寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

26歳OLが掲示板に「痴漢してください」と書き込んだ結果

2018/01/12 18:14


「痴漢さん、募集します。さわってもらえませんか。わたしに痴漢、してくれませんか」本当にたまに、エッチな刺激が欲しい時があって、ネットにそんな書き込みをしてみた。
半分はおふざけのつもりだったけど。
思ったよりも多く、何より凄く迅速に(笑)、あっという間に30ほどの返信が届いた。
10通くらいは、明らかに冷やかしぽかったけどね。
これは大変な受信数になる、と思ってすぐに書き込みを消して、何人かの人たちとメールをしてみたけれど、何だかやっぱり、気が合わなそうな印象で余計にストレスと欲求がたまった感じだった。
そこでふと、刑事に戻ってみると、「ユカさん(私の使ったHN)、書き込み消しちゃったんですか?。。。残念です」という書き込みがあった。ちょっと、私はそれが気になって、彼(ユウ君というHN)をからかうように返事をしてみた。
「ユカです。10分だけ、載せるよ」そしたら、1分立たずに返事が来ました(笑)、ユウ君から。
ちょっと可愛い。
私は26歳で、OLやってます。
顔の良し悪しは自分ではわからないけど、けっこう童顔で、「ほしのあき」だかっていうオッパイがやたらデカい女の子に似てるって言われる。
もちろん、オッパイはあんなに大きくはなくて、でもまあ、一応Eカップあるかな。
ユウ君は、少しメールをしてみると、どう見ても年下ぽかった。
聞くと、21歳だと言う。
学生さんらしい。
地方から出てきて、学生寮で暮らしていて、カノジョはいない。
少なくともメールではそう言っていた。
自分で「残念」なんて書いてたのに、一向にチカンの話題に入らないところなんか、けっこうウブな子っぽい。
可愛いなこのコ、っていう印象と、ちょっとからかいたくなるような、そんな雰囲気のあるコだった。
「それでユウ君、チカンはしてくれるのかな?」って聞いてみた。
「してみたいですけど、本当なんですか?」「私は本気だったけど」「したいです」「チカンて、したことあるの?」「いや、ないっすけど」「そうなんだ。さわりたいところ、ある?」「胸、とか」「胸だけ?」「お尻とかも」「じゃ、胸とお尻だけでいいの?」「お尻にすりつけたりもしてみたいんですけど」「えっ?そんなことまでするの?」「いや、無理ならいいっす」メールの向こうで赤面したり、ドギマギ焦ったりしてる様子が目に浮かんだ。
ちょっと可愛い。
「うふ、ウソよ。明日、早起きできる?学生さんは、お寝坊馴れしちゃってるでしょ?」私はユウ君と、具体的な時間を決めた。
東京メトロ○○線で○○駅から、私が乗り換える××橋まで、時間はほぼ10分くらい。
車両は前から2番目、その一番後ろのドア。
時刻は8時から8時10分にお間。
私は濃い紫のマフラーをしている。
ユウ君は、白いニット帽をかぶってくる。
「私のこと、聞かなくてもいいの?顔とか、カラダとか」「いや、平気っす」「私が物凄く太ってたり、ブサイクだったらどうするの?写メとか、要求しないんだ?」「ユカさん、いい人そうだから平気っす」「もし、遠目に見て×なら帰ってもいいからね」「平気っす」「そ。ラッシュきついよ。じゃ、会えたら明日ね」「俺、ちゃんと行きますから」私は、マフラーを外してベンチに座っていた。
2両目の一番後ろのドアの辺り。
いつもより10分も早く、家を出てしまった。
ちょっと心臓がドキドキする。
どんなコなんだろう。
本当にやって来るのかな。
ホームの時計が8時に近付く。
あと3分。
(来た!)オフホワイトのニット帽をかぶった男の子が、パーカーを着て、ジーンズのポケットに手を突っ込みながら、私の視線と正対して歩いてくる。
俯き加減なので顔はハッキリとは分からないけど、背の高い、スポーツでもやっていそうな、凛々しい雰囲気の男の子だった。
とても、ウブには見えない。
電車に乗る人たちの列からやや離れた辺りで、彼は少し所在無げに重心を右足、左足とかえながら、それでもキョロキョロはせず、じっと立って私を待っていた。
私は、出て行くタイミングがわからなかった。
そのまま、時間ばかりが過ぎ、やがて8時10分を過ぎてしまう。
私も、電車に乗らなければ遅刻してしまうのに。
(どうしよう…)8時13分、彼は腕時計を見てから、初めて周囲をひと回り見回した。
表情が見えた。
健気そうで、でもキッパリと、そしてやっぱりちょっぴりウブな感じ。
次の電車が入ってくる。
私はマフラーを巻いて、彼の脇を彼の背中側からすり抜け、列に並んだ。
顔は…あげられなかった。
けれど、彼の体がちょっとだけ強張ったような感じはわかった。
彼が、私の後ろに並んだ。
電車が止まってドアが開く。
降りる人が溢れる。
私が乗り込むと、彼も続く。
ドっとラッシュが訪れて、奥のドアに近い方まで押し込まれる。
私の背中側に、彼の体が平面で密着した。
ドキドキが早まり、なんだか空気が薄いような気になる。
電車が動き出した。
私は、俯いたままだ。
彼の様子はわからない。
私の服装は、厚手のタートルネックにジャケット、膝丈のタイトスカート。
ラッシュアワーの地下鉄は、密着度が高くて身動きできない。
トン、と私のバッグの肩掛けの辺りが叩かれた、ような気がした。
トントン、小さいけれどもう1度。
彼だ。
私は、コクンと小さく頷いた。
(あっ…)そーっと、私のお尻に大きな手の平があてられた感触があった。
右手で、私の右のお尻に触れている。
けれどなかなか手は動かず、そのままどうすることもできないようだった。
彼も緊張しているんだろう。
私だってドキドキだった。
やがて彼は、指先だけで私のお尻を、軽くつかむようにして、5本の指を滑らせた。
つつーっと、ほんの少ししか動かせないけれど、お尻の肉を軽くひっぱるようにしてくる。
そしてまた、すーっと滑るようにして指先を広げていく。
撫でられるものとばかり想像していたから、私はちょっと、身震いのようなゾクゾクする感じを覚えた。
彼にそれを続けられ、私はお尻をもぞもぞと、動かしたいような、そんなことをしたら…というような、もどかしいような気持ちになる。
けれど彼の動きもぎこちなく、相変わらずの行為を繰り返すだけだ。
電車が止まり、ドアが開いて、更に人波が押し込まれてきた。
彼の体がこちらに押し付けられ、彼の股間が、私のスカートにぴったりと密着した。
(あ、固くなってる…このコの、おっきくなってる…)お尻に当たってすぐぬにそうと分かるほど、彼のモノはふくらんでいた。
もしかしたら、パンツ穿いてないのかも、と思ったりする。
(あっ…)彼の手が、私の腰骨の辺りを押さえて、自分の股間を私の尻に押し付けてきた。
思った以上に、彼のモノの大きく膨らんで固くなったモノの形状をお尻で感じることができて、彼がそれを窮屈な姿勢で、周囲に気取られないよう、けれど押さえがきかないような様子も感じさせながら、私のお尻に強くすりつけてくる。
何だか私も、少しだけのぼせたような気持ちで、ほっぺたが熱くなったように感じた。
次の駅で、私よりも奥の人が数名降りた。
その降りた人の流れで、私の体は変反転し、彼と向かい合う恰好になってしまった。
私の降りる駅は次だ。
あとひと駅。
一駅だけだ。
私は、彼の顔をそっと見上げた。
彼は日に焼けた細面の精悍な顔つきを、ちょっと強張った面持ちで、私を見下ろした。
私は、彼の腕の辺りへオッパイをくっつけた。
私はバッグを押さえていた手を片方外して、彼の股間を、そっとさわってみた。
ビク、っと彼が一瞬動いたけれど、手の甲をくっつけて柔らかく押す。
彼の手が、腕組みをするようなフリで、私のオッパイにふれてきた。
下側から手を添えて、前のボタンを開いているジャケットの内側で、そっと下乳を弾ませるようにしてくる。
(あ、揺れてる…)電車の振動と大差ないくらい軽い手触りではあったけれど、確かに彼の指先で、私のオッパイが弾んでいた。
私は、彼の股間にふれる手を返して手の平で包むようにし、彼の手と同じくらい軽く緩やかに、撫でさすっていた。
彼の口から少しだけ吐息がこぼれ、彼の指先が、私の胸の中心を探してオッパイを這った。
その指が、少し震えているような気がした。
そして電車が駅に着き、私は彼から離れ、人の流れに飲み込まれて電車を降りた。
会社のトイレで、私は自分の股間の濡れ加減にちょっと驚いた。
あんな他愛もない、指先もろくに動かせないようなぎこちない愛撫だったのに、私の股間はかなり潤っていた。
最初は正直、ネットへ書き込みして適当にメールでもやり取りして、それで発散しようと思っていた。
まさか、本当に会うことになるとか思っていなかった。
少しだけ、私の中に、あのまま電車に乗っていたらどうなるだろう、という思いはある。
もし今度はブラをせずに触らせてあげたら彼はそれにわかるだろうか、もし下着をつけずにスカートの中をさわらせるようなことをしたら、どこかへ引っ張っていって「おちんちん出して」などと言ってしゃぶってあげたりしたら…そんな風に思い描いたりもする。
痴漢というより、自分が痴女になったような光景を、ちょっぴり考えたりもしてしまう。
けれどあれ以来、今のところ、私は車両を変えて電車に乗っている。
「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 OL 「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 電車お尻学生痴漢初OL童顔痴女下着レイプ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
週に1回ペースでシャブSEXをし、ついに風俗嬢にまで堕ちた妻
2017/11/15 15:31
2017/11/15 15:31
  俺の女房は俺が言うのも何だが35歳で結構可愛い顔をしてる。だが昔、薬を使ったセックスをしてたらしい。数年前に本人から聞いたのだが、ヤクザの情婦と言うか厳密には単なるセフレと言うか奴隷なのかも知れんが・・・もう8年くらい前の話なので、俺は結婚してから聞いたのでそんなに気にもしていないのだが、このスレを見つけたので参考までに書いておこう。10年前にそのヤクザだかチンピラだかに知り合ったらしい。 (詳しいことは女房も知らんらしいが・・・) 女房は酒好きでだらしがない。酔っ払うと、酔っ払い親父の逆バージョンって感じなので、外で一緒に飲んでると一緒に居るのが恥ずかしいくらいだ。女房の話によると、10…
【父】母のエッチビデオを見ながらの僕と妹と父の3P【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/11/04 07:58
2017/11/04 07:58
ol" target="_blank">OLspan="2" bgcol" target="_blank">OLor="#ffffff"> 母のエッチビデオを見ながらの僕と妹と父の3P 夕方、昼前からデカ男の修行に出かけていた母が、うれしそうな表情で帰ってきました。そして「お風呂入ったらすぐに、ご飯の支度するから、みんなでこれ見ててくれてもいいわよ。すごく良く映ってるから」とビデオカメラを僕に渡しました。 この日で、デカ男の修行は3回目です。母は「他のことさせて気を逸らせてみたら、長持ちするかしら・・…
LINE で妻の浮気と乱交が発覚
2016/07/01 22:05
2016/07/01 22:05
私は55歳で地方の食品卸会社で営業を長年やっています。 妻は47歳で職場結婚して子供は4人です。 長男、長女は既に独立しておりますし次男と三男は大学生で家を離れています。 長男が大学に進学すると言いだしてから妻も仕事に出るようになり夜のほうも少なくなりましたが 今でも明るく元気な妻のことを愛しています。それ故に今回のことで誰にも相談できず独り悩んでいました。 以前にこのサイトを時々覗いていましたが、まさか自分で書き込むとは思いませんでした。 7年程前に長男が大学に進学したいと言ってきて妻がパート先を探していました。 その直後でしたが妻の同窓会があり、同級生の紹介で仕事先があると言いだしました。…
PTA役員からのお仕置き[1]
2017/11/03 18:31
2017/11/03 18:31
若い先生がPTAの役員に取り囲まれ問い詰められている。 「先生は、生徒のお尻を叩いてるそうですね」 「どういうつもり?そんな体罰教師に子供達を預けられないわ」 一方的に問い詰める彼女達に何を言っても通用しない。 この場は謝って事なきを得ようとするが、そんな事では納得しない。 「いいわ、本当に反省しているのか見せて頂戴」 「生徒がされたようにしてあげるわ。ズボンとパンツ脱いでお尻だしなさい」 彼女たちは本気のようだった。先生にとって、屈辱的なお仕置きが始まろうとしている。
見舞いに行った病院のベットで熟女と生ハメ
2016/04/01 06:00
2016/04/01 06:00
出会い系でメル友になった五十路のおばさんがいる。
このおばさんはバツ2で現役熟女ナースもちろんメールだけが目的なわけではなく、どうにかして会う方向に持っていこうとした。しかし、年配のベテラン看護婦って仕事が忙しいらしくて、休みも不定期でなかなかオレとは休みが合わない。
しかし、何とかこの五十路の熟女ナースとしたくて、「ドライブに行こう」なんて誘って、向こうも乗り気になってるのに、何だかんだで2週間くらい都合がつかなかった。


そしたら今まで毎日していたメールが途絶えた。
返事が来ない。
あーぁ、駄目だったかと思って他を探そうかと思っていたら、そのおばさんからメール…
共働きの両親が家にいないので・・・
2017/10/21 20:01
2017/10/21 20:01
ぼくは中3のときです。姉貴は3つ上の高3で、夏休みの昼間は親がいないので、ときどき彼氏を部屋につれてきてました。

ぼくが自分の部屋で受験勉強をしていると、姉貴は部屋で彼氏とHしてたことがなんべんもありました。
ぼくはむらむらして、隣の部屋で姉貴の大きな声をききながら、オナってしまいます。

ある日帰ったら姉貴がシャワーをあびてるとこでした。
ガラスの向こうにぼやっと姉貴のはだかが見えるので、ぼくはがまんできなくなり、チンコを出してさわっていました。
姉貴はぼくに気付いて「ケンなん?」とのぞきました。
ぼくは立ってるのを必死でおさえていると、姉貴は笑って「ひさしぶりにいっしょにはいろ!…
【痴漢・レイプ】嫁にヤバい水着を着せてプールに行ったらナンパされた
2018/06/20 18:39
2018/06/20 18:39
嫁のミクとは結婚して10年経つ。 私は弁護士事務所を経営していて、私自身も弁護士だ。 今年40歳になったが、この歳にしてはうまく行っている方だと思う。 嫁のミクは今年30歳で、当時まだ女子大生の彼女と強引に結婚した。 その頃のミクは真面目そうで、清楚な雰囲気の女の子で、実際に中身も真面目だった。 ストーカーがらみの被害を受けていた彼女が、当時私が勤めていた弁護士事務所に相談に来たことがきっかけで、交際が始まった。 一見地味な見た目の彼女だが、一皮剥けば豊満なバストのエロい体で、セックスも恥ずかしがりながらも積極的という、典型的なむっつりスケベ型の女の子だった。 そして、交際からすぐに結婚…
泥酔した女子が失禁してしまった
2016/04/13 08:09
2016/04/13 08:09
908 :えっちな21禁さん:04/09/02 01:54どの板に入れようかとも思ったけど(お下品)。 大学に入ったとき、クラスのコンパがあった。 一次会は教授も御参加、二次会から本番、三次会も半分以上が残り、ここで解散。 終電で座っていると、前に三次会で斜め前にいた里美が乗ってきた。 それまでとくに彼女を意識をしていなかったけど、盛り上がったあとにひとりぼっちになり、 少しばかり寂しい感じがしていたので、顔見知りを見つけて素直にうれしかった。 男なので、里美に座席を譲り、適当に会話を交わした。 このときは、下心はなかっ…
妻の姉を迎えに行ったら車の中でさせてくれた
2016/05/21 09:00
2016/05/21 09:00
先日のことです。週末の夜で、珍しく妻の方から一緒に風呂へ入る誘いが有りました。
入浴後、妻が私の好きなSEXYなランジェを身にまといベッドに腰掛け、いよいよということになったのですが、そのとき妻の携帯が鳴りました
着メロから義理の姉からと分かり、時間も時間(夜中の1時過ぎ)なので妻が仕方なく電話に出ました


用件はスナックで飲んでいて、知らないおっさんに絡まれて
警察沙汰になったとのことおっさんの方に非は有るのですが、
灰皿でおっさんを殴った為
身元引き受けで迎えに来て欲しいとの用件でした。

続きの前に家庭の状況を説明しておきます
私(31歳) 妻(29歳) 義…
★おちんちんダイブが好きです
2016/01/24 12:09
2016/01/24 12:09
 勃起したおちんちん男を5、6人ベッドに寝かせて、その上に飛び込んでいく「ちんぽダイブ」日頃、観光会社の部長職でパワハラやセクハラにづくめの私にとって、これが唯一のストレス解消です。

 男たちは、昔ツァーで知り合った不動産関係のグループの殿方たち。旅先で「複数ちんぽ」の楽しみを教えてもらってから、私は、一本のおちんちんでは全く満足できなくなってしまいました。
 一本をまんこに入れ、一本をしゃぶる。両手でおちんちんを握りながら、背中をおちんちんで突かれたり、頭を小突かれたりもする。時に私が女王様になって、男たちの体をヒールで踏んづけることもあれば、逆に私が奴隷として、犬の首輪をつけて「ワン…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【近親相姦】リア充な姉と童貞中学生の俺[第2話]

・若い男2人組に 続続編

・3.11の日にSEXしたせいで2年後の昨日えらい目にあった話する

・【近親相姦】リア充な姉と童貞中学生の俺[第1話]

・再従姉の幼馴染と結婚した

・【近親相姦】高校生の娘の白い太ももに興奮して

・初恋の子の娘で童貞卒業して、その後初恋の子と結婚した話

・先輩の彼女が突然フェラしてきて筆下ろしまでしてもらった

・【人妻体験談】息子の体育祭でレイプされた妻は肛門まで犯された

・夫の横でセクハラされるなんて

・【Hな体験】お化け屋敷の待機中に巨乳娘とこっそりエッチ

・ずっと好きだった君へ最後のラブレター(※)

・友達の爆乳彼女寝とって童貞卒業したった

・人妻のブラをずらして綺麗な乳首を

・陸上部のJK.

・【熟女体験談】韓国からの留学生に妻を寝取らせた後、妻に魂まで抜けるほどの長く大量な射精をした

・【近親相姦】男って飲んであげると喜ぶよね!

・夫婦の旅行先で起こった出来事の話

・女装した状態でJK助けたら懐かれてしまった

・電車の中で刃物で脅され・・・高2の悲しい初体験

・人妻とのSEXを叶えたくて

・【女×女】自分のことを男だと思っているレズな女子中学生

・【人妻体験談】性感マッサージにヨガる箱入り娘だった貞淑な妻

・【熟女体験談】部下の人妻OLにいきなり即尺フェラされ快楽の虜になって中出し不倫SEX

・飲み会の帰りに

・昔のつけ

・【Hな体験】とある掲示板で見つけたSM好きのヤリマンビッチ

・【Hな体験】濃霧が教えてくれた野外エッチの醍醐味

・好きな人が変態だった。これ以上の変態があるなら知りたい

・博多の久美子