寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【不倫】男の願望がわかる人妻ナース

2018/01/12 22:00


以前、看護師と3年付き合ったことがある。人妻で奈緒という、男の願望がわかる素晴らしい女だ。彼女とは様々なプレイを楽しみ、およそ男の願望をほとんど叶えてもらったと言っても過言ではない。
奈緒はどちらかと言うと萌え系で巨乳。若干ぽっちゃりで身長も低い。 ぶっちゃけ初対面の時はタイプではなかったが、時間が経つにつれ不思議な魅力と可愛らしさに惹かれてしまった。しかも、俺より12も年下の当時28歳。コスプレが大好きで、野外露出やソフトSMが好きなドMだった。付き合い始めの頃は看護学生だったが、最後の1年は看護師としての付き合いだった。今は、某大学病院に勤務しているが、おそらく旦那以外にセフレを作って楽しんでいることだろう・・・。
よく2人でドライブに出掛けた。その時、必ず助手席でオナニーを始めて俺を挑発してくるのがお決まりだった。奈緒はシートを倒すと浅目に座り直した。今日の服装は、赤いギンガムチェックの巻きスカートにニーハイ。上は胸の大きさが強調される体にフィットした白のサマーセーターだった。晴天の初夏のドライブ。行き先は積丹半島。小樽を過ぎ、ここからは一本道で信号も少なく、ほぼ惰性で走ることができる。奈緒はそれを見計らって、いつも通りの行動に出た。
「疼いてきちゃったぁ・・・」
そう言うと脚を開き、スカートを捲っていく。
「今日はケンちゃんに買ってもらった下着だよ^^」
チラッと視線を落とすと、ベージュのパンスト越しに純白の紐パンが透けて見えた。
「ねぇ?エッチ?興奮する?」
悪戯っぽい表情と甘えた声色。奈緒は股間に触れた。
「んっ・・・敏感になってるぅ・・・」
股間に被せた手の中指だけが折れて立ち、ゆっくり前後させている。
「ダッシュボードにお気に入りを用意しといたぞ」
俺はそう言った。
「えっ?なぁに・・・あれ?」
「そう、あれ」
奈緒はダッシュボードを開き、ローターを取り出した。そのローターはちょっと変わっていて、まるで小さな茄子のように反った形をしている。表面はイボイボの付いたゴムでコーティングされていて、パンティの中に入れて押さえなくても愛液で滑ってずれることのない優れものだ。
「これ使ったらぁ、すぐイッちゃうもん・・・」
そう言うと奈緒はローターをシートの脇に置いた。
「どうせ後で使いたくなるさ」
「えへっ、お見通しなんだ(笑)」
奈緒はパンティを露出したまま両手で胸を揉み始めた。
「ブラもパンツとお揃いにしてきたよ」
手に余るFカップをゆっくり揉みしだく。
「ぁああぁぁ、感じてきた」
「オッパイ出しちゃえば?」
「ん?こう?」
サマーセーターとキャミソールを捲る。見慣れた大きな胸が露出した。ブラの中へ手を入れる。
「あんっ、すごい、硬くなってる・・・」
自ら乳首を転がし、身をよじった。
「見せてみて」
「はい・・・」
ブラから乳房を引っ張り出す。
「すごい尖ってるじゃん(笑)」
「だってぇ・・・」
巨乳なので、手を離してもブラの中に戻ってしまうことはない。それどころか、ブラに締め付けられ左右の乳房が中央に寄せられている。
「乳首、いじめてやれよ」
「うん」
指を突き立てて、ゆっくり円を描くように転がす。
「あっ、あん、気持ちいい」
対向車と何台もすれ違うが、中には助手席の奈緒に気づいた人がいるのではないだろうか?
「奈緒、対向車から見られてるかも知れないぞ」
「う、うん、興奮しちゃう」
どんどんエロくなる奈緒は、とうとうスカートに手を掛け、巻きスカートの前を開いた。
「すごい格好になっちゃった(笑)」
そして尻を浮かすとパンストを膝まで下ろす。
「パンツの中、どうなってる?」
奈緒はパンティの横から手を滑り込ませ、ごそごそやりながら、「すごい濡れてる」と言った。そして触った指先を俺の方へ掲げ、「ほら、こんなに」と愛液が糸を引く様を見せてくる。
「ホント、淫乱だな」
「ケンちゃんだって変態じゃん(笑)」
奈緒は俺の股間を見ると、「ねぇ?勃起してる?」と聞いた。
「あぁ、カチカチだよ」
「触っていい?」
「いいよ」
奈緒の手が俺の股間を弄った。
「ホントだすごいよ(笑)、人のこと言えないじゃん」「そうだな(笑)」
「出す?窮屈そうだよ」「うん、頼む」
すると奈緒は両手で手際よくジーンズの前を開くと、トランクスからチンポを引っ張り出した。
「すご~い!!食べたくなっちゃう」
「だめ、まだお預け(笑)。奈緒は1人エッチして」
「えぇ~!お預けなの?シュン、じゃあ、これ使っちゃおう!」
再びローターを手に取るとパンティの中へ入れた。
「ちゃんとクリに当てるんだぞ」
「うん」
しばらくパンティの中へ両手を入れてモゾモゾやっていたが、手を抜くとリモコンを掴んだ。そして、スイッチを入れる。
ブブブ・・・。
「あっ・・・」
ブ~~・・・。
「あっ、あんっ!」
助手席で身悶える奈緒。
「どうだ?」「す、すごい感じる、んっ」
「俺がいいよって言うまでイクなよ」「えっ?は、はい・・・」
「オッパイ揉めよ」「はい」
奈緒は両手の人差し指を咥え、唾液を付けると乳首を転がし始めた。
「あっ、あっあっ」
腰を上下にうねらせながらオナニーする。ローターの動きはミニマムなので、耐える余裕はあるらしい。俺も左手で竿を軽く扱いた。
「いやん!ケンちゃんエロい。自分で触ってる」「隣で奈緒がそんなことしてたら我慢できないだろ?」
「すごいエッチだぁ」「興奮するだろ?」
「うん、男の人のオナニー見るの大好き」
しばらくそうして車を走らせた。
「ねぇ?ケンちゃん?」「なに?」
「触っちゃだめ?」「チンチンか?」
「うん」「だめ、見るだけ(笑)」
「あぁ~ん!触りたい!おかしくなりそう」「奈緒をおかしくするのが目的だから(笑)」
「意地悪っ!!」
パンティから伸びているローターのコードを摘んで上にクイッと引っ張ってやった。
「あっ!!だめっ!!引っ張るとクリが・・・」
クリトリスをローターが掬い上げることはわかっていた。こうすると振動が直に伝わるのだ。引っ張っては緩め・・・を繰り返す。
「だめっ!だめだめだめ!」「イクなよ」
「ずるいっ!そんな風にされたらイッちゃうよ!」「我慢しろ」
「ぁああぁ~んっ!!」
次にローターのダイヤルをマックスにする。
「あーーっ!!無理無理っ、イッちゃうーっ!!」
「だめだ」
「いやぁっ!お願い!ホントにイッちゃうからっ!」
奈緒はヘッドレストを掴み腰を激しく振った。イク寸前というところでスイッチを切る。
「はぁ・・・」
奈緒はシートに身を沈めた。再びスイッチを入れる。
「いやーーっ!!」
油断していたからか、身構える間もなく奈緒は達してしまった。
「ぁああぁぁ・・」「イッちゃったのか?」
「うん、ごめんさない」「だめだ、許さない。お仕置きね(笑)」
ローターのスイッチをマックスにした。
「だめっ!またイクっ、お願いっ、ごめんさないっっ!」
「今度は我慢しろよ」
「だめ、だめだめ、またイッちゃう」
山道に差し掛かったので俺は奈緒を放置し、運転に集中した。奈緒は言いつけを守ろうと必死に耐えているようだった。しかし、腰を激しく振りながら身悶えている。
「お願い!もう許してください」
「イキたいのか?」
俺は前を見たままそう聞いた。
「は、はい、イカせてください」
言葉を返さない。
「・・・」「イッてもいいですか?あ、あ、あ、あ・・・」
「よし、イケ!」「あぁぁああーーっ!!」
奈緒は達した。ローターを止め、パンティから引っ張り出すと横に置き、奈緒はぐったりシートに身を沈めた。やがて峠を過ぎ、再び海が目の前に広がる。再び海岸線を走り出した頃、ようやく奈緒が瞼を開け、「ケンちゃん、欲しくなっちゃったよ・・・」と俺の顔を見る。
「車停めるところないし、しばらく無理だな」「ケンちゃん、勃起したままだよ。辛くないの?」
「すっごい辛い(笑)」「じゃあしようよ」
「今は無理」「えーーっ!!」
「わがまま言うなよ」「じゃあ食べていい?」
「危ないからそれもダメ(笑)」「車停めたらいいじゃん!」
「それより、下だけ全部脱げよ」「してくれるの?」
「場所が見つかったらな」「うん・・・」
奈緒は靴を脱ぐとパンストを脱ぎ、次にパンティの紐を解いた。下半身裸になると大きく開脚し、オマンコを触り始める。
「すごい、すごい濡れてる」
「どれ」
俺は奈緒の股間に手を伸ばし、オマンコを弄った。
「あっ、あん」「ホントだ、お漏らししたみたいだね(笑)」
「だから早く頂戴」「指で我慢しとけ」
中指を挿入した。
「だめっ!!」
「おぉ、グチョグチョだ」
「だめっ!そんなされたら切なくなっちゃうから」
構わず掻き回す。
「イッちゃう!イッちゃうからやめて」
「わかった」
あっさり手を離した。
「あぁん、おかしくなっちゃう!どうしてそんなに意地悪なのっ!」
俺は再びペニスを扱いた。
「私に触らせて」
「だめ、見てろ」
「はぁ、はぁ、もう死んじゃうっ」
奈緒は股間と胸に手を伸ばし、激しく自らを慰め始めた。
「欲しい、欲しい、早く犯して!」
その表情は完全に正気を失ったようで、白痴だ。しばらく走っているとパーキングがあったので、そこへ車を乗り入れた。一番端の木陰に車を停める。俺はシートを後ろまで下げると、「よし、解禁だ。好きにしていいぞ」と言った。
「ホント?」
奈緒が飛びついてきた。ペニスを掴むとむしゃぶりつく。
「はぁ、はぁ、んぐ・・・」
口いっぱい頬張り、亀頭に激しく舌を絡ませてくる。
「んぐ、んぷっ、じゅる、ちゅぱっ!」
頭を上下させ陰茎をしゃぶる。
「そんな激しくしたら出ちゃう…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
隣人の夫から妻を浮気させたいと相談を受けて…【寝取り体験談】
2016/02/20 20:10
2016/02/20 20:10

私は42歳。結婚もしている普通のサラリーマン。
ただ、4月より単身赴任となり、会社が探してくれた、マンションに1人暮らし中。

会社がもし家族が単身先に遊びに来るかもといって、2DKの部屋を借りてくれたのが、微妙に寂しさがある。なぜなら、同じ階の隣人は、当然ながら、夫婦で住んでいるから。その生活感、なんともさびしい。

しかし、その隣人さんの奥さん(30歳)はエレベータで朝、出勤時にごみ捨てでよく一緒になり挨拶してくれる。スタイル抜群で、なにせ、僕の好きな巨乳であった。

どうやら、朝のごみ捨て時はいつもノーブラのままのよう。最近では、僕と一緒になるのが分かっていて、ノーブラなのかと勘違…
【Hな体験】デリの仕事で出会った変わったお客様
2015/12/04 03:00
2015/12/04 03:00
私は23歳のデリヘル嬢。高校卒業後、普通のOLをやったが、色々嫌なことがあり2年で辞め、デリヘルの仕事を始めた。今年でデリヘル3年目。 私の自己紹介。名前はミサトで、顔は普通レベルだと思う。スタイルは自信あり。ってかこれだけでデリヘルで人気出てるww入店時に測ったスリーサイズは、103‐60-88。ブラサイズはアンダー70のJカップ。もう1カップ大きいと思うけど、市販で売ってないのでJカップを着けてる。 この大きすぎる胸が原因で、OL時代は上司のセクハラや同性からのイジメにあって辞めてしまったが、今はこの胸のおかげで生活できてる。良いのか悪いのか微妙なところ・・・。 こ…
義娘とオマンコ3
2015/12/29 22:05
2015/12/29 22:05
義娘とオマンコ 投稿者:HE?SUKE 投稿日:9月30日(金) 13時58分23秒 昨夜妻と二人で夕飯の支度をしている時に(実際は私はジャマしてるだけ) マリ子がやってきました。妻から今日呼んである事を聞いていたので、私は 作戦を色々考えていたんです。わざとマリ子が見えるような所で妻の後ろか ら抱き着いてその大きなオッパイを揉みまくってやったり、こちらを向かせ てながあ?いdeep kissをして見せ付けるようにしたんです。いつもやって いる事なのに、妻はわが子が見ている所ではさすがに興奮するらしく大きな ため息?鼻息?を上げていました。散々見せ付けておいて、居間のソファー でテレビを…
★マンネリ化したSEXに刺激を
2017/02/26 00:12
2017/02/26 00:12
 その男とは今日が初めて。夫婦生活に不満はなかったが、新しい刺激を求め3Pに興味を持ち、ついに実行する事となった。男とは事前に電話で打ち合わせをしていて、あくまでも私たち夫婦のサポート的な役割をお願いしていた。

 車中で軽い話の中、とうとうホテルへ到着。ドアを開けて室内へ。その時、男が急変した。男「奥さんイイ女だよね」と妻に抱き着き、いきなり唇を奪った。唖然として私は何も出来なかった。男は私の事など気にせず、そのまま妻を後ろ向きにして壁に手をつかせてお尻を突き出させた。
男「いいケツしてるよ・・たまんないね」そう言って妻のお尻をまさぐりスカートの裾をまくりあげた。普段からTバックしか履か…
コタツで寝てるJCにエッチなイタズラ
2016/02/23 16:00
2016/02/23 16:00
ある冬の出来事。私が高3、妹は中3。私は受験勉強に精を出し、付き合ってた彼女とは別れたばかり。彼女とは軽いBまでという頃でした。 ある日私は夕食後こたつの中で眠ってしまい、深夜だったのでしょう、親は自分達の部屋で就寝。 豆電気の薄ら明かりの中ふと目覚めると自分の足の親指に人肌の感触が。 コタツ布団をめくると、コタツの淫靡な赤い照明に照らされたお尻をこちらに向けて眠っている妹の白い下着の大事な股間の部分に、私の足の親指がしっかりと食い込んでいるのを見てびっくり。 でも赤い光に照らされた妹の太ももや白い下着、そして少し下着が食い込むようになってはみ出しているお尻の肉感を見てしまって、そし…
【近親相姦】彼氏が嫉妬深すぎてバイト先まで監視に来る…【体験談】
2017/06/04 00:53
2017/06/04 00:53
225:恋人は名無しさん2011/10/09(日) 04:47:55.84ID:NDCJpUdM0 嫉妬深い彼氏に困る。私が「バイト先○○君は面白くてね~」と話すと「聞きたくないからやめろ!」と一喝された。 けど本当に怖かったのはその後。 バイト中にその○○君と話をしている時に変な視線を感じたので、ふっと店の入り口を見ると彼氏が身を隠すような 形で私を凝視していた。私と目が合うと足早に去っていったけど。おまけに次の日、携帯に「俺に対する裏切りじゃないのか?」とメールしてくるし、器量が狭すぎる!226: 恋人は名無しさん 2011/10/09(日) 08:21:49.29 ID:+mBpYlj…
同級生のオナニー2 (友達との体験談)
2015/12/21 00:30
2015/12/21 00:30
同級生のオナニー (友達との体験談)の続き http://www.seilogs.com/archives/1047926189.html それから、奈緒子と俺の関係は、かなり変わった。 まず、奈緒子が生意気な口きかなくなった。 でも、今までどうりの態度でいようと決めているらしく、傍目には、そう映っていたと思う。 でも、視線が合うと、気弱そうに目をそらしたりしてた。 それから、俺が友達とエロい話してると、心配そうな顔してみてたりして・・・。 そんな日々の中、奈緒子が話しかけてきた。 奈緒子「志水君、約束、守ってくれてる?」俺「うん、守って…
リフレクソロジーを受けに来た20代OLとのH診療体験談
2017/08/26 02:18
2017/08/26 02:18
俺の勤めている接骨院は、50代院長と、

俺ともう1人の男のスタッフの計3人です。

都内でほど良く都心に近い所ですが、

住宅街なので患者はほとんど、じいさんばあさん。

たまに30代の女性も来ますが、

だいたい主婦なので、

若い独身女性とは、ほとんど無縁な職場です。
この辺りには何故か接骨院が多くて、

競合しているわけですが、

他院に抜きん出る策を生み出そうという事で、

院長とスタッフで会議をしました。

その時うちの院でやってたのは、

ごく普通の治療や整体だったですが、

最近「リフレクソロジー」というのが、

若い女性の間で流行っていると相方が提案しま…
【近親相姦体験告白】僕の友人と付き合っている妹
2015/10/01 08:27
2015/10/01 08:27
僕は21才、1?歳になる妹がいます。妹は僕の友人と付き合っています。 男友達としては、ひじょうにいい友人なんですが超女好きで今迄付き合った女を、ことごとく開発してきた話を友人から嫌というほど聞かされていました。   そんな友人と妹が付き合っているというのは、若干抵抗がありましたが妹が友人を好きになったようです。 今は僕の妹と付き合っているということもあり、今回はそう言う話はきかされていなかったんですが、ひょんなことから酒の席で僕の妹と遂にSEXしたと言う話を聞いてしまいました。 友人の話では、今迄やってきた女の中でも、妹は超、敏感で友人のSEXテクにもろにはまってしまい、体をビクビクさせて…
最近初めて嫁を他人に抱かせたんだが Part09【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/08 02:56
2017/09/08 02:56
の続き 前回は6月に報告させてもらいましたけど、最早俺君と名乗った方が通りがいいですかね。 一通りスレッド見させて貰いました。 少し報告できる事がありましたので報告します。 (今日、まとめて書けるか判りませんので途切れたらすみません。) その前にまずは自分自身の近況報告なのですが、少しどたばたしていました。 何かというと夏場、前回の報告直後に少し体調崩して2週間程入院していました。 (最初に言っておくと今は元気になってます。) 死ぬような状態じゃなかったんですけど延々と二日酔いが続くような体調で、 一日中頭痛いわ気持ち悪いわで最中は死ぬかと思いました。 元々いい加減な人間+不摂生し…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・葬式の夜に従妹達とハメまくっちゃいました

・社宅での体験談

・姉弟のパピオン

・友達だった女子と酔った勢いで成り行きセックス

・バイブで訳がわからなくなりました

・掲示板で見つけた、SM好きのヤリマンビッチ

・【Hな体験】お酒が入るとエロくなる小柄な美形OLさんと

・おとなしくて優しいくせに淫乱な兄嫁を寝取ってしまった

・最終手段使って人妻に筆おろしされた時の話

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 3

・妊娠しても息子と血液型は同じだからいいだろう・・・

・公衆トイレは女性にとって悪夢な空間

・強引にされると断れない

・【人妻体験談】ママチャリに乗った無防備な巨乳若妻をナンパしたら簡単にヤラせてくれた

・【寝取られ】不倫セックス中に嫁が吐露したエロすぎる昔話[後編]

・若い女より熟女に目が行く俺

・初めての相手は、近所の素行の悪い女の子でした

・秘書の私は社長に性接待をお願いされ取引先の社長に抱かれました

・「証拠はコレです!」とICレコーダー

・成人式までの大人のトレーニング(成人式の夜の出来事)

・事務員さんはアラフォーな人妻

・【寝取られ】不倫セックス中に嫁が吐露したエロすぎる昔話[前編]

・【人妻体験談】認知症になった義父にレイプされた嫁

・【熟女体験談】妻の恥ずかしい姿を他人に見せるのが大好きな変態夫がブラホックを外し、みんなの前でおっぱいを露出させるエッチな悪戯をしてきた

・近所のお兄さんに悪戯された

・【不倫】娘と同い年の大学生に虜にされた

・ひと晩で10発も出した21歳の大学生 若いってすごい!

・今さら兄嫁だからやめてください、とか怖そーな人たちに言えないし・・・

・【レイプ】昼寝をしていたら知らない男にクンニされていました

・初めてピンサロ行ったったっwwww