寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

続・26歳新妻美佳の絶頂

2018/01/13 18:14


電話が鳴ったのは、一週間分溜った洗濯物を干し終わった時だった。
 よく晴れた土曜日である。美佳の銀行も健介の会社も週休二日だったが、健介は仕事が残っているからと言って午前中に出かけてしまっていた。今日はどうしても家にいて欲しかったのだけれど、そういえば婚約したばかりだった去年の夏も、健介は土日返上で働いていた。年に一ヶ月のことだから、仕事だけなら我慢しなくてはいけないのだろう。




しかし今日はその上、学生時代の先輩の結婚式の二次会があるとかで、帰りが遅くなるという。美佳はそれだけでも欠席して早く帰ってきて欲しいと頼んだのだが、健介は例によって柔和な口調で拒んだ。
 「そうもいかないよ、なるべく早く帰って来るようにはするけど。ごめんな。」
「でも毎日遅くて疲れてるんだし…。」
「ああ、大丈夫だよ。ずいぶん実家にも帰らせてもらってるし。」
「そんなにここに帰るのが疲れるの?」
「そういうんじゃないよ。仕事は遅いけど、寝る時間はきちんと取ってるから大丈夫、ってこ と。」
「そう…じゃあ、できるだけ早く帰ってね。」
そう言って一応納得した美佳だったが、かなり不満の残る表情をしていたはずだ。健介も少し気になったようだったが、そのまま出かけていった。
電話はその健介からだと思って、美佳は明るく受話器を取った。
「はい、武田でございます。」
無意識に時計を見ると、午後の二時を過ぎていた。
「ふふふ…美佳か。」
健介の声ではない。
「…え…あの…」
一瞬、背筋がぞくっとした。
「どちら様ですか?」
「俺だよ、『ブルージュ』のマスター。」
「あ…」
どうしてここの電話番号がわかったのだろう。
(住所も、名字も知らないはずなのに…。)
電話の向こうにマスターの不敵な笑みがあるのを美佳は思った。
悪夢の中でのことのような喫茶店での出来事から、三日が経っていた。
あの夜、二度の絶頂に達した美佳は動くことができなかった。ソファーに全裸のままぐったりと横たわっていた美佳に、マスターは、「また今度な。」とまるでもう自分の恋人に対してのように言った。美佳は気だるそうに頭を少しだけ持ち上げ、小さく首を振った。
「もう、来ません…。」
怒るかもしれないと思ったけれど、マスターはただ笑っていた。

翌朝、目が醒めたとき、美佳はそれが本当に悪夢の中のことであったような錯覚に囚われた。
あまりにも現実から遠すぎる出来事だったために、事実として認識することができなかった。美佳は普段通りに勤め先である銀行に出勤した。
その夜に、健介は帰って来た。
彼は前日の電話でのことを詫び、美佳も素直に謝った。健介はいつものように美佳に優しくキスをして、抱きしめてくれた。その日こそすぐに二人は眠りについたが、翌日の夜には健介も比較的早い時間に帰って来てくれ、二人は抱き合い、愛し合った。そして美佳はあの悪夢のことなど忘れてしまうことができるように思っていた。
がその悪夢の世界へ美佳を引き戻す電話が突然にかかってきた。美佳の心臓は高鳴った。
「今から店に来ないか。」
マスターはあの時に美佳が言ったことなどまるで忘れてしまっているようだ。
「もう行かないって言ったと思いますけど。」
美佳はできる限り感情を抑えて言ったが、うまく呼吸ができず息苦しい。
「まあ、そんなに冷たくしなさんな。旦那さん、留守なんだろう?」
「ど、どうしてそんなこと…だいたい電話番号だって…。」
一つだけ、思い当たった。
「尾けたんですか?」
声に思いきりの非難を込めた。
「ははは、そんなことはしないさ。狭い町だからね。」
「と、ともかく、行きません。行くわけがないじゃないですか。」
「へえ…。旦那さんにこの前のこと、話してもいいのかい?」
「そんなこと、あの人が信じるわけありません。」
美佳は毅然として答えた。私達は愛し合い、信頼し合っている、という自信がある。美佳が必死に否定すれば、健介が町の喫茶店のマスターが言うことなど、信じるわけがない。そもそも、美佳に媚薬を飲ませて犯したマスターの行為は立派な犯罪である。マスターだって、健介に知られては困る筈だ。
「ははは、試してみるか?…」
だがマスターはどこまでも余裕がある。美佳は気押されて黙った。
そして次の瞬間、美佳は衝撃のあまり受話器を取り落としそうになった。マスターの短い沈黙の後、受話器の向こうから信じられない音が聞こえたのである。
『マスター…お…犯してっ…!』
『…気持ちいい…どうかなっちゃいそう…!』
『私…こんなの初めてっ…!』
それは媚薬を飲まされ、マスターに凌辱された美佳が思わず発した、あられもない喘ぎ声だった。
「最初から最後まで、全部きれいに撮れてたよ、ビデオにね。」
「ビデオ…?」
「あの部屋にはね、カメラが仕掛けてあるんだよ。ちょうどあのソファーが映るようにね。クックックッ…思い出すだろう…ぐしょぐしょに濡らして…」
「やめてっ!やめて下さい…。」
「じゃあ、待ってるから。ちゃんとお粧しして来るんだぞ。」
電話は一方的に切れた。
(…そんな…)
美佳はその場にしばらく呆然と立ちつくしていた。定かでない記憶を懸命にたどっていく。あの夜、あのソファーの上でマスターに命じられるままにしたこと…。服を剥ぎ取られ、後ろ手に縛られ、大きく脚を開かされて…。
(あそこを舐められて…それから…マスターの…)
唇にマスターのグロテスクな性器の感触がよみがえる。
背筋に冷たい悪寒が走り、同時に今、電話で聞いたマスターの言葉の意味がわかった。わあん、という耳鳴りが襲ってくる。
(…ビデオ?…あんな姿をビデオに撮られてた…ってこと…?)
脚を開いた全裸の姿。震えていた腰。マスターの男根をしゃぶった唇。その男根を迎えるためにきっと光るほどに濡れていたであろう蜜の泉。そしてマスターを求めて口走った言葉…。今まで夫にも見せたことのない恥態であった。というよりも美佳自身が、感じたことのない大きな快感の渦の中で自分を失い、乱れてしまった。
それだけではない。痴漢に触られて感じてしまったことや、家に帰ってから自慰に眈ったことまで、告白させられてしまった。
(た、大変だわ…!)
そんなビデオを健介が観たら…。息が止まりそうだった。
「返してもらわなきゃ…。」
美佳は決心して服を着替え始めた。だがTシャツを脱ぐとじっとりと汗ばんだ肌が気になって、美佳はバスルームに入った。シャワーを浴び、髪を洗った。
(落ち着かなきゃ…。)
まだ心臓の鼓動が速く、どきどきする。
美佳は犯されたのだ。それも媚薬を飲まされ、縛られて辱しめられた。そして今それをネタに脅迫されている。
店で美佳が来るのを待っているマスターはきっと、あの逞しい体でまた美佳を犯そうと思っているのに違いない。
それが美佳にとって何よりも恐怖だった。マスターの愛撫は、若い健介の仕方とは、まるで違っていた。初めて体験した『愛のないセックス』は、美佳にとってあまりにも衝撃的な出来事だった。
健介の前に一人だけ、学生時代につき合っていた恋人と美佳は結ばれている。だがその恋人もまた学生で、自分が達すればそれでいいというやり方だったし、まだ充分に快感というものがわからなかった美佳には、多少苦痛を伴うものでさえあった。その後、美佳はデートのたびに求めてくる恋人が疎ましくなって別れている。
そんな美佳が、初めて知った大人の男、そして生まれて初めて本当の女の悦びを教えてくれた男。それがあのマスターだったのだ。
(もう一度マスターに抱かれたら…)
自分はどうかなってしまうかもしれない。
(なんとか、それだけは…)
でもどうすればいいかわからなかった。シャワーを浴び、88-58-90の見事なプロポーションを鏡に映しながら美佳は思いを巡らせた。
ビデオを渡して欲しいと必死に頼めばそれで渡してくれるだろうか。
そんな相手ではないと思った。こんな郊外で喫茶店をしている人が何を考えているかなど、美佳にわかるはずがない。
たとえ返してくれるにしても、マスターはビデオとの交換条件として、きっと美佳の体を要求するのだろう。
美佳はマスターの愛撫を思い出した。マスターに貫かれた瞬間の悦びを思った。薬のせいとはいえ、美佳は失神しそうになるくらい感じたのだ。
(やだ…)
美佳の中に、もう一つの思いが広がった。今、心地良いシャワーに包まれているこの白い裸身に、夫以外の男の手や舌が這い回ったのだ。あんなことをされるなんてもう二度といやなのに、心のどこかでそれを望んでいる気もする。
淫らな記憶に体の芯がポッ、と熱くなった。体を洗っていると、まるで身を清めているような気分にもなってくる。
(私…どうしちゃったんだろう…)
バスルームを出て、火照った体をバスタオルに包む。頬が紅潮し、妖しい胸の高鳴りが抑えられない。現実の世界から淫夢の中に、美佳は引きずり込まれようとしている。
「ちゃんとお粧しして来るんだぞ。」
電話の最後にマスターが言った言葉が、耳の奥に残っている。
下着を替えようとして、何気なく新しいものを出していた。ショーツもブラも純白のものを選んだ。
細かい刺繍の入った上下セットのブランド物で、ブラはフロントホック。ビキニのショーツは極端に布地が薄く、腰の部分は紐のように細い。
ストッキングも新しいものにし、クローゼットの中からは何故か一番セクシーで膝上は20センチ以上もある白いワンピースを出し…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
真性童貞の僕が、結婚間近の会社の先輩を寝取りました
2016/12/29 16:38
2016/12/29 16:38
10年くらい前の話で恐縮ですが、初体験の思い出です。
当時、就職したばかりの時で、女性経験もない童貞でした。

23歳の誕生日の数日前に、7歳くらい年上の先輩女性(あかりさん)から「誕生日のプレゼント何がいい?」と聞かれたので、ふざけて「彼女が欲しい」」と答えると、肩を叩いて大笑いしました。



いつもは優しい先輩でしたが、それから数日の間、ずっと僕を無視するような感じでした。

それで当日になって、「お昼休みに屋上で」というメモを渡されました。
食事を早々に切り上げて大急ぎで屋上に行くと、ドアの前の踊り場のところにあかりさんがいました。

あかりさんは、「はい」と言ってリボンの…
恋多き女を自慢の巨根で独り占め
2016/01/10 18:45
2016/01/10 18:45
「俺の部屋に来る?」

俺が訊くと「うん」と真里がコクンと頷いた。
身長が144cmしかない真里がそういう仕草をすると本当に可愛い。

やった!と心の中でガッツポーズをする俺。
そんな可愛い真里をもうすぐ俺は抱ける。
そう考えただけで俺の股間はムクムクと猛り始めている。
真里は俺の彼女。
というかこれから彼女になる予定という感じかな。
今はまだたくさんのボーイフレンドのうちの一人というところかもしれない。
とっても可愛い真里だけど、これで結構、男好きなのは知ってる。

本人も隠すつもりがないのか、好きなタイプの男の話をしているときに「今までにもそういうタイプいたの?」と訊…
はぁ~…(´ヘ`;)
2017/08/26 22:49
2017/08/26 22:49
犯されたのは私ではありません。 娘です…。 出会い系で知り合った男性に娘を預けてしまった私がいけないんですが…。 絶倫で変態な男性だったので、悪戯するかもしれない、と。 考えていましたけど、娘はまだ小学校年だから、女として性の対象にしていないだろうと思っていました。 驚きのメールが来ました。 添付されていた写真は、目隠しをした娘が男性のビキニパンツの膨らみに舌出していました。 私が男性とセックスする時にする行為です… 小さなビキニがモッコリしてる膨らみに舌を這わせながら、パンツの横から指を入れて男性の勃起したモノを皮を剥きます。 次の写真では目隠しした娘が亀頭を舐めている姿でした…。 そして……
大学のゼミの同窓会で再会した同期の独身男性と浮気しました
2018/06/15 14:02
2018/06/15 14:02
私は結婚8年になる36歳の主婦です。

夫と子供1人の平凡と言えば平凡な家庭の主婦です。

子供は今度、小●校2年生になる7歳の女の子です。

夫とは、これまた平凡ですが、

同じ職場の社内結婚でした。

私も結婚当初は安心感はありましたが、

ここ最近、これでいいんだろうかと思ってしまうこともあります。

結婚して子供を作り、子供が増え、

成長してくるとどうしても、

ローンを組み家やマンションを購入し、

そのローンと、教育費に追われる人生。

半年前に大学時代のゼミの同期会が開催され、

出席したのですが、

まだ独身を謳歌している男性が何人かいました。

電気メーターの検針のお兄ちゃん
2015/11/01 22:01
2015/11/01 22:01
うちの家の話なんだけど・・・ある時、電気料金の検針の紙がポストに入っていて、それにメモ書きが添えられていました。「いつも電気メーターの検針に来ている○○と申します。  突然で申し訳ないのですが、電気メーターの場所に  伸びた植木の枝がはびこっていて少々見づらいです。  お手数かとは存じますが、少し切ってはいただけないでしょうか?  それと玄関の紫陽花キレイですね!いつも楽しみにしております」うちの父が忙しくて庭木の手入れをできなかったので、見たら確かに人の入れる隙間がありませんでした。 父が枝を切り、検針のおばさんは家族のいない日中のうちに来るので メーターの所に新聞広告で包んだ紫陽花と、 庭…
息子の同級生と(4)
2018/01/09 13:52
2018/01/09 13:52
「マジでおばさん上手いよ。・・・すっげー気持ちいい。・・・」  鹿島君を見ると気持ちよさそうに顔を歪ませながら、時々、天井に顔を向けていました。 そんな鹿島君の気持ちよさそうな様子に私はますます興奮して、肉棒に与える愛撫を強くしていってしまいました。 亀頭に舌を這わせ嘗め回し、肉棒の裏筋を唇で強く吸引しながらしごきました。 ○学校の制服を着た息子の同級生に跪いて、夫よりも大きなおちんちんを咥えて首を振っている。 そんな自分に興奮して酔っていました。鹿島君の肉棒をフェラチオする音が私の耳に響いて、その淫猥な音に激しく興奮しました。 きっと部屋中に鹿島君のおちんちんを嘗め回す音が響いているでし…
★女性主体のエッチは極楽
2017/11/05 18:13
2017/11/05 18:13
 今日淫乱な人妻とエッチした。くるまの中から、股関を触ってきて部屋の中にはいるなりちんぽとりだし、しゃぶりだした。しゃぶりながら、服を脱がされ自分も脱いできてベットへ連れていかれた。全てが彼女のペース。

 しゃぶりながら玉、蟻のとわたり、アナルを絶妙な指触りで尿道口やカリ、裏筋を吸ったりあまがみしたり勝手に腰が動いちゃう。いきそう…というとまだダメだからね と言われ顔に胸を持ってきて巨大なおっぱい、乳首を吸ってと両方の乳首を寄せて吸った。

 柔らかいもみごたえのあるおっぱい。Gあるらしい。乳首吸わせながら、くりに乳首擦り付けスマタの要領、程なく腰をゆっくり降ろしながら、入り口にしか入れ…
【学校】女子に電気あんまを喰らわすエロガキな友人
2016/08/02 19:28
2016/08/02 19:28
学生時代のエロ話



学校に盗撮など悪戯好きの
エロガキ龍太と最近楽しいことねぇなと話してたら、ニヤニヤしながら



「よし!掃除の時間楽しみにしとけ」



と言ってきました。



何があるのか楽しみにしながら掃除の時間まで待ち、いよいよ掃除の時間が来ました!



掃除をしながら龍太を見てみると、普通にホウキでゴミを集めてて、何もねぇじゃん!って思ってたら、龍太が学校で1~2番を争うぐらいの可愛い真央に



「ゴミ集まったからチリトリ持ってきて」



と言い、真央がチリトリを用意し、座ってゴミを待っていました!



そしたら、龍太はニヤッとして真央の事…
【人妻体験談】隣の若妻②
2015/10/25 23:42
2015/10/25 23:42
2005/11/03 20:34┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者前編:隣の若妻http://moemoe.homeip.net/view.php/3379「俺の言った通り出来ないのならもういい!・・出て行け!」 「うぅぅぅぅぅ・・・」 山本真帆はいつもの時間より30分ほど早く、隣の家に住む渡邊桂一のアトリエに来ていた。  真帆が桂一のアトリエのドアを開けようした時、中から桂一の吐き捨てるような怒声が響き、裸の若い女性が飛び出してきた。  57 :えっちな21禁さん :2005/10/22(土) 11:…
隣りの人妻がオナニーしている所を見ていたら・・・
2018/08/25 13:09
2018/08/25 13:09
夏休み、家には自分ひとり。

暇つぶしにお隣さんを除いてみたら亜樹さんがパンツだけ脱いでバイブでオナってました。


亜樹さんは30歳で綺麗な奥さんでした。


普段は大人しく内気な人だなと思っていたらこんな一面があったとは。


しばらく見ていたらピクッとなって動かなくなった。


どうやらイッタみたいだ。


こっちに気が付いたみたいで窓を開けて話しかけてきた。


何を言われるのかと思ったらセックスへのお誘いだった。


お隣さんの玄関に入るなりいきなりディープキス、鍵をかけて亜樹さんの寝室へ。


ベッドに座らされズボンを下ろされてフェラをし始めた。


待ちきれなかったらし…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・【熟女体験談】離婚したバツ一パートおばさんにアダルトビデオを見せられ、筆下ろしをしてもらった

・やっぱり違う私を女にしてくれた人

・【人妻体験談】夫婦ゲンカをして飛び出してきた同じマンションに住む奥さんとハメまくってヤリまくり、この不倫を止められそうにない

・【レイプ】荒れた中学で起きた性的いじめの実態

・可憐の女店主が全裸で土下座した

・ウブな人妻は旦那しか知らない豊満な女体

・40代兄妹の性交

・【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

・【人妻体験談】上司が妻に会いたいと言ったので上がってもらうことにしたら、妻を寝取られ、妻は知らないうちに上司の恋人になっていた

・45才の人妻のとても心に残る私の秘密の旅行でした

・凌辱された小学生

・ママ友ともナンパされホテルに行っちゃいました

・【寝取られ】Aカップの童顔妻を貧乳好きの変態男に抱かせた

・【人妻体験談】専業主婦を調教してリビングでSEXしたが、癖になりそう

・【熟女体験談】施設で知り合った熟女ヘルパーを口説いて、ホテルで中出しSEXををし、付き合うことになった

・憧れの女性

・弓道部のJKに生挿入したら、ギューッと締めつけてくれた

・情事をDVDに撮るのは考え物です

・私の計画実行(妻を部下に・・・)2

・【オナニー】女子刑務所内のオナニー事情

・【レイプ】バッグの中身を漁られる横で、すでに私は犯されていた

・大嫌いな妹を犯した話

・僕と従弟のユウくん

・【不倫】太ももを割って入った主任さんの膝でアソコを擦られて

・「初めてのエッチ」講座

・某地域掲示板の熟女

・先輩に渡された本で彼女いない歴=年齢がスローセックス覚えた結果

・グリーン車

・【人妻体験談】嫁さんとヤリたいと言ったら、大親友公認で大親友の妻のセフレと鳴った