寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

同級生を奴隷にした話 6

2018/01/13 06:28


【下の話の続きです】
同級生を奴隷にした話


同級生を奴隷にした話2


同級生を奴隷にした話3


同級生を奴隷にした話4


同級生を奴隷にした話5


新年明けて、両親の仕事も学校も始まった。

俺のクラスでは3学期初めに席替えがあり、
俺と詩織は少し離れてしまった。
それまで詩織は俺の左斜め前だったのだが
今度は2列前の3つ右になった。

席が遠くはなったものの、幸運にもそれほどは離れていなかった。
それどころか、授業中の詩織の表情は、以前よりもよく見えるようになった。

それから、年末から年始にかけ、詩織は家族で海外に旅行に行っており
長いこと日本にいなかった。

せっかく詩織が日本に帰って来ても、
今度は俺が友達との予定があって都合が付かず、結局、
冬休みはほとんど詩織を調教することが出来なかった。

学校も始まり、久々に詩織を陵辱できるようになった俺は、詩織を縛ってみることにした。
といっても、SM雑誌に出てくるような
天井から吊るして鞭で叩くといったハードなものではない。

もし、天井から吊るしたら、間違いなく体中に跡が残るだろうし
そうなれば、体育の授業の着替えのとき、詩織の体の異変に女子が気付いてしまう。
なにより、ハードSMに俺自身、それほど興味がない。

単に、紐で縛って詩織を辱めて、異物挿入なんかしたら
詩織がどんな反応をするのか見たかっただけだ。

まずは初心者らしく、ベッドに縛り付けて拘束する方法を試し
それから体を縄で縛った後に服を着せて外出させるなど
ステップアップをしていこうと、俺は思った。

俺は、いつものように詩織への呼び出しメールを送った。

「今日、学校終わったら買い物行こうぜ」

「何買うの?」

「来れば分かる。学校終わったら代官山のホロル時計店の前に来いよ」

もちろん、代官山もホロル時計店も
便宜上付けた地名、便宜上つけた店舗名だ。
うちの自宅近辺は、代官山ほど都会ではないし、
あれほど洒落てもいない。

俺が待ち合わせ場所として指定したのは、地元駅の近くで
地元民以外は、言われてもピンと来ないような場所だ。
そう理解して欲しい。
まるで、人目を避けて逢い引きする不倫カップルのように
俺は、知人やお互いの家族が来なそうな場所を待ち合わせ場所として指定した。

約束の場所に行くと、詩織はもう一人で立っていた。

「ごめん。待ったか?」

「…ううん…いま来たとこ…」

「じゃ、早速行こうぜ」

「…あの……明けましておめでとうございます…」

「え?…ああ、おめでとうございます」

そう言えば、新年明けてから詩織と話すのは、これが初めてだった。
詩織は、自分を強姦し、今日も陵辱するであろう相手に対しても
新年の挨拶をするほど、律儀なやつだった。

「じゃ、行こうぜ」

「…あ…うん…」

俺が歩き出すと、俺に付き従うように
少し後ろから詩織が俺に着いて来た。

「…あの…何買うの?…」

俺の少し後から、詩織が俺に聞いた。

「女物の下着だよ」

「……何に…使うの?…」

きょとんとした顔で詩織が質問を続けた。

「決まってんだろ?おまえに着せるんだよ」

「…え…と…もしかして…プレゼント…てこと?…」

「いや、あんまり喜ばないでくれよ。
おまえにとって、決して嬉しいプレゼントじゃないから」

「………そっか…」

プレゼントかと思い、一瞬だけ複雑な笑顔になった詩織だが
すぐにまた悲しそうな顔になり、ポツリとそう言った。

下着を買うのはソフトSMのためだ。
ベッドに詩織を縛り付けるには、一つ大きな問題があった。

それは、全裸で縛ってしまうと、下着を脱がす楽しみがなくなるということだ。
やはり、下着を脱がす楽しみは、どうしても残しておきたい。
しかし、一度縛ってしまうと、下着を破らない限り脱がせられない。
下着を破ってしまえば、詩織の親に俺の悪事が気付かれてしまう。

悩んだ俺は、安物の下着を買って
それを詩織に着せてから、下着を破いて脱がすことにした。
記念すべき1回目だし、お年玉の収入があったので、
俺は道楽のために多少の金を掛けた。

俺たちは、安いと評判の近所の某ファッションセンターに行った。
俺は、上下とも白で、なるべく安くて、なるべくシンプルな物で
ブラはワイヤーなしのものと詩織に注文を付け
詩織自身に、自分のサイズに合った物を選ばせた。

俺の注文を聞いた詩織は、ワゴンの中を漁り始めた。
乱雑に山積みにされた下着の中から、
詩織はめぼしい物を一つ一つ拾い上げた。
ときには、指示とは全く関係ないパステルカラーの下着を手に取り

「うわー、やっすーい」

と詩織は目をキラキラさせた。

詩織は、陵辱のための小道具を買っている最中だということを忘れ、
しばし買い物を楽しんでいた。
このファッションセンターに来たのは、
詩織自身初めてとのことだった。

まあ、これぐらいはいいだろうと思い、
俺は詩織の好きにさせた。

いつもどこで下着を買うのかと聞いたら
いつもはデパートの下着売り場で買い
また、日毎に女らしい体つきになっていく時期だった詩織は
定期的に下着専門店に行き、サイズを測り直してもらったり
下着についていろいろ教えてもらったりしていると言う。

下着は毎日、自分自身が使っているのに、
それ以上何を聞くことがあるのかと詩織に尋ねたら
専門店に行けばいろいろ発見があるようで、
特にブラジャーの選択は、プロのアドバイスが有効らしい。

結局、詩織が選んだものは上下で千円前後だった。
予想を遥かに超える安値には、俺も驚いた。

買い物を終え、俺は詩織を連れて自宅に戻った。
いつものように紅茶を飲んで一休みし
頃合いを見てから俺は

「じゃ、そろそろ始めるか」

と詩織に言った。

「…はい…」

いつものように、沈んだ声で詩織は答えた。

その日は、ちょっと嗜好を変えて
詩織に服を脱がせるのではなく、俺が詩織を脱がせてみた。
買った下着をこれから着せるので
着せ替え人形遊びをする乗りだった。

詩織を立たせて、まずは詩織の制服のブレザーとカーディガンを脱がした。
それから靴下を脱がせ、スカートを下ろした。

いつもは、高圧的な命令によって脱衣を強制されたり
強姦同然に俺に強引に服を剥ぎ取られるのだが
その日は、趣向を変えて
お姫様が召使いに着替えをさせるように
かなり丁寧に脱がしてみた。
丁重な扱いを受けて、詩織の表情はずいぶん明るかった。

だが、ブラウスのボタンを開けて、前を開くと
表情に少し強張りが見えた。
表情にこそ緊張が表れた詩織だったが
ブラウスの袖を腕から引き抜こうとするときなどは
腕を伸ばし、脱がせることに協力した。

ブラウスを脱がされ、詩織は下着姿になった。
パステルカラーの水色の上下の下着だった。

「どうだ?
命令されて脱ぐんじゃなくて、俺に脱がしてもらうのは?」

「…やっぱり…恥ずかしい…」

詩織は「恥ずかしい」という表現をよく使う。
しかし、今日の詩織は、いつもの悲壮感漂う言い方ではなく
照れ笑いするように少し笑みを浮かべての言い方で
表情にかなりの余裕があった。

詩織が自分で脱ぐときは、いつも脱ぐとすぐに足元に脱いだ服を畳むが
今日は俺が脱がせたので、衣類は足元に脱ぎ散らかされていた。

きっと詩織は脱いだ衣類の乱れが気になるやつだろうと思い、
俺は、しばらく下着姿のまま詩織を立たせ、
俺は脱がした詩織の服をハンガーに掛けた。

「ありがとう」

と詩織は俺に礼を言った。

服をハンガーに掛け終えてから、俺は詩織の胸を
ブラの上からゆっくりの触った。
しばらく胸を触っていると、詩織の目が潤んできて

「…はあ…」

と聞こえるか聞こえないぐらいの吐息を漏らし始めた。

「どっちがいい?
いつもみたいに命令されて脱ぐのと、
俺に脱がされるのは?」

胸をゆっくりと優しく揉みながら、俺は詩織に聞いた。

「…こっち…」

詩織は恥ずかしそうに少し微笑んで答えた。

「なんで?」

「…あの…優しいから…」

照れ笑いのような微笑を浮かべ、詩織はそう答えた。

胸を揉みながらブラのホックを外し
ストラップを肩から引き抜いた。
詩織の胸の膨らみが露わになる。

つい欲望に従ってしまった俺は、
そのままソフトに詩織の胸の膨らみを撫で回した。

「…あ…」

詩織はまた、吐息を漏らすような声を出した。

これではいけない。
そのとき俺は、ふと我に帰った。

今日はソフトSMが目的だ。
いつもと同じように、
胸が露わになったら、そのまま本能に従って触っていたのでは、
いつもと同じように、詩織の体を貪ることになってしまう。

少し冷静になった俺は、詩織の胸から手を離し
詩織の前に屈んで、詩織のパンツをゆっくりと下ろした。

パンツを下げられた詩織は、
詩織の前でしゃがみこむ俺の、局部への視線を遮るように
片手で恥ずかしい部分を隠した。

手を押しのけて詩織のクリの辺りを前から少しだけ舐めると
俺は脱がした下着を適当に畳んで床の上に置いた。
それから俺は、買ってきた下着を袋から取り出し
値札などを取った。

「これ着せてやるよ」

「…はい…」

まだ何をされるのか全く分かっていないようで
局部と胸を手で隠しながら
きょとんとした顔で詩織は返事をした。

パンツを詩織の前に広げると
詩織は片足ずつパンツの穴に足を通した。
ブラの胸の前に広げると
詩織は片方ずつ腕を通し、下着を着せることに協力した。

俺がブラのホックを留めていると
詩織はブラのカップに胸を収めるよ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻体験談】近親相姦をした息子が嫉妬してくれることに愛おしく思う母
2018/12/16 12:02
2018/12/16 12:02
私は、五十路になる母です。 夫は単身赴任。週末は帰って来ます。 高一の16歳の息子が一緒にテレビを見ていた時に、私の脚を触って来ました。 なぜか拒否する気にならなかったのです。 へぇっ、私に?って感じでむしろ楽しんでました。 少しうとうとして、いい気持ちだったせいもあったかも。 スカートがまくれ上がり、かなりきわどいとこまであそこを伺う手。 黙ってると「なんだよ、ヤっちゃうよ!」とじれた息子。 怒るのを待ってたみたい。 私は黙ったまま。やがて手があそこに。脚を開かせ指先でつついたり揉んだり もう下着はぐっしょりになり、「あ・・ん・・ああ・・」と私は喘いでいました。 やっと私は口を開きました。…
童顔で150cmしかない先輩OLとセックスしちゃった時の話
2017/07/08 08:22
2017/07/08 08:22
昨日、会社の先輩と会社でヤりました。本当に最高のSEXでした。

先輩の名前はN(イニシャル)と言い、人妻で、33歳です(僕は25です)。

年齢的には30代ですが、非常に童顔であり、身長は150cm程度しかありません。

胸はA〜Bカップと小さめで、ウエストは55しかありません。とてもかわいらしい関西弁を使うので、僕は気に入っていました。

昨日は、僕と先輩の二人が最後まで残っていました。

時間は深夜1時を回り、二人ともややぐったりぎみ。僕は集中力が切れたので、先輩の席に行きました。
「仕事どうっすか?」と聞くと、「ん〜まだまだやねんなぁ」と返してきました。

「も…
彼氏持ちの女の子とHしちゃった体験談
2017/06/28 22:10
2017/06/28 22:10
何も抵抗しない状態での悪戯は堪りませんね。

という事で、自分の体験を書きたいと思います。

その日はうちで宅飲みでした。 メンバーは、自分の彼女28歳ミキ、彼女の親友ミナ、ミナの彼氏、この4人です。

この日、自分は最初からやる気満々で準備をしてました。

飲み会が始まると酒も進み、準備してあったウォッカをこっそり皆の酒に入れちゃいます。

自分は酔ったふりしてさっさと寝室に行きました。

彼女が寝室にくるまで長い長い(^_^;)

やっときたと思ったらベッドに倒れ込むミキ。
自分は寝たふりしたままミキの寝息が聞こえてくるのを待ちました。

30分くらい経ったですかね。

若干のいびきが聞…
台風の夜の大冒険
2015/12/25 12:01
2015/12/25 12:01
最近、といっても随分と前になってしまいましたが、挑戦したすごい事を報告いたします。時間は夜中の3時頃。 このまえ台風が関東に上陸した、まさにその日の夜明け前でした。 まだ強い風がふいていて、雨も横殴りに降っていました。前の日の夕方、お家から500メートル位離れたところにある公園のベンチの下に、お家のスペアキー鍵を隠しておいたのです。そして夜中に、体操着に白ハイソの格好になって、そっとお家を出る私。 あっ、私のお部屋はオートロックになっているのです。そしてマンションの屋上にあがりました。 傘も持っていましたが、ほとんど意味をなさないので、さしてはいませんでした。ほんの数秒でびしょびしょになり、体…
独身の時、3Pを経験した女の子って、結婚してもずっと夫には秘密ですね。
2016/02/17 22:02
2016/02/17 22:02
まだ独身だった時、親友の俊彦と、

いまは私の妻になっている優子と、

私たち3人はいつもいっしょに遊んでいました。

優子とつきあいだした頃、

俊彦と会う時間が少なくなってきました。

俊彦といっしょに遊んでいるとこんどは優子が、

私と遊んでくれないのね、と文句を言います。

俊彦はよく私の部屋に泊まりひとつのベッドで寝ていました。

なぜか誰も引き取り手のいないWベッドをもらってしまったからです。

いっしょのベッドで寝ていると、

時々、お互いの勃起したちんぽを手コキしあったりもして、

ちょっとホモみたいな感じでしたが、

手コキするときは必ず女のヌードを見ながらだったので

ホ…
▲部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた
2018/10/05 03:00
2018/10/05 03:00


夜になると、息子達はあっという間に寝てしまった。ずっと海で遊び続けていたので、疲れ切っているのだと思う。
『パパ、起きてる?』
妻が、小声で聞いてくる。私は、起きてるよと答えた。すると、
『パパ、あっちのベッドに行かない?』
と、恥ずかしそうに言う。私は、うんと返事をしてベッドを抜け出した。すると、妻は私の腕に腕を絡ませてきて密着してくる。腕に豊かな胸が当り、私は興奮し始めてしまった。

もう一つのベッドルームに到着すると、妻は待ちきれないという感じで私に抱きつき、キスをしてきた。

『パパ、はしたなくてゴメンなさい。でも、こんなに素敵な旅だから、あなたに抱いてもら…
【近親相姦】熟キャバ【体験談】
2017/01/30 06:40
2017/01/30 06:40
会社の飲み会の帰りに熟キャバへ行きました、暗い店内でニュウフェース?のおばさんが付いてエロ話とお触りを楽しんでいると「前に会ったことあるよね〜、前のお店で会ったのかな〜・・・」と聞かれ、俺も最初に見た時に何処かで見た事有るな〜と思っていましたが、スケベ心が優先していましたので「オマンコ見ないと思い出せないな〜」と云うと「奥に行く?」とカーテンルームに行きました。 長椅子で早々にゴムフェラから本番をしてスッキリしましたが、閉店時間間際なので「ホテルで寿司でも食ってもう一回しようか」と誘うとOKだったので待合せてゆきました。 この店はお持ち帰りは交渉次第でOKですし、その熟はぽっちゃりの巨乳で俺好…
【H体験談】北海道の秘境露天風呂であった2人組の女子大生
2016/10/26 00:31
2016/10/26 00:31
以前北海道を一人でツーリングしてた時に、
無料の露天風呂があるというので寄ってみた。



その露天風呂は辺鄙なところにもあり、わかりづらく
昼間にも関わら誰もない。



自分一人の貸切状態で
普段ならしないが露天風呂で潜ったり、泳いだりと、
一人で馬鹿みたいに遊んでいた。



そしてそろそろ出ようかなとすると、
20代ぐらいの女性二人組が入ってきた。



そこは混浴でなおかつ脱衣所が無いので
私の存在を知って退散するのではと思ったら、意外や意外。



タオルで隠す事無く堂々と服を脱いでいるではありませんか。



逆に私の方が恥ずかしくなる位でしたが、

彼女たちは私に

★飲むと露出をしだす妻
2017/04/05 14:52
2017/04/05 14:52
 最近わかったのですが、私の妻は、すごく酒癖が悪いようなんです。結婚する前から飲むとスケベになって感度が増すようなことがあったので、デートの時は軽く飲んでからというのがお決まりのパターンでした。

 結婚後は、外で飲むことがなくなり、家で私の晩酌に付き合って缶ビールを1本飲む程度でした。そんなわけですっかり忘れていたのですが、先日、共通の友人の結婚式があり、2次会、3次会と飲み続けました。

 自分もそうですが、妻もかなり酔っていたようです。4次会は、本当に仲のいい友人だけ集まって、飲んでいたのですが、いきなり妻が脱ぎだしたんです。自分も酔ってるし、周りは盛り上がってるしで、止めはしなかっ…
義兄の嫁さん
2016/03/24 19:27
2016/03/24 19:27
義兄は50才、私の二つ下だが、それまで独身だったが、奥手でなかなか結婚出来なかった。しかし先月お見合いで結婚した。なんと相手は32才のバツイチだが、結構美人でしかも巨乳でスタイル抜群。子供は居なくて、よくあるDVで離婚したらしい。義兄は優しいので、容姿は相撲取りみたいに太ってるが、見合いの席で話が盛り上がり、その場で結婚を決めたらしい。しかし、この嫁さんはとてつもなく淫乱だった。
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・当時のいいオカズ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・FXで嵌められた慶応卒の女先輩

・FXで失敗したエリート女の屈辱

・【人妻体験談】夫婦ゲンカをして飛び出してきた同じマンションに住む奥さんとハメまくってヤリまくり、この不倫を止められそうにない

・【レイプ】荒れた中学で起きた性的いじめの実態

・ウブな人妻は旦那しか知らない豊満な女体

・40代兄妹の性交

・【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

・45才の人妻のとても心に残る私の秘密の旅行でした

・【乱交】エアコン修理のおじさん2人に私の体も診てもらった

・凌辱された小学生

・ママ友ともナンパされホテルに行っちゃいました

・「精液好きです」って女がいるけど・・・

・揉まれたら理性が崩壊する私の理性は弱いです

・【寝取られ】Aカップの童顔妻を貧乳好きの変態男に抱かせた

・【人妻体験談】専業主婦を調教してリビングでSEXしたが、癖になりそう

・【熟女体験談】施設で知り合った熟女ヘルパーを口説いて、ホテルで中出しSEXををし、付き合うことになった

・憧れの女性

・弓道部のJKに生挿入したら、ギューッと締めつけてくれた

・情事をDVDに撮るのは考え物です

・私の計画実行(妻を部下に・・・)2

・【オナニー】女子刑務所内のオナニー事情

・【レイプ】バッグの中身を漁られる横で、すでに私は犯されていた

・大嫌いな妹を犯した話

・僕と従弟のユウくん

・「初めてのエッチ」講座

・某地域掲示板の熟女

・先輩に渡された本で彼女いない歴=年齢がスローセックス覚えた結果

・グリーン車