寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

痴漢を憎みながらも痴漢にいつもイカされてしまう女子大生の告白

2018/01/12 19:12


私は22歳の学生です。
東京郊外のワンルームマンションから、ほぼ毎日、都内の大学まで通っています。
はっきり言って、痴漢に悩まされない日はありません。
このホームページを発見して、とても黙っていられなくなり、こうして文章を送ることにしました。
痴漢をする皆さんは、大変な勘違いをしています。
女の子は、快感を感じたり、イッてしまったりしたときは、喜んでいると思っているのでしょう。
これは大間違いです。
嫌な相手に嫌なことをされて、意に反してそんなことになってしまったら、むしろ自己嫌悪にさいなまれ、怒りと悲しみでおかしくなりそうになるのです。
そういう体験の多い私は、声を大にして言いたい。
もう、痴漢なんてやめてください。犯罪だからではなく、もうこれ以上、女の子を苦しめないで欲しいから。
私が体験した、最もひどい話を、恥を忍んで報告します。
痴漢の皆さんに、少しでも女の子の苦しみを知ってもらいたいからです。
10月6日の朝のことです。
いつものように満員電車に乗っていた私は、お尻に不自然な感触を感じました。
痴漢が手の甲を付けたり放したりしていたのです。
痴漢には毎日会います。
でも、多くの場合は手の甲でお尻をさわる程度です。
時に手の平を押しつけてくることもありますが、そのくらいだと、偶然だと居直られたら困るし、事を荒立てるのがおっくうなので、私も我慢しています。
でも、その日の痴漢は、直ぐに手の平をお尻に這わせ、撫で回してきたのです。
明らかに痴漢行為です。
どうしよう、と、私は悩みました。
時々、このような度を越した痴漢、と言うか、正真正銘の痴漢に遭遇します。
そんなとき、声を上げて痴漢を弱らせ、駅員に突き出すとどうなるだろう、と、いつも考えてしまいます(本当は、そんな勇気はないけれど)。
会社では真面目で通り、家には奥さんと可愛いお子さんが待っている平凡なサラリーマンが、ちょっと女の子のお尻に触ったがために、職を失い、人生はめちゃくちゃ。
罪もない子供達は飢えて泣き叫び、奥さんは無理心中を真剣に考える…。
そんな図式が、私の頭の中で展開します。
これは多分、私だけの事でしょうが、人間のクズにも等しい痴漢でも、その家族までもが路頭に迷うのではないか、と、心配になってしまうのです。
お人好しでしょうか。
それとも、自分の勇気のなさを、そんな風にしてごまかしているのでしょうか。
とにかく、私は痴漢にされるがままになっていました。
行為がもっとエスカレートしたら、その時抵抗すればいい、と、自分に言い聞かせて。
痴漢の手はますます大胆になり、お尻の丘をぐいっと揉んだり、全体を大きく撫で回したりし始めました。
やばいな、と、思いました。
と言うもの、その日の私は、かなり短いミニスカートに生足だったのです。
そんな格好で満員電車に乗ってくるのは、痴漢して欲しい証拠だ、と、痴漢の皆さんは言うことでしょう。
でも、女の子には、いくら痴漢が恐くても、そういう格好をしなければならない時があるんです。
それが、私の場合、その日でした。
一駅間(約5分間)、ずっとお尻を撫でられ、揉みほぐされました。
私の忍耐も、次第に揺らいできました。
痴漢の手の平が、お尻の肉に馴染んできたせいでしょうか、それとも、痴漢がそれ以上の行為に及ばないので、気を許してしまったのでしょうか、私は、感じ始めていました。
何か、お尻がほんのり暖かく、妙に敏感になってしまったのです。
痴漢に触られて感じてしまったのは、これが初めてではありません。
というより、本気で触ってくる正真正銘の痴漢にかかると、情けないことに、私は大抵、感じてしまいます。
でも、決して喜んでいるわけではありません。
悔しさと、情けなさと、困惑と、そしてほんの少し、もっとして欲しいと思う気持ちが入り乱れて、頭の中はパニックです。
それ見ろ、やっぱりもっと触って欲しいんじゃないか、と、痴漢の皆さんは言うでしょう。
でも、それは違います。
感じてしまうのは、体の反応です。
いくら屈辱的な状況でも、或いは我慢していても、女の悦びを知らないわけではないから、どうしても反応します。
私だって、生身の女の子ですから。
それに、体が感じたら、もっと、もっと、と体が要求するのは仕方のないことです。
女の子にだって、性欲はあります。
性感を刺激されたら、どんどん濡れてくるし、したい、って思います。
でも、ここで言いたいのは、体と心は別って事です。
体がいくら悦んでも、心は喜んでいません。
むしろ、苦痛にさいなまれます。
途中駅での人の乗り降りにまぎれて逃げれば良かったのですが、電車が停車している間もお尻を刺激され続けていたので、私は動くことができませんでした。
それに、こんなにじっくりと時間をかけて愛撫されたのは、生まれて始めてで、今つきあっている彼氏よりも、テクニシャンでした。
電車が再び動き出すと同時に、痴漢の行為は第2段階に入りました。
背後から両手で腰を引き寄せると、自分の股間に私のお尻を押しつけたのです。
お尻の割れ目に、棒状の感触がありました。
不覚にもその時、ああっ、と声を出してしまいました。
顔から火が出そうでした。
周りの人には気付かれなかったようですが。
痴漢にはその声が聞こえたのかどうか、股間をお尻にぐりぐりと押しつけながら、前に回した手は私のミニスカートの中へ。
当然、私は両足をしっかりと閉じていました。
これ以上おもちゃにされるのは御免です。
いやらしい手つきに、ついつい感じてしまったけれど、遊びはここまでです。
これ以上のことは、絶対にさせません。
そう自分に言い聞かせて、私は耐えていました。
痴漢の手は下着の上から、一番敏感なところを中心に、円を描くように動き続けました。
自分でもできないようなソフトタッチでした。
後ろからは、お尻の2つの丘の間で、異物感がしつこく自己主張してきます。
私は下を向き、口を堅く結んで、目をつむって耐え続けました。
相手はイヤらしい痴漢なんだ、人間のクズなんだ。
そんな奴に触られて、感じるはずがない。
気持ちいいわけがない…。
と、心の中で必死に唱えながら。
額に脂汗が浮いてくる感じがしました。
そんな馬鹿な、そんなはず、ない…。
でも、あそこがどんどん濡れて来るのが分かるんです。
気が付いたら、私は背筋を伸ばし、痴漢の手にあそこを押しつけるような姿勢になっていました。
痴漢の指が、下着の横から侵入してきました。
堅く閉じていたつもりの両腿が、いつのまにか緩んでいて、指はつるりと、大事な部分に沿って差し込まれてしまいました。
長い指でした。
指は割れ目に沿って、じわじわとスライドしてきました。
その感触から、自分がものすごく濡れていることが分かりました。
そしてこの瞬間から、私の最も狂おしい時間が始まったのです。
今回、こんな恥ずかしい体験談を投稿しようと決心したのは、この気が狂いそうな思いを味わうのが、二度と御免だからです。
どんなに辛い思いだったかを、正直に、正確に書きます。
痴漢に大事なところを直接触られたのは、高校生の頃から通算して、これが3回目でした。
1回目は忘れもしない、高一の春。
まだ処女で、毎晩覚えたてのオナニーがやめられなくて、自分は異常かも知れないと、くよくよ悩んでいた頃。
痴漢のずうずうしい攻撃に感じてしまい、快感から逃れるすべも分からず、イカされてしまいました。
他人にイカされたのは、初めてでした。
激しい自己嫌悪から、自殺も本気で考えました。
その一方で、毎晩、痴漢されているところを想像しながら、オナニーにふけっていました。
翌朝はさらに激しい自己嫌悪に陥る…、そんな暗い青春でした。
)痴漢の指は、まるで沈み込むように、じわじわと割れ目の奥深くに入り込んできました。
そこから、前の方に、私の一番弱いところを目指して上がってきました。
指がそこに到達したとき、全身がビクッと震えました。
指が小刻みに振動してきます。
私は声を押し殺して耐えました。
感じる…。
すごい…。
このまま続けられたら、きっとイッちゃう…。
 地獄のような時間が流れました。
途中、電車は何回か駅で停車したはずですが、私は全然気づきませんでした。
いくら頭で否定しても、快感の波が次から次へと押し寄せてきます。
「やめて」「助けて」「この人、巧すぎる」「早く終わって」「そこがいいの」「私はなんてイヤらしい女」「もっと激しくして」声が出せたら、それだけのことを同時に叫びたかった。
そして、長い指がなんなく私の中に挿入されてきたとき、私はもう、覚悟を決めるしかないことを悟りました。
私は観念しました。
イカされることを。
長い指がくねくねと回転しながら、激しく出し入れされました。
その上の一番敏感な部分は、別の指が小刻みに振動を与えて、快感を掘り起こします。
急速に昇りつめてくるものを感じ、私は声を殺したまま、口を開けて、震える吐息をもらしました。
その瞬間、痴漢の指と自分の体が一体になったような感覚が生まれ、私は理性を失いました。
その後のことは断片的にしか覚えていません。
次の停車駅で降ろされ、腕を引かれるようにしてホテルに連れ込まれました。
私は特に抵抗もせず、よたりながら痴漢に従っていたようです。
ホテルの部屋に入るや否や、下着を下ろされ、ミニスカートを着けたまま、バックで挿入されました。
これまで味わったことのない、激しいピストン運動でした。
バシュッ、バシュッという音が何百回も繰り返され、私は何度となく昇りつめました。
(痴漢されてホテルに連れ込まれたのは、2回目です。
初めての時は…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
痴漢から救ってくれた男性が私を痴漢するようになり、結果、母親に……
2015/10/17 22:39
2015/10/17 22:39
多分、今から私がここに書くことは誰も信じてくれないと思います。他に言う場所もないし、でも、少し私がここに書くと楽になると思うので、書いていきたいと思います。8年くらい前の話になります。私が高校1年生になったばかりの頃です。都内のある私立の女子校に通い始めた私は、入学して1週間も経たない頃から痴漢にあっていました。




 電車で乗る場所を変えても、同じ人が痴漢してくるのです。ある日、同じように痴漢にささやかな抵抗をしていた時に、後ろにいた男性が痴漢の手を握り、目で相手を制してくれました。それから男性はラッシュの中で私を自然と抱き寄せてくれて、私は少し涙が出てしまいました。
 …
「アンッ!」バックでヤリながら彼氏の電話に出させた
2016/10/03 19:41
2016/10/03 19:41
先週の金曜日の夜、

秋○原の駅のホームで、酒に酔って

フラフラのお姉ちゃんを発見。

顔を見たら、25~6歳といった所で、

テレビ東京の女子アナの大橋○歩にホントそっくりで

俺好みのすげぇ美人!

密かにファンなんだよ、俺。

俺も、酒が入っててムラムラ心いっぱいだったから、

尾行を決心。

お茶○水で乗り換えて、水○橋で降りた。

少し距離を開けて、彼女の後ろをゆっくり着いてったんだよ。

彼女、ホームのゴミ箱でチョロチョロっと吐いてた。

でも、さすが美人は違うんだなぁ。 吐くのでもなんだか上品なんだよ。

んで、駅の改札を出て都営三○線までやってきた。

で…
【彼女のエッチ体験談】酒井若菜に似てる彼女が浮気して乱交に(後編)
2015/11/09 09:00
2015/11/09 09:00
歳は22歳、専門学生はっきり言って淫乱。 Tいわく複数プレイ、野外プレイなど経験ありのツワモノらしい・・) を含めた四人で会う事にした。 Tも彼女づれなら前のようなことは無い とSも安心するから・・。 結局のところは 某温泉に泊まり込みで行くことになったのです。 (ここは混浴でしたが もちろんSには内緒) 泊まりはその近くのコテージを使う事にしました。 決行は前回の事件の日から2~3週間後のことだったと思います。 Sにこの事を話すと、S「え~~、T君も行くんでしょ・・・。私は行き たくない・・・」 私「あいつも彼女連れてくるから大丈夫だよ。 付き合ってまだ1週間らしいし。 …
【不倫体験告白】不妊症で中出しOKな人妻を寝取った
2015/10/30 05:26
2015/10/30 05:26
848名前:えっちな18禁さん[]投稿日:2009/11/03(火)01:04:04ID:Pja/a6hL0 不妊症で中出しOKな人妻を寝取った話はいかがでしょうか? 要望があれば、簡単ですが書き込みます。 こういう書き込みするのは初めてなので、読みづらいのは勘弁してください。 とりあえずスペックってのは簡単に 俺 当時32歳 見た目普通 相手 Aさん 当時28歳 見た目 黒谷友香 俺はフリーで中小向けの社内SEみたいなパソコン便利屋をやってて、社内サーバ管理からwebページ作成、 社員向けExcel研修など、何でもやってます。 どれも中途半端なスキルだ…
【姉との告白体験談】 ねぇちゃん!出ちゃうよ!4
2016/07/18 07:19
2016/07/18 07:19
前編:ねぇちゃん!出ちゃうよ!3ねぇちゃんから久々にメールが来たと思ったらコレ。「暇かいな?」 なんかもっとこう「元気?」とか文章ないのかよ!「まぁ…暇」という返事を返すと電話が。なんだかアパートの自分の部屋を変えたいとの事。それには絨毯買ったり、カーテン取替えたり、ベッドシーツ替えたりといろいろやりたいとの事だった。新しい小物入れやなんだがカーテンレールが欲しいとの事で2人でホームセンターへ。「おっ!コレいくない?この柄いいんじゃない?」「それイヤ」 おぃ!見てから言えよ、見ないで言うな!「この小物入れは?結構デザインよくない?」「あぁそれダメ」 だから見てから言えっーの!そんなこんなで…
同僚と奥さんのハメ撮り動画に超興奮
2017/04/30 14:00
2017/04/30 14:00
私は妻も子供もいる31歳のサラリーマンです。
まだ独身の頃の話しなのですが、当時私は彼女がいなくて、早くつくらないとみんなに遅れてしまうと思ってはいましたが、そういう時ってなかなかできないもので、溜まった時は風俗に行っていました。でも月に何回もいけるわけではありません。
ある日、会社の同僚と飲みに行った際に、今度結婚する彼女を紹介されました。

なかなかの美人で、黒髪が肩までの長さの、私的にはど真ん中だったのですが、時期がちょうど夏場だったので、彼女の胸のふくらみがはっきりとわかり、溜まってた私は、本気に胸に触りたいと思いました。

酔ってはいたものの理性で抑えながら、同僚が彼女…
混浴温泉で、妻の裸の写真を…【体験談】
2016/03/15 10:10
2016/03/15 10:10

はじめて投稿します。
ある混浴で妻とはしゃいで、写真を撮ったりしていたのですが。


突然オジサンたちが、戸を開けるやいなや、妻の目の前(木が一本あるだけの隣)に入ってきたのです。


いきなり近くに来たのでビックリしたのですが、それと同時に、
「風呂で撮影しちゃダメだよ?」と。


実は我々が撮影してたのを見られてたようで…。


自分が「すみません」と言ったのですが、オジサンたちはそれには答えず、そのまま妻の方を見まして…。
妻もしかたなく「す、すみません…」と。


このとき、自分は横にいたのですが、雰囲気とポーズの関係上、妻の胸はオジサンたちにまる見えで…。


まさに乳房を晒した…
【不倫】容姿よりも性格や相性が大事だと教えてくれたデリ嬢
2016/10/25 09:00
2016/10/25 09:00
私がよく指名してるデリヘル嬢の志乃から、今月でデリを辞めると連絡があった。志乃ってのはもちろん源氏名だが、店の名が和風ピンサロみたいなんでデリ嬢はみんな和風の源氏名。 志乃はこの1年で25回ぐらい指名してる。 月2回のペース。志乃から見れば私は常連客で、10回目ぐらいでメアドを交換し、呼ぶ前日に直接連絡して90分の予約をする、そんなで関係でした。 ぶっちゃけキレイではないし、ポッチャリの部類。初めて呼んだ時、ホテルのドアを開けた瞬間に、『チェンジ』って喉まで出掛かった。でも、「こんにちは!志乃です。私でいいですか?」って明るく言われたら何も言えずOKしちゃい、(今日はハズ…
【近親相姦】11月の秋晴れの日、彼氏に「今日は小春日和だね」って言った結果( ゚д゚ )【体験談
2017/05/24 06:27
2017/05/24 06:27
512:おさかなくわえた名無しさん2008/10/20(月) 11:05:56 ID:/Tqvj/4p 11月の秋晴れの日に公園デートをしてた時のこと。 とてもいい天気だったので「気持ちがいいね、今日は小春日和だね」と彼に話し掛けたら ( ゜д゜)ポカーン という顔をした後 「はあ!? 何言ってんの!? 今は11月だよ! 春とかwww」 とバカにしだした。違うよ、秋の天気がいい日を小春日和って言うんだよ、と説明しても 「違うって、バカだなー 春って付いてるのになんで秋で使うんだよw」 と聞いてくれない。そこまでなら、間違って覚えることもあるし、仕方ないなあと思っていたんだけど、 結局デート中「…
網タイツのお姉さんが、ウブな男の顔面舐めで唾液を垂らしまくる
2016/03/04 13:11
2016/03/04 13:11
出会い系サイトで知り合った、
ショウっていう18才の男の子を
ラブホに誘って連れていきました。

電話では強気だったのに、
会ってみると緊張しまくりのウブBOY

そこがまた可愛いくって抱き締めてキスしてやったの。

目を閉じて舌を絡め合って、そのまま両手で頭を掴んで耳も鼻の穴も舐めまくって、顔中私の唾液でベトベトにしちゃった。
それから上半身を裸にして、ベットに両手を縛りつけてやったの。

「あらあら乳首が勃っちゃってるじゃない」
って指先で摘んだりして、いたぶってやったの。
そしたら喘ぎ始めちゃって、いやらしく乳首を舐めたり歯を立てたりしてやると、興奮しちゃってるの。

ショ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】元バレーボール選手の高身長な人妻を立ちバックで犯すのは最高すぎて10年以上W不倫している

・真面目な童貞くんを誘惑して密着するHなオフィスレディwww

・【熟女体験談】青姦でパコパコHしたい変態フェチおばさんに逆レイプされるかのように激しく責められ露出SEXしている

・種が少ない事がわかった俺を振った女をセフレにしました

・同じ部活のやつと

・爆乳可愛い女の子との最高の4日間の思い出

・妹と色々なプレーのエッチしています

・スケベな熟女をゲットできる意外な場所【熟女体験談】

・会ったその日に中出し5発させてくれた20歳の美人OL【出会い系体験談】

・仕事から帰ってきた早漏包茎のパパ

・■おじさん達の視線が凄いんです

・【SM・調教】身長差35センチ、凸凹夫婦のセックス事情

・義理の妹と下ネタから

・飛行機の中、主人の隣で他の男性の指でアクメに達しトイレで・・

・ヤリマンな血筋!同級生のおばさんもチンコを欲しがる件www

・元ヤリマンの上司の奥さんを回した

・やさぐれヤンママデリヘル嬢に性感マッサージを試してみた

・銭湯2

・女子高生レイプ

・美白のハーフ美人お姉さんの処女喪失SEXwwwwwwwww

・月1回だけ激しくセックスする人妻セフレ【出会い系体験談】

・旅行先にて

・【Hな体験】掲示板で仲良くなった巨乳処女と映画デート

・ 僕を誘ってきた四十路の人妻は、何度も痙攣しながら僕を締めつけた

・銭湯

・飲み屋で助けてもらったお姉様方に廻されて虜になった私

・ご近所さんと続き

・女性の派手な下着に目覚めて…【人妻体験談】

・憧れの上司と一緒の残業なら楽しくエッチもできるし最高なんです

・【Hな体験】同級生2人とやっちゃった[第6話(終):番外編]