旅館の宴会コンパニオンのアルバイトで、おもちゃにされてしまった事があります。犯されなかったのが不思議なぐらいで、とても恐くて、恥ずかしかったです。その日のお客様は男性が5人で、少しガラの悪そうな…ヤクザさんかなという感じで、初めから、気を付けてはい..…">

寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

レイプされたほうがマシ

2018/01/13 15:21







旅館">旅館の宴会コンパニオンのアルバイトで、おもちゃにされてしまった事があります。
犯されなかったのが不思議なぐらいで、とても恐くて、恥ずかしかったです。
その日のお客様は男性が5人で、少しガラの悪そうな…ヤクザさんかなという感じで、初めから、気を付けてはいたんですが。
お酌をしていて、お客さんの膝にビールをこぼしてしまったのが、始まりでした。
「申し訳ありません。」
運悪く、おチンチンの所だったので、ハンカチを出して「すみません。これ、使って下さい」というと、怒りだしたんです。
「こういう場合は、ふつう、お前が拭くだろうが。」仕方なく、拭き始めると、ニヤニヤしながら腰を突きだしてきました。
その上、肩に手を回して抱き寄せ、おっぱいを触ろうとします。
「あぁん、困りますぅ。」これ位はたまにあることなので、『これも仕事の内』と割りきり、少し媚を売るような言い方になりました。
「おっぱい触られて済むのなら」という気持ちがあったことも、事実です。
ところが、そのお客さんは、調子に乗って、制服の襟元から手を入れ、おっぱいを揉もうとしてきました。



「これはマズイ」と思い、「やめて下さい、ピンクコンパニオンじゃないんですから。」と、少し強めに抗議して、逃げようとしました。
「なにぃ?お高くとまってんじゃねーよ!」
腰に回した腕で、しっかりと捕まえられていて、身動きできませんでした。
とうとう、ブラの中まで手を入れられ、直接おっぱいを揉まれました。指先が乳首に届いています。
「キャッ、やめてください!」
前のボタンもはずされてしまいました。
もみあっている内に、ブラがずれて、乳暈のはしっこが見えてしまっています。
「ちょっと、やだ!」
必死になって手で隠したんですが、後ろから羽交い絞めにされ、別の男性が、前からブラを引っ張り、とうとうおっぱいがポロリ。
乳首を、ふたつとも、皆にみられてしまいました。
「やめて、助けて。」
叫んでも、宴会場は離れにあり、聞こえるはずもありません。他のオジサン達も笑って見てるだけでした。
だれかの手が、タイトスカートの中に入ってきて、お尻を触りだしました。
「いやーーーっ!」
座りこんだ私の前に、別の男性が来て、押し倒されました。男性は腰を振りながら、私の体を押さえつけ、乳首を舐めはじめました。
悔しいけれど、乳首が固くなってくるのがわかりました。
「姉ちゃん、感じてるのか?」と笑い、パンストを脱がそうとします。
体が離れた瞬間、逃げようとしました。しかし、すぐに捕まえられ、両足首をつかんで仰向けにひっくりかえされました。
そのまま、逆さ吊りのような状態で引きずられ、元の場所に戻されてしまいました。胸ははだけているし、スカートはお腹まで捲れ、パンストの股間は丸出しです。
「逃げようとした、お仕置きだ。引き回しの刑!」ふたりがかりで、両足を掴んで、大股開きで、部屋の中を一周り引き回されました。
「きれいな、ええ脚や。」
「わし、パンストの光沢が、たまらんのや。触らせてくれ。」
よってたかって、両手両足を大の字に押さえつけられました。何本もの手が、パンストの上から、脚やおしり、アソコを、いやらしく這い回ります。
泣きながら、哀願しました。「もう、やめて。お願いだから…。」
けれどそれは、男の人たちを、余計に燃え上がらせてしまっただけでした。そして、パンストとパンティを一緒に引き下ろされました。
私の反応を見ながら、少しずつ下げて行きます。
「姉ちゃん、毛が見えてきたで。」
「もうちょっとや…出たぁ!おまんこや!。」
「えっちな眺めやなぁ。」
「ちょっと見てみ。オマンコのビラビラが動いてるで。」
言葉で私を辱めます。
とうとう、パンストもパンティも、足から抜き取られてしまいました。
「脚を広げろ!」
両足を限界まで広げられ、すべてをさらけ出されてしまいました。
大声で「いやー!」って叫びました。
「大声を出すな!また、おしおきするぞ!」
と、アソコにビール瓶を入れようとします。
「いやー。やめて!」
冷たいビール瓶の口をアソコに押し込まれました。
予め、よく振ってあったので、体の中に、ビールが勢い良く入ってきました。
「あぁぁぁっ」悲鳴をあげてしまいました。
恥ずかしくて、悔しくて、涙が流れました。私は、抵抗する気力も薄れ、ぐったりしてしまいました。
こんどは子供にオシッコをさせるような格好で、抱き上げられました。体の中に残っていたビールが、タラタラと流れだします。
私を抱き上げたままで、私の脚を大きく開き、アソコを剥き出しにして、歩きはじめました。他の人たち全員に、私のアソコを見せてまわりました。
口を押し付けて、中に残っていたビールを吸いだしています。チュルチュルと、いやらしい音をたてて…もう私は放心状態でした。
泣きながら、小さな声で「もうやめて、もうやめて」と繰り返していました。アソコを手で広げて、中を覗きこみます。
「まだあんまり使いこんでないみたいで、きれいやなぁ。」
一番敏感なところ…クリちゃんを剥き出し、指先で擦ります。
「あん!」つい、恥ずかしい声が出てしまいました。
アソコの中を指でかきまわし、グチュグチュと、いやらしい音をたてます。
「ほーら、濡れてきたぞぉ。」
「お尻の穴も、かわいいわ。」
おしりの穴までなぶられて…私はもうボロボロです。
ようやく降ろされたのは、大きなテーブルの上でした。仰向けに寝かされ、肩に掛っていた制服を取られ、ブラもむしりとられて、全裸にされました。
「お願いです。もう許して…こんなひどいこと…」
布の様なものを口に詰め込まれました。さっき脱がされたパンティです。
「縛りつけろ。浴衣の紐を使え。」
各々、自分の浴衣の紐をほどき、その紐で手足をテーブルの四隅の脚に、くくりつけられてしまいました。涙は流れても、泣き声は出せません。
「うぅぅぅ…」
テーブルの上で、晒し者にされてしまいました。
何本もの手が伸びてきて、私の体を蹂躙します。
「よし、酒盛のやり直しだ。いくぞ。女体盛りー!」
私の体の上に、お刺身や天ぷら、デザートの果物など、手あたりしだいにならべていきます。
今度は、口の中に日本酒を注ぎこまれました。
お酒は、口いっぱいのパンティに染み込んで、ぐちゃくちゃになりました。
一通り並べると、「よし!くうぞぉ!」皆がテーブルを…私を囲んで、お箸で摘みだしました。
「おっと、間違えた。」
乳首をひっぱったり、アソコのビラビラを摘んだりします。
お箸でクリトリスをつっつく人もいます。
「お姉ちゃん、ビショビショになってるでぇ。」
「このタレを着けるとうまいぞ。」
お刺身をアソコに突っ込まれました。
「うぅぅぅ!」
悲鳴が声になりません。
「おぃ。酒カンつけろや。」
「わかった。人肌、人肌。」
何をされるのか、想像できてしまいました。
「そんな…うそ…」
思ったとおり、中身がぬるくなった徳利が、私のアソコに押しつけられました。
『痛い…』「湿りが足らんな。」
その人は、私のアソコに顔を近付けると、ペロペロと舐め始めました。
そして、指先でクリちゃんを弾いてきます。
右手でクリちゃんをこすりながら、左手の指をアソコに入れ、かきまわします。
「ほら、逝け。逝ってしまったら楽になれるぞ!」
右手の動きが、どんどん激しくなって…
「あぁぁぁぁぁー!」とうとう、逝かされてしまいました。
「見てみ!すごいおツユや。これなら入るぞ。」
もう一度、徳利を押し付けます。
「あっあっあっ!」
今度は、ヌルッという感触で、私のアソコは、太くてまるっこい徳利を飲み込んでしまいました。
一人が、倒れない様に押さえています。
「しっかり温めろよ。こぼしたら、また、お仕置きやからな。」
そして、その時、この、恐ろしい宴会に、ようやく終わりがきました。仲居さんが来たのです。何も知らない仲居さんは、「そろそろ、お膳を下げさせていただきます。」 と言いながら、部屋に入ってきました。
そこに見たものは、テーブルの上に、全裸で大の字に縛られ、晒し者になっている私でした。
アソコから、奇妙な物を生やして…
仲居さんは、自分の身にも危険を感じたのか、すぐに、本館の方に走ってにげました。「まずいぞ」男たちは、あわてて部屋を出て行きました。
恥ずかしい格好の私を、放置したままで…しばらくして、どやどやと、沢山の人が部屋に入ってきました。
『いや。こないで…』パンティで猿轡をされていて、声を出せません。おかみさんと支配人、仲居さんやその他の旅館の従業員等々…。
大勢の人が、私のまわりを取り囲んで、茫然と私を見ています。
「いや。見ないで…」
声が出ないので、涙を流して、「いやいや」と、首を左右に振ることしか出来ません。
男性の何人かは、あきらかに好色な目で、私の裸を見ています。ふたつのおっぱいも、その先端でふるえている乳首も。
恥ずかしいところの毛も、徳利を押し込まれて、あえいでいるアソコも、全部を晒されてしまっています。
恥ずかしい… 助けてもらったけど、もう、おしまいだ…最初におかみさんが、我に返り、私に駆け寄ると、「かわいそうに、酷いことされたのね。」まず、徳利をそっと抜き取ってくれました。
けれど、アソコから離れる瞬間、「スポッ」て音が出てしまいました。その瞬間、何人かがビクッとしたようです。
抜いた… 「レイプ体験談」カテゴリの最新記事 乳首パンストおっぱい脚パンティ姉舐め浴衣旅吊り


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【JSの妊娠騒動】学校の先生に中出しされて
2016/01/22 22:00
2016/01/22 22:00
初めて生理が来たのは小学3年生の時だった人より成長が早くて小3の頃には胸も膨らみはじめてきてた 初めてパンツに血がついてた日、私にはお母さんがいなかったので高校生の姉に相談した 姉はナプキンの付け方、使い終わったナプキンのくるみ方を教えてくれた その日はオムライスを作ってくれた それから半年くらいは順調に生理がきてたんだけど、ある日朝起きたら布団が血の海になってた その日から本格的に生理が始まったみたいで、血の量もどんどん多くなっていった 自分の血の量とナプキンの選び方が分からなくてスカートに血を染み込ませたまま学校で過ごす日が増えてきた 小3だったから男子も普通にからかってく…
修学旅行生【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/13 20:47
2017/09/13 20:47
先日横浜からいつものように電車に乗ろうと改札に行くと、どう見ても学生">中学生、 それも修学旅行生という男女あわせて十数人の集団を見かけました。 その子達はどの路線に乗ればいいのかもわからないようで右往左往しているので ちょっと離れたところから様子を伺うこと十分(そのぐらいの田舎者集団でした)、 ようやく切符を買って改札へ向かったのでくっついていつも乗るドアとは離れた、 多少空いているドアに乗り込みました。 普段ですとあまり混みが期待できないドアなのですが、いつもの乗客のほかに 学生">中学生が十数人乗り込んでいるので、必要以上に混んでいます。 乗り込むときに男の子が女の子に 「…
フランスで出会った、まだ幼いソフィーと
2017/08/01 08:00
2017/08/01 08:00
 外資系のとある会社に入社して一年目、私はパリ支社の末席に席を置くことになった。
フランスのデザイン事務所と日本企業をコーディネイトするのが主な仕事である。
仕事は忙しかったが、フランスは当時から週休2日と有給90日の完全消化が徹底していたため、
日本からの緊急連絡待ち以外の日は、9時-5時の仕事さえしていればなんの問題もなかった。
最初の半年ぐらいは引継などでバタバタしたが、半年もたつと完全にフレンチナイズされ、
日本人である私は、ヒマを持て余すようになっていた。
 そんなヒマな時間を持て余しはじめた頃、私は上司であるカトリーヌ(女性)の家に招かれた。
部屋の模様替えの完成記念パーティーと…
❤イケナイSEXの快楽を
2018/01/06 17:18
2018/01/06 17:18
 昨日、主人の知り合いの男がウチに来て主人と私の三人でお酒を飲みました。お酒が弱い主人は酔いが回ったらしく『少し酔い覚ます』と言うと一人二階の寝室 へ休みに行きました。

 一時間以上経っても主人は一向に降りて来る気配がなく、寝室を覗きに行くと主人は完全に熟睡してました。しかたなく私は主人の知り合 いの男と二人、再び飲む事になりました。

 やがて私もその男もかなりいい気分になり気が付くと、私達はかなり距離を近くして飲んでました。時折男の顔が真近まで迫るようになり、さらにお酒が進むと話題はエッチな話になりました。

 初体験、主人とのエッチの回数、好きな体位、浮気願望…やがて男の手が私の太…
【レイプ】パン屋でバイトしてる可愛いコと
2015/10/03 03:00
2015/10/03 03:00
一年前から毎週休みの日に、3つ目の駅のパン屋のテラスで朝食を食べている。 そこの店員の女の子のかおりという子がめっちゃ可愛い。かおりはパン屋のバイト以外にもイベントコンパニオンもやっているようだ。 毛はロングで少し茶色、身長は165cmほどで、スタイルもすごく良く、ケツも凄くセクシー。年は24歳。 毎日かおりでオナニー。どうしてもやりたい気持ちでいっぱい。パン屋でパンを食べた後はいつでもトイレでオナニー。 ついに夢が叶うときが来た。日曜日にとあるパーティーがあるという事で、参加したらそのかおりが同席していた。 かおりが数分間俺のほうを見ていた。こちらから会釈し、偶然の出会…
バツイチの義姉に嫁の目の前で悪戯をしてみた結果
2017/08/02 21:33
2017/08/02 21:33
去年の大晦日に嫁の実家に行く時、義理姉が一緒に連れてってと嫁に連絡が有った。
それじゃて事で我が家に来る事になり、29日の夕方に義理姉はやって来た。

姉は、40才のバツイチ。良く遊びに来ては、酒を飲みながら下ネタを話てる。
嫁と姉が台所で、晩御飯の準備をしているので、俺は炬燵でビールを飲んでいた。

しばらくして姉が、酒のつまみを持って来た。
台所から『姉ちゃんも飲んでて』と嫁の声が聞こえ、姉は俺の横に座り飲みだした。
いつもの様に下ネタが始まり、

『お姉さん、彼氏作らないの?』
『なかなか、この年で見つからないよ。一年前には居たけど!それいらいはご無沙汰』

俺はい…
後輩から驚くような相談をされて・・・
2017/02/17 08:49
2017/02/17 08:49
私は(仮名Aとします)36歳独身で、建設会社に勤めています。 後輩(仮名Bとします)から「相談があるのですが」と言われ、会社の帰りに飲みに行きました。 Bは私の8年後輩で、可愛がっている後輩の1人でもあります。 Bが結婚をしたのは半年前で、結婚式にも出席をしました。 結婚する前には良く飲みに言ったり、遊んだりした後輩です。 そのBから『相談』と言われたので、仕事の事か何かで悩んでいるのかな?と思っていましたが、相談内容に驚いたのです。 B「A先輩、僕の嫁さんを口説いてくれませんか?」 A「はぁ?何を言ってるの?お前、マジか?」 B「はい、本気なんです」と真面目な顔。 よくよく…
いつも子供扱いしてくる外科部長が超早漏で笑った
2017/02/04 03:40
2017/02/04 03:40
看護婦やってます。
病棟の先生にはそれぞれファンみたいなナースがいて、私と同期の友人は“◯◯先生ギャル”って感じでした。
で、その外科部長の先生(40代後半)に飲みに連れて行ってもらった時の話です。

よく2人で飲みに連れて行ってもらっていたのですが、その時は友達が急用が出来てしまって先生に言うと、「馴染みにしてるお店予約しちゃって、もう食材も取り寄せてもらってるから1人でも行くけど?」とのことでした。
先生とは年齢も20歳くらい離れてて、下ネタで盛り上がっても子供扱いされているので、別に気にせず2人で行くことにしました。
お店は高級そうな割烹みたいなとこでした。
2人だ…
酔って歩いてた女の子が、抱きついた俺を誰かと間違えてて…
2016/10/27 13:00
2016/10/27 13:00
当時、彼女も居なかった俺はヘルスに行ったんですよ~久しぶりに女の子と絡みたくてね! 写真見て可愛い子指名して待つ事40分、出てきたのは全然写真と違ってブサッくは無かったが出ッ歯の子。とりあえずお金払ってるので出す物出そ~っと思って張り切ってプレイした。でもフェラは下手くそで「おっぱい痛いからダメ!」やら生理中やから下もダメとかで結局出さずにふて腐れて帰ったんです。


落ち込みながらトボトボと帰りに飲みに行ったんですけど、飲めば飲むほどヤリたくなってきました。

時間も1時を回ってたんで今から駅前まで行って他の風俗行っても開いてないやろうし、しかたなしに家帰って一人…
旦那が長期の海外出張の間に兄に犯された私
2018/05/15 19:39
2018/05/15 19:39
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢・レイプ】ケンカした彼女を半ば無理やり

・(新)続続・全裸イナバウアー 3

・【愕然】52歳の女と性欲に負けてヤってしまった結果wwwwwwwwwwwww

・テニス最高

・■人妻の需要は捨てた物じゃないですね

・【Hな体験】アロマエステのお姉さんと店外デート

・お酒が入ると大胆になる私の告白

・【痴漢・レイプ】爆乳人妻生保レディーを犯してしまいました・・・

・【寝取られ】彼女のDQNな元カレから送られてきたハメ撮り写真

・【痴漢・レイプ】夜行バスで痴漢してみた人妻と・・・

・旦那に仕込まれてる所為か・・・

・【痴漢・レイプ】職場仲間の人妻を・・・その1

・【痴漢・レイプ】昔男にレイプされた時の話

・【Hな体験】鉄仮面と呼ばれていた女先輩が見せたいやらしい顔

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・痴漢専用車

・【熟女体験談】夫が病気で入院した時に義父に恋をして濃厚なSEXをする不貞主婦

・【痴漢・レイプ】山菜採りで起きた・・・

・昔おじさんに女装メス調教されていた私と、それを知った上で結婚した妻

・初対面の爆乳ちゃんと避妊もせずに・・・

・拾った女子高生7

・ママチャリ乗ったムッチリ巨乳若妻ナンパしたら簡単にやらせてくれた

・【痴漢・レイプ】夫には言えない私の秘密

・JKの露出14

・初めての3Pは女友達とその友達とでした

・嫁が妊娠中だから仕方なく超スローセクロスしたら結果wwwwwww

・■うちの人SEX終わるのが早くて

・欲求不満の人妻がデカチン男に焦らされ失神寸前

・【痴漢・レイプ】彼氏のこと犯したった その3

・私っておかしいですか?