寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

痴漢を憎みながらも痴漢にいつもイカされてしまう女子大生の告白

2018/01/12 19:12


私は22歳の学生です。
東京郊外のワンルームマンションから、ほぼ毎日、都内の大学まで通っています。
はっきり言って、痴漢に悩まされない日はありません。
このホームページを発見して、とても黙っていられなくなり、こうして文章を送ることにしました。
痴漢をする皆さんは、大変な勘違いをしています。
女の子は、快感を感じたり、イッてしまったりしたときは、喜んでいると思っているのでしょう。
これは大間違いです。
嫌な相手に嫌なことをされて、意に反してそんなことになってしまったら、むしろ自己嫌悪にさいなまれ、怒りと悲しみでおかしくなりそうになるのです。
そういう体験の多い私は、声を大にして言いたい。
もう、痴漢なんてやめてください。犯罪だからではなく、もうこれ以上、女の子を苦しめないで欲しいから。
私が体験した、最もひどい話を、恥を忍んで報告します。
痴漢の皆さんに、少しでも女の子の苦しみを知ってもらいたいからです。
10月6日の朝のことです。
いつものように満員電車に乗っていた私は、お尻に不自然な感触を感じました。
痴漢が手の甲を付けたり放したりしていたのです。
痴漢には毎日会います。
でも、多くの場合は手の甲でお尻をさわる程度です。
時に手の平を押しつけてくることもありますが、そのくらいだと、偶然だと居直られたら困るし、事を荒立てるのがおっくうなので、私も我慢しています。
でも、その日の痴漢は、直ぐに手の平をお尻に這わせ、撫で回してきたのです。
明らかに痴漢行為です。
どうしよう、と、私は悩みました。
時々、このような度を越した痴漢、と言うか、正真正銘の痴漢に遭遇します。
そんなとき、声を上げて痴漢を弱らせ、駅員に突き出すとどうなるだろう、と、いつも考えてしまいます(本当は、そんな勇気はないけれど)。
会社では真面目で通り、家には奥さんと可愛いお子さんが待っている平凡なサラリーマンが、ちょっと女の子のお尻に触ったがために、職を失い、人生はめちゃくちゃ。
罪もない子供達は飢えて泣き叫び、奥さんは無理心中を真剣に考える…。
そんな図式が、私の頭の中で展開します。
これは多分、私だけの事でしょうが、人間のクズにも等しい痴漢でも、その家族までもが路頭に迷うのではないか、と、心配になってしまうのです。
お人好しでしょうか。
それとも、自分の勇気のなさを、そんな風にしてごまかしているのでしょうか。
とにかく、私は痴漢にされるがままになっていました。
行為がもっとエスカレートしたら、その時抵抗すればいい、と、自分に言い聞かせて。
痴漢の手はますます大胆になり、お尻の丘をぐいっと揉んだり、全体を大きく撫で回したりし始めました。
やばいな、と、思いました。
と言うもの、その日の私は、かなり短いミニスカートに生足だったのです。
そんな格好で満員電車に乗ってくるのは、痴漢して欲しい証拠だ、と、痴漢の皆さんは言うことでしょう。
でも、女の子には、いくら痴漢が恐くても、そういう格好をしなければならない時があるんです。
それが、私の場合、その日でした。
一駅間(約5分間)、ずっとお尻を撫でられ、揉みほぐされました。
私の忍耐も、次第に揺らいできました。
痴漢の手の平が、お尻の肉に馴染んできたせいでしょうか、それとも、痴漢がそれ以上の行為に及ばないので、気を許してしまったのでしょうか、私は、感じ始めていました。
何か、お尻がほんのり暖かく、妙に敏感になってしまったのです。
痴漢に触られて感じてしまったのは、これが初めてではありません。
というより、本気で触ってくる正真正銘の痴漢にかかると、情けないことに、私は大抵、感じてしまいます。
でも、決して喜んでいるわけではありません。
悔しさと、情けなさと、困惑と、そしてほんの少し、もっとして欲しいと思う気持ちが入り乱れて、頭の中はパニックです。
それ見ろ、やっぱりもっと触って欲しいんじゃないか、と、痴漢の皆さんは言うでしょう。
でも、それは違います。
感じてしまうのは、体の反応です。
いくら屈辱的な状況でも、或いは我慢していても、女の悦びを知らないわけではないから、どうしても反応します。
私だって、生身の女の子ですから。
それに、体が感じたら、もっと、もっと、と体が要求するのは仕方のないことです。
女の子にだって、性欲はあります。
性感を刺激されたら、どんどん濡れてくるし、したい、って思います。
でも、ここで言いたいのは、体と心は別って事です。
体がいくら悦んでも、心は喜んでいません。
むしろ、苦痛にさいなまれます。
途中駅での人の乗り降りにまぎれて逃げれば良かったのですが、電車が停車している間もお尻を刺激され続けていたので、私は動くことができませんでした。
それに、こんなにじっくりと時間をかけて愛撫されたのは、生まれて始めてで、今つきあっている彼氏よりも、テクニシャンでした。
電車が再び動き出すと同時に、痴漢の行為は第2段階に入りました。
背後から両手で腰を引き寄せると、自分の股間に私のお尻を押しつけたのです。
お尻の割れ目に、棒状の感触がありました。
不覚にもその時、ああっ、と声を出してしまいました。
顔から火が出そうでした。
周りの人には気付かれなかったようですが。
痴漢にはその声が聞こえたのかどうか、股間をお尻にぐりぐりと押しつけながら、前に回した手は私のミニスカートの中へ。
当然、私は両足をしっかりと閉じていました。
これ以上おもちゃにされるのは御免です。
いやらしい手つきに、ついつい感じてしまったけれど、遊びはここまでです。
これ以上のことは、絶対にさせません。
そう自分に言い聞かせて、私は耐えていました。
痴漢の手は下着の上から、一番敏感なところを中心に、円を描くように動き続けました。
自分でもできないようなソフトタッチでした。
後ろからは、お尻の2つの丘の間で、異物感がしつこく自己主張してきます。
私は下を向き、口を堅く結んで、目をつむって耐え続けました。
相手はイヤらしい痴漢なんだ、人間のクズなんだ。
そんな奴に触られて、感じるはずがない。
気持ちいいわけがない…。
と、心の中で必死に唱えながら。
額に脂汗が浮いてくる感じがしました。
そんな馬鹿な、そんなはず、ない…。
でも、あそこがどんどん濡れて来るのが分かるんです。
気が付いたら、私は背筋を伸ばし、痴漢の手にあそこを押しつけるような姿勢になっていました。
痴漢の指が、下着の横から侵入してきました。
堅く閉じていたつもりの両腿が、いつのまにか緩んでいて、指はつるりと、大事な部分に沿って差し込まれてしまいました。
長い指でした。
指は割れ目に沿って、じわじわとスライドしてきました。
その感触から、自分がものすごく濡れていることが分かりました。
そしてこの瞬間から、私の最も狂おしい時間が始まったのです。
今回、こんな恥ずかしい体験談を投稿しようと決心したのは、この気が狂いそうな思いを味わうのが、二度と御免だからです。
どんなに辛い思いだったかを、正直に、正確に書きます。
痴漢に大事なところを直接触られたのは、高校生の頃から通算して、これが3回目でした。
1回目は忘れもしない、高一の春。
まだ処女で、毎晩覚えたてのオナニーがやめられなくて、自分は異常かも知れないと、くよくよ悩んでいた頃。
痴漢のずうずうしい攻撃に感じてしまい、快感から逃れるすべも分からず、イカされてしまいました。
他人にイカされたのは、初めてでした。
激しい自己嫌悪から、自殺も本気で考えました。
その一方で、毎晩、痴漢されているところを想像しながら、オナニーにふけっていました。
翌朝はさらに激しい自己嫌悪に陥る…、そんな暗い青春でした。
)痴漢の指は、まるで沈み込むように、じわじわと割れ目の奥深くに入り込んできました。
そこから、前の方に、私の一番弱いところを目指して上がってきました。
指がそこに到達したとき、全身がビクッと震えました。
指が小刻みに振動してきます。
私は声を押し殺して耐えました。
感じる…。
すごい…。
このまま続けられたら、きっとイッちゃう…。
 地獄のような時間が流れました。
途中、電車は何回か駅で停車したはずですが、私は全然気づきませんでした。
いくら頭で否定しても、快感の波が次から次へと押し寄せてきます。
「やめて」「助けて」「この人、巧すぎる」「早く終わって」「そこがいいの」「私はなんてイヤらしい女」「もっと激しくして」声が出せたら、それだけのことを同時に叫びたかった。
そして、長い指がなんなく私の中に挿入されてきたとき、私はもう、覚悟を決めるしかないことを悟りました。
私は観念しました。
イカされることを。
長い指がくねくねと回転しながら、激しく出し入れされました。
その上の一番敏感な部分は、別の指が小刻みに振動を与えて、快感を掘り起こします。
急速に昇りつめてくるものを感じ、私は声を殺したまま、口を開けて、震える吐息をもらしました。
その瞬間、痴漢の指と自分の体が一体になったような感覚が生まれ、私は理性を失いました。
その後のことは断片的にしか覚えていません。
次の停車駅で降ろされ、腕を引かれるようにしてホテルに連れ込まれました。
私は特に抵抗もせず、よたりながら痴漢に従っていたようです。
ホテルの部屋に入るや否や、下着を下ろされ、ミニスカートを着けたまま、バックで挿入されました。
これまで味わったことのない、激しいピストン運動でした。
バシュッ、バシュッという音が何百回も繰り返され、私は何度となく昇りつめました。
(痴漢されてホテルに連れ込まれたのは、2回目です。
初めての時は…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
年下の童貞君の皮を剥いて筆下ろししてあげました
2015/10/27 06:00
2015/10/27 06:00
ほぼ同時期に入社した5歳年下の男の子・内山君は、初めての就職で、未経験なことばかりのため、私が指導役で、仕事を教えることに。彼はマジメなため「早く仕事を覚えたい」と、二人で残業になることもたびたびありました。
そんなある週末の日の事、残業中、たまたまTVをつけたままにしていたら、「包茎」という言葉が聞こえてきました。


バラエティ番組でお笑いタレントが「包茎」の話をしていました。
手術をしたとか、その結果どうなって、Hの時も 自信がでてきたとか…。
その内容に、私が笑いながら「男の子は大変ね~」と彼に声をかけると、
彼は、顔を真っ赤にしてうつむいていました。…
【SM・調教】超美形な性転換女を焦らし寸止めでいじめる[後編]
2016/07/11 00:00
2016/07/11 00:00
その後もこの子と何度か会った。仮に『みゆ』としておく。前にも書いたけど、ニューハーフと言っても仕事でやってる子じゃなくて、普通の女として埋没している子だ。 ニューハーフと言ったら失礼なんだけど、分かりやすいのでそう書いておく。ルックスも反応も並の女よりよほどいいし、焦らし寸止めして遊ぶにはもってこいの相手だからだ。目鼻立ちがはっきりしていて美人顔だし、そういうツンとした女が快楽に打ち負かされて屈服する姿を見るのは最高だ。しかも、なんというか恥じらいみたいのがある。 何回か会うとだんだん打ち解けて、俺もみゆの体を把握できてきた。もう自由に寸止めできる感じだ。だがこうなってく…
【寝取られ】セックスレスの嫁が隠してたハメ撮りビデオ
2016/06/18 18:00
2016/06/18 18:00
結婚してもう18年経った。俺はもう42歳になったし、嫁の加奈子も40歳になった。子供も大学に通うようになり、月日の経つのが早いと思うこの頃だ。 俺と加奈子は、いわゆる出来ちゃった婚で、嫁は妊娠した当時はまだ大学生だった。色々と風当たりもあったけど、いざ子供が生まれると、両方の両親共にとても喜んでくれた。5年前に独立した仕事も順調で、何も不満のない人生だと思っている。 嫁の加奈子は、40歳にしてはまだまだ若い見た目だと思う。もともと童顔という事もあると思うが、肌に異常に張りがあり、しわ一つない。スキンケアに気を遣っているのかと思うと、そんなことは全く無く、洗顔も薬局で売っ…
【Hな体験】処女っぽいド貧乳の生保レディがなぜか可愛く見えて
2017/11/03 06:00
2017/11/03 06:00
当時配属されてた部署って、すっごい人数が少ないこぢんまりした事務所だったのね。ま、それはいいとして、週に1回くらい◯◯生命のセールスレディが契約なんて取れっこないのにせっせと通って来てたの。事務所の女の子との会話でも、「ほんっと地味」とか「絶対処女」って言われるほどのルックスだった。 イメージとしては白い大きなパンにゴマが2つ、あとなんとなく何かがあるって感じ。年はたぶん30手前。髪の毛は真っ黒で、変なクセがついてヨレヨレだった。 でも・・・。あの頃の俺、視力0.0000000001くらいだったんだろうな。ある日、営業に来たとき、事務所を出て行った後ですぐ追いかけてって、…
妹のパンスト
2015/11/17 00:05
2015/11/17 00:05
俺はパンティーストッキング(以下パンスト)が大好きな30代後半の男性です、パンストを穿いた女の子が好きというだけではなく女の子が脱いだパンストを探してオナニーしてパンストに射精するという性癖があります。最初にこんなことをしたのは中学の時でした、俺より2歳年下で当時小6だった妹が学校にパンストを穿いて行った時からです、当時の小学生は早い子では5年生ぐらいになるとパンストを穿くこともそれほど珍しくなかったのですが、まさか妹がパンストを穿くなんて夢にも思ってなかった。 それまで妹に対して女を意識したことなんてなかった、ところが妹が真っ白のパンストを穿いて学校に行く姿を目にした時初めて妹に女を感じた、…
【姉との告白体験談】姉とやっちゃってる馬鹿な俺1
2016/01/22 02:16
2016/01/22 02:16
2005/04/20 12:54┃登録者:えっちな名無しさん◆qXAQxUxI┃作者:553or飛龍 ◆rKS.l0n2SU553 名前: 名無しさん@ピンキー 04/11/03 23:31:25 姉ちゃんと関係しているのですが、 父は鈍感なので気づいていませんが、 母はなんとなく気づいているようです。  父が「お前らほんとに仲のいい姉弟だなー」 って脳天気にいって笑ってる横で明らかに母は苦虫つぶした表情してます。 昔はこうじゃなかった。  このまま黙っておくのがよいのでしょうか?&n…
【レイプ体験談】たま2
2015/10/11 14:47
2015/10/11 14:47
たま14歳中学生 98年10月 3日T君のこと(2) こんばんわ またまた 投稿します 最近 T君と 話をしたり じゃれたり 多くなってます これが 意外なことに お勉強 できちゃうんです よく 教えてくれます たぶん 学年でも トップクラスらしいんです でも エッチで ちょっと 変な男の子です・・・ 彼氏 彼女の 関係じゃないけど それに 近いようなものですかね・・・ その T君が また へんてこぶりを 発揮してくれました 頼みがあるから 私の家か 彼の家で 話したいって 言うのです 私の家の方が 学校から近かったのと 家に 親とかが いないので 来て…
【近親相姦】夏の日の思ひ出 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/08 13:59
2017/10/08 13:59
高校1年の時の話です。 当時、僕は幼なじみのレイコと半分付き合っている様な状態でした。 告白はしていなかったけど、しょっちゅうデートをしたり、お互いの部屋に行き来したり。 少なくとも、僕は恋人だと思って接していたんです。 家は隣で小中と同じ、成績の良い彼女と同じ高校に進学するために必死で勉強したものです。 誕生日に叔父からプレゼントされた双眼鏡で、受験勉強の合間に屋根裏部屋に昇って彼女の部屋を覗き見していた事もありました。レイコは結構可愛くて、眼鏡がとてもよく似合う女の子でした。 3回くらい告白された事があるとか、彼女の友達が言っていたのを覚えています。 1回目は小学生の時、2回目3回目は…
優しそうなイケメンだと思ったらドSだった
2016/04/20 16:54
2016/04/20 16:54
今まで出会い系をやっても会うまでには至らなかったんですが、先日初めて出会いました。

『変態プレイに興味がある』と投稿したら何十人もメッセージが届きましたが、その中でもイケメンな写真付きの方と会う事に。

当日、彼は車で迎えに来てくれました。
写真通りのイケメンで、しかも身長も高くて足も長い。

(本当に変態なの?)



でも、こんなイケメンだったら普通にセックス出来るだけでも幸せだなぁ~と思って車に乗ると、顎をグイッとさせたり、耳を触ってきたりしました。
私は野外とかは無理なタイプなので、この人変態だな・・・と思い、ご飯行ってから彼の家に行きました(私は自宅の…
脅迫写真【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/21 22:37
2017/09/21 22:37
 ”これ貴方ですよね!”  ”家族にバレたら大変な事になりますね”  ”内緒にしてあげても良いんですよ?条件をのんでくれれば” 差出人:不明 添付:写真2枚 経った一度の過ち、あの時全て終わったと思っていました。 今から3年前、私は1人息子の友達の父と不倫関係にありました。 PTA行事!で知り合い、”打ち合わせしませんか?”と誘われホイホイ付いて行ったのが 始まりでした。 5人程で、居酒屋に入り酒を飲みながらアイディアを出しあっていたんです。 何時しか、話は仕事・家族と普段のストレスを晴らすかの様に語り出していました。 酒は進み、私もヘロヘロになった頃、1人の男性に”送って行きますよ”と…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【近親相姦】リア充な姉と童貞中学生の俺[第2話]

・3.11の日にSEXしたせいで2年後の昨日えらい目にあった話する

・【近親相姦】リア充な姉と童貞中学生の俺[第1話]

・再従姉の幼馴染と結婚した

・【近親相姦】高校生の娘の白い太ももに興奮して

・【熟女体験談】雑魚寝中に従姉から逆レイプ手コキをされた

・先輩の彼女が突然フェラしてきて筆下ろしまでしてもらった

・【人妻体験談】息子の体育祭でレイプされた妻は肛門まで犯された

・夫の横でセクハラされるなんて

・ずっと好きだった君へ最後のラブレター(※)

・友達の爆乳彼女寝とって童貞卒業したった

・PTAの地区大会のお泊まりでマッサージ師2人に犯された人妻を目撃

・人妻のブラをずらして綺麗な乳首を

・陸上部のJK.

・【人妻体験談】近所の不良少年たちに二度も無理やりレイプされた

・【近親相姦】男って飲んであげると喜ぶよね!

・愛した女性は学友の母

・夫婦の旅行先で起こった出来事の話

・女装した状態でJK助けたら懐かれてしまった

・CFNMプールで同級生の男の子が、すっぽんぽん

・人妻とのSEXを叶えたくて

・【女×女】自分のことを男だと思っているレズな女子中学生

・【人妻体験談】性感マッサージにヨガる箱入り娘だった貞淑な妻

・飲み会の帰りに

・昔のつけ

・【Hな体験】とある掲示板で見つけたSM好きのヤリマンビッチ

・メル友の麻衣子

・【Hな体験】濃霧が教えてくれた野外エッチの醍醐味

・好きな人が変態だった。これ以上の変態があるなら知りたい

・博多の久美子