寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

泣き叫ぶ妹をレイプ

2018/01/13 08:53





むかし、俺には妹がいた。

少し生意気で、いつまで経っても子供で。

本当に可愛いヤツだった。

俺には妹がいた。
あの日まで・・・・・・
その日、両親は外泊し家の中には俺と真由美の二人だけだった。
夕食も終わり、自室のベットに横になりながら俺は雑誌を読んでくつろいでいた。

「お兄ちゃん、お風呂沸いたよ」
ドアが開き妹の声がする。

「・・・・おぅ。」
気の無い返事をしてページをめくる。
少し間をおいて再び
「お兄ちゃん、お風呂沸いたよ」
なおも気の無い返事をする俺。

そして、しばしの沈黙・・・・・

どかーっ

「グェッ」

真由美のヤツがいきなり全体重をかけて馬乗りになってきた。
 

「お兄ちゃんっ、オ・フ・ロ-ーーーーーッ!」
ヤンチャな笑顔を浮かべながら妹が言った。

まったく、いくつになってもやる事は小学生の時と変わっていない。
仲の良い兄妹だと良く言われる。

たしかに、他の同世代の女の子に比べると素直なほうだと思う(単に子供なだけか・・・)。
小さい頃からよく俺にまとわりついてくる妹をうっとしいと思いながらも可愛いと思わない理由がなかった。

「ウリャ」
真由美のヤツをはねのけると今度は俺がフ゜ロレス技をかけてやろうと思い背中側からしがみついた。

 

伸ばした手が偶然に真由美の胸を触る、久しぶりにジャレ合って触れた妹の体はずいぶんと女らしくなっていた。
乾ききらない洗い髪から良い香りがしてくる。

「あーーっ、さわったぁーーーーっ、えっちーーっ、ヘンターイ!」

無邪気に笑う妹とはうらはらに、よこしまな気持ちで手に力を込める。

「ちょっと・・・・ヤダッ・・・」
いつもと違う俺の態度に真由美は不安そうな表情をした。

 

本当はずいぶん前から心も身体も真由美を妹以上に意識していた。
そんな俺が二人っきりの部屋で、自分のベットの上で真由美の事を抱きしめていてまともでいられるはずが無かった。

「マユは・・・・真由美は・・・・・・・俺の事が嫌いか?」
耳元でささやきながら、真由美の内ももに置いた手を上にすべらせる。

「ヤメテッ」

俺を押しのけて逃げようとする真由美のミニスカートの端を掴むと力まかせに引き降ろした。
みるみるうちに真由美の瞳に涙が溢れてくる。

しかし、むき出しになった太ももとピンクのおとなしめな下着を見た時、俺の衝動は歯止めを失ってしまった。
無理やりパンティーを剥ぎ取ってから自分のジーンズを下着ごと下ろすと俺は真由美の上に覆い被さった。

 

「お兄ちゃん止めて、お願いだからヤメテェ・・・・」

 

次に自分が何をされるか察した真由美は両脚をバタつかせて必死に抵抗した。
「兄ちゃんの言うことが聞けないのかっ」
なかなか挿入できないイラつきに思わず声を荒げた。

『信じられない』という表情で俺の顔を見ると真由美の動きが一瞬、弱まった。

 

それから、体重をかけて上半身の動きを封じる。
再び自分のモノの先端で真由の膣口を探ると深くめり込む部分にあたった。

『ここだ』と思った俺はそのまま自分のモノを手で支えると強引にねじ込んでやった。

「痛イッ・・・・」

小さな悲鳴をあげて全身をこわばらせる真由美。
そして、俺はオスの野良犬のように腰を動かして妹を犯した。

大変な事をしたはずなのに何も感じなかった。

小さく身体を丸めて震えて泣いている妹の姿を見ても胸が痛まなかった。

ただ、『もっと真由美と一つになりたい』そんな想いだけが強かった。

 

全ての服を脱ぎさって真由美に近づくと気配を感じてビクリと身体を震わせた。
「なぁっ、真由美・・・・いいだろ、もっと犯らせろよ」自分が何を口走っているのか理解できなかった。

やっと自分の物にした女の身体を貪ることで頭がいっぱいだった。

俺は細い足首を掴んで引きずり寄せると乱れた残りの衣服を剥ぎ取って仰向けに寝かせた。

そして、抵抗する力を失い虚ろな瞳で天井を見つめる真由美に再び覆い被さった。
ネットリとした永いキスの後、首筋に舌を這わせてから胸元に何度もキスをする。

 

爪が食い込むくらいに強く胸を揉みしだいてから顔を埋めると窒息しそうになるくらいにむしゃぶりついた。

それから、自分のモノを真由美の体内に挿入ると今度は大きくゆっくりと腰を動かした。

身体を密着させてから顔中を舐め回してからディープキスをする。
俺は上と下から同時に胎内の感触を味わうと腰の動きをまたケダモノのように激しくしていった。

痛みに耐えながら嵐のような時間が過ぎ去るのを待っている真由美に熱い息を吐きかけながら自分の欲望を何度もぶつけ続けた。

 

そして・・・・・

「クッ・・・・イクッ・・・・真由美っ」

快感に声をうわずらせながら、熱い膣内に一滴残らず精液を吐き出した。

心地の良い時間が過ぎていく。
身体を重ねている真由美の温もりが伝わってくる。

俺は、なごりおしそうに身体を離すと腰を引いて自分のモノを膣内から抜き出した。
全身から温かい感触が消えて行くと真由美が何処かに行ってしまいそうで怖かった。

 

『ずっと真由美のことを抱いていたい』身体が満足しても心が真由美の身体を欲しがった。
人形のように動かなくなった真由美を起こして座らせると、俺はうなだれた自分のモノを顔に擦りつけた。

「真由美、舐めてくれよっ・・・・兄ちゃんの大きくしてくれよ」

「イャッ・・・・汚い・・・・」

嫌がる顔を押さえつけて無理やり咥えさせるとモノはすぐに大きくなった。
それから、涙を流して辛そうな表情をする真由美の頭を抱えると、膣内にするのと同じように腰を動かし続けた。

 

そして、もう出ないと思っていた精液を口の中に吐き出した。

「ウェッ・・・・」

苦しそうな声をあげて顔をそむけると俺のモノを口から離して身をよじる。
俺は逃がさないように髪の毛を掴むと自分でしごいて出し切らない精液を涙に濡れた顔にかけた。

ようやく解放された真由美は口の中の物を残らず吐き出すと小さな子供のように声をあげて泣き出してしまった。

それから後の事は良く覚えていない。

ただ、足を引きずりながら部屋を出て行った妹の後ろ姿が今でも忘れられない。

 

翌日、様子がおかしいのに気づいた母親がいろいろと聞いてきたが妹は前の晩の出来事を誰にも話さなかった。

そして、俺のことを「お兄ちゃん」と呼ぶことは二度となかった。

 

それからすぐ、俺は家を出てアパートから大学に通うようになった。
もう何年も実家には帰っていない。

最近の話しだが真由美に彼氏が出来たらしい。

悪い奴じゃなければ良いのだが。

一時は女子校に転校したり、父親と折り合いが悪くなったりして心配だったが少し安心した。

 

むかし、俺には妹がいた。

泣き虫で

甘えん坊で

ちょっとワガママで・・・・・

 

『ずっと、好きだった』

 
管理人の戯言(゚Д゚;)
そしておまえは未だに彼女もできたことがないだろう?
【レイプ体験談・痴漢体験談 新着】 「レイプ体験談」カテゴリの最新記事 レイプ 「レイプ体験談」カテゴリの最新記事 妹体験談レイプキス風呂舐め挿入学生下着脚


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【浮気】爆乳女子高生のエロス[後編]
2018/05/03 22:00
2018/05/03 22:00
彼女の潮吹きを見て、すぐにでも挿入したいくらいのテンションではあった。ただ会話してる間にちょっと萎えてしまってたのでフェラをリクエスト。俺がベッドに腰を下ろし、彼女が床に座った状態でのフェラになった。 カラオケでも思ったけど、ルックスとは全然見合わない、唾液が垂れんばかりのフェラをする子だった。玉袋や裏筋も舐めてと言うと、「ふーん・・・そこ舐めて欲しいんだw」とニヤニヤしながら言った後、丁寧に舐めてくれた。(ある意味ツンデレ的要素がある子だった気もする) ルックス的に好みの女の子が自分のチンコを丁寧にしゃぶる姿はいつ見てもやっぱりいいもので、上目遣いなんかもたまにしても…
忘年会続きの出来事
2017/08/11 21:19
2017/08/11 21:19
月に入り会合や会社の付き合いの忘年会が続いた先週の出来事です。 忘年会が日続き気分良く夜の街をタクシーを探して歩いてた時に、飲み過ぎがたたり急にお腹が痛くなってしまいました。 あわてて近くの公衆トイレに駆け込んだのですが、紙が無い(p>∧<q) 仕方なくトイレの近くの立体駐車場にダッシュε=┏( ・_・)┛(笑) その立体駐車場のトイレは紙がありました。しかし男女兼用だったのです。 トイレに入ってすぐにヒールの様なコツコツと音が近づいてきたのですが、まさかトイレには来ないだろうと思ってたが期待を裏切りトイレに足音が近づいてきます。 悪い事はしてないのですが、何だかそわそわ動揺してた…
5年ぐらい前に付き合っていた元カノ
2016/01/13 21:00
2016/01/13 21:00
5年ぐらい前に付き合っていた元カノ 5年ぐらい前に付き合っていた女はよかった。 貧乳だったがかわいいのにエロかった。 加藤あいを少しやさしくした感じのルックスで小柄。 濡れやすくて、四つん這いにして乳を揉んでいたら 愛液が床に垂れるくらい。それにやらしい音が出るフェラとか上手だった。 小さいけど感度の良い乳を吸ったり、手マンしていたりすると 彼女は我慢できなくなってくる。 手マンが気持ち良いと言うから「じゃあ、今日はこれで良いね」 というと「いや!おちんちんがいい。おちんちん入れて」とか言う。 やっている途中でも自分からいろいろ言う。 「あぁ、きもちいい。○○のおちんちん、きもちいいよ」と…
婦人科検診アンケートと騙されて集団レイプされた
2017/07/30 22:49
2017/07/30 22:49
20歳の大学3年生です。 ある平日の日でした。 未だに信じられなくて、騙された自分が情けなくて悔しくて涙が出てきます。 本当にこんなことがあるんだ・・・って。 学校帰りに買い物をしてる時に、突然白衣を着た50歳くらいの女性に声を掛けられました。 「アンケートのお願いと、無料で婦人科系の病気の相談と治療をしています。若い女性を対象としていますので、ぜひ協力してください!」 元々断れきれない性格の私はその女性に言われるがまま、婦人科の病院とは思えない◯◯駅近くのマンションの一室に案内されました。 中に入ると分娩台(?)があって、女性から色々と恥ずかしい問診を受けて・・・。 例えば初…
電車の中で無理矢理快感を与えられ、イカされてしまう屈辱は言葉では言えません
2016/05/16 12:00
2016/05/16 12:00
私は22歳の学生です。
東京郊外のワンルームマンションから、ほぼ毎日、都内の大学まで通っています。
はっきり言って、痴漢に悩まされない日はありません。
このホームページを発見して、とても黙っていられなくなり、こうして文章を送ることにしました。
痴漢をする皆さんは、大変な勘違いをしています。
女の子が感じたり、イッてしまったりしたときは、喜んでいると思っているのでしょう。
これは大間違いです。




嫌な相手に嫌なことをされて、意に反してそんなことになってしまったら、むしろ自己嫌悪に苛まれ、怒りと悲しみでおかしくなりそうになるのです。
そういう体験の多い私は、声を大にして言いたい…
みんなで雑魚寝してる横で大学の先輩と中出しSEX【エロ体験】
2016/10/01 10:21
2016/10/01 10:21
半年くらいまえ大学の男の先輩二人と、

自分と女友達で2対2で朝まで飲んだ時お持ち帰りされた。

けっこう酔っ払ってて、

朝お店が閉まる時間になって、

みんな自分ちまで帰るのがめんどくさくて

女友達の家に行くことになった。


友達の家について、

女友達はベッド、ひとりの先輩はソファ、

私ともう一人の先輩は床に雑魚寝してた。

その先輩は私の膝で膝枕して寝はじめたから、

私は初め寝転べなかったんだけど

どうしても眠たくなっておかまいなしに寝転んでやった。

先輩の足側のほうに寝転んだから、

先輩の頭があたしのお腹あたり、

あたしの頭が先輩のお腹あたりにくる体制になった。

童顔で可愛い顔をしているのに、結構小悪魔な妻の友人
2017/02/03 03:07
2017/02/03 03:07
俺は27歳で3つ下の妻がいる。



結婚したのは1年半前で子供を作る予定はない。



結婚してから妻は家の近くの某デパートで、
パートとして勤務していた。



半年くらいたった頃から不定期ではあるが
職場の友人を連れてくるようになった。



24歳だったせいもあり、
友人も20代前半から中盤ぐらいの若い女の子ばかり。



大体いつも3~4人連れてきて鍋だの鉄板だのやっていた。



もちろんみんな女の子で夜には帰るのだが、
社員の23歳の優子ちゃんだけは家に宿泊して
次の日は家から仕事に行っていた。

優子ちゃんの家から職場までは車で1時間ちょっとかかるが、
家…
会社の人妻を酔わせてラブホにゴーした
2016/09/15 09:00
2016/09/15 09:00
先週末に職場の忘年会があり以前から目をつけていた37歳の人妻の事務員をぐでんぐでんに酔わせてラブホに連れ込み合体に成功。
意識はそこそこあったものの足にきていて真っ直ぐ歩けなかったので、腰に手を回して抱きかかえながら、歩けるようになるまで「休むだけだから大丈夫。」などと騙し騙し強引にラブホへ。


「早く帰らないと旦那に叱られる…」とか、「子供が待ってるから…」とか言っていたが、部屋の入口でキスをしながら尻を撫でまわしていると、自分からチンチンに手をかざしてきて、擦りながら積極的に変貌した。

彼女が脱衣所に入ったので追いかけて一緒に入ると、時間がないから簡単にシャ…
入院した妻の代わりに俺のデカマラを!
2017/02/24 14:19
2017/02/24 14:19
俺の女房は数ヶ月前に近所に住むある奥さんに車で跳ねられ入院した。 かなりの重症で1年程の入院を余儀なくされた。 俺は女房と毎日セックスするのが楽しみだったのだが、それが叶わなくなったのだ。 俺は謝罪に来た奥さんにこう言ってやった。 「あんたのせいで俺はずっとムラムラしてしょうがないんだ!どう責任とってくれる!」 少し脅しながら出方を見ていた。 「すいません・・・申し訳ありません・・・」 頭をさげているが、当然許すはずもなし。 「あんたの誠意を見せてもらおうじゃないか!」と吐き捨ててやった。 すると、「・・・私とのセックスを望んでおられます?・・・」と切り返されたので、「何でも…
隣のご主人じゃないの?
2017/10/15 20:49
2017/10/15 20:49
私はある住宅街に住む40代の家庭持ちの普通の会社員です。 隣に30代前後の夫婦が約1年程前に引っ越して来ました。 小学校に通う娘さんが1人いて3人家族のごく普通の家庭です。 ご主人と奥さんとは、いつも挨拶を交わしていて私の妻はその奥さんとは時々一緒に買い物にいく程の付き合いでした。 そこの奥さんはスタイルもいいし、そこそこ美貌の持ち主です。 私はその奥さんを何とか自分の言いなりにできないかと、いつも思っていました。 休日の時なんか朝2階のベランダで洗濯ものを干している奥さんを私はカーテン越しに見ていました。 ミニスカートを穿いて干し物をしている姿をみるたびに、あのスカートを剥いでパンティー越し…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】キス上手なバツイチ女性とのセックスに溺れた

・年上新入社員の麻美

・ロリコン

・男2女1で酒の勢いで3Pした

・痴漢じゃないです~

・【熟女体験談】物凄くエロくて素敵な淑女のアヘ顔があまりにもエロ過ぎて中出し射精

・従姉(33)のセックスを見せてもらった話

・【人妻体験談】ヤリマンビッチで馬鹿な母乳幼妻と出会い系で知り合い中出しフィニッシュ

・秋祭り

・小料理屋の女将と関わったアレコレな話

・【レイプ】学校一の美少女を眠らせて縛って

・OLが股を開き気味に脚を投げ出して寝てた

・某サイトに割り切りで募集をした体験談

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再補足と再修正)

・射精で暴れるおちんちんを口に収めておくのが大変・・・

・飲み会でお持ち帰りしたら同僚の彼女って打ち明けられ仰天した話2

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・人妻の男あさりが止められません

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り