寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻に射精をコントロールされて2

2018/01/12 21:03




「もう帰ってると思うって言ったら、美歩ちゃんこと考えてオナニーしてるかもねって笑ってた。
彼氏が何も知らずにオナニーしてるのに、彼女のオマンコに俺のチンポ入れちゃうんだよー悪いなあとか。」

「オナニーしてるなんて言ったの?」




「言ってないって。
西脇君が勝手に言ったの。」

「・・・・他には?」

「えー・・もろだよ・・・」

「言ってよ。」

「大好きな彼氏がいる美歩のオマンコに浮気チンポ入れて下さいとか・・・言わそうとされた。」

「そんなのも・・言ったの?」

「・・・それはたーくんに悪いと思ったの。
彼氏のことはもう言わないでって頼んだ。」

「だけど、結局、それ言ったんでしょ?」

「んー・・」

「じゃあ、それであいつ、そういう事言うの止めてくれたの?」

「ううん、全然。
たーくんの事ばっか言うの。
おちんちんとか比べさせたり・・・」

「なんて?」

「えー・・・彼氏のチンコよりでかいでしょっとかって。」

大きいことは何度も前日から聞いていましたが、じかに私と比較することを西脇に言われたり、妻が言ったりするのはやはりショックでした。
顔に出たのでしょう。
妻が聞いてきます。

「やだった?」

「やだけどさ、それで?」

イヤだといっても勃起は萎えません。

「・・・そうだから・・・」

「でかいって言ったの?」

「でかいなんて言わないけど・・・」

「僕より大きいことは認めたの?」

「・・・うん・・・」

「・・・なんて言ったの?・・・・」

「すごく大きいって・・・」

「・・・」

「だけど・・・
彼氏より大きいかどうかちゃんと言わないとダメって・・・」

「僕より大きいって?」

「うん。」

「言ったの?」

ときおり、目を見ては私の反応を確認してきます。
何より勃起が証拠なのですが、傷つけてはいけないと思ってくれているようです。

「・・・言いたくなかったけど・・・」

「だけど言ったんでしょ?」

「うん。」

「言ってよ、なんて言ったの?」

「えー・・・言うの?」

「だって美歩が言ったんでしょ?」

「そうだけど・・」

その前の日までペニスの大きさについては、ふたりとも口に出して言うことは無かったので、さすがに躊躇われたのかも知れません。

「いいよ別にほんとのことなんだし。
さっきも言ったじゃない。」

「ごめん、そうだっけ・・・」

「僕のが小さいって言ったの?」

「そうは言わなかった・・
・・けど・・」

「・・・けど?・・」

「だって、そんなことないって言っても、絶対嘘だって分かっちゃう。」

「どうして・・・」

「まだ入れてないんだけど、あそこの入り口にグイってされるたびに、美歩が痛そうにしてるの、絶対、分かってたんだもん。」

「・・・」

「美歩ちゃんのあそこ俺用に拡げようね、とかって言ってたから、大きさ全然違うの西脇君も知ってたんだよ。
少し押すともう無理って感じに太かったもん。
あそこの入り口がメリメリって痛かった。
それなのに、わざと彼氏より大きいって言わせようとするの。
大きい、じゃなくて、彼氏より大きいって。」

「・・・美歩も言いたかったんじゃないの・・・」

「それは、言いたくないってはっきり言った。
だけど、そしたら、また意地悪するの。」

「意地悪って?」

「いきそうにさせるの。
クリ剥かれたりつぶされたり、入り口ヌルヌルされて、だけどいかせてはくれないの。
くやしいからずっと頑張ってたけど・・・
じらされて、どうしようもなくなっちゃったの。
だから結局・・・」

「何ですぐ負けちゃうわけー。
西脇だって入れないで我慢してたんでしょ?」

先に西脇に屈服したことを責めてしまいます。

「すぐじゃないもん。
だって、西脇君、ずるいんだよ。
自分が、気持ち良くなりたくなると我慢しないで、フェラさせるんだもん。」

「フェラしなければいいのに。」

「うん・・・」

巨根を見せられるとフェラをしないわけにいかないような、気分になったのでしょうか。
じらされながらも口で巨根に奉仕するマゾな自分に感じていたのでしょうか。

「少し満足すると、また後ろから、じらしていじめて来るの。
言っちゃいなよ、彼氏には内緒にしとくからさ、とか言うの。
美歩ちゃんの我慢汁どんどん出てくるって言いながら、あそこいじめるの。
亀頭に付いちゃったベトベトまた舐めさせるの、何回も。
変な味するの舐めるのもくやしかった。

だけど、彼氏想いの美歩ちゃんの我慢汁こんなに出ちゃてるよって言われて。
くやしいけど興奮した。
気持ち良くって、もう少しクリだけでいいからちゃんとしてくれたらいけそうだったの。
もう負けでいいやって、もういいやってなっちゃった。
初め言ったら、声が小さくって聞こえないって言われて、
おっきな声で言った・・・
・・・・彼氏よりずっと大きいって
彼氏とは全然違うって。
鼻水とか涙とかでグズグズになって変な声だった・・・」

「美歩も言いたかったのかも知れない・・・」

「言いたかったの?」

「言っちゃいけないことだから・・・ダメって思ってたけど、だから、逆に・・・なんか・・・」

「だけど、だめって一応思ったんだ?」

「たーくんは興奮してくれるみたいだけど、ふつう男の人って傷付くでしょ?
大きさ比べたりしたら。」

「僕だって傷付いてる。」

「ごめんね。
じゃあ、もう話さない方がいい?
本当は、聞きたいんでしょ?」

「・・・うん。」

「聞きたいなら聞きたいって言って。」

「聞きたい・・・」

「美歩も話したいの、こういうの興奮するの。」

「うん。」

なんだか、お互いの性癖を告白しあって、うち解けた雰囲気になりました。


「そういうの、すごくエッチな感じがして、言わされることに興奮してた。」

「僕のより大きいって?」

「うん・・浮気してるうえに・・・彼氏より大きいちんちんです、なんて、言えないと思ってた。」

「言ったら、いかせてくれたの?」

「ご褒美にもうちょっと入れてあげるって言いながら、グイってされた。」

「クリは?」

首を振ります。

「いかせてくれなかったの?」

「もうちょっとだったのに・・・もうクリはしてくれなかった。
気持ちいいのもあったけど、やっぱ、凄く痛かった。」

「それでも、こうやって指でオマンコ開いてたの?」

「うん・・・開いてた・・・
恥ずかしかった。」

「エッチすぎるよー」

「ちゃんと開かないでいると、ビクッて感じちゃって、中の空気が変な音して出てきちゃうんだもん。」

確かに四つん這いであそこを拡げると膣の中に空気が入るので、快感で膣が締まると、イヤらしい音が出ます。

「じゃあ中が丸見えのまま、指で拡げて大きいの入れられるの待ってたの?」

どうしても、この体位で性器を自分で開いて待つ妻の姿がいやらしすぎて、こだわってしまいます。

「絶対離しちゃダメって言われてたし、処女みたいに痛がって騒ぐの、かっこ悪いと思ってた。」

「格好悪いって?」

「経験無いのに背伸びして浮気してるって思われたくなかったの。」

「処女みたいにされたいくせに、意地張ってたんだ。」

「ちょっと。
だって、エリ先輩も、沙季ちゃんも、すぐ入ったよって言うから。」

こともあろうか、自分が喰い散らかした他の女子部員と女性器を比較して巨根の侵入に耐えさせたのです。
嘘か本当かも分からない、西脇の策に簡単に乗った妻が憐れでもあります。

かっこいい女子部員だったはずの妻が、体験したことのない巨根に貫かれるために、自ら陰唇を両手で拡げて、尻を掲げていたのです。
縛られて縄で性器を剥き出されるよりも、自らが望んで差し出している分、卑猥です。

「だけど、美歩も、こんな格好させられて興奮してたんでしょ?
こういう恥ずかしいの、させられて嬉しかったんでしょ?」

「・・・うん・・・エッチだった。
太いのがめり込んでくると痛かったけど、一緒にあそこがドクンドクンして、足のほうまでビリビリ来てた。
いたきもちかった。」

こんな痛みの告白の最中も、妻の膣はますますイヤらしく収縮しては、私の舌にクリを合わせてきます。
私の舌は少し吸っては逃げて、ビラビラを焦らします。
西脇の亀頭で初めて限界まで伸ばされていた小陰唇です。

「そんな痛いのに、あんな奴の太いのあそこに挿入されたかったの?
ねじ込まれたいと思ってたの?」

わざと卑猥に言うと、妻も、さらに興奮するようです。

「アアアン・・エッチ・・・
美歩のオマンコ、太いのでされたかった・・
西脇君の太いの、入れられたかったのお・・・・
ゆ・・指入れてぇ・・・」

「だめー」

そう言ってクリを少し吸うだけにしました。

「いじわるー」

「美歩がひどいこと言ったんだもん。」

「だけど、たーくん興奮するんでしょ、美歩がたーくんより大きいのでやられちゃったこと。」

「・・・うん・・」

「ぶっといので犯されちゃったあそこ舐めて。」

「・・・・」

もう半ば開き直って、妻の割れ目に吸い付きます。
コリコリにしこったクリを舌でなめ回します。

「西脇のチンコ、今も欲しいって思ってるでしょ。
指とか僕のチンコなんかよりぶっといの。」

「ハッ・・ああぁ・・
言わないでぇー・・・ほんとに欲しくなっちゃう・・・
あの時はっ・・入れられたかったのお・・・
痛いけど気持ち良かったから。
痛いんだけど、ムズムズする感じがすごいの。
もっと入れたら、ムズムズがすっごく気持ち良くなりそうだったの。」

「…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
仲良しの娘と…2お泊り
2016/08/14 15:01
2016/08/14 15:01
2ヶ月ほどしたころでした。何気なくいつも の腕まくら状態で「りなはさおりと似て可愛い な」と言いました。後で思えばこの言葉が招い たのかもしれない… 妻は、可愛いけど、私に似てる~?( ´ ▽ ` )ノ といい、りなは、ただ笑ってました。 その日は、りなが泊まっていくというので、 私「部屋はりなが出てったときのままだから 寝るとこはあるぞ!ほこりはかぶってるかも」 りな「じゃあパパとママと寝る~」 私「じゃあ俺はベットの下に布団敷いて寝るから 妻子仲良く寝なさい」 妻子「は~い。」 これが娘が家を出て最初のお泊りだった。 まありなの旦那が遠くに営業行ってたおかげだな…
【人妻体験談】チョコレートの伯父ちゃん
2016/02/20 06:35
2016/02/20 06:35
 私の母には歳の離れた信夫と言う兄がいて、その伯父の13回忌の法要が有るという事で、私が出席する事になりました。 伯父は着物の行商をしていて、私の家の近くまで来ると必ずチョコレートをおみやげに持って来てくれ、いつしか私は伯父の事を『チョコレートの伯父ちゃん』と呼ぶ様になっていて、それは大人になっても変わらず、法事の話を聞いた時も『チョコレートの伯父ちゃんの法事』と言っていました。  私が幼い頃、当時チョコレートは、そうそう口に出来る食べ物では無かったので、私は伯父が来るのを心待ちにしていた覚えが有ります。 私が大学生になって下宿をしていた頃は、伯父は下宿の近くまで仕事に来ると必ず立ち寄…
隣人の妻と不倫エッチ。未だに関係は続いています。
2018/02/13 00:22
2018/02/13 00:22
隣人の妻に俺は惚れている。


乳もでかくスタイルがいいし、ローライズのジーパンからもろ見えしているTバックの尻が最高にいい。

毎日散歩してればそれを拝める。

俺はそれを見てからオナニーして毎日出しているのが日課だ。

夏の日、近くのプールに行くと隣人の妻が近所の奥さん連中と共に来ていた。

そのうち、近所の奥さん連中は帰り、俺と隣人の妻だけが残っていた。

監視員も帰り仕度を始めており、定位置にはいなかった。
俺はその日、ピチピチの際どいラインにえぐったビキニパンツを穿いていて、デカチンを収めるには厳しいサイズを穿いて来た。

妻は俺を見つけると近寄ってきて…
★愛がなくても体は感じてしまいます
2015/10/29 11:34
2015/10/29 11:34
 以前より、私も普通のマッサージで感じてみたいと思ってました。アロママッサージは良く行くのですが、雑誌を見てたら山口県の周南市にアロマモードというお店を発見して電話してみました。受付の女性が施術は女性がいいでしょうか?それとも男性がいいでしょうか?と・・

 思わず男性でお願いしますと言ってしまいました。内心はドキドキ状態で・・ルームはマンションでとても綺麗なお部屋でした。40歳くらいの細身でやさしそうな男性がコーヒーを持ってこられて、システムと問診表を説明されました。
 まずはシャワー室まで案内されて、その男性が「紙パンツをはかれてもいいですしはかなくてもいいですよ~」と説明、迷ったあげ…
人妻泡姫とセックス中にコンドームが破れてしまった体験談
2018/02/07 23:10
2018/02/07 23:10
大晦日前の年末に、一発風俗で射精して
スッキリしようと思いました。

それに、今年は大学卒業の年

大学生活最後のHな思い出に、
高級熟女ソープランドで豪遊する事を決意したんです。

初めての吉原風俗の空気に圧倒されつつ
目標の熟女ソープランドにつきました。

写真を見て一番好みの
三十路の若妻系泡姫のKさんを指名

初めてソープにドキドキして待合室でまっていること10分。

ボーイさん(?)に呼ばれてご対面

写真通りの綺麗な人妻泡姫

パネマジの恐怖があったのでホント、
ホッとしました。

それで部屋に案内され挨拶

それでまったりとした空気の中でお互い脱がせあい、
人妻泡姫のメリハリの利…
同窓会の不倫SEXで夢の世界へ
2016/04/09 09:00
2016/04/09 09:00
同窓会に出席し、久しぶりった同級生と結ばれ、不倫してしまいました。
私、真理と言います34歳の主婦で、夫婦と娘の3人家族都内のマンション暮らしです。
主人は優しく穏やかな人で日々の生活も平和な普通の家庭だと思い満足して居ました。
ある日、親友の知子が話していた高校の同窓会の通知が来ました今までも数回開催されていましたが都合が悪く出席したことはありませんでした。
今回は障りになる理由も無いので出席しました、高校時代淡い恋心を抱き、片思いしていた真君も出席して居ました。


宴も酣になり男性陣も女性陣もそれぞれ塊りになって思い出話や近況を伝える雑談に花が咲き、あっとい…
レイプで傷ついた彼女とめでたくゴールイン!
2017/02/02 21:08
2017/02/02 21:08
前回の話 130 :えっちな21禁さん:2005/07/29(金) 23:44:01 えーと、えっちゃんの夫です。 えっちゃんは疲れていたみたいで、9時ぐらいからもう寝てます。  スレ違いですが、ちょっと書かせてもらいます。 えっちゃんは「浮気」って言ってるけど、俺はそう思ってません。 レイプ→妊娠→自殺未遂→中絶→結婚→大学中退 です。  131 :130:2005/07/29(金) 23:45:03えっちゃんは、実家に帰ってきた時「死にたい」を連発してました。 そして、俺だけに泣きながら話してくれました。 …
スクール水着にある可愛い桃 (レイプ体験談)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/16 15:14
2017/09/16 15:14
 私は某スポーツセンターでマッサージ師">マッサージ師をしております。 その為か?結構筋肉質で自分で言うのも変ですが、同業の☆☆人っぽい陰気な感じは無く、少々爽やかなルックスな為、中年主婦から女子学生">小学生まで人気があります。 俺がこの仕事を始めたのは、様々な女の身体を触れて、人妻を口説きやすいからと、内に秘めたロリコン">ロリコン癖の発散場所になるところです。水泳教室に通う少女の水着姿をいつもモッコリと見ております。 ある日、良く遊びに来る小学校6年生の瞳がくりっとした(日本テ☆ビの魚☆アナ似)少女が私に相談事があるとやってきました。 彼女は小学4年生から…
中坊いじめ
2017/12/02 12:19
2017/12/02 12:19
昔高校3年の時、友達の家に3人ほどで溜まってたら後輩の中学生が来た。 男3人女2人で来たんだけどそのうちそいつらがイジメてる奴の話になった。 よくある、とある女の子がイジメの対象だったんだが、その時そのうちの女の一人が 「野球拳やって負けたのにそいつ脱がなかったんすよ。」 「あ、そうそう、ムカつくよね。」 「何かすっげー必死で抵抗してたよね。」 などと言い出した。 友人Aが面白がって呼び出せと言って呼び出させて部屋に連れ込んだところ、 その子が中坊の女2人はブサイクとか言ってた癖に結構可愛かった。 スレンダーだし、制 服も似合ってて結構大人っぽい雰囲気の子。 名前は因みに優子ちゃん。 態度…
研修最終日の羞恥
2017/01/21 18:49
2017/01/21 18:49
会社の研修のときのことなんだけど、いまの会社って新卒者に対して4月の入社までに何日かかけて研修やりますよね。 その研修の最終日に、一泊二日で泊まりました。 その日の夜、研修最終日ということもあって酒を飲みまくり、男女関係無く下ネタ話(一部の人だけだけど)をしまくったりして気分はハイテンション。そんなハイテンションのままそいつらで風呂に入ったわけですが・・・。 「◯◯さん!(オレのこと)、女風呂見えますよ!」 覗きとかそういうのは無縁だったオレの興奮度は一気に上昇! そこの風呂は男湯と女湯は完全に仕切られていて、女湯の話し声すら一切聞こえない。 しかし、大窓を開けるとベランダみたいな…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・内妻の友達を旦那の前で

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・社長のおちんちんを咥えています

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・交際初日に初SEX。そして・・・。

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[後編]

・あんなイイ思いは何だったのか不思議

・亭主が寝ている横で、バックからつきまくった・・・

・手マンから結局最後までいっちゃった

・【人妻体験談】痴漢にアナルまで弄られて感じる妻に興奮する夫

・【熟女体験談】還暦を迎えた母の黒の下着に興奮し、夜這いしてしまった

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[中編]

・【熟女体験談】同じ介護職場の熟女の薄く透けてたブラに興奮し、フェラしてもらった

・不倫相手との甘い甘いSEX行為の告白

・【Hな体験】有名なエロレイヤーの処女をいただいた話

・【浮気】修学旅行の夜、先生に隠れて潜った布団の中で

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【近親相姦】義父から性的暴行を受けていた実の娘と

・認知症の母と・・・

・【人妻体験談】お隣の奥さんと出会った日にいきなりホテルでセックス

・芽生えたころに

・星の綺麗なキャンプ場でフェラチオ大会

・黒ギャルのフェチ料金は破竹値

・女房が21年前に出ていた裏本

・社員旅行でパート主婦と・・・

・【熟女体験談】営業のオバハンと飲みに行き、出来上がったオバハンと中出しSEX

・タダマンがビックリする程に楽勝