寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

クラス会

2018/01/13 16:28


私は、20代前半で結婚して5年目になりますが、まだ子供は居ません。そんな私が初めての不倫を経験することになったのは、
よくあるパターンかもしれませんが、中学のクラス会がきっかけでした(ちぇみーさんも経験あるみたいですね)。
高校のクラス会は何度かあったのですが、中学のクラス会は短大に入りたての頃に一度あっただけで、久しぶりでしたのでした。
前回は、その頃好きだったH君が来れなかったので、少し残念に思っていたのですが、今回は来ると聞いていたので楽しみでした。
クラス会当日、懐かしい顔の中にH君の顔もありました。
好みというのは変わらないものなのか、相変わらず…というより、社会人になった彼はさらに素敵に見えました。
中学校の頃は、なんとなく照れくさくて、あまり話もできませんでしたが、あれから何年も過ぎた今は、そんなに意識もせずに話すことができました。
H君は「まだ独身」とのことなので、「でもいい人いるんでしょう?」と言うと、「いやぁ、彼女もいなくてさぁ。誰か紹介してよ」と言われました。
私は「え?!H君素敵なのに、本当?私、中学の時、H君のファンだったんだよぉ」と言うと、H君が「本当かよ?俺もケイっていいなって思ってたのに、失敗した?!」なんて言っていました。
「それ本当?わぁ、20代前半で結婚なんてしなきゃ良かったかなぁ…」と半ば本気で言いました。
少し酔っていたのかもしれません。
「機会があったら、食事でも…」ということで、私たちはお互いの携帯の番号を教え合いました。
でも、実際にはその電話番号に電話する勇気はなく、数日が過ぎていきました。
ある日、買い物に出かけている時、携帯の着信メロディが鳴ったのに私は驚きました。
心のどこかでH君と会うことを期待していた私は、H君からの電話の時だけの着信メロディを設定していたからです。
心の準備ができないまま電話に出ると、H君が「今、暇?実は仕事で客先に来たんだけど、先方が約束忘れていて出かけちゃってて、
帰りが5時過ぎになるって言うんで、時間が空いちゃったんだ」と言いました。
5時なら、まだ4時間近くあります。
私は、「あ、調度、暇で駅の近くに来ているから」と言って、買い物を中止して、(家の近所だと気になるので)H君の居る駅まで電車で行きました。
改札を出ると、H君が待っていました。
「喫茶店でも入る?」と言うので、「駅裏に公園があるから、公園のベンチにでも座って話す方が落ち着いて話せるかも」と言うと、H君も「そうだね。その方が中学生のデートらしいや」と笑って言いました。
公園でH君と話していると、なんとなく時間が後戻りして、中学生に戻ってデートしているような不思議な気分でした。
私が「H君は中学校の時、私のことどう思ってたの?」と聞くと、「冗談でもお世辞でも無く、好きだったよ」と急に真面目な顔で言うので、私はなんかドギマギしてしまいました。
「私もH君のこと好きだったのに、その頃、言って欲しかったな…」ちょっと拗ねたように言うと、「そうだね、もう他人の奥さんだもんなぁ…」そう言うと、しばらくの間、自分の足元を見ていました。
「他人の妻になった女なんて興味ないわよね」私が言うと、「そんなことないよ、許されるならケイのことを抱きたい!」いきなりそんなことを言い出しました。
私は、何か答えようとしましたが、喉がカラカラになってしまったようで、うまく声が出ませんでした。
すると、いきなり彼が私の唇に唇を重ねて来たのです。たまたま誰も人はいませんでしたが、真昼間の公園で…。
「ダメよこんなところで…」私は彼の胸を両手で押して離しました。
「じゃぁ、二人きりになれるところへ行こう…」彼が言いました。
少しして、私たちは公園のすぐ裏にあるラブホテルの中に居ました。
私は先にシャワーを浴びてベッドの中に横になりながら、「なんですんなりこんな所に入っちゃったんだろう?」と思いましたが、自問自答の結果の回答は簡単でした。
私自身の中に彼とこうしたいという気持ちがあっただけなのです。
シャワーを浴びた彼が、腰にタオルを巻いたままの姿で出てきて、私の横に来ました。
H君との初めてのキス…中学の時にそれを想像しているうちに、アソコが濡れて来てしまって、何度かオナニーしたことがありました。
今、それが現実となっているのです。
彼が私の胸を揉みながら、首筋や肩に唇を這わせると、私は早くも息を荒くさせてしまっていたのです。
彼の手が下の方に降りて来た時、私は思わず足を閉じようとしましたが、彼はかまわず足の間に手を入れてきました。
彼が亀裂に沿って指を撫で上げると私は、思わず「あぁ…」と声を上げてしまいました。私のその部分はすでに濡れそぼっていました。
「凄く濡れてるね」彼は、上ずった声で言いました。
「恥ずかしい…」私が股を閉じようとした時、彼の指が私の一番敏感な芽の部分に触れました。
「ひっ!」私はひっくり返ったような声を出して、大きく背中をのけぞらせました。
彼が芽の部分を執拗に指で擦るので、私は体を波打たせながら悶えていました。
すると、彼が「俺のも握って」と言って、私の手を彼の下半身の方に導きました。
私は恐る恐る手を伸ばして、彼のものを握りました。
「手を動かして」彼に言われて、私は彼の分身を握って上下に動かしました。
彼も私の敏感な部分を指で刺激しているので、時折、私の手の上下運動は止まってしまい、ただ強く彼の分身を握るだけの時の方が多かったかもしれません。
でも、彼も相当興奮しているのか、私の指は彼の出す粘液のようなもので、ヌルヌルになっていました。
そうしているうちに、彼の頭が下の方に降りていき、私の足を大きく広げようとしました。
「あ、ダメ。そんな…」私は抵抗しましたが、彼はそれを許さず、私の足を大きく広げると、私のアソコに口を付けてきました。
「あっ、イヤ…」私が発した言葉はそれだけでした。
その後は、私は彼のクリニングスで、我を忘れて、はしたない声をあげていました。途中で何度かエクスタシーに達していたかもしれません。
彼が、シックスナインの態勢をしてきた時には、私はためらいもなく、彼のものを口に含みました。
彼のものはすでに粘液でヌルヌルで、しょっぱいような味がしましたが、私は何故かその味のせいで、口の中に性感帯があるような錯覚を起こし、できるだけ彼のものを口の奥まで咥え込むようにしました。
夫に教えられたように、尿道のあたりや裏側を舌で舐めまわしながら、ペニスを吸い込むようにしていると、突然、口の中に熱い液体が噴射されました。
熱い液体は、二度、三度と口の中に噴射してきました。
驚いたことに、私は何の抵抗感もなく、それを飲み込みました。夫の出したものは飲んだことなんかなかったのに…。
彼は、照れたように、「ケイって、フェラチオ巧すぎるよ?。口の中で出ちゃったじゃないかぁ」と言いました。
「ご主人のも飲んであげるの?」と聞くので、「ううん、生まれて初めて飲んじゃった…でも、
主人の話は止めて…」と言うと、「そうだったね、ゴメン…」と言って、唇を重ねてきました。
私たちは、抱き合いながら、長いキスを続けました。
「もうこんなになって来ちゃったよ」そう言って彼は、私の手を彼のものに導きました。
彼のものは、さっきと同じように大きく硬くなっていました。
「ケイのも濡れてるね」そう言って彼は、指を私の膣の中に入れてきました。
中で指を動かされると、私の腰はそれに合わせて自然に動いてしまいました。
しばらくすると、彼が私の体を割って入ってきました。
彼は、自分のものを私の入り口にあてがうと、わざわざ「入れるよ」とことわり、一気に挿入してきました。
「あっ…」私は短く声をあげてのけぞりました。
「ケイ…好きだよ」耳元で彼がささやくと、その部分から快感が全身に広がっていくようでした。
「私…も、す…き…あっ、あっ、あっ…」私は断続的な声をあげるだけで、うまく喋れませんでした。
彼が私の片足を抱えて、激しく腰を動かすと、私はたまらずエクスタシーに達してしまいました。
彼は一度射精しているせいか、そのまま私の痙攣が収まるまでまってから、今度は私を後ろ向きにして挿入してきました。
私は、快感が再び昂まってくるのを感じました。
私は、シーツを握りしめながら、快感に耐えていましたが、まもなく快感の波に耐えられなくなり、
「イ…キそう…あっ、あっ、イクっ!イクぅ?!」と言って突っ伏してしまいました。
まだ、ピクピク痙攣している私の背中が突然、彼の噴射した液体で生暖かくなりました。
「ケイ…すごく良かったよ」彼が言うので、「私もすごく良かった」と言うと、「また会えるかな?」と言うので、
「う?ん、その時になってみないとわかんない…」と答えましたが、結局、H君とは月に1?2回会ってセックスしています。
夫にすまないという気持ちはあるのですが、私の中の別のもう一人がH君を求めているのかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
再会 4
2017/07/25 00:28
2017/07/25 00:28
部屋に戻る時も一度入ったのに “入っていい?”とまた聞く彼女。 入っちゃ駄目とこの期に及んで言う男がいるか! 当然“あぁいいよ”と答える俺。 そして“自分の部屋だと思っていいよ 遠慮は本当に無用”と言うと この日何度目の微笑だろうか、素敵な表情を見せてくれた。 部屋に入って早速キッチンに向かう彼女。 買ってきた食器を置くべき場所に起き、 着替える為にバスルームに入って行った。 部屋で着る服はスウェットだったが、 俺は普通の服からスウェットになった瞬間恥ずかしくなった。 夫婦っぽい雰囲気を感じてしまったのだ。 俺も部屋でいるも着ている服に着替えると 更に解れた雰囲気が漂いそう強く感じた。 …
なぜか気持よくなって人生が変わってしまいました
2016/05/10 18:00
2016/05/10 18:00
初めて投稿します。27歳のOL美穂です。
もうだいぶ前(去年の初夏)のことですが、あの日以来私のセックスに対する考え方がすっかり変わってしまった出来事があったので、告白してみたくなり投稿しました。
まず、その日の朝の通勤のときから始まります。
その日は少し汗ばむ位の陽気でとても気持ち良かったので、ミニスカートに紺のハイソックスという少し若すぎるような格好で出かけました。


パンストははかずに生足です。

満員電車なので、それまでも何回かは置換に会ったことはありましたが、

スカートの上かせいぜいパンスト越しに触られる程度でした。

その日もしばらくすると男の手がお…
【寝取られ体験談】昔妻がリゾートで経験したエッチな体験を聞いた・・
2017/06/01 17:18
2017/06/01 17:18
昔妻がリゾートで経験したエッチな体験を聞いた話。 妻31歳 妻の容姿は世間一般から見てもまぁまぁカワイイ方らしい。 見た目はもっと若く年齢言っても違和感無いと思う。 体型に関しては、くびれもはっきりしており某掲示板でヌード写真うpすると、すこぶる評判が良いのです。 (妻には内緒ですが汗)妻は独身時代にナンパされた経験は多々あるそうです。 シラフでは語ろうとはしないのですが、珍しく泥酔したときはSEX中だと少しずつ教えてくれます。 ホントニ少しづつです(;>_ジェット乗せてあげるよ」と言われ、妻は余り乗り気では無かったらしいですが女友達が超ノリノリなので空気読んで行く事にしたらしい…
パンツを盗んだのがばれないよう強引なお願いをしてやらせてもらったエロ話
2015/09/19 10:00
2015/09/19 10:00


会社で気になっている女性がいます。




彼女はそこまで世間的に可愛い方ではないですが、どこか大人なのに顔が幼くて可愛い感じです。




二人とも工場で働いているのですが最近その子と同じところで働くことになりつい目をやってしまいます。




束ねた髪やつぶらな瞳、そして作業服でも時々下の物を取るときにお尻を突っ張ったりすると少し大きめのお尻が妙にエロかったりします。




その日は在庫が置いてある倉庫での仕事でした。




偶然にも俺とその子の二人でその倉庫で仕事をすることになりました。




する…
大学のサークルの同期の子をお持ち帰りして「飲み会セックス」
2015/11/15 01:00
2015/11/15 01:00
大学のサークルの同期の子をお持ち帰りして「飲み会セックス」 大学のサークル飲み会の2後に同期のコと喫茶店で酔さまし 1時間ぐらいおしゃべりして店出た後に遅いからおれのアパートに泊まっていくか?と聞いたら 寒いし早く眠りたいから行くと言う それで連れてっておれの寝間着に着替えさせて布団一つしかないからそのまま一緒に寝た すぐに向かい合って抱き合った でも酔いと眠気に勝てず朝まで二人して熟睡 目が覚めたらまた抱き合っておしゃべりしてやっと合体 二人とも久々だったのでシャワー浴びた後さらに2回 1 その後なんもなかったが飲み会があってまたアパートにお泊まり そん…
ナースの私がいつも偉そうな外科部長に抱かれた結果⇒めっちゃ早漏www
2015/09/23 14:02
2015/09/23 14:02
看護婦やってます。

王様の耳はロバの耳って感じで書き込んでもいいかな?

病棟の先生にはそれぞれファンみたいなナースがいて

私と同期の友人は○○先生ギャルwって感じでした。

で、その外科部長の先生(40代後半×)に

飲みに連れて行ってもらった時のはなしです。

よく二人で飲みに連れて行ってもらっていたのですが

その時は友達が急用が出来てしまって

先生にいうと

「なじみにしてるお店予約しちゃって、食材も取り寄せてもらってるから一人でもいくけど?」

とのことでした。

年齢も20くらい離れてて下ネタで盛り上がっても子供扱いされているので、

別に気にせず二人で行くことにしました。…
【レイプ・痴漢】元クラスメート(2) 【エッチな体験談・レイプ、強姦】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/12/27 11:45
2016/12/27 11:45
「少し静かにして」俺は麻衣の耳元で囁いた。「いや!離して!もう嫌だ!」麻衣は聞く耳を持たなかった。しょうがない。それでも麻衣の右の乳房を攻め続けた。「お願い!もうやめて!」麻衣の叫び声を聞きながら罪悪感がなかったと言えば嘘になる。しかし、それ以上に麻衣は可愛いかった。麻衣の身体は魅力的だった。麻衣に高校時代彼氏がいなければ、好きになっていたかもしれない。もうすぐ麻衣の全てが手に入る、そう思ったら止まらなかった。麻衣の服から手を出した。そして、少しだけ自分の上体を起こして麻衣のキャミソールを捲り上げた。逃げられないように我ながら素早い行動だった。「きゃあああ!」麻衣のお腹、そしてブラジャーが露…
普段は頭が上がらないけど抱いている時は従順な姉との中出し体験談
2016/10/10 12:27
2016/10/10 12:27
私は小さい頃、熱を出して寝込む事が多かったのですが、

そんな時2歳上の姉がずっとそばにいてくれました。

そばにいると言っても、一人で本を読んだり

ゲームをしたりするばかりで私からお願いしないと

何もしてはくれませんでしたが、

いつも姉がいてくれるだけで

とても安心する事ができました。
ですからその頃から私は姉が大好きでしたし、

大人になった今も、全く頭が上がりません。

その姉と関係を結んだのは、

私が高校3年の時の元日でした。

両親がお昼過ぎに近所の親戚の家に出掛けてしまい、

私は姉からのお誘いで一緒に酒を飲んでいました。

本当は受験勉強でもしよう…
女子もオナニーすることを知った中坊の頃
2016/03/30 15:00
2016/03/30 15:00
中2の時、おれは学校にアイドルの盗撮写真とか載ってる某雑誌を学校にもってってまわりのやつにみせてた。そんでなんか隣の女子がその本みせてって言ってきた。なんかスピードが好きらしいので見たいらしかった。
「いいけどエロいよこれ?」っていったけど、「いいからいいから」とか言われたんで見せた。で、その子は「へぇー、やっぱ男ってこういうの見るんだねぇ」とか言ってた。
その時はそれで終わったんだけど…。


掃除のときにさっきの女子(以後Sにする)が来た。
「さっきはありがと。実はこの前いとこ(♀)とああいう本買ったんだけど、見る?さっき見せてもらったしね」といってきた。おれは…
職場のパート主婦や女子大生のオマンコでいっぱい気持ちいい思いをした話
2017/01/12 10:02
2017/01/12 10:02
今は友人と居酒屋を経営していますが、

今から10年前はレストランの店長をしていました。

最近でこそつまみ食いはやめましたが、

その昔はバイトの大学生などは食べ放題でしたし、

逆に主婦から食べられてしまうこともありました。

店長になりたての頃にちょうど結婚し、

はじめての浮気相手が1歳下の貴美でした。

彼女は3人の子供を持つ普通の主婦。

彼女の視線やしぐさが

私の前だけ妙に女ぽっく見えるように思っていました。

しかし、まだ着任してまもないし、

こちらも結婚してすぐだったこともあり

「つまみ食いをする」心の余裕はありませんでした。

学生のバイト達が試験期間のときに、

「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・娘との狂おしい日々

・【露出】銭湯で働いている男性と飲み屋で会うと興奮する[前編]

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・いまも体が忘れていないあんなSEX

・姉とセックス

・【Hな体験】セックスの名人キャラが幸いして同僚OLとやれた

・【レイプ】女3人旅の混浴で労働者たちに代わる代わる犯された

・ダイエット中に調教された妻 その2

・【Hな体験】気持ちいいけど怖かった初めてのピンサロ体験

・生まれ変わったら『道』になりたい

・【熟女体験談】推定六十路の老婆に逆レイプをされたのがきっかけで熟女に興味を持った

・友人に聞いたバイキャバでのアルバイト話

・無職夫のため同級生達に体を開く妻

・【人妻体験談】ママ友の上半身真っ裸を見てしまい、頭から離れず、酔ったママ友を家まで送ってパイズリSEX

・無抵抗の相手に腰を振るという興奮

・【Hな体験】夢に出てきた爆乳同級生とリアルガチの肉弾戦

・SMパートナー探し専門の掲示板での事

・義姉の乳首を唇に含み、おっぱいを・・・

・妹夫婦が泊まりに来てエッチを始めた

・日本の行為は「侵略」だったのか?

・【Hな体験】19歳の美容師の卵と人生初の中出しセックス

・友里さんの着替え

・見た事がある人を思い出し赤面

・元妻の姉とエロ仲になり重宝している

・【乱交】会社の男達に輪姦されてる現実が余計に私を高ぶらせる

・【人妻体験談】金に困ってる女を紹介してもらい、スレンダーな援交マダムと種付けSEXモードで子宮責め

・【熟女体験談】名器な独身OLの機関銃の様な早打ち振りのエロさに超興奮

・刺激を求めてる専業主婦で出会い系デビュー

・「母がやくざ風の男から息子2」の続きが読みたいです