寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

人妻と温泉旅行(4)

2018/01/13 19:59


俺  「あ、い、イキそう…」
美緒 「…いっへいいほー(イッていいよー)…」
俺  「ああっ!」ドクッ、ドクッ、と4回ぐらい激しく出た。それを全て口の中で受け止めた美緒さん。
美緒 「…ん…一杯出たね。若いっていいなぁ…ふふっ、嬉しい」
 なんと全部飲んでくれた。生まれて初めてだったこんなのは。
 俺のナニは全く衰えるどころか全然天を向いている。普通は一回出せばごちそうさーんなのにどうしたんだ俺。
 やっぱこういうシチュエーションに興奮してるのかな。
 出し終わった後もくすぐったくなることはなく(男ならわかるだろ)、むしろ美緒さんの口の中でどんどん膨張するアレ。
 美緒さんが「大丈夫?」と言ってくれて、俺も「うん、全然大丈夫」と返した。
 その間も激しく舌を使って舐めてくれる美緒さん。俺も負けずに69体勢になり舐め返す。
 美緒さんの愛液はもうパッツンパッツンの太ももからひざにまで流れている。シーツももうぐっしょりだ。
 そして10分ぐらい舐めまわした後、美緒さんがしびれを切らしたように「もうダメっ!」と言って俺の上にまたがろうとした。俺は慌てて
俺  「あ、あの…ゴムは?」
美緒 「…ハァ…ハァ…あ、あるの?」
俺  「あ、隣の俺たちの部屋だった…取ってこようか?」
美緒 「…ん…いらない!」
 そういうとまたがってゆっくりアソコに俺のアレをあてがった。「ピチャ…」という音が聞こえた。
 美緒さんはすぐには入れず、入り口でゆっくり、ゆっくりこするようにあてがってる。
 そのたびにクチャクチャ…と卑猥な音が響く。起きやしないかと心配になるほどクチャクチャ…とスゴイ音。
美緒 「…う、うーーん、…なんか久しぶりだと怖いね」
 そう言って汗だくになりながら微笑む美緒さん。もういとおしくて可愛くて俺の頭の中がまたまた弾けた。
 俺は自分のアレをつかむと、ゆっくり少しずつ美緒さんの中に入っていった。
美緒 「あっ…」
 せ、狭い…入り口が小さい分狭いし中ではウニョウニョしてるし、愛液がとめどなく溢れてもう俺のお尻のほうまで伝わっている。そして遂に…根元までぐいっと押し込んだ。
美緒 「んんんんんんん!!!!!!」
 最初はゆっくり、そして回すようにグラインドして不意打ちのように時折激しく突く。
美緒さんは俺の耳元に来てつぶやく。
美緒 「き、気持ちいいよ…どこで覚えたの…エッチなんだからもう…」
 といいながら一緒に腰動かしてるのは美緒さん、貴方です。
 俺は騎乗位になった美緒さんのおっきい巨乳を揉みしだく。かなり汗ばんて体全体がほんのり赤く染まっている。
美緒 「んんっ!ハァ…ハァ…い、イッちゃう…手、手を貸して…」
 と言って俺の左手を取るとなんと噛んだではないか!
美緒 「(んんんんんんんんんぐーーーーーーーーーっ!!!!!)」
 また腰を震わせて激しくイッた美緒さん。声を抑えるために俺の手を噛んだのだ。
 その後体位を変え正常位に。この体勢が今でも俺は好きだ。
 腰を激しく打ち付ける俺。そして相変わらず声を押し殺して我慢する美緒さん。
 部屋中にネチャ、ネチャ、グチャグチャといやらしい音が響く。愛液はとめどなく溢れ、シーツはもう日本海。
 もう途中で他の2人が起きても構わない。それだけ愛しいと思ってた。
 美緒さんの巨胸が激しく揺れ動き、まるで別の生き物のようにのたうちまわる。必死にシーツにしがみついて耐える美緒さん。半分涙目になっている。
美緒 「(んっ…んっ…んんーーーー!あっ!ま、またいくぅぅ…!イッちゃうよぉぉ…!!!!)」
俺  「(お、俺も…そろそろ…)」
美緒 「(いいっ、いいっ!あああああぁぁ!来て、来てぇ!)」
俺  「(ど、どこに?)」
美緒 「(中、なかぁ…ああああぁぁぁ!!)」
 一瞬躊躇したが、もうこんな小さな小さな美緒さんが、全身を震わせて感じてくれてる。それがとっても嬉しくなって、もはや何も考えることはできなかった。
俺 「わかった、イクよ、ああイク!ああっ!」
美緒 「きてぇぇぇぇぇ!んんんんんんああーーーーーーーーっ!!」
 美緒さんのアソコの一番奥で激しく射精する俺。とても2回目とは思えないほど激しく熱いのが出てる。
 美緒さんもアソコが激しくヒクつきながら収縮している。ふと振り返ると2人とも物凄い汗だ。
 中出ししたのはもちろん初めての俺。もう気持ちいいというかなんというか「ひとつになった」ような感動すらあった。
 美緒さんに「よかった?」と小声で聞くと
美緒 「…聞かないでよ…わかるでしょ…バカ」
 と言ってまた布団にもぐった美緒さん。も、萌えですやっぱ萌えです奥さん。ハアハア・・・
 行為が終わった後、チョットだけ話をした。中出ししてよかったの?と聞くと、
美緒 「うーーん、私生理はキッチリきていて大体わかるから…安全日だっだし…確かね…ハハッ」
 さすが主婦(笑) 美緒は続ける。
美緒 「もう3年ぶりだから何が何だかって感じ。全身の全部が性感帯になっちゃった…」
 そして俺に口づけて「朝になってもバレないようにもう片付けて寝よ(ニコッ)」と言う美緒さん。
 俺が「一緒に寝ようよ…どうせバレてるって」と言っても「だーーめ、甘えは終わりっ」といって受けつけず。
 結局もう一度口づけしてそれぞれの布団に眠った俺たち。
 翌朝は何事もなかったように4人で朝食を食べに行った。俺なんて美緒さんの顔なんてロクに見れなかったのに美緒さんは馴れ馴れしくするわけでもなく、でも時折俺に微笑んでくれる大人の女になっていた。
 友人AとA子は激しい二日酔いで途中から全く覚えてないとのこと。よかったよかった。
 でも結構声出してたよねとこっそり言うと、美緒さんは黙って俺のおしりを思いっきりつねった。痛。
 その後キチンと付き合うことになり、友人AやA子さんにも話した(あの夜のアレはナイショ)。離婚問題は解決してないものの(あっちの旦那が絶対ハンを押さないそうで)定期的に会ってはデートもしたり、当然エッチもしたりの生活を続けていた。
 なんか後ろめたいところが美緒さんにはやっぱあるようで、
美緒 「別れてないのにこれってダメだよね…」
 と時折悩むところもあった。
 それでもなんとか励ましあい、いつかは結婚したいと思っていた。
 ところが事態は急転した。俺の親父が倒れたのだ。
 脳梗塞により右半身麻痺。ろれつも回らないとのこと。
 自宅の電話からは泣き叫ぶ姉の声。母親は憔悴しきってどうしようもなくなっている。
 姉からは「とにかく戻ってきて!」の一点張り。ロクに仕度もせずその日のうちに青森へ戻る俺。
 美緒さんにポケベルで連絡しようとするが、生憎こんなときに限って繋がらない。自宅へかけてもダメだ。不在だ。
「ま、一旦帰ってきてから説明しよう」と思っていた。そのときはそんな軽い気持ちだった。
 ところが、帰ってからは大変なことになっていたのだ。
 ウチは自営業(小さいけど)で社長である親父が倒れるとそれを指揮する番頭さんがいない。
 全部社長である親父が仕切ってきたのだ。もちろん会社は大混乱。葬式から会社を一旦立て直すまで1ヶ月かかってしまった。
 そして1ヵ月後白河へ一旦戻り、結局勤めてきた会社を辞め、家業を継ぐこととなった。
 そのことを美緒さんに告げはっきり告白した。「俺と一緒に来てくれないか」とプロポーズ。しかし美緒さんは…
美緒 「正直に言えば今すぐにでも一緒に付いていって助けてあげたい。でも私はまだ離婚問題も解決してないし、全部中途半端なの…私は貴方にとって重荷にしかならない。それに私もここを離れられない。年老いた母が近所にいるし、いつ貴方のお父さんのようになるかもわからない…知ってるでしょ。愛してるけど…全てを捨てて行けない…ダメな女だよ…」
 そう言ってボロボロと泣き出した。
 俺は正直付いて来てくれると確信していた。それほどお互い愛し合っていた。こうやって今書くのも恥ずかしいほどに確かに愛しあっていたんだ。でもこっちの我侭ばかりは貫き通せない。俺はこういうときこそ大人ぶるんじゃないのか。
 それが彼女に教えてもらった「大人の行動」なのだ。
俺  「わかった…」
 ぎゅうっと抱きしめて慰める俺。こんなときは泣いちゃいけないと我慢して我慢して耐えた。
 俺の胸の中で小さな小さな美緒が、肩を震わせてぐしゃぐしゃに泣いている。「ゴメンね…ゴメンね…」と言いながら。
 髪のふわっとしたいつものいい匂いが俺の鼻をくすぐる。でも別れなきゃいけない。
 しばらく抱き合った後、お互い振り返らずにドラマのように別れた。ポケベルと自宅の番号もあとで破り捨てた。
 連絡は取り合おうよと美緒さんが言ったが、それに甘えてはいつまで経ってもお互い何も解決しない。
 そう思って捨てた。それがよかったのか悪かったのかはわからない。
 荷造りを終え、とうとう自宅へ戻る日。主任にお礼を言って車に乗り込み、東北道を北に帰っていった俺。
 帰りの車中で運転しながらふといろんなことが思い出されて涙がどっと溢れてきた。
 もうどうにもとまらなく溢れた。思わず車を路肩に止めてそれこそ号泣した。
 彼女の前では泣かなかったのが、今になって滝のように溢れていた。気が付いたら泉インターのあたりで1時間も泣いていた。
 あれほど泣いたのは後にも先にもあれだけだ。それほど泣いた。
 その後の美緒さんのことは一切わからない。
 友人Aも間もなく盛岡に転勤したからもう調べようがなかった。
 今でも元気に小さい小さい体であの笑顔で頑張っているんだろうか。誰かと一緒になってるんだ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【母】友達のお母さんと 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/06/25 17:13
2017/06/25 17:13
2013/07/29 (Mon) 小学6年生の夏休み、俺は同級生でスイミング仲間の健斗と、健斗のお母さんの真理さんとの3人で、伊豆の海岸まで泊りがけの旅行に行った。 宿に到着して荷物を置くとすぐに海岸に出て泳ぎ始めた。 俺も健斗もスイミングでは選手コースでタイムを競ってる仲だっんで、海でもお互いに意識しながら夢中で沖の岩場まで競争で泳いだ。 岩場で健斗が怪我してしまい、一度宿に戻って医者に診てもらうことになった。 怪我はたいしたことなかったけど、健斗は泳ぐことができないんで、二人は海の家で遊んでることになった。 怪我をした時に助けてくれたガードの人達が、俺達の遊びの相手もしてくれた。 俺も…
【夫婦生活報告】本当の話です。
2015/12/23 21:15
2015/12/23 21:15
私たち夫婦は バツイチ同士で結婚4年目になります。 私は前妻に子供を預け、家を出た身です。 妻にも前夫と間に一人娘がいます。でもその一人娘を産んだのが実は 16才の時に妊娠し17才で出産した子供もなんです。 そんな娘も18才で結婚し現在25才です。 当時は両方の親に反対されたので駆け落ちして一緒になったそうです。 そんな妻と知り合ったのは今の職場でまだ前の姓を名乗ってました。 で、どうしてこう言う風になったかと言う所からが ちょっとアブノーマルの始まりでした。 愛想も良く、可愛い子だなと思っていたのですが 同期の仲良くしている同僚と二人で飲んでいた席で S子(現在の私の妻の名前)の話にな…
どうしょっかなぁ…
2017/11/16 17:49
2017/11/16 17:49
会社の、不定期で行われる飲み会で、ヤレそうな人妻二人いるんだけど、いかんせんの具合が… 良心が咎めるし、なかなか難しいし… つうか、カラカってるっぽいし… やっぱ、同僚とは出来ねぇ
【レイプ体験談】興奮と後悔と欲求不満
2015/09/28 17:29
2015/09/28 17:29
まり ◆8/MtyDeTiY 昨晩気持ちがたかぶったので、高校生の頃の制服を着て夜中に外出してみまし たぁ。23歳だけど150cmしかない童顔だし、良く未成年に間違われるので大丈 夫かなぁと。 夜中の1時過ぎにセーラー上下に紺のハイソックスとローファ、真面目な高校 生に見えるように化粧は控えめにして、スクールバッグにはローターとバイブ を入れてお外へ。1度位しか気温がないから寒くてちょっと部屋に戻りたくな ったけど、そのまま外へ。家の近くには警察署があって補導?されてもいやな ので、あえてタクシーに乗って少し離れた場所にいどう。運転手さんに「こん な時間にどうしたの?」「…
センター試験の前に彼氏に渡されたもの
2017/02/25 09:49
2017/02/25 09:49
私は高3の関西住みのJKです。 今日、1月19日はセンター試験でした。 私と同じクラスの彼氏Tは、偶然にア行から始まる苗字なのでセンター試験会場も同じ部屋になりました。 と言っても、私もTも推薦で10月頃に某大学への入学が決まってたのでセンター試験は記念受験のようものでした。 私は“推薦だから”と言っても、センターでは頑張りたいと思い、勉強をしていたので本番の今日、とても緊張して会場に行きました。 会場に着くとTが待っていてくれました。 Tは「ちょっと来て」と言い、人気の無いとこに連れて行きました。 私も緊張や不安があったので、Tと話したいと思っていたので嬉しくてついて行きました…
【Hな体験】駅前の噴水でずぶ濡れになった女子高生2人組
2018/05/25 02:00
2018/05/25 02:00
今日のことだ。地方都市の駅前にある大広場にいた。俺は炎天下の中、友人を待つためにマクドナルドの飲み物を手に待っていた。こんな炎天下の中、わざわざこの広場で待ち合わせするやつもいなければ、そもそも広場にいるやつもほとんどいない。俺から少し離れた噴水のところで、女子高生2人組みが遊んでいるのを除けば、他にはスーツ姿の男性が何組かが駅に向かっている程度だった。 「わー」という叫び声がする。 その方に顔を向けると、女子高生が2人とも噴水の中にドボンとはまっている。はまったと言っても噴水。水深は30センチもない。とはいえ、助けに行く。当然、彼女たちはびしょびしょ。 薄手のスカート…
セックスレスを克服しました (ジャンル未設定)
2015/11/28 07:30
2015/11/28 07:30
私は29歳の主婦、尚美です。夫の義明31歳と結婚して、3年になります。 実は、私達、最近までセックスレス気味だったんですが、あることをきっかけに、今では毎晩のように楽しんでます・・ このサイトも二人で読んで、刺激にしています。 もっとも、私が読んでもあんまり興奮するようなことって少ないんですけど・・ でも、夫が、刺激されて、それが私にも伝わってくるので、やっぱり二人にとって有難い媚薬です。 レスの原因は、主に私にあったのかな?と思います。 私は、小さい頃から、「女の子なんだからそんな言葉使わないの!」とか、「女の子なんだからそんな格好しないの…
【近親相姦体験告白】押し入れに隠れてて姉とセクロスした話しする
2016/03/17 04:43
2016/03/17 04:43
とりあえずスペックから書いておく 俺 当時中2 バレーボール部のセッターをやってた 身長は当時で170位 今は・・・ 姉 当時高3 可愛いというより美人系だと思う 身長は当時も今も152 体重は痩せ気味とだけ あれは中2の2学期が始まってすぐ位の時だった 俺は学校がダルかったりゲームがしたかった時はちょくちょくサボっていた ただ両親にバレるとものすごく怒られる為色々と工夫をしなくちゃならなかった いつも家を出る時間に玄関のドアを開けて家を出ずに閉める 通学用の靴を持ち忍び足で2階の自分の部屋へ 母親が洗濯物を干す為にベランダに出てくるのを押入れにてやりすごす 2階…
【近親相姦】鰹【体験談】
2016/09/29 00:07
2016/09/29 00:07
名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/1521:25ID:CU8xFHp3 今日は俺の12回目の誕生日だ。 ああ…そういえば去年はすっげえギリギリだったっけなあ。  中島が田舎に行っちまって寂しいバースデーになる所だったのに、あいつってば夜に無理矢理帰ってきて……。ちゃんと日が変わる前に「おめでとう」って言ってくれたんだった。 で、今年はというと。  現在中島と2人一緒に都電で移動中。  いつものラブホへ向かってる所だ。「カツオ、何ボーっとしてんだよ。疲れてる?」 「何だ中島、ピンピンしてるぜ。おまけにアッチもいつでもビンビンOK。なんてな」 「…まだ夕方だってのに」 運悪く今日は土曜日。明…
【姉との告白体験談】コンドーム買ってくるから部屋で待っててね 1/2
2018/01/27 22:44
2018/01/27 22:44
2011/08/16 19:54┃登録者:えっちな名無しさん◆g.lZaPiY┃作者:名無しの作者私は8年前に結婚しましたが子供が出来ず四年前の秋に妻の浮気が原因で離婚して、今では実家に身を寄せて、サラリーマンと農業の二足の草鞋はいて居ります。 実家には両親と行かず後家の姉と暮らしております。 私は今年36歳姉は41歳です。 因みに母は63歳父は68歳になります。 姉は性格もよく、容姿は天海祐希に似たスレンダー美人です。 しかし生まれつき両腕に障害があり、彼氏は出来ても中々結婚には至らず、40を過ぎた今も実家で暮らしています。 三年前のある日、両親が農業組合の旅行に出かけて、姉と私との二人…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・私達夫婦のセックス

・【オナニー】妹の下手くそな手コキで発射しちゃいました

・【痴漢】通学途中に満員電車で痴女にしごかれた僕のトラウマ

・驚愕!人間の女と交尾する海亀

・俺氏・・・遂に卒業に成功

・乱交クラブと言う未知の体験をしてみた

・【浮気】お嬢様な先輩の彼女のシャワーシーンに興奮して

・チエちゃんのハードな人生

・デリヘルにハマって貯金がやばいことになった

・後輩とえっち

・嫁から衝撃カミングアウトがあった・・・

・人助けしておいしい思いをした体験です

・主人があまりSEXしてくれないので

・【熟女体験談】単身赴任中にセックスレスな近所のおばさんを寝取りSEX

・【オナニー】パパとオナニーの見せっこ

・一回500円 1

・会社でエロエロな動作で男を誘うOL

・見知らぬ男たちと妻を共有する異常な劣情

・妹とずっと一緒 (妹の成人式)

・【Hな体験】修学旅行で乗った飛行機の機内で彼氏に初フェラ

・【熟女体験談】近親相姦をするようになって30年の母と息子のSEX

・俺の彼女はカウガール?

・彼氏の浮気に彼氏の後輩に報復浮気

・結婚相手に妻を選んだ理由

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・

・今日メル友と会ってきた報告するよ

・【乱交】変態カップルさんのプレイに混ぜてもらって初体験

・身長体重測定

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた