寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻に射精をコントロールされて3

2018/01/12 22:09




「美歩、いやじゃない?」
「うん。
ああいうの、結構いいかも。
エッチよね。
たーくん沢山出したし・・・ね?」




「うん、全部出た・・・」

「あんなに出たの初めてじゃない?」

「そうかも。
美歩もいけた?」

「気持ち良かったよー。」

「よかったー。」

「ああいうの、またしたいの?」

「美歩は?」

「いいわよ。」

「美歩は、そんなにしたい訳じゃないの?」

「たーくんが興奮するならいいけど。」

「美歩は興奮しないの?」

「するわよ・・・」

妻の気持ちが分かる気がしました。
過去の浮気の詳細を話してしまうのは、すっきりしたのでしょう。
とても他人には言えないようなマゾな性癖や巨根願望も話してくれました。
私を嫉妬させるのは興奮するし、それなりなのかも知れません。

私には刺激が強すぎる妻の淫らな過去は、私にとっては新鮮な驚きですらありました。
しかし妻にとっては古い記憶を蘇らせるだけで、新しいものは何もないのです。
妻はいくら過去の話をしても、巨根に貫かれたその感覚は得られないのです。
膣をはち切れんばかりに押し広げた巨根の記憶で欲情したとしても、代わりに目の前にあるのは、私の慣れ親しんだ、小さなものなのです。

妻はそんな過去を語りながら、現実に得ることの出来るセックスが貧弱であることで、みじめにすら感じていたとしても、理不尽とは言えないかも知れません。

しかし、そのことには、触れずにおきました。

気になってしまったことを聞いてみたくなりました。
浮気をしたのも、激しいセックスで私とするより気持ち良くなったのも分かったのです。
傷付きますが、昔のことです。
ただ、何故わざわざ、あいつが見ているわけでもない、ホテルに入ってまで、西脇の言いつけ通りに、シャワーも浴びずに汚れた肉体を私に舐めさせたりしたのか。
私を辱めることをあえてしたかったのでしょうか?
多分そうかも知れません。

しかし、何より私の中でひっかかっていたのは、昨日私の中で生じた疑いの心です。
そんな私に想像も付かないような、淫らで侮辱的な行為を、急にしたくなるはずがない。
あの日の前からあいつと出来ていたのではないか、たった一回あの日にやられたのではないのではないか、という疑いです。
何ヶ月も前から私に隠れて会い、調教のようなセックスをされ、淫乱な肉体にされていたのではないか?
だからその日あんなに卑猥で侮辱的なことを私に対してすら行ったのではないか?

疑い出すと、すぐに、ほとんど確信のようになってしまいます。

「ねえ一つさ・・聞きたいんだけど。」

「なーに?」

テーブルに肘を突いたまま顔を手に載せて、首を傾けます。

「ゴメン、こんなのにこだわって・・変なんだけど・・・」

「え、なあに?」

「・・あいつに言われてたから、あんなことしたの?」

「あんなことって?」

「・・シャワー浴びないの。」

「それは、ごめんね。
・・・だけど、まだそんなのにこだわってるの?」

「だって・・」

「言ったとおりよ、そうしてみたかったのよ。」

「あいつのとこで、シャワーさせて貰えなかったのは、しょうがないけど・・
僕とホテルに入ってからだってお風呂入れたのに・・」

「それが気になるの?」

「気になるっていうか・・」

「納得できない?」

「うん・・」

「美歩がそんなことしたがってたっていうことが想像できないってこと?」

「そう・・」

「どうして欲しいの?
説明すればいいの?」

「・・・」

「西脇君に言われてたからっていうのは本当よ。」

テレビを消してダイニングテーブルを離れ私の反対側のソファーに来ました。
長い脚を見せつけるようにジーンズの脚を組みます。

静かな午後です。

その分だけ緊張が高まります。

どう切り出したらいいのか分かりませんでした。

「・・・・」

「たーくん、これもう始まってるの?」

「始まってるって?」

「エッチ。・・」

「・・・」

「そういう話もっと聞きたいの?」

「・・ちが・・・」

「立ってるし・・ね?」

まだ寝間着の私の股間を指さして言います。

少し意地の悪いような、微笑みです。
いつの間にか、テントが張って丸見えでした。

「プレイ」のつもりではなかったのに、気付かないうちにもう勃起してしまっていました。
西脇という言葉を妻が口にするだけで私の欲望のスイッチが押されてしまうのです。

「そうじゃなくて・・・。」

「じゃあ、たーくん、怒ってるの?」

首をかしげて媚びるように少し甘えるように聞きます。
視線は私の目と股間を見比べながら、私の反応を操るみたいです。

「そうじゃないけど。
だけど、美歩が・・・」

「傷付いてるの?」

眉をひそめて、さも、同情するかのような困った表情をして見せます。

「うん、多分・・・」

「しょうがなかったのよ、分かって。」

「どうして・・・」

「・・どうしてって・・昨日のじゃ分からなかったの?」

「だってホテルだったら、別にあいつが見てる訳じゃないのに・・ひどくない?」

「今思うとそうだけど、あの時は、しょうがなかったのよ。」

「わかんない・・
僕とする前にシャワー入ればいいじゃない・・」

「そういうんじゃないの・・」

「そういうって・・・わかんない・・
・・・
ほんとは・・・美歩、あいつと・・もっと前から・・
されてたんでしょ・・・」

「・・・違う。」

「だけど、一回泊まっただけで、あんなこと・・」

「あの日が初めて。」

「じゃあどうして・・・」

「詳しく言えば分かるの?」

「言いたくなければ・・いいけど・・」

「・・・・」

「・・・・」

「・・いいわ・・・」

妻の表情には割り切ったようなものを感じました。
私に小悪魔的な微笑みを見せることも、眉をひそめて媚びてみることもありません。
もういい、話して壊れる夫婦関係ならもういいや・・・そんな感じです。

「別に・・もし・・」

「いいのよ、全部、言うから。」

「・・・」

「そういうふうにされたの。
私がしたくなってたの。
西脇君がしろって言うこと。」

「だって、初めてなのにそんなになるって・・」

「あの時が初めてだったのに、そういう体にされたの。」

「・・・」

「・・・分からないんでしょ・・そういうの・・
そうよね・・
私が悪いのかも知れない・・まだ言ってないことあるから。」

ため息を一つつくと、体をソファーに沈めます。

組んでいた脚を下ろし、太腿を閉じずに男のように開いたままにします。
ピッタリしたジーンズの股間の中心線が見えます。
この肉体が、そういう体にされた、と言うのです。

今はどうなんだ・・・
やはり、そういう肉体なのだろうか・・・

「そんな体にされたって言っても・・・今は・・・」

「・・・」

また沈黙が覆います。
じっと何かを考えているような顔です。

「コーヒー、してくれる?」

「うん・・・」

言われたとおりコーヒーを作りにキッチンに立ちました。
立ち上がってみると、勃起した股間が寝間着を不格好にさせているのに気付きました。
不様という方が近いでしょう。

ポットのお湯を再沸騰させます。
コーヒーを淹れる間、彼女には背を向けたままです。

何を言ったらいいだろう・・
何を考えているのだろう。
違う、という言葉は信用できるのか?
本当に一晩でそんなにされたのか?
やっぱやってたんだろうな・・・

・・・

唐突に彼女が沈黙を破りました。

「たーくん、まだ勃起してる?」

「・・・・」

「萎んじゃったの?」

「・・立ってる・・」

「興奮するの?」

「・・・」

「美歩もエッチな気持ちになってる・・・分かる?」

「・・ん、うん・・」

私はコーヒーをいれながら、妻がどんな表情でこんな事を言っているのか気になりました。

「西脇君のこと話すと2人ともエッチになっちゃうんだね・・」

「・・・」

妻の言うとおりかも知れません。

目の前でポタポタとコーヒーが落ちます。

沈黙が過ぎます。

コーヒーポットと2客のマグカップを持ってリビングの妻の方に行きました。
妻はブラックですが、私のマグカップにはアイス用に氷が入れてあります。
潤んだ妻の目には、妖しい欲情の熱がこもっていました。

「できたよ。」

あとからコーヒーを注ぐつもりで、妻に空のカップを渡そうとしました。
しかし妻は受け取らずに言いました。

「たーくん、ついで。」

「・ん・・いいよ・・・」

左手で二つもったカップに右手のコーヒーを注ぎます。

その時でした、妻の手が私の股の部分にあてられました。

「ほんと、カチカチ・・・」

私のパジャマのふくらみを見つめながら、指で摘むようにしてゆっくりと動かします。
いきなりの展開に、両手をポットとカップでふさがれた状態で立ちつくします。

「それにしてもねー、おとといから急に元気になっちゃたね、ここ。」

「うん・・・」

「ほんと好きなのねー・・」

ソファーに体を預けたまま、気怠るい動作で左手だけを使います。
両脚を閉じることなくソファーに座っています。
挑発的な姿勢です。
顔は少し火照っているようです。
薄いシャツに浮き出た乳首は多分勃起しています。
右手でジーンズの太腿の内側を掴んでゆっくり肉の感触を確かめるようにしています。
そんな仕草が性的なものであることを隠そうとはしません。
左手はゆっくりと勃起を包んだ薄いパジャマをさすり上げます。

「ちょっといじめちゃっていい?」

「手で…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦】毒男#7 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/24 20:45
2017/10/24 20:45
648名前◆vrxthg1mZo2005/07/20(水)20:48:00 昔話591ぐらいの続き3月の終わりから4月の始めは桜が咲く季節だ 姉とは桜を観に行こうと桜の綺麗な某公園に出掛けた 平日の昼間なので酔っ払いも少ない に座って桜を眺める何かの歌の歌詞ではないけど桜の舞い散る光景は美しい 風が吹きっと桜の花弁が色の吹雪のように舞うのを二人で眺めた ただ姉の横に座り何も語らずに桜だけを眺めて時は過ぎる その時は思ったこの人と一緒に居られればは何も要らない 言葉すらも要らないかもしれないただ横に座っていてくれるだけでもいい 姉の横顔を眺めていると姉がの方を向いて何も言わずに微笑んだ699…
爆乳の義姉に押し倒され、対面座位で激しいエッチ
2017/06/14 14:23
2017/06/14 14:23
つい最近、妻の姉の優子さんの家でたまたま二人きりになる機会があり、

流れでゲーム対決をすることになりました・・・。


※俺より優子さん7歳上・150-102-64-93のキョンキョン(小泉今日子)激似で嫁より好き!

・・・ゴロゴロしているとテレビの横のゲーム機が目に入った。
優子「あ、それね〜、Wii買っちゃったんだ。

私とやってみない?」

ゲームに全く疎い私だが、対戦できるというのでマリオカートに初チャレンジ。


初めての俺は、最初の数回優子さんに負けるものの、要領をつかんだ4回目以降は勝ち続けることに。




それでも初心者にゲームで負けることはプライ…
4人目になっていい?
2015/10/16 03:00
2015/10/16 03:00
雰囲気を言えばちょっとサバサバした宮崎あ◯い。普段大人しめだが結構男人気は高い。 高校3年で同じクラスで、その後、同じ大学に進んだ女友達。 サバサバした性格で音楽の趣味が合ったから高校時代より寧ろ大学時代に仲良くなった。 ただお互い高校時代から彼氏彼女がいたから本当に友達という感じの付き合い。週一位で電話したり、バイト帰りとかに時々飲んだりといった感じ。 下ネタもありありで本当サバけた感じの付き合いをしてた。そして大学3年になったある冬の日、俺の家で二人で飲んでた。 それも二人で飲もうではなく、本当は3人で飲む予定が一人キャンセルしたからという理由で二人だった。当時俺には彼女はおらず、女友…
彼氏持ちのアラサー女と密会
2017/10/12 17:58
2017/10/12 17:58
自分:東京、アラフォー、180cm/72kg。
既婚、子なし、地味な脇役俳優にいそうなタイプ。

相手:東京、30歳、162cm/50kg(推定)。
独身、彼あり、自称ぽっちゃり時代の深田恭子。

たまには違う趣のオフでもと考え、大人のバー訪問を匂わせた募集を掛ける。
こういう場合は大抵無反応か複数レスポンスがあるかのどちらかだが、今回は後者。
行為自体が目的ではないので、スペックよりオフを楽しめそうな相手に絞る。
最終的に選んだのは一番前のめりなメールを送ってくれた、自称深田恭子似のアラサー(以後恭子)。
やり取りの翌日が土曜だったが、恭子の希望もあり、敢えて人…
優しいトラック運転手のおじさんにお礼がしたくて
2017/06/23 07:49
2017/06/23 07:49
私は東北の某大学の2年の女子大生です。 夏休みも終わりに近づいた8月末、私は中学時代の友達に会うために四国にいました。 友達と遊んだあと帰る予定でしたが、夜遅くなってしまい、駆け込みでホテルに一泊したのですが、予定よりも高いホテルで、帰りの予算が不足してしまいました。 帰る方法は2つ。 友達にお金を借りるか、ヒッチハイクで帰るか。 友達に相談したのですが、彼女も地元の大学生のため貸せるだけのお金がありませんでした。 ヒッチハイクで帰るしか方法が無くなりました。 幸い私は人見知りしない性格だったので、とりあえず交通量の多い国道まで行き、乗せてくれる車を待ちました。 すると最初は4…
「彼氏としかエッチしない」と言うギャル校生に中出し
2017/07/22 11:19
2017/07/22 11:19
<スペック> ことみ:東京の女子高生(私立)。 背は150cmくらい。 黒髪、芸能人で言えば持田香織似だろうか。 ちょいギャルで、制服のスカートはパンツ見えそうなくらい短かった。 メールして一週間くらい、新宿で待ち合わせして会った印象は、(おっ、カワイイ)だった。 ノースリにカーディガン羽織ってて、思ってたより大人っぽかった。 大きな猫目がすごく印象的だった。 写メを交換していたとはいえ、初対面だったがすぐ打ち解けた。 ことみは、「今日は奢りね♪」と腕を組んできた。 二人で歌舞伎町の居酒屋に入る。 飲んでる間のことはよく覚えてないが、ことみも酒を飲んでた気がする。 二人で…
花火大会
2016/02/15 21:01
2016/02/15 21:01
地元の花火大会 何万人も集まって有名な夏の行事 ちょうど去年の花火大会 うちのマンションのベランダから目の前にとても良く見えるので 彼女を呼んで一緒に花火を見る約束をした 当日昼に待ち合わせをして地元でデートして家に帰りDVDを見たりして 気付いたら花火の打ち上がる音がした 「ベランダに行こうよ」彼女とベランダから眺める花火はとてもきれいで 彼女も嬉しそうに眺めていた そんな彼女を可愛く思い後ろから優しく抱きしめながら二人で眺めていた 花火に飽きてきた俺は彼女に悪戯をしはじめた 耳を噛んだり軽くくわえたり舐めたり ちょっかいを出していたらだんだんと息が荒くなるのを感じたので 後ろから思い切り胸…
クソみたいなお局に中出ししてノーパンで帰らせた[前編]
2017/11/25 23:33
2017/11/25 23:33
若い女教師がエロ教頭にご奉仕
2016/08/08 20:12
2016/08/08 20:12
693 :えっちな18禁さん:2007/07/26(木) 11:34:00小学校4年の時、担任の五島先生(20代半ばで和久井映見にた美形だった)に 夏休みの観察記録の指導を受ける約束をして学校に行った。夕方宿直の教頭 (50前後)が職員室に顔を出し、二人でなにやら話し込んでいた。 俺は子供ながら二人の甘酸っぱい雰囲気を嗅ぎ取った。五島先生が、ここの纏めを しておいてと言って職員室を出て行った。トイレかと思っていたが、5分経っても 戻ってこないので、俺はピンときた。手を休め、先生を探しに行った。直感的に 宿直室に違いないと思った。  694 :えっちな18禁さん:200…
私は
2017/11/10 15:19
2017/11/10 15:19
現在、中学校で保険の先生をしています。 最近の子供達は知識だけが先行しているみたいで、ちょっと恐いですね。 この話はまだ私が学校に来たばかりの頃の話です。 梅雨時期の大雨の時でした。 学校も終わり私は少し残業をしていて、帰るのが遅くなっていました。 そろそろ帰ろうとした時に部活を終えた柔道部の生徒達が数人保健室へ来て『友達が怪我をしたから来て』っと言われて、離れにある柔道場へ行きました。 一度、外に出なければ行けないのですが、慌ててたもので傘を持っていませんでした。 かなりの大雨で少しだけ出ても服はびしょ濡れになって しまいました。 柔道場へ入ると、一人の男子生徒が足を押さえて倒れていまし…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・髪を乱した母が、驚いた表情でこちらを見つめている・・・

・女房の秘密【体験談】

・【Hな体験】心を病んだ姉に襲われかけた

・民宿のような小さな宿

・バツイチの姉ちゃんと過激にやってしまった!!(夏休みの沖縄旅行 4日目)

・スーパーで知り合った人妻を寝取って離婚させて結婚したったwww

・【Hな体験】口だけという約束だったのに・・・。

・姉の友達とヤリまくり、彼女の結婚式の後もやりました

・クリーニング屋の33歳の人妻とのエッチな体験談

・【熟女体験談】関西弁のショタコンオバサンに逆レイプされ、異常なる肉欲おまんこ生活が始まった

・ゲーセンでナンパした女を酔わせてラブホへ

・【SM・調教】Sな旦那に舐め犬プレイをお願いしたら・・・

・妻と童貞5

・彼女が目の前で友達と種付けセックス。。。

・嫁の姉に欲情して夜這いをかけたらウェルカムだった

・【人妻体験談】旅行中にラグビー部の鬼畜にキメセクレイプで輪姦されてしまった

・一度でいいから全裸でコートのどきどき感を味わってみたいという好奇心を持つ自分

・韓国人通訳の人妻は、激しく淫らだった

・11年間に渡る不倫の末に気づいた連れ合いへの愛情【体験談】

・【レイプ】若い女性客の膣の中まで入念にマッサージ

・愛妻を他人に犯させて悦びを感じている者のひとりです。

・❤主婦の一人旅でナンパされ

・俺のために自分からピルを飲み始めた従順なセフレ

・美佐子2

・ベランダで隣の奥さんにオナニーを見せつけた結果www

・子供会の慰労旅行は大乱交スワップパーティー

・H体験告白。。友達の旦那、サッカーコーチと不倫セックス

・Å子から・・・・・・

・ペットにクンニされて我慢できなくなった私は。。。

・【熟女体験談】転職組のキャリアウーマンに誘われ、性欲に歯止めが効かず、ベッドインのランデブー