寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻に射精をコントロールされて2

2018/01/12 21:03




「もう帰ってると思うって言ったら、美歩ちゃんこと考えてオナニーしてるかもねって笑ってた。
彼氏が何も知らずにオナニーしてるのに、彼女のオマンコに俺のチンポ入れちゃうんだよー悪いなあとか。」

「オナニーしてるなんて言ったの?」




「言ってないって。
西脇君が勝手に言ったの。」

「・・・・他には?」

「えー・・もろだよ・・・」

「言ってよ。」

「大好きな彼氏がいる美歩のオマンコに浮気チンポ入れて下さいとか・・・言わそうとされた。」

「そんなのも・・言ったの?」

「・・・それはたーくんに悪いと思ったの。
彼氏のことはもう言わないでって頼んだ。」

「だけど、結局、それ言ったんでしょ?」

「んー・・」

「じゃあ、それであいつ、そういう事言うの止めてくれたの?」

「ううん、全然。
たーくんの事ばっか言うの。
おちんちんとか比べさせたり・・・」

「なんて?」

「えー・・・彼氏のチンコよりでかいでしょっとかって。」

大きいことは何度も前日から聞いていましたが、じかに私と比較することを西脇に言われたり、妻が言ったりするのはやはりショックでした。
顔に出たのでしょう。
妻が聞いてきます。

「やだった?」

「やだけどさ、それで?」

イヤだといっても勃起は萎えません。

「・・・そうだから・・・」

「でかいって言ったの?」

「でかいなんて言わないけど・・・」

「僕より大きいことは認めたの?」

「・・・うん・・・」

「・・・なんて言ったの?・・・・」

「すごく大きいって・・・」

「・・・」

「だけど・・・
彼氏より大きいかどうかちゃんと言わないとダメって・・・」

「僕より大きいって?」

「うん。」

「言ったの?」

ときおり、目を見ては私の反応を確認してきます。
何より勃起が証拠なのですが、傷つけてはいけないと思ってくれているようです。

「・・・言いたくなかったけど・・・」

「だけど言ったんでしょ?」

「うん。」

「言ってよ、なんて言ったの?」

「えー・・・言うの?」

「だって美歩が言ったんでしょ?」

「そうだけど・・」

その前の日までペニスの大きさについては、ふたりとも口に出して言うことは無かったので、さすがに躊躇われたのかも知れません。

「いいよ別にほんとのことなんだし。
さっきも言ったじゃない。」

「ごめん、そうだっけ・・・」

「僕のが小さいって言ったの?」

「そうは言わなかった・・
・・けど・・」

「・・・けど?・・」

「だって、そんなことないって言っても、絶対嘘だって分かっちゃう。」

「どうして・・・」

「まだ入れてないんだけど、あそこの入り口にグイってされるたびに、美歩が痛そうにしてるの、絶対、分かってたんだもん。」

「・・・」

「美歩ちゃんのあそこ俺用に拡げようね、とかって言ってたから、大きさ全然違うの西脇君も知ってたんだよ。
少し押すともう無理って感じに太かったもん。
あそこの入り口がメリメリって痛かった。
それなのに、わざと彼氏より大きいって言わせようとするの。
大きい、じゃなくて、彼氏より大きいって。」

「・・・美歩も言いたかったんじゃないの・・・」

「それは、言いたくないってはっきり言った。
だけど、そしたら、また意地悪するの。」

「意地悪って?」

「いきそうにさせるの。
クリ剥かれたりつぶされたり、入り口ヌルヌルされて、だけどいかせてはくれないの。
くやしいからずっと頑張ってたけど・・・
じらされて、どうしようもなくなっちゃったの。
だから結局・・・」

「何ですぐ負けちゃうわけー。
西脇だって入れないで我慢してたんでしょ?」

先に西脇に屈服したことを責めてしまいます。

「すぐじゃないもん。
だって、西脇君、ずるいんだよ。
自分が、気持ち良くなりたくなると我慢しないで、フェラさせるんだもん。」

「フェラしなければいいのに。」

「うん・・・」

巨根を見せられるとフェラをしないわけにいかないような、気分になったのでしょうか。
じらされながらも口で巨根に奉仕するマゾな自分に感じていたのでしょうか。

「少し満足すると、また後ろから、じらしていじめて来るの。
言っちゃいなよ、彼氏には内緒にしとくからさ、とか言うの。
美歩ちゃんの我慢汁どんどん出てくるって言いながら、あそこいじめるの。
亀頭に付いちゃったベトベトまた舐めさせるの、何回も。
変な味するの舐めるのもくやしかった。

だけど、彼氏想いの美歩ちゃんの我慢汁こんなに出ちゃてるよって言われて。
くやしいけど興奮した。
気持ち良くって、もう少しクリだけでいいからちゃんとしてくれたらいけそうだったの。
もう負けでいいやって、もういいやってなっちゃった。
初め言ったら、声が小さくって聞こえないって言われて、
おっきな声で言った・・・
・・・・彼氏よりずっと大きいって
彼氏とは全然違うって。
鼻水とか涙とかでグズグズになって変な声だった・・・」

「美歩も言いたかったのかも知れない・・・」

「言いたかったの?」

「言っちゃいけないことだから・・・ダメって思ってたけど、だから、逆に・・・なんか・・・」

「だけど、だめって一応思ったんだ?」

「たーくんは興奮してくれるみたいだけど、ふつう男の人って傷付くでしょ?
大きさ比べたりしたら。」

「僕だって傷付いてる。」

「ごめんね。
じゃあ、もう話さない方がいい?
本当は、聞きたいんでしょ?」

「・・・うん。」

「聞きたいなら聞きたいって言って。」

「聞きたい・・・」

「美歩も話したいの、こういうの興奮するの。」

「うん。」

なんだか、お互いの性癖を告白しあって、うち解けた雰囲気になりました。


「そういうの、すごくエッチな感じがして、言わされることに興奮してた。」

「僕のより大きいって?」

「うん・・浮気してるうえに・・・彼氏より大きいちんちんです、なんて、言えないと思ってた。」

「言ったら、いかせてくれたの?」

「ご褒美にもうちょっと入れてあげるって言いながら、グイってされた。」

「クリは?」

首を振ります。

「いかせてくれなかったの?」

「もうちょっとだったのに・・・もうクリはしてくれなかった。
気持ちいいのもあったけど、やっぱ、凄く痛かった。」

「それでも、こうやって指でオマンコ開いてたの?」

「うん・・・開いてた・・・
恥ずかしかった。」

「エッチすぎるよー」

「ちゃんと開かないでいると、ビクッて感じちゃって、中の空気が変な音して出てきちゃうんだもん。」

確かに四つん這いであそこを拡げると膣の中に空気が入るので、快感で膣が締まると、イヤらしい音が出ます。

「じゃあ中が丸見えのまま、指で拡げて大きいの入れられるの待ってたの?」

どうしても、この体位で性器を自分で開いて待つ妻の姿がいやらしすぎて、こだわってしまいます。

「絶対離しちゃダメって言われてたし、処女みたいに痛がって騒ぐの、かっこ悪いと思ってた。」

「格好悪いって?」

「経験無いのに背伸びして浮気してるって思われたくなかったの。」

「処女みたいにされたいくせに、意地張ってたんだ。」

「ちょっと。
だって、エリ先輩も、沙季ちゃんも、すぐ入ったよって言うから。」

こともあろうか、自分が喰い散らかした他の女子部員と女性器を比較して巨根の侵入に耐えさせたのです。
嘘か本当かも分からない、西脇の策に簡単に乗った妻が憐れでもあります。

かっこいい女子部員だったはずの妻が、体験したことのない巨根に貫かれるために、自ら陰唇を両手で拡げて、尻を掲げていたのです。
縛られて縄で性器を剥き出されるよりも、自らが望んで差し出している分、卑猥です。

「だけど、美歩も、こんな格好させられて興奮してたんでしょ?
こういう恥ずかしいの、させられて嬉しかったんでしょ?」

「・・・うん・・・エッチだった。
太いのがめり込んでくると痛かったけど、一緒にあそこがドクンドクンして、足のほうまでビリビリ来てた。
いたきもちかった。」

こんな痛みの告白の最中も、妻の膣はますますイヤらしく収縮しては、私の舌にクリを合わせてきます。
私の舌は少し吸っては逃げて、ビラビラを焦らします。
西脇の亀頭で初めて限界まで伸ばされていた小陰唇です。

「そんな痛いのに、あんな奴の太いのあそこに挿入されたかったの?
ねじ込まれたいと思ってたの?」

わざと卑猥に言うと、妻も、さらに興奮するようです。

「アアアン・・エッチ・・・
美歩のオマンコ、太いのでされたかった・・
西脇君の太いの、入れられたかったのお・・・・
ゆ・・指入れてぇ・・・」

「だめー」

そう言ってクリを少し吸うだけにしました。

「いじわるー」

「美歩がひどいこと言ったんだもん。」

「だけど、たーくん興奮するんでしょ、美歩がたーくんより大きいのでやられちゃったこと。」

「・・・うん・・」

「ぶっといので犯されちゃったあそこ舐めて。」

「・・・・」

もう半ば開き直って、妻の割れ目に吸い付きます。
コリコリにしこったクリを舌でなめ回します。

「西脇のチンコ、今も欲しいって思ってるでしょ。
指とか僕のチンコなんかよりぶっといの。」

「ハッ・・ああぁ・・
言わないでぇー・・・ほんとに欲しくなっちゃう・・・
あの時はっ・・入れられたかったのお・・・
痛いけど気持ち良かったから。
痛いんだけど、ムズムズする感じがすごいの。
もっと入れたら、ムズムズがすっごく気持ち良くなりそうだったの。」

「…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【熟女体験談】レイプしそうになった僕を泣きながら許してくれて、その上筆下ろしまでしてくれた叔母
2018/05/14 12:02
2018/05/14 12:02
2018/05/14 (Mon) 僕にとって叔母は
ある意味母親以上の存在でした

叔母は近くに住んでいいて
家によく遊びにきてくれていたんです

子育てに追われ
ヒステリック気味になっている母と違い
叔母はいつも優しく
僕は叔母に良く懐いていたんです

それで、弟が生まれた時

五歳だったぼくは見事に
赤ちゃんがえりをしました

弟の世話にヘトヘトだった母は
ぼくの相手をする余裕が
なかったのでしょう

冷たくあしらわれ
悲しい思いをしていました

そんな時、母の手伝いで
よくうちに来ていた叔母は
ぼくを赤ちゃんみたいに
甘えさせてくれました

一緒にお風呂に入ったり
おっぱいを吸わせて…
高校時代、女になった思い出
2018/12/18 22:04
2018/12/18 22:04
僕の少し変わった高校時代の経験を聞いて下さい。僕が自分の体の異変に気付いたのは高校1年の時でした。中学生の頃、肥満体型だった僕は、女の子みたいな甲高い声のせいもあって「クロちゃん」と呼ばれていて、全く女子にモテませんでした。しかし、生まれた時からモテていなかった訳ではなく、中学生までは近所でも可愛い子として有名で、誕生日やバレンタインデーには女の子から沢山のプレゼントを貰っていました。そんな僕は子供の頃の様に、もう一度、女の子にモテたいと思い、高校生になってから、友達の誘いもあり、バスケ部に入部し毎日ハードな練習に明け暮れていました。当初は練習に落ちこぼれていましたが、同級生や面倒見の良い先輩…
【近親相姦体験告白】 兄の子供を孕む彼女
2016/07/28 19:59
2016/07/28 19:59
???高校二年生にしてようやく出来た彼女の名前はチサト。まだあどけなさの残る童顔と、そこからは想像も出来ないほどに成長した胸が特徴だった。 “ロリ巨乳”という形容がこれほど当てはまる彼女のほかにいないのでは無いだろうか、と思うほどだ。チサトを狙う男は後を絶たなかったが、猛烈なアプローチの末に俺がゲットした。そこからは普通のデートを繰り返すだけの日々だったが、交際期間三ヶ月を経て、先日、遂にキスをした。最近は手を繋いで街を歩く事も恥ずかしくなくなったし、周りの奴らにも「ラブラブだな」とよく言われる。未だにチサトに交際を迫る男もいたようだが、彼女はそれを断り続けていた。お互いに浮気なんてしなか…
やっと不倫相手を自宅に連れ込んでヤりました
2018/08/22 17:24
2018/08/22 17:24
 滅多に出掛けない妻が久しぶりの外泊。次のチャンスはいつになるか分からないので、速攻で不倫相手(紗友里27、元同僚)を連れ込みました。かなり抵抗があったみたいで、しばらくビクビクしてましたが、

 妻の不在がはっきりわかってから段々となれてきました。まずはリビングのソファーで初めの一発。「あっあっ」と普通に喘ぎ声を出す様になればこっちのもの。
【近親相姦】母親に恋したら、友人に寝取られた3 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/08 08:54
2017/10/08 08:54
まい先輩とはそれからもバイトで一緒で でも何も進展はありませんでした 時々目が合ったときにお互いちょっと恥ずかしくなって 目をそむけるくらいで。 バイトのみんなも進展は気になったようですが 聞いてきたりはしませんでした。進展、といっても次の事件は数週間あるかないかくらいでした。 僕の兄貴の先輩が、まぁちょっと悪い系で ヤクザ、まではいかないんですが なんていうか全員無職のEXILEみたいな いい人たちなんですけど ガテン系というか 雰囲気怖そうというか そういう人たちだったんです。それで家にも兄貴を迎えに来たりとかで 時々顔を合わせたりみたいな感じで 何回か遊びに連れてってもらったこともあ…
Fカップの女性と
2018/09/10 14:04
2018/09/10 14:04
僕は中学のころからテニスをしていて、高校1年のとき、昔かよってた、テニススクールに顔を出してちょっとだけ練習の手伝いをしてました。そのとき夏休みだったんですが、平日の昼間ということで女の人が ほとんどでした。だいたい20代半ばから40前の人が多かったんですが、28歳の女性に、どうしても教えてほしいといわれ、あまりうまくないみたいなので隅のほうで1対1で教えていました。いつのまにかふたりで練習する ようになりました。その人はTシャツにスコートという スクールではけっこういろっぽい服装をする人でした。スクールってけっこう運動着っていう人が多かったんですが。ある日、練習の合間の休憩中に二人で話しをて…
寝取られてた妻!完全版
2016/05/12 15:01
2016/05/12 15:01
私の妻知子は先月35歳になったばかりの美人ではないけど、かわいい 感じのスラッとした、スタイルのいい女性です。 妻は私と結婚する前から、ある製薬会社で働いています。 私の職場でも妻の会社の医療機器を使っているため、消耗品等の部品を発注することが良く有ります。 世間で言うお得いさんになっていますそのためかうちの担当者から一泊での慰安旅行件忘年会に誘われました。 その担当は、私とそこで働いている妻が夫婦であることは知りませんでした。 つまり結婚した後に入社した新人さんがうちの担当だったためです。 私も妻の会社の社員旅行なんて行った事が今まで無かったので妻を驚かせようと楽しみにしていました。 しかし…
取引先のOLは俺とのセックスにハマり彼氏と別れ、不倫生活が始まった
2015/12/10 15:30
2015/12/10 15:30


取引先の童顔オフィスレディと・・・


たまに会うんだけどまともに話すらしたことなくて、


ちなみに気にも止めてなかった。




ちょうどその時会社内で結婚適齢期の話になった。




「結婚は早くした方がいいよー。




だってさ、年取って子供育てるのって大変ジャン」


「そうですよね、私も早くしたいんですけどね。




奥さんいくつなんですか?」


「26歳。

今2人目生まれたばっかだよ」



「ええー。

じゃあ、私の年でもう出産してたんですか!」

「あれ?何歳なの?」
「今25です…
【近親相姦体験告白】いとこを膝の上に乗せてDVD鑑賞したお盆のお話 
2015/09/21 22:58
2015/09/21 22:58
今年のお盆付近の話です。 私といとこはお盆も仕事があったため他の親戚達とはズレた日程で祖父母の家に集合。 鐘楼流しも終え、食事を済ませたあと二人でDVD鑑賞を楽しんでました。 いとこを膝の上に乗せ、だっこするような格好で仲良く見る…のは良いんですが問題はその内容。 「…」 「…」 「…これ、怖いね」 「だよね?怖すぎるよね?この花子さん(もう直視できず)」 だっこと言えば聞こえはいいが、あまりの怖さのために最早いとこを盾にしているような状態の私。 結局、それほど長くない話(オムニバス形式の1話?)だったのでそのまま終わりまで見たものの二人して固まるほどテンションが下がってしまいました。 …
バスツアーで仲良くなった女子大生の女の子が隣でオナニーしはじめたwww
2017/07/28 16:02
2017/07/28 16:02
昨年の冬休み、友人たちと信州にスキーに行きました。

まだ21歳の学生なので、お金もなく安いバスツアーです。

スキーは初めてでしたがなんとか滑れるようになり、

同じバスツアーの女子大生グループと仲良くなることもできました

(彼女たちが一つ年上)。

しかし民宿形式の宿だったためあまり発展することはなく、帰途につきました。

最終日は夕方まで滑り、車中一泊のパターンです(翌早朝に帰る)。

僕の右隣の窓際には、

グループの中でもあまり美人とは言えない「潔子」という子でした。

短い茶髪のパーマヘアーのやや太めですが、

明るく気さくでHな話もOKな所が気に入っており、

彼女も年下の…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】義母と一緒にお風呂に入り、湯船の中でお互いに言い訳しながら生挿入SEX

・義父と嫁のセックス 05

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・高身長を気にしてた同級生の女子大生と一緒の布団で寝た

・綺麗な妻には過去がある

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・大嫌いだった従姉妹の話する

・オーナーの指導を色々受けているバツ1女です

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・【人妻体験談】人妻とスローセックスを楽しみながら中出しして何度もイキまくる

・腰が立たなくなるまで攻める旦那の後輩

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[前編]

・持病

・【初体験】伝言ダイヤルで知り合った年上女性と童貞卒業

・【乱交】温泉旅行で代わる代わる3人の男に犯され続けた

・姉弟の話

・高校ボクシングの試合の計量

・【熟女体験談】根気強く店に通ってスナックの熟女を口説き、ホテルに持ち込んで中出しSEX

・悲鳴とともにのけぞり、又しても失神・・・・・・

・【人妻体験談】野獣のようにSEXのに没頭し、歯止めが効かないくらい連絡してきたエロい人妻

・他人の妻を逝かせた

・クビになるよりマシだもんねと色気で

・【不倫】学芸員をしている真面目な主婦ですが・・・。

・タオルバリアー

・彼氏より俺のがいいだろ・・・

・パート先の仕事でレジ打ちをしている主婦です