寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

百貨店のおばちゃん(1)

2018/01/13 04:13


ある百貨店のトイレで、掃除のおばちゃんと遭遇した。
おばちゃんといっても、結構若くて美人。
一生懸命、仕事をしているようだ。
ションべんしながら勃起してきた。
おばちゃんは男子トイレから出て行く気配はない。
他に客はいない。
思わず、しこり始めた。
おばちゃんは後ろを向いていたが、至近距離だ。
たぶん、しこってる俺のことは気付いていただろう。
しょんべんにしては、時間が長すぎるから。
何分が経過しただろうか。
「女が後ろにいる」
そのシチュエーションに俺は頂点を迎え、便器に白い液を飛ばした。
いつもより余計目にチンポを上下させ、ズボンにしまいこんだ。
無言で手を洗う俺。
おばちゃんも無言だ。
やがておばちゃんは、俺が白い液を出した便器に近づき、
飛び散った精子を拭き始めた。
その横顔は・・・目ざましテレビ、知ってるよな? あれに出てる生野陽子ってアナ
ウンサーがいるよな。あの人がちょっと歳のとった風貌だった。
今出したばかりなのに、また勃起し始めた下半身を抑えるように、俺はトイレを後
にした。
明日もまた、そのトイレに行こう。狙い目は開店直後だ。
今日も開店直後、例のトイレに突撃した。
しかし、あの女はいない。
「ちぇっ、待つしかないな」
仕方なく、俺はトイレ近くの喫煙所でタバコをふかす事にした。
1本吸った、2本吸った。
しかしヒマな百貨店だ。
婦人服売場のフロアということもあり、男性トイレには誰も来ない。
3本目のタバコに火をつけた時、
キタ━━━━━━━━━━━━!!!!!
紛れもなく、昨日のオバサンだ。
確かに生野アナウンサーに似ている(以下、生野アナで)。
すぐに後をつけてトイレに入ろうと思ったが、このタバコだけは吸うことにした。
俺のチンポは早くも勃起状態である。
意を決して、トイレに向かう俺。
入口には「清掃中」の札が。
そんなことは関係ない。俺は男子トイレに踏み込んだ。
この札があるから、他の男性客は来ないだろう。
絶好のタイミング!俺は心の中で神に感謝した。
男子トイレの中で、生野アナは個室の方で仕事をしていた。
俺は、すかさず小便器の前に立った。
いつもより一歩下がり、チンポが生野アナから見えるように。
いきり立ったチンポをジーンズから出そうとするが、
早くもギンギンになっているので、なかなかチンポが出てこない。
「痛っ」ファスナーにチンポが挟まり、俺は声を出してしまった。
「だ、大丈夫ですか?」と、生野アナの声。
その声でますますチンポは破裂しそうになった。
「は、はい、大丈夫です。それよりすみません、掃除中に。我慢できなかったもので」
と上ずった声で答える俺。
「いいえ」と話す生野アナと、初めて目が合った。
我慢できなかったのはションベンではなく、白い液の方だ。
生野アナは、そのことは分かっていたのだろうか?
生野アナは、小便器の横にある洗面の方に向かった。
鏡に洗浄剤を吹き付け、雑巾で拭き始めた。男性トイレから出て行く気持ちはないよ
うだ。
俺はもう一歩下がり、生野アナの位置から完全にチンポが見えるところで、しこり始
めた。
我慢に我慢を重ねて、やっとこける、この快感。
手の届くところに生野アナはいる。
こっちを見ずに、一生懸命に洗面を掃除している。
俺の右手のピッチが上がった。
「も、もうすぐ出る!」
そこで俺は考えた。少し身体を左に向ければ、生野アナを目掛けて発射することができる。
「ど、どうしよう?」
この就職難の中、やっと内定がもらえたところだ。
もし、生野アナにぶっかけ、騒がれたりして、警察沙汰になったらお終いだ。
「ぶっかけは、やめよう」
俺は少し離れた小便器に向かって、白い液を発射させることにした。
その時、生野アナはスポンジを俺の足元に落としてしまった。
「ごめんなさいね」と生野アナはこちらを向き、スポンジを拾った瞬間、
俺は絶頂を迎えた。小便器に白い液がほとばしった。
「い、いえ」気の抜けたような返事をする俺。
続けて「す、すみません。たまってたもので」と、俺は正直に言った。
生野アナはちょっと照れたような表情を浮かべながら、
「若い男の子って、こんなとこで処理するんですか?」
と聞いてきた。
「ええ、まあ」と俺は答えながら、すごく恥ずかしくなってきた。
洗面の方に向かう時、生野アナとくっつくようにすれ違ったが、
シャンプーのいい香りがした。アップで顔を見ると、やはり小じわはオバサンではある。
生野アナはまた個室の方へ入った。
俺はもう満足感いっぱいで、手を洗い、
何事もなかったように男性トイレを後にした。
今日も行ってきた。本当にヒマな俺だ。
以下、今朝の出来事を書く。
信じようが信じまいがそれはみんなの勝手だが、あくまでも実話なので、宜しく。
10時15分、某百貨店の婦人服売場フロア・男性トイレへ。
昨日よりの少し遅めの出勤だ。昨日も結局はこの時間だったからな。
入口に立てられた「清掃中」の札を目にする俺。
この緊張感、表現する言葉が見当たらない。
中に入る。
イタ━━━━━━━━━━━━!!!!!
生野アナウンサー、いつもの掃除のおばちゃんの格好だが、
今日はちょっと化粧が濃くないかい?
さっそく勃起してきた俺のチンコ。童貞じゃないのに、なんてこった。
俺「あ、どうも。いいですか?」
生野「あ、ええ(クスッ)。毎日なんですね。もうたまっちゃんたんですか?」
俺「ええ、まあ」
生野「出て行った方がいいですよね」
俺「い、いえ!仕事続けてください」
出て行かれたら意味ないじゃん。生野アナ、男の生理が分かっていないようだ。
小便器の前に立つ俺。
ポジションは、小便器よりも2歩後ろ。見せつけるには絶好の位置。
チンポを出す。今日はスムーズにほじくり出せた。
右手で握る。ゆっくりと動かし始める。
左足はオープンスタンス。そう、種田のバッティングフォームのように。
生野アナは、俺の左側。
洗面の下のほうにある、ゴミ箱を処理していた。
こっちを見ようとしない。
そこで俺はチンポをしこりながら話し掛けてみた。
俺「掃除の人って普通はおばちゃんだけど、ここは若いですね。ビックリしちゃった」
生野「そう?私だっておばちゃんよ」
俺「いやー、まだまだお姉さんですよ」
一生懸命会話を繋げる俺だが、生野アナは仕事の手を離そうとせず、
こちらを向いてくれない。

百貨店のおばちゃん1  2  3  4  5  6  7







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ゆうこちゃん
2016/03/13 05:01
2016/03/13 05:01
中学2年生の時、親戚の家族と海に行った時の話です。1つ下のいとこのゆうこちゃんと泳いでいて、夕方頃に私の水中眼鏡が割れて右手を切ってしまい、手当てを受けました。 手当てが終わる頃にはもう海水浴場には誰もいませんでした。 民宿に帰ると、もう皆お風呂も済ませていて、食事までの時間を寝転んだりして過ごしていました。水着のまま風呂場へ行き、さっさと脱いで風呂へ入っていると、すぐにゆうこちゃんも入ってきました。 「え?えっ?」と思っていると、「もうお風呂二人だけやって。」て言いながら、かかり湯し始めました。 「う、うん。」と言いながら、目はゆうこちゃんの体にくぎ付けです。 まだ毛は生えていませんが、ほっ…
パートナーを交換
2018/02/11 21:31
2018/02/11 21:31
彼女は独身。23歳。私は妻帯者。彼女との年齢差は20歳以上もある。私たちは不倫の関係である。 彼女が複数の男性と同時にセックスをしたら、どんなに気持ちがいいか・・・。一度でいいからそんなセックスをしてみたい、と言った。私は彼女の体を他の男に提供して、 男たちの手技、舌技、そして、挿入されて歓喜にむせぶ彼女の姿を観るのも悪くはないと思い、彼女を秘密クラブに連れて行った。 秘密クラブといっても暗いイメージはない。ごく当たり前の、普通の夫婦が集まり、スワピングを愉しむクラブである。 週末の夜の10時過ぎ、すでに7,8組のカップルがいた。さすがの彼女も初めての経験であり、緊張は隠せなかった。 シャワー…
嫁が入浴中に…2【不倫体験談】
2018/04/15 01:30
2018/04/15 01:30
その夜、トイレに起きてきた義母が私が寝ている部屋に入ってきて声をかけてきました。

「真一さん、もう寝ちゃった?」

そっと声をかけてきた義母にまだ起きてると答えると、布団の中に招き入れました。
 
狭い簡易ベッドの中で、義母に腕枕をすると、「雅子のいびきうるさくて」義母は小さい声で笑いました。
こんな風に義母を抱きしめるのも初めてで、心臓が波打ちました。

「真一さん。私、心臓がおかしくなりそう」
そういって、ぎゅっと腕を掴んできました。

「僕もですよ」そういって唇を重ねました。
舌を入れると、最初はなかなか受け入れてくれなかったですが、ついに歯の隙間から舌先を出してくれました。

布団…
パン屋でバイトしてる可愛いコと
2015/08/25 09:39
2015/08/25 09:39

一年前から毎週休みの日に、3つ目の駅のパン屋のテラスで朝食を食べている。

そこの店員の女の子のかおりという子がめっちゃ可愛い。
かおりはパン屋のバイト以外にもイベントコンパニオンもやっているようだ。
毛はロングで少し茶色、身長は165cmほどで、スタイルもすごく良く、ケツも凄くセクシー。
年は24歳。

毎日かおりでオナニー。
どうしてもやりたい気持ちでいっぱい。
パン屋でパンを食べた後はいつでもトイレでオナニー。
ついに夢が叶うときが来た。
日曜日にとあるパーティーがあるという事で、参加したらそのかおりが同席していた。

かおりが数分間俺のほうを見ていた。
こ…
【妹との告白体験談】 怖いくらいに愛されて・・後編
2016/06/15 21:15
2016/06/15 21:15
妹は首に腕を巻きつけ、僕が離れられないようしっかり抱きついてきました。抱きつかれて初めて気づきましたが、妹は下着姿で何も着ていませんでした。この時、「コイツこんなに胸あったっけ?」と、あほな事を考えてしまいました。しばらくキスをしていましたが、今度は口の中に舌を入れようと舌で僕の口をこじ開けようとしてきました。そうはさせるかと僕も力いっぱい口を閉じ、それを拒みました。何とか口を開けようと妹はがんばっていましたが、僕の力には敵わず代わりに唇やほっぺ、耳や首筋など、所構わず甘噛みしたりキスをしてきました。僕はがんばって耐えていましたがゾクゾク感に耐え切れなくなり、口を開けてしまいました。「ちょ…
妹の喘ぎ声でオナニーして自分の手をザーメンまみれにした情けない話
2015/11/18 00:00
2015/11/18 00:00


夏休みになると毎年、

我が家に妹夫婦が子供二人を連れて泊まりにくる。

今年も実家に遊びにやってきて、

夕方私が仕事から帰ると妹が玄関で枝豆をもいでいた。

「お兄ちゃんお帰り。しばらくお邪魔するね」

妹は35歳、小学生と保育園の子供が二人いる。

旦那は確か二歳年上の37歳だったかな。 

私は37歳で、未婚・・・

私も早く結婚したいが

残念ながら相手がいなくまだ独身だ。

妹は座って枝豆をもいでいたが、

Tシャツのすきまから胸の谷間とブラチラしてた。

妹のオッパイなど見ても興奮などしないはずだが、

つい胸の谷間に視線がくぎづけになる。
妹のお…
スケベ過ぎ^ ^
2018/03/02 19:22
2018/03/02 19:22
どーしても気持ちいいことが頭から離れないエロい女性が多い^ ^俺らは、毎回同じ女を頂くよりも出来れば、毎回違うエロい女性を好む。^ ^ そんな事は今はもう出来ない。自分がまだまだイケイケのただのナンパ師なら、大丈夫だと思うがこのおっさんには、そんなリスクの高いスリルよりも、継続出来、いつでも求めてくれる女性が一番楽に、チン⭐︎の喜びを感じている^ ^ 俺を誘い、出会った瞬間、見つめ合うその視線が既にエロい^ ^ 2人切りになると必ず抱きしめキスを
❤イケない事と分かっていても止められない
2017/07/22 18:00
2017/07/22 18:00
 独身時代に合コンで知り合った2つ年上の人との関係になります。知り合った、その日は何もなく別れたのですが、その次に二人で会ったときに話が弾み、終電を逃してしまうと、ホテルに行きました。

 その時の相性がいいのか、彼が上手なのか分かりませんが、すごく気持ちが良くて、恥ずかしい話、私は彼に跨って自分で腰を振り、彼から出そうだからと押しのけられそうになっても、その場を離れずに腰を振り続け、中に出してもらってしまうほどでした。

 責任なんて言葉は彼と私の間にはなく、子供が出来ても良いくらいに思ってしまったのです。週末だったこともあり、そのまま別れるのは簡単でしたが、私の方から少しデートに誘い、…
バイトのJDと遊びでヤったけど、その子が結婚して切なくなった話
2017/01/03 12:50
2017/01/03 12:50
22の時の話なんだけど、バイト先で知り合った女の子がいたのね。
仮にA子とする。彼女は19だったっけな。芸能人で言うと、北川景子に少し似てるかな。
A子は俺に結構なついていて、いい先輩みたいな感じだったのよ。
俺はその時がんばって口説いてる女が別にいたんだけど、まぁ、なかなか上手くいかない。

で、バイトやめるって時にA子からメルアド教えてくださいって話になって、まぁ、教えたわけ。
ちょくちょくメールくるようになって、って言っても、たわいのない世間話だったんだけど。

で、このあたりで、俺の悪い心がささやくわけよ。
「ちょっと手をだしてもいいんじゃないか?もうバイト辞めたんだし…。」…
ついに60歳オーバーの高齢熟女っていうかお婆ちゃんとセックスしてしまったんだがwww【SEX体験談】
2016/12/21 09:25
2016/12/21 09:25
つい出来心で60歳オーバーの70歳に近い

高齢熟女っていうかお婆ちゃんとHしてしまったw

ちなみに俺はアラサーの独身です。

彼女は一応いましたが、別れました。