寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

百貨店のおばちゃん(4)

2018/01/13 07:22


俺「女だってバレてたん?」
渡辺「こんな胸してるしさ。香水もプンプンだし。
その男、何だか息遣いが荒くなってきてんの。
   オシッコが終わってるのに、オチンチンが大きくなってるから
   なかなかズボンに入れることができなかったのね」
俺「気持ち分かるなぁ」
渡辺「こっちも酔っ払ってるし、なんか興奮してきたんよね」
俺「濡れてきたの?」
渡辺「そうかな? それで何とかオチンチンをしまい込んだみたいで、トイレから出
て行ったの。
   後をつけていって、手を引っ張って暗闇に連れ込み、いただいちゃったわ」
俺「ホンマかいな!」
渡辺「あれ?この話聞いて、お客さん、ちょっとオチンチンが復活してきたんじゃない?」
俺「あ、いえいえ、ちょっともうバイトがあるんで帰ります」
渡辺「あら残念。また来てね」
・・・今度すれば絶対窒息死すると思った俺は、そそくさと店をあとにした。
ナマ入れの病気の心配もあったしさ。
ホンマかウソか分からないけど、そのサラリーマンに同情します。
・・・・・
ついにこの日が来た。
頬に当たる爽やかな風が心地良い、秋の朝。
俺は待ち合わせの場所に車を走らせた。
この日のために、車のガラスを全面スモーク化。3万円也。
ソープへ行くのを1回我慢したと思えば、安いものだ。
生野アナは、白いブラウスに黒のパンツと、いかにも地味な出で立ちで待っていた。
俺の車に乗った。柑橘系の香水が、車内に溢れた。
「んじゃ、海に行くね」
秋の海岸を見たいと言っていた生野アナが、本当に俺の車の助手席にいる。
メールのやり取りで、お互いの心の内はよく分かっていた。
かったるい携帯のメールではなく、すぐに話が交わせるこの幸せ。
この胸の鼓動。香水だけですでに半立ちになった俺のチンポ。
最後まで頂けるかどうかは分からないが、
このチンポだけは生野アナに再会させたいと思いながら、アクセルを踏んでいた。
タイムリミットは午後2時である。
3時には下の娘が学校から帰ってくるので、それまでには家に戻らなければいけない。
2人で海を見た後(この時は何もなかった)、チェック済みのイタメシ屋に誘おうと
した。
しかし、生野アナは拒否。2人で一緒にいるところを見られたくないという。
もっともな話だ。
俺は、ここに来るまでに見つけたマックのドライブスルーを提案した。
今だけの月見バーガーや、ポテト、シェイクなどを買い込んで海岸にUターンした。
会話をはずませながら、もしかしたらここがチャンスか?と思い始めた俺。
3万円かけたスモークが威力を発揮する場面かもしれない。
平日の昼。近くには車もない。拉致されそうな場所だ。
俺「○○さん(←生野アナの本名。以下、便宜的に亜希子とする)、
  いい匂いの香水付けてるね」
生野「あら、少し強すぎたかしら」
俺「ううん。そうじゃなくって、ああ、これいいよ」
訳のわからないことを言いながら、生野アナの首筋に頭をつけた俺。
チンポの膨張率は、すでに70%。生野アナは嫌がるそぶりをみせない。
ここは攻めるしかない。俺は、生野アナの白い首筋に唇を当てた。
生野「えっ。どうしたの・・ちゃん(←俺のこと)」
俺「亜希子さんが綺麗だから我慢できなくって」
と言うやいなや、生野アナの唇をふさいだ。
生野「んぐぐぐぐっ・・・」
俺は舌を入れようと試みたが、
生野アナは歯をくいしばるようにして、舌の侵入をふさいでいた。
俺は同時に、右手で生野アナの胸に這わせた。その時・・・
生野「ダメだってば!・・ちゃん」
俺の口から離れた生野アナの唇から出た言葉は、少し怒っているようだった。
生野「何もしないって言っていたでしょ!」
う?ん、確かにそんなメールをしたかもしれん。でもそんな約束、守れるわけないじ
ゃん。
これで生野アナとの関係を終わらせたくなかったので、とりあえず謝った。
俺「ホントにゴメン。亜希子さんが綺麗だったので・・・」
ちょっと芝居じみた口調で、反省の言葉を口にした。
チンポの膨張率は、100%に到達する勢い。
本心は全然反省などしていない。まるで金・日総書記のような、口だけの俺。
俺「ゴメンよぉ?。本当にもうしないから・・・」
生野「そんなに謝らなくてもいいのよ」
俺「頭にカーっと血がのぼっちゃって。実はこっちの方も血が・・・」
とカワイク演技しながら、自分のチンポを指差した。
俺は最後の賭けに出た。
生野「えっ、大きくなっているの?」
俺「確かめてよ」
生野アナの手首を掴み、俺の股間に導いた。そう、あのトイレの時のように。
一度はその手で放出させている経験があるので、
俺のチンポを触ることには抵抗はないようだ。
生野「かたーい!」
生野アナは、やられるのは嫌だが、自分からやることには興味を示すようだ。
SかMかで言うと、Sかな? 見かけによらず・・・
俺「ゴメン、また前のようにしてくれない?」
生野「えー、ここで?」
俺「周りは誰もいないから大丈夫だって。してくれなきゃ、ホントに襲っちゃうぞぉ」
生野「それは困るなぁ」
なんだか、生野アナの言い方もカワイクなっている。
とにかく俺のチンポの膨張率は、100%だ。
チャックを開け、慎重にチンポを取り出した。
生野「すご?い!」
最長14.5cm(自己計測)だから、ごく普通の持ち物だと思うが、
生野アナは驚きの声を上げた。
トイレの時とは違い、今日は座った状態でチンポを出しているので、
まさしく天を向いている。
ダンナ1本しか知らない生野アナにとって、それは未知の脅威なのだろうか?
生野アナ自ら、俺のチンポに手を伸ばした。軽く握った。少し動かし始めた。
俺「うっ、いいよ、うっ、うっ」
必要以上に声を出す俺。
ダッシュボードの下にあったティッシュを数枚抜き取り、生野アナの左手に渡した。
あとは、それを目掛けて果てるだけ・・・
しこしこされながら、もう一度、生野アナの首筋に俺の顔を沈めた。
いい匂い。
しかし、相変わらず生野アナの手コキは下手だ。
はちきれそうな俺のチンポだが、まだイキそうにない。
俺「ゴメン、ちょっと舐めてくれます?」
生野「えー? そんな・・・」
ダメ元で頼んだが、生野アナは身体を折り曲げ、俺の亀の部分を咥え始めた。
俺「ううっ」
感激のあまり、本当に声を出す俺。
とは言え、生野アナはただ咥えているだけ。たぶん経験が少ないのだろう。
40にもなって、仕方ないね。ダンナはどんな教育をしていたのか?
俺「そのままで唾液を出して、上下に動かしてくれます?」
生野「んぐぐぐっ」
滑らかな動きが開始され、快感を俺の脳天に突き抜ける。
ちょっとイキそうな雰囲気になってきた。
でも、なぜだか口内発射をさせるのは気が引けたので、
俺「んっんっ、出そうになったきたよ?。あとは手で・・・」
と言ってしまった。どうして口内発射をためらったんだろう。
再び手コキの態勢になった。
今まで俺のチンポを咥えてた生野アナの唇に、俺の唇を重ね合わせた。
ちょっと、俺のチンポの香りがした。
でも、今度はキスを拒否しない。
舌を入れた。拒否しない。歯茎の裏を舐め回し、舌を絡ませた。
一方チンポだが、手コキで逝かされそうになってきた。
しかし、まだ果てるのはもったいない。
白いブラウスのボタンをひとつはずして、手を入れた。
ブラが覆う、小ぶりの乳。
俺の指先は、その乳の頂上、つまり乳頭まで達した。
目で確認した。少し黒い乳頭。ピーンっと立っていた。
俺はそれをつまんだ。
生野アナは拒否しない。
目を閉じながら、無表情。ちょっとは感じているのか?

百貨店のおばちゃん1  2  3  4  5  6  7







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【出会い系エッチ体験談】もう会えないには惜しいぐらいの極上フェラに出会った
2016/06/12 14:02
2016/06/12 14:02
チャットで話したまりことは、県東部の街で会った。 お互いに車でその駅前のロータリーで待ち合わせ。 あらかじめ聞いていた色と車種の車が入ってくるのを見届け、打ち合わせどおり少し離れたコインパーキングに向かった。 パーキングに車を入れると、まりこは躊躇いもせず漏れの車に乗り移って来た。 車に乗っていたときから気づいていたが、そこそこの美人。 最大の特長は・・・腰のくびれが目立つこと。 身長は160以上ありそうだけど、多分ウエスト55cmくらいしかないのではないか。 その上のおっぱいも大きめなので、腰から胸にかけてのラインが見事だった。 細い腰の上に、大きく豊かなおっぱいが突き出し…
私が出会い系サイトを使ってしまった理由
2018/06/03 09:10
2018/06/03 09:10
私が出会い系サイトを使ってしまったのは、彼氏のセックスマナーがあまりにも悪かったせいです。

私はセックスの最中に、あえぎ声を出したりするのは恥ずかしいのであまりできなくて、気持ちがいいとかイマイチとかっていうのを伝えるのも上手くできずにいました。

私にとっては、彼が生まれてはじめての彼氏で、セックスもまだ三回目くらいだったせいか、イくっていう経験もしてなかったんですが、四回目のセックスが終わったときに、彼が信じられないことをいったんです。

「人形とヤってるみたいでつまんない。しばらく会うのよそう」って。

目の前が真っ暗になって、彼が帰るのにも気がつかなかったくらいです。

すっごい悩み…
【レイプ/犯された私】中3の佑香 女子トイレでレイプ
2016/05/24 11:42
2016/05/24 11:42
怖くて思い出したくないです。 先週の金曜日に学校の昼休みに受験して進学する高校の場所を見に行く為、学校を抜けて高校の場所と案内を確認してから、学校に戻ると放課後になっていました。 おしっこを我慢していたので、慌てて女子トイレに入って個室に鍵をしようとしたら、男の人が入って来て鍵を締められ、私の制服を押さえつけて、抵抗出来ないようにされ、ブラやパンティーを触られ、必死に抵抗をしましたが、女子の力だと負けてしまうのと、力を入れてしまうと、おしっこをお漏らししてしまうので、少し我慢していましたが、パンティーの横から指をおまんこの挿入された時、怖くておしっこを少しお漏らししてしまい、男の人はパンティ…
取引先の彼女とエロモードに突入し、ラブホへ
2016/06/03 15:00
2016/06/03 15:00
祥子は取引先のグループリーダーの子。イメージで言うと顔はみずきありさ系の顔立ち。ちょっとぽっちゃり(つか太め)してるけど、色白でパイもそこそこある感じ。
身長は160くらいで歳は25,6歳かな。大体、月1で打ち合わせをする程度の仕事の関係だったが、祥子がサブリーダーからリーダーになった頃から打ち合わせ回数が増え、また、マンツーマンで打ち合わせをする機会も増えたことから、徐々に仲良くなった。


そのうち、打ち合わせ後に喫煙室で少し話すようになり、
プライベートな話もできるようになってきた。
祥子は実はものすごくお酒が大好きだということがわかり、
美味しい日本酒の店を…
息子の友達に (2)
2016/10/15 22:01
2016/10/15 22:01
「すっげ~興奮する。・・・おばさん。もっと触りたかったらトランクス脱がして」 乳房を揉んでクリクリと乳首を転がしながら、鹿島君が催促してきます。私は熱病にうかされるように彼の言葉に従ってしまいました。トランクスに両手をかけて、ずるんと下に下ろしました。トランクスを下ろした時に、私はブルンッと出てきた鹿島君の固く大きくなったおちんちんをまともに見てしまいました。大きい。見た感じで私の夫よりも一回り大きいのが分かりました。後で彼が言うには、十八センチだそうです。もちろん、鹿島君のおちんちんは、私の息子のように包茎ではありませんでした。「どう?おばさん。俺のおちんちん。・・・祐次のよりも触り心地がよ…
【レイプ・痴漢】復讐された男(1)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/05 16:14
2017/06/05 16:14
永原悠一はホテルの一室にいた。 うつ伏せ状態になっており、相当酔いつぶれているようだ。 同じ職場の牧野香奈との婚約が決まり、彼女を含めた同じ部のメンバーでお祝い飲み会をしていたからだ。 当然、主役の彼は集中攻撃で飲まされ、飲み会の終盤はまったく記憶がなかった。 悠一が目を覚まして頭を持ち上げると、部屋には同じ課の高槻美紀と、別の部署の北原理恵子が立っていた。 二人とも彼が過去付き合っていた女性だった。 しかも彼女達を二股にかけており、香奈との交際を真剣に考えるようになったことを期に、同時に振ったのだった。 美紀はともかく、理恵子は飲み会には参加していなかったはずだが、何故そこにいるのか、悠一…
同級生の不良グループに脅されて
2017/01/21 17:19
2017/01/21 17:19
少年との体験というか僕も少年だったんですが、中学1年の時に同級生の不良グループ3人に脅されて彼らの性処理をやらされていました。 当時の僕は体も小さく、顔付きも女の子みたいで時々電車の中で痴漢にあったりもしていました。 最初は彼らの1人に放課後の音楽室に呼び出され、怖かったので断れずに行きました。 すると他の2人もいて3人に取り囲まれ、胸倉を掴まれて・・・。 「ボコボコにされたくなかったら俺たちの言うことを聞けよ」と言われたのです。 僕はガタガタ震えながら、首を縦に頷くのがやっとでした。 リーダー格の1人が正座している僕の目の前にペニスを突き出して・・・。 「ほら、しゃぶれよ」と命…
やっちまったorz
2017/08/02 06:28
2017/08/02 06:28
元カノ(現在は友達)とセックスしちまったorz ソイツとは付き合ってた期間が短かったからキスしかしてないのだが… 可愛いから当時は好きだったが今は… とりあえずスペック 俺 身長175痩せ顔は普通 18才社会人 友達(N) 身長150痩せ顔は平山あや似で可愛い 18才学生 かなり男にモテるらしい   とりあえず今パニクってて話がまとめられないから日付でまとめる 全部今月の話ね 5/14 Kから電話 何故か電話を出ると女の声…元カノだった 一年ぶりの電話 付き合っていたのは二年半前でしばらくは友達やってたがお互い気まずく縁を切っていた 「久しぶりじゃん!遊ぼ!」とのこと 元カノはこうやって何もな…
嫁の兄貴夫婦と温泉に行ったんだが
2016/04/13 09:00
2016/04/13 09:00
今年のゴールデンウイークにオレの嫁さんと子供2人(男×2)、
それに嫁さんのアニキ夫婦と子供2人(男・女)の4人で旅行に
行った。道が混むので夜中にクルマを走らせて旅館に向かった。
旅館に着いたのは朝の4時過ぎ。
運転疲れでオレとアニキ(義理)は大浴場に入りたいと言ってみたら、
24時間OKですよ。と言われ喜んでいたら子供も目を覚ましたので
結局みんなで大浴場に向かった。


大浴場は男湯・女湯と当然分かれており、オレとアニキ(義理)とが
2人で男湯に入り、子供4人はまだ小さいのでママさん2人と女湯に
入ることになっていた。
しばらくすると、うち…
【義家族との体験】 震災で傷心の従妹と持ってしまった関係
2016/04/16 18:23
2016/04/16 18:23
俺、28歳。従妹、26歳。震災をきっかけに関係を持つようになりました。震災で職を失い、某県の避難所で職を探しながら過ごしていた従妹。諸々のストレス発散を兼ねて、都内の私のもとを訪ねてきました。従妹は身内の私が言うのもなんですが、ものすごい美人。いつかそういう関係が持てたらと妄想はしておりましたが、でも本気でそう考えたことはありませんでした。訪ねてきた従妹にホテルを取ってあげて、そのホテルのレストランで食事をしながら、いろいろと話を聞きました。その時の話は割愛しますが、震災の諸々の苦労で心をすり減らしているのがよく分かりました。そのままラウンジでお酒を飲み、そろそろ帰ろうかと切り出すと久しぶ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】大量顔射の瞬間を彼女の友達に見られて・・・。

・【痴漢・レイプ】自慢の彼女を、親友だと思ってたやつに寝取られた話

・出張先で拾った泥酔メガネOLを送り狼

・近所のお兄さんに見せられました

・【熟女体験談】男の潮吹きを体験させてくれた回春マッサージ

・夫の出張中に義理の弟と過ちを犯しました

・ヤンキーにヤラれた巨乳の先輩2

・初めてのセックスの相手は貧乳のお姉ちゃん

・【人妻体験談】睡眠薬とお酒のコンボで爆睡した後輩の奥さんを睡姦レイプ

・倉庫で棚卸し中に、熟女社員の巨尻をバックで突きまくった

・【浮気】彼氏の友達と一線を越えちゃいました

・ 仲良し夫婦とで温泉旅行にいったら、巨乳の奧さんと不倫SEXできた

・「やっ○○くん?駄目だってば・・・。」彼女の声は完全に拒否してる声ではない。奴の腕が彼女のパンツの前に差し込まれていく・・・。彼女は「あ〜う〜・・・。ひぅ」と声を上げた。

・彼達に夢中

・お前が他人に抱かれて悶えてる所が見たい・・・

・レスで欲求不満だった私がパート先の上司と不倫した話

・友人の結婚式で再会した元カノと、朝までやりまくりました

・ 人妻ですが、夜の学校でマワされたときの刺激的な快感が忘れられません

・ビデオの中の嫁は、両腕を椅子に縛り付けられていてM字開脚状態。バイブを出し入れされていて、声をだして逝きまくっていた。【2/3】

・出会い系で愛人契約を募集してみた

・【痴女との体験談】いつもと違った朝

・【人妻体験談】後輩に寝取り相談され、後輩の嫁を淫乱痴女のエロエロに調教することになった

・【熟女体験談】寝取られフェチな義父にお願いされてハメ撮り義母相姦

・妻子持ちなのに甘ったれのバイト君を、体で慰めちゃいました

・【不倫】取引先の社長に頼まれて奥さんと枕営業

・【レイプ体験談】主要な米国メディアが朴槿恵の失態を連日報道

・浮気の必要性

・妻の協力で、後輩の巨乳の新妻に生挿入した

・彼女と久々のエッチが新鮮で濃厚で、私は中出ししまくりだった

・俺氏(21)バイト先の主婦(48)とセックス→なお慰謝料請求されたもよう