寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

物静かな女の子が俺の体操着で角オナニーしてた話

2018/01/13 01:31


俺が中学2年の時の話なんだけど、いつもクラスで一人で寂しそうに行動する子が居たんだ。
子供の目から見ても整った顔立ちで、儚げなタイプ。
ただ父親が蒸発しただとか、母親がその子を育てるために
スナックに勤めてるとかのしょーもない事と、その子が人に積極的に
話しかけられないタイプだったから、いつも寂しそうに一人でご飯を食べたりしてる姿が印象的だった。
 
 
俺の学校は中学なのに制服じゃなくて私服の学校だったんだけど、
男から見てもその子の着てる服のレパートリーが少ないように見えたのも、
同性から馬鹿にされてた原因の一つだと思う。
俺はその子を避けてるつもりはなかったけど、そもそもそんな女の子じゃなくても
気軽に異性に声を掛けられる年代じゃなかったから、可哀想だなって思ってたんだ。ただある日、ホームルームで家庭訪問の話題になったときに、
女子の一人が片親の彼女をからかうような発言をしたから、
思わず抗議の意味で立ち上がってそいつを睨んだんだ
まぁヘタレな俺だから何も発言はできずにずっと睨んでるだけだったんだけど、
一応その話題はそれで打ち切りになった。
そのときの彼女の嬉しそうな顔は、まだ記憶に残っている。
ただ、その時から、彼女が俺に懐きはじめた。
それからというもの、移動教室の時に一緒に教室まで行こうとか、
何かペアを作るような授業の時に一緒になろうって、声を掛けてくる。
こんな可愛い子が懐いてくれるのは凄い嬉しかったんだけど、男友達は妙に冷やかしてくるわ、
女連中は影口叩いてるのがありありと分かるわで妙に気が気でなくなってくる。そんなこんなで一週間ぐらいそんな状態が続いた後、
体育で柔軟体操を一緒にやろうって言われたんだ。
そりゃ、女の子と柔軟なんて色々触ったらりくっついたりできるチャンスだしやりたいかったけど、
恥ずかしさと周りの目が気になって、断ったんだ。
それも、恥ずかしさもあってつい過剰にもう誘うな、そんなに一緒なのはおかしいだろって。
彼女はショックを受けた感じで、寂しそうに目を伏せて俺から離れていって、
一人で柔軟をやり始めたんだ。
その時に謝るべきとは思ったんだが、謝る言葉もタイミングも掴めず、
それからまたずっと一人で行動する日々が続く彼女を横目に眺めてたりしたんだ。そんな元通りの日々になって4日後、放課後の部活が終わった時。
いつもは部室で着替えて直接帰るんだけど、部活中に教室に体操着を忘れ物したのを思い出して
(部活はユニフォーム)教室に戻ったんだ。
そうしたら、校舎の中も誰も居ないような時間帯なのに教室の前に行くと
教室の中からカタカタと、くぐもった声がする。
というか、聞き間違いかもしれないがどうもその声は俺の名前を呼んでるような感じだ。
何か不審に思ったんで、ドアを開ける前にそっとドアの隙間から中を見てみる…と
例の彼女が教室の窓際の方で白い布を片手で口に当てながら、
もう片手が机を掴みながら体を押し当て、揺らしている。
…どうやら話に聞く机の角でオナニーというやつだ。
それも俺の机で。というか、あの布は俺の体操着じゃないか?
見なかったことにして帰っても良かった。
いや、彼女の事を思ったらそうするべきだったんだろう。
けど、気付いたときには体が扉を開けていた。
突然開いた扉にはっと手にしていた体操着を机に置き、立ち尽くす彼女。
見られたのがよりにもよって俺というのが、普通に考えたら彼女にとって幸いだっただろう。
他の奴らならクラスに言いふらしたり、代わりに何を要求するかわからない。
が、今の彼女にそう考える余裕もあるはずもない。見てて気の毒になるぐらいの狼狽ぶりで「ち、ち、違うんです、わ、忘れ物を取りに来たら…その、体操着が置いてあるのが見えて、
 その、Tくんに届けなきゃって思って、で、でも私嫌われてるから・・・だから、あの、その」
と弁解を始める。まぁ、状況の言い訳にすらなってないことは彼女にも分かったんだろう。
その場にへたり込んで、ごめんなさい、ごめんなさいと呟くだけになったんだ。
そんな彼女を見て、俺は…保護欲の歪んだものだろうか、
こいつを俺だけが独占して、俺だけが苛めたい。
そう、思うようになってきた。 「何をここでしてたの?」 
と、分かりきった質問をする俺 「ごめんなさい、ごめんなさい」
へたりこんで顔を覆い、首を横に振って謝罪するのが精一杯なその子。 「ごめんじゃなくて、何をしてたの?」
わざとらしく彼女が押し付けていた机の角を指でなぞっているのを見せつけ、執拗に質問を重ねる。
指先から、机に少し湿り気があるのがわかった。 「その…一人で、してました」
背中にゾクゾクっとしたものが走る。
やばい、この感覚、止められない。 「何をしてたの?俺の体操着の匂いを嗅ぎながら」 普段の俺と全く違う執拗さに、彼女が俺を見る。
俺が何を求めているのか、少し分かったかもしれない。 「ぉ、お、おなにーを…してました。Tくんの事を考えながら…。
Tくんの体操着の匂いを嗅いでみたら、止まらなくなって…。
気持ちよくて、頭の中がぼーっとして、やめなきゃと思っててもやめられなくて…」 心の内を話し始める彼女に、ゾクゾク感が止まらない。俺の分身は先ほどからボルテージがMAXに
到達している。 「あーあ、机も、体操着も汚しちゃってぇ。こんなことしてたの、みんなに言われたらヤダよね?」 俺もいじめっ子の気質があるのかもしれない。
が、俺はいじめること自体が楽しいんじゃない。
好きな、あぁそうだ、好きな子を苛めて、いつもと違う表情を見るのが好きなんだ
怯えた表情で、こくりと一度だけ頷く彼女。
次の言葉を言う前に、唇を舌で舐め湿らせる。 「んじゃ、俺の言うこと何でも聞いてよ。そうしたら黙っててあげる」 何でも言うことを聞く、それの意味することが分かっていないのか、
ちょっと嬉しそうに何度も何度も頷く彼女。
罪悪感が少し募る。
ここで適当なお願いだけしてやめるべきか・・・とも思ったが、
少し崩れた衣服の彼女を見て、そんな考えも吹き飛ぶ。 「それじゃ、続き、してみろよ」 一瞬、何のことか分からなかったのだろう。
きょとんとした彼女の表情が、見る見るうちに赤く染まっていく。
それでも、よろよろと立ち上がって俺の机の前に立つと、
机の角を見て、それから俺に何かを求めるような目線を投げる。
許可を求めてるってことに気付いた俺は、俺の机でやっていいよ、と声を掛ける。
それを聞いて彼女がちょっと嬉しそうに見えたのは気のせいか。
さすがに俺の体操着を再び使うことは無かったが、
ワンピースの裾の中に机の角を入れていくような感じで角を股間を押し当て、
先ほどのようにカタカタと小刻みに動き始める
見られている事に興奮しているのだろうか、若干涙目のようにも見えるが、
彼女の表情が先ほど遠目で見た表情より数段恍惚の表情に見える。しばらくカタカタとしていた彼女が、 「あ、あの…お願いがあるんですが」、と口を開く
何?と返すと、「Tさんの手、握らせてくれませんか?」と言う彼女
黙って手を差し出すと、それをキュッと握ってくる。
小さい、強く握ったら壊れてしまいそうな手。
その手がしっかりと、力強く俺の手を握っている。
そのまま彼女が俺の顔を見ながらカタカタと
続きを始めると、しばらくして指先が肉に食い込むぐらい握っている手の力が強くなってきて、
Tくん、Tくんと何度も呟く。
ここの俺を呼んでるのではなく、妄想の中の俺を呼んでるのだろう、か。
と、1~2分ほどだった頃に彼女がビクンとしたかと思うと、彼女が机に覆いかぶさるように
へたりこみ、握った手も離れた。
軽くイッた、という奴だろうか。 愛おしさが込み上げてくる。
もっと、もっとこいつの色んなところを、色んな仕草を見たい。
机にもたれかかっている彼女に、
「ほら、立って。まだ終わりじゃないよ」
と声を掛け立ち上がらせる。
力が出ない状態で無理に立とうとしているからか、棒立ちの彼女が若干左右にふらふらと揺れている。 「んじゃ…ワンピースの裾めくって、中を俺に見せてよ」 正直、もっと抵抗すると思ってた。
本当に嫌がるようなら、やめようと思ってた。
けど、躊躇しながらもするすると手を下に伸ばし、指先で淡いブルーのワンピースの裾を掴む。
そして、恥ずかしそうに横を向きながら、そのワンピースの下の普通人には見せない布地が
見えるか見えないかぐらいまでたくし上げる。
まぶしいぐらい白い肌。
そのふとももの付け根に位置する三角の部分の一番下の部分がちらりと見えた気がするが、
ほとんど見えなかった。
グレー…っぽかった気がする。 「もっと、良く見せて」 俺は一歩近づいて更に命令をした
観念したように、裾を持つ手を引き上げる彼女。
パンツの上のラインどころか、可愛いおヘソまで見える。
…というか、ワンポイントのリボンがあるにせよ、普通の白いパンツだ。
さっきグレーに見えたのは…。
良く観察してみると、パンツの下の部分が、湿ってやや変色している。
これと光の具合で、グレーに見えたのだろう。
これが濡れてるってやつだろうか。
と、一度今の状況をふと気付くと、いつもみんなと一緒に授業を受けている教室で、
とても可愛いクラスメイトが、真っ赤な顔で恥ずかしそうに真っ白な素足をさらしながら
ワンピースをたくし上げて俺にパンツを見せている。
この状況をふと考えると、俺の中で何かを制御していたものがどこかに飛んでいく彼女の目の前まで移動し、肩を掴む。
ワン…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
新卒の可愛いのに処女だった看護婦とのエッチ体験談
2015/11/22 12:00
2015/11/22 12:00

今年の春に交通事故に遭い1ヶ月程入院しておりまして、入院中に新卒新任の看護士と仲良くなりました。 小柄で化粧けの無い可愛い感じの少し、田舎臭いところはありますが、彼女の年齢は22歳、見るからに処女! 私の担当の彼女は新任ですので、半年間は夜勤も無く、フリー業務以外は毎日私のお世話をしに来てくれました。 入院も20日を過ぎる頃には彼女との関係も深まり、お互いのプライベートな事も話す程の関係になり、1ヶ月程の入院生活も終盤に近づくと、彼女の仕事帰りに、人気の無い外来で密かにデート?をする様になりました。 最初、彼女は妻子持ちの私に少し距離を置いてのデートでしたが、真面…
アメリカの大学に留学してたときに会った女友達との話
2017/05/31 21:01
2017/05/31 21:01
俺がアメリカの大学に留学してたときに会った女友達との話。 田舎の州だったせいか日本人は俺とその女の子の二人しかいなかった。彼女の名前は「ゆみ」といった。 ゆみは日本人離れした明るく突き抜けた性格と、ヨガで鍛えたとかいうナイスバディーで、国籍を問わず 男たちに人気があった。そんなんだから、同じ日本人というだけでゆみと仲良くできた俺は、大学の男どもから かなり羨ましがられていた。 だが、俺から見るとゆみは少しアメリカナイズされすぎていた。彼女は大抵ちょっと勘違いしたビッチが着ていそうな 乳首がギリギリ隠れるくらい胸の開いたキャミソールに、太ももの付け根に食い込む様なショートパンツというような …
隣の大学生の巨根にハマってしまい・・・
2017/07/26 23:00
2017/07/26 23:00
 

  26才の人妻です。結婚して4年になります。主人とはお見合い結婚でした。今時恥ずか しいのですが、主人が初めての男 性でした。そして、あの日までは主人を愛していました。でも今は何人もの男に抱かれ て淫らになってしまいました。もう主人とのセックスではものたりなくなってしまいました。私たちは結婚して3年目に念願のマンションを購入しました。そして引越しの挨拶回りをしていると隣には大学生が住んでいました。どこかのボンボンが親のスネをかじって暮らせているのかな?と思っていま した。どこかチャラチャラしていて印象は良くありませんでした。で もゴミ捨てなんかにいくとそ…
余命宣告された娘は「男の人に抱かれてみたい」と言った
2017/02/24 18:01
2017/02/24 18:01
305 名無しさん@ピンキー[sage] 2012/09/02(日) 06:43:53.84 ID:4LXBy8Hw 高校受験の時に娘が倒れ医者から2ヶ月の余命宣告 娘は嫁に「男の人に抱かれてみたい」と言った 嫁から相談され俺は娘とした 306 305[sage] 2012/09/02(日) 07:34:14.12 ID:4LXBy8Hw 娘とキスし乳を揉んだら娘がアヘアへしだした 正直…想像と違いビックリ 挿入しようとしたら娘が「いたい」 ぐちゃぐちゃに濡れてたけど処女 嫁との約束では一回だけ 307 305[sage] 2012/09/02(日) 07:58:44.36 ID:4…
【人妻体験談】隣の人妻と宅飲みして・・・
2016/05/13 12:02
2016/05/13 12:02
俺は結婚してて、マンションと言うにはちとボロい、かと言ってアパートと言うにはちょっと高級、といった感じの家に住んでいた。そこで、経緯は忘れたが、なぜか隣の部屋の20代夫婦と仲良くなった。 良く一緒に海に行ったり、ペンションに泊まりに行ったり、お互いの部屋で宅飲みをしていたな。あ、もちろん夫婦同士4人でな。 ある日の夜、その時もウチで宅飲みしてたんだけど、その日はSちゃん(26歳)がダンナと喧嘩をしていたんだ。だからダンナは来てなかった。俺はダンナに対するSちゃんの愚痴を聞いていた。 で、こういうシチュエーションではお決まりのようにうちの嫁が先に沈没。そして俺も眠くなってコタツに潜り込んだのだ…
フェラがすごく巧い女子大生、我慢できずに口内射精
2016/07/19 17:00
2016/07/19 17:00
あれは去年の今頃の出来事。大学に入ったばかりの俺は、先輩に紹介された塾で講師のバイトをすることになった。待ちに待った大学生活!ということで俺は浮かれ気分で、塾講師のバイトも大いにはりきっていた。
その塾には正講師になるための研修期間があり、研修生同士で授業のやり方や黒板の書き方を練習し合っていた。


俺は板書が下手だったので授業後にひとりで板書の練習にあけくれていた。
そんなある日のこと、いつものように練習していると、
「あれ、佐藤君まだやってるの? 」と後ろから明るい声が。
チョークの手を止め振り返ると、小野真弓似の由樹さんがいた。

由樹さんとは挨拶くらいしか…
【近親相姦体験告白】コスプレにはまった姉  =近親相姦=
2016/01/03 23:19
2016/01/03 23:19
73022◆nwanekiBpAsage04/03/2801:55ID:7sQ8wW3T3月14日の朝、姉貴に買い物へ付き合ってくれと頼みました。 ホワイトデーなので姉貴の欲しい物をお返ししようと思っていたからです。 「姉ちゃん。ドンキ・ホーテ行こうよ」「何しに行くの?」「好きなもの買ってあげるから」「ホントに!?」「でも高いものはダメだよ(w)」「行く行くーっ!」こんな会話をして近くのドンキへ車で向かいました。 店へ到着すると、開店してまだ間もない時間だったのでお客の数は少な目。 二人で陳列された品物を色々と物色していると、姉貴が「これがいいかなぁ?」と赤と白の千鳥格子柄のクッションを手…
【近親相姦】仕事中、ピンピン状態で打ち合わせ【体験談】
2015/10/05 18:04
2015/10/05 18:04
みんなにも経験があるだろう。 仕事中にびんびんテントになって、その状態で女の子と打ち合わせするという シチュエーション。 特に、男が立って、女が机に向かい、男のテントがちょうど女の目線の上下あたりに来ている という状況。 しかし、濡れ濡れ爆破寸前、テントびんびん丸出しでそのような状況になった人はまれだろう。 その前に、いくら露出狂的な変態でも、テント丸出し大公開ということ自体が 到底できないものと思われる。 女3人いて、しかも狭い女のにほひむんむんむれむれのスペース中で、 そのような大テント状況劇場になったら、もうこれは、お縄になってでも何とかしなくては と思うのが変態の人情というものだ。「●…
ハローワークにいた風俗嬢と恋をした
2017/08/27 22:06
2017/08/27 22:06
底辺男の俺はハローワークで求人検索をしていると、
隣にとても良い香りがする女性が座ってきた。

当然顔を見る事はできなかったが、とてつもなく甘くて妖艶な匂いがしてきた。
首は横に向ける事はできないが、目だけ何とか無理やりその女性の方を向けてみた。
若く、どちらかと言うとお色気ムンムンの人だった。顔は見えなかったが、(雰囲気だけ見ると夜の商売まではいかないが)セクシーなヒラヒラした服を着ている女性だった。


その匂いで急にムラムラきてしまい、もう求人検索どころではなくなった。

しかし、その女性はそんなに長くはその場におらず、席を立ってしまった。

せめて顔だけでもと思い、相手が立っ…
モテない俺が妻子を忘れて職場の女を抱いたあの日は一番輝いてたと思う
2015/10/28 22:30
2015/10/28 22:30


厳密に言うと職場ではないんだが、


この前、会社の派遣の女の子とやっちまったのでその話を。




俺はとある家電メーカーのエンジニア33歳(妻子アリ)なんだが


その子は年齢が25歳で彼氏アリ。

N美としておく。




俺は間違ってももてるタイプではなく、メガネ&ガリでオタク系。




それなのに、N美が俺に気があるらしいという話を会社の友人より聞き、


半分信じてなかったんだが


会社の新人歓迎会の帰り道でたまたま電車の方向が同じで二人になった。



会社の人間の噂話などしつつN美が降りる駅…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【SM・調教】おしっこをかけられて悦ぶ可愛いドMちゃん

・葬式の夜に従妹達とハメまくっちゃいました

・社宅での体験談

・△出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた6(転載不可)

・姉弟のパピオン

・バイブで訳がわからなくなりました

・【Hな体験】お酒が入るとエロくなる小柄な美形OLさんと

・おとなしくて優しいくせに淫乱な兄嫁を寝取ってしまった

・最終手段使って人妻に筆おろしされた時の話

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 3

・妊娠しても息子と血液型は同じだからいいだろう・・・

・公衆トイレは女性にとって悪夢な空間

・強引にされると断れない

・【人妻体験談】ママチャリに乗った無防備な巨乳若妻をナンパしたら簡単にヤラせてくれた

・【寝取られ】不倫セックス中に嫁が吐露したエロすぎる昔話[後編]

・若い女より熟女に目が行く俺

・初めての相手は、近所の素行の悪い女の子でした

・秘書の私は社長に性接待をお願いされ取引先の社長に抱かれました

・「証拠はコレです!」とICレコーダー

・事務員さんはアラフォーな人妻

・【人妻体験談】認知症になった義父にレイプされた嫁

・【熟女体験談】妻の恥ずかしい姿を他人に見せるのが大好きな変態夫がブラホックを外し、みんなの前でおっぱいを露出させるエッチな悪戯をしてきた

・近所のお兄さんに悪戯された

・【不倫】娘と同い年の大学生に虜にされた

・ひと晩で10発も出した21歳の大学生 若いってすごい!

・働くエロいお姉さん^ ^

・【不倫】うちのトイレでオナニーしてた妻の友達と

・【不買】 私達にも出来る経済制裁 【運動】

・【レイプ】昼寝をしていたら知らない男にクンニされていました

・初めてピンサロ行ったったっwwww