寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

結婚記念日の旅行で

2018/01/12 23:28


今年で結婚25周年を迎える。私は50歳、妻の眞澄は51歳。記念に1泊で温泉旅行に行くことにした。
夕方にチェックインし、7:00頃からホテルバイキングの夕食。温泉が評判のこのホテルは週末でかなり混み合っていた。
私と妻は美味しい食事に舌鼓を打ちながら、仲睦まじくしていると、どうも他のお客の視線が気になります。
横のテーブルを見ると、大学生と思われる5人組がニヤニヤ、コソコソ話をしながら妻の眞澄をジロジロと観ていました。
妻の眞澄は、51歳ですが大柄で、B96、W75、H110といったぽっちゃり熟女好きにとっては堪らないプロポーションをしています。
この時の妻の服装は、白のキャミソール(ノーブラ)に白のタイトミニにベージュのレースのストッキングで、脚を組んでいたのでミニスカからムッチリとした太腿が露わになっていました。
そんな妻の体を若者達は、食事もそこそこにジロジロと見ているのでした。
私は、妻に「あの若者達、さっきからお前をジロジロと見ているんだけど…」妻は「そんな訳ないじゃないの。
こんなデブなおばさんなんか誰も見たりしないわよ。」
もう一度若者達を見ましたが、やっぱり視線は妻の体に集中しています。
私は、どうも落ち着かなくなり、「もうそろそろ出ようか」と妻に促し、場所を変えバーでワインを飲む事にしました。
カウンターで飲み始め30分程経った頃でしょうか、なんと先程の若者達が入ってきたのでした。
彼等は後ろのボックス席に座りました。
気になり後ろを見るとやはりこちらを見ているのでした。
そのうち、その中の一人がこちらに来て、「すいません、俺たち女っ気ないんで、よろしけば一緒にお話しませんか?」
「あらぁ、こんなおばさんでもいいの?あなたどうしましょ?あなたも一緒に行きましょうよ。」
「う?ん、俺はいいよ。たまに若い人の雰囲気を味わってこいよ。」妻「じゃあ、ちょっとだけお邪魔してくるわね。」
と言って若者達の待つボックス席に向かいました。妻のその後ろ姿は、しろいタイトミニから出たやや太目の脚が妙に艶かしく、訳もなくなんだか嫌な予感を感じました。
カウンターに残り一人で飲む私に、ボックス席から若者達と妻の会話が聞こえてきます。
若者達「奥さん、しっかしナイスボディーですねぇ……レストランからずうーっと気になってましたよ……」
妻「あらぁ、ただのデブよ。もっと痩せたいんだけど、なかなかねぇ…あなた方は口がお上手ねぇ…」
若者「俺たちくらいの年齢って、奥さんみたいな色っぽい熟女さんて溜まらないんですよ……」
妻「いくらお世辞を言っても何にも出ないわよ、ホホホホッ…」
若者「いやぁ、とにかく俺たちは嬉しいんですよ、今日は思う存分飲みましょうよ…カンパ?イ」随分と盛り上がっています。
様子を見ると、そのうちの一人が妻の肩をしっかりと抱き寄せて、妻も頬を紅潮させ若者にもたれ掛かっているではありませんか。
私は気分が悪くなりボックスに向かい「そろそろ風呂に入ってくるけど、お前どうする?」妻は何だか酔った様子で「う?ん、久し振りに楽しいからもう少しいいかしら?」
私「じゃあ、あんまり長居せずに戻れよ」
若者「ご主人、すいませ?ん。もう少し奥さんお借りしま?す。」
私は、お風呂に向かう途中でも、「まさか、自分の妻があの歳で息子ほど年齢の違う若者達の一夜の性欲処理の肉便器になってしまうのだろうか……」そんな嫌な思いが頭を過ぎっていました。
時計を見ると9:30でした。
私はゆっくりお風呂に入り部屋に戻りビールを飲みながら、テレビを見ていました。時計は10:30。
もう30分もすれば妻は戻ってくるだろうと思っているうちにウトウト寝てしまい…目が覚めて時計を見ると0:00を過ぎていました。
妻はまだ戻っていません。確かあのバーは11:00までのはずなんですが…。
ちょうどビールがなくなったので、廊下の自販機に買いに出ました。
廊下の隅の自販機に近付いて行くと、奥の方の部屋から声が聞こえてきます。
私はその部屋まで足を進めました。
どこかで聞き覚えのある声……私の悪い予感は的中してしまいました。
廊下まで聞こえてくる獣のようなその声は、妻の眞澄の声だったのです。
「オオ?ッ、イイ、イイ、気持ちイイ?ッ…大きい、大きくて硬?い…こんな…こんなデカいチンポ初めてよ…もっと、もっと、もっと奥まで点いて、つきまくってぇ?ウオオ?……」
若者「ほら、ほらっおばさん、前のお口もこの大きくて硬いの、欲しいんじゃないの…」
妻「欲し?いっ、欲し?いっ、あなたのそのデカいチンポもしゃぶらせて?…」若者「ほらっ、しゃぶらせてやるよ…うわっ上手いよ、このおばさんすっごい吸い付きだよ…」
妻「美味し?い、アアッ美味し?い、大きくて硬くて若い男のチンポ、最高…!」
若者「しっかし、スケベなおばさんだなぁ、見ろよこの垂れたデカ乳、肉の余った三段腹、ムッチリ脂っこい腰、肉付きのたっぷりした巨尻…こんな凄い肉体、一晩だけじゃあ勿体無いよなぁ…」
若者B「これからずうーっと俺達の肉便器として飼って調教してやろうか…」
妻「飼って?.飼って?あなた達の女にして?、こんなの味わったらもう家に帰れないわ?」
その後も、妻の絶え間ない絶叫、若者達の卑猥な言葉、グチュグチュと粘膜の擦れる音、チュバチュバと妻のフェラチオの音…が、ひっきりなしに聞こえてきて、私はもう堪らない気分になり部屋に戻ることにしました。時計はもう夜中の2時を回っています。
部屋に戻ってベッドに横になっても興奮して、中々寝つけません。
そうこうしてウトウトしていると、カチャッとドアの開く音がして、やっと妻の眞澄が戻って来ました。
私は怒りよりさきにちょっとホッとしました。
妻は部屋に入るなりフラフラっとベッドに倒れこみました。
「随分遅かったじゃないか…」妻は何も応えず、ただグッタリしています。当然の如くストッキングは履いていません。
スカートを捲りあげてみましたが、当然パンティも履いていません。おそらく若者達に戦利品として盗られたのでしょう。
不安に駆られ照明をつけ、服も脱がせてみました。
私は目を疑いました。妻の首、乳房、下腹部、太腿などに数えきれない程の無数のキスマークが刻まれています。
私は愚問だと思いながらも、妻に「何があったか教えてくれるか…」と問い正してみました。
妻「ごめんなさい、疲れてるの。もう寝かせて欲しいわ…」私はそんな妻を目前にして無性に欲しくなり唇を求めました。
ところが、妻は唇さえ開きません。
次にペッティングを求めましたが、妻は「ごめんなさい…今日はもう勘弁して…明日ね、明日…」と言って寝入ってしまいました。
私は諦めて、まぁ一生に一度きりの妻のアバンチュールだと割り切る事にしました。
寝る前に「恥ずかしいから下着くらい取り返してこいよ…」と言って寝ることにしました。うっすらと陽が差し込んで目を覚ましました。
シャワーの音が聞こえます。妻が昨夜の体を清めているのでしょう。
時計は朝の6:30。私はまだ眠たいので横になっていると、妻が化粧をし直し着替えているではありませんか。
見ると、昨日よりも一層濃い目の化粧に、黒のキャミソール(ノーブラ)に黒いタイトミニ、黒のレースのストッキング…と昨夜よりも艶かしい服装でいるではありませんか。
私「お前、こんな早くからなんて格好してるんだ…」
妻「下着返して貰ってくるわ…身だしなみよ、身だしなみ…」
私は、まぁ歳をとっても女性だからと思い「すぐ戻れよ」と言い、妻は「…はい、出来るだけ…」と言って部屋を出て行きました。私は何だか又胸騒ぎを覚え、少し間を置いて若者達の部屋の前に足を進めドアに聞き耳を立てました。
またも胸騒ぎは的中してしまいました。妻の声「あなた達のお望みのスタイルで来たわよ」
若者「おぉーっ、またバツグンに色っぽい…堪んないねぇ、おばさんのそのムチムチ具合…」
若者B「おばさん見てたら、朝からもうピンビンだよ、見てよおばさん凄いだろう…」妻「あらぁ昨日よりもっと大きいわ?欲しい、欲しいわ?、ちょうだいよ、早くう?」
妻「オオ?ッ、イイ、イイ?何よこれっ…硬い…大きい…もっと、もっと奥までチンポで掻き回して?」若者C「おい、昨日からこれで何発目だよ、相当姦ってるよなぁ…」若者D「俺、7発目だよ。それも全部中だし、このおばさんのエロい肉体なら後5発は出来るぞ…」
若者E「ほら、ほらっ眞澄、いいのか、そんなに若い男のチンポが好きなのかっ!ほらっ、ほらっ、もっとスケベな声でよがってみろよっ!このメス豚眞澄がっ!」
妻「ヒィー、ウオー、嬉しい、気持ちイイー、健児の若いチンポがイイのぉー、もっと、もっとずうーっと嵌めてぇー、嵌めまくってぇ。」
私は呆れはてました。
妻と彼等はつい3時間ほど前まで性欲の限りを尽くしていたはずです。それが今又この有様です。
私はすっかり惨めな気持ちになり部屋に戻ることにしました。
元来、鷹揚な私は、このホテルでの妻と若者達の事は非日常の事として割り切ることにしました。
普段私に尽くしてくれている妻のたった一度のアバンチュールとして大目に見てあげることにしました。
そんな思いを巡らせているうちに、時計は9時を回りました。まだ妻は戻って来ません…チェックアウトの時間が近付いています。
ガチャッ、10時に近くなりやっと戻って来ました。迎えに出ると、妻と若者の一人が寄り添うように立っているではありませんか。
眞澄はまたもストッキングを履いていません。
取り返すどころか再び脱がされて取られてしまったのです。
若者「ご主人、あのぉお願いがあるんですが…眞澄さん…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
3Pに興味がある夫婦と会って旦那の前で奥さんと…【人妻体験談】
2015/12/21 16:10
2015/12/21 16:10

某出会い系サイトで3Pに興味あるという30代の夫婦と知り合い、顔合わせということで個室のある居酒屋で待ち合わせました。


個室にいた夫婦は、旦那さんは30代後半、奥さんの方は30代前半で中澤裕子似の美人で、驚かされたことに全裸だったんです。

あっけにとられている僕に「こいつは変態なんですよ。近くでもっとよく見てやってくれ」と、隣の席に座らされました。

奥さんは興奮しているのか、目が潤んで、顔も上気しているようでした。
店員が注文に来ても隠すことなく、「よく見てやってくれ」と煽っていました。

僕はどうしていいのかわからず、奥さんが注いでくれたビールを飲んでいましたが、そのうち「もうガ…
【母】母乳の出るヤリマン幼な妻【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/03/17 11:53
2017/03/17 11:53
先日、衝撃的な出会いをしました。 出会いの相手はギャル系の可愛い若奥さんです。 タレントのなんとか翼という子に似ています。そのギャル妻との出会いの何が衝撃的だったのかというと、 彼女が18歳の幼な妻だということです。 彼女には、4つ年上の旦那と8ヶ月になる子供がいるそうです。 釣りだろうとかステマだとか言われそうですが、彼女は本当に18歳でした!彼女の高校在学中に妊娠が発覚したため学校は中退したそうですが、 そうでなければ今頃は3年生だったはずということです。 サイトのプロフィールでは22歳になっていました。初めて会った時、年齢よりも幼く見えるなぁ、とは思っていましたが、 それでも、いき…
★童貞君に一目ぼれしてイタダキマシタ
2015/08/27 18:51
2015/08/27 18:51
 今から5年前の事です。当時私は31歳。G県の小じんまりとした個人経営の喫茶店に、パートでウエイトレスをしていました。季節は6月になったある日、見慣れない男の子が入って来ました。パッとしない、何処にも居そうな男の子だったけど、その子に一目惚れしてしまったのです。

 その日を機に、その男の子はちょくちょくお店に来るようになりました。いつも夕方に来て、コーヒーを飲みながら少年マンガを読んでいました。「最近よく見えるようになったけど、学生さん?」と、話し掛けてみたのです。
「そうです」今年、専門学校に入った1年生と分かりました。それ以来、ウエイトレスをしていても、家に帰っても、彼の事ばかり考え…
【レイプ体験談】退社独立記念の宴会…後日談
2015/10/21 23:13
2015/10/21 23:13
退社独立記念の宴会 2848日目674こと無七志sageNew!04/04/0112:46ID:1LZRmCyP さて、続きなんですが。(前半はまとめサイトをご覧ください) Aが帰った後、さすがに疲れ切ってまして。 翌日、起きたのは、朝とは言え、「一応午前中」ってレベルでしたし。 腰が重いのなんのって。 で、煙草吸いながら、テレビをつけたんですよ。 電源切りっぱなしだった携帯の電源入れて、 留守電チェック。 一応、仕事でも使ってる携帯なんで、 急ぎの仕事でも入ってたらやだな、と。 まして、今日からフリー。 目の前にぶら下がった仕事は逃せません。 「ぴー…
【近親相姦体験告白】腹違いの姉貴と一線越えてしまった話
2016/02/24 18:27
2016/02/24 18:27
880 名前:878[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 04:48:22 ID:SVFqfPAk0 [1/5]お袋が先夫と死に別れて、2歳の娘を爺さまの「女の子を連れて再婚すると義父と関係し易いから実家で預かる」と言われ、実家に預けて再婚。  姉とは7歳違って俺が生まれた。 お袋は俺の父親とも離婚して兄と俺(当時9歳)を連れて実家へ戻った。  姉は父親違いとは言え姉弟のできたことで嬉しいのか俺を凄く可愛いがってくれた。  父親違いの姉だと知ったのは中学生ころだったな。  その後高校生のころ、姉は実家のくそ真面目な長男と結婚(従姉妹同志)。  俺は高卒で東京へ就職。…
出会い系で出会ったクンニ好き社長との体験談
2015/08/16 12:10
2015/08/16 12:10

相手♂、

40代、既婚、178cm、70kg、

頭皮薄め、もっと沢山セックスしたくて、
不肖乙葉、
恥ずかしながら帰って参りました。

が、ただ戻るのもつまらないので新分野にチャレンジ。

露出、
痴漢、
複数…

とさまようけれど♀側のリスクが高そうで逡巡。

で辿り着いたのは舐め犬掲示板、
キス無しフェラ無し手コキ無し挿入無し上等!

舐めるだけでOKって何が楽しいのだろう…?

と思つつ、
ここなら大丈夫だろうとフィッシュオン。

しつけの行き届いたワンコ2~3匹とメールのやり取りをするうちに、
その中でもかなり礼儀正しそうなワンコにロックオン。

昼下がりのホテルで気持ちよくさ…
【近親相姦体験告白】従姉との性体験  
2015/12/19 16:54
2015/12/19 16:54
もう古い話ですが、私の母の出身は東北の片田舎でした。私は、小学校1年の時に東京で就職していた15歳年上の従兄に連れられて母の田舎に初めて行きました。 そこは東京生まれの東京育ちだった私にとって衝撃的な場所でした。 駅から小一時間バスに乗って、バス停で降りた私は、まず、東京で言うドブ川のようなところに、魚が泳いでいるのを見て驚きました。 そこは田んぼに続く水路だったのですが、人工的に作られた水路は私にとってドブ川のイメージだったのです。 さらに、そこで蛙を狙う蛇を見ました。蛇を見たのはそれが初めてでした。 母の実家までは、バス停から二十分程田んぼの間の道を歩いて行くのですが、人の気配がすると…
酔いつぶれた先輩の奧さんに夜這いしたら(1)
2016/10/16 15:00
2016/10/16 15:00
ちょっと前、職場の先輩の家で夕飯を呼ばれた時の話。
奥さんや子供さんに迷惑だろうな…と思いつつも、酒が入ると話も弾む。
奥さんも娘さんを寝かせた後しばらく付き合ってくれたが、酔って先に部屋へ戻ったんで、俺と先輩の2人で深夜まで飲み明かした。男2人だと話題もシモに広がる。
俺は半年くらい前に彼女と別れたんだが、給料が安いから風俗にも行けない。
「右手が恋人だとやっぱ溜まりますよ~」みたいな事言ったんだ。


すると先輩が「10年もしたら性欲を持て余してた頃が懐かしくなるよ」

と笑う。

先輩は40歳過ぎだが、子供が生まれてから奥さんとレスになったそうだ。

隠れてた…
【巨乳女子校生のフェラとパイズリ】中学生のカチカチおちんちんが可愛くて
2016/07/22 08:00
2016/07/22 08:00
私が経験した童貞君とのエッチな体験談。 とある平日の夏の日、私は友達と海水浴に出掛けた。 週末賑わう海水浴などは平日でも人が多いので私達は人気のない海にあえて行く事になった。 ただひとつの理由の為だけに…その理由とゆうのが実は私、胸が凄くおっきくて…巨乳…いや爆乳レベル。 服着てても分かるくらい。ちょっと早歩きするだけでオッパイがボインボイン揺れるのは当たり前。 そんな私のオッパイを友達は羨ましがるし、男は私の胸目当てにすぐ寄ってくる。 私にとってこの胸はホントにコンプレックス以外の何物でもない。 そんな理由だから当然海に行くとなればビキニを着なければならない。 もちろん私と…
丁寧な全身愛撫で義母に「お願い、入れて」と言わせた【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/24 18:19
2017/11/24 18:19
正月、義母がうちに来ていた。2日に嫁が、「友達と初売りに行く」と言って出掛けた。義母も一緒に行きたがっていたが、混んでいるし疲れるからやめた方がいいという話になって(というか、俺がそういう話にして)、義母と二人きりで留守番をした。 朝から二人でほろ酔い気分でこたつに入っていたのだが、パジャマのままで肌を上気させている義母に欲情し、思わず押し倒してしまった。義母は本気で抵抗してきて、俺はさんざん殴られ引っ掻かれたけれど、俺は俺で義母を文字通り引きずり回してパジャマはボロボロ。泣きながら床を這いつくばって逃げる義母に、さらに劣情を催してしまった。 上からのしかかって、なんとか股間に…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢・レイプ】ケンカした彼女を半ば無理やり

・テニス最高

・■人妻の需要は捨てた物じゃないですね

・真昼間から近所の奥さんとヘアの濃さ比べ

・【Hな体験】アロマエステのお姉さんと店外デート

・【痴漢・レイプ】地下3階で・・・

・【痴漢・レイプ】爆乳人妻生保レディーを犯してしまいました・・・

・【寝取られ】彼女のDQNな元カレから送られてきたハメ撮り写真

・【痴漢・レイプ】夜行バスで痴漢してみた人妻と・・・

・旦那に仕込まれてる所為か・・・

・パンツ

・【Hな体験】鉄仮面と呼ばれていた女先輩が見せたいやらしい顔

・【痴漢・レイプ】やらせてくれる姉 -きっかけ編-

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・痴漢専用車

・【痴漢・レイプ】山菜採りで起きた・・・

・■エロの中出しが好きな主婦です

・昔おじさんに女装メス調教されていた私と、それを知った上で結婚した妻

・初対面の爆乳ちゃんと避妊もせずに・・・

・【人妻体験談】夫とも倦怠期気味な人妻が彼女ができた男友達と不倫SEXして鬼イキ

・拾った女子高生7

・とてつもなく可愛くてフェラ上手な24歳

・ママチャリ乗ったムッチリ巨乳若妻ナンパしたら簡単にやらせてくれた

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[後編]

・【痴漢・レイプ】夫には言えない私の秘密

・JKの露出14

・初めての3Pは女友達とその友達とでした

・嫁が妊娠中だから仕方なく超スローセクロスしたら結果wwwwwww

・■うちの人SEX終わるのが早くて

・私っておかしいですか?