寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【不倫】男の願望がわかる人妻ナース

2018/01/12 22:00


以前、看護師と3年付き合ったことがある。人妻で奈緒という、男の願望がわかる素晴らしい女だ。彼女とは様々なプレイを楽しみ、およそ男の願望をほとんど叶えてもらったと言っても過言ではない。
奈緒はどちらかと言うと萌え系で巨乳。若干ぽっちゃりで身長も低い。 ぶっちゃけ初対面の時はタイプではなかったが、時間が経つにつれ不思議な魅力と可愛らしさに惹かれてしまった。しかも、俺より12も年下の当時28歳。コスプレが大好きで、野外露出やソフトSMが好きなドMだった。付き合い始めの頃は看護学生だったが、最後の1年は看護師としての付き合いだった。今は、某大学病院に勤務しているが、おそらく旦那以外にセフレを作って楽しんでいることだろう・・・。
よく2人でドライブに出掛けた。その時、必ず助手席でオナニーを始めて俺を挑発してくるのがお決まりだった。奈緒はシートを倒すと浅目に座り直した。今日の服装は、赤いギンガムチェックの巻きスカートにニーハイ。上は胸の大きさが強調される体にフィットした白のサマーセーターだった。晴天の初夏のドライブ。行き先は積丹半島。小樽を過ぎ、ここからは一本道で信号も少なく、ほぼ惰性で走ることができる。奈緒はそれを見計らって、いつも通りの行動に出た。
「疼いてきちゃったぁ・・・」
そう言うと脚を開き、スカートを捲っていく。
「今日はケンちゃんに買ってもらった下着だよ^^」
チラッと視線を落とすと、ベージュのパンスト越しに純白の紐パンが透けて見えた。
「ねぇ?エッチ?興奮する?」
悪戯っぽい表情と甘えた声色。奈緒は股間に触れた。
「んっ・・・敏感になってるぅ・・・」
股間に被せた手の中指だけが折れて立ち、ゆっくり前後させている。
「ダッシュボードにお気に入りを用意しといたぞ」
俺はそう言った。
「えっ?なぁに・・・あれ?」
「そう、あれ」
奈緒はダッシュボードを開き、ローターを取り出した。そのローターはちょっと変わっていて、まるで小さな茄子のように反った形をしている。表面はイボイボの付いたゴムでコーティングされていて、パンティの中に入れて押さえなくても愛液で滑ってずれることのない優れものだ。
「これ使ったらぁ、すぐイッちゃうもん・・・」
そう言うと奈緒はローターをシートの脇に置いた。
「どうせ後で使いたくなるさ」
「えへっ、お見通しなんだ(笑)」
奈緒はパンティを露出したまま両手で胸を揉み始めた。
「ブラもパンツとお揃いにしてきたよ」
手に余るFカップをゆっくり揉みしだく。
「ぁああぁぁ、感じてきた」
「オッパイ出しちゃえば?」
「ん?こう?」
サマーセーターとキャミソールを捲る。見慣れた大きな胸が露出した。ブラの中へ手を入れる。
「あんっ、すごい、硬くなってる・・・」
自ら乳首を転がし、身をよじった。
「見せてみて」
「はい・・・」
ブラから乳房を引っ張り出す。
「すごい尖ってるじゃん(笑)」
「だってぇ・・・」
巨乳なので、手を離してもブラの中に戻ってしまうことはない。それどころか、ブラに締め付けられ左右の乳房が中央に寄せられている。
「乳首、いじめてやれよ」
「うん」
指を突き立てて、ゆっくり円を描くように転がす。
「あっ、あん、気持ちいい」
対向車と何台もすれ違うが、中には助手席の奈緒に気づいた人がいるのではないだろうか?
「奈緒、対向車から見られてるかも知れないぞ」
「う、うん、興奮しちゃう」
どんどんエロくなる奈緒は、とうとうスカートに手を掛け、巻きスカートの前を開いた。
「すごい格好になっちゃった(笑)」
そして尻を浮かすとパンストを膝まで下ろす。
「パンツの中、どうなってる?」
奈緒はパンティの横から手を滑り込ませ、ごそごそやりながら、「すごい濡れてる」と言った。そして触った指先を俺の方へ掲げ、「ほら、こんなに」と愛液が糸を引く様を見せてくる。
「ホント、淫乱だな」
「ケンちゃんだって変態じゃん(笑)」
奈緒は俺の股間を見ると、「ねぇ?勃起してる?」と聞いた。
「あぁ、カチカチだよ」
「触っていい?」
「いいよ」
奈緒の手が俺の股間を弄った。
「ホントだすごいよ(笑)、人のこと言えないじゃん」「そうだな(笑)」
「出す?窮屈そうだよ」「うん、頼む」
すると奈緒は両手で手際よくジーンズの前を開くと、トランクスからチンポを引っ張り出した。
「すご~い!!食べたくなっちゃう」
「だめ、まだお預け(笑)。奈緒は1人エッチして」
「えぇ~!お預けなの?シュン、じゃあ、これ使っちゃおう!」
再びローターを手に取るとパンティの中へ入れた。
「ちゃんとクリに当てるんだぞ」
「うん」
しばらくパンティの中へ両手を入れてモゾモゾやっていたが、手を抜くとリモコンを掴んだ。そして、スイッチを入れる。
ブブブ・・・。
「あっ・・・」
ブ~~・・・。
「あっ、あんっ!」
助手席で身悶える奈緒。
「どうだ?」「す、すごい感じる、んっ」
「俺がいいよって言うまでイクなよ」「えっ?は、はい・・・」
「オッパイ揉めよ」「はい」
奈緒は両手の人差し指を咥え、唾液を付けると乳首を転がし始めた。
「あっ、あっあっ」
腰を上下にうねらせながらオナニーする。ローターの動きはミニマムなので、耐える余裕はあるらしい。俺も左手で竿を軽く扱いた。
「いやん!ケンちゃんエロい。自分で触ってる」「隣で奈緒がそんなことしてたら我慢できないだろ?」
「すごいエッチだぁ」「興奮するだろ?」
「うん、男の人のオナニー見るの大好き」
しばらくそうして車を走らせた。
「ねぇ?ケンちゃん?」「なに?」
「触っちゃだめ?」「チンチンか?」
「うん」「だめ、見るだけ(笑)」
「あぁ~ん!触りたい!おかしくなりそう」「奈緒をおかしくするのが目的だから(笑)」
「意地悪っ!!」
パンティから伸びているローターのコードを摘んで上にクイッと引っ張ってやった。
「あっ!!だめっ!!引っ張るとクリが・・・」
クリトリスをローターが掬い上げることはわかっていた。こうすると振動が直に伝わるのだ。引っ張っては緩め・・・を繰り返す。
「だめっ!だめだめだめ!」「イクなよ」
「ずるいっ!そんな風にされたらイッちゃうよ!」「我慢しろ」
「ぁああぁ~んっ!!」
次にローターのダイヤルをマックスにする。
「あーーっ!!無理無理っ、イッちゃうーっ!!」
「だめだ」
「いやぁっ!お願い!ホントにイッちゃうからっ!」
奈緒はヘッドレストを掴み腰を激しく振った。イク寸前というところでスイッチを切る。
「はぁ・・・」
奈緒はシートに身を沈めた。再びスイッチを入れる。
「いやーーっ!!」
油断していたからか、身構える間もなく奈緒は達してしまった。
「ぁああぁぁ・・」「イッちゃったのか?」
「うん、ごめんさない」「だめだ、許さない。お仕置きね(笑)」
ローターのスイッチをマックスにした。
「だめっ!またイクっ、お願いっ、ごめんさないっっ!」
「今度は我慢しろよ」
「だめ、だめだめ、またイッちゃう」
山道に差し掛かったので俺は奈緒を放置し、運転に集中した。奈緒は言いつけを守ろうと必死に耐えているようだった。しかし、腰を激しく振りながら身悶えている。
「お願い!もう許してください」
「イキたいのか?」
俺は前を見たままそう聞いた。
「は、はい、イカせてください」
言葉を返さない。
「・・・」「イッてもいいですか?あ、あ、あ、あ・・・」
「よし、イケ!」「あぁぁああーーっ!!」
奈緒は達した。ローターを止め、パンティから引っ張り出すと横に置き、奈緒はぐったりシートに身を沈めた。やがて峠を過ぎ、再び海が目の前に広がる。再び海岸線を走り出した頃、ようやく奈緒が瞼を開け、「ケンちゃん、欲しくなっちゃったよ・・・」と俺の顔を見る。
「車停めるところないし、しばらく無理だな」「ケンちゃん、勃起したままだよ。辛くないの?」
「すっごい辛い(笑)」「じゃあしようよ」
「今は無理」「えーーっ!!」
「わがまま言うなよ」「じゃあ食べていい?」
「危ないからそれもダメ(笑)」「車停めたらいいじゃん!」
「それより、下だけ全部脱げよ」「してくれるの?」
「場所が見つかったらな」「うん・・・」
奈緒は靴を脱ぐとパンストを脱ぎ、次にパンティの紐を解いた。下半身裸になると大きく開脚し、オマンコを触り始める。
「すごい、すごい濡れてる」
「どれ」
俺は奈緒の股間に手を伸ばし、オマンコを弄った。
「あっ、あん」「ホントだ、お漏らししたみたいだね(笑)」
「だから早く頂戴」「指で我慢しとけ」
中指を挿入した。
「だめっ!!」
「おぉ、グチョグチョだ」
「だめっ!そんなされたら切なくなっちゃうから」
構わず掻き回す。
「イッちゃう!イッちゃうからやめて」
「わかった」
あっさり手を離した。
「あぁん、おかしくなっちゃう!どうしてそんなに意地悪なのっ!」
俺は再びペニスを扱いた。
「私に触らせて」
「だめ、見てろ」
「はぁ、はぁ、もう死んじゃうっ」
奈緒は股間と胸に手を伸ばし、激しく自らを慰め始めた。
「欲しい、欲しい、早く犯して!」
その表情は完全に正気を失ったようで、白痴だ。しばらく走っているとパーキングがあったので、そこへ車を乗り入れた。一番端の木陰に車を停める。俺はシートを後ろまで下げると、「よし、解禁だ。好きにしていいぞ」と言った。
「ホント?」
奈緒が飛びついてきた。ペニスを掴むとむしゃぶりつく。
「はぁ、はぁ、んぐ・・・」
口いっぱい頬張り、亀頭に激しく舌を絡ませてくる。
「んぐ、んぷっ、じゅる、ちゅぱっ!」
頭を上下させ陰茎をしゃぶる。
「そんな激しくしたら出ちゃう…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【エッチ体験談】花見に行くと酔った女たちを食いまくれる
2016/03/29 17:20
2016/03/29 17:20
近くに緑地公園があり、たまに運動しに行ったりジョギングコースに利用している。




花見の季節なるとあっちこっちからBBQの良い匂いに堪らなくなる。




夜になるとライトアップして花見する人達もいるが、そんなグループの女性が酔っぱらいフラフラと歩いていたのを見ていた。




その女性は、グループから離れて人気の無いベンチに倒れ込むように横になっていた。




近寄って見ているとグッタリとしていて、心配になったので女性の肩を揺すって大丈夫ですか?と声を掛けたが女性は無反応だった。




かなり飲んだのか、酒に弱いのか。




心配もあったが、女性が俺好みの和風美人的な感じ…
【寝取られ】社員たちの便器になっていた爆乳派遣OL[前編]
2018/02/02 10:00
2018/02/02 10:00
Iカップは爆乳認定してもらえますよね?そんな彼女と付き合ってた時期もありました。 彼女は俺の会社に派遣でやってきたOLで、26歳でした。顔は、普通よりもちょっと可愛いっていう程度でしたが、とにかく色白でムチムチしてて、冗談かって言うくらい爆乳でした。 うちの会社は女子は全員制服なのですが、彼女が派遣されてきた頃、女子社員の間では制服のサイズが胸のところだけ合わない子が入ってきたと話題になってたそうです。で、おっぱい星人の俺は彼女を一目見て一発で気に入ってしまい、同じ作業チームだったをいいことに、すぐにご飯に誘い出しました。 そうしてわかったのですが、彼女は結構従順という…
無料温泉旅行で巨乳の妹とセックスしてしまった体験談
2016/01/03 13:31
2016/01/03 13:31
親父が会社から貰って来てた

1泊2日の温泉旅行の無料招待券の有効期限が迫っていた。

両親も都合が悪く、俺が彼女と使うか、

妹が彼氏と使うかもめていたのもすっかり忘れていた。

結局、俺の彼女も、妹の彼氏も仕事の都合、

俺とフリーターの妹だけがスケジュールが合い、

「兄妹で行くものつまんないけど、

もったいないし行こうか?ご飯がおいしそうだよね。」

ということになり、二人で始めての温泉旅行。 妹は、まあまあ可愛い顔をしていて、胸はダイナマイト。

妹とHしたいとまでは思わなかったが、

俺は胸チラファンであり、オッパイ星人。

普段から妹の胸だけには興奮していた…
オナニー大好きすぎて彼氏がいない妹に同情した結果近親相姦
2017/09/05 00:11
2017/09/05 00:11
私も妹も学校に行っていた頃のことです。今となっては懐かしいような思い出です私が妹のオナニーを初めて見たのは妹が中学2年で自分は高校に入った年だったと思います。
 
その日,もう夜の10時頃だったのですが,妹の部屋の前を通る時,ドアが少し開いていたので,何げなく覗いて見ると,妹の机に座って勉強している姿が見えただけでしたが,その様子が何となく違っているので,思わず立ち止まって,そっと覗いていました。 よく見てみると,後ろ姿なのでよく分かりませんが,スカートが上の方までまくれ上がっていて片手であそこをいじっているみたいなのです。見ていけないものを見てしまったようで,自分の心臓の…
【レイプ・痴漢】【痴漢・レイプ】電車で痴漢にあった【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/06 13:46
2017/03/06 13:46
2012/01/10 00:26┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者コピペジャンルは適当スイーツ勘違いキチガイ処女が胸糞悪いので注意ショタ好きならギリ楽しめる359 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/07/15(金) 20:56:26.11 ID:Oq9eVJA7 [1/6]愚痴っていうかビックリしたこと。誰かに言いたいけどリアルじゃ言いにくいんでここでw毎朝快速で3駅先の大学まで通学してる。A駅で乗ってD駅で降りる感じ火曜の話だけど、電車待ちの時に私の後ろに体操服来た男子小学生が並んで来た体操服には…
夏休みの思い出
2017/05/25 20:01
2017/05/25 20:01
小三の夏休み 当時団地に住んでいた俺は団地内の公園で一人で遊んでいた。 もう帰ろうと思っていた時、同じ団地に住む女の子が声をかけて来た。 その子とはよく二人で遊んだりしていたが名前は知らない。 年上で優しくしてくれるその子の事を俺はお姉ちゃんと呼んでいた。 この時公園で何をして遊んだか記憶は無いが、しばらくしてお姉ちゃんが 「暑いから家来る?」と言い、俺は「うん」と答えた。 家に行き、冷たい麦茶を貰い、二人でテレビゲームをした。 俺は楽しかったがお姉ちゃんは時折考え込むような表情をしていた。 ゲームに熱中していると突然お姉ちゃんが「私の部屋へ行こう」と言った。 俺はゲームがしたかったから断…
眼鏡美人なパート主婦と仕事中に隠れてSEXしています
2018/06/26 22:10
2018/06/26 22:10
閑静な住宅街の近くにあるセレブマダム御用達のガーデニング店の店長をしています。


オーナーは別にいるんですが、私は店の経営を任され、仕入れも経費も人事も全て私の采配で運営しています。


小さな店舗ですが有閑マダムに人気のお店で繁盛しており、パートを含め5人でお店をまわしています。


シフトが難しく常に求人誌に募集をかけているんです。


ガーデニングというのは完成すれば綺麗ですが、その過程においては土まみれになり、体力仕事なので、本当に花や植木が好きでなかったら続かないんです。


たまにガーデニングという華やかなイメージだけでパートに募集してくる主婦がいますが、大概続かずに辞めてしまい…
【人妻体験談】人妻テニス編
2016/02/13 19:48
2016/02/13 19:48
私はテニスのインストラクターをやっています。 昼間は暇を持て余している奥様方に、夕方からは高校生に、夜は社会人にも教えています。 特に大変なのは昼間の奥様達です。 この間の練習が終わってからの話です。 「ねぇ?○○さん、ちょっといいかしら?」とA子さんが声を掛けてきました。 このA子さんですが、このテニスクラブで、すでに2人のインストラクターが「喰われ」てしまって、男のインストラクターの間では密かに有名になっていました。 A子さんは38歳で旦那は公務員、ムッチリした体型で胸もかなりあります。 綺麗系で38歳よりはやや若目に見られる感じですが、実は2人の子持ち主婦でもあります。 私は内心…
モデルの姉を持つ彼女が男友達の手こきをする事になった 【SEX話】
2016/01/27 09:42
2016/01/27 09:42

俺がまだ大学生の頃の話。

1人暮らしの俺の部屋で、バイトで知り合ったフリーターの典子と同棲をしていた。

典子の姉はテレビのCMなんかにもたまに出るようなモデルさんでメチャ美人。

その妹だけあって典子も美人。

柴咲コウさんを、もう少し目力を弱くした感じだ。

バイト先では人気を独占している感じで、俺は結構羨ましがられていた。

そんな幸せな同棲生活を送りながら、青春していた。

典子は、そのルックスからは信じられないのだが、男と付き合うのは俺が初めてで、処女だった。

俺は高校の時に付き合った彼女と経験済みだったが、経験が少ない同士、何をするにも新鮮だった。

続きを読む
公園の片隅で・・・。
2017/10/09 08:19
2017/10/09 08:19
私は、小学年生の時、見知らぬ人に妹たちと順番に交代でいたずらされました。 歳年下の妹と妹の幼稚園の友達と人で公園で遊んでいた時のことです。 見知らぬ男の人が、女の子と公園で待ち合わせているが、まだ来てないから、来るまで一緒に遊ぼうと言ってきました。 私たちは女の子が来るまでの間でいいなら構わないと思い、一番年上の私がいいよと答えました。 鉄棒やジャングルジム、回転遊具で一緒に遊びました。 回転遊具の中で話をしていると、さっきの鉄棒やジャングルジムでは、みんなパンツが丸見えだったと言われました。 遊びに夢中だったし、別にパンツが見えても構いませんでした。そのことを言うと、パンツを見せてと言われ、…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】セックスレスで悩む息子と近親相姦をし、夫婦のように生活する母親

・見せしめのペニス苛めでドッピュンな思いで

・【近親相姦】弟のオナニーを覗きながら自分でしてました

・ブラジャー、レギンス、パンスト、ブルマ

・学歴の無い俺には一つだけ自慢がある

・こんな事あるの?

・彼女のおっぱいを見られて

・台所から声が聞こえてきて、何だろうと思い見ると・・・

・中学時代からクソビッチだったけど全部無かったことにして

・海岸の岩場にある秘密の場所で、妹と秘密のアレをした

・【人妻体験談】夫が海外出張で欲求不満になった人妻が投稿に連絡し、妄想でしながらオナニー

・【熟女体験談】大きすぎるペニスを持つ小学生が友達の母のオナニーを見てしまい、そのままSEX

・【浮気】中学生の従妹を目覚めさせてしまったわけだが

・再会した母と夫婦として暮らす俺

・お義父さんと私4-1「来客中に、うしろから」

・【レイプ】高校生の時、母と一緒に犯されました

・【熟女体験談】Iカップで超爆乳おばさんと出会い系で会って、OKをもらって中出し射精

・有名子役タレント”U”の放送事故並のエロガキ振り

・【Hな体験】友達の姉貴の口に精液をぶちまけた

・外人の彼女ができたとか羨ましい!!

・綺麗な人妻の顔が快感に歪む

・【不倫】初めての浮気は幼稚園のパパ友でした

・性生活が有料で離婚したら粘着うざー

・【熟女体験談】厚化粧なスナックのママとお店のボックス席でセックス

・【人妻体験談】大親友の幼馴染に妻のオマンコを生で見せて、SEXまでさせてあげた

・男は女とヤル事で頭の中がいっぱい

・俺には7歳離れた妹が居る

・妻と兄の情事は・・・

・酔ったマヤはエロい

・輪姦される事で体に性の快感が