寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】酔った人妻をお持ち帰りする喫茶店のマスター

2018/01/12 18:02


武田美佳はこの七月に二十六歳になったばかり。
結婚してまだ半年、共働きをしているせいかまだ
「人妻になった」
という実感もあまりなかった。
結婚をしたら勤めている銀行を辞めて専業主婦になろうと思っていたのだけれど、
入社してまだ三年にもなっていなかったし上司の説得もあってそのまま職場に残ることにした。
もちろん経済的な理由もある。
新居には新築のマンションの二階にある一室を借りた。
二人で新居を探すとき、都内の狭いアパートより郊外の広いマンションの方がいい、と話し合って決めたのである。
家賃も手ごろだったし、駅からも近い。
初めは慣れなかった結婚生活にもだいぶ慣れてきて、最近は生活のリズムというか日々の暮しの勘が掴めてきたように思える。
不満らしい不満といえば会社までの通勤時間が長くなったことと夫の帰りが遅いことぐらいで、経済的にも余裕はあったし、夫婦仲も結婚当時と変わらず円満だった。
美佳の夫、健介は大手町にある財閥系の金属メーカーの人事部に勤める平凡なサラリーマンである。
人事の仕事は忙閑の差が激しく、美佳が帰宅するともう帰っているということもあれば徹夜仕事になることもある。
ただ新婚八ヶ月目に入った今月は、新卒社員の採用の仕事が大詰めで、ことさらに忙しい日が続いていた。
その日、美佳が帰宅すると誰もいない部屋で電話が鳴っていた。
七月も終わりに近づいた暑い日だった。
美佳は急いで受話器を取った。
「はい、武田です。」
閉め切っていた部屋の中は熱気が充満していた。
「あ、俺だけど、今日もちょっと帰れそうにないから実家の方に泊まるよ。」
いつもと同じ事務的な健介の声に、美佳はたまらなくせつない思いがした。
仕事を終えるのが遅くなると健介はたいてい都内にある自分の実家に泊まる。
健介の実家は目白にあり、会社からタクシーに乗っても三千円ほどであったし、
満員の電車での通勤の大変さは美佳も身をもってわかっていたからそれを寛容に許してきたのだが、
この二週間はそれが度重なっていたからさすがの美佳も淋しさを感じ始めているのだ。
昨日も一昨日も、健介は帰宅していない。
共働きの両親の一人娘として育ち、家に一人でいることに慣れてはいるけれど、ひとりぼっちの夜はやはり心細いし、淋しい。
それが三日も続くなんて、と思った。
「仕事がそんなに大事なの?」
向こうが会社のデスクからかけていることは承知の上だったが、美佳はたまらず声を荒げてしまっていた。
知り合ってからほとんど喧嘩らしい喧嘩もしたことがなかった美佳としては、かなり思い切った口調だった。

健介は何か言い訳をしようとしているようだったが、美佳はそのまま邪険に電話を切った。
きっと健介はすぐにもう一度電話をかけて来るだろうと思った。
聞いても仕方のない弁解は聞きたくなかった。
それにいつも健介がするように、優しい声で諭すように話されるのもいやだった。
それで最後は結局、美佳のわがままということになってしまうのがわかりきっていた。
美佳はその電話のベルが鳴る前に留守番電話に切り替わるボタンを押し、すぐに身を翻してハンドバックだけを手に家を飛び出した。
七時を過ぎて、西の空が赤紫色に染まっていた。
辺りは暗くなり始めていた。
飛び出しては来たものの、行く場所が思い当たらなかった。
美佳はしかたなく駅の近くにある喫茶店に入った。
雑居ビルとマンションの間に挟まれた小さな平屋建てで、清潔そうな店だった。
『ブルージュ』というこの店に、以前に健介と二人で訪れたことがある。
まだ引っ越して来たばかりの頃だった。
紅茶がおいしかったのが印象的だった。
それに気の優しそうな店のマスターと、少し話したことがあった。
何より、この郊外の小さな町には他に喫茶店と呼べるような店がない。
あとはだいたいスナックとかパブとか、お酒を飲むような店ばかりなのだ。
「いらっしゃいませ」
口髭を生やしたマスターは三十代の半ばくらいで、背が高く、がっしりとした体格をしている。
店は四人掛けのテーブル席が五つほどと、カウンター席という小さな作りになっている。
「今日はお一人ですか?」
マスターは美佳を憶えていてくれたようだった。
もう閉店が近い時間なのか、店はすいていた。
奥のテーブル席に一人だけ客が座っていた。
「え…ええ。」
美佳は無理に笑顔を作って答えた。
「喧嘩でも?」
美佳が険しい顔をしていたからだろう。
マスターはよく透るバリトンで静かに訊いた。
鳶色の眼は人の心の中をなんでも見透してしまうような不思議な雰囲気を持っている。
「え、ええ…まあ。」
「そう…。」
テーブル席の一つに腰掛けた美佳の注文を聞かずに、マスターはカウンターの中から飲みかけのワインの瓶とワイングラスを持ってきて美佳の前に置いた。
「少しだけ飲むと落ち着きますよ。
サービスにしときます。
といっても常連さんからの戴き物なんですけどね。」
赤紫色のワインが注がれる。
「どうもすみません…。」
普段は滅多にアルコールを口にしないが、何を飲もうと思って入ったわけでもない。
健介へのあてつけの気持ちも働いて美佳はグラスに口をつけた。
口あたりが柔らかく、乾いた喉にやさしげな、軽い感じのワインだった。
「あ、おいしい…。」
マスターは何も言わずにわずかに微笑み、カウンターの中に戻って洗い物を始めた。
美佳はぼんやりと窓の外を眺めた。
急ぎ足で家路に向かう背広姿の男性が、店の前を通り過ぎていく。
やがて奥の席でスポーツ新聞を読んでいた商店主風の男性客が勘定を払って出て行ったの最後に、店の中には他に客がいなくなった。
マスターが濡れた手をエプロンで拭きながらカウンターを出てきて美佳の前の席に座った。
「喧嘩、って、いったいどうしたんです?」
マスターが静かに訊いた。
美佳は少しの間ためらったが、このマスターに聞いてもらうのも悪くないかと思った。
八ヶ月前に結婚した夫の健介は、仕事で帰りが遅くなると何かと理由をつけて実家に帰ってしまう。
それも七時頃に電話をかけてくる。
ひどい時には留守番電話に
「今日は帰れないから」
というメッセージが入っているようなこともある。
もっと遅くにかかって来る電話なら、なんとか早く終わらせて帰ろうとしたけれど電車がなくなったとか、そういう姿勢が感じられるのだが、
そんな時間ではないのだ。
それはそれで気を使ってくれているつもりなのだろうが、淋しくてたまらなくなることもある。
人事の仕事をしている健介にとっては七月と八月は最も忙しい時期らしく、今月はそんなことがしょっちゅうだった。
「しかも今週は今日で三日連続なんですよ。」
美佳の話を、マスターは相づちを打ちながらほとんど黙って聞いていたが、美佳が話を終えると、
「そう…。
僕だったら、こんなきれいな奥さんを一人ぼっちにするなんて、とてもできないけどねえ。」
と言って、おどけたようにウィンクをしてみせた。
「まあでも、仕事が忙しい時はしょうがないのかもしれないなあ。
僕も昔サラリーマンやってた頃は徹夜なんてこともよくあったし…。
彼は無理して頑張っちゃうタイプなんでしょう。」
「そうなんですよね…。」
「僕の場合は無理に頑張るのができなくって辞めちゃったんですけどね。」
美佳はようやく笑い、それでなんとなく打ち解けた。
マスターは商売柄なのか聞き上手で、身の上話のようなことになった。
健介とは女子大を卒業したばかりの頃に友人の紹介で知り合った。
一つ歳上の彼の持つ穏やかな雰囲気と静かで優しそうな話し方に魅かれて、交際を始めるまで時間はかからなかった。
早い時期に両親にも紹介したのだが、特に母親が彼のことを気に入って、交際一年目くらいから結婚という話も出始めた。
「少し早いかもしれないけど」
という彼のプロポーズに、美佳もまったく異存はなかった。
去年の七月に婚約し、彼の仕事が比較的落ち着いている十二月に式を挙げた。
「ああ、じゃあ前に彼と来たのはまだ新婚ほやほやの頃だったんだね。」
「ええ、たしかそうですね。」
「たしかテニスのラケット持って。」
「そうですね、テニスの帰りに寄ったんです。」
「二人とも上手そうだね。」
「ああ、いえ、彼はまあ上手だと思いますけど、私は好きなだけで…。」
「休みの日なんかはやっぱりテニス?」
「そうですね…、彼の方が行こうってよく言うので…。」
「共通の趣味があるっていうのはいいね。」
「ええ…そう思います。」
「旅行なんかは?」
「温泉に一回だけ行きました。
でも彼は体を動かす方が好きみたいで、テニスの方が多いですね。」
「ああ、あれでしょう、学生時代からテニス部とかでやってたんだ。」
「ええ、まあサークルなんですけど、けっこう強いところだったみたいで。」
そんな会話をしながら、知らず知らずのうちに美佳はかなり立ち入ったことまで話していた。
「通勤はどちらまで?」
「東京駅です。
赤羽で乗り換えて。」
「じゃあ、混むでしょう。」
「ええ、すごく。
だからなるべく早く出るようにしてます。」
「いや、夕方もね、混んでるでしょう。
特に埼京線にはスゴいのがいるらしいから気をつけたほうがいいよ。」
「はあ…。」
「うちの常連さんなんだけどね。
やっぱりOLやってて、綺麗な顔した子なんだ。
で、その子が話してくれたんだけど、三人グループでね、前と横と後ろから触られて、ひどい目に遭ったって…。」
「気をつけます。」
美佳は笑顔で答えた。
マスターの好意は嬉しかったけれど、それ以上具体的な話になるのがいやだったのだ。
話をはぐらかされたような形になってマスターはちょっと物足りなそ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
呼び出せばすぐ来て生フェラしてくれる人妻
2016/09/17 21:00
2016/09/17 21:00
奥さんとSEXしたくなり、ダメかなと思いつつも・・
「あれからあなたの身体が忘れられません。もう一度お会いしませんか?」
みたいな感じで、「お誘いメール」を出した。
ところが、「OK」の2文字。すぐ近くのコンビニの駐車場で待ち合わせし、即ホテルへ。
奥さんへの新兵器登場(俺としては本当はこれがしたかったのだ・・)


「出張で暫く遭えないのが寂しいから、君のエッチをビデオで撮りたい。」と言うと、ちょっと迷った様子。
「大丈夫。出張から帰ったらテープはあげるから処分しても構わないよ・・」と躊躇したが、
「いいよ」との返答。

まずは、奥さんの気を乗せなくちゃと思い、か…
男の告白、息子たちのデッサンモデルになって堕ちた妻
2016/07/04 21:00
2016/07/04 21:00
 

  一人息子19才は、今春、現役でN大芸術学部美術学科入学し自宅から通学中。妻は46才、大人AKBに選ばれた塚本さんによく似でややスレンダー、但し若干垂れ気味なものの出るトコ出てます。 いつも大学生の子供がいると言うと驚かれ、若く見られています。学生生活に慣れた初夏の頃から、早速息子は田舎から上京して下宿している同期の友人増田君を我が家に何度か連れて寝泊りさせ、すっかり家族同様の雰囲気の中にありました。夏場、妻は薄着を好むので、 青春の盛りの増田君も何度か妻と二人キリで他愛のない会話中も、ブラチラさせながら谷間V字が見え隠れする妻のTシャツ姿を何…
【盗撮・覗き】乗馬式健康器具を改造してオナニーしてた彼女
2016/03/05 06:00
2016/03/05 06:00
俺は大学3年で、同じ大学の2年生の夏帆と付き合っている。夏帆は中学高校と陸上部だったこともあり、活発でスポーツ好きな女の子だ。身長は160cm、体重は不明だが見た感じはスマート。 胸は小ぶりだが、形がとても良く、まさにお椀型だ。ショートカットがよく似合い、少し切れ長な目が勝ち気な印象をもたらすが、甘えん坊でスイーツ好きな今時の女の子だ。 付き合って1年以上経つが、友人にからかわれるくらい仲がよい。お互い一人暮らしなので、お互いによく泊まったりする。陸上をしていたからとは限らないのだろうが、夏帆は性欲が強い。泊まった時は、夏帆の方からセックスを誘ってくるパターンがほとんどだ…
学生時代に好意を持ってくれていた女との気持ちの入った浮気体験談
2016/09/12 22:06
2016/09/12 22:06
高校時代の友人の結婚式で8年ぶりに同級生の女と再会。

二次会でも偶然 隣に座り、二時間ぐらい身の上話をした。

高校生の時はあまり話したことが無かったため、

昔話をするには話題が乏しかったが、まあ割と盛りあがった。

しかしその後 俺は泥酔し、

次の日にはその事はすっかり忘れていた。

二日後、その女から携帯に電話があった。 ハンカチを忘れたのを預かっているとの連絡だった。

「電話番号の交換したっけ?」

「Y子から聞いた。迷惑だったかな?」

「ちっとも迷惑じゃないけど・・・。」

特にハンカチを返してほしかった訳じゃないが、

付き合っている彼女以外の女と話すの…
なつかしの名作を拾いましたので貼り付けます
2017/10/15 20:19
2017/10/15 20:19
ある街のホテルのフロントで働いております。入社10年で私以外のフロント は男3名、女性7名の合計10名でローテーションを組んでおります。 私の趣味と言いますか… 年に度しかないある事の為に私はこの職場 を離れる事ができません。その行為とは… 月に何名か女性一名で宿泊され る方がおります。その女性がマッサージを頼まれる方が、これも数名、その うち私がコールを受けるパターン、しかも私が早番等で丁度業務終了前に予 約を受けれる… こうなると年に度になってしまいます。その1,2度が先週ありまし た。夕方チェックインの際は私がいなかった為、容姿はわかりませんが宿泊 データには永井**さんとなっており、夕…
高校生で童貞だったオレの2個下の後輩とのエッチ体験談 3
2015/09/05 22:10
2015/09/05 22:10

いつもは学校の部室で色々やってるのですが、部室といっても少数の部活でしたので、空き教室を部室として使っているだけでした。

練習用の部屋として1つを、そしてミーティング用として1つ。

合計二つの教室を借りて部活を行っていました。


まぁ部活内に居た粋な友人の計らいで、いつもミーティング室を二人で使わせてもらってたわけですが・・・

鍵もついてる最強の部屋だったので、やりたい放題無茶してたと思います。

そこまで頻繁に使ってたわけでもないですが。

愛好会に毛が生えた程度の部活だったんで、誰からも文句は出なかったですね・・・

今度はいつもと違って、彼女が俺の部屋に来たときの話です。…
【近親相姦】親戚の従弟(中学生)【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/03/20 17:32
2017/03/20 17:32
はじめまして、私は都内で一人暮らしをしている24歳ol" target="_blank">OLです。 約一年前に正月休みを利用して帰省した時の体験を話したいと思います。 「ただいま?」 と玄関を開けました。 奥から母が小走りでこっちにきて 「あら、お帰り?雪大丈夫だった?」 なんて話しをしながら居間へ入ると父が「おぉ?元気だったか?」と話しかけてきます。 居間には父の他におじさん(父の弟)夫婦とその子供の快君(中一)が夕飯を食べてました。 私も一緒に食事をして後片付けをしていると母が 「あのね、由美(私の仮名)の部屋に快君も一緒に寝かせてあげてね」 と言われ 「構わないケド何で?」と…
21歳でソープで童貞捨てた体験談
2015/08/11 23:10
2015/08/11 23:10

まず俺のスペック
160/50
童貞
彼女いない歴=年齢21

童貞をこじらせてもう21になってしまって、大学でもだんだん女の子と会話する機会も減り、このままだと一生童貞だと思い行くことにした。

ちなみに軽音系サークルに入ってて、同じ学年の男子は20人程だったが、童貞は俺を含めて4人しかいなかった。


いろいろ調べてるうちにまあここでいいかなってなった。そこそこ安いし。
フリーで入ろうかと思ったけど地雷とか嫌だったんで指名することにした。
指名して地雷だったらまあそれは俺の見る目がなかったってことで

店のページの写真は皆ぼかし入ってるから全然分かんないけど、黒髪系で行くことにした。
【Hな体験】本当は寂しがり屋な女子高生が見せた屈託のない笑顔
2016/10/02 00:00
2016/10/02 00:00
<スペック>名前『ひろみ(仮名)』、東京の女子高生。160cmくらい。割と細身で、人懐っこい笑顔がとても可愛かった。顔は優木まおみに似てた。 新宿で待ち合わせ。会う前に電話してたので性格は把握してた。どちらかと言うと、キャピキャピというよりおっとりした感じ。ただ電話で、「私迫られると弱くて~w」みたいなことを言ってたのが気になった。 「じゃあ俺、襲っちゃうかもよw」 「ええ~w困るよぅ~w」 事前の会話はこんな感じ。会った印象は、まだ中学生かと思った。元々童顔なんだろうが、まだ幼さが残るその顔で屈託なくケラケラと笑うその笑顔が、俺は大好きだった。スカートこそちょっと短か…
【熟女体験談】マンネリ気味になった中年夫婦が大人のおもちゃで刺激的な夫婦の営みを!
2017/06/13 00:02
2017/06/13 00:02
2017/06/13 (Tue) 結婚13年を迎え
お互い四十路の中年夫婦になりました

さすがに夫婦の営みもマンネリ気味になりまして
だからといって浮気や不倫するほど
私に甲斐性も無く、でもHはしたいなーと性欲はあり・・・

それで思い切って大人のおもちゃを購入し
妻とのマンネリ気味の夫婦の営みを
刺激的なものにしようとしました。

買ったのは定番の
電マとバイブ。

今まで大人のおもちゃを使った事がなく
電マとバイブを手に持っただけで興奮しました

それでさっそく練習しました

意外と使い方が難しい

バイブは、ド●キでちゃんと
妻の体に合いそうなものを購入。

意外と、適当なつくりな…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】図々しい姉のおっぱいを揉みまくった日のこと

・❤結婚していますが貞操観念の無い私

・エロい若妻^ ^

・事の始まり 2

・どうして真面目な女ほど悪い男に惹かれてしまうのか・・・

・実は淫乱エロビッチだった同期のOL

・病院で入院生活中 オバサンと。

・ソープで自分をいじめていたヤンキー女を指名した体験談

・美脚でミニスカが似合う女友達に一気に挿入wwww

・オナニーが大好きな処女の女子大生のお腹に大量の液体をぶちまけました

・❤こんなことされるのは久しぶりでしたわ

・【不倫】母親ほどの年齢のおばさんは意外と可愛かった

・優しくてマッサージが上手な同僚の男性【熟女体験談】

・ナンパした田舎娘たちの中にまさかの…【乱交・処女】

・赤ちゃんのいる人妻

・高三年の時、母の淫らな秘密を知ってしまった・・・

・【熟女体験談】祖母は若々しく白い肌がきれいな高齢熟女なナイスボディで祖母相姦することになるとは夢にも思わなかったが、老婆でも余裕でイケると初めてわかった

・フェラ嫌いなのに中出し希望の美乳ちゃん

・大学時代の女友達(既婚)と飲みに行った結果【人妻体験談】

・炊き出しボランティア(1)

・親戚の裏のお宅の娘さん

・【画像あり】姉がパンツ出して寝てたから撮ったwwwwwwwww

・★社長の奥さんに欲情して

・えり、俺はもう、すべてを見ているよ

・変態主婦の私は毎日、息子と主人に愛されてます

・イケメン大学生の勃起を見たら自制心を失って【人妻体験談】

・【近親相姦体験談】温泉で弟が

・【不倫】尻軽OLのお掃除フェラ

・大人のセックスを教えてくれたバイト先のお姉さん

・顔にかけたら玉握り潰すからね