寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

人妻と温泉旅行(3)

2018/01/13 18:26


指でそっと乳首を触れる。「ビクッ!」と体が反応し同時に「ん、んーーー…」と声が漏れる美緒さん。
 乳首は小さすぎもなく大きすぎもなくいい感じ。乳首は最初柔らかかったが段々手で転がしてるうちに硬く尖ってきた。
 美緒さんは少しづつ呼吸が荒くなる。息している間隔も段々短くなってきているようだ。起きてるのかな?
 手だけではもう我慢できずに乳首をそっと舌で触れてみる。ほんの少し「ピッ」って感じで。
 すると「んっ!」と小さくのけぞる。感度いいんだ…
 右手を左の乳首に、右の乳首は舌でゆっくり、ゆっくり転がしている。美緒さんも段々肩で息するようになってきた。
 呼吸も明らかに浅く短くなってきている。そしてとうとう… ゆっくり薄目を開けた美緒さんがいた。
(ここからはヒソヒソ話ですあしからず)
美緒 「…ちょ…ちょっとなにしてんのーーーーー…やーーだぁ…M君…周りにみんないるじゃないのよ…」
 手と顔を振りほどこうとするが酔ってるせいか力が全く感じられない。ここぞとばかりに攻撃をする俺。
美緒 「…や、やめてよ…あっ、あっ、んーーーーっ…… …ダメ…」
 本気でやめようとするなら体をそらそうとするがそうでもない。むしろ俺の頭を両手で押さえつける。
 美緒さんは苦しそうに必死に我慢していて、下唇を噛んで胸元から細かい汗がどっと吹き出ている。
美緒 「…も、もうやめて…ここじゃいや…あっ!あっああああっ!」
 むっちりした太ももは乳首を舌で転がすたびに段々ゆっくりと広がっていく。腰も少しづつ勝手に動いているようだ。
俺  「俺…俺…もう我慢できない…初めて見たときから好きだったんだ…」
美緒 「…う、うそばっかり…私の体だけが目当てでしょ?…実際こんなこと…ああっ!…んー、ングー!」
 いとおしくて思わず口づけする。そして同時に激しく両胸を同時に激しく揉む。
 口を塞いでいるから多少のことはいいと思ってムッチムチの太ももの間に俺の脚を絡める。そしてパンティーの上から脚バイブ。これ俺の得意技。
美緒 「んー!んーーー!んんーーーっ!!」
 思わず俺の肩をパンパン!と叩く。でもやめない俺w 両手をビンビンに勃起した乳首で激しく転がし唇は舌を絡める。
 最初抵抗していた美緒さんもあきらめたのか舌を受け入れ激しく絡める。
 そのとき美緒さんが「ちょっと聞いて…」と止めた。
 美緒さんは周りが起きないように、かつしっかりと耳元でこう話した。
美緒 「…私…3年以上もしてないしヘタだよ…がっかりしない?」
 起き上がり真剣な顔でこちらを見る。薄暗闇に浮かび上がる美緒さんの上半身の裸体…
 巨乳といっていい大きなしかも垂れてない胸にくっきりと勃起した乳首、それと白い肌にもかかわらずほんのり赤みを帯びたしっとりとした肌…
 美緒さんは続けた。
美緒 「…2人しか経験ないって言ったのは本当。今ちょっと男性不審になってるのも本当…でもね、なんとなくM君なら解決してくれそうかなと思って…でももうこうなるとは思ってなかった。ふふっ・・・ちょっと早すぎだぞ。もうっ!」
 俺の頭をチョンと指でこづく美緒さん。そしてすさかず布団をかぶって恥ずかしがる。
 萌えーーーー!萌え萌えで萌えますよ奥さん!
 恥ずかしがってる布団の中に顔を突っ込んでこんどはこっちが告白。
俺  「俺、確かに美緒さんの体が欲しかった。でもこれっきりとか捨てるとかそんなこと絶対考えてない。むしろ捨てた旦那のほうが憎い。なんでこんなにかわいい人をって思ったし・・もしよかったら、俺と付き合って欲しい…こんなときにこんなこと言うの反則だってわかってるけど…」
 美緒さんは後ろ向きで俺の話を聞いていた。ところがそのうち泣きはじめてしまったのだ。涙を流してこう告白する。
美緒 「…いいの?オバさんだよ?それにまだ離婚してないよ?」
 俺は本音で答えた。
俺  「全然おばさんじゃないっす。それに離婚してからでもいい、本気で付き合って欲しい」
 そして振り向かせてゆっくり口づけた。2人の舌がクチュクチュと音を立てて絡まる。
 美緒は「いいの…?本当にいいの…?」と何度も繰り返すが、俺はそれを口づけで答えた。2人の唾液が口元からこぼれるほどの激しいキス。5分ほど続いてお互いの唇をむさぼりあう。
 そのうち俺の右手は再び美緒さんの胸を激しく揉みしだく。
 体が小刻みに震え、「んっ…んんっ…!」と聞こえないように必死に我慢しながら小さく喘ぐ。
 大きな胸元の谷間にはもう小さな汗がびっしょりだ。その汗を舌ですくい取る俺。
 美緒は「ああっ!」思わず声が漏れて周りを見回す美緒さん。あせっているようでとっても可愛い。
 友人AとA子さんは結構激しいいびきで爆睡中だ。
 その舌は今度は巨乳の乳首へとたどり着く。舌で優しく転がし左手は美緒さんの口元に差し出す。
 すると美緒さんはその左手をチュウチュウ吸い出したのだ。なんか指でフェラチオされてるようで異常に興奮した。
 そしてゆっくり体を倒し全力で美緒さんの乳首を激しく責める。舌で転がし指でつまんだり。
 手を一杯広げてもまだ余る巨乳をグイグイ揉みしだく俺。
美緒 「…んっ!はぁ…はぁ…んんんっ!…も、もうダメだよ…声が出ちゃう…」
 半分涙目で耳元で訴える美緒さん。でもやめない。やめたくない。
 手は自然と流れで遂に股間へと向かった。
 パンティーの縁からゆっくりずり下げる。腰を上げて欲しいと思ったが素直に上げてくれる美緒さん。人妻万歳!
 するとパンティを下げるときに暗闇にキラキラ光る一本の糸…?愛液だ…パンツは少し重くなってるほどぐっしょりだ。
俺  「…スゴイ…こんなに濡れてるよ…」ああなんか3流エロ小説のようだがたしかにそう言った。
美緒さんは「(こらーーーーー!!という顔をして)もう!…エッチ…」
 そっと指先をアソコに差し入れる。うわっ、もう大洪水。暗闇にクチャクチャ…と卑猥な音が響き渡る。
 美緒さんは声を出さないよう必死に布団のすそを噛んで我慢している。それでも時折「ああっ!」と声を漏らす。
 もう大興奮です奥さん!クリトリスを周りから円を書くようにして…とか書いてあったようなことを必死にやる俺。
 それでも感じてくれてるのかアソコからドンドン愛液が溢れてくる。ちょっと中に指を入れる。うわ狭っ!
 指にきゅうきゅうと自然に締め付けてくる美緒さんのアソコ。そのたびに愛液がピュッ、ピュッと溢れ出る。
美緒 「…はぁ…はぁ…も、もうダメ…ねぇ来て…ちょうだい…」
 俺はまだクンニもフェラチオもまだなので「まーだまだ」と言って顔を美緒さんのアソコに移した。暗闇でもテラテラと光っている美緒さんのアソコ。しかし体も小さければアソコも小さい。
 本当に入るんだろうかと心配する俺。しかも毛も少ない。萌え要素コンプリート!
 テラテラに光ったアソコを舌で徹底的に舐め回す。クリトリスは直接と間接的にを交互に。
 指と手は巨乳を揉みしだいている。ホント心地いい揉みごごちで離したくない触りごごち。3点攻めを繰り返す。
美緒 「(布団を噛みながら)んんーーーーっ!ああぁぁぁっぁぁぁんんんんーーー!い、いくーーーー!」
 と腰が一瞬浮いたかと思ったらビクッ、ビクッ、と震えるようにしてブリッジ状態でのけぞった。
 ちょっと攻撃をやめると肩で激しく息をしている。「ハァ…ハァ…も、もうダメ…」とぐったりした美緒さん。
 体中が汗と舐め回した唾液とで光っている。
美緒 「(激しい息をしながら)すっごい気持ちいい…なんでだろ…3年ぶりだからかな…」
俺  「かもね…」
美緒 「…でもね、私アソコ舐めてもらったの初めてなの…」
 顔を真っ赤にしながら告白する美緒さん。もう萌え全開っす!
俺  「え?そうなの?」
美緒 「うん…いつもちょこっと私が舐めてすぐ入れられてた…」
 それじゃあ男性不審にもなるわ。よし、ワタシが誠心誠意全力を込めて舐めまくってあげましょう!
 指をあまり激しく出し入れしないようにして同時にクリを舌で転がし左手は右の乳首をつまんだりする。
美緒 「(布団噛み状態で)んーーーーーーっ!んんーーーーっ!あ、ま、またいっちゃう、いっちゃうーーーー!」
 激しく腰をガクガクする美緒さん。同時に大きな胸も激しく揺れて同時にアソコから液がドロッと出てくる。
 美緒さんはぐったりしてもう力が入らないようだ。
美緒 「…も、もうワタシは十分…今度はM君のを…」
 と言ったか言わないうちにズボンをずり下げ我慢汁でダラダラになってるチ○ポに口づける。
 そして我慢汁を全て舌で舐めきった後、おもむろにカポッっと口に含んだ。
俺 「う、うわーーー、気持ちいい…」
 口の中で舌が縦横無尽に動き回る。カリ首をチロチロしたかと思えば、全体でわざと音を立ててジュルジュル吸う。
 もうこの時俺たちは寝ている二人などあんまり気にしなくなっていた。
 おタマちゃんも口に含んで転がして、さらに手が伸びてきたかと思えばなんと俺の乳首をコロコロ転がすではないか。
 最初はくすぐったいだけだったが、段々気持ちよくなってきてしまった。やっぱ男もおんなじなんだと思った。
美緒 「…ふふっ、おっきいね…それに硬い…やっぱ若いね…」
 咥えながら微笑んでこちらを見る美緒さん。もうエロビデオまんまじゃないですか!うひょー!
 なんだかそれを見ただけで気持ちよくて出そうになってしまったヘタレな俺。

人妻と温泉旅行1  2  3  4






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
部屋の臭いには驚いた。まんこクサ!【エロ体験談告白】
2017/07/27 09:09
2017/07/27 09:09
友達の彼女が草加で、選挙の度にうるさくて困ってた。で今回のが
終わったら別れようと思ってたらしくて、けど最後にめちゃくちゃ
してやろうと思ってたらしい。それで漏れに声をかけてきたんだが。

「お前さぁ、あいつ(友達の彼女)とやりてぇ?」とストレートに。

漏れは普段から集会だの会合だの困ってた友達を見てたから即答!
「どうせならもっと盛大にしよう」と言った。漏れと友達は綿密に
彼女をどうするかの計画を考えはじめた。そして選挙当日になり
予定通り友達と彼女が向かえに来た。友達の彼女の顔は結構かわいい。
しかもB90らしく結構細い体型だった。今からの計画を考えると顔が
ニヤニヤしてしまうくらいで…
元同僚のEカップ巨乳の淫乱人妻との不倫エッチ体験談
2016/12/29 12:31
2016/12/29 12:31
先月、2人の人妻と別れて暇を持て余していた。
先週の金曜日に仕事の帰りに会社の後輩と後輩の彼女と3人で近くの居酒屋に飲みに行った。
1時間くらい飲んで後輩とその彼女が帰っていった。
僕は、少し飲み足りなかったので、もう暫く飲んで帰ることにした。

少しして僕は肩をたたかれた。振り返るとそこには5年前に寿退社したMちゃんが立っていた。

「○○くん、久しぶり」
「あっ、Mちゃん、久しぶりだね。どうしたのこんな所で?」
「うん、友達と飲みに来てるの」

彼女の指差す方には3人の女の人が僕達の方を見ていた。
僕は彼女達に軽く会釈をした。
Mちゃんは「ねぇ、良かったら一緒に飲まない?」と言って来た。
初に2穴を経験したのは、1年の夏休みの初めの方。
2016/02/11 17:50
2016/02/11 17:50
私とA君、B君、C君、D君は、初めてセックスした時から、

もう何度も集まって輪姦プレイをしてた。

テスト期間中と補習の時…多分4回くらいはセックスをした。




午前中に部活が終わり、5人でB君の家に行った。

B君の家に入ると、いきなりA君が後ろから胸を激しく揉んできた。

A君は「これだよこれー」と言っていた。

C君もスカートの中に手を入れ、あそこをいじってきた。

補習終了から夏休みになるまで、2週間ほどセックスをしてなかった。

この日の部活中、私は「今日みんなとやる」と考えると、頭がボーッとしちゃってた。

私も久しぶりの感触に、敏感になっていた…
あいつには・・・future season(続き)
2017/09/04 04:31
2017/09/04 04:31
必ず帰る 「綾巴、ちょっといいか」 「なに、パパ?」 颯は綾巴を呼ぶと、ベッドの端に座った。 「綾巴、大事な話がある。聞いてくれ」 「なに?」 「パパはもしかしたら、近いうちにいなくなるかもしれない」 「・・・・・・??」 突然そんな事を言われ、驚きも何も表れる事はなかった。颯は頭がおかしくなったのか、テンパっているのか、そう考えた。 だが綾巴の考えとは異なり、颯の目はいつになく真剣な目付きだった。 「どうしてそんな事言うの・・・」 「パパはな、ここ数週間で変な男達に追われて大変なんだ。なんでこうなったのか淳に聞いたら・・・パパの結婚相手が関係してたんだ」 「結婚??待っ…
【レイプ・痴漢】小池栄子の体験談(2)
2016/06/06 07:28
2016/06/06 07:28
封筒に慎吾と武志の名前を見つけた栄子は、そのままトイレに駆け込んで 封筒を開けた。 中には「放課後、写真部の部室に来い。来ないと写真をバラ撒くからな」と 書かれた手紙と写真が2枚入っていた。 1枚は全裸で鏡の前に立っている写真、もう1枚は顔と胸を精子まみれにして 横たわっている写真だった。 栄子は写真と手紙を破いて、トイレに流した。 あの二人の言う事を聞くのは癪だったが、自分の痴態が収められた写真を 握られていては、おとなしく言う事を聞くしかなかった。 「早速だけど、これに着替えてくれる?」 そう言って、武志は手にしていたものを栄子に渡した。 「悪いけど他に部屋はないからここで着替えてね…
車内で生脱ぎの女の子が…
2017/04/27 03:04
2017/04/27 03:04
友達に薦められて入会したが。 そいつは俺を紹介することでのポイントゲットが目的だった模様。 まぁ、おれも多少の無料ポイントがもらえたけど。 しかし、割り切り・援助女・援デリ業者など、売春の巣窟で 無料ポイント分だけ遊んだら放置してやろうと思ってた。 んで昨日、仕事が終わって、今日は家でエロDVD鑑賞!と思っていたが 帰りの電車内で暇つぶしに、サイトで女を検索してみた。 だいたいが援希望で、1.5とか、若い子は2万や3万てのもあったな。 素人なのか援デリ業者なのか判別しにくい掲示板にイラつく。 そんな中、「車内で生脱ぎ」という投稿に目が止まった。 要は「車で来てもらえれば車内…
お隣の夫婦と温泉でスワッピング
2015/08/06 21:00
2015/08/06 21:00
3年前に私達夫婦は結婚し、2年前に新居を購入した。
妻との間にまだ子供も無く、それでも楽しく新婚生活を送っていた。
新居完成が近づき、家を見に行くと直ぐ近くにも家が建てられていて、同じ時期に完成する予定らしい。
どんな人たちなのか?いい人だったらいいね!と妻と話していたのだ。
新しい家に引っ越して数日後、隣の新居にも住人が引っ越してきた。
”ピ〜ンポ〜ン”呼び出しに私が顔を出すと、30歳位の夫婦が笑顔で、玄関に立っていた。
 
「今度隣に引っ越してきた野辺と言います。今後よろしくおねがいします」
「あ〜お隣さん!こちらこそよろしくお願いしますね」
凄く感じのい…
答えはNO・・でも・・・
2016/01/10 00:01
2016/01/10 00:01
この前あった事を書き込みます。学校でとても可愛い娘に告りました。返事はNOでした。でも学校一可愛い娘に告白するのはめっちゃ勇気がいるからせめて何かご褒美をくれー!っと頼みこんだら「じゃあフェラしてあげる」と言ってきました。俺はすぐに自分の逆立ったものを出しました。彼女はその大きさにビクッとしました。当たり前だ。なぜなら俺のは中2でありながら巨根だったからだ。彼女は口を大きく開け俺のをくわえた。エロい音をたてながら吸っているのですぐに俺はいった。彼女は美味しそうに俺のザーメンを吸った。彼女は「祐介君のザーメン美味しいからつき合ってあげる」と言った。俺は歓喜のあまりまた起たせてしまった。彼女は「し…
★外来待室で行きかう看護師
2017/11/29 22:53
2017/11/29 22:53
 あまりエロくないですが先日病院で萌え体験をしてきました。大きな病院には滅多にお世話になることがなく、精々が近所の町医者にいく程度。足を引きずりながら手続きを済ませ、痛みを堪えながら自分の番をひたすら待っていました。

 外来患者の多さにうんざりしながら時折看護師らしき女性が頻繁に通り過ぎていることに気づきました。と言うのもこの病院、10年位前の看護師達はナ-スキャップにワンピースというナ-ス服だったような…。

 それが今は半袖・パンツルック。まるでドラマ「救命病棟」の新藤先生みたい。ヘェ~と目で追うでもなく見ていて気づいてしまいました。アレっ……白いパンツからショーツが透けてまる分かり…
【人妻体験談】友人が子作りの協力を求めてきて、一緒に温泉旅行に行った
2017/03/20 22:02
2017/03/20 22:02
友人のT君に夫婦で呼び出され居酒屋で飲んでいた。 T君と俺たち夫婦は、高校の同級生で32歳。 T君は太っていてモテない為、2年前に結婚した相手が初めての女だった。 T「俺君たち二人は、今でもエッチしてるの?」 俺「してるよ、子供が一人で寝るようになってから、むしろ回数も増えたかもなぁ?」 嫁「そうだね!週2位かな?最近、俺君元気だもんね」 俺「お前だって最近、自分から・・・」 T「わかった!わかった!うちなんか、最近、M樹が嫌がるから全然だよ!あまりエッチが好きではないみたいなんだよ!僕は毎日でも・・・」 M樹ちゃんというのは、T君がずっと彼女が出来ない為、3年前に俺の会社の後輩を紹介し結婚…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・香奈(5)?友人(H)に香奈を預けて

・髪を乱した母が、驚いた表情でこちらを見つめている・・・

・女房の秘密【体験談】

・【Hな体験】心を病んだ姉に襲われかけた

・民宿のような小さな宿

・バツイチの姉ちゃんと過激にやってしまった!!(夏休みの沖縄旅行 4日目)

・ツレの家で遊んでたら、目の前で可愛い憧れのあの子が金髪にやられた

・【Hな体験】口だけという約束だったのに・・・。

・姉の友達とヤリまくり、彼女の結婚式の後もやりました

・クリーニング屋の33歳の人妻とのエッチな体験談

・【熟女体験談】関西弁のショタコンオバサンに逆レイプされ、異常なる肉欲おまんこ生活が始まった

・ゲーセンでナンパした女を酔わせてラブホへ

・【SM・調教】Sな旦那に舐め犬プレイをお願いしたら・・・

・上司2人がウチに来る目的は、僕の女房です

・覗き常習者の私が見た沢山のマンコの中で最高だったのは女優のマンコだった

・彼女が目の前で友達と種付けセックス。。。

・嫁の姉に欲情して夜這いをかけたらウェルカムだった

・【人妻体験談】旅行中にラグビー部の鬼畜にキメセクレイプで輪姦されてしまった

・韓国人通訳の人妻は、激しく淫らだった

・11年間に渡る不倫の末に気づいた連れ合いへの愛情【体験談】

・香奈(4)?生実況・・・すっかりエスカレートしてしまった香奈

・愛妻を他人に犯させて悦びを感じている者のひとりです。

・❤主婦の一人旅でナンパされ

・美佐子2

・子供会の慰労旅行は大乱交スワップパーティー

・美佐子1

・心では抵抗していたつもりでしたが・・・

・H体験告白。。友達の旦那、サッカーコーチと不倫セックス

・【人妻体験談】高校受験合格祝いに母のオッパイを吸って赤ちゃんプレイ

・Å子から・・・・・・