寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻に射精をコントロールされて2

2018/01/12 21:03




「もう帰ってると思うって言ったら、美歩ちゃんこと考えてオナニーしてるかもねって笑ってた。
彼氏が何も知らずにオナニーしてるのに、彼女のオマンコに俺のチンポ入れちゃうんだよー悪いなあとか。」

「オナニーしてるなんて言ったの?」




「言ってないって。
西脇君が勝手に言ったの。」

「・・・・他には?」

「えー・・もろだよ・・・」

「言ってよ。」

「大好きな彼氏がいる美歩のオマンコに浮気チンポ入れて下さいとか・・・言わそうとされた。」

「そんなのも・・言ったの?」

「・・・それはたーくんに悪いと思ったの。
彼氏のことはもう言わないでって頼んだ。」

「だけど、結局、それ言ったんでしょ?」

「んー・・」

「じゃあ、それであいつ、そういう事言うの止めてくれたの?」

「ううん、全然。
たーくんの事ばっか言うの。
おちんちんとか比べさせたり・・・」

「なんて?」

「えー・・・彼氏のチンコよりでかいでしょっとかって。」

大きいことは何度も前日から聞いていましたが、じかに私と比較することを西脇に言われたり、妻が言ったりするのはやはりショックでした。
顔に出たのでしょう。
妻が聞いてきます。

「やだった?」

「やだけどさ、それで?」

イヤだといっても勃起は萎えません。

「・・・そうだから・・・」

「でかいって言ったの?」

「でかいなんて言わないけど・・・」

「僕より大きいことは認めたの?」

「・・・うん・・・」

「・・・なんて言ったの?・・・・」

「すごく大きいって・・・」

「・・・」

「だけど・・・
彼氏より大きいかどうかちゃんと言わないとダメって・・・」

「僕より大きいって?」

「うん。」

「言ったの?」

ときおり、目を見ては私の反応を確認してきます。
何より勃起が証拠なのですが、傷つけてはいけないと思ってくれているようです。

「・・・言いたくなかったけど・・・」

「だけど言ったんでしょ?」

「うん。」

「言ってよ、なんて言ったの?」

「えー・・・言うの?」

「だって美歩が言ったんでしょ?」

「そうだけど・・」

その前の日までペニスの大きさについては、ふたりとも口に出して言うことは無かったので、さすがに躊躇われたのかも知れません。

「いいよ別にほんとのことなんだし。
さっきも言ったじゃない。」

「ごめん、そうだっけ・・・」

「僕のが小さいって言ったの?」

「そうは言わなかった・・
・・けど・・」

「・・・けど?・・」

「だって、そんなことないって言っても、絶対嘘だって分かっちゃう。」

「どうして・・・」

「まだ入れてないんだけど、あそこの入り口にグイってされるたびに、美歩が痛そうにしてるの、絶対、分かってたんだもん。」

「・・・」

「美歩ちゃんのあそこ俺用に拡げようね、とかって言ってたから、大きさ全然違うの西脇君も知ってたんだよ。
少し押すともう無理って感じに太かったもん。
あそこの入り口がメリメリって痛かった。
それなのに、わざと彼氏より大きいって言わせようとするの。
大きい、じゃなくて、彼氏より大きいって。」

「・・・美歩も言いたかったんじゃないの・・・」

「それは、言いたくないってはっきり言った。
だけど、そしたら、また意地悪するの。」

「意地悪って?」

「いきそうにさせるの。
クリ剥かれたりつぶされたり、入り口ヌルヌルされて、だけどいかせてはくれないの。
くやしいからずっと頑張ってたけど・・・
じらされて、どうしようもなくなっちゃったの。
だから結局・・・」

「何ですぐ負けちゃうわけー。
西脇だって入れないで我慢してたんでしょ?」

先に西脇に屈服したことを責めてしまいます。

「すぐじゃないもん。
だって、西脇君、ずるいんだよ。
自分が、気持ち良くなりたくなると我慢しないで、フェラさせるんだもん。」

「フェラしなければいいのに。」

「うん・・・」

巨根を見せられるとフェラをしないわけにいかないような、気分になったのでしょうか。
じらされながらも口で巨根に奉仕するマゾな自分に感じていたのでしょうか。

「少し満足すると、また後ろから、じらしていじめて来るの。
言っちゃいなよ、彼氏には内緒にしとくからさ、とか言うの。
美歩ちゃんの我慢汁どんどん出てくるって言いながら、あそこいじめるの。
亀頭に付いちゃったベトベトまた舐めさせるの、何回も。
変な味するの舐めるのもくやしかった。

だけど、彼氏想いの美歩ちゃんの我慢汁こんなに出ちゃてるよって言われて。
くやしいけど興奮した。
気持ち良くって、もう少しクリだけでいいからちゃんとしてくれたらいけそうだったの。
もう負けでいいやって、もういいやってなっちゃった。
初め言ったら、声が小さくって聞こえないって言われて、
おっきな声で言った・・・
・・・・彼氏よりずっと大きいって
彼氏とは全然違うって。
鼻水とか涙とかでグズグズになって変な声だった・・・」

「美歩も言いたかったのかも知れない・・・」

「言いたかったの?」

「言っちゃいけないことだから・・・ダメって思ってたけど、だから、逆に・・・なんか・・・」

「だけど、だめって一応思ったんだ?」

「たーくんは興奮してくれるみたいだけど、ふつう男の人って傷付くでしょ?
大きさ比べたりしたら。」

「僕だって傷付いてる。」

「ごめんね。
じゃあ、もう話さない方がいい?
本当は、聞きたいんでしょ?」

「・・・うん。」

「聞きたいなら聞きたいって言って。」

「聞きたい・・・」

「美歩も話したいの、こういうの興奮するの。」

「うん。」

なんだか、お互いの性癖を告白しあって、うち解けた雰囲気になりました。


「そういうの、すごくエッチな感じがして、言わされることに興奮してた。」

「僕のより大きいって?」

「うん・・浮気してるうえに・・・彼氏より大きいちんちんです、なんて、言えないと思ってた。」

「言ったら、いかせてくれたの?」

「ご褒美にもうちょっと入れてあげるって言いながら、グイってされた。」

「クリは?」

首を振ります。

「いかせてくれなかったの?」

「もうちょっとだったのに・・・もうクリはしてくれなかった。
気持ちいいのもあったけど、やっぱ、凄く痛かった。」

「それでも、こうやって指でオマンコ開いてたの?」

「うん・・・開いてた・・・
恥ずかしかった。」

「エッチすぎるよー」

「ちゃんと開かないでいると、ビクッて感じちゃって、中の空気が変な音して出てきちゃうんだもん。」

確かに四つん這いであそこを拡げると膣の中に空気が入るので、快感で膣が締まると、イヤらしい音が出ます。

「じゃあ中が丸見えのまま、指で拡げて大きいの入れられるの待ってたの?」

どうしても、この体位で性器を自分で開いて待つ妻の姿がいやらしすぎて、こだわってしまいます。

「絶対離しちゃダメって言われてたし、処女みたいに痛がって騒ぐの、かっこ悪いと思ってた。」

「格好悪いって?」

「経験無いのに背伸びして浮気してるって思われたくなかったの。」

「処女みたいにされたいくせに、意地張ってたんだ。」

「ちょっと。
だって、エリ先輩も、沙季ちゃんも、すぐ入ったよって言うから。」

こともあろうか、自分が喰い散らかした他の女子部員と女性器を比較して巨根の侵入に耐えさせたのです。
嘘か本当かも分からない、西脇の策に簡単に乗った妻が憐れでもあります。

かっこいい女子部員だったはずの妻が、体験したことのない巨根に貫かれるために、自ら陰唇を両手で拡げて、尻を掲げていたのです。
縛られて縄で性器を剥き出されるよりも、自らが望んで差し出している分、卑猥です。

「だけど、美歩も、こんな格好させられて興奮してたんでしょ?
こういう恥ずかしいの、させられて嬉しかったんでしょ?」

「・・・うん・・・エッチだった。
太いのがめり込んでくると痛かったけど、一緒にあそこがドクンドクンして、足のほうまでビリビリ来てた。
いたきもちかった。」

こんな痛みの告白の最中も、妻の膣はますますイヤらしく収縮しては、私の舌にクリを合わせてきます。
私の舌は少し吸っては逃げて、ビラビラを焦らします。
西脇の亀頭で初めて限界まで伸ばされていた小陰唇です。

「そんな痛いのに、あんな奴の太いのあそこに挿入されたかったの?
ねじ込まれたいと思ってたの?」

わざと卑猥に言うと、妻も、さらに興奮するようです。

「アアアン・・エッチ・・・
美歩のオマンコ、太いのでされたかった・・
西脇君の太いの、入れられたかったのお・・・・
ゆ・・指入れてぇ・・・」

「だめー」

そう言ってクリを少し吸うだけにしました。

「いじわるー」

「美歩がひどいこと言ったんだもん。」

「だけど、たーくん興奮するんでしょ、美歩がたーくんより大きいのでやられちゃったこと。」

「・・・うん・・」

「ぶっといので犯されちゃったあそこ舐めて。」

「・・・・」

もう半ば開き直って、妻の割れ目に吸い付きます。
コリコリにしこったクリを舌でなめ回します。

「西脇のチンコ、今も欲しいって思ってるでしょ。
指とか僕のチンコなんかよりぶっといの。」

「ハッ・・ああぁ・・
言わないでぇー・・・ほんとに欲しくなっちゃう・・・
あの時はっ・・入れられたかったのお・・・
痛いけど気持ち良かったから。
痛いんだけど、ムズムズする感じがすごいの。
もっと入れたら、ムズムズがすっごく気持ち良くなりそうだったの。」

「…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【寝取られ】巨根から放出された大量のザーメン
2016/02/18 09:00
2016/02/18 09:00
妻を知り合いに抱かせた時の体験談です。 俺は35歳、妻は34歳、結婚5年目の夫婦です。妻は顔は普通だかとてもスタイルがよく、男だったら絶対ヤリたいと思うスケベな身体をしている。 俺の友人(同級生)もよく「エロい身体してるよなぁ~」と言っていた。 俺とその友人は飲み仲間で、風俗などにも連れ立って行くほど仲がいい。先日、友人に飲みに誘われ久しぶりに夜遊びに行った。 2次会のバーでワインを2人で呑んでいた時、友人が「お前の奥さんほんとエロい身体してるよなぁ~」と言ってきた。 俺が、「結婚もしないで遊びまくってるくせに贅沢言うなよ!」と話してると、「いや~、ほんと、いいよな~!」…
奥まで届くたびに喘ぎ声が漏れるスレンダーな年上女性【エロ体験談】
2016/08/11 21:10
2016/08/11 21:10
とあるMLで知り合って、それ以降個人的にメールをやり取りしていたKさん(35歳)と俺M(28歳)は久しぶりに飲もうということで、O駅で待ち合わせしました。

俺は仕事が休みで、Kさんは18時まで仕事だったので、待ち合わせは19時にしました。約束の時間の15分前にO駅に着いた俺はKさんにメール。

「O駅に着いたよ。中央改札口でいいんだよね?」
5分ほどしてKさんからメール。
「いま地下鉄に乗ってるから10分くらい遅れるね」

19時5分ごろ、今度は直電。
「Mさん、どこにいますか?」
俺「中央改札口のね~、わかりやすいようにインフォメーションカウンターの前に移動します」
Kさん「あ、見えたよ~…
彼女が合コンで、みんながいる前で生ハメ浮気したことを聞かされた
2017/09/21 14:00
2017/09/21 14:00
俺の彼女は合コンでHなことをしたことがあるらしい。

彼女と仲の良い友達(Y子)から聞いたんだけど、一緒に合コン行って、悪ノリしてしまったみたいだ。

男2対女2で個室の飲み屋で飲み会だったらしいが、男はY子の知り合いらしくて彼女は初対面だったそうだ。

彼女もY子もノリが良く、すぐ盛り上がったそうだ。

男2人のうちの1人で加藤晴彦に似てる男(K)がかなり彼女を気に入ったらしく、猛烈アタックをかけたそうです。彼女は最初はとりあえず相手の話に合わせて聞いていたそうだが、そいつに執拗にベタベタされても嫌な顔一つせず、笑顔でいたそうだ。

Kも彼女のことを『深田恭子にクリソツだね。』な…
妹と添い寝してたら、気持ちよくしてくれた【近親相姦・キス】
2017/01/12 19:43
2017/01/12 19:43
父と母は、学生時代に同級生で それから付き合って結婚した ある日の事、俺が17:00頃学校から帰ると、 母親がワクワクしながら待っていた。 「これから、お父さんと、お友達と同窓会なの」 「で、今日は泊まりになるから、御飯とか、朝美の面倒を見てやって」 一万円札を一枚、俺に握らせると、嬉々として出かけて行った。 共働きの母にとって、こういうイベントは楽しいのだろう。 帰宅部で高2の俺は、割とまめに、家事等をやっている。 母親が、働いている事もあって、料理、掃除、洗濯もろもろ、 色々手伝ってきた。 そのせいか母は結構俺を信頼している。 一方、妹の朝美は、高1で、陸上部で…
【体験談】友達を通じて知り合った可愛い女の子は、私と同じレズビアンだった
2016/04/08 20:30
2016/04/08 20:30

彼女との初体験は、お互い18歳の時。



相手は、友達を通じて知り合ったばかりの可愛い女の子。



何かと気が合ったので、
二、三回遊びに出かけた仲。

Aとする。



私は高校のとき女の子に3年間片思いをしたことがあって、
その子とキスまではいったので(8ヶ月付き合った)、
自分がレズビアンだという自覚はあり。



今度の、友達の友達の子はかなり好みの女の子だったので
自分がビアンだという事はなかなか言えだせず、
そのまま友達として何度か出かけた仲。



彼女が映画を見に行こう、というの…
テニス部の幼馴染と初体験
2017/06/03 09:49
2017/06/03 09:49
俺が中学生の頃の話です。 当時、俺はテニス部に所属していた。 テニス部には4コートあり、結構強い学校だった。 まぁ俺は強くなかったが・・・。 それはさておき、テニス部には幼馴染の沙月もいた。 沙月は顔は凄く可愛くて好きだった。 しかし幼馴染だけあって見栄を張ってしまい、なかなか告白できずにいた。 そんな事をズルズル引きずっているうちに中2になり、お互いに部活に励んでいた。 ある夏の日、練習が終わってコートの端で友達と話している時、コートの隣にあった物置小屋から物が崩れる音がした。 (何が起きた!?)と友達と顔を見合わせ、物置部屋に行ってみると沙月が倒れていた。 友達に先生を…
親友が好きだった男子と放送室でエッチ
2015/09/30 10:00
2015/09/30 10:00
放課後になり、帰ろうとして下駄箱に行くと、『1人で放送室に来て欲しい』というメモが自分の靴箱にありました。
名前を見ると同じクラスの和也君でしたが、実は親友の寛子が和也君の事を好き。
私は、寛子が和也君に告白するチャンスを作ろうとしていました。
和也君も寛子の気持ちに気付いているのかもしれない、それで私に話があるのだろう・・・そう思って1人で放送室に向かいました。
 
放送室は視聴覚室の奥にあり、放課後は誰もいません。
視聴覚室の扉を開けると、和也君はまだ来ていなかったので、私は放送室の中で座って待つ事にしました。

私と和也君が2人だけで会ってたと知ったら寛…
超キツマンの人妻をデートに誘って中出し
2016/07/03 07:46
2016/07/03 07:46
いつも煙草を買いに行く本屋で人妻妙子はパ-トをしている。
釣銭を間違えて多くもらったことから時々話すようになり思い切ってドライブに誘った。

人妻妙子は久しぶりのドライブを楽しんでいた。
会話から子供が一人で夜もご無沙汰でセックスレスの旦那に不満があるらしく不景気のためパートを始めたとのこと。
近所の奥さんたちとの話題に不倫、浮気はつきものらしい。
「奥さんのところはゴム派?生派?」
「ゴム派だったわ。最近ご無沙汰だから」
「うちは、カットしてるから生オンリ-派ですよ」
「エッ~いいわね。 羨ましいわ」
と他愛の無い会話を楽しんだ。
食事も終え、IC近くのラブホ街を走りながら
「ここ…
元カノと数年振りに
2015/09/26 22:52
2015/09/26 22:52
元カノと数年振りに 地元から車で少し走った所にできた複合ショッピングモールに行った。 出来てもう2年ぐらい経ってるらしいが、行く用事も無いので俺は初めてのご来店。 犬のトリミングをする為、母親に頼まれて車を出した。 待っている間、母親は食材を買いに、俺は用事も無いので店内をフラフラ。 平日だったけど割とお客もいて、時間潰しに本屋へ入った。 しばらくして本屋を出た時、目の前のベンチに見慣れた顔が座ってた。 座ってたのは4年ほど前に別れた元カノ。 思わず「よぉ!」と言いそうになったが、隣に男も座ってたのでグッと我慢。 数メートル前に立ってる俺に気が付いた元カノは、明らかに焦ってる表情をしてた。…
SEXの相性がイイ素直な彼女は最高のメス豚ちゃん♪【体験談】
2015/12/17 21:10
2015/12/17 21:10

ファミレスで調理の仕事してた頃
ぽっちゃりした感じの女の子がバイトで入ってきた。

地味だけど不細工ではない顔、ちょっとボーっとした感じで見るからに大人しそう。
太ってるとは言えないけど、お腹とか顔とか全体的にふっくらしてて癒やし系な感じ。


最初は別になんとも思ってなかったけど仕事教えたりバイト終わりとか、話をするたびにユニフォームを押し上げるボリューム満点な胸はすごい気になってた。
ヒップもムチムチしてて彼女と別れて2ヶ月目の俺はたまらなかった。
 

人生ではじめてのバイトで学生時代は友達も少なかったぽちゃ子はバイトで色々失敗したりして良く落ち込んでいた。
そういうぽちゃ子とシフト…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・髪を乱した母が、驚いた表情でこちらを見つめている・・・

・女房の秘密【体験談】

・【Hな体験】心を病んだ姉に襲われかけた

・バツイチの姉ちゃんと過激にやってしまった!!(夏休みの沖縄旅行 4日目)

・スーパーで知り合った人妻を寝取って離婚させて結婚したったwww

・ツレの家で遊んでたら、目の前で可愛い憧れのあの子が金髪にやられた

・【Hな体験】口だけという約束だったのに・・・。

・姉の友達とヤリまくり、彼女の結婚式の後もやりました

・クリーニング屋の33歳の人妻とのエッチな体験談

・【熟女体験談】関西弁のショタコンオバサンに逆レイプされ、異常なる肉欲おまんこ生活が始まった

・【SM・調教】Sな旦那に舐め犬プレイをお願いしたら・・・

・上司2人がウチに来る目的は、僕の女房です

・彼女が目の前で友達と種付けセックス。。。

・嫁の姉に欲情して夜這いをかけたらウェルカムだった

・【人妻体験談】旅行中にラグビー部の鬼畜にキメセクレイプで輪姦されてしまった

・一度でいいから全裸でコートのどきどき感を味わってみたいという好奇心を持つ自分

・★いたって普通のエロ体験です

・父のDVから母を守っているウチに芽生えた性欲

・11年間に渡る不倫の末に気づいた連れ合いへの愛情【体験談】

・愛妻を他人に犯させて悦びを感じている者のひとりです。

・❤主婦の一人旅でナンパされ

・美佐子2

・ベランダで隣の奥さんにオナニーを見せつけた結果www

・子供会の慰労旅行は大乱交スワップパーティー

・美佐子1

・心では抵抗していたつもりでしたが・・・

・H体験告白。。友達の旦那、サッカーコーチと不倫セックス

・Å子から・・・・・・

・ペットにクンニされて我慢できなくなった私は。。。

・【熟女体験談】転職組のキャリアウーマンに誘われ、性欲に歯止めが効かず、ベッドインのランデブー