寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

人妻と温泉旅行(4)

2018/01/13 19:59


俺  「あ、い、イキそう…」
美緒 「…いっへいいほー(イッていいよー)…」
俺  「ああっ!」ドクッ、ドクッ、と4回ぐらい激しく出た。それを全て口の中で受け止めた美緒さん。
美緒 「…ん…一杯出たね。若いっていいなぁ…ふふっ、嬉しい」
 なんと全部飲んでくれた。生まれて初めてだったこんなのは。
 俺のナニは全く衰えるどころか全然天を向いている。普通は一回出せばごちそうさーんなのにどうしたんだ俺。
 やっぱこういうシチュエーションに興奮してるのかな。
 出し終わった後もくすぐったくなることはなく(男ならわかるだろ)、むしろ美緒さんの口の中でどんどん膨張するアレ。
 美緒さんが「大丈夫?」と言ってくれて、俺も「うん、全然大丈夫」と返した。
 その間も激しく舌を使って舐めてくれる美緒さん。俺も負けずに69体勢になり舐め返す。
 美緒さんの愛液はもうパッツンパッツンの太ももからひざにまで流れている。シーツももうぐっしょりだ。
 そして10分ぐらい舐めまわした後、美緒さんがしびれを切らしたように「もうダメっ!」と言って俺の上にまたがろうとした。俺は慌てて
俺  「あ、あの…ゴムは?」
美緒 「…ハァ…ハァ…あ、あるの?」
俺  「あ、隣の俺たちの部屋だった…取ってこようか?」
美緒 「…ん…いらない!」
 そういうとまたがってゆっくりアソコに俺のアレをあてがった。「ピチャ…」という音が聞こえた。
 美緒さんはすぐには入れず、入り口でゆっくり、ゆっくりこするようにあてがってる。
 そのたびにクチャクチャ…と卑猥な音が響く。起きやしないかと心配になるほどクチャクチャ…とスゴイ音。
美緒 「…う、うーーん、…なんか久しぶりだと怖いね」
 そう言って汗だくになりながら微笑む美緒さん。もういとおしくて可愛くて俺の頭の中がまたまた弾けた。
 俺は自分のアレをつかむと、ゆっくり少しずつ美緒さんの中に入っていった。
美緒 「あっ…」
 せ、狭い…入り口が小さい分狭いし中ではウニョウニョしてるし、愛液がとめどなく溢れてもう俺のお尻のほうまで伝わっている。そして遂に…根元までぐいっと押し込んだ。
美緒 「んんんんんんん!!!!!!」
 最初はゆっくり、そして回すようにグラインドして不意打ちのように時折激しく突く。
美緒さんは俺の耳元に来てつぶやく。
美緒 「き、気持ちいいよ…どこで覚えたの…エッチなんだからもう…」
 といいながら一緒に腰動かしてるのは美緒さん、貴方です。
 俺は騎乗位になった美緒さんのおっきい巨乳を揉みしだく。かなり汗ばんて体全体がほんのり赤く染まっている。
美緒 「んんっ!ハァ…ハァ…い、イッちゃう…手、手を貸して…」
 と言って俺の左手を取るとなんと噛んだではないか!
美緒 「(んんんんんんんんんぐーーーーーーーーーっ!!!!!)」
 また腰を震わせて激しくイッた美緒さん。声を抑えるために俺の手を噛んだのだ。
 その後体位を変え正常位に。この体勢が今でも俺は好きだ。
 腰を激しく打ち付ける俺。そして相変わらず声を押し殺して我慢する美緒さん。
 部屋中にネチャ、ネチャ、グチャグチャといやらしい音が響く。愛液はとめどなく溢れ、シーツはもう日本海。
 もう途中で他の2人が起きても構わない。それだけ愛しいと思ってた。
 美緒さんの巨胸が激しく揺れ動き、まるで別の生き物のようにのたうちまわる。必死にシーツにしがみついて耐える美緒さん。半分涙目になっている。
美緒 「(んっ…んっ…んんーーーー!あっ!ま、またいくぅぅ…!イッちゃうよぉぉ…!!!!)」
俺  「(お、俺も…そろそろ…)」
美緒 「(いいっ、いいっ!あああああぁぁ!来て、来てぇ!)」
俺  「(ど、どこに?)」
美緒 「(中、なかぁ…ああああぁぁぁ!!)」
 一瞬躊躇したが、もうこんな小さな小さな美緒さんが、全身を震わせて感じてくれてる。それがとっても嬉しくなって、もはや何も考えることはできなかった。
俺 「わかった、イクよ、ああイク!ああっ!」
美緒 「きてぇぇぇぇぇ!んんんんんんああーーーーーーーーっ!!」
 美緒さんのアソコの一番奥で激しく射精する俺。とても2回目とは思えないほど激しく熱いのが出てる。
 美緒さんもアソコが激しくヒクつきながら収縮している。ふと振り返ると2人とも物凄い汗だ。
 中出ししたのはもちろん初めての俺。もう気持ちいいというかなんというか「ひとつになった」ような感動すらあった。
 美緒さんに「よかった?」と小声で聞くと
美緒 「…聞かないでよ…わかるでしょ…バカ」
 と言ってまた布団にもぐった美緒さん。も、萌えですやっぱ萌えです奥さん。ハアハア・・・
 行為が終わった後、チョットだけ話をした。中出ししてよかったの?と聞くと、
美緒 「うーーん、私生理はキッチリきていて大体わかるから…安全日だっだし…確かね…ハハッ」
 さすが主婦(笑) 美緒は続ける。
美緒 「もう3年ぶりだから何が何だかって感じ。全身の全部が性感帯になっちゃった…」
 そして俺に口づけて「朝になってもバレないようにもう片付けて寝よ(ニコッ)」と言う美緒さん。
 俺が「一緒に寝ようよ…どうせバレてるって」と言っても「だーーめ、甘えは終わりっ」といって受けつけず。
 結局もう一度口づけしてそれぞれの布団に眠った俺たち。
 翌朝は何事もなかったように4人で朝食を食べに行った。俺なんて美緒さんの顔なんてロクに見れなかったのに美緒さんは馴れ馴れしくするわけでもなく、でも時折俺に微笑んでくれる大人の女になっていた。
 友人AとA子は激しい二日酔いで途中から全く覚えてないとのこと。よかったよかった。
 でも結構声出してたよねとこっそり言うと、美緒さんは黙って俺のおしりを思いっきりつねった。痛。
 その後キチンと付き合うことになり、友人AやA子さんにも話した(あの夜のアレはナイショ)。離婚問題は解決してないものの(あっちの旦那が絶対ハンを押さないそうで)定期的に会ってはデートもしたり、当然エッチもしたりの生活を続けていた。
 なんか後ろめたいところが美緒さんにはやっぱあるようで、
美緒 「別れてないのにこれってダメだよね…」
 と時折悩むところもあった。
 それでもなんとか励ましあい、いつかは結婚したいと思っていた。
 ところが事態は急転した。俺の親父が倒れたのだ。
 脳梗塞により右半身麻痺。ろれつも回らないとのこと。
 自宅の電話からは泣き叫ぶ姉の声。母親は憔悴しきってどうしようもなくなっている。
 姉からは「とにかく戻ってきて!」の一点張り。ロクに仕度もせずその日のうちに青森へ戻る俺。
 美緒さんにポケベルで連絡しようとするが、生憎こんなときに限って繋がらない。自宅へかけてもダメだ。不在だ。
「ま、一旦帰ってきてから説明しよう」と思っていた。そのときはそんな軽い気持ちだった。
 ところが、帰ってからは大変なことになっていたのだ。
 ウチは自営業(小さいけど)で社長である親父が倒れるとそれを指揮する番頭さんがいない。
 全部社長である親父が仕切ってきたのだ。もちろん会社は大混乱。葬式から会社を一旦立て直すまで1ヶ月かかってしまった。
 そして1ヵ月後白河へ一旦戻り、結局勤めてきた会社を辞め、家業を継ぐこととなった。
 そのことを美緒さんに告げはっきり告白した。「俺と一緒に来てくれないか」とプロポーズ。しかし美緒さんは…
美緒 「正直に言えば今すぐにでも一緒に付いていって助けてあげたい。でも私はまだ離婚問題も解決してないし、全部中途半端なの…私は貴方にとって重荷にしかならない。それに私もここを離れられない。年老いた母が近所にいるし、いつ貴方のお父さんのようになるかもわからない…知ってるでしょ。愛してるけど…全てを捨てて行けない…ダメな女だよ…」
 そう言ってボロボロと泣き出した。
 俺は正直付いて来てくれると確信していた。それほどお互い愛し合っていた。こうやって今書くのも恥ずかしいほどに確かに愛しあっていたんだ。でもこっちの我侭ばかりは貫き通せない。俺はこういうときこそ大人ぶるんじゃないのか。
 それが彼女に教えてもらった「大人の行動」なのだ。
俺  「わかった…」
 ぎゅうっと抱きしめて慰める俺。こんなときは泣いちゃいけないと我慢して我慢して耐えた。
 俺の胸の中で小さな小さな美緒が、肩を震わせてぐしゃぐしゃに泣いている。「ゴメンね…ゴメンね…」と言いながら。
 髪のふわっとしたいつものいい匂いが俺の鼻をくすぐる。でも別れなきゃいけない。
 しばらく抱き合った後、お互い振り返らずにドラマのように別れた。ポケベルと自宅の番号もあとで破り捨てた。
 連絡は取り合おうよと美緒さんが言ったが、それに甘えてはいつまで経ってもお互い何も解決しない。
 そう思って捨てた。それがよかったのか悪かったのかはわからない。
 荷造りを終え、とうとう自宅へ戻る日。主任にお礼を言って車に乗り込み、東北道を北に帰っていった俺。
 帰りの車中で運転しながらふといろんなことが思い出されて涙がどっと溢れてきた。
 もうどうにもとまらなく溢れた。思わず車を路肩に止めてそれこそ号泣した。
 彼女の前では泣かなかったのが、今になって滝のように溢れていた。気が付いたら泉インターのあたりで1時間も泣いていた。
 あれほど泣いたのは後にも先にもあれだけだ。それほど泣いた。
 その後の美緒さんのことは一切わからない。
 友人Aも間もなく盛岡に転勤したからもう調べようがなかった。
 今でも元気に小さい小さい体であの笑顔で頑張っているんだろうか。誰かと一緒になってるんだ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
月明かりの中で見えた全裸の彼女の美しさ
2017/05/03 23:16
2017/05/03 23:16
159 :なまえを挿れて。:2008/09/01(月) 19:48:40 海外旅行で泊まったコテージ型のホテル。プールの利用は夜は「自己責任」。 つまり自由につかえということなので、二人で9時過ぎに入った。 プールサイドにレストランはあるが、プールの海岸側は暗くて見えない。 そもそも人工岩などがあり死角になる。 ほのかな月明かりと星が綺麗で波音と遠くに聞こえる音楽だけという雰囲気、 海外だからと極小ビキニに挑戦した彼女のセクシーな姿・・・ 彼女は彼女でエロいビキニで俺を誘惑するかのように尻や胸を見せつけ、 抱きついては離れを繰り返す。 俺はそれに負け、水着の彼女を抱き寄せ…
大学病院での検査でビショビショに濡れてしまったOLの体験談
2016/04/06 12:10
2016/04/06 12:10

彼氏に胸を揉まれていた時『あれっ、なんかここにシコリがあるよ』と言われ不安になった私は、会社を休んで近くの大学病院に乳癌検診に行くことにした。

受付を済ませた後、上半身の服を脱ぎ検査服に着替える。

ちなみに今日は動きやすい格好がいいだろうと下はズボンを穿いてきた。

長い時間待たされやっと診察室に呼ばれる。

若い男の先生だったら嫌だなと思っていたら、50代の温和な感じの男の先生でちょっと安心。

それより気になるのは先生の後ろに立っている白衣を着た若い男4人だ・・。

私がいぶしかげにしていると先生から説明がある。

「彼等はインターンの学生で実習中です」えっ!?・・実習。

学生達…
【近親相姦】結婚式であの曲歌ってね!絶対ね!!【体験談】
2016/04/22 06:14
2016/04/22 06:14
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 29 ***** http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1173200794/851 :愛と死の名無しさん :2007/03/15(木) 13:09:17 デキ婚論争はこのへんでやめようぜ・・・ てことで投下。高校の友人の結婚式。 新婦(友人)の短大の同級生がスピーチ代わりに、歌を歌った。 しかし、その曲がカラオケになかったということで、全曲アカペラ。カラオケがないことを当日知らされたらしいその子は緊張してしまい、 声は震えるわ高音はかすれるわで、見ているだけでも気の毒だった。 しかも4番まである上に、リフレ…
フェロモン漂う妻の姉さんと不倫SEX旅行
2016/05/02 15:00
2016/05/02 15:00
熱烈な恋愛きしたけども、俺の結婚は失敗だった。
どれだけ経っても成熟したセックスにはならなかった。部屋を暗くし、こちらが妻に一方的に愛撫するだけ。いや、妻はクンニすら嫌がった。ましてやフェラチオなぞしてくれるはずも無い。妻は完全にマグロ女状態。味気ない寝室だった。
そんな状態にピリオドを打つ原因となったのは、妻の姉である、澄子さんの存在だった。


この人はたまたま近所に住んでいる。
バツ1の32歳。
一人暮らし。
新婚当初からよく我が家に遊びに来ていた。
独り身の気軽さからか夕食を共にしたり泊まって行ったりもしていた。

妻とは大変仲がよかった。
地味な妻と比べて…
【レイプ体験談】決して叶ってはいけないレイプ魔の夢が今叶った
2016/07/08 00:35
2016/07/08 00:35
始めての挿入のとき、女子は痛みを感じるということは知っている。 十分に揉みほぐし、濡らしてから、挿れてあげよう。 そう思い、姉の手を押さえペニスをシゴかせていた左手を離した。 姉の手は、俺の手が離れても、ペニスを優しくシゴいている。 ホラ、やっぱり姉ちゃんも、俺のチンポが欲しくてたまらないんだ。 焦らないで。 すぐに挿れてあげるから。 姉の唇を味わいながら、そんなことを思った。 しかし、左手を姉の股間へと移したとき、おかしなことに気付いた。 俺の左手が触れたもの、それは姉の秘部ではなかった。 襲いかかる前に、ペニスではあるが触れたあの柔らかさ。-----それとは違った。 俺は、少し驚き…
【レイプ体験談】旅館の柔道部【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/10/25 17:56
2016/10/25 17:56
845コピペsage04/03/0302:49ID:x5ZZGpmq去年の夏、俺の彼女だった真理がチェリー坊どもに思う存分突ききられた話です。846コピペsage04/03/0302:50ID:x5ZZGpmq真理は学生時代のサークルの後輩で、年は3つ下。今年で24歳(やられた時は23歳)です。俺が4年生の時に新人で入ってきたのですが、男どもの争奪戦のはて、俺が付き合う栄冠を勝ち取りました。身長は159センチ、スリーサイズは91(Eカップ)?61?92、で今思い出してもよだれが出るほどのダイナマイトボディでした。付き合い始めて4年間、全て順調でした。あの日がくるまでは。847コピペsage0…
少年患者?
2016/06/08 10:05
2016/06/08 10:05
私の名前は斎藤美緒26歳です。 話しは長いですがお付き合い下さい。私は田舎の小さい病院に勤めてる看護士です。 仕事がら出会いが無くて彼氏居ない歴4年になると火遊びもしたくなります。 そんな中このサイトを見つけ暇があれば皆さんの体験談を見て私も妄想したりしてました。 そんな中私もとうとう非日常的な体験をしました。 私の勤めてる病院には私の他に看護士は12人居て一日交代で夜勤をしています。 ちょうど私の夜勤が終わった日の(日付が変わって)次の日の事、大輝君と言う小学六年生の子が足の怪我で運ばれて来ました。 ちょうど手が空いていた私が付く事に成り、先生に見せると捻挫と判明。成長期中の怪我なので念のた…
痴漢レイプものでオナニーしていた私が、実際にそんな体験をした話【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/08 02:48
2017/10/08 02:48
私は17歳の高校生で、処女でした。 男の人のものを直接見たこともなく、下品な話も全然しません。 でもオナニーは毎日のようにやっていて、そのネタは大体痴漢やレイプのAVで、女の人が嫌がりながらも感じさせられてる姿を見て私も感じ、イっていました。 そんな私が痴漢され、レイプされた話です。 拙い文章ですが、良ければ聞いてください。 私は毎日電車とバスで通学していて、その日は部活があったため、電車に乗るのは夜の8時前という時間でした。 疲れたなーと思いつつ電車に乗ると、その日は中々混雑していて、少し窮屈で、リュックを足の間に挟むように置いて乗っていました。 次の駅で、さらに人が乗っ…
エロ過ぎる19歳の姪っ子とセックスしまくった話
2017/05/09 05:14
2017/05/09 05:14
俺37歳 かみさん34歳 子供2人。

先週、かみさんの実家に遊びに行った時の話。

かみさんの姉の娘と、ついにやっちゃいました。

かれこれ10越しの事になるんだけと。

みゆきって言うその姪は、お世辞にもカワイイ方ではなかった。

田舎の子って感じで、小太りだった。

まあ、小学5年生のワリには胸があったが。

たまに行くたびに変化していったが。

厨房になり、高校生になり、それなりに変わっていったんだ。


で、去年に19歳になった、みゆきは社会人になり、ドラムカン体型だったのがウエストくびれてきて、しっかりメイクするようになり、服装も体型が分かるような物を着るようになってきた…
22歳の大学生の童貞を頂いてあげたエッチ体験談
2016/01/28 03:52
2016/01/28 03:52
118 えっちな18禁さん[sage] 2012/12/04(火) 21:00:41.16 ID:0yXamNjj0
22歳の大学生が童貞で自信がないっていうから、筆下ろしした
特にフェラとか前戯中は平気そうだったから、いよいよ挿入
騎乗位で「生の感触味わってみる?」と最初だけ生で挿入させるつもりが
挿れた瞬間、「ぅぁぁ、ごめんなさい」と言いながら射精
しかも本能からか、私の腰をガッツリ掴んで奥に奥にという感じに腰突き出してきて、あまりの可愛さにこっちもイッちゃった



今日はたまたま安全日だったしまぁいいけど、他の子にはこんなの絶対ダメだからね、と言…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・髪を乱した母が、驚いた表情でこちらを見つめている・・・

・【Hな体験】心を病んだ姉に襲われかけた

・民宿のような小さな宿

・スーパーで知り合った人妻を寝取って離婚させて結婚したったwww

・ツレの家で遊んでたら、目の前で可愛い憧れのあの子が金髪にやられた

・【Hな体験】口だけという約束だったのに・・・。

・姉の友達とヤリまくり、彼女の結婚式の後もやりました

・クリーニング屋の33歳の人妻とのエッチな体験談

・【熟女体験談】関西弁のショタコンオバサンに逆レイプされ、異常なる肉欲おまんこ生活が始まった

・ゲーセンでナンパした女を酔わせてラブホへ

・【SM・調教】Sな旦那に舐め犬プレイをお願いしたら・・・

・覗き常習者の私が見た沢山のマンコの中で最高だったのは女優のマンコだった

・妻と童貞5

・彼女が目の前で友達と種付けセックス。。。

・嫁の姉に欲情して夜這いをかけたらウェルカムだった

・【人妻体験談】旅行中にラグビー部の鬼畜にキメセクレイプで輪姦されてしまった

・韓国人通訳の人妻は、激しく淫らだった

・★いたって普通のエロ体験です

・父のDVから母を守っているウチに芽生えた性欲

・11年間に渡る不倫の末に気づいた連れ合いへの愛情【体験談】

・【レイプ】若い女性客の膣の中まで入念にマッサージ

・❤主婦の一人旅でナンパされ

・俺のために自分からピルを飲み始めた従順なセフレ

・美佐子2

・ベランダで隣の奥さんにオナニーを見せつけた結果www

・子供会の慰労旅行は大乱交スワップパーティー

・美佐子1

・H体験告白。。友達の旦那、サッカーコーチと不倫セックス

・ペットにクンニされて我慢できなくなった私は。。。

・【熟女体験談】転職組のキャリアウーマンに誘われ、性欲に歯止めが効かず、ベッドインのランデブー