缶ビールを2本を飲み干すと敷かれた布団に潜り込み、由紀と会話を交わすことなく静かに寝入ってしまった。 「・・・賢ちゃん・・・つまらないでしょ・・・」「そんな事ないよ、姉さん・・・でも義兄さんっていつもあんな感じなの?・・・あまり喋らないんだね・・・」「…
【痴漢・痴女】家族旅行で他人棒に濡れた人妻
2015/12/03 04:26
2015/12/03 04:26
34歳の子持ちの主婦です。去年の夏、伊豆七島のある島へ家族で遊びに行った時のことです。はじめて船旅で良くわからずに、とりあえず手頃な価格だった2等の乗船券を買ったのですが、まるっきり雑魚寝でした。人1人が横になるのに丁度くらいの広さに区切りの線のような物が引かれてるだけで、そこに毛布を借りてきて、広い部屋に皆が横になって寝るんです。私も、パパ・娘・私と川の字で横になりました。寝相が悪い私は、パパに寝ぼけて転がるなよ?などと言われながら横になりました。はしゃいでた娘がまずねむりについて、その寝息を聞いていたパパが軽くいびきをかきはじめたあたりで、私もねむりにつきました。どのくらいたった頃か、お…
先生!今でもテレクラで女とヤレルんですか?
2017/05/18 22:19
2017/05/18 22:19
久しぶりにテレクラにいったんだが
ここでゲットした女の子は2ケタ以上。
電話を待つ。

「ピッ」と光った。
しかし、体はきちんと早取りを覚えていて、コールをゲット!ブツツツッ!
入ってわずか5分のことだった。

「もしもーし」
なかなか陽気そうな声。私はやはり第一印象を大切にする。ここで暗い声だったり、サクラの声だったりすると秒殺。IPLAYTOWIN.
そしてプロフィールを聞き出していくと、狙いどおり暇をもてあました奥さんであった(^O^)
会話をかわしてすぐに当たりだと気付き、アポしてお茶。
そして彼女の目から発射されるH光線をキャッチし、ホテルへ直行!!
いつも、かくあり…
★ネットを使い男を漁る主婦の私
2016/04/22 21:51
2016/04/22 21:51
 セックスレスっぽいけど、旦那に不満は無いし、今の生活にもそこそこ満足。でも、やっぱりいつまでも“女”でいたいし、刺激が欲しいし、エッチもしたい(笑)と不倫に走った私。

 ネットを通じてかなりの男と出会って、結構いい思いをしています。やっぱり女に恋愛とHは欠かせないってことを再認識。結婚する前みたいにオシャレ意欲も復活したし、周りからは若返ったとか綺麗になったとか、色っぽくなったとかいい感じ。

 ネットで知り合ってHを重ねてると、ただやりたいだけの若い子や遊び人は、ちょっと違うなぁと思ってきた。やばい人もいるしね、いろんな意味で。私のお薦めは彼女のいる男の子か、既婚男性。

 深入りす…
家庭教師していた時
2016/05/14 17:11
2016/05/14 17:11
■家庭教師していた時 (長文) 私が学生の頃にアルバイトで家庭教師をしていた時のお話です。 当時私は大学生でしたが、真面目に通っていた事もあり、単位も足りていたので最後の一年はほとんどアルバイトをしていました。 就職活動も早めに終わったので、海外旅行へ行く為のお金を稼ぐ目的で、時給の高い家庭教師をしていました。 教え子は二人いて、二人とも高校二年生の男の子でした。  後々分かったのですが、二人は高校が同じで、一人の男の子は「健児君」と言って、かっこイイ感じでは無くて、がっちりした体に坊主頭で色黒、柔道部にいる感じの男の子でした。 そしてもう一人は「靖史君」と言って、こちらもイケメン風ではなく…
人妻の味【不倫体験談】
2017/11/13 16:10
2017/11/13 16:10
ある人妻との体験。
過去に数度、身体を重ねた事はあったのですが、それは普通にSEXを一回して、それぞれ帰つて行くだけでした。

でもあの日は、違った。
その日は互いにホテルに宿泊ことが、できたから。
ラブホテルではなく、シティーホテルにチェックインして、まずシャワー。

そこで互いの身体を弄り合い、さらに彼女は俺の一物を優しく扱き、俺は彼女の秘口に指でナゾリ中に入れて掻き回しながら気分を高め合った。

シャワーを出て裸のままベッドへ倒れ込み、キスをし合いオッパイを吸ったり、揉んだりして愛液で充分に濡れた蜜壷に一物を挿入。

抜き差しを開始、やがて彼女が悶え始めて、呼吸が乱れ、甘い声をあげアクメ…
【人妻体験談】私は、妻であり母であるまえに、一人のオンナです
2017/04/06 22:02
2017/04/06 22:02
私はもうすぐ37歳。 夫と息子との3人で都心より少し離れた所で暮らしています。 最近、子供も手がかからなくなり、専業主婦の私にとって朝9時から夕方までの間は、ただ時間を費やしてる無駄で空虚なものとなってしまっていました。 そんな時って、色んなことを考えてしまうのでしょうか・・・。 たまたまショッピング中に本屋さんへ。 色んな本の中でレディスコミックを手にとってしまいました。 家に帰って読み耽っている自分。 その赤裸々な内容に興奮を覚えながら、ページ間にある広告にふと目がいってしまいました。 出会い系サイト、テレクラ・・・。 自分には絶対に縁のないものと決めつけていました、そのページを見るまで…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・働く人妻OLさん

・【初体験】友達のお母さんに縛られて何度も抜かれました

・潰れて寝てる俺のモノを咥えていた女友だち

・コスプレ少女由佳 2/3

・元風俗嬢の嫁と寝取られ生活part1

・同期入社のOLにリードされて童貞卒業

・近親相姦が当たり前の家で育ちました

・レイプされて死にかけた話 1/3

・53センチのくびれ腰が魅力のOLと脱素人童貞

・近 親 相 姦   妹×兄 

・【痴漢】美人妻のお尻に押しつけて射精した

・エロい団地妻とリアルロマンポルノの関係に

・少年とお姉さん

・付き合って7年の彼女を

・小西真奈美似の31歳の独身女支店長とのH体験

・好青年がしてくれる旦那に内緒のマッサージ

・元彼の仲間3人に犯された彼女

・ホテヘル呼んだら変態きたwwwwwwwwwwwwwwww

・老女に遊ばれてた頃

・【熟女体験談】アダルト系出会い系サイトに挑戦したら、出会った男性にまるでレイプのように犯された

・すっぴん美人な女子大生バイトを僕と店長で

・大学生の姉ちゃんがセフレになった

・コスプレ少女由佳 1/3

・小中学校の頃の、幼馴染二人とのエッチな話

・【人妻体験談】目隠しプレイでガチイキ絶頂するエロカワな淫乱未亡人

・彼女の妹(処女)にHしたいとお願いされて・・・

・【Hな体験】好きだった子に告白されて、そのまま学校でセックス

・幼馴染と再会してトイレでSEXした

・東北の温泉で

・享楽の底に落ちて俺の肉便器を宣言・・・